<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

意外

c0019089_2215226.jpg

本日は仕事。なのでこれといってネタが無い。

燃費を調べてみる。
ウチのFXDFファットボブのメーターの図。このようにシンプルきわまりないシロモノでございます。このメーター、オプションというか、カスタマイズパーツでスピードの中にタコのあるやつも選べます。前にも書きましたが、H-Dの純正オプションってのは数限りなくありまして、グリップとかステップ、ミラーなどの小物、さらに細かいボルトとかワイヤークリップとか・・・本当にたくさんあります。大物ではホイール!とかハンドル、シート、タンク、スクリーン、フットコントロールセットと、そんなにくっつけたら原型無いんじゃないかってぐらいいろいろあります。お金もかかりますがね。CVOってのはそんなところがセットになっていてお買い得。w

このメーターの液晶部に残りの走行可能距離が出まして(写真ではトリップ表示)、満タン時の数値をタンク容量で割ったところ、およそ16km/Lだったと先日のエントリーに書きました。感覚的にはもうちょっと良い感じなので、満タン法で計測しようとしているのが写真の図。
写真の通り、221.8km走って給油したガソリンは11.4Lぐらい。燃費は19.5km/Lといったところ。1584ccの空冷OHVエンジンとしては意外なほど良い成績ですなぁ。TC96エンジンの完成度の高さってやつですかね。
この燃費は先日の八溝山のワインディングを全開で走った区間も含んでのものですので、なおさら好成績。コンピューターが表示した16km/Lってのはリザーブ分を含んだタンク容量で計算してしまったのかも。
いずれにせよ、満タンで300kmは余裕で走れるのでツーリングでも使いやすい乗り物ですなぁ。>FXDFファットボブ

H-DなんてOHVで空冷で旧式な鉄くずだと思っていたら大間違いですよ?
by namatee_namatee | 2012-06-30 22:33 | motorcycle | Comments(2)

頼みの綱

c0019089_190442.jpg

特にネタが(ry

珍しい?
M16A4ってイマイチメジャーになりませんな。ベトナムで有名なM16A1とかXM177とか、もちろんM4A1もですが、AR-15の類はそれぞれトイガンでも有力なブランドからモデルアップされておりまして、それぞれが人気モデルですが、M16A4というのはそういった華やかな話を聞かない・・・ような気がします。わたくしの見聞が狭い&少ないのかもしれませんけど。
サバゲの定例会などで見渡しても、M4の類は数えきれないほど(最近はSCARがノシて来ている感も)いますけど、M16A4は本当に少ない。最近、D-BOYSのM16A4が流通しているようなしていないような・・・そのせいかごくマレに見かける事があるぐらい。
M16A4はRASが長いから、M4にいろいろと装備品を載せている人もM4よりもっとイロイロ載せられて便利だと思うんだけどなぁ。w
ちなみに某オークションなどを見渡したところ、従来型電動のM16A4としては前述のD-BOYS、KingArms、それにG&Pが見つかりますね。D-BOYSとKingArmsは2万円台前半、G&Pは3-4万円のようで、買うならKingArms製が良さそう。D-BOYSのは刻印がなくてのっぺらぼうだし、なんていったってD-BOYSだし。(汗
G&Pは海外から買った方がはるかに安上がりですな。ウチのはそのG&P製でRAS無しの素の奴でしたが、たいして円高でもなかったころに香港から買って13,000円程度でした。他にもイロイロかったので送料がはっきりしませんが、とにかくM16A4のようなスタンダードなモデルを日本のショップやオークションで買うのはちょっと高く感じてしまいます。

それはそれとして、HK416でっちあげ計画が頓挫した今、ウチで普通にサバゲで使えるAR-15の類はこのG&P製M16A4しかありません。AKグループは充実していて、AK47S、AKM、Type56-2、AK104、AKS74UN、RPKと長いのから短いのまで満遍なく、どれでもよりどりみどりで性能も安定しているものばかり。それに比べてARグループはSPRは普通にゲームで乱射するにはちょっと使い辛いし、次世代M4A1はあまり好きじゃないしで、このM16A4が頼みの綱となっているアリサマ。XCRとかM4-P.M.C.もありますが、どうもこれじゃない感がありまして。

そのM16A4、微妙に初速が低い。適正Hopで78m/s(0.25gBB弾)ぐらい。ちゃんと真っすぐ飛びますし、集弾性能も十分なんですが、もう少し性能向上の余地があると見た。AKグループの各銃が比較的初速高めで平均82-84m/sぐらい。ARグループはSPRも80m/sぐらいですので、ややおとなしく感じます。
というわけで、バレルを長いものに換えてみることに。現状は363mmのマルイ純正です。そこら辺をかき回したら455mmのTNバレルが出て来たのでそれに交換。Hopパッキンもへたって来ていたのでこれまたそこら辺に転がっていた「電気クラゲ」に交換。さらにさらに掘り出した「なまず」も装着。このTNバレルはかつてSPRで使っていたもので、「なまず」最適化でHopのキリカキが拡大されているものなので、「なまず」も相性が良かろうと。
これでHopオフ時の初速は84m/sとなりました。狙い通り。ただHopをかけたときの初速の低下幅が大きめで80m/sぐらいまで下がってしまいます。比較的軽めのピストンなせいですかねぇ。歩兵銃としてフルオートでぶちかましますし、ギアがマルイノーマル(ベベルは89式)と、SPRのように低速ギアではないので、あまり重いピストンは感心しない。
あとHopの調整がすごくシビア。ゲームで使いやすい真っすぐ飛ぶ弾道にするのが微妙な調整が必要。微調整しやすいMadBullのチャンバーのおかげでギリギリまで追い込めますが、ほんのちょっとダイヤルをずらしただけでHopが足りなくなったりします。
集弾性能は相変わらず優秀。特にフルオート時はすばらしい。M14とは対照的。ますますM14に出番がなくなりますよ、これは。(汗

と、ネタ切れのgdgdで(ry
by namatee_namatee | 2012-06-29 21:00 | survival game | Comments(2)

発作的に

c0019089_20163634.jpg

発作的に、本当に無性に三本ローラーに乗りたくなったので購入。w

最近運動不足ですので・・・
実際のところ、三本ローラーで運動不足が解消できるかどうかは疑問であります。というか、自転車でダイエットとか、時間を持て余している暇人じゃないと無理なんじゃないかと。
だって自転車って人間の力を限りなく効率よく引き出すためのものですもの。ちょっと乗って運動した気になっても、その実、実際に消費したエネルギー(あるいはカロリー)は微々たるもの。100km以上走るとか標高差数百メートルの峠道登るとかじゃないとろくに乗ったことになりません。
いやしかし、もう体が持ちませんし(脚だけじゃなくて腰とか腕とか、全体的にダメ)、南東北(本当は北関東)のヘボドライバーが跳梁跋扈するオープンロードを自転車で走るのは命の危険を感じますので、部屋の中で三本回していた方が良いかと。w

モノは見ての通り、ミノウラのスタンダードなもの。三本ローラーもいつの間にかいろんなブランドのものがあって、ちょっと迷いましたが、価格や諸元、評判で定番に落ち着きました。ついでにハートレートモニターも買おうかな。
by namatee_namatee | 2012-06-28 20:29 | bicycle | Comments(4)

これだから米国(ry

本日は月に一度の平日休みの日。本当は昨日がそうだったんですが、例の社員旅行の可否をきめる会議(それだけじゃないけどね。)があったので一日延ばしておりました。
先週はずっとHK416のメカボと格闘して寝不足、おまけに日曜日にはサバゲと疲れがたまっておりまして、出来れば昨日休みたかったんですが。
だって風呂入るとそのまま寝ちゃうんですぜ。もう歳ですなぁ。BBジャングルの耐久ゲームも行かなかったのは体が持ちそうにないと思ったからですし。orz

というわけで、本日は特にないもせずゴロゴロしておりました。なのでネタが無い。
仕方が無いので先日のネタで。
c0019089_2022555.jpg

ウチのFXDFファットボブのシート下の図。シートはプラスのネジ一本で簡単に外れます。パッセンジャー用のベルトはこの通り、シートではなくリアフェンダーにネジ留めされております。シートに装着されているときはまずまずの見た目なんですが、こうやってベロベロにしてみると実にしょぼい。w
あまり使わないので取り外してしまいました。
真ん中の穴の中にあるのがインジェクションのコンピューターでしょうか。見ての通り、ぎっしりつまってまして、車検証などの書類をいれる隙間もない。サドルバッグを外してしまったので、どこかに書類の収納場所が無いかと探しまわっていたんですが・・・

錆びてる・・・
c0019089_20221460.jpg

こちらはリアサスペンションユニットの付け根部分。明らかに錆びてます。w
反対側は特に何も無いんですよね。塗装のし忘れでしょうか。(汗
全体的にH-Dは錆びやすいです。塗装の質があまり良くないと感じます。この写真でも見える通り、右上の平面なんてなんだか凸凹してますでしょ。
タンクとかフェンダーはそれなりの仕上がりなんですが、フレームとかスイングアームは微妙。フレームの補強のブレースみたいな部分の端とか、すぐに錆びてきます。メッキ部も油断すると錆が浮いてきますので、いつもチェックしていないといけません。

ホイールのリムとかも心配だな、こりゃ。(汗
by namatee_namatee | 2012-06-27 20:41 | motorcycle | Comments(5)

特に無し。

c0019089_19591379.jpg

特にネタがございません。強いて言うなら本日は何回目かの誕生日で、ケーキをいただきました。w

社員旅行中止。
例年の行事である、我が社の社員旅行。今年から実施しない事になりました。本日の会議でそうきまりました。
まあ、対象者の半分以下しか参加しませんからね。会社の行事としての意味はほとんどなかったのですが。日程も限られて、国内国外どこに行くにも中途半端ですし、廃止はもっともですな。というか、わたくしとしてはどちらかというと歓迎です。企画するの面倒くさいですからね。
というわけで、積み立てていたお金が戻ってまいります。あと7/13-16が4連休に。なんだ、良いこと尽くめじゃないか。w

写真もネタ切れで、ずっと前のもの。見ての通りスーパーカーコンビでございます。カウンタックはLP500Sですかね。NSXよりも明らかに過激なデザイン。さすがです。
by namatee_namatee | 2012-06-26 20:14 | diary? | Comments(7)

結論。

c0019089_19541893.jpg

いやーサバゲの次の日はダルいなぁ。orz

開発断念?
先日来、弄り倒しているD-BOYSのHK416、セミオートが不調でバーストになったりトリガーロックしたりと不安定。原因を追及してみたところ、スイッチとカットオフレバー、セレクタープレート、メカボ相互の相性というか、微妙なクリアランスのずれなどが原因なのではないかということに。
写真はSHS製のセレクタープレート。某オークションで調達。これは8mm軸受け対応のようで、問題なく使えます。これに加えてスイッチとカットオフレバーはVFCのものに交換。こちらは同じブランド同士ですのでパーツ単体の相性はまともなはず。ここまでやって、確かにセミオートの動作はやや改善した気配はあります。改善したといっても、うんともすんとも言わないかフルオートのどちらかだったのが、2点バーストになったぐらいですが。(汗

どうもメタフレの精度が怪しい気がしてきました。メカボの位置決めにやや甘さがあり、トリガーピンで固定しても少し動く感じ。その遊びの位置によってはセミオート時の動作が安定したりする。
実は以前にもこのHK416では同じような現象に見舞われまして、その時はマルイメカボでしたがセミオートはまともに動作したものの、たまにセレクターで選んだモードにならなかったりしたんですよね。で、当時もメタフレの精度に疑問があるということで、それ以上の開発を諦めジャンクボックス行きにしたんだっけ。ということは、また同じ轍を踏んでいるのですな。(汗

むぅ。面倒くさいからこのD-BOYSのメタフレは諦めようか。新たにまともなメタフレとフロントセットを調達したほうが話が早いような気がして来た。orz
by namatee_namatee | 2012-06-25 20:10 | survival game | Comments(3)

お初のフィールド

c0019089_2037484.jpg

本日はサバゲ。BBジャングルの24時間耐久サバゲは不参加で、某チームのPMCに参加。

お初です。
今回のフィールドはホワイトベースでございます。初めてのフィールド。ウワサではコンテナ周りの戦いが熱いとの事。とくにトルネードグレネードとかモスカートなどのグレネードを使った接近戦が特徴らしい。ウチにもトルネードグレネードは一個だけありまして、今回は久しぶりに使ってみようと思ったんですが、すっかり忘れましてね。思い出したのは柏I.C.のETCゲートを通過したときでした。w
お初と言えば、KingArmsのSIG 556 DMRをサバゲデビューさせました。これ、電動狙撃銃として購入したんですが、ウチにあるSPR二丁に比べるとポテンシャルの低さは否めない。ちょっと前まではM4/M16系は旧式なHopチャンバーのせいでM14や次世代M4に比べて集弾性能では遅れを取っていましたが、MadBullやPRO-WINのチャンバーや豊富なパーツのおかげで、いまや次世代やM14、Type89に比べても遜色の無い、むしろ上回る集弾性能を得る事が出来るようになった・・・と思っています。
いや実際、良く当たるというM14に比べてもウチのSPRはもっと当たりますし、軽量で短いので取り回しも有利。もはや以前のようにM14にコンプレックスを抱く事はなくなりましたね。
そんなSPRが対抗馬では未開発の556 DMRでは分が悪い。集弾性能はさほど悪くはないんですが、特に良くもない。それでもKAのチャンバーはレバーが最適化されたもので、フルオート時のまとまりは悪くない。問題はセミオート時で微妙に左右にぶれる感があるんですよね。
そういったわけで今回のゲームではセミでポツポツ撃つというより、普通のアサルトライフルのようにフルオートで使う事が多かったです。光学機器はSUREHIT 1420IRを載せていまして、これは藪の中の敵を捜すのに重宝しました。
他に持ち込んだのはいつものAKMと改修したばかりのAK104、これまたいつものベネリM3。今回は分隊支援火器は無し。

コンテナ怖いよ、コンテナ。
コンテナ内部の戦い。これが暗くてよく見えない上に外からも撃ち込まれて怖いのなんのって。おまけにモスカートとグレネードの嵐ときたもんだ。破裂するグレネードと飛び散るBB弾。中に居ても外に居てもコンテナ壁面にあたってすごい音がする。これは怖い。コンテナ内では瞬発力があって取り回しの良いベネリM3を主に使いましたが、自分の発射音が響いて怖さ倍増。w
もっとも外でもベネリM3の使用頻度が高かったですけどね。いつもの事ですが。

改修したばかりのAK104は好調でした。セミの切れは良くなり、サイクルも速くなって使いやすい。相変わらず遠くまで良く飛ぶので思っているより遠くの敵を仕留める事が出来ます。姿形はグロテスクですが、性能は極めて実用的であります。

フィールドの印象としては、SAVASやBeamに比べるとほどよくブッシュが残してあり良い感じ。バリケの配置も適度。角度によっては弾が通るように考えられているようで、なかなか攻略のしがいがあるフィールドと感じました。この点ではフォレストユニオンよりも良い感じ。例のコンテナに関してはフィールド全体から見るとちょっと唐突な印象がありますね。中からも中に撃つのもセミオート縛りとやや煩雑なルールですし、せっかく二段になっているのに上に上がれないのは残念な感もあります。

といったところで、PMC主宰のろす氏、チームメイトのマンモス氏&タカ氏、お疲れさまでした。
by namatee_namatee | 2012-06-24 21:38 | survival game | Comments(0)

すっきり

c0019089_20294268.jpg

さて本日はお休み。梅雨の晴れ間なのか、比較的明るい空模様でございます。
サドルバッグを外し、昨日のボルトを使って横のメッキプレートを固定してすっきりしました。それは良いんですが、シーシーバー固定用のカラーを取り付けるにはあのボルトではなく、もうちょっと長いボルトでないとダメな事が判明しまして、そのボルトをディーラーに再度発注。これが日本に在庫が無いとかで、米国に発注だそうです。納期は最短で2週間とな。さすがH-D。(汗
といったわけでシーシーバーも取り外し、リア周りはすっきりもすっきり、完全ノーマル状態でございます。この方がボブテイルがスッキリと長く見えて格好良いかも。

FXDFファットボブの慣熟運転セカンドステージ。w
ほぼ一ヶ月前に落花生県の東の外れまで海岸沿いをクルージングwしましたが、今回は納豆県の最高峰まで峠道中心で参ります。
エンジンの有る無し、二輪・四輪かぎらず、自分のものにした乗り物は何度かお決まりのコースを走ってみて、その挙動とか癖をつかむのがいつものしきたり・・・んなはずない。適当に暇つぶししているだけですわ。w

いやでも、様子を見るのに意味も無くそこら辺を走ることがあるのは確かですね。特に二輪車は倒し込み・起き上がりとか、それぞれのモデルで全然違いますし。低速時の挙動は近所の住宅街の路地をグルグル走り回っても良いんですが、近所迷惑になると悪いので比較的タイトな山道を走って確かめたりします。様子の分かっている道で試すので、なんとなく定番のテストコースみたいな感じになっちゃってます。

前回はとにかく真っすぐ走って加速とかブレーキングとか、基本的な挙動を確かめてみました。今回はつづら折れのかなりタイトなコース。雰囲気はかつて通った多度山のハイキングコースに似ている。あれをもっと長くした感じ。ほぼ全体がヘアピンとヘアピンをつなぐストレートで構成されており、八溝山山頂まで続いてます。道幅は1.5車線といったところかな。普通車だと普通にすれ違いは厳しいかも。
八溝山の標高は1,000mあまりですので、麓からの標高差は500m以上はありそう。ヘアピン部の落差はかなりのもので、入り口から出口までで2-3mぐらいはありますかね。
先日の台風の影響が少し残っており、路面には折れた枝とか杉の葉っぱとかが散らばっておりました。日陰の部分ではまだ湿っぽかったしコケが生えているようなところも。
と、いうような道に車重320kgのビッグツインH-Dで突入であります。場違いも甚だしい。

大柄で重たい車体を持て余してのたうち回る・・・かと思いきや、これが意外に軽快というか、十分にスポーティーで驚きました。高いギアリングのため、ヘアピンではローにまで落とさなければなりませんが、マイルドな特性のおかげか、リアタイヤがスライドしたりするような不安定な挙動は無し。マイルドとはいえ、トルクは十分にありますので、ハンドルに体をかぶせ気味にしてヘアピンからドワーっと脱出。2ndにシフトアップしてすぐにブレーキング。ローにシフトダウンして倒し込む・・・以下繰り返し。
そのような状況でも、前後16inの小径タイヤのおかげか見た目と裏腹にクイックな操縦性で、持て余す感はありません。ビッグツインH-Dとはちょっと信じられないようなペースで走れますよ。
もっと驚いたのは下り。なんてたってブレーキがまともに効く。はるか昔に同じ道をカワサキのスーパーシェルパで走りましたが、フロントブレーキの効きが甘くて下に降り切る頃には右手の握力が怪しくなりました。それが車重ほぼ3倍のこのFXDFファットボブでは余裕です。もちろん制動力も問題無し。凄く良く効くし、コントロールもしやすい。これは驚きました。伊達にダブルディスクじゃないということですかね。さすがにヘビー級、下に降り切る頃には何かがやける臭いがしてましたけど。

いやこれは大当たりですよ。>FXDFファットボブ
わたくしごときの腕前ではこれだけ走れれば十分ですし、普通の道を車に挟まれて走っても優秀な直進性とかエンジンのおっとりした回り方のおかげで退屈しないし、こんなにわたくしと相性が良くて乗りやすくて欠点の少ない二輪車は初めてかも知れません。あまりに楽しくて峠道を走りながらゲラゲラ笑ってましたからね。w
by namatee_namatee | 2012-06-23 21:29 | motorcycle | Comments(6)

H-D純正ネジ

c0019089_21534143.jpg

これは何かというとFXDFファットボブのリアフェンダー側面のネジ。H-D純正品。4本で1,160円也。

でっかいトルクス。
リアサスペンションユニットの付け根からウインカーのかけて伸びているメッキのバーをリアフェンダーに固定しているもの。サドルバッグを付けていると見えない部分。
必要に応じてサドルバッグを付けたり外したりしようかと思いましてね。ところがウチのサドルバッグはデタッチャブルタイプではないので、取り外すにはネジを緩めて抜かねばなりません。外した後にそのネジを締め込んでリアサスペンションユニットの付け根からウインカーのかけて伸びているメッキのバーをフェンダーに固定しようと思ったんですが、このネジがサドルバッグの厚みの分だけ長いんですよ。仕方ないのでディーラーへ出向いてサドルバッグ無し用のネジを調達して来た次第であります。
これがトルクスって奴。H-Dにはあちこちに使われてますね。>トルクス
スカブやジェベルではあまり見かけませんでした。わざわざこんな変なネジを使うのはなにか理由があるんですかね。
エアガン関連でも使わない事は無いんですが、さすがにこういう大きいサイズのレンチは無い。ディーラーからの帰り道に金物屋によって探してみましたがやっぱり売っていない。これだから田舎(ry

ちなみに普段はあまり意識にのぼらないんですが、H-Dの各部のネジはインチサイズです。トルクスの頭の部分はミリサイズなのかもしれませんが、ネジのスレッドの方はインチ方式だと思われ。で、ちょっと何かを外したりマシ締めしようとしたりする時にミリサイズのレンチが合わなかったりしてインチだってのを思い出します。これ、出先で故障したら困るでしょうねぇ。強力なディーラー網があるので心配ないのかな。
そういえばFXDFファットボブを除くとわたくしにとって最も身近な米国ブランドの乗り物であるところの自衛隊のF15(毎日頭上を飛び回ってますからね。)とかもネジはインチなんですかね。次期主力戦闘機がユーロファイターになったりしたら、整備用の工具の類もミリサイズにしなければならず、それはそれで大変でしょうなぁ。

いやしかし、メッキピカピカのパーツを車体に固定するネジがこういうぞんざいなネジとは。H-Dってパッと見は高級そうなんですが、細かい部分をみるとあまり気を使っているとは思えないところが多いですね。塗装も薄いところがあって、フレームのダウンチューブのあたりとかすぐ錆びるし。(汗
これがアメリカらしいって奴なのかなぁ。w

XR1200のニーグリップバーを固定する時に使った記憶があったので、車載工具の袋を漁って見たら合う大きさのトルクスレンチが見つかりました。久しぶりに見ると車載工具充実しているなぁ。>H-D
by namatee_namatee | 2012-06-22 22:44 | motorcycle | Comments(2)

ドツボにハマる

c0019089_23432396.jpg

週末のゲームに備えてAK104のメンテナンス。

FET交換
このAK104、ガスチューブの中にFETを設置したせいで配線が行ったり来たりしております。作成した時には良い手だと思ったんですが、AK47SやAKS74UNでチャンバー横にFETを設置するようになった今となっては気に入らない。(汗
というわけで、FETの設置しなおしを企画しました。元々の配線を利用してFETだけ交換すれば簡単、と思ったんですが、せっかくメカボを取り出したんだからと配線を全部引き直し、ついでにメカボを開けて消耗具合を確認、とか思っているうちに、パーツを全て外してシム調整までやり直していたという。お手軽メンテのはずが完全O/Hになってしまいました。w
作成当時に比べて多少はスキル()もupしているので、シム調整をやり直すのは無駄ではないはず・・・

一通り作業して、組み立てて各部をチェック。配線の長さの設定を微妙にしくじり、信号線のフィッティングをああでもないこうでもないとこねくり回していたら、スイッチから信号線が抜けた。orz
仕方が無いのでもう一度レシーバーからメカボを取り出して信号線のハンダ付け。試射をして最後のチェック・・・どうも配線の取り回しに納得がいきません。ああでもないこうでもないと信号線の取り回しをしていたら今度はFETから信号線が抜けました。w
心が折れたので元の配線に予備で在庫していたFETを繋いで終了。最初からそうしていれば3時間前には終わっていたんですがね。orz

二回目のFET交換前に試射したデータは初速82m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)でサイクルは12発/秒(7.4V 1,300mAhのLiPo)といったところ。元々、モーターがハマー1000ということもあってサイクルに期待はしていないのでこんなもんで十分です。それでも記憶ではO/H前は初速は同じぐらいでしたが、サイクルは10発/秒そこそこだったので、シム調整でモーターとベベルギアの位置関係の最適化をはかったのは正解でした。
by namatee_namatee | 2012-06-21 23:42 | survival game | Comments(0)