<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

でかいほう

c0019089_18531956.jpg

今秋の耐久サバゲーに備えてバッテリーを購入。

何年ぶりだろ。
ウチの主力電動ガンのバッテリーは大きくわけて三種類ありまして。マルイ次世代M4 CQB-Rの二股になった専用バッテリーとミニと呼ばれる奴、それに写真のラージというもの。主力でないものだと、スコーピオンのマイクロEXとかUSPやM93Rのマイクロ500とかUZIのAKバッテリーとかもありますが・・・しかしよくこんな色んな種類のバッテリーを作ったもんだ。(汗
最近よくつかう電動ガンはなんとなくラージバッテリー仕様が多くて、二丁あるSPRと最近やってきたβスペツナズがそれ。M14もラージだな。バッテリーそのものは3年ぐらい前に買ったNi-Cdの8.4V 1600mAhぐらいの奴を2本。これが存外にタフでして、使うたびに放電してから充電を繰り返してるんですが、一向にめげる気配がありません。さすがNi-Cd、タフだ。そういったわけで、すぐに代替えが必要なわけではないんですが、ラージバッテリーを使う鉄砲が増えた&近いうちに耐久ゲームがありそうなので、近代的なNi-MHのコレを購入。たぶん3年ぶりぐらい。w

中庸。
このバッテリー、3,000mAhですのでNi-MHのラージバッテリーとしては大したシロモノではありません。現在のNi-MHラージバッテリーの容量は4,200mAh以上が相場。価格も6,000円ぐらいします。でも4,200mAhも使い切れないって。Ni-MHのミニバッテリーは10回使うと死ぬとまで言われるほど神経質で、いやさすがに10回とは言いませんが、思っているよりも早く充放電が心もとなくなるのは確か。比較的タフだと言われるマルイ純正のNi-MHミニでもウチでは3本買って2本ダメにしてますからねぇ。それに比べて同じNi-MHでもラージバッテリーはタフなんだそうです。物理的な大きさに無理がないんでしょうかね。そんなラージバッテリーの中でも、3,000mAhと中庸な容量のコレは長持ちするんじゃないかと思いまして。

バッテリーってちゃんと充電できているのかどうかが分かり辛くて困ります。どのくらい充電できたか、数値が出る充電器を使っているんですが、それでもいざ使おうと思うとモーターが全然回らなかったり、最初は動くんですがすぐにダウンしたり。確実に充放電できることの方が容量や性能より重要ですよ。まあ、バッテリーがダメならエアコキ、という手も大いにあるんですけどね。w
by namatee_namatee | 2010-08-31 20:53 | survival game | Comments(3)

素麺おいしいね。

c0019089_1833267.jpg

コレは何かというと見てのとおり素麺のザル。それ以外になんて呼んで良いのかわかりません。近所のスーパーで298円とかそんなもん。

だがしかし。
わたくしが素麺など自分で作るわけはないので、こいつには別の任務があるのです。それは何かというと・・・精密射撃用のBB弾を洗う。w
このザルに選別済のBB弾を入れて水と中性洗剤でジャブジャブと。よくすすいで日陰で十分に乾燥。すると脱脂済みBB弾の出来上がりというわけで。なんでまたこんなややこしいことをするのかというと、BB弾の表面には製造時についたワックスや選別のときの手の油が付着してます。ワックスについては外径を揃えるのに意図的に付着させられているものもあるようですね。まあそれはそれとして、少なくとも手の油の方はBB弾のある一部に付着しますので、Hopパッキンとの接触具合によっては、Hopのかかりにバラつきが出るというわけでして。その油を除去するるとHopのかかりが安定するというお話。実に些細な事柄ですが、実際に差はあるらしいです。

精密射撃の道は厳しいのです。w
by namatee_namatee | 2010-08-30 18:33 | survival game | Comments(4)

またモノイリか。orz

c0019089_2042444.jpg

そういったわけでカーステレオを交換。

せっかくなのでiPod対応。
よく行くカー用品店がパイオニアを推すところなので、なんとなくパイオニア製になりました。いやまあ、MacOS互換機のMPC-GX1の時代から個人的には選択肢がいくつかあるときは優先的に選ぶブランドではありますが。>パイオニア
せっかくなのでiPod対応の奴にしましたよ。対応しているもののなかで最も安いDEH-550でございます。定価15,750円。昔のこの手のメインユニットに比べるとずいぶんお手頃になりましたなぁ。はるか昔、プジョー309GTIに乗っている頃に使っていたアルパインのメインユニットなんてカセットとラジオしか聞けなかったのに8万円は下りませんでした。JBLのスピーカーと工賃含めて30万円ほどもかかったのを覚えてます。あの頃は金があったんだなぁ。(汗
ついでにリアタイヤの前のあたりにあるらしい変なスピーカーもドアマウントに交換。こちらは最も低価格なTS-F1610というもの。定価9,975円。いやこれまた、ずいぶんお手頃で。JBLの楕円形の奴は(ry

使い勝手も音も予想通り。
もう何も文句を言うところがありません。普通にラジオとiPodが聴けて音の調整も思ったような感じで。AUXに接続じゃないので、車を降りたときにiPodを止めるのを忘れて、帰りにバッテリー切れとかも無いですし。これで高速で退屈しなくて済みますよ。
by namatee_namatee | 2010-08-29 21:10 | car | Comments(3)

むーん

c0019089_19495664.jpg

ダメだこりゃ。orz

2,500円也。
コレは何かというとウチのDQNミラに装備されているカーステレオ、DEH-P99の取説。製造元のパイオニアからコピーを購入。パイオニアのサイトからは取説のダウンロードができるんですが、このDEH-P99のものは古すぎるせいか(1995年製)登録されてないんですよね。パイオニアのサポートセンターに問い合わせたら、取説はパーツ扱いで販売があるとのことでしたので、さっそくパーツセンターに電話すると・・・コピーならあるけど2,500円だよ?って。(汗
それでも仕方ないので頼みましたらば、送料とか代引き手数料とかを加えると3,000円オーバーでした。

そこまでしたのに。
取説を読んで愕然とする。このヘッドユニットは操作のほとんどをリモコンで行うようになっていまして。そんなもの、このDQNミラについて来るわけがない。本体で操作できるのは全体の機能の1/3もないんですよ。ラジオの選局すらままならない・・・というかFMとAMの切り替えも出来ませんがな。DSPとかついてますが、それも全く操作不能です。

いくら音楽に興味が薄いとはいえ、ラジオぐらいは聞きたいところ。うーむ、これは適当なカーステレオを買わなければならないか・・・
by namatee_namatee | 2010-08-28 20:02 | car | Comments(2)

功罪

c0019089_19403411.jpg

先日のスタビライザーの続報。

掃除が行き届いてませんが。
装着の様子。このようにサスペンションのアームに片側ボルト2本で固定します。車の下に潜り込めさえすれば作業時間は5分もかからない。ボルトを締めるにしてもスタビライザー側にナットが溶接してあるので、14mmのレンチが一本あればそれで十分。ただ反対側はマフラーがあるので、ちょっとだけ面倒かも。走行直後のマフラーは熱いですからね。ウチのDQNミラの場合はサードパーティ製のマフラーになっているので、ノーマルより格段に太いエキゾーストパイプと微妙にクリアランスがキツキツ。走っている時はマフラーが揺れたりサスペンションがストロークしたりすると干渉する可能性高し。

乗り心地悪化。
功罪の罪の部分としては、乗り心地の悪化があげられます。スタビライザーの装着は乗り心地に影響が少ないと聞いたんですが、実際にはサスペンションを固めた感が強まりかなり突き上げが増えました。我慢できないほどではありませんけどね。加えて前述の通り、マフラーとのクリアランスがギリギリで、予想通りサスペンションのストローク加減では干渉しているようです。強い横Gがかかるような状況では、ほんのわずかですがカツンカツンという音が聞こえたりする。当たっているのはボルトの頭とエキパイなのでおそらく大した問題にはなりませんけどね。

操縦安定性向上。
功罪の功としては、操縦安定性の向上でしょう。これは意外なほど効果がありました。まず直進性が良くなりました。高速道路はもちろん、60km/h程度で走る一般道でも明らかに落ち着いた走り具合。今まではちょろちょろとステアリングがとられる感触があって、サスペンションや車体の容量の小ささを思い知らされながら走ってましたが、スタビライザーの装着後はそんなヤワな感触はすっかりなくなり安心感が大幅に向上。
コーナーリングスピードも上がりました。ステアリングを切り込んで車の向きが変わってからのリアの落ち着きが別物。今までよりスロットルを深く踏み込んでもリアタイヤがしっかり踏ん張って立ち上がります。今までの感覚でステアリングを切ったままでいると思っているより車体半分ほどもイン側に入ってしまうほど。まだ試してませんがそこからさらに踏むとテールが外に出そうな感じもあり、なかなかスポーティになりました。
前述の直進性のupに伴って、ステアリングを切り込んだ瞬間のレスポンスは鈍くなりました。すぐにクルっと曲がりださない感じ。一瞬スロットルを抜くとか、ほんのわずかにキッカケを与えれば問題なく回頭を始めますが、今までよりメリハリが必要になったのは確かです。その分、回頭が始まってからの限界と安定性の高さはずっと良いんですが。今までの街乗り仕様からなんとなくGTっぽい性格になったというところ。

6千円弱の投資にしては効果は絶大です。これは満足度高し。
by namatee_namatee | 2010-08-27 20:08 | car | Comments(4)

DMキター!

c0019089_19281038.jpg

何故ウチにアプリリアのDMが。

そういえばディーラーだったよ。
そうだ思い出した。古くはYSR80、最近はスーパーシェルパとスカイウェイブ400とジェベル250XCを買ったバイク屋がアプリリアのディーラーだった。そういえばRS125とかスカラベオとか展示してありましたよ。当時は外国ブランドの輸入車にはまったく興味がなかったので、すっかり忘れてました。RS125なんて50万円ぐらいの正札がついていて、どんな奴がコレ買うんだろ?とか思ってましたが、あの方が買うとはね。w

わあっはっはっは!
商談会で成約するとバッテリーチャージャーが貰えるそうです。いやなんていうか、その。事情を知っているとニヤニヤ笑いが止まりません。w
友人の&氏がそのアプリリアのRS125のオーナーなんですが、なんかいっつもバッテリーが上がっているんですよ。前はチャンバーから火を噴いてたし、最近はキャブレターのフロートに穴があいてフロートの機能を果たさなくなったり、トラブルの多さは絵に描いたようなイメージ通りのイタリア車。しかし2stの125ccでセルなんて必要なんですかね。キックで十分な気がするんですが・・・なにか機構的な必然性でもあるのかな。

一方、H-Dは錆びが出た。
ウチのXR1200は機械的・電気的なトラブルは皆無。寒い時期に2週間以上放置しておくと、始動の時のクランキングが苦しそうな様子もありましたが、インジェクションのおかげか、クランク1回転ぐらいで必ずエンジンに火が入るので始動不能になるようなことはありませんでした。トラブルといえば、フロントフォークのオイルシールを抑えている飾りのリングが錆びたぐらいですか。

今のところ、XR1200を買い替える気はありませんが、数年後、買い換えできる時期になったらアプリリアのRSV4とか、候補になるだろうか・・・ならないでしょうね。トラブルがどうのではなくて、正統派すぎてわたくしごときが乗るのは恐れ多い。買うならKTMのDUKE Rでしょう。たぶん。
by namatee_namatee | 2010-08-26 20:10 | motorcycle | Comments(11)

ち!スタビライザーを(ry

c0019089_20223181.jpg

文字通りスタビライザーバー。

流用可。
一体ナニゴトかというと、ウチのDQNミラにスタビライザーを装着しようというネタでございます。L700の時代のミラはフロントにはスタビライザーがあるようです。たぶんテンションロッドがスタビライザーを兼ねているんだと思います。で、リアはスタビライザー無し。リアはこの手のFF車に定番のトーションビームというリジッドと独立の中間のようなサスペンションでして、基本的にはリジッドアクスルですが、車輪の入力次第では左右のサスペンションアームを結んでいるトーションビームという梁のようなものが捩じれて、ある程度は独立式サスペンションのような働きをするというもの。さらにトーションビームの剛性により、これまたある程度はスタビライザー的なロール制御も行います。がしかし、所詮はバン。サスの設定はスポーティな走りを考慮したものではなく、乗り心地と操縦安定性を適当に折り合うようにしただけという印象。ウチのはローダウンスプリングと社外品のダンパーでそれなりに締め上げてあるんですが、どうも全体的にグンニャリとしてるんですよね。そういったわけで、リアにもスタビライザーを装着してみようかと思いまして。
当然ですがL700のバン用にはリアスタビライザーの設定はありませんで、モノはコペン用でございます。L700ミラとL880コペンは共通点が多く、リアサスもその一つ。前述の通り、ある程度はトーションビームがロールに抗する性能を持っておりまして、このスタビライザーはトーションビームに沿う形で取り付けます。ボディとの接する部分はありません。トーションビームを補強する形と言った方が分かりやすいか。
このスタイビライザーは完全にボルトオンだそうです。サスペンションアームには取り付け用の穴があいてますので、そこにネジドメするだけ。価格は純正の新品で取り付け用のネジと合わせて6,000円あまり。安いですなぁ。

リアのロール剛性を上げるとオーバーステアの方向に向くと思うんですが・・・現状でも特にアンダーが強いとは思えないんですよね。あー、とんでもないテールハッピーになったらどうしよう。w
by namatee_namatee | 2010-08-25 20:49 | car | Comments(4)

1/10

c0019089_20375865.jpg

夜戦に備えてライトを買いました。

もちろん・・・
SUREFIREって書いてあるけど、勿論パチでございます。確か5,200円ぐらいのはず。本物(M600C)の1/10だ。(汗
でもこれはβスペツナズとは相性が良くないです。なんてったってβスペツナズはレールがハンドガード下部にしかない上に短い。加えてライト本体にマウントがビルトインなタイプなので取り付け位置が限られてしまいます。マウントが別になっていれば、ちょっとずらしたりしてハンドガードを握る手に干渉しないように出来るかもしれないんですが。M4だとまったく問題なし。レールがたくさん付いてますからね。バーチカルグリップがあればリモートスイッチも固定しやすいです。しかし、このリモートスイッチ(モーメンタリーテープスイッチって言うらしい)は両面テープで貼付けるみたいでして(両面テープが付属してきた)、ライトを装着しっぱなしにするのが前提なんですね。昼間はライトは外してしまうタチなもので、これは不便だな。薮の中でこのケーブルを引っ掛けそうなのも怖い。普通のプッシュするタイプのスイッチも付属してるんですが、それだとスイッチを押している間だけ点灯、という技が使えません。スイッチを押して指を離した瞬間に点灯/消灯する構造なのです。ちょっと残念。

明るいな、おい。
明るさは十分。188ルーメンだそうです。オリジナルが200ルーメンだそうですので、価格1/10にしては良い線行ってるんじゃないでしょうか。スポット的な配光でサバゲでは使いやすいでしょう。自転車には向きませんな。遠くは良く照らすので窓から外向けると200mぐらい離れた交通標識がピカピカ光りますよ。w
by namatee_namatee | 2010-08-24 21:17 | survival game | Comments(5)

ついに手を出したよ?

c0019089_20334941.jpg

ああ、ついにAKを買ってしまった。w

サバケットの罠。
先日のTeam2chのゲームでサバケットと呼ばれるイベントがありまして。フリマの一種ですな。使わなくなってしまったものとか、不要品とかを安価で売ったり交換したりするんですね。サバケットがあるときは危険で危ないので、お財布にはゲームに必要なギリギリのお金しか入れておかないようにしているんですが・・・抑えが効かずに買っちゃうんですよね。もっともこれは不要品どころではなく、まっさらの新品。

架空銃ですが。
見ての通り、東京マルイのβスペツナズでございます。AK47の短小版。架空銃でして、そのせいで叩かれることが多いようです。いやでもG3 SASよりはマシだと思うがなぁ。スマートなG3の面影が皆無なG3 SASに比べて、このβスペツナズは固定ストックのあたりにまだギリギリAKらしさが残っていると思いますよ。まあ最近は近代化されたAK系を目にすることが多くなってきまして、この写真のようにマウントにダットサイトを載せたりすると、全体的な印象にあまり違和感を感じないような気もします。ちなみにG3 SASもβスペツナズもサバゲのフィールドのレンタル銃の定番。なかよく架空銃同士で。

性能は文句無し。
生まれて初めてのサバゲはTeam2chの16時間耐久ゲームでした。その時はまだ自前の鉄砲がありませんで、チームメイトのタカ氏からお借りしたのが素のAK47とM733でした。今思うとAK vs M4/M16だったんですね。粋な計らいをしてくれたんだなぁ。w
気にいったのはAK47の方。シロウト目にも鉄砲らしくて、剛性が高く初速が速く集弾性能が良い。マガジンは600発も入って、一本でレギュレーションの600発いっぱいになっちゃう。ラージバッテリーでスタミナ十分。と文句の付けどころが無い電動ガンでした。強いて言うなら、長いマガジンが邪魔なのとプラスチッキーなストックとハンドガード(巧妙に木を模してはいるんですが)が気になる感じ。
M733はプラのフレームだったこともあり、首周りの柔らかさがねぇ。そのせいか集弾性能もAK47には劣りました。今だったらなんとも思わないんですが、伸縮式のストックや細身のグリップ、高い位置にあるキャリングハンドルなどが馴染みが無くて違和感が大きかった。
そういったわけで、16時間のゲームの大半はAK47を使っていました。それほど好きだったんですが、どうも今までは縁がありませんで。M4にはまってしまったせいかもしれませんが、AKには手を出さずに来たわけでございます。

スタンダード。
弾を込めてちょっと試射してみましたが、ほれぼれするような素直な弾道。集弾性能やサイクルも文句無し。バッテリーも普通にラージが使えますので、スタミナも十分。さすがレンタル銃の定番。大したもんです。
予想以上に気にいったのでさっそくマウントとフルサイズのマガジンを購入。純正は短い250連マガジンで、それはそれで軽快なスタイルなんですが、やっぱりAKはこの曲がった長いマガジンじゃないと。マウントにはパチのT-1ダットを搭載。これだけでなんとなく近代的なAKの雰囲気になりますな。

これは耐久などのハードなゲーム用にノーマルで運用しようと思います。
by namatee_namatee | 2010-08-23 20:33 | survival game | Comments(6)

つい買っちゃうんですよ

c0019089_19254513.jpg
c0019089_19255359.jpg

本日は昨日の疲れが残っておりましてダルダル。おまけに暑いし、ウチから一歩も出ませんでした。なのでネタがありません。無駄に写真を水増ししてごまかすことにいたします。

誘惑に負けまくり。
ここのところ立て続けに、このようなケースを買い込んだりして。売っているのをみるとコロッと買っちゃうんですよ。一番上のはプリムスのバーナーケース。二番目のはWILD-1オリジナルのマルチケース。たぶんLサイズ。前にもSサイズやMサイズを買ったので、もしかするとこれで全部揃ったかも。しかしコレ、ちょっと大きすぎて使い道が思いつかん。写真ではサイズが分かり辛いんですが、内部を二分割している仕切りをはずすとOD缶のLサイズが楽に3本は並んで入ります。マナスルとかホエーブスとか、あんな感じのクラシックなちょっと大きめのストーブを入れたりするのに向くかなと。サバゲでガスだの弾だの突っ込んでおくのにもイケそうですが、サバゲだと泥だらけの地面に転がしたりしますので、素材的にちょっと苦しいかも。そういう用途にはPLANOの樹脂製のタックルボックスの類が向いているような気がするので、近いうちに買ってみようかと。ちなみにこの類としてはブランドものよりはるかに安く、3,480円とかそんな値段だったような。
プリムスのバーナーケースも特に使い道がないですねぇ。これはおそらくガスとストーブを収納して持ち運ぶためのモノなんでしょうが、ウチではガスストーブってあまり出番ないしなぁ。OD缶の通常サイズがちょうど収まる高さですが、SVEA123Rには足りないし・・・ということで、下の写真のようにマルチフューエルEX一式を収納してみました。ちょっと強引。フタの裏側のメッシュのところにジェット(ガス・ケロシン・ガソリンでジェットが違うので)とかクリーニングニードルなどの工具を収納。これはこれでアリですかね。それなりにきれいに収まったので、嬉しくて昨日のサバゲに持っていったという次第。w
c0019089_192622.jpg


とネタ切れのためgdgdで(ry
by namatee_namatee | 2010-08-22 19:26 | outdoor | Comments(0)