<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

これはこれで

c0019089_2155730.jpg

戦民思想主宰のwildey氏、別名ボウコウさんからいただいたニッカのカフェグレーン12年。ありがとうございました。>ボウコウさん
そういえば某巨大掲示板に戦民思想のスレが立っていて吹いた。しかも全然伸びてない。w

グレーンなんて・・・と思っていた時期が(ry
カフェ式連続式蒸留機で作ったんですって。ニッカの竹鶴氏の有名なエピソードで、ニッカが新しく蒸留機を発注するというニュースを聞いた英国のメーカーは、ニッカの仕様も聞かずに新式の蒸留機ではなく、旧式のものを作る準備を始めたと。曰く「竹鶴がオーダーするんだろ?旧式な方に決まってるって。」・・・胸熱。w
詳しくは知りませんが、新式の蒸留機は効率は良いものの、原料(トウモロコシ)の香りまで取り除いてしまうのだそうで、グレーンウイスキーなんてモルトとブレンドする時に量を増やすだけなんだから、それでも良いんじゃないかなんて思うんですけど、どうもそうじゃないらしい。(汗

グレーンウイスキーだけを飲むってことはほとんどありませんので、他のものと比較は出来ないんですが、これは確かに単体で飲んでもたいしたウイスキーですな。モルトウイスキーみたいに尖ってなくてまろやかですが、それでもちゃんと味わいがありますよ。

実はさっき飲むまでコーヒー味のグレーン(コーヒー焼酎みたいな)だと思ってました。w
by namatee_namatee | 2012-05-31 21:28 | diary? | Comments(2)

ヘタレですから。(汗

c0019089_1931992.jpg

ネタが無い。

AKM格好良いな、おい。
上の写真はGW最後の日のbeam定例会でのわたくしの図。beamさんのアルバムからいただきました。AKMをフルオートで射撃中でございます。手慣れたフォーム、この構え方、殺る気満々。w
わたくしはとにかく、この角度から見たAKMはとてつもなく格好良いですなぁ。真っすぐスッと伸びたストック、対照的に優雅に湾曲したマガジン、堪らん。

それはそれとしてあらためてアルバムを見ておりましたらば、シューティンググラスの人が多いですねー。わたくしは怖くて嫌ですけどね。>シューティンググラス
だって隙間多いですもん。正面から撃たれる分には今の1Jにも満たないパワーの鉄砲玉ならポリカーボーネート製のレンズは十分に耐えるんでしょうけど、敵はそう都合良く正面に居るとは限りませんからね。どのような局面にせよ、側面を衝かれる可能性はありますので横方向からのヘッドショットを喰らった時に顔との隙間がどうにも不安です。>シューティンググラス

最近はサバゲにもちらほらと若い女性が参加するようになってきたようで、それはそれで良い事なんですが、彼女達のプロテクションがねぇ。前述の通りシューティンググラスが多いし、フェイスガードも無い人が多い。人によっては半袖とか腕まくりとか。あとグローブをしてない人も多いです。見ていて非常に怖い。
まあ撃てる状況になったら容赦なく撃ちますけどね。大体が顔ぐらいしか狙い所が無いし、わたくしの使用するマルイ・ベネリM3は3発同時発射ですから、うまく痛くないところに当てるなどという芸当は無理です。SPRとかでも結局は狭い隙間を通してゴーグルを狙ったりせざるを得ないんで、どうしても顔や頭に着弾しちゃいます。

わたくしなんてヘタレですので上の写真の通り、帽子を目深にかぶってフェイスガードもして、少しでも顔への着弾から身を守ろうとしているわけでして。シューティンググラスで顔むき出しなんてとてもとても。

別な折に別な角度から見たわたくしの図。↓
c0019089_20595774.jpg

これは先日のSAVASの定例会のときですね。これはSAVASさんのアルバムからいただきました。
RPKを抱えてタイミングをはかっております。おそらく右方向に敵が居るのでしょう。そちらからの射撃の間合いをついて分隊支援火器の分隊支援火器たる長い長いフルオートをぶちかまそうと力をためているところ。w
このようにフェイスガードとゴーグル装備であります。マルイ製のゴーグル&フェイスガードですが、フェイスガードは頬付けの邪魔になるので側面を大きく切り取ってます。なので頬はむき出しに近い。頬は多少痛くても我慢できますが、歯は折れますからね。以前、SPLASHの定例の復活戦でゲラゲラ笑いながらカウンターを押そうとしたところに喰らいまして、大口を開けていたせいで前歯に直撃。ひびが入って歯の裏側が剥離しちゃいました。その後、ユニオンバトルシティのゲームで高いところに登ろうと階段に足をかけた瞬間、またしても前歯の同じところに着弾。完全に折れました。w
幸いにして半分ぐらいは残ってましたので、無くなった部分だけ樹脂製の歯を接着してもらってすんでます。健康保険適用で3,000円もしないぐらいで済みました。これが差し歯とかになると大変な出費と手間ですからね。

というような経験がありますので、見た目は格好悪いけどフェイスガードは手放せませんな。
by namatee_namatee | 2012-05-30 21:14 | survival game | Comments(10)

これで解決。

c0019089_2117625.jpg

A&Kオリジナルのマガジンに見切りを付け、MAG製の100連発風マガジンを導入。

さすがとしか言いようが無い。
A&KのM249の類は最近妙に流行ってまして、巷では高評価だったりするのは以前にもネタにしました。高嶺の花だったSAW(もしくはLMG)が今や3万円切る価格ですからね、気持ちは分かります。だがしかし、出来の悪さはさすがA&Kとしか言いようの無いシロモノですぜ。w

まずチャンバーがどうしようもなくダメ。ウチのなんてストックのままでは撃てませんでしたからね。Hopがろくにかからず、ちょっと無理をするとすぐ弾詰まりしちゃう。使い物にならない。シリコンチューブを縦に押してHopを直押しで掛けるという構造が基本的にダメなんですよね。
メカボ内は意外にまとも・・・とはいえ、グリスを拭き取ってギアのシム調整とモーターの位置決めの調整は必要でした。グリスは例の緑色の中華グリスなどといわれるもので、あのグリスそのものがギアの潤滑に向いていないということもなさそうですが、いかんせん量が多過ぎ。A&Kの工場ってどんだけグリス使っているんですかね。w
シム調整はハナから話になりませんので問答無用で再調整。巨大なメカボは細かい作業もしやすくて調整そのものは簡単だった記憶があります。
モーターの位置については、そもそもオリジナルのモーターの形がメカボに合わないというお粗末さ。マルイ純正のEG700に交換したらガタつきは最小限になっちゃいました。もうね(ry
マイクロスイッチも問題があるようですが、ウチの場合はFETにしてしまいましたのでストックのままで平気、なはず。

さらに加えてマガジンにも問題大有りです。
そもそもこのマガジン、ガラばかりでかくて内部容積を無駄にしていますね。だってちょっと改造するとラージバッテリーが入っちゃうんですぜ。A&Kは一体何を考えているのかと。
良く言われるのはモーターのパワーというかスピード不足で銃本体のサイクルに給弾が追いつかない。ウチのなんて7.2VのNi-MHで運転して15-16発/秒程度のごく一般的なサイクルですが、それでも給弾は心もとない。これはモーターをミニ四駆のものに交換してある程度はマシになりました。本体とマガジン、オリジナルのモーターが残ってないじゃねぇか。orz
給弾は音感センサー式ですが、この音感センサーがねぇ。感度が悪いというか、作動のタイミングが遅過ぎ。給弾が間に合わないのもこの音感センサーのせいかもしれません。
電装系の配線とか基盤もお粗末そのもので、ハンダ付けが適当なもんだから迂闊に触ると(ry
さらにさらに、ウチの個体ではマガジン内部のゼンマイが折れて機能しなくなり、撃ち続けるときはずっと巻き上げ続けてないとならない始末。

さすがにここまで来ると、オリジナルのマガジンに見切りを付けて他社製のモノに乗り換えたくもなります。
というわけで、冒頭にもどってMAG製の100連タイプマガジンを購入と。
いやしかし、これで全ての問題はすっきりと解決。9Vバッテリー仕様のせいか、巻き上げスピードは十分で給弾は問題無し。コンパクトですが、その割には2,500発も入る。手動というかスイッチを押して給弾するタイプなのでセンサーがどうのとかの問題も無し。ああ、すっきりした。w

5/30追記:
忘れてた。このマガジン、メインスイッチの類がないです。9Vの電池はコネクターが微妙に短くて頻繁な取付・取り外しは面倒です。荷物につっこむときに変な所に押し込むとスイッチが勝手に押されて肝心な時に電池切れということになりかねません。マガジン上部の本来なら実弾が出るところにちょっとした窪みがあるので、移動時はスイッチをそこに押し込んでおくと良いかも。
by namatee_namatee | 2012-05-29 21:45 | survival game | Comments(3)

サバゲ飯

c0019089_2027061.jpg

サバゲフィールドのカレーについて。

なぜかサバゲフィールドの昼食ってカレーが多いんですよね。
知っている範囲でフィールドが用意する昼食がカレーのところって
・ユニオン系列
・シールズ
・No.9
・CIMAX
・SAVAS
といったところ。他にもあったかも知れませんが思い出せません。w
SPLASHやBBジャングル、VISONは仕出しの弁当、beamは前回行った時点では昼食は特になくて、カップ麺やおにぎりの販売がありました。
弁当の相場は600〜700円で、カレーは500〜600円が多いですね。おそらくカレーの方がコストは抑えられていて、フィールド側も儲かるんでしょう。

聞いたところでは、ちょっと前までのサバゲってお昼は自分で用意するのが普通だったそうです。それがユニオンでちゃんとした昼食を出すようになって、今ではフィールドのメシの美味い不味いは重大な関心事。w
有料フィールドがこんなに無かった時代は、河川敷とか野原でサバゲをやっていたわけですから、アメニティなど全く考慮されておらず、それこそトイレだってどうか?といったレベルだったと聞きます。
わたくしは有料フィールドが普通になってからのサバゲーマーですから、その時代の事は良く知りませんけどね。
それでもサバゲを始めてからしばらくは、周りの人々もなんとなく自前の昼食を用意するのが多かったように感じます。およそ1年ぐらい前までですかね。それが最近は最初からフィールドの昼ご飯を当てにしてますからね。

といったわけで、どのフィールドのカレーが一番美味いのか、という話になるんですが、ユニオン系列というのが無難な線。とはいえ、チームメイトのタカ氏によると以前に比べて質が落ちたそうで、昔はサラダとかスープとかもついて、カレーそのものも美味かったのに、最近はカレーだけになっちゃって味も落ちたとのこと。そういえばそのような気もする。わたしゃ鈍感ですからね。(汗
つい先日食べたSAVASのカレーはどうだったのか。まあ可もなく不可もなくといったところでした。ちょっと辛めだったような気がしますが、たぶん一から作っているのではなく缶に入っている奴がベースじゃないかと。みそ汁が付いてまして、当然ながらセルフサービスでお玉でよそうんですが、そのお玉がすぐに鍋にダイブするんですよ、これが。w

・・・まあ、どんな風に作っても食べられないほど不味くならない&コスト的にも良好、というわけでサバゲの昼食はカレーという状況は当分続くのでしょう。

写真はネタにあまり関係が無くて、5/13にユニオンベースへ行った帰りに空腹に耐えかねて常磐自動車道の友部S.A.で食べたラーメンの図。たまり醤油ラーメンセットだかなんだか。たまり醤油と言っている割にあまりコクが無くて美味しいとも不味いとも思えませんでしたね。これで920円だったと記憶してます。ちょっと割高かな。
by namatee_namatee | 2012-05-28 21:02 | survival game | Comments(4)

満足です。

c0019089_21113.jpg

さて本日は特にやる事が無い、というか何かする気力が出ない。意外な事に左腕の筋肉痛は大した事無かったですよ。

そういったわけで午前中はゴロゴロして過ごす。
昨日の荷物の片付けとか。車から降ろしただけだけど。それも半分だけ。LiPoの放電もまだです。チンタラやってると次のゲームになっちゃうんですよ、これが。w

慣熟運転。
お昼を食べて良い天気が続いているようなので、ファットボブ(というか自分)の慣熟運転に出かけることに。車庫の直前にお客さんがワゴンRを停めてどっか行っちゃったもんで、ファットボブを引っぱりだすのに苦労する。危なくひっくり返すところでしたよ。車重320kgは伊達じゃない。垂直を保っていればどうということはありませんが、傾きの限度を超えると(ry
悪い事に地面が砕石敷きで足場が良くない&転がり抵抗が大きいときたもんだ。大汗かいて引っぱりだしたら、昨日からの筋肉痛が収まったような気がします。
とりあえず南を目指す。アメリカンバイクは海辺だろ、ということで海沿いの道を走り続けて写真の場所へ。もうちょっとまともに写真を撮りたかったんですが、地面が砂で移動もままならず。駐車場に突っ込んだそのままで撮影。(汗
こうやってみるとやっぱりフラットなドラッグバーが格好良いですなぁ。

本日のコースは真っすぐダーッと行ってダーッと帰ってくるという単純なもの。一般道としては高めの巡航速度が保てて快適。なんというかH-Dに最適な道。動力性能も直進安定性、制動力なども全く問題無し。というか、快適過ぎ。さすがとしか言いようが無い。
町中やちょっとしたコーナーでも素直そのものの操縦性で苦労知らずでした。
唯一、不便なのは前述のとおり駐車するときなどの取り回しですかね。やっぱり重たいので停める前に走り出すときの事を予測しておかないといけません。これは慣れるしかありませんな。

といったわけでFXDFファットボブは良い買い物の予感。歴代の二輪車の中でも最高の満足度でございます。
by namatee_namatee | 2012-05-27 21:25 | motorcycle | Comments(5)

無理すんな。>自分

c0019089_213114.jpg

さて本日は予定通りサバゲ。写真はいつもの通(ry

初定例会なんですって。
SAVASの定例会だったんですが、今までは貸し切り専門で本日が初めての定例会だったそうです。知らなかった。知らなかったといえば、場所も良くわかりませんで、何を思ったかフォレストユニオンの近くだと勘違いしてへんな道に入ってしまい、現地到着が9:00を回ってしまうという失態を演じるはめに。(汗

なんとか開始時刻前には到着して荷物を広げて急いで受付・弾速チェックを済ます。そういえばフィールドの入り口の道路は二カ所ありまして、手前側から入る道は結構細くて傾斜のある山道。途中ちょっとギャップのあるところがありまして、ウチのポロでは微妙に底を擦りました。サバゲの荷物満載というのもありますが、車高の低い車は要注意でしょう。RX-7とか。w
駐車場に入ってから気がついたんですが、もう片方の道はフラットで幅も広く、そっちを使えばロータス・ヨーロッパでも平気そうです。

フィールドの印象は、やっぱり下草刈り過ぎのスカスカという感じ。横に細長い敷地で、真ん中の広場を挟んで左右に森のあるレイアウト。セイフティから向かって右側は普通の森で左側は竹林。竹林は思ているより見通しが悪く、潜んでいる敵を見つけるのが難しい。ただ、跳弾が発生しやすいので手数にモノを言わせて撃ち込めばなんとかなっちゃうかも。右側の普通の森の方は適当にバリケがあり、フォレストユニオンを思い浮かべてもらえば雰囲気はわかると思います。
中央の広場はどうしたもんですかね。あまりに開け過ぎな印象。その割にはすぐに蜂の巣ということもなかったのは、人数が40名切るぐらいと少なめだったからでしょうか。取り囲む森の中から狙い撃ちは出来るのですが、あんまり撃たれなかったですね。むしろ開けた広場に点在するバリケから森の中を狙い撃ちしてそれなりに穫れてました。いっそのこと広場には巨大な砦でも作っちゃうと面白いかも知れませんね。

今回はAK中心でとかいいながら・・・
今回の得物はAK47SとAKS74UN(クリンコフ)とAKMとRPKとベネリM3でした。最初のゲームはいつものとおり分隊支援火器を投入。RPKに電動マガジンで撃ちまくり。なかなか良い感じで適当にヒットを穫る。
次のゲームはクリンコフを投入。ここで異変が。どうもHopの効きが過剰。狙ったところより上に行っちゃいます。前回のゲームで使ったままなんですが、違いがあるとすれば今回はCYCのBB弾を使っている事ぐらい。
いつものマルイの弾と表面処理が違うのか、Hopが強くかかるようです。Hopの効きに敏感な流速仕様のクリンコフだとその違いが大きく出る。極めて使い辛い。
で、次のゲームではベネリM3を使ってみました。弾は同じくCYC。これもHopが過剰で狙ったところより上に行ってしまいます。ゲーム終了後、シューティングレンジで試射しながら初速を測ると、68m/s(CYC0.25gBB弾)とか。マルイのベアリングバイオ弾(0.25g)で測り直してみると73-75m/sです。
要するにCYCの弾は径が小さく表面がざらついていてHopが良くかかるんですな。これはイマイチ。マルイのベアリングバイオ弾の方が狙ったところに素直に飛んで使いやすいです。
その証拠に、次のゲームからマルイのベアリングバイオ弾に換えたら穫れるわ穫れるわ。もうウハウハですよ。w
CZさんで施してもらったO/Hとチューンナップのおかげで30mだと直射可能です。ノーマルだと俯角をかけないと当たらないんですが、今は真っすぐサイトの通りに狙えばそこに弾が飛んで行きます。すごく良く当たる。フロントサイトをターゲットにすばやく突っ込んで撃つ。0.25gBB弾なのであまり広がらずに着弾し、障害物に隠れている敵にも有効。
とても気に入ったのでその後もM3を使い続け、結局、8割がたのゲームはM3でした。性能upと引き換えにコッキングは2割増ぐらいで重くなっており、そのダメージが蓄積されて酷い目に遭うのはその後の事でした。おかげで早くも両腕が筋肉痛ですよ。調子に乗って無理するとこんなことになる。orz

RPK破損。
午後のゲームでRPKにドラムマガジンで乱射しておりましたらば、音が変になって飛距離が出なくなりました。どうみてもピストンかギアのクラッシュです。本当に(ry
おそらくセクターギアかピストンのラックが欠けたのではないかと。LiPoでぶん回したからかなぁ。バレルが長いのも高回転で問題が出やすいんでしょうな。修理のときにローギアードなギアに換えてあげましょう。

といった感じで、フィールドはとにかく、ゲームは大変楽しかったです。
スラッシャーさま、ろすさま、チームメイトのタカ氏、参加のみなさま、大変お疲れさまでした。また楽しみましょう。
by namatee_namatee | 2012-05-26 21:55 | survival game | Comments(12)

ありゃ

c0019089_20585842.jpg

M249のマガジンを改良中。いやなに、ろす氏に「LMGをもってこい、阿呆。」と言われてしまったもので。w

給弾不良。
このマガジン、どうも調子が悪い。たいしてサイクルが速いわけでもないのに給弾が間に合わないんですよ。あと音感センサーの感度が悪く、肝心な時に給弾されない。鉄砲本体はとても調子が良いんですがねぇ・・・
よく観察してみると、ゼンマイが効いてない感じがします。これは前から感じていたんですが。仕方が無いので分解して調べてみると・・・ゼンマイ折れてますがな。orz
軸に固定される部分が折れてゼンマイのテンションが全くかからない状態です。仕方が無いので折れた端っこを曲げ直して軸にはめ込んでみましたが、微妙に形状が変です。というか、もともと無理がある形状じゃないかな、あれ。
極めて説明し辛いのですが、外周部から軸に固定される部分へのゼンマイの伸び方というんですかね、まず最初に撒かれる部分の曲がり方がスムーズじゃなくて急激な角度で曲げられてます。どうも納得がいかないんですが、手持ちの資材ではどうにもならないので、そのまま組み立ててみる。
ついでに巻き上げスピードupのために電池を一本追加。追加そのものは簡単ですが、電池の置き場に困っているのが写真の図。

なんとか押し込んで試射してみると・・・最初は調子良かったんですが、途中からもとに戻ってしまいました。(汗
ゼンマイもまた効かなくなってる。これはダメかもしれんね。orz
明日はRPKで行きましょう。
by namatee_namatee | 2012-05-25 21:13 | survival game | Comments(0)

思案中

c0019089_2110440.jpg

相変わらずネタが(ry

明後日はサバゲ。
明日は月に一度のお休みの日。土曜日はお休みですので3連休となります。なので明後日は某チームのPMCに参加して最近出来たサバゲフィールド、SAVASの定例会を荒らしに楽しみに行こうかと。
で、ウチのAK(の一部。全部並べるの面倒くさかった。w)を並べてどれを持って行くか思案しているところでございます。どれも成功作で性格の違いはあるものの、性能はほぼ互角。
この中から二丁選ばなければなりません。いや、全部持って行っても良いんですが、最近はサバゲ装備の肥大化が進んでまして、ちょっとダイエットしようかと。さらにゲームスタイル?なんていうか、ゲームでのポジションのようなものも微妙に後ろよりで、チームメイトのタカ氏には「もっと前に出なきゃ。」などと言われている始末です。
そういったわけでここ暫くの間は、遠距離からポスポス撃つSPRとかではなく、前線で暴れるためにAKファミリーを中心に武器を選択しようと思いましてね。いやでもスコーピオンとかにはしませんけど。そこまでは無理です。w

しばらく考えた結果、AKS74UNとAK47Sで行く事にしました。予備としてAKMを忍ばせる事に。←弱気
あとO/HなったベネリM3も加えましょう。これで前に出ざるを得ないというわけで。(汗
by namatee_namatee | 2012-05-24 21:37 | survival game | Comments(2)

FXDFもろもろ

c0019089_1962597.jpg

ネタが無い・・・ので、とりあえずFXDFのネタでごまかす。

これが想定していた姿に近い。
先日の写真ではスクリーン付きでおまけに余計なものが乗っている図だったので、ファットボブそのものの様子が分かり辛かろうと。
なんとなくヤマハのV-MAXに似てますなぁ。

ホイールはディッシュですが、細長い穴が開いています。これはこれで格好良いんですが、本当はソフテイルのファットボーイのみたいな円い小さな穴がたくさんあいているようなのだともっと良かったなぁ。

ブレーキディスクはちゃんとフローティングタイプです。XR1200のはなぜかフローティングじゃなかったんですよね。スポーツ系なのに不思議です。XR1200Xになってフローティングディスクになりましたが。
一応、ダブルディスクに4ポッドキャリパーとそれなりにブレーキ性能に気を使っている様子があります。実際にはフロントサスが柔らかいので、ぐんにょりとしたノーズダイブがあって見た目ほどガツンと効く感じではありません。絶対的な制動力に不足はありませんけどね。
そのフロントフォーク、普通の正立型ですがものすごく太い。さすが重量級といったところ。ちなみにXR1200のフォークは倒立式で、実はわたくしの二輪人生で(自転車も含む)初の倒立フォークでした。w

太いといえばハンドルバーも太い。1.5インチぐらいあるんじゃないでしょうか。ハンドルクランプの類の選択肢はかなり狭いでしょうな。XR1200で使っていたETCを移植したんですが、ステーが合わなくてステーだけ買い直しでした。しかしながら両端のグリップの部分は普通の太さになっているのが、いかにもアメリカンなハッタリをかましている感じで微笑ましい。
ハンドルの高さや角度・幅はわたくし的には理想的。このハンドルポジションに惚れたといっても良いぐらい。

エキパイ〜マフラーは2-1-2とかいう奴で、これはFXDF特有のもの。トミーガンマフラーとか言うそうですが、どこがどうトミーガンなのかさっぱりです。
そのマフラーのおかげでサドルバッグが熱くなるんですよ。生ものや熱で劣化しやすいもの、ガスとかは右側のサドルバッグに入れるのは避けた方がよさそうです。とりあえず書類の類を入れてます。そういえばXR1200もそうでしたが、このFXDFにも車体そのもの何かを収納するスペースは皆無に近い。こんなにでかい車体なのに。あとメットホルダーもない。変なところで妙に硬派ぶるんですよね。>H-D

日本仕様のFXDFは見ての通りミッドコントロールといって、シートに座って普通に足を下ろしたあたりにステップがありますが、米国本国仕様はフォワードコントロールでして、これは日本仕様で幸いでした。だって貧相な体格のわたくしではステップに足が届かないもん。orz
別名「でかいの」などと呼ばれる戦民思想のwildey氏はこのステップ位置では足が窮屈とか言ってました。(汗

写真ではわかりませんが、タンク上面にはスピードメーターとキャップ、キャップの反対側、メーターを挟んで対称の位置に燃料計があります。メーターは220km/hまでありますが、そんなに出るわけない&出しません。タコメーターがないのは不便だのぅ。
燃料計はXR1200にはありませんでした。見た目は灯油ストーブ(ファンヒーターじゃない奴)の燃料計にそっくりで、正直安っぽく見えるんですが、ストーブの燃料計と違って電気式です。わたしゃ実際に自分のものにするまで機械式だと思ってました。イグニッションを切ると針がエンプティの位置に下がるので電気式だと分かった次第。w
スピードメーターの下の方にちいさい液晶画面があって、そこにオドメーターやトリップ、時計などが表示されます。XR1200も同じでしたが、FXDFは残りの燃料で走れる距離の表示があるのが違います。インジェクションからの情報で計算しているんでしょうな。現状ではおおよそ320km程度の航続距離が出てますね。燃費は16km/L程度といったところですか。
メーター内には他にもインジケーターがいくつかありまして、特筆すべきは6速に入っている時につくインジケーター。前に書いた通り、6速は85km/h以上で使えとマニュアルに書いてあり、実際にもものすごく高いギアリングなので、、無理に低速で使うと不具合の元になるんでしょう。

スピードメーターの下にはメインスイッチがあります、これが独特でノブを右に回すとイグニッションon、左に回すとACCという。XR1200にもACCポジションはありましたが、いったいどんなシチュエーションでACCが必要なのか未だに分かりません。
ノブの上面にカギ穴があって、OFFの位置でカギを差し込んで施錠・解錠します。施錠したらカギを抜くのはあたりまえですが、FXDFは解錠してもカギを抜くんですよ。つまり走行時は車体にカギは刺さっていない。カギそのものもロッカーのみたいな円い断面の奴でいろいろと変なキーシステムです。
さらにこのFXDFにはオプションのセキュリティシステムが付いてまして、これがまたキーレスのようなそうでないような中途半端な仕組み。発信器でセキュリティのon/offをするんですが、車体の15cmぐらいに近づけて操作しないと反応してくれない。キーレスみたいに身につけているだけではダメです。セキュリティonにするとカギをかけなくてもエンジンをかける事は出来なくなり、下手に触ると警報がなります。

といった感じで、だらだらとネタを書き連ねてみましたとさ。
by namatee_namatee | 2012-05-23 21:01 | motorcycle | Comments(2)

バッテリーを更新

c0019089_20162668.jpg

武器商人のきつね氏のところからバッテリーを補充。

ミニ互換サイズの2,200mAhのを3つとAKタイプの1,300mAhのを2つ。ミニ互換の奴は1,800mAhの奴が2個と2,200mAhの奴が1個あったんですが、ここ最近、次々とダメになりましてね。ミニ互換サイズのものはいろいろと使い回しが効いて便利なんで、使用頻度も高かった。それが1,800mAhの2個は原因不明の充放電トラブルで使用禁止処分。2,200mAhのものはバランスコネクターの線が根元から抜けた。w
そういったわけで、まずミニ互換サイズを更新。今回は2,200mAhのもの(青いの。黒い小さめに奴は前からある1,000円リポです。)を3個購入しました。バランスコネクターの線が抜けたのと同じ奴です。これは適当に容量が大きくて、その割にはコンパクトなので元々ラージバッテリー仕様の鉄砲に最適。出番が最も多かったもの。その割にはトラブルも無くケーブルが抜けるまで活躍しておりました。きつね氏によると1,800mAhのモノの方が性能は上だったらしいのですが、そのせいか1,800mAhのモノの方は前述の通り、充放電トラブルを起すんですよね。

で、ここで気がついた。これタミヤコネクターのミニじゃん。ウチでこのバッテリーを使うのは全てラージコネクター仕様なんですよ。自分で付け替えか?バッテリー側は電気きてるからおっかないんですよね。orz

AKタイプはFIREFOXのとET1のがそれぞれ2本あり、全て問題なく使えております。だがしかし、AKグループのラインナップが充実して来ておりまして、4本では足りない場合も出てまいりました。なんてたってAK47SとAK104とAKS74U、それに未だ就役しておりませんがD-BOYSのクリンコフ(本当はSLR-107?)もAKバッテリーです。それに加えて、これまたあまりゲームに持ち出す事はありませんが、CYMA MP5K PDWとVFC XCRもある。あとSIG 556 DMRも。しかもMP5K PDWはFIREFOXじゃないと入らないんですよ。となると6本ぐらい無いと不安です。

いやしかし、Ni-MH時代に比べるとバッテリーのトラブルが減ってバッテリーそのものも長持ちするようになりましたね。なんといってもLiPOバッテリーは使おうと思ったら充電できてないとか、そういう不安定さが無い。充電器が充電状況をきっちりチェックしているので、長持ちもするんでしょう。トラブルがあったときがやばそうですが、今のところそういう変な事にはなってません。Ni-MHはラージサイズのが6本ほどあるだけです。思い立って急に試射したくなったときとかに満充電で放って置けるNi-MHは便利ですからね。
by namatee_namatee | 2012-05-22 20:46 | survival game | Comments(0)