<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

また貴重な(ry

c0019089_20344150.jpg

会社の食堂のTVがブラウン管の奴なので、そろそろ地デジ対応しないとやばいかな、と新しいTVを買いに行ったヤマダ電機で見つけたもの。

史上最高の呼び名も高い・・・
オリジナルのSUPERIOR GRADE 0.3gBB弾でございます。ガンジニアさんの30mチャレンジの上位はほとんどこの弾だったことがあるほど。わたくしがモノゴコロついた(サバゲ的に)ころにはすでに市場から姿を消しており、一度も使う機会がありませんでした。それがヤマダ電機のエアガンコーナーに一個だけ売れ残っていましたよ。
最近のヤマダ電機はすくなくとも南東北(本当は北関東)の店舗ではエアガン関連は縮小の一途でして、大物の電動ガンなどはもうほとんど置いてません。ガスとかバッテリー、BB弾はそれなりにありますが、たぶん売れないで残っているだけなんじゃないかと。(汗
そのおかげでこうやって手に入れることが出来たわけですが、南東北(本当は北関東)の普通のお店で買うよりも値引きが大きいので、大物の電動ガンなどが無くなってしまったのは痛い。
いやしかしマルイSCAR Lはあったなぁ。あとM933とM14のウッドストックVerとODストックVerも。M933とM14は間違いなく売れ残り。M14の箱なんてボロボロですもん。箱がぼろいから安くしろ、って言って1万円とか安くなったら買ってしまいそう。w

こちらも同様。
同様におそらく売れ残りだったSIISの0.28gBB弾も購入。これもそれなりに定評のある弾で手に入り辛いのもSPG弾同様。売れ残りなのも同様。(汗
いずれにせよ、500発や1000発では実用にするのには少なすぎです。コレクションにしてニヤニヤするのが良いところですな。

久々にグルーピングチェックがしたくなってまいりました。
by namatee_namatee | 2011-05-31 21:10 | survival game | Comments(11)

ライトゲーマー

c0019089_2004551.jpg

昨日のわたくしの出で立ちの図。

どこかの山岳民族か?
JJ氏には砂ぼうずとか言われたし。某SM氏にはフランス軍のポンチョですか?などと。ホムセンで買ったColumbiaのですってば。w
フィールドの様子からして、接近戦が予想されましたので急遽スワットシステムのフェイスガードを購入。ぶっつけ本番で投入いたしました。わたくしの首周りが太いのか、モノが細いのかしりませんが、微妙に窮屈で横を向くと首の後ろでとめているベルクロが剥がれるという欠点が。もう少し長くする算段をとらないとダメですね。
でもって、せっかくフェイスガードをしているのにもかかわらず、ゴーグルとフェイスガードの間に直撃をくらう、と。それも左右に一発ずつ。おー痛ぇ。

c0019089_20155323.jpg

わたくしの格好なんてどうでも良いので、フィールドの様子が分かる写真を一枚。
特徴的なのは真ん中にあるキャットウォーク。セイフティの二階からフィールドのほぼ中央にある監視塔まで伸びてます。残念ながら監視塔ともどもゲーマーがはいる事は出来ませんで、ゲーム中に審判が監視するためのもの。でも貸し切りゲームだと、ゲットーとか刑務所シナリオみたいなことが出来るかもしれません。MP40をぶら下げたドイツ兵の監視の裏をかくゲーム、とかね。
監視塔は3階建てで2階に入れます。写真だと見辛いけどずっと奥にも3階建ての塔がありまして、そちらは2階も3階も入れます。比較的背の高いバリケが多いのと相まって、立体的な撃ち合いが出来て面白かったですね。またバリケや小屋も正面はとにかく斜めからは狙えるような隙間がある配置/構造になってまして、バリケにベタ付けして安心というわけにはいかないのも良い点ですね。よく考えてあると思いました。

おかしい。
参加者の方々のこと。なんかみんな手練ばっかりなんですけど。orz
体の切れからして違います。ライトゲーマーのわたくしなど瞬殺です。ぬるいゲーマーだったはずのわたくしが、なんだってこんなハイレベルな方々とサバゲをするようになってしまったのか、どうにも腑に落ちません。どこで道を踏み外したんだろ・・・
by namatee_namatee | 2011-05-30 20:33 | survival game | Comments(14)

またか。orz

c0019089_23294264.jpg

さて本日は台風の大雨にもかかわらず、新しいサバゲフィールド「レイド」のプレオープンゲームに参加。某SM氏よりJJ氏経由でお誘いをいただきました。ありがとうございました。

また土下座か。
写真はwildey氏に土下座する十兵衛軍曹殿と毒舌氏の図。ゲーム終了後のスーパー銭湯で。(汗
原因は十兵衛軍曹殿と毒舌氏がフィールドの場所がどうしてもわからず、wildey氏に迎えに来てもらうハメになったため、だそうです。一般の方々が観ているところで土下座です。w
このフィールド、R16からちょっとはいったところにあるんですが、道筋そのモノは単純なものの、看板などがちょっと離れ過ぎていて分かり辛いところがありまして。それにモロにはまったのが今回の二人というネタでございます。なんども電話で説明したんですがどうしてもたどり着けず、業を煮やしたwildey氏が迎えに出たというわけ。たぶん2時間近く右往左往していたはず。

フィールドは良いけど天気が悪い。
本日はご存知の通り台風の悪天候でして、雨が降ったり止んだりというかほぼ降りっぱなし。それでもゲームは行われる。これだからジャンキーは。(汗
朝の時点では総員で10名程度しか人がおらず、ゲームもあっという間に終わる始末でしたが、時間が経つにつれ、参加人数も増えて15-16名程度に。さすがに土砂降り並みの大雨になったときは中断しましたが、最終的に15:00ぐらいまでやりました。10分から15分のフラッグ戦をグルグルまわす。いつ悪天候で中止になるか分からないせいか、インターバルを短くして出来るだけ回数を稼ぐ作戦のようです。
フィールドの様子はリンク先を観ていただくと分かるとおり、市街地とも砂漠ともつかぬ箱庭的な雰囲気ですが、障害物の配置がよく考えてあり、見た目同じようなバトルシティユニオンに比べて密度が高い感じ。バリケの種類が多いのと高さが高い事、いくつかあるタワーや小屋は高いところまで登れる事、など等で立体的な戦闘が出来る緊張感のあるフィールドでした。某SM氏の話ではアウトドアのCQBフィールドということでしたが、さもありなん。
100人とかの大人数になるとさすがに苦しくなるかもしれませんが、30名程度でゲームするならかなりイケるフィールドだと思います。

ショットガン万歳。
今回の得物は主にマルイのベネリM3ショーティでした。天候の回復したほんのわずかな間だけ電動のM16A4を使ってみましたが、迫力のあるM3に比べると電動が物足りなくて。ほとんどのゲームはM3ショーティで参加しました。ボチボチとヒットをとり、まずまずの活躍。やっぱりわたくしにはM3の相性がよろしいようで。適当に撃っても当たるので、今回のような不意に遭遇するようなシチュエーションではかなり使いやすいですよ。>M3ショーティ
しかしM3でヒットとると撃たれた人が不思議そうな顔をするのはなんででしょうね。そんなに不本意なのかな。w

あー眠い。というわけで、残りのネタはまた明日。
by namatee_namatee | 2011-05-29 23:59 | survival game | Comments(7)

相変わらずだな。

c0019089_21163867.jpg

本日は仕事。土曜日で雨ときたらたいしてやることは無いんですが、会社の重役用のノートPCのセットアップをやらされました。わたくしは総務・経理の人間なのでPCのセットアップは任務外だと思いますが・・・まあ、他に出来そうな人は居ないし暇なので適当に。

Windows7
しかし芸の無いネーミングだな。Vistaとあんまり変わった気がしませんね。これはIntel Core i3らしいんですが、いやそのせいか、動作がもっさりしている。わたくしの使っているCore 2 DuoでWindowsXPのラップトップの方がずっと軽快。
っていうか、相変わらずセンスないデザインだなぁ。使い勝手も気が利かない感じ。いちいちくだらない事を聞いてくるし。これは歴代Windowsに共通する印象なんですが、もしかするとこれがWindowsなんでしょうか。w
購入したPC屋さんが基本的には使えるようにしていってくれたので、前のPCからメール関連をインポートするのが今回の任務です。我が社のオフシャルメールソフトはThunderbird なんですが、これはprofileというフォルダにインポートすべきデータは全て格納されております。Thunderbirdをインストールしてそのprofileフォルダをコピーすれば良いんですが、これが一筋縄ではいかない。古い方からNASにバックアップしてこのPCに持ってくるんですが、メール関連ファイルが合計で1.1GBだと?要らないメールは捨てましょうよ。時間かかって仕方ないですよ。orz
やっとコピーしたと思ったらThunderbirdが起動しないときたもんだ。なにか手違いがあったようです。しかたないのでアンインストールしてやり直しますが、結果は同じ。どうもアンインストールした上で残っているThunderbirdフォルダを捨てないとダメみたいですね。フォルダを捨てて、一応再起動しておこうと思って、うっかりシャットダウンしたら・・・Windows Updateかなにかで勝手に更新してやがる。64個アップデート中とか。orz
やることはいくつもないんですが、更新ファイルのインストールで作業時間の大半が食われましたよ。これだからMSは。

アップルファンの脳内には、宗教信者の脳内に起きるのと似たような反応が起きていることが分かったとか、話題になってましたが、わたしゃアップルファンというほどではないけれど、こんなんじゃMS製品には軽蔑の意しか沸かないぞ。(汗
by namatee_namatee | 2011-05-28 21:49 | pc | Comments(9)

ネタ切れのgdgdで

c0019089_20402094.jpg

ネタが無い。

やっぱりRealSwordは大したもんだ。
RS Type56-2もデチューンしました。こちらはメカボを開けずにバレルを短い物に交換。405mmのMadBull pythonから375mmのマルイ純正バレルに換装して初速84m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)に抑える。これで安心して使えますな。
久しぶりにType56-2を分解してさすがRSと唸りましたね。メカボとフレームの結合なんかほとんどガタや遊びがありませんからね。バレルとレシーバーも同様。LCT AKMだってキッチリしていますが、もうちょっと緩い感があり、やはりトイガンだなぁ、と思わせるんですが、RSは本当にカチカチ。ただ者でない感がヒシヒシと伝わってまいります。組み上げてマガジンをパチッと填め、セレクターをカチカチと操作する。うー凄い。
惜しむらくは56式ということで、人によっては許容できない場合があるかも、ということですか。これがAKMSとかだったら大変なことになりそうです。(汗
どうも最近、RSは品薄のようであちこちで売り切れになっております。香港のショップから安く買えたわたくしは運が良かったんでしょうね。

週末は大雨。
ですが、サバゲの予定が入っております。雨で中止にする理由を(ry
いやしかし大雨の予報ですぜ。雨天決行だそうですから、行くことは行きますが電動ガンは使えそうに無いなぁ。ベネリM3とCA870で頑張りますか。
それでも一応はバッテリーの充電などをしております。これが、ここ数日のテストでいろんな鉄砲にいろんなバッテリーを突っ込んで中途半端に使いかけなもんで、どうもちゃんと充電できる気がしないという。ご存知の通りNi-MHバッテリーは放電の必要性は低いんで使いかけのそのまま充電しますが、それでも全容量の1/8ぐらいしか使ってない状態に追充電というのはどうも精神衛生上良く無いですね。まあ最悪の場合はリポがあるからなんとかなるか。

写真はマウントをかさ上げしたRS Type56-2の図。ほんのちょっとなんですが、格段に狙いやすくなりました。
by namatee_namatee | 2011-05-27 21:05 | survival game | Comments(0)

あと10年は・・・

c0019089_2041425.jpg

・・・戦える。いや無理。

BB弾の使用量。
最近のサバゲでの実績はおよそ4,000発+/ゲームですので、4ゲームまで持たない感じ。日常的にテストで使う分もあるので、実際には3ゲーム程度でなくなっちまいます。
以前はこんなに消費が激しく無かったと記憶してるんですがね。Excelの0.25gBB弾2袋ぐらいで足りたような・・・なにが原因なのか良くわかりません。特にハイサイクルの鉄砲でもないし、むしろバッテリーが7.2Vになったりしてサイクルは平均的に下がっているはず。
思いつくのはメインがAKの類になったことですか。マガジンがでかいので大量に弾を携行できてしまい、どんどん使うようになったとか。T2Cのゲームだと600発制限のレギュが多いので、さほどでもないんですが定例ゲームだとほとんど無制限です。最近はその定例ゲームに参加する機会も増えましたし。
あとは以前は数ゲームに一回ぐらい休憩をいれてたんですが、最近はもったいなく感じて目一杯出るようになってしまったこともBB弾消費量増加の原因のひとつかと。

箱買いはしませんでした。
だって24袋まとまると高いんだもの。(汗
そういったわけで12袋ほどまとめ買い。大阪のLAホビーショップから通販でございます。735円/袋なので、かなり安いけど、まとめ買いしてもこれ以上安くなりません。LAホビーショップでは箱では売ってないみたいですね。ファーストだと箱で売ってますが、825円/袋とちょっと高め。これだと場合によっては近所のエアガン屋でも同じぐらいで手に入ります。売ってれば。(汗
ついでにベネリM3用に0.2gも2袋ほど買っておく。これはライラクス/Diabloブランドの0.25gバイオBB弾(ファイアボール弾)がたくさんあるので買わなくても良かったかも。orz
でも0.2gと0.25g(コレは微妙に軽いけど)をブレンドして散弾らしく弾を散らすとか、いろいろ楽しめそう。>もうヤケクソ気味。

マルイ・ベネリM3と。
ちなみに、マルイ・ベネリM3で0.25gと0.2gでいろいろテストしてみたことがありますが、0.2gの方が実戦的だと感じました。0.25gだと0.2gの半分ぐらいに纏まって良い感じで飛ぶんで、これは良いと思ったんですが、サバゲの実戦で使ってみると微妙に飛距離が足りない印象。
マルイ・ベネリM3、エアコキでHopが強くもないので大して飛ばないような印象がありますが、0.2gだと思っているよりずっと遠くまで飛び、飛距離は40m以上出ます。とある定例ゲームのセミオート戦の折、こりゃ電動でも無理かなという距離で建物の上からM3で3連射したら当たってしまったという経験があります。当たった人がどこから弾が飛んで来たのかわからなくて首を傾げていたのが印象的。
ただし真っすぐ狙ったら30mに足りないぐらいしか届きません。距離に応じて狙う位置を高くしていくのがコツ。40mオーバーだと目標の3-5mぐらい上を狙う必要があります。間接射撃か。w
その場合、3発の着弾位置の散布界は1.5-2mぐらいですかね。左右にはブレないし、意外に纏まって着弾するので結構当たるんですよ。会社の貯水池で一通りテストしたんだから間違いないです。w
by namatee_namatee | 2011-05-26 21:28 | survival game | Comments(5)

二丁あがり

c0019089_21362080.jpg

引き続きLCT AKMのパワー調整ネタ。

正統派で。
今回はお手軽なバレルカットではなく、ちゃんとメカボを開けてスプリングやらピストンのセッティングを見直します。現状はアングスの0.9J Lサイズ用のスプリング+重量25gのピストン、バレルは375mmのマルイ純正バレルで初速は88m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)というもの。Hopをかけると比較的初速の落差が大きく、適正Hopでは82m/sぐらいになります。どうも、HopオフのつもりでわずかにHopがかかっている状態で使っていたらしく、レギュぎりぎりのパワーだというのがわからなかった模様。(汗

チューン内容は・・・
テーマは基本的に長めのバレルを使うことを堅持で。よってスプリングをパワーダウンします。今回はPDIの110%スプリングをセレクト。バレルはさすがにAKフルサイズの455mmでは無謀なため、これまたPDIの05バレル420mmで。いままでの経験からピストンは錘を重いモノに交換して総重量30g強としました。各部はかっちりとタイトに組みましたが、気密を取るのにシールテープを巻くとかの小細工は無し。
実はコレ、G&PのSPR Mod 1のセッティングとほぼ同じ。

まずまず。
初速は85m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)と出ました。まだちょっと高いけど、100発以上撃ち込んで86m/sを超える弾は出ないのを確認して良しとしました。もうメカボ開けるの嫌だし。w
夜なので適正Hopが分からないのですが、以前のHopスライダーの位置のあたりで適当にテストしてみると・・・ほとんど初速は変化せず84m/sぐらい。用心のため目一杯Hopをかけてみても84m/sぐらい。
これは長いバレルの流速チューンって奴ですかね。フルストロークシリンダーに重いピストン、弱めのスプリングという組み合わせは効率が良いので好きです。そのかわりサイクルは上げられませんので、7.2Vで運用するAKMにはぴったりのチューンですな。

とおうわけで、これでRMW AK104に加えてLCT AKMも準備完了。次はRS Type56-2だ。orz
by namatee_namatee | 2011-05-25 22:05 | survival game | Comments(0)

腑に落ちない

先日来、あれこれと騒いでいるライラクス/Diabloブランドの0.25gバイオBB弾(ファイアボール弾)のネタ。

疑問。
どうもファイアボール弾を使うと初速が高く出るんですよね。SIISの0.25gBBバイオ弾と比較すると1-2m/sぐらいは必ず高くなる。SIISの弾は径がやや小さい(5.94mmぐらい)らしいので、そのせいかと思っていたんですが・・・
念のため、重さを測ってみることに。適当な秤しかありませんから、200発でどのぐらいの重さになるのかを計測。

こちらがファイアボール弾。↓
200発で47gですので平均0.235g/発。微妙に軽いな。
c0019089_2226417.jpg



で、こっちがSIISのバイオBB弾。↓
ご覧の通り、200発で49g。平均0.245g/発。
c0019089_22265465.jpg


その差は0.01g。絶対値としてはほんのわずかですが、基準の重さを公称の0.25gとすると4%の差。
0.88J時の初速に換算してみるとSIISでは85m/s、ファイアボール弾だとおよそ87m/sとなり、その差はだいたい2m/sとなります。これは実感に近い差ですね。
ファイアボール弾だと遠距離で散るというのも弾が軽めということが原因なのかもなぁ。これは問題ありです。やっぱりベネリM3で使うしか無いか。orz

問題発生。
RSのType56-2とLCT AKMの初速チェックをしてみたら・・・なんか上限一杯なんですけど。(汗
何だ、何があった。両方ともアウターバレルとフレームを分離して再度組んだだけなのに。現在使用中の弾速計は定番のX3200で、これは初速が多少高めに出るらしいんですが、それにしても同じ弾速計でちょっと前に測ったのより3-4m/sも高く出るのは謎。で、このエントリーの最初に戻る。w

というわけで、弾の重さを疑って計測してみたというのが今回のネタでございます。
それにしてもSIISのBB弾で測っても初速が高めになってます。LCTもRSもアウターバレルとフレーム、チャンバーの固定方法は同じようなものです。もしかすると、この構造のAKはアウターバレルとチャンバー、メカボの位置関係が使っているうちに弛んだりするんですかね。それで気密が悪くなって初速が下がる。で、組み直すともとに戻って初速があがる、とか。今のところ、推測の域を出ませんがレギュオーバーはやばいので対策を考えなければなりません。あと、SIISの弾だけでなく、主流のマルイ・ベアリングバイオだとどうなるのかも確かめておかないとマズいですね。
by namatee_namatee | 2011-05-24 22:58 | survival game | Comments(9)

つづいてこっちも・・・

c0019089_2115191.jpg

・・・改修終了。>LCT AKM

あれ?
きつね氏にお願いしておいたFETその他が届いたので、さっそくLCT AKMに装着・・・あれ?AKM用のFETが入ってませんが。(汗
そもそも今回はVFC SPRに使うためにM4/M16の後出し用FETをお願いしていたんですが、途中でAKMのFETを壊してしまったのでそれ用も追加でお願いしたつもりだったんですけど、なにか行き違いがあったようです。まあVFC SPRにはまだしばらく手が回りませんので、届いたFETをAKMに転用することにするので無問題。
今回は慎重にFETの設置場所を吟味いたします。前回はレシーバー後部のストックを取り付ける四角いパーツの中にFETを入れたせいでストックを固定するネジで押しつぶすという失敗でしたので、もう少しストック側に寄せて位置決め。これならストック固定用のネジの部分にはケーブルしか無いので問題は起きません。信号線やモーターへの配線もさっくりと接続して完成。一回やってるとスムーズに事が運びますな。

テフロンケーブル5m
写真の中央下に写っているのはテフロンケーブルでございます。1.25sqの銀メッキ。これも同時に購入したもの。これはRS Type56-2につかうつもり。スペースの都合でFET化が面倒くさいため、配線だけでも高効率のものにしてあげようと思いましてね。RSといえども所詮は中華。ケーブルに関しては褒められたものではありません。もっともその点はマルイとてRSと差はないかも。(汗
そういったわけで配線を引き直して性能upを狙うのにケーブルが必要なんであります。シリコンケーブルなら南東北(本当は北関東)の田舎でもRCショップへいけば比較的簡単に手に入りますが、テフロンケーブルは売ってませんね。そういったわけできつね氏にお願いしたという次第。ありがとうございました。>きつねさん

ハンダ付けも慣れてきまして、この調子ならFETも自分で作れるようになるかも・・・いやいや、やらないぞ。(汗
by namatee_namatee | 2011-05-23 21:39 | survival game | Comments(2)

改修終了

c0019089_18212233.jpg

AK104の改修作業が終了。

息つき防止策。
前述の通り、我が家では銃を問わずφノズルとマルイ純正パッキンで給弾不良(弾詰まり)が起きます。なんでだかわからんのですが・・・たぶんノズルとパッキンの位置関係がタイトになるんでしょうかね。品質はもちろん、耐久性や価格、入手のし易さ等でマルイ純正パッキンは大変優れておりますので、可能ならば使いたいんですが残念なことです。この給弾不良はセミ/フルに限らず発生しまして、対応策は社外品のパッキンにするかシリコンオイルを塗るかぐらいしかありません。
今回のAK104の場合、パッキンはファイアフライの「電気なまず」に交換しましたので、それでセミオート時の弾詰まりは解決します。問題はフルオート時の息つきの様な現象でして、「電気なまず」でもやや改善された程度で起きる時は起きる。現象はピストンが前後する回数より出る弾の数が2/3程度といった感じ。時には二重に装弾される場合もあり、そのままではピスクラの恐れがあります。やっかいな話だ。後方吸気式のピストンヘッドのせいなんですかねぇ。

そういったわけで、戦民思想の主宰、wildey氏よりセクターチップを試してみては?とのアドバイスをいただきました。セクターチップの効能については知ってはいたんですが、メカボ開けるのが面倒で(ry
同じように給弾不良を起こすG&PのM16A4はデフォルトでセクターチップ付きなのにもかかわらず、フルオート時には同じようなトラブルを起こすので、あまり信をおいてなかったりするんですよね。>セクターチップ
そうはいっても対策が必要なのは確かでして、微妙な調整や加工ではなくポン付けで効果が望めるセクターチップを導入してみることに。
例によって面倒だ面倒だとぼやきながら、AK104を分解してメカボを開ける。セクターギアにセクターチップを押し込もうと・・・微妙にきつくて入りません。無理にやるとセクターギアのピンが折れそう。仕方がないのでセクターチップの方をヤスリで削ってあげました。削りすぎるとゆるゆるになってしまって、また別の問題が起きるので慎重に。適当に削ったところで万力で圧入して装着終了。

ショートバレルはなぁ。
分解したついでに初速調整のためにバレルをさらに10mmカットして150mmにする。これで件のファイアボール弾を使って83m/s(適正/Hopオフとも)に初速を押さえました。SIISの0.25gバイオBB弾だと80m/s程度。最近主流のマルイ・ベアリングバイオ弾は径が大きめだそうですので、おそらくファイアボール弾と同等の初速になりそう。
プチ流速なのでさらにHopをかけても初速が上がっていくことはありませんが、本来ならもっと強いスプリングを使って高いプレッシャーで弾を撃ち出す方がこの長さのバレルならば効率が良いはず。そういった意味ではセッティングを見直す余地はありそうですね。もっとももう一丁の主力銃、LCT AKMがデフォルトのバレル長(455mm)のノーマルセッティングなので、AK104はこのままショートバレル仕様でいくというのもありですけど。
どうもショートバレル仕様は弾道に癖があって、Hopのかけ方による変化がピーキー。長いバレルの健やかな弾道の方が性にあうんですよね・・・

給弾不良は解消。
で、問題の給弾不良はすっかりおさまりました。フルオートでも問題なし。ついでに弾の差を改めて検証してみました。
グルーピングとかを取ったわけではありませんが、同じ位置から同じ銃で適正Hopで撃ってみた時の印象。ちなみにそれぞれの弾での適正Hopの位置は微妙に違います。

・ファイアボール0.25
40m以遠でHopが弱まって来たころから大きく左右に散り出す。近距離でのHopのかかり方も不安定で、唐突に高く飛ぶ弾がまざったりする。よってフルオート時にはかなりの範囲(45m程度で3m以上)に着弾が広まる。
・SIISバイオ0.25g
40m以遠のHopが弱まる距離でも左右に散る弾はさほど目立たず、近距離でもHopのかかり方も安定している。フルオートではファイアボール弾の半分以下のエリアに着弾する感じ。ただ初速は遅いようで飛距離に関してはファイアボール弾にわずかに(2-3m程度ですが)劣るかも。

おそらく前述のショートバレル特有のHop調整のシビアさも影響しているんだと思われますが、ファイアボール弾はどうにも不安定な印象がぬぐえず、やっぱり気にしないで使える限度を超えていますなぁ。orz

その他。
左側のはノーベルアームズのマウントベース。M4〜となってますが、特にM4専用でもないわけで。RS Type56-2のUltiMAK Scout Mountに載せたパチT-1がちょっと低すぎてフロントサイトとかぶるので、わずかにかさ上げしてやろうと。目立たず低く小さいダットは格好良いんですがね。
可能な限り目立たないようにほんのわずかに高さをあげられるものがないかと探して思いついたのが、このマウントだったんでして、これだけ通販で買うのもなかなかアレで放ってあったんですが、セクターチップと合わせて購入というわけでございます。
結果は上々でダットに視野にフロントサイトがぶらなくなりましたし、サイティングも楽になりました。

あとはAKMのFETを換装すればAK系の主力銃が3丁体制で一安心といったところ。ほんと、AKって弄りやすくて性能が良くて好き。その点、ARは格好は良いんですが(ry
by namatee_namatee | 2011-05-22 20:16 | survival game | Comments(5)