<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

正体見たり

c0019089_19401943.jpg

さてネタが一段落したのでちょっと前の写真をサルベージ。

これこれ。
これは件のG&P M16A4を初めてバラしたときの図。D-BOYSのような臭い機械用グリスではないものの(あれはウチの会社のユンボに使っているグリスと同じ臭いがする)、べったりと白いグリス(シリコングリス?)が強化型メカボに塗りたくられているのが分かります。昨日のネタにしたG&Pオリジナルの赤いスイッチも。で、注目は右下に写っているオレンジ色の物体。これがデチューンのための障害物です。こいつがタペットプレートの前側に挟まっており、ノズルが本来の位置まで前進するのを阻んでいるんですね。それでノズルとチャンバーの隙間からエアーが漏れ、初速が下がるという仕組み。どうもメカボの外から押し込むみたいですね。(汗
こんなものが挟まっていたのでは、初速はとにかくマトモに給弾しませんよ。弾筋とか精度についても論外。ノズル位置が0.何ミリとか言ってる世界なのに。

マシと言えばマシ。
もっともこの異物を取り除きさえすればマトモになるので、デチューン方法としては悪くないと思います。ノズルとかパッキンを切るようなデチューンだと代替のパーツを手配しなければなりませんからね。どのみち、わたくしの場合は間違いなくメカボは開けて整備しますので問題は少ないですね。むしろメカボを開けるのが楽しみだったりします。w
こいつを取り除いただけだと初速が法に触れる恐れがありますので、スプリングを切るとか交換するとか、改めてちゃんとデチューンを施してあげなければなりません。わたくしは前述の通り、どうせ弄くり回すのでまったく苦になりませんが、人によっては面倒と思ってしまうかもしれませんなぁ。そういう人はちゃんとした日本のショップを通して購入すればよろしいということになります。ちょっと高く付くけど、必要なパーツ代とか手間を考えるとショップに丸投げの方が案外安上がりなのかもしれません。

わたくしはやはりメカボに愛情と執念を注ぎ込みたいので、日本のショップ経由では買うつもりはありません・・・
by namatee_namatee | 2010-11-30 20:07 | survival game | Comments(4)

やり過ぎました。orz

c0019089_21122525.jpg

電動に魂を売ったと噂のわたくし、本日はここのところ弄くり回しているG&P M16A4(香港より直輸入)の公試後の手直しをしております。

セミオート不良。
せっかく89式のべベルギアを入れたのにセミートが変なんですよ。撃つたび交互に、ピストンの停止位置が一番前と一番後ろになる。これが弾道に影響があるんです。外から見たのではピストンの位置がどちらなのかわかりませんが、一発ごとに弾筋が上下します。これはマズい。なんでだろうなー、としばらく考えておりましたら、思い出しました。こちらのページのことを。このページのネタ、症状と細部は違うんですが、ウチのと同じG&Pのコンプリートガンでして、スイッチとセレクタープレートがマルイノーマルと違う&トリガーのスプリングをカットしたらセミオートに不具合が出た、と書いてあります。確かにG&Pのスイッチ・セレクタープレートはマルイのもとは違いまして、ウチの奴もセレクタープレートに接点がありません。スイッチ側にもない。件のページの話ではトリガーのスプリングがその代わりをしているので、それをカットしたせいでおかしくなったのではと言ってます。わたくしも同じようにスプリングの先っちょをカットしてました。マルイのとは違って鍵状に曲がってまして邪魔なんですよ、G&Pのトリガースプリング。
解決策は、件のページにも書いてある通り、とりあえずスイッチ周りをマルイ仕様にしてしまうことでしょう。スイッチ本体とカットオフレバー、セレクタープレートをマルイ互換にすればマトモになるはず。スイッチ本体はHK416のメカボからいただき、カットオフレバーも・・・思い出した、このメカボ、SPR Mod1で使っていた奴で、セミ/フルの切り替え不良でHK416に押し付けていたんだった。原因はカットオフレバーの不良と見ていたんですが、面倒だったのでそのまま放置していたのでした。はたして、取り外したカットオフレバーを詳しく観察してみると・・・セクターギアのカムに接する部分がかなり摩耗して変形してます。使えねぇ。
セレクタープレートについては、メカボの軸受けが7mmベアリングなのでマルイノーマルではプレートがベアリングに干渉してしまって使えません。これだからVer.2は。仕方ないので大阪の方の速い会社に発注。カットオフレバーも発注。ついでに82m/s(0.25gBB弾)と微妙な初速を改善するために、ちょっとタイトなバレル(ライラクスのEGバレル。内径6.03mm長さ509mm)も発注。で、翌日には到着。さすが1番。w

orz
早速、組み込みます。と、簡単に言いますがメカボ全バラです。スイッチにFETの信号線をハンダ付けしなくちゃならないし、そのスイッチは微妙に形状が違って収まりが良くないし、細かい作業が多くて疲れます。おまけにこのメカボ、ベアリングが8mmでやがる。せっかく買ったセレクタープレートは7mmまでしか対応してないので使えないじゃん。仕方ないので金属の接点の部分のみ移植しました。こんなことならマルイノーマルから接点だけ移植しても同じですがな。
組み込み終了後、念のためメカボにグリップとモーターを取り付けて試運転・・・おお、これこそ89式べベル特有の切れ味鋭いセミオート。やっぱりスイッチ周りがおかしかったんですね。その後、つつがなくロワフレームに組み込み終了。
返す刀で、バレルを交換。上下フレームを合体させて、さっそく初速を測ってみると、また88m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)ぴったりとか。orz
さすが大排気量シリンダーにフルレングスのバレル、ちょっと内径が小さくなるととたんに初速があがるんですなぁ。これではまずいので、バレルをG&P純正ノーマルに戻す。82-84m/sの間に収まる。83m/sでほとんど変動しない。大したもんです。これなら弾道も安定して、良いグルーピングが期待できそう。

さて、この使えないバレルはどうしましょう。
by namatee_namatee | 2010-11-29 21:55 | survival game | Comments(8)

たけなわ(つづき)

c0019089_17433054.jpg

昨日に続いて本日もなま家の仏間でエアガン弄りときたもんだ。

気合いを入れて。
チームメイトのラード氏よりあずかっているG36C、あまり放って置くとやる気がなくなってしまって、使う直前に手を付けることになり、おざなりな修理になるとまずいのでさっさと片付けることに。昨日はVer.2メカボ(互換品だけど)を散々弄くり回しましたので、Ver.3でお口直し、と。w
トラブルの原因はセクターギアにありました。セクターとスパーが接する部分の一部のギアが削れてなくなってます。どうもセクターがなにかで動かなくなったところをスパーが無理矢理動かそうとしたようで、ギアがかけるというか摩耗してなくなってました。問題はそのセクターが動かなくなった原因なんですが・・・ざっと見た感じではわかりませんでしたね。ピストンは無事なんですよ。一部、削れた箇所はありました。金属の歯の終わりぐらいのマズルに向かって左側。これが原因なんでしょうか。
Ver.3のメカボックスはセクターギア関連のトラブルが多いような気がします。ジャンクコーナーで買ったMP5Kも、メカボ側面にセクターギアの突起が当たって折れるというトラブルで、何度セクターを交換しても再発するというタチの悪いものでしたし。このG36Cのメカボもセクター周りに何か構造的に弱い部分があるのかもしれません。
その点、Ver.2はメカボの構造としては線が細い、電装系が内蔵でロクでも無い、モーターはグリップつけないとダメ・・・あまり良いところはないんですが、ギア周りの配置についてはオーソドックス&プレーンで好感が持てます。いやなに、ただ単に慣れているだけかもしれませんけど。

試射の結果は。
修理終了後、さっそく試射してみます。初速は0.2gBB弾で90m/s(Hopオフ)とでました。G36CはHopをかけても初速の落ちが少ないのが特徴でして、適正Hopでもほとんど変わらず88-89m/sでした。サイクルは16発/秒(8.4V Ni-MHミニ)といったところ。まあこれも妥当な性能ですね。

写真は修理終了後、ウチのG36Cと並べて記念撮影の図。
ウチのG36Cに比べてラード氏の個体はトリガーレスポンスがイマイチのような気がする。ウチのはFET装備ですが、高効率な配線になっているのはバッテリーからFETまでで、モーター周りはノーマルのままです。そんなにレスポンスに差が出るとは思えないんですが。ラード氏のG36Cも年式の割には内部はきれいでして、電装系も特に消耗した部分はありませんでした。考えられるとすればモーターの消耗ぐらいですか。

いずれにせよ、G36Cはマルイ電動ガンの傑作です。サイクルも初速も速いし、集弾性能も文句無し。長くもなく短過ぎもせず、アウトドアでもインドアでもO.K.ときたもんだ。ウチではM4/M16系が主ですが、サブとして今後とも愛用していくことは間違い無しなのでございます。
by namatee_namatee | 2010-11-28 18:16 | survival game | Comments(6)

たけなわ

c0019089_2095837.jpg

G&PのM16A4の改修工事の図。

いよいよ。
必要と思われるパーツも揃いましたので、いよいよ改修工事に取りかかります。チューンの内容については、今やネット上にいくらでも情報があるので、特に目新しいモノはありませんが、それよりなにより重要なのはこのM16A4をどういう風にするのかというコンセプトの方であります。・・・なんて偉そうに書いてますが、わたくしの場合、初速が出過ぎりゃバレルを切って流速もどき、パワーが無けりゃ細いバレルと強いスプリングを探して右往左往、と実に情けないチューナーぶりは、みなさまご存知の通り。w
とりあえず、性能の目標としては、フルレングスのバレル、フルサイズ・フルストロークのシリンダーで初速は84m/s(0.25gBB弾・Hopオフ)、30mで175mmのグルーピング(ちょっと弱気)、セミオート主体で運用するつもりなのでサイクルは気にしない、といったところ。達成手段としては、マルイ純正ピストンにライラクスのPOMヘッド、それに高さ14mmで重さ17gの錘を加えて総重量36gとし、スプリングはライラクスのMS80、シリンダーヘッドはノーマル、ノズルはいつものファイノズル、チャンバーはライラクスのメタルチャンバーNEO、バレルはG&P純正の509mm(内径はおそらく6.08mm)、ギアはベベルのみ89式の10枚ベベルで他はG&P純正、モーターも標準のM120。これにきつね氏製作のFETを加える、というSPRのノウハウを生かした定番と言って良いものです。

いつもの通り。
G&P純正のメカボは強化メカボなんですね。軸受けはベアリング(7mmだと思う)です。中華エアガンにありがちな臭いグリスではないものの、内部はグリスがてんこもり。ギアにはシムがてんこもり。片側に5枚とか入ってる。(汗
とりあえず、ベベルギアはマルイ純正の89式ベベルを使うんですが、これがベアリングの穴に合わせて軸を削らなければならないんですよ。ボール盤のチャックにくわえてヤスリで削りますが、硬くてなかなか削れない。適当なところでヤメたら微妙に太くてべベルを取るとベアリングが付いてくるという。(汗
それでもなんとかシム調整もしまして、FETもハンダ付け終了。吸排気系にとりかかりますが、G&P純正のシリンダーは意外なことに加速シリンダー(しかもテーパードタイプ)でした。他のブランドだと400-450mmぐらいに対応しそうな物。500mmオーバーのバレルなのにねぇ。これではコンセプトに合わないので、近所のエアガン屋へ行ってシステマのフルサイズシリンダーを買ってきました。
メカボを閉じて念のためノズルを押してみたところ、その動きがとても重い。シリンダーヘッドのパイプの表面が妙に荒れ気味でして、ノズルに引っかかって動きが悪いのかと思い、シリンダーヘッドをマルイ純正に換えてみますが改善せず。それではということで、タペットプレートをマルイ純正に交換。これでまともに動くようになりました。なんだろ、タペットプレートの幅が広いんですかね。
で、グリップとモーターを取り付けて試運転。なかなか調子良いんですが、セミの時のピストン停止位置が前と後ろの二通りになるのが気になります。ピストンの最後のラックを削ってあるからかなぁ。これはいずれ改善したいところ。とりあえず今日のところは勘弁してやろう。
フレームにメカボを押し込んで、再度テスト。ところが動いたり動かなかったり不安定。そのうちウンともスンとも言わなくなってしまいました。FETのトラブルの時に似ているんですが・・・モーターのコネクターが折れてしまったんじゃないかとコネクターに力をかけると動くときもある。どうも良くわからないのでもう一度分解してメカボを開けてみると・・・スイッチのところでFETの信号線が切れてやがる。トリガーピンを押し込んだときに信号線を引っ掛けて切ってしまったようです。ちょっと長さに余裕を持たせておいたのが裏目に出たか。orz
余っていた信号線をつなげて、再度組み立て。モーターにコネクターを繋ごうとしたら・・・今度こそコネクターが折れました。orz
泣きながらコネクターを交換して、やっとロワフレームは完成であります。アッパーの方はバレルにブレ止めのテープを巻いて、チャンバーはなまず(中辛)と電気クラゲを組込み。こちらは特にトラブルもなくスムーズに終了しました。

さて狙った性能はでたのでしょうか?
すでに薄暗くなって来ておりますので急いで試射。懸案の初速はHopオフで82m/s(0.25gBB弾)、適正Hopで80m/sと出ました。うむ、狙い通り。もうちょっと速くてもよいかなとは思いますが、勘で組んだ割には良い線いっていると思います。伊達に長いM4/M16ばっかり作って来たわけじゃないんですよ。w
集弾性能については本格的なテストは出来ませんでしたので、近いうちに30mでグルーピングを取ってみようと思います。Hop系統はSPRなどと同じレシピなので、これも大体予想はつきますが・・・

というわけで無事完成であります。>G&P M16A4
あと手を入れるところとしては、長いバレルと柔らかいスプリングを使うため、サイクルを落とすにはどうしたら良いかきつねさんに相談した結果勧められたモーター、イーグルのハマー1000に交換する予定。アレは低速・大トルクらしく、セミのレスポンスupになるのではないかと期待しております。
by namatee_namatee | 2010-11-27 21:26 | survival game | Comments(2)

貧乏人のPDW

c0019089_2024372.jpg

購入したものの、MEUピストルが入らずに企画倒れになっていた「AABB 1911 / MEU Carbine Conversion Kit」のネタ。

買ったよ。orz
アンビセフティがつっかえて装着が出来なかったのは先日のエントリーに書きました。セフティだけミリガバのモノに換えようかとも思いましたが、MEUの場合はリアサイトがノバックなのでスライドも干渉する恐れがあり(試してませんので推測ですけどね。)結局、ミリガバを買うことに。また散財だよ。使わなくなったMEUピストルを再利用するための企画だったのに、新たにミリガバを買うとはなんという本末転倒。
例によってAmazonで購入。次の日には手に入るという。在庫があるかどうか分からないリアル店舗を何店もグルグル探しまわるよりよっぽど効率が良いですな。今回はマルイのガバメントにしました。当たり前だ。カービンデバイスはマルイ対応と謳ってるし、そもそも中華ものですからね。マルイのだって装着できるかどうかわからないのに、他のブランドの、例えばWAのバカ高いガバを買うワケが無い。w

意外。
装着はあっけないほど簡単でした。全く問題無し。意外です。w
このカービンデバイス、左側面のコッキングハンドルがスライド前端を押して初弾をコッキングするんですが、そのコッキングハンドルのあたりががたついたり、うまくスライドにかまなかったりするのかと思いましたが、そういうこともありませんでした。ブローバックの動作も問題無し。たまにどこかにスライドが干渉して戻らなくなるときがありますがごくマレですし、使っていくうちにあたりが付いてくると思います。Hopの調整はカービンデバイスから銃本体を取り出さなければならず、ちょっと面倒ですがまあ許容範囲。グリップのネジ4本外すだけですからね。これはグロック用のカービンデバイスに比べてもこちらの方が簡単っぽいです。そういえばグロック用の方はフルオートのG18Cが入れられますけど、セミ/フルの切り替えはカービンデバイスを外さないといけないそうで、それはそれで不便だな、と。
ちなみにこのカービンでバイス、ちゃんとハンマーを起こすことが出来ます。後部のすきまからハンマーにアクセス可能。よく考えてあるなぁ。

貧乏人のPDWとは良く言ったもんだ。
完成したカービンデバイスを先日の射撃会会場で撃ってみると・・・これがなんていうか、不思議に使いやすいんです。中身はガバメントですのでセミオートでしか撃てないんですが、それはそれ。シングルアクションのキレが良くてストロークの短いトリガーでレスポンス良くスパスパと撃てる。マルイのガスブロは遠距離でもちゃんと当てることができる性能を持ってますが、ストックとフォアグリップを装着することによってさらに良く当たるようになります。インドアではもちろんアウトドアでも暖かい時期には活躍しそうです。

とりあえず、パチホロとフォアグリップ(CQB-Rから強奪)を装着、ストックはマグプルのMOEにしてみました。ホロサイトよりT-1ダットの方が軽くて良いかも。デビューは12/5かな。
by namatee_namatee | 2010-11-26 20:53 | survival game | Comments(12)

定番

c0019089_20105976.jpg

G&PのM16A4、ジワジワとモデファイを進めてまいります。

コレしか思いつかぬ。
まだ内部には全く手を付けておりませんが、光学機器などを搭載してみる。定番中の定番、Trijicon ACOGタイプ TA31ECOSですって。もちろんパチ。本物はすごく高い。米国で1,900ドルとかする。
浅学なわたくしにはM16A4の光学サイトっていうとコレしか思いつきませんでした。形や使い勝手はあまり好きじゃないんですけど。(汗
これのなにが嫌いってアイリリーフが短いこと。メガネがくっつきそうになるまで顔を近づけないと、周囲がケラれちゃってうまく覗けません。ゴーグルしたらさらに覗き辛くなること請け合い。ゴーグルのレンズを押し当てるようにしてやっとマトモに覗けるという感じですかね。加えてレティクルも狙いやすいとは言いかねるし、ヒサシ状になった前のフードの形も好みじゃない。ちなみに本物のレティクルは暗いところでは発光するんですが、パチですのでその機能はオミットされております。ちょっと残念。真ん中にダットでも良いから発光するモノをつけてくれると薄暗いところでの使い勝手が良くなるんですが。
良いところはズームじゃない4倍単焦点のスコープなせいか、視野が明るくてシャープなこと。これはなかなかのものです。同じようなものをチームメイトのタカ氏も使ってましたが、それもよく見えました。焦点距離の割に口径が大きいのが良いんでしょうかね。
小さなダットサイトが二階建てで搭載されております。これもちゃんとダットとして機能するんですが、電源のON/OFFスイッチはなく、カバーをとるとスイッチON、かぶせるとスイッチOFFというシステム。これはカバー無くしたらどうすんだ的な不安が。

これだから中(ry
この個体、銃に搭載するとそこはかとなく左に傾いて付くんです。よく観察してみると本体下のマウントと接する部分が平じゃない。右側が高く左が低くなっている。全くこれだから(ry
仕方ないので右側をヤスリで削ってあげました。まだ少し左に傾き気味ですがなんとか我慢できるレベルにはなりました。T-1ダットのマウントも傾いていたし、この手の中華光学機器は本当にアテにならんな。

このM16A4のコンセプトは「長いけどゲーム向き」ということで参りたいと思っております。SPRに比べて軽くてそこそこ当たるという線を狙っていこうかな、と。うまくいけば良いんですが・・・
by namatee_namatee | 2010-11-25 20:53 | survival game | Comments(9)

作業開始

c0019089_2033338.jpg

G&PのM16A4、やっと先日の射撃会で明るいところで撃つことが出来ました。

吃驚仰天。
初速から予測できたことですが、このM16、マトモに弾が飛びません。飛距離は10m以下。装弾不良も甚だしく、散弾みたいに一度に数発の弾が出る始末。これはいけません。箱出しで使えないなんてもんじゃない。同じ中華でもD-BOYSのAKMSはここまで酷くなかったんだがなぁ。(汗
定番のデチューン方法として、タペットプレートの前に異物を入れてノズルの前進を妨げて気密を落として初速も落とす、というのがありまして、おそらくこの銃もその方法でデチューンされていると思われます。この行為はVer.2のメカボに慣れ親しんだ者としては破滅的な方法・・・いや、たぶんVer.3でも6でもこんなことしたらマトモに撃てなくなりますよ。ここら辺が中華ガンは購入したらまず分解整備の覚悟が必要だという所以でございます。シロウトにはお勧めできない、というわけですな。

想定の範囲内です。
もっとも分解整備は想定の範囲内ですけどね。むしろG&Pのコンプリートガンの内部はどんな風になっているのか、興味津々だったりする。おそらくマルイ互換のメカボのはずです。よってVer.2用のパーツの集積を開始。きつね氏のFET、のらぬこ氏から譲っていただいたマルイ純正ピストン、大阪方面から購入したファイノズルとライラクスのMS80スプリングなど。
このうちファイノズルはウチではデフォルトですので特に書くことはありません。MS80スプリングについては、目標初速82-84m/s(0.25gBB弾)ですと、M16A4の長いバレル+フルサイズシリンダー+35gぐらいの重めのピストンという組み合わせの場合、いつも使うPDIの110%でもちょっとパワーが出過ぎる気がしましてね。マルイノーマルよりローパワーなぐらいのこのスプリングから試していこうと思います。これでパワー不足ならPDIの110%、次がアングスの0.9Jロングという方向で攻めていこうかと。チャンバーはライラクス、バレルはとりあえずノーマルといった感じで行きたいと考えております。
by namatee_namatee | 2010-11-24 21:04 | survival game | Comments(0)

例によって煮え切らない結果で。

c0019089_19562991.jpg

本日は戦民思想さんの射撃会@SPLASHでございました。
主宰のwildey氏、参加のみなさま、おつかれさまでした。パーツを譲っていただいたきつね氏&のらぬこ氏、89ベベルその他について技術的なアドバイスをいただいたLEO氏、ありがとうございました。

的じゃなくて逃げをうつ。
今回の得物は電動のSPR Mk.12 Mod1。VSR-10「大人チューン」はゲームで使ったため、Hopやスコープのセッティングが精密射撃向きではなくなっているのでお休み。べ、別にライバルのジャンジャラ氏がL96で追い上げて来ているから電動でカウンターかまそうとか思ってないんだからね!
射撃会で身の程を知りましたので、ボルトアクションは30mチャレンジ&ゲーム用ということで参りたいと思います。SPRなら30mの長距離狙撃もほどほどの成績でこなしますし、5m近接狙撃やプレート射撃は電動のモノですからね。今回もわたくしとしてはまずまずの出来で、30m遠距離射撃は8発ぐらい当たってブルズアイに2発はいりました。このSPR Mod1は89式ベベルに換えてさらにグルーピングの安定性が上がった感があります。ゲームでこの銃で狙われる敵は気の毒だ。w
5m近接射撃は大と中のターゲットは良かったんですが、小で躓きました。この種目は一発はずすとリズムが狂ってその後がボロボロになるんですよね。電動ガンの火力でなんとか全てあてましたが、ちょっと粋じゃないやりかたで不本意。タイムもたいしたことないですし。
今回のプレート射撃はちょっと変わった部分があり、最後のストップターゲットを撃つ直前に強制的にマグチェンジが入りました。M4系のマグチェンジは慣れているのであまり問題にはなりませんでしたけどね。VSRとかの場合は小さいボタンを押してマガジンを引っぱりださなければならないので大変そうでした。とかいいながら、この競技もとりたてて良い成績でもなかったんですが。(汗

写真はそのプレート射撃でスイッチ(利き手と反対で撃つシーン)しながら華麗にターゲットに当てるwildey氏。マグチェンジに備えてAPS SR-2LRVのマガジンを口にくわえてます。サマになっておりますな。わたくしじゃとてもこんな粋なマネは出来ませぬ。orz
by namatee_namatee | 2010-11-23 20:28 | survival game | Comments(2)

やりすぎだよ。

c0019089_2057268.jpg

いつもの初速計の図。

念のため計測してみた。
初速計そのものがネタではなく、ネタはその数値。これは先日香港のショップから購入したG&PのM16A4の初速であります。Hopオフ、0.25gBB弾使用で52.2m/sだってさ。これまた極端にデチューンしたもんですなぁ。w
ちなみに初速証明書には0.56Jと書いてありましたので、0.25gBB弾だと67m/s程度ですか。この銃、初速が恐ろしく不安定なので、そのくらいは出ることがあるかもしれません。いやしかし初速証明書なんて適当に書いているだけかと思ってました。噂では日本国内で合法になるような証明書をつけるだけで、銃本体には一切手を付けてないなんて話も聞きましたが、それはどうもガセのようですね。
この銃のデチューン方法はおそらくタペットプレート前部あたりに障害物を差し込んでノズルの前進を妨げるようにしているんだと思います。そんなんじゃ初速が安定するわけないし、50m/sそこそこではさすがに厳しい物があるので、分解してスプリングを交換しようと思います。ついでに定番のFET(G&PのノーマルスイッチはしょぼいらしいのでFETは効果的でしょう)とHop周りの改善も。ちょっと心配なのがサイクルが速そうなこと。現状では16-17発/秒でしたが、スプリングを交換して例によって重いピストンなんかにすると・・・なんてったってフルサイズの長いバレルですからね。なにかありそうな予感。w

対応策を教えてもらう。
FETの発注の折にきつね氏に相談したところ、モーターをトルク型に換えたらどうか、というアドバイスをいただきました。ありがとうございました。
たしかにモーターを交換するのはギアを換えたり低電圧のバッテリーを用意するのよりはリーズナブル。このM16A4は確かG&PのM120モーターという結構高回転型のものが標準装備なはずなので、きつねさんに教えてもらったトルク型のイーグルのハマー1000に換えてみようと思います。問題はそのハマー1000が簡単に手に入るかどうか、ですがね。(汗

明日は戦民思想さんの射撃会です。M16A4を持っていって自慢してこようっと。ついでにチューンもして貰っちゃ(ry
by namatee_namatee | 2010-11-22 21:18 | survival game | Comments(2)

流行るかな?

c0019089_20392128.jpg

コレは何かというと「AABB 1911 / MEU Carbine Conversion Kit」と言いまして、ガバメントをカービンっぽくするデバイス。

企画倒れ。orz
デザートウォーリアとナイトウォーリアがあるせいで、あまり出番が無くなってしまったMEUピストルを使って有効利用しようかと思いましてね。マルイのガスブロハンドガンはとても素直な弾道で良く当たりますから、レールに光学サイトを搭載してストックをつければ、お手軽なガスブロカービンの出来上がりと。ところがどっこい、アイテム名にMEUとあるにもかかわらずMEUピストルは装着不能ときもんだ。orz
MEUの特徴的なアンビセフティが当たるんですよ。あとスライドもMEUはサイトが大きいのでダメっぽい。コレから買う人は要注意です。このデバイスはミリガバ専用です。

何となく流行りそうな。
カービンコンバージョンキットは2年ぐらい前から実銃の世界でポツポツと目につくようになりましたね。CAA TacticalのRONI G1とか・・・って偉そうにいってますが、本日ちょっと触る機会があったので今調べたんですが。w
調べてみるとこれのコピー(トイガン用)は1万5千円ぐらいらしいですな。今日ちょっと触った本物(実銃用。でも装着されていたのは電動ハンドガンのG17)は7万円とかいってました。(汗
他にもいろんなところからいろんなハンドガン用のものが出ているんですが、ちょっと調べきれてません。でもまあ、RONI G1で分かるように攻殻機動隊にでも出てきそうな未来的な形のものが多くて、実に魅力的。おそらく今後、エアガン用にもイロイロ出てくると思います。

コレの最大の欠点は、Hopの調整をするのが大変なことですかね。調整の都度、グリップを外さないといかんのですよ。(汗
by namatee_namatee | 2010-11-21 21:18 | survival game | Comments(8)