<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

真っすぐストレート

c0019089_20345687.jpg

またしても椎名さんのネタですよ。もう開き直りましたよ。w

椎名へきるの楽曲は大雑把にいうと

1.いわゆる普通のラブソング、幸せなカップルの歌
2.別れちゃったけど忘れられない、せつない失恋の歌
3.運命に抗うわたし
4.男のくせに情けねーな
5.元気出せ、な応援歌

ざっとこんな感じに分類できます。わたくし的には。
あ、実はこれ書きながら分類しましたので、もしかすると網羅できてないかもしれませんが、まあ本格的な考察は別の折にということで、今日のところはこんな感じで。

例を挙げるとキリが無いんでやりませんが、わかりやすく思いついたところでは1の代表作は「One」とかその他多数。2は「246」とか「熱風」とか、あと「抱きしめて」もそうだ。3は「Everlasting Train-終わりなき旅人-」とか「-赤い華-You're gonna change to the flower」、4は「目を覚ませ、男なら」とか「だめよ! だめよ! だめよ!!」あたり。5は「旅立ちの唄」とかそのものズバリ「ガンバレ」とか。

そして今回のテーマは「あなたの名前」。
上記の分類からいくと2ですかね。お気に入りのアルバム「Baby blue eyes」の5曲目でございます。大好き。w
この歌を初めて聴いた時の衝撃は大したもんでしたよ。好きだ好きだと言いながらも、しょせん声優あがりで歌のスキルも大した事無い、景気の良い歌を勢いでブチかますのなら粗も目立たないけど、本当に心の動きが手に取れるような歌なんて歌えるもんか、などと侮っていた部分があったことを告白します。
すみませんでした。orz

歌い手さんがなにか歌を歌う時って、仮想の自分をその歌の中に落とし込んでいる・・・わかり辛いな。その歌の主人公を演じているとでも言いますか、必ずしも年齢や職業性別経験が一致しなくても、自分がそうだったらと仮想して恋の歌や戦いの歌?まあそんなものを歌うんだと思ってました。
例えばユーミンとか。初期はとにかく、ある程度後期の歌はたとえば本人の年齢や職業とはかけ離れたものも多い。でもOLの恋の歌とか歌いますよね。どういう仕組みかわかりませんが、なんらかのインスピレーションとかがあって、そういう歌や詩を書いて歌うんでしょう。
そして「NO SIDE」あたりから後は、なんていうか自意識過剰で鼻持ちならない痛い女みたいなキャラクターの歌になっちゃって、すっかり離れてしまいました。おっと、これは余談な上に裏付けも何も無い戯れ言ですので聞き流してください。w

さて、椎名へきるの「あなたの名前」。これはあまり事前の知識が無い段階で聴きました。で、すごく違和感というか、鬼気迫る迫力みたいなものを感じましてね。普通じゃないんですよ。意地っ張りな女の子が本当は好きな男友達に言えない気持ちを歌った歌なんですが、その落ち着いた曲と普通じゃない感情の入り方の対比に圧倒されました。
特に「呼んで 呼んで あなたの名前を呼んで」というところが高くて、当時の椎名さんには大変そうな難しい歌なんですが、それをモノともせずにすごい気迫で歌うんですよ。
また歌詞も無闇に格好良いんですわ。「振り向きざまに情熱を蹴散らしながら」とか「まとわりついた残像を砕けないまま」とか。しびれる。おまけに歌う椎名さんに気合いが入っているので凄まじく格好良い。

後にこの歌は椎名さんの実体験に基づいているというのを聞きまして、ああなるほどな、と。実際にそういうことがあったんだ、と納得。これ、よく考えてみればすごいことですよ。ちゃんと気持ちが伝わってるんだから。10数年の時を隔てて、南東北(本当は北関東)在住のおっさんにCDのデータを通して、気持ちが伝わるんですよ?
このとき、椎名へきるは侮れん、と思いました。声優崩れとか下手糞とかいう言い様に強烈な反発を感じるようになったのがこの歌を聞いてからです。

前述のユーミンとかでもシンパシーを感じる歌はたくさんありました。でも、ここまでストレートに歌い手が伝えようとした感情を感じられた歌はありませんでしたね。つまり松任谷由美ですら椎名へきるには勝てないというわけで(ry

椎名さんはあまり複雑なことはせずに単純に真っすぐに歌うんだなぁ、と思ったのはこのときが最初。前述の仮想とかはあまりない。もちろん、歌によっては仮想した自分で歌っているものもありますが、基本的にあまり本人とかけ離れたところでは歌ってない。なので見方によってはワンパターンだったりする。どれも同じようなテーマの同じような歌にみえることも。でも良く聴いて見ると時が経つにしたがっていろいろと進化・変化があるんですよ。それを楽しむのも一興。
・・・これはダメかもわからんね。w

そういったわけで、まあ聴いてみてくださいよ。
【ニコニコ動画】椎名へきる - あなたの名前
あんまりメジャーな歌じゃないのでネット上には無いかなーと思ったら、ニコニコ動画にありました。それはそれで驚き。w
ちなみに作詞と作曲は上野浩司さんという方で他に「風が吹く丘」(作曲)や「246」(作詞作曲)、「この世で一番大切なもの」(作曲)などを手がけてます。すごい名曲ばっかりだ。(汗
by namatee_namatee | 2013-09-30 21:52 | music | Comments(4)

怪しい。

c0019089_20353659.jpg

またしても椎名へきるネタ。

本日のVショーで久しぶりに会ったサバゲ関連の友人に「最近、椎名へきるとヨコハマ買い出し紀行のことしか書いてませんね。」などと言われる始末。いやまあ同じようなことは昨日の射撃会関係の友人からも、さらに他のいろんな人に言われてますけど。ぜんぜん気にしませんよ?w

まあ、誰でも良いんですよ。>ターゲット
それがアンドレア・ボチェッリでも美空ひばりでも。気にいった歌い手さんをみつけて、それを聴くのならできるだけちゃんと手抜きせずに聴こうとしているだけでして。サバゲの友人のタカ氏には椎名へきるの魅力がそこまで入れ込むほどとは思えないと言われましたが、そういわれても困ります。それは突詰めるとわたくしにしかわからない魅力ですからね。たまたまブログで世迷い言を書き散らしているから他の人の目に触れているだけのことで、実は本当に個人的なことです。
ただ、あまりにも馬鹿げたネタが横行して、それが自分の気にいっている人の評価を下げていると感じられる場合には、黙っていられないと思うこともありますけどねぇ。っていうか、そういうバカに馬鹿と言いたいだけでございます。

などと、昨日の飲み会で言っておりましたらば、その場に本当に美空ひばりのファンの人が居て参りました。w

というわけで、また変なCDのネタ。
「HEKIRU SHIINA / SONG COLLECTION 2000」というもの。某オークションで購入。意外に高くて2,000円ぐらいだったはず。内容や状態からいくと法外に高い。普通のCDとしての常識的な相場からいくと150円とかが妥当でないかと。(汗
出品された方は台湾版と言ってました。それがなにを意味しているのかわからないんですが、もしかして海賊版?あるいは台湾で流通したもの?もし後者だとしたら、歌詞カードが全て日本語なのが解せぬ。
よーく歌詞カードを読むと漢字が変だ。「会いたくて」が「會いたくて」になっている。これ、海賊版じゃないのかなぁ。さらに謎なのが、画像の左側、歌詞カードの空白に「はみんぐばーど」と椎名さんのサインが見えますでしょ。これは直筆じゃありません。印刷です。それはとにかく「アイドル防衛隊ハミングバード」は1993-1995年ごろのOVAだ。2000という数字にあまり関係がないじゃん。

どんな楽曲が入っているのかというと
1.Beside You (Live Arrangement Version)(2000)
2.Live To Love -もう少し早く逢えたなら-(2001)
3.Dive Into You(2001)
4.大切なページ(2001)
5.あなたも知らない恋の果てに(2001)
6.No,No,No!(2000)
7.すきです
8.消えないしあわせ
9.大切な思い出
10.勇気のダイアリー
11.いつか会えたら
12.遠い町
13.風が吹いていた
14.シャボンのBikini(水無の初恋初期症状)
15海岸線~思い出は胸の奥に~
16.泣き虫のマーメイド←歌詞カードでは「マーニイド」になっている。w

といった感じになります。1-6は椎名へきるとしての楽曲。よりによってあの「PRECIOUS GARDEN」の曲が多い。7以降はゲームやアニメのいわゆるキャラソンになるんですかね。11、12、13はOVAの「ヨコハマ買い出し紀行」第1期のものなのはわかりますが、他はちょっと。16はハミングバードからかな。そちら方面は良くわからないし調べる気力もありません。(汗

・・・いやしかし、キャラソン強烈だな、おい。確かにこれを続けていたら、こんなに長い期間仕事を続けることは出来なかったでしょうなぁ。>椎名さん
件のHEKIRU FILEなどの情報からいくと、誰かがその才能を見抜いて、これは行ける儲かると判断して歌い手としてデビューする方向に動いたんですよね。誰だったのか、どうしてなのか、とても興味がありますなぁ。
by namatee_namatee | 2013-09-29 21:47 | music | Comments(9)

珍しく

c0019089_17374642.jpg

飲み会、しかも都会で。w
なので詳細は後ほど。

9/29追記:
いや追記といったって特には。w
谷中のあたりのトルコ料理?居酒屋?で射撃会メンバーで飲み会やっただけです。射撃会関連で集まって酒飲むなんて滅多にないので、イロイロと話したかったんですが、この店が落ち着かないのなんのって。
だだっ広い(いやそんなに広くないけど)座敷に座布団しいて、料理や酒はコタツの天板みたいな板きれの上において飲み食いするという。おまけにマスターだかなんだか、トルコの方の人が声がでかいわ、変なテンションだわで、非常に面白いんですが非常に落ち着かない。w

なので早々に移動して日暮里駅前のカラオケ屋で二次会。いやしかしカラオケに「愛のてんこ盛り」があったのは笑いましたね。勿論、椎名へきるの歌で1995年の3枚目のアルバム「No Make Girl」に入っているんですが、どう聴いてもビレッジピープルの「Ready For The 80's」とか「Macho Man」そっくりですからね。よくこんな歌歌ったな、と。そりゃ反動でロックに行きたくなるわな、といった感じ。ただし、コミカルではありますが歌詞は結構凝っている。タイトル通り料理の歌なんで「マッハ3の千切り〜」とか「気分は鉄人〜」とかね。作詞は誰じゃい?と思って調べてみると・・・山田ひろし氏だそうです。「トイレの神様」にかんでるらしいですなぁ。

こうやって楽曲からからんでいた人名を検索していくと面白いんですよね。いろんなところへ繋がっている。椎名へきるのブレークの経緯、いきさつというほど大げさではありませんが、どんな関係の人が引っぱっていったのかが、なんとなくわかってまいります。おっと、これは別なおりにネタにするんだっけ。w

で、二次会。人をおちょくって、この「愛のてんこ盛り」だの「風が吹く丘」だのかけやがって。w
正直、カラオケで聴くだけでもwktkしちゃうぐらいの中毒なので、まともな話なんて出来やしませんよ。さらに電人ザボーガーだのボトムズだのとエスカレートしていき、おまけに「艦これ」ネタとかばっかり話しているうちに解散になってしまいました。

で、御徒町の安ホテルに一泊して、今日はVショーを冷やかしてまいりました。何も買いませんでしたが。サバゲ関連の友人が出展しているのでそれを覗きに行ったんですが・・・危ないわー、あんたら危ない。いくつか欲しいものがあったんですが、今は予算が無いということでこらえる。現金を持っていかなくて正解。(汗
by namatee_namatee | 2013-09-28 17:36 | diary? | Comments(4)

スタンバイ!

c0019089_2027611.jpg

XBA-40とiPodの図。

ヘッドホン沼の入り口
今年はなぜかヘッドホン・イヤホンづきまして・・・いやなに椎名へきるフィーバーのせいというのは明白ではありますが、それはそれ。SHUREのSE215、SONYのMDR-EX510SL、MDR-7506、そしてこのXBA-40と次から次へと買い込んだわけです。
イヤホンってのはスピーカーと違って簡単に聴き比べが出来るってのが実に危険。w
一応、音の傾向が把握できた(ような気がする)SONYのイヤホンを中心に選んでまいりました。イヤホンなんてそれこそ星の数ほどブランドもモデルもあるわけで、いきなり良くわからないブランドの奴に突撃するのはいくら無謀なわたくしとはいえ、さすがに躊躇するわけでございます。だって10万円とかするんですぜ。そんな大枚はたいて大外れだったらいやじゃないですか。そういう奴は音はちゃんと出るでしょうが、好みに合わないってのは十分あり得るわけでして。
でもって、そういう超高級な奴はたいてい試聴できないんですよ。orz

そういったわけで、わたくしごときではこのXBA-40ぐらいが妥当なところでございます。
3ヶ月ほど使いまして、いわゆるエイジングも終ったでしょうし、なんとなくインプレのようなものを。先日、あらためてビックカメラに行って買う時に迷ったXBA-10とXBA-30と聴き比べてまいりました。
結論はXBA-30の方がバランスが良い。w
XBA-30は必要にして十分な低音-高音の広がりというか繋がりで全く問題無し。XBA-40との差はXBA-40の方が低音が強いぐらい。そうは言ってもXBA-30でも低音は十分ですので、数千円を上乗せしてXBA-40にするかどうかは微妙なところ。強いて言うなら、XBA-40の方が全体に繊細な感はあります。あと音が滑らかな&まろやかな気がする。あくまで気がするというレベル。
XBA-10はどうかというと、さすがにXBA-30やXBA-40と直接聴き比べると厳しいものがありますが、単体でなら悪くない、というか良い音だと感じました。あまり気にせずに外に持ち出して使うならXBA-10が向いているかも。

BA型ではないSHUREのSE215、SONYのMDR-EX510SLはどうかというと。SE215はわたくしの好みにはあまり合わないかな。低音と高音が強調されているように感じられまして、高めの中ぐらいの音、女性のボーカル(要するに椎名へきるの歌声)が良く聴こえない気がする。あと前にも書いた通り、装着が面倒くさい。

MDR-EX510SLは実はかなり気に入ってます。XBA-40みたいな繊細さはありませんが、線が太くてパワフル。外出するときとか、あまり気にせずに使えるし、パワフルな音は雑音が多い場所でもよく聴こえるような気がします。
MDR-EX510SLは以前からあったMDR-EX90SLと似ているんですが、EX90SLはさすがに伝説と言われるだけあって、素直さというか癖の無さでは一枚上手ですね。みんなが言うほど抜けが良いとも思いませんが、確かに歌声のあたりがスカッとこもらない感はありますな。EX510SLはほんのわずかに爽やかさが足りない。ただし単体で聴いたらわたくしには違いがわかりませんけど。orz

オーバーヘッドタイプのMDR-7506は基本的にMDR-EX510SLやEX90SLと同じ傾向。ちょっとサ行の音がキツい感じ。わたくしの良く聴く椎名へきるのようなコントラストが高いとでもいうんですかね、メリハリの聴いた音楽には向かない感じがする。大音量で聴き続けると耳が疲れます。その点ではXBA-40はすごいのかも。耳がキーンとなるような大音量で聴き続けても耳が疲れるということは無いですからね。
クラシックとかは相性が良いのかもしれません。>MDR-7506

c0019089_21134237.png

iPodに表示されている「スタンバイ!」という曲、もちろん椎名さんの歌ですよ。これはPVがありましてね。あの頃はまだ予算に余裕が(ry
「スタンバイ!」は2004年のアルバム「Wings of Time」に納められております。件のPVも2004年12月リリースの「Hequil VI」に入っておりましてね。タイトルは画像の通り、なんていうか青春もの?かつてのそういう感じのドラマ風になっております。
・・・椎名さんが女子高生の格好で出てくるんだぜ。1974年生まれだから2004年にはほとんど三十(ry
ラグビー部のマネージャーの役らしく、制服着てママチャリで土手の上を走ったり、試合の応援とか洗濯(洗濯板で!)とか怪我の手当とかしてる。演技自体は悪くないです。いや本人も悪くないんですが、いくらなんでも女子高生は無(ry
あれはそういうネタだったんだろうか?

「Hequil VI」は販売されたものとしては最後のDVDということになりますかね。このHequilなんとかというシリーズはなかなか面白いものが多いので持っていて損はないですね。前にネタにした「LOVE TOMORROW」のワケのわからない競技とか。いや興味ない人はどうしようもないですけどね。w
by namatee_namatee | 2013-09-27 21:41 | audio | Comments(7)

ガンダム風

c0019089_20195461.jpg

ヘビィなネタは一休み。

西の友人&氏とお揃いで。w
iPhone 5用のケースを更新。今まで使っていたのも悪くないんですが、いかんせん嵩張る。そればかりか滑り止めのゴムが張ってあるせいでポケットの出し入れがすごく面倒。あと最大の欠点は液晶保護フィルムというかアクリルの板みたいな奴が使っているうちに傷だらけになりましてね。とても見苦しい。
そういったわけで、なんとなくガンダムとかパトレイバー風のこのケースに交換。これはごく普通にありふれたケースで、保護機能は限定的ですが、その分コンパクトで扱いやすいです。価格は極めてやすい。730円とかだったような。

いやしかし、パトレイバー実写化ですか。2020年に向けてまたバブルの雰囲気が盛り上がりそうですから、ここはぜひバビロンプロジェクトの実現をですね(ry
by namatee_namatee | 2013-09-26 20:40 | pc | Comments(4)

寂寥感あり過ぎ

c0019089_20242077.jpg

「カブのイサキ」第6巻第45話「海じいさん」より。

芦奈野先生の代表作は勿論「ヨコハマ買い出し紀行」です。
異論の余地無し。あの話は一見ほのぼの癒し系に見えて、その実すごくハードなSFです。そして、ざっと読んだだけでは気がつかない寂しさがそちこちに溢れている。
アルファさんは一見のんびり暮らしているように描かれてますが、ちょっと想像を巡らせてみればわかること、つまり数キロ四方、下手すると数十キロ四方に人っ子一人居ないとてつもない田舎で、いつ来るかわからないお客さんとこれまた帰ってくるのか来ないのか見当もつかないオーナーを待ちながら一日一日を暮らしているということ。エピソードをマンガにしているからそれなりに変化があるように見えますが、実際の「ヨコハマ買い出し紀行」の世界ではなにも無い一日の積み重ねが延々と続いているんですよ。おまけに最終巻では50年ぐらい時が経っているという。

歳を取らず死ぬことも無いロボットの人ですが、機能は人間と同じですから、当然心もある。オーナーはそんなアルファさんを見て、なんていうか、大変な物を作り出してしまったという、どうしようもない罪の意識のようなものを感じて、どこかへ行っちゃったんじゃないかと思いますね。
でも肉体的には変化の無いロボットの人ですが、人間と一緒に暮らしていくうちに心は成長していく。子海石先生もオーナーも予想できなかった心の成長を遂げたアルファさんに読者は救いを感じるのだ。それがなかったらあんな切ない話、やりきれませんよ。w

で、「カブのイサキ」ですが、これは残念ながらそういう味わい深さは希薄。ただ、表現については「ヨコハマ買い出し紀行」より洗練されている面がありまして、写真のように海辺の寂しい風景の描写はなかなかのもの。裏も表もなくただ人気の無い寂しい風景なだけなんですけどね。いや裏はあるか。伊豆が見えるか見えないかとか。タイトルの「海じいさん」とか。残念ながらそれらの謎は語られることなく終ってしまいましたけど。

久々に読み返して見ると、これはこれで良い作品なんじゃないかなとは思います。傑作とは言えないけど。もっとぶっ飛んだ飛行機を登場させるとか、なにか刺激が欲しいかなぁ。あと最後が早足過ぎるんですよね。打ち切りらしいので仕方ないですけどね。ただ、全編に描かれるこの寂しい感じは芦奈野先生ならでは。

・・・ここで「ヨコハマ買い出し紀行」の14巻を読んでみたら、比べ物にならない、とてつもない寂寥感に打ちのめされました。139話のアルファさんのセリフ「オーナー 見てくれてますか」とか、もう死にそう。orz
by namatee_namatee | 2013-09-25 21:21 | book | Comments(2)

久々に

c0019089_20175681.jpg

ふと気がつくとまともな履物が無いという。今までは暖かい時期にはKEENのサンダル、寒い時期には古着屋で買って来たナイキの適当な靴でごまかしてきたんですが、さすがにそれではマズかろうということで。
久々にちゃんとした靴を買いましたよ。下手すると20年ぶり?w
モノは見ての通りMERRELLのMoabでございます。サバゲーマーらしいでしょ。w

これの前に履いていたまともな靴と言えば、キャラバンのなんやらというトレッキングシューズで、これは当時つきあっていた嫁さんに買ってもらったものでした。1996年ぐらいの話ですので、すでに17年も経っておるわけですが実はまだ履いている。w
ソールなんて足袋みたいにペラペラであちこち破れてますが、まだ靴としての形は保っており、むしろペラペラなソールのおかげで車を運転する時に都合が良いという。ヒール&トゥとかあっさり決まりますよ。w

いやなに、またしても映画を観に行きましてね。「ATARU」とかいうドラマの劇場版だそうです。タダ券を2人分もらっちゃったので、趣味じゃないけど不本意ながら嫁さんと観に行った次第。実に今年4本目の映画ですよ。(汗

ネタバレもマズかろうと思うので詳しくは語りませんが、まあ映画にする必要あるのか、これ?というのがわたくしの感想でございます。
おっと、堀北真希かわいいよ、堀北真希。w
やっぱり実写版「ヨコハマ買い出し紀行」の初瀬野アルファは堀北真希だな。CVは椎名・・・もうええちゅうねん。w
GOGO夕張の人も出てまして、むしろそっちが悪役になれば良かったのになどと、無茶なことを思っておりました。あとクライマックスでベレッタM92の何かが出てくるんですが、これがちゃんとデコッキングしているのに驚愕。最近は鉄砲についてもちゃんと考証しているんですねぇ。
で、映画館のとなりにあるスポーツオーソリティに寄ってこのMoabを買ったという次第。最初はサイズだけチェックして買うのはネットでとか思っていたんですが、セール中だそうでネットより安かったので思わずお店で買っちゃいましたよ。

ちょっと履いてみたところではなかかなのフィット具合。これは長い付き合いになりそうですよ。
by namatee_namatee | 2013-09-24 20:45 | diary? | Comments(3)

気合いが入ってます。

c0019089_17215387.jpg

椎名さんのアルバムは全て英語というかアルファベット?なんていうんですかね、日本語ではないタイトルになっております。シングルはそういう規則性は無い。

さすがのわたくしでも。
音楽の評価やレビューをしているサイトを拝見させていただくと、アルバムに収録されている曲それぞれについてだけでなく、配列?順番?まあそういったことについても批評されております。そういったものにも善し悪しがあるんだなぁ、などと今まで全く気にしてなかったわたくしは感心するわけでございます。
そんな中でさすがのわたくしもこれは!と思ったものがありましてね。それは何度かネタにしているどうも感心しない出来だなぁ(*個人差があります。w)という印象のアルバム「PRECIOUS GARDEN」(2002/2)とその次のやや持ち直した感があるけどまだリハビリ中?な印象の「Sadistic Pink」(2002/3)という流れの中で、本格的に復活の兆しが明らかになったさらに次のアルバム「10 Carat」(2003/3)の最初を飾る「Reset」という曲。
「Reset」というタイトルの曲を最初に持ってきたのはやっぱりいろいろとリセットという意味なんだろうなぁと。いくら鈍感なわたくしでもこれは気がつきますわな。w

この「Reset」という歌、前にもちょっとネタにしてますが、無茶な歌でしてね。いわゆるAメロの部分は普通の爽やかな歌なんですがBメロですごい勢いで裏返る。w
サクラ咲くと繰り返し言っているわりによくある別れではなくて、これからを歌う爽やかだけど異色な歌なんですが、そもそも歌っている椎名さんのテンションが高く感じられて、タイトル通りリセットという感がビシビシ伝わってくる名曲であります。大好き。w

あまりに特徴的な曲なので作詞作曲編曲は誰なんじゃろと思って、例のスペックシートを見て見ると作曲と編曲にDAITA氏の名前が。ははぁ、これがSIAM SHADEのDAITAさんの曲か。椎名さんはSIAM SHADEの大ファンだと言ってましたから、そりゃテンションも上がるでしょうなぁ、と。
ちなみにDAITA氏が作曲した作品は他にもあり、どれも良い出来です。これはたぶん曲も良いんでしょうけど、歌う側の椎名さんも気合い入っているんでしょうね。

DAITA氏が制作にからんでいる(作曲)歌は

・抱きしめて
・Reset
・Clear Sky
・あなたがいるから
・Power Of Love
・Reborn ~女は生まれ変わる~
あと(Graduaterにギターで参加)

と名曲ぞろい。「抱きしめて」は前にも書きました通り「風が吹く丘」に匹敵する名曲で、楽曲だけなら「風が吹く丘」を上回ると思いますし(楽曲と椎名さんの歌声のマッチングで「風が吹く丘」がやや優位、詞と楽曲で「抱きしめて」が逆転。地球が滅亡するから一曲だけ好きな曲を持って脱出用の宇宙船に乗れと言われてどうしてもどちらかを選べ、なにを選んでも良いが音楽は死ぬまでそれしか聴いてはならんと言われれば、泣きながら「風が吹く丘」を選ぶかな?というレベル。w)、「あなたがいるから」も椎名さんの楽曲の中ではちょっと異色と言っても良いしっとりと落ち着いた歌なんですが、それはそれで良い感じなんですよ。「Power Of Love」はイントロが最強クラスに格好良いし、「Reborn〜」はイントロはわたくし的にはありゃちょっと地味かなと思わせておいて、その後のテンポの速い進行は芸術的に感動する。
確かにDAITA氏のからんでいる楽曲は名曲ぞろいです。

と偉そうに書いてますが、実はわたくしSIAM SHADEの曲って聞いたことがありませんでした。w
さきほどようつべ様でSIAM SHADEの楽曲を聴いてみましたらば・・・ああ、椎名さんはSIAM SHADEの歌を自分で歌いたかったんだなぁ、と合点がいきました。
椎名さんはそんなに複雑で思わせぶりなことはしない。ストレートに真っすぐに自分を表現するんだなぁ、と。なんかあまりに真っすぐ過ぎて泣けて来ます。またひとつ曲作りに関する謎が解けましたよ。

ちなみにWikipediaのDAITA氏の項目には「抱きしめて」の折に『演奏能力に椎名のヴォーカルがついていけず、椎名は「自分の無力さに涙した」』とありますが、これはちょっと偏った見解ですね。HEKIRU FILEによると当のDAITA氏は「抱きしめて」について、仕上がってみると自分が思っていた以上にハードなロックナンバーになっていて驚いたとも言っています。小娘だった椎名へきるの熱意に驚いたともとれる発言でして、やっぱり大したものだったんだなぁと思う次第。>椎名へきる

写真は「10 Carat」のジャケット。この椎名さんはなんかすごくキリッとしてますが、ラジオやMCではヘロヘロ(ry
by namatee_namatee | 2013-09-23 17:37 | music | Comments(12)

土下座

c0019089_20591359.jpg

さて本日は八街のどんぱちで行われた「呑みの市」(フリーマーケット)に参加。
といっても30mチャレンジのスタッフとしてお手伝いしただけですけどね。しかも、正式な30mチャレンジってすごく時間がかかるので、とりあえずどんなものか体験してもらう程度にせざるを得ず、記録はとれないという。(汗
それでも体験された方々には30mで的を真剣に撃とうとすると思っているより難しいということがわかっていただけたようで、なにもしないよりは良かったのかなぁ、などと。
30mチャレンジってちょっと練習したり鉄砲を弄ったりすると、ある程度の成績まではすぐに出るようになるんですがその先がねぇ。際限なく時間とお金を投入しても、向上する性能はわずか。本当に難しいもんです。
・・・まあぶっちゃけ最後は弾なんですけどね。w

すみませんでした。orz
c0019089_20592299.jpg

せっかくですので、自分の鉄砲でもやってみました。
まず、なま家最新の電動ガン、VFC HK417。いわずとしれたG.A.Wさんでチューンしてもらったもの。先日、ウチの庭でチェックした時には275mmのグルーピングで、LCTのM4A1の方が当たるじゃんみたいなことを言いましたが、今回屋内でじっくりと撃ってみると・・・132.5mmとでました。すごい、すごいよ。w
だって弾はマルイのベアリングバイオ0.25gとG&Gの0.25gバイオ弾のミックスですぜ。それでちょいちょいとゼロインして、適当に(いやちゃんとやってますが)撃ってこの成績ですからね。さすがとしか言いようがありません。
しかもこのHK417、フルオートでも18発/秒とほどほどのサイクルでまとまって良く当たるんですぜ。重いのを除けばサバゲでは実に使いやすい。これは老害に磨きがかかるというもんですよ。w

ゴマをすっておく。w↓
c0019089_20592911.jpg

今回は戦民思想さんのお手伝いという形でしたので、戦民思想さん作成&チューンのVSR-98kも持ち込む。これまたついでに30mチェックしてみると・・・187.5mmとでました。中身はほぼノーマルのVSRで弾もマルイのベアリングバイオ0.25gですので、これはこれで立派な成績。
しいて問題点をあげるとすれば、トリガープルがちょっと重いかな、といったところ。もう一丁持ち込んだVSR-10大人チューン(久しぶり)がPDIのトリガーユニットのおかげでストロークが短くてキレの良いトリガーなので、ほぼノーマルのVSR-98kのトリガーはちょっと重く感じてしまいました。

といった感じで、久々にエアガンとたわむれた一日でございました。
そういえば外は風が吹いていて涼しかったんですが、屋内は暑いのなんのって。汗だくですよ。(汗
by namatee_namatee | 2013-09-22 21:29 | survival game | Comments(0)

レイバーパイロットへの道

c0019089_20364225.jpg

ドコモの野郎からiPhoneが出ましたなぁ。
写真はそのドコモのiPhone 5sでございます。残念ながらわたくしのではございません。っていうか、ドコモの携帯電話使うぐらいならケイタイなんていりませんよ。w
これは会社の同僚というか上司のもの。今までかたくなにガラケーに固執してきたのに、どういう風の吹き回しかiPhoneに乗り換えました。もっとも会社の携帯電話ですけどね。
ちょっと触らせてもらいましたが、わたくしのiPhone 5と特に変わりがないような。つい先日iOSがVerアップしたばかりで、これがなかなか素早く動作するので、ちょっと触ったぐらいでは5sのパフォーマンスの高さが実感できないのかも。まあどっちにしろ、ガラケーと違ってあれもこれも出来るスマホの良さを体感してもらえると良いですなぁ。なんでも簡単に出来ちゃうのでちょっと混乱しているようですけど。>オーナー

となりのガラケーはついでに機種変したわたくしの会社用ケイタイ。仕事で使うのにはガラケー最高ですよ。w

本日は仕事でございました。
半日は講習会。車両系(整地・運搬・積込及び掘削用)建設機械の講習。本体の方じゃなくて解体用のアタッチメントの講習です。実はわたくし、車両系の資格持ってましてね。その気になればユンボとかタイヤショベルとか運転できるんですよ。
東日本大震災の影響で、ユンボのオペレーターが大量に動員されることになり、中にはそれまで全く違う仕事(例えば農業とか)をしていた方が、車両系の資格を取っていきなり被災地の解体現場に投入されるようなことも多かったそうです。モスクワ前面の赤軍かよ。w
道路の工事とかとちがって、解体の現場はブレーカーとか大割圧砕機とかフォークなんとかとか、さまざまなアタッチメントを使うんですが、そこへ教習で普通のバケットでの作業しか教わってこなかったシロウトがいきなり投入されたそうな。実はブレーカーは資格が必要なんですが、それ以外のアタッチメントについては特に資格は必要なかったのだそうで、当然事故多発。(汗
フォーククローとかで長い電柱のようなものをつかんで持ち上げてうっかりアタッチメントを旋回させて、その電柱で自分のキャビン直撃とか、圧砕機でコンクリート塊をつまんでダンプに積もうとして、死角に居た誘導員を直撃、しかもそのコンクリート塊は鉄筋が出っぱっていて(ry
普通に目にする道路工事の現場にいるユンボに比べて解体現場のユンボって大きいのが多いんですよ。ウチの会社にあるのはコンマ9とかよばれるサイズの日立建機ZX240ですが重量は約24t、工事現場でみかけるZX120の倍ぐらいある。プラントの中に単体でいるとどうってこと無いんですが、運転して見るとでかいんだ、これが。
4tダンプのキャビンとか、うっかり旋回して小割機とかバケットでビンタしたら跡形もなく潰す自信ありますね。2tダンプとかだったらたぶん簡単に横倒し。w
いや笑い事じゃなくて、そういうさまざまな事故が多発したため、今まで特に資格がなくても扱えた大割圧砕機とかにも資格取得を義務づけるということになったんだそうで。7/1からその法律が施行だったらしいんですが、かなりいきなりの話で資格の取得が間に合わない。それで2年間の特例措置を設け、その間はごく簡単な講習を受ければ資格を取ることが出来るようにした、ということのようです。
受講の条件は車両系の資格を持っていること&実務6ヶ月以上。この講習、実に太っ腹でして、本来は2日ぐらいかかる講習がたった3時間でO.K.で実地も無し。座学の講習だけ、しかもブレーカーの資格までおまけで貰えちゃう。ブレーカーの講習は1日かかりますし、費用も2万円とかかかったはず。それがオマケ(本当はオマケじゃないけど)で貰えて費用は9,000円で3時間という。w
しかも内容がgdgdなんてもんじゃない。講師がこの内容は3時間では絶対無理と言いながら、適当に要点だけ読み上げてみんなはアンダーライン引くだけという。今まで受けた講習の中でもっともやる気が無いもののひとつですね。w
最後に試験があるんですが、これがまた。○×式で60点以上で合格なんですが、すげー簡単。あれ、たぶん全部どっちかにしても受かるんじゃないかしら。ずっと同じ印ばっかりでしたからね。w
こんなんで、こういうのも操作できちゃうんですぜ。w

まあそういったわけで、わたくしもいよいよレイバーパイロットに近づいたと。乗るのはHOSのせいで暴走する方だけどな。w
by namatee_namatee | 2013-09-21 21:28 | diary? | Comments(5)