<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

消耗品交換

c0019089_20324395.jpg

久々に買い物。w

消耗品の類。
ドリーム50用のチェーンとチェーンカッターとオイルフィルターでございます。チェーンはノンシールの安物。原付では普通ですが。ノンシールチェーンは寿命が短いと言われますが、なんてったって安いのでダメになったらさっさと交換してしまえばO.K.
このチェーンは25%オフのセール中だったこともあって、およそ2,800円でした。自転車のチェーンより安いな、おい。ウチのRNC7(ネヲ子)用のカンパのチェーンなんて6,000円ぐらいしますからね。w
原付とはいえ、人力とは比べ物にならないパワーを伝えて、さらにエンジンブレーキでその反対方向にも力がかかる、雨でも容赦なく使われる、使用時間の長さは自転車とは比べ物にならない・・・などなど、過酷このうえない使用環境なんですが。自転車のチェーンのようにねじられる方向にはあまりストレスが加わらないのが救いか?
このチェーン、110リンクと120リンクがありましたが、ドリーム50は112リンクなので、120リンクの方とチェーンカッターも購入。キジマ製で2,940円・・・定価なんだなぁ。店で交換して貰えば適当な長さにカットしてくれるんですが、その場合の工賃が2,630円とか。今後のことも考えてチェーンカッターを買っておきましょう。w

一応、バイク屋では納車前の点検ということでオイル交換とエアクリーナーの清掃、プラグの交換などはしてくれました。でも大して値のはるものでも無いので、オイルとエアクリーナーエレメントは交換。オイルフィルターはなぜかそのものずばり「ドリーム50用」としてショウケースの中にありました。どうもタケガワなどのAPE用クラッチキットかなにかで同じものが使われているようです。タケガワやキタコ製よりホンダ純正の方が安いとか。っていうか、よく考えたらドリーム50って普通のオイルフィルターエレメントがあるのは偉い。横型エンジンのCL50なんて、網みたいなストレーナーであとは遠心式だかなんだかの窪みがあっただけのはず。これが分解してみると結構汚れていて驚くんですよ。なんてったってエンジンオイルにクラッチが漬かってるわけですからね。それを考えると独立して定期的に交換できる濾紙式のオイルフィルターがあるのは良いことですな。

エアクリーナーエレメントは在庫がなかったので注文。これはキャブ時代のスーパーカブと同じもののようですが、純正部品は在庫無し。まあ、用品屋は純正部品のエアクリーナーなんて置いておくよりはパワーフィルターとかを並べておく方が商売になるのは確かです。
パワフィルはなぁ、吸気音がでかくなるのが嫌なんですよね。あと微妙にキャブのセッティングを変更しなければならないのと、フィルターが汚れてくるとさらに調子が変わるのも嫌。
前にも書きましたが、最近のエアクリーナーエレメントはエア吹いて掃除してもあんまり元の性能に戻らないみたいです。中古車の場合はさっさと新品に交換してしまうのが吉ですよ。

今週末は台風っぽいので乗れなさそう。物置の中で作業しようと思います。
by namatee_namatee | 2011-08-31 22:44 | motorcycle | Comments(0)

夢のエンジン(二輪版)

c0019089_2151464.jpg

ネタ切れが続いております。
&氏と行ったホンダコレクションホールの写真をサルベージ。

ドリーム50なんてかわいいもんだ。
これは何かというと、たぶんRC114かなにかのエンジン。49ccの2気筒です。勿論DOHCの4バルブ。ここの展示ではRC112あたりからRC116までの50ccクラスのレーサーが並んでいるんですが、これが後に成る程どんどん高回転化していくんですよ。ネットで検索してみたところ、RC113が10ps/16,000rpmで、これはまあ小排気量のレーサーですし、ひところの250ccマルチのCBRなどでも想像がつくレベルなんですが、RC115になると13ps以上/20,000rpm、RC116は14ps以上/21,500rpmとどんどん非常識なレベルになってまいります。車重も50kgそこそこで、最高速度175km/hとか・・・いくらレーサーとはいえ、4stの50ccでそれはすごいなと。ブレーキなんてMTBのVブレーキみたいな奴なんですぜ。
バルブステム径は3.5mmでピストンリング厚0.6mmとか、想像もつかん。(汗
それでも2st勢の前に苦戦したと言われてますから、当時の2stレーサーがどんなもんなのか知りたいところですが、ネットにはあまり情報がありませんなぁ。
あとRC166とかの大排気量(250ccですけど)の動画は見つかりますが、50ccクラスのものはあまりありません。探し方が悪いのかな。

こんなのに比べたらドリーム50のエンジンなんてかわいいもんです。せいぜい14,000rpmぐらいしか回しませんし。とはいえ、こっちはシロウトが乗って最低限のメンテで数万キロ持つ耐久性がありますんで、それはそれですごいことなのかも知れませんけど。
by namatee_namatee | 2011-08-30 21:52 | motorcycle | Comments(2)

ソフトドリンクの思い出

c0019089_20361176.jpg

土日のドリーム50ネタで燃え尽きたのでネタがない。(汗

どういう基準で?
なので、ちょっと前の写真から。見ての通り、スプライトでございます。このボトルの形は懐かしい。昔々、まだペットボトルがなかった頃、確かにこんな形のボトルでしたよ。>スプライト
1Lぐらいのと200mlぐらい?のガラスのボトルでした。いやぁ、ちょっと検索したらあっという間にいろんなページがヒットしちゃって、こういったソフトドリンクの研究家の方々ってすごいですね。
それにしても、ちょっと前にメローイエローが復活してたと思ったら今度はスプライトですか。どういった基準というか選択で復刻するのかわかりませんが、良いところをついて来ますね。思わず買っちゃいますもん。
そういえば我が社に設置してある自販機にもメローイエローは入ってます(なぜか2本分)が、わたくしはドクターペッパーを一日一本は愛飲しておりますので、なかなかメローイエローまで手が回りません。売れないとすぐに違うのに変えられちゃうので、そろそろ無くなってしまうかも知れません。

わたくしが中学生だった頃、学校の帰り道に立ち寄ったパン屋さんはペプシのお店?だったので、買い食いしたジュースの類はスプライトやコカコーラではなく、ミリンダとかセブンナップ、マウンテンデューでした。確かキャップの裏をめくると当たりがあって10円とかキャッシュバックされました。うむ、懐かしい。w
大学生になると毎年、自動車部の合宿で山中湖畔の合宿所にいったんですが、チュリオの自販機が玄関の脇にあったため、あの頃はライフガードとかチュリオ、スイートキッスばっかり飲んでいた記憶があります。

ペプシコーラとコカコーラだったらペプシを選ぶかな。セブンナップとスプライトは・・・これは難しい。ファンタとミリンダも迷いますが、ミリンダは今は日本では売ってないようです。あとメローイエローとマウンテンデューも難しい。これはスイートキッスもライバルなのでさらに難しい。w
もっとも、最近はコンビニではお茶を買ってしまうことが大半ですけどね。
by namatee_namatee | 2011-08-29 21:23 | diary? | Comments(6)

嫌がらせ

c0019089_18595585.jpg

昨日の陸送の疲れで昼寝していたらトライアンフ乗りの友人に拉致されてバイク用品屋まで連れて行かれました。

嫌がらせか?
駐車場にはカワサキのW650が居たので、友人はその隣に。奥側にはAPE50が居たのでドリーム50のわたくしはそっちへ。どう見ても嫌がらせです、本当に(ry
トライアンフ・ボンネビルとW650って見た目は良く似てますね。でもボンネビルは乗ってみた感じ、正体が良くわからない乗り物と言う印象。見た目からは意外かもしれませんが、振動がほぼ無い。音もキャブトンタイプのマフラーから想像されるような歯切れのあるものではなく、普通にツインのボボボボというもの。ちょっと特徴的なのはメカノイズで、ギューンというミシンのような緻密な音がする。パワーの出方はごく普通で回転が上がるにつれ盛り上がって行く感じ。十分にパワフルですが、どこといって個性的なもんでもない。
コレに比べたらウチのXR1200なんて演出過多というほどの音と振動。バカみたいに低速でトルクが出て乗り辛いんですが、それもたぶん演出・・・さすがH-D、商売が上手い。w
W650は乗ったことも触ったこともありませんので、なんとも言えぬ。ウワサではコレも過大な振動などなく、乗りやすいと聞いてます。まあ、近代的なモーターサイクルですからね。XR1200が変なんですよ、きっと。
c0019089_20373542.jpg

このAPE50、金かかってますね。トリコロールカラーだしシートとかクランクケースカバーとかオリジナルじゃないし。あんまりジロジロ見てないんで詳細は不明ですが、エンジンもそれなりに弄ってあるようです。
ドリーム50も発売当時は高価格(329,000円)でしたが、APEも高いんですよね。APE50(TypeD)で309,750円ですからね。正直、あのエンジンの内容でそりゃないだろ、とは思いますが、イロイロ事情があるんでしょうなぁ。
まあAPEにどんなに金かけても、ノーマルのドリーム50に敵いませんけどね。w
小径タイヤのファンバイクとフルサイズじゃココロザシが違いますから。SOHCの2バルブとDOHC4バルブも厳然とした越えられない壁があります。性能じゃないんです。>自分に言い聞かせている

友人の買い物はチェーンのメンテ用品でした。チェーンクリーナーとオイルを購入。わたしゃベルト駆動のXR1200乗りなもんでチェーンをメンテするという感覚がありません。原付のチェーンなど自転車と何ほども変わりませんしね。価格など自転車用より安いと来たもんだ。w
by namatee_namatee | 2011-08-28 20:44 | motorcycle | Comments(3)

夏の夜の夢語り

c0019089_16401530.jpg

そういったわけで原付を引き取ってまいりました。遠くてすげー大変。電車とタクシー乗り継いでおよそ3時間、費用にして5,000円也。orz

いろんな意味で夢。
モノは写真の通り。ダメンフィスさん正解です。なんでわかったんだろ。w
おっとドリーム50でございます。念のため。
4バルブDOHC単気筒の原付でして、かつての市販レーサーCR110をイメージ(あくまでイメージ)したレトロ風モーターサイクル。
わたくしが高校生だったころ(1979年頃?)近所のバイク屋にあったんですよね、CR110。その形からミッキーマウスといわれたカムギアトレインを納めるカバーが特徴。このドリーム50もそれを模しておりますが(写真中央参照)いかんせん、オリジナルのCR110とは位置が反対。CR110はミッキーマウスが進行方向に向かって右側にあるんですよ。
そのバイク屋のショウルームに誇らしげに展示されてました。たぶん走れなかったはずですけど。だってCR110ってば本物のレーサーでしかも1962年ごろのシロモノ。8段ミッションで最高速度130km/hとか言いますが、クランクシャフトのメンテナンスサイクルが500kmごととか。そんなもん維持できますかって。(汗
そういったわけで、1997年に発売されたドリーム50はあくまでイメージとしてCR110をモデルにしたもの。これがまず最初の夢。

当時、わたくしはCB50JXという原付に乗ってましてね。珍しい4ストローク原付スポーツでして、2ストのライバル(RD50とかRG50とか)に比べて瞬発力では劣りますが、4スト特有の伸びの良さで最高速度では他を圧倒しました。80km/h代後半は出ましたね。おっと、最高速度はなま家の20kmの直線と設計速度320km/hのバンクを組み合わせたテストコースで記録したものです。誤解無きよう。
で、CB50。このエンジンはSOHC2バルブでした。これが良い音で回るんですよ。最高出力6.3psを10,500回転で絞り出すという、ホンダらしい高回転型のエンジン。
で、物心ついてCR110の存在を知った時、CB50にもツインカムヘッドがあったら、と。シングルカム2バルブで11,000rpmならツインカム4バルブなら14,000rpmとか回るんだろうなぁ、なんてね。これが第二の夢。

CB50JXはその後、友人に譲りまして随分長生きしたようです。わたくしもその5年位後にCB50S(エンジン・車体は同じ。フロントブレーキがメカニカルからハイドロリックディスクにアップグレード。)という後継機種を再度手に入れまして、下高井戸の下宿から文京区の大学まで通学で乗ってました。永福町商店街とか方南通りを高回転4ストサウンドを響かせて走っていたのを思い出します。

2008年の1月にCL50を買った時、もう一つの候補はこのドリーム50でした。その時はエンジンの発展性とか、積載性、価格などを考慮して、横型エンジンのCL50を選んだんですが、いつかはドリーム50にも乗ってやろうと。そのCL50が西の方へ旅立ちましたので、売却代金を頭金にしてコレを購入といったわけでして。これが第三の夢、ですかね。

おっさんホイホイ。
これ、町中を走っているとおっさんがじっと見つめて来ます。やっぱりなにか思い入れがあるんですかね。60年代のモーターサイクルレーシングなんて知っている人はそうそう居ないはずですが。どっかで見た、古いレーサーを思い起こさせるんでしょうかね。
乗っている方もおっさんなわけですが、12,000rpmあたりでのビーンとかキーンといった感じの連続したメカノイズを聴いちゃうと、もうこっちもチビリそうなぐらい。w
もっとも、いくら小排気量の高回転型エンジンといっても所詮はシングル。回っても14,000rpm程度ですし、カムなども30km/h規制の第一種原付仕様ですので、回してもの凄くパワーが出るというもんでもありません。正直、パワーピークは11,000rpmぐらいでそこからレッドゾーンの13500rpmまでは余興で回る感じ。これもドリーム50の夢のひとつでしょう。

でも高回転型のエンジンを操っているという実感はありまして、意外にクロスしたミッション(でも5速しかない)で10,000rpmあたりでパワーをつないで行くと、回転で積み上げる速さみたいなものはあります。ここら辺はうまい演出ですね。スムーズに高回転まで回るエンジンはかつてのCB50乗りにはまさに夢。

改良点。
購入にあたってタケガワのCDIでリミッターをキャンセル。メーターはタケガワ製の変なデジタルでしたので、純正部品を取り寄せて自分で交換。スピードメーターは中古でタコメーターは新品です。幸いにして前オーナーは配線のカプラーなどはオリジナルのまま、配線を割り込ませてデジタルメーターにしていたので、特に苦労もなく完成、したのがこの図であります。
この個体、走行距離2400kmと言ってましたが、バイク屋の走行距離なんていい加減なもんだろ、なんて疑ってました。でも、実物を見てみると各部に経年変化(たぶん1997年型なので14年ぐらい経過)はあるものの、タイヤなどは新車時のオリジナルのまま(!)のピレリでして、どうも本当に2,400kmしか走っていないようです。
性能はどんな感じかというと、最高速度は90km/h程度は出そう。5速10,000rpmで70km/hぐらいで走るのは無理がありません。さすがツインカム、10,000rpm常用は楽勝。横型だとこうは行きませんからね。こと、巡航速力に関してはCL50改と遜色ありません。
だがしかし、加速は遅い。普通に走る軽トラックと良い勝負でしょう。あと傾斜に弱い。ちょっとでも坂道になるととたんにスピードダウンしちゃう。乗り手の体重も影響してそうです。(汗

これはあまり手をいれずにそのまま乗ろうかな、と。でもマフラーぐらいは換えてあげようかな・・・
by namatee_namatee | 2011-08-27 18:46 | motorcycle | Comments(7)

置き土産?

c0019089_2119694.jpg

MOTUL 300Vとホンダ純正部品の数々。

ねっとりまったり。
MOTUL 300VはCL50改用の買い置き。このオイルはこのオイル独特のフィーリングがありましてね。なんていうか、ガリガリとかギチギチとか、そういった角のたった振動が無くなってエンジンの回り方がまろやかになるのでございます。CL50改は1,000kmごとにオイル交換してましたが、抜いたオイルを見ても300Vはまだまだ新油時の粘りが残ってました。これが適当なオイルだとシャバシャバになっちゃうんですよね。それでも特に調子を崩したりせず動いていたということは、オイルとしては必要な性能を発揮していたんでしょうけどね。
300Vは交換直前でも新油の時のねっとりまったりとした回転フィールを保っており、1Lで約4,000円という高価格に見合った性能だなぁ、と思いました。けっしてコスパ悪いわけではないです。

純正部品調達。
実はCL50改は西の都の&さまにお譲りしまして、彼は盆休みに自走で味覚砂漠の南東北から陰陽師がまかり通る魔の都まで自走で帰るという、わたくしだったら絶対にしないような冒険の後、無事帰りついたという24時間テレビのマラソンより感動的なイベントのフィナーレを・・・なに書いているんだかわからなくなりましたので、詳しくはこちらで。そういったわけで、我が家には原付の類は無くなってしまったのでした。
二輪車としてはXR1200がありますが、なにせでかくて重い。ちょっとBB弾を買いに行くなんて時には四畳半で薙刀を振り回すがごとき、コレじゃない感がありましてね。(汗
というわけで、適当な原付を物色しておったのですがなかなかコレというものがない。いわゆる一種だと免許がいくらあっても足りないので、二種原付を探しましたがピンとこない。実用性重視でアドレスV125とか、耐久性&経済性重視でスーパーカブ110とか、どうもわたくしの趣味じゃないんですよね。
いっそのことTW200とかどうよ、なんて考えましたが、任意保険とかで維持費がかさみましてね。
そんなこんなで、やっと適当な原付をみつけました。比較的走行距離の少ない個体で、お買い得だったんですが、なんだかメーターまわりがオリジナルじゃないんですよ。
車種(まだ内緒w)の性格からいって、それはないだろ、というモデファイがが施してあって、どうにも我慢ならぬ。仕方がないので純正部品を調達。
これが高くついた。車両本体が安く買えた分が意味なくなるほどに。orz

明日、取にいくんですが、天気が悪いんですよね。これは日曜に延ばすべきでしょうな。わたくしの性格から言って絶対に明日取りに行っちゃいますけどね。w
by namatee_namatee | 2011-08-26 21:43 | motorcycle | Comments(8)

思った通りのSPR

c0019089_2047130.jpg

またしてもSPRネタ。

でかいスコープにしてみる。
いつものVFC製SPR Mk.12 Mod1ですが、スコープをノーベルアームズのSURE HIT 1420IR HIDE7からリューポルドMark 4 3.5-10x40mm LR/T M3(たぶん)のパチに変更。いかにもSPRというマウントを買ったもので。
いやしかし、そのマウントリング、出来が悪い。もちろん中華。クイックリリースレバーなのは良いんですが、レバーとレイルの間にはいる金属製の板の位置がわずかにずれていて、レバーが締まらず固定できない。これ、たぶんレバーを締込むことで金属製の板を押しつぶしてレイルの形に曲げて銃との密着度を確保するのが本当だと思います。が、こいつは最初っからレイルの傾斜にあわせた形状になってまして、調整の余地がない。
仕方が無いので位置をずらそうと思ったら、板をマウントに固定していた折り返しが折れてしまいました。orz
全く、これだから中華(ry
金属板を無理矢理挟み込んでなんとか装着しましたが、うっかりレバーをゆるめると金属板が抜け落ちてしまうので、レバーで簡単に脱着というわけにはいかなくなってしまいました。(汗
マウントリングの方でも、4本あるリング固定用のネジが一本斜めになってます。おまけに六角の穴が最初っからナメ気味なのがある。さらに径は30mmのはずなんですが、微妙にサイズが怪しい感じ。片方のリングでスコープを固定するともう片方はリングからスコープが浮いたりしてる。もうね(ry
見た目は格好良いから我慢するか・・・

これこれ。
このスタイルがわたくしのSPRのイメージにもっとも近い。長いスコープにバイポッド、固定ストックにショートマグ。これこそSPR。うむ、超格好良い。

マウント上のレイルにはパチT-1でも載せましょうかね。
by namatee_namatee | 2011-08-25 21:16 | survival game | Comments(7)

胸熱

c0019089_20174091.jpg

まああれですな、日本人は帝国軍人の格好がよく似合いますな。w

なにを着せてもよく似合う。
写真は先日のゲームでのTeam2chのお二方。むかって右側は某B氏、左は某P氏(一応伏せておく)でございます。某B氏は殿下の格好でアームズマガジンに掲載されたほどのお方ですが、日本兵も似合いますねー。そういえばスパルタ兵の格好もしてたっけ。いつも見慣れているので忘れてましたよ。w
やっぱりヒゲがポイントかな。あとスリムな体型も。

デブなわたくしとしては服装より、某P氏の三八式と九九式歩兵銃(たぶんKTWの)が羨ましくて仕方ない。独特なダストカバー、おっと「遊底覆い」と言わないとビンタされそう・・・それがボルトを操作したときに鳴る音が堪りません。たまに無性に欲しくなるんですが、価格の高さに我に帰るというのを繰り返しております。(汗
by namatee_namatee | 2011-08-24 20:36 | survival game | Comments(3)

的を射た改良

c0019089_2182617.jpg

昨日に引き続きハンドガンネタ。

IYHHH!
いやLAホビーショップからDMが来てたのでついうっかり。思っていたよりも安かったし。
モノは手前のSIG P226 E2でございます。今年の静岡ホビーショウで発表になった奴ですな。奥側は前からあった素のP226 Rail。見た目はあんまり違わないんですが、実際に握ってみるとE2の方がグリップがずっとスリムでとても握りやすい。これは驚き。今までP226を持ち出すことが少なかったのは、そのもっさりとしたグリップの握り心地が苦手だったというのが大きいです。それがE2ではすっかり解決されてました。なんとなくCz75に似た握り心地。
加えて、これまた形状も切れももっさりとしていたトリガーがE2ではすっかりスリムになり、これはおそらくスリムになったグリップのせいじゃないかと思うんですが、トリガーのフィーリングもさわやかに切れが良くなったと感じます。これらの改良でかなり使い勝手が向上しました。これなら、マガジンが薄くて冷えに弱いシングルスタックの1911系に頼らなくても済むかも。
そういえばマガジンも改良されているそうですが、そっちは実際に使ってみないと分かりませんなぁ。

これはいけるかも。
ブローバックについても、相当に改良された模様。ウチの素のP226は前にも書きましたように、アウター&インナーバレルやリコイルスプリングガイドなどがカスタマイズされており、ノーマルと同じ動作感かどうかは疑問が残るんですが、それと比べてもE2の方がスライドのスピードが早く、リコイルも角がたっていて鋭い。前述のトリガーの切れの良さと相まって、この点からもますます1911系に遜色無い機敏な動作感です。
写真では再現しきれてませんが、スライドが濃いグレーで黒いフレームとわずかに色調が違うのも格好よろしくて結構ですな。

ちょっと残念な点。
フレーム下部のパーティションラインは相変わらず。レイルのところなど結構目立ちます。残念。
こいつはサバゲのセカンダリーウェポンと割り切って使えということでしょうかね。

全体として、堅実な改良が施されており、そろそろP226の代替えを考えている方にはお勧めかと。
by namatee_namatee | 2011-08-23 21:39 | survival game | Comments(8)

ツーマンセルで2丁下げてもジャムが怖い?

c0019089_2017125.jpg

で、有名な攻殻機動隊の登場人物、トグサの愛銃マテバでございます。

そうはいっても。
ちなみにわたくしはバックアップのハンドガンなど持ちません。そんなものを使うハメになったら、それはそれで勝ち負けでいうと負けです。そういう状況にならないように立ち回るのがライフルマンの努め。
そもそも体が重くて機動性に乏しいので、余計な荷物は一切持ちたくありませんからね。重くて長いRPKとかSPRを使うのは、その重量に見合った集弾性能に期待しているからでして、同じように当たるのならP-90でもM4-P.M.C.でも躊躇無く使いますとも。

サバケットでゲット。
とはいえ、マテバは前々から欲しかった銃の一丁。でも普通に買うと高くてねぇ。それが先日のT2Cのサバゲの折に併催されたサバケットで出品されていたのですかさずget。大変お安く手に入れることが出来ました。出品者のロス氏、ありがとうございました。

意外だ。
実際に手に取ってみるとこれが意外に手に馴染みます。グリップなんてすごく握りやすい。見ての通り、バレルが下側にある特異なデザインなんですが、そのおかげでサイトが高めで狙いやすい。これは良いですね。近接戦闘で可能な限り素早く6発撃つのには向いているかも。w

うむ、次の射撃会はこれで(ry
by namatee_namatee | 2011-08-22 20:31 | survival game | Comments(10)