<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

これは懐かしい。

c0019089_20382531.jpg

先日、ウチのDQNミラのオイル交換をしたときの写真。ケイタイのレンズが汚れていたようで。(汗

どこかでみたなぁ。
これは自動車用品屋で順番や作業待ちの呼び出しの時に使うもの。すごく懐かしいPHSだ。わたくしもはるか昔にこういうのを使ってましたよ。パルディオなんやらとか。PowerBook 550cにPCMCIAアダプタ&データ通信カード&PHSでNIFTY-Serveに繋いだりしてましたね。外でネットにつながることが楽しくて仕方が無かったんですなぁ。w

そんなことはどうでも良い。
今回のオイル交換のメインはエンジンオイルではなくて、ミッションの方。エンジンオイルもついでにやりましたがね。いい加減に管理されているクルマでもエンジンオイルはそれなりに交換されると思います。エンジンオイルは定期的に交換する物だと言うのは普通に知られてますから。少なくとも車検の時にはクルマ屋に交換するかどうかぐらいは聞かれますからね。でもミッションオイルは・・・交換サイクルが長いですからねぇ。おまけに交換をさぼっても調子が悪くなるのが分かり辛い。前に乗っていたスバル・サンバーは13万キロ走って、ミッションオイルを交換した形跡がありませんでした。(汗
走行14万キロの時点でガソリンスタンドでミッションオイルの交換を勧められて、安かったのでやってみたらシフトが軽く&スムーズになって驚いたという。こうやって偉そうに語っているわたくしもミッションオイルについてはガソリンスタンドで指摘されるまでは忘れていたんですな。w
今回のミラはミッションから独特の音がします。ヒューンというかキューンというか、メカメカしい音で意外に格好良かったりするんですが、ミッションのオイルを交換してみたくなるような音でもある。なんてったって、室内が魚の腐った汁にまみれていたクルマですからね、今までにミッションオイルの交換を定期的にしてきたとはとても思えませぬ。ミラはFF車ですからトランスアクスルでしてミッションオイルはデフギアも潤滑しています。重い荷重のかかった前輪を駆動するんですから、ミッションオイルの負担も大きかろうと。

激変。
そういったわけで、ミッションオイルを交換。オイルは量り売りの75W-90のGL4というのに。GL5というよりハイグレードなのもありましたが、軽量なFF車なのでそこまでいらないかな、と。交換作業を見てましたが、ドレンから抜けるミッションオイルがすごい色。予想通り、ずいぶん長いこと交換されてないようです。
交換し終わって走り出して驚いた。シフトが軽くてスムーズになったのは予想通りですが、ミッションの音が静かになりました。加えて抵抗が減ったのか加速も良くなった感じが。

これで古美根さんのセルボモードとどつきあいしても良い勝負ができるような気がしてまいりました。w
by namatee_namatee | 2010-07-31 21:13 | car | Comments(4)

暑い夏こそガスブロですよ。

c0019089_18403176.jpg

ネタ切れなので、昨日撮った写真で。

お暑うございます。
今年の夏は暑い。40年以上生きてきて、記憶に残る限りでは最も暑い。7月だってのに連日34度とか・・・こんなのは経験がありません。ウェザーニューズの予報だと8月に入ってからは連日予報でも35度以上という。orz
だがしかし、暑い暑いと文句ばっかり言っていても仕方ありません。この暑さを前向きに考えてなんとかしようと。そういったわけで、ガスブローバック(以下GBB)のWA M4を購入した次第であります。強引な理論展開に我ながら書いててバカバカしくなってまいりますな。w

エバンジェリスト。
古美根さんや名無しの一さんなど、GBBエバンジェリストのアタックを今までのところ無事に受け流してきたんですが、その原因としては阿鼻叫喚の動作不良と修理の輪廻・・・いや本当に。ネット上のインプレや情報を拾っていくと、とにかく金と手間を無限に食うという印象が強い。そのおかげで導入に二の足を踏んできたのですが、さすがに発売から2年経ってトラブルも出尽くした感があり、その対処法も確立されてきました。なのでそろそろ手を出しても良いかな、と思いましてね。高価なマガジンが一本サービス、ってのも効きました。

思ってたよりちゃんとしてる。
GUNNETで注文、中一日で直送。さっそく、ガスと弾を装填して試射してみました。弾筋は思ったよりもちゃんとしてます。試射には0.25gのExcelバイオ弾を使いましたが、Hopはなにもせずにちょうど良かった。WAのハンドガンのHopは感心しませんが、これの場合は全く普通ですね。20mではちゃんと狙ったところに飛んでいきます。30mでも人間の上半身なら当てられるんじゃないかな。ただし、リコイルがあるのでしっかり構えて狙わないとダメです。
そのリコイル。これはリコイルと呼んで良いレベルの反動ですね。ドカっというかドカンというか、重いモノが長いストロークで動く感じ。そこそこスピードもありますが、なにより重いキックが印象的。マルイ次世代の反動を2とするとWAのGBB M4は10といったところでしょうか。そのリコイルのせいで、セミオートはとにかく、フルオートになると初弾はとにかく次弾からは同じところには当たりません。うまく反動をコントロールすれば20-25mで人の大きさぐらいに弾着を集めることはできますが、ちゃんと覚悟を決めて撃つ必要がありますね。気温22度(試射が朝6時前だったので)でフルオートだと連続では10発ぐらいでサイクルが低下するのが分かります。実際には3点バーストぐらいで運用するでしょうから、長い連射についてはあまり多くを望んではいませんけど。
その他、気がついたところは・・・電動より全体に薄くて軽い。マガジンは重いんですが、銃全体としては上に写っているマルイの次世代CQB-Rより軽量です。あと、はっきりと後ろが重いマルイのCQB-Rと違って、WAのGBBは重心がほぼ銃の中心付近にある。さんざん言われてますが、グリップやレシーバーが電動より一回り細くて薄いです。これらが相まって電動より軽量に感じるようですね。
上下のレシーバーをはじめ、フロントサイトやハイダーなどが樹脂なんですが、リアリティが無いなどとは感じませんでした。レシーバーについては、オリジナルのColt刻印のものではその刻印のすぐ横に射出成形のときの穴?モールド?がある写真を散々見てまして、こりゃあメタフレ必須だなぁ、なんて思っていたんですが、このSR16では美しく平面に仕上げてありました。これならメタフレじゃなくても十分鑑賞にたえますね。

そういったわけで次回のTeam2chのサバゲはコレで暴れますよっと。なんてったって次回は電動vsショットガン&ガスブロ&エアコキですから。もう今から楽しみで楽しみで。w
by namatee_namatee | 2010-07-30 18:52 | survival game | Comments(6)

ほっとする。(色んな意味で)

c0019089_18343337.jpg

ここのところ、妙に長いM4ばっかり弄ってたので久々に普通のM4ネタで。

当たり前。
ゲームに使うM4の長さはCQB-Rぐらいが一番ですね。当たり前ですな。先日のT2CのゲームにはA&KのSPR Mk.12 Mod 0を持っていきました。それでなくとも暑くてダルダルなのに長くて重い&スコープなのでちゃんと覗かないとダメ、なSPRではロクに戦えず、すぐに軽量なVSR-10やCA870に持ち替えちゃいましたよ。CQB-Rを持っていけば良かったと後悔。

問題あり。
もっともマルイの次世代CQB-Rには問題がないこともない。それはバッテリー。なんてったってNi-MHの専用品ですからね。10回使うと死ぬとまでいわれたNi-MHバッテリー、使っても使わなくても定期的に充電して維持管理を怠らないようにしておかないといけません。ウチの場合、M4系列はCQB-Rの他にはSPRが二丁、次世代M4A1、M4-P.M.C.、HK416とイロイロあります。加えて、その他の電動ガンもP-90とかG36Cとかありましてねぇ。それぞれを満遍なく使ってあげるのが難しいのでした。中でもSPRの二丁とHK416は自分で手をかけたものですから、なにかと出撃の機会が多い。お仕着せのマルイ次世代M4は割を食うのでございます。M4A1は汎用性のあるミニバッテリーですからなんとかなりますが、CQB-Rは前述のとおり専用品ですからね。バッテリーをダメにしちゃうとダメージが大きい。

というわけで、ガスブロのCQB-Rを買ってみましたよ?これならバッテリーの管理なんて関係ないよ!
by namatee_namatee | 2010-07-29 18:58 | survival game | Comments(10)

箱でかいよ。

c0019089_20413654.jpg

この巨大な箱は何かといいますと・・・オリエント工業のアレでございます。セールだったので2体まとめて購入。中身が分からないように送るって言ってたので、どんな風に梱包して来るのかと思ったら、自動車のリサイクルパーツに偽装してくるとはよく考えるなぁ。・・・嘘に決まってるでしょ。本当だったらこんなところに書きゃしませんがな。w

本当はコレ。↓
c0019089_20414424.jpg

件のDQNミラのシートでございます。写真は運転席側だけ交換した状態。パセンジャー側はオリジナルのシートです。この後、パセンジャーシートも交換しました。
買った時についてきたシートは運転席のバックレスト左側に穴があいてましてね。そこからスポンジがはみ出てしまったようで、フーレムがモロ見え。おかげで肩甲骨のあたりにフレームが当たって痛い。加えて座面の方もヘタリ気味で、それでなくともローダウンサスのおかげで乗り心地が芳しくないのに、ヘタったクッションでは腰が痛くなっちゃいます。
某オークションで落札。助手席と運転席のセットで3,028円だったかな。安っ。が、送料が5,000円かかるという。まあ、この大きさでは致し方ないと思います。w
解体屋回りすれば少なくとも送料分は安く上がるんですが、欲しい物が必ずあるとは限らないし安いとも限らない。結局、送料がかかっても確実に手に入るオークションで購入することにしました。モノはL710Sについていたものとのことですので、ミラジーノの4WD用になりますかね。4WDとFWDではフロア形状が違う場合があるので一抹の不安があったんですが、厳しいコスト対応のため、可能な限り流用できるものは流用するダイハツを信じて購入。はたして全く問題なく取り付け完了。
見てのとおり、オリジナルと違ってヘッドレストが別体式。クッションもやや厚くて腰も強いようです。さすが乗用車用だ。w

1/1のオモチャだなぁ。>DQNミラ
by namatee_namatee | 2010-07-28 21:07 | car | Comments(0)

臭い消し作戦終了

c0019089_18533431.jpg

昨日実施した臭い消し作戦、第二段階へ。

強攻策。
昨日のエントリーの通り、臭いの元になったいた汚物は除去されました。あとは時間が経てば嫌な臭いも消えていくと思われるんですが、そんなまどろっこしいことではわたくしの気が収まりません。w
インフルエンザ騒ぎのときから会社に常備してある、アルコール系の消毒剤(ヒビスコールとかいったかな)で臭いの元の殲滅をはかります。ポンプ式で霧状に消毒薬が噴射されるので、臭いのついたカーペットや床に満遍なく噴霧。ウエスで吹いてまた噴霧。これを数回繰り返し、ウエスが入らないスキマにはたっぷり吹きかけて放置。炎天下なのでアルコールはすくに飛んでしまいますが、これまたしつこく噴霧を繰り返す。

完全に沈黙。
執拗な攻撃が功を奏して、悪臭は完全に除去されました。ボトル(1L)に半分ぐらいあったヒビスコールをほぼ使い切りましたが。w

従兄弟?
写真は会社の帰りに本屋によったところで、L650型ミラジーノと並んだので撮った一枚。L650型はウチのミラの次世代にあたるモデルなので、あまりパーツの互換性がありませんけどね。親戚でいうと従兄弟ってところですか。これが先代のミラジーノ(L700S)になると外装のフロント周りを除いてほぼ互換性あり。ベースが同じなので当たり前ですけど。同世代のムーヴやネイキッド、さらにはコペンやストーリアとも足回り・マフラーなどは互換性があるようで。

というわけで消臭作戦は成功裏に終了いたしました。以上で報告を終わります。(AA略
by namatee_namatee | 2010-07-27 19:21 | car | Comments(4)

臭い消し作戦

c0019089_19592326.jpg

件の通勤用DQNミラの件。

臭っ。
前にも書いた通り、室内が臭いんですよ。最初はエアコンの臭いかと思って、燻蒸するタイプのエアコン用臭い消しを使ってみたんですが、エアコンの臭いはしなくなったものの、窓を開けて走っていると、どこからともなく魚の腐ったような臭いが。(汗

臭いの元発見。
あちこちクンクンしてみると、どうもリアシートの足下あたりが怪しい。意を決してカーペットをはぐってみると・・・ボディとカーペットの間にフェルトのようなモノがありまして、おそらく防音・防振のためのものだと思われるんですが、それがびっしょり湿ってました。そればかりか、盛大に黴びて色とりどりのカビの花が咲いてます。w
さらにそこから、リアにかけて臭いを辿ってみるとトランクの床から後席足下にかけて何か液体(魚の汁?臭っさいの。)をこぼしたようなあとがあり、その汁がしみた綿ゴミのようなものや得体の知れないネトネトが・・・臭いの元はそこら辺であるということが分かりました。おまけにその臭い汁のせいか、鉄板が錆び錆びになっているという。

このクルマの掃除をしたのは誰だぁっ!!
これはたまらん、というわけで、逆上して左右のフロントシートとリアシートを外す。カーペットを全部めくってみると、左側の後席足下だけでなく、後席右側も助手席と運転席の足下も多かれ少なかれフェルトが湿っているということがわかりました。どのくらい湿っているのかというと、一番酷かった左側後席足下のフェルトは手に持つと得体の知れない液体がボタボタ滴るぐらい。これがまた鼻が曲がるぐらい臭いんですよ。
そういったわけで吐き気をこらえながらフェルトを全て撤去。大して防音の役目も果たしてなさそうだし、必要なら改めて純正パーツを購入すればよいことですし。さらにトランク〜リアシートのゴミを掃除機で吸い取り、徹底的に雑巾で拭く。これでかなり臭いは取れましたが、シートベルトの付け根部分に臭い液が染み付いてしまったようで、まだ悪臭が漂います。水ぶっかけてやろうかと思いましたが、電装品に悪影響があるとマズいので思いとどまり、写真(ピントが合ってませんね。orz)のエアコン用消臭剤をぶっかけてやりました。
まだ完全に無臭というわけにはいきませんが、臭いの元は断ちましたし、錆の進行を止めるためにサビチェンジャーのようなコーティング剤を塗って封じ込めをはかりましたので、いずれは臭いもしなくなるでしょう。

臭いが完全に消えるまで芳香剤でごまかすとするか。(汗
by namatee_namatee | 2010-07-26 20:32 | car | Comments(4)

復活!

c0019089_19521319.jpg

本日も南東北は引き続き暑い。

おー涼しい。
こんな日の真っ昼間に外に出てもなんにも良いことは無いので、エアコンの効いた部屋でエアガン弄りでも。
電気系統の不具合で発射不能なっていたG36Cを復活させようかと。せっかくM4ライクに改造したんですからね。使わないとタカ氏に無駄無駄ってバカにされちゃいますので。(汗
原因はFETかその配線ではないかと思われるんですが・・・M4用のFETを流用したら動かなくなったという。信号線や電源の繋ぎ方を間違ったか、FETそのものが故障しているのか、はたまた銃そのものが壊れているのかを突き止めないといけません。G36Cはその構造上、メカボとバッテリーの収まるハンドガードの間にコネクターを入れて電源も信号線も分割しなくてはいけないんですが、そのコネクターを接続するとき電源の+-を間違ったのか、信号線の接続を間違ったのか、バッテリーをつないでもモーターが回らないんです。とりあえず、配線をチェックしてみても現状では変なところが見つからない。電源のコネクターにモーターを直結するとモーターは回りました。ううむ、やはりFETを交換してみないとダメですか。こういうこともあろうかと、きつね氏製作の汎用FETを手配してありますので、それにコネクターを取り付けて繋いでみるとちゃんと動きます。ああ、FETが壊れていたんですね。おそらく、コネクターを繋ぐときに何かミスったんでしょう。
テストは簡単に終わりましたが、ケーブルを適当な長さに切って変に余ったりしないように調整するのが大変。いつものことながら、FETそのものの装着より設置場所の選定やケーブルの長さ決定の方が時間と手間がかかるんですよね。

そんなこんなで、なんとか復活に成功。ウチは癖のある鉄砲ばっかりになってしまったので、一丁はオーソドックスで安定した性能の電動ガンがあると安心ですからね。久しぶりに試射してみましたが、G36Cはうるさいこと言わなければ、サバゲー用としてはサイクルや初速、集弾性能は十分です。っていうか、安定性も含めるとノーマルが一番という言い尽くされた結論が・・・
by namatee_namatee | 2010-07-25 20:17 | survival game | Comments(2)

熱中症一歩手前だよ。orz

c0019089_20555941.jpg

本日はサバゲ。例によってTeam2chのゲームです。幹事さま、参加のみなさま、おつかれさまでした。
タイトルは「【関ヶ原】Re:T2c東西決戦【雨に負けるな】」。元々は3月に行われるはずだったんですが、悪天候のため中止。改めて本日リベンジ、というわけでして。そのためタイトルに"Re"がついているんですね。
ゲームの内容は文字通り、出生した都道府県で東西にわけて戦うというもの。我がチームは3名とも参加でした。そのうち、タカ氏とわたくしが東軍、ラード氏は西軍。

ゲームはオーソドックスに。
ゲーム内容はごくスタンダードな進行でしたね。午前中は通常のフラッグ戦を何回か、午後はセンターフラッグ戦とか拠点防衛戦とかだったかな。午後は暑くてのびてましたので、半分ぐらいしかゲームに出てませんでした。なので何やってたのか良くわからなかったりして。(汗

暑くて死ぬ。
この暑い中、厚手の迷彩服着て重い鉄砲持って薮の中を走り回っていれば、そりゃなりますわ。>熱中症
午前中のフラッグ戦で早くも頭が痛くなって動悸がするようになったのでお休みを取る。塩のタブレットとお茶を飲んで、扇風機にあたっていたら復活しましたが、ちょっとでも無理したら倒れますね。ゲーム進行も休憩を長めに取って、参加者の体調に配慮してました。加えて恒例のかき氷も。ありがたや。そのおかげか、熱中症で倒れて救急車で運ばれる、なんて事件は起きませんでした。

最高記録。
最後のゲームは40分の復活戦。やられたらカウンターを押して復活、ってやつですな。暑い中、際限なく復活するのもナンですが、わたくし的には好きなルール。タカ氏的には嫌いなルール。w
タカ氏は嫌いなルールなのでやる気が無い、とかいってボルトアクションのVSR-10なんて持ち出していやがる。わたくしは軽くてあまり動かないで済むという理由でVSR-10を持ち出しました。
25-30m先のフィールド中央のバリケードの向こう側に凄腕の敵スナイパーを発見。バリケには15cm四方ぐらいの小さな窓があり、そこから素晴らしい精度でこちらを狙い撃ってきます。わたくしはその窓を狙わないとダメなんですが、25-30m先の15cm角の穴に弾を通すのはいかに"大人チューン"のVSRとはいえ難しい。その上、こちらはブッシュに半身を隠すぐらいなので、油断するとあっという間にやられちゃう。タカ氏と二人で撃ち込みますが、わたくしは4回も殺されました。同じ人に4回もやられるなんて新記録だよ。最後にわたしがヒットコールしたときに、敵のスナイパーは油断したようで、窓から顔を覗かせる時間がちょっと長かった。そこへタカ氏がすかさず撃ち込んでget。さすがです。わたくしも死に甲斐があるというもの。w

写真はJDF制式のインスタント焼きそば。10式即席焼きそばとか言うんですかね。それにしても88円って安っ。
by namatee_namatee | 2010-07-24 21:25 | survival game | Comments(6)

お中元貰ったよ

c0019089_2028672.jpg

ウチに帰ったら戦民思想さんから封書が届いてた。もしかしてプロジェクトMの見積もりが出たのかっ!今夏の某茄子さまは足早に立ち去ってしまったので、資金繰りが(ryと、おそるおそる封を切ってみたら、この通り、お中元でした。w
粋な贈り物、ありがとうございました。>wildeyさま

なぜ”大人“というキーワードが繰り返しフィーチャーされているのかというと、ウチのVSR-10は金にあかせてパーツを交換して精度アップを図っているため、射撃会において「VSR-10 大人チューン」と命名されたからであります。(汗
戦民思想さんの射撃会参加者の持つ特徴ある銃にはあだ名が付けられることがあり、有名どころでは例えば「M14チート+」とか。いやーウチのVSRもあだ名がつくほど有名になったんだなぁ。w
笑っている場合ではないような気もしますが。まあ、本当のところはパーツを交換しただけってわけでもなく、それなりに気を使って組み立ててありますけどね。みなさん、そんなことは重々承知の上で「大人チューン」と呼んでくださっているのですから、目立たないことを身上にしているわたくしとしてはなんとなく気恥ずかしかったりします。

ちなみにプロジェクトMとは、今年の春に始まった幻の計画でして、3月には完成するはずだったんですが、今のところ陰も形も無いという・・・おっと、こんな時間に誰か来たようだ。
by namatee_namatee | 2010-07-23 20:47 | diary? | Comments(2)

調べもの

c0019089_2029563.jpg

本日は月に一度の平日お休みの日。ちょっと調べものをしに近所の博物館へ。夏休みなのでこのように子供たちで賑わっておりました。

都市伝説?
何を調べようとしていたのかというと「鉄道忌避伝説」について。会社の人から聞いた話で、その人の住んでいる町には鉄道が通っていないんですが、その理由が「鉄道が作られるときに住民が反対したため、別なルートで線路が敷かれてしまった。」というもの。加えて「当時の住民は先見の明の無い愚か者である。」という論評。
地図で見ると確かに鉄道はその町を不自然な形で迂回していて、なるほどなぁ、と思ってしまうんですが、ちょっと待った。どこだったか忘れてしまって思い出せないんですが、別な場所で全く同じ話を聞いたことがあるんですよ。確か学校の授業でだったと思うんですが。住民の反対で鉄道が通せなかった→先見の明が無い愚か者どものせいで、結局町は衰退して今でも不便というパターン。以前は日本各地で同じような話があったんだなぁ、ぐらいにしか思ってませんでしたが、今更ながらネットで調べてみると・・・上記のWikipediaなどいくつかのソースによると、どうも都市伝説の一種らしいということが。よい大人が(教師も一緒に)まじめくさって蘊蓄かたむけてたのが都市伝説かよ。w

納得しねぇ。w
会社の人にはそりゃトイレの花子さんと同レベルの与太話ですよって教えてあげたんですが、どうも納得していただけないようでして。まあ今までずっとそうだと思っていた事柄を、回りくどい説明で否定してもインパクトが弱いですからね。
その話とは別に、その昔、市内を走っていた路面電車について調べたことがありましてね。調べたといってもネットで検索をかけた程度ですが。その路面電車は市内では確かに路面電車なんですが、市外では普通の電車になるという、田舎らしい中途半端なものだったということがわかりました。わたくしが通っていた小学校の通学路はその路線沿いでして、当時はまだレールが撤去されたあとが残っていたのを覚えています。今ではほとんど痕跡はなくなってますが、橋にレールがわずかに残っているところとか駅の跡があるそうです。

論破終了。
で、いろいろ調べていくうちにその路面電車とは別に件の町へ鉄道が引かれていたという衝撃の事実を探り出しました。>大げさ
それは1929年から1936年のわずか7年間だけ存在した鉄道でして、今ではほとんど話題になることも無く、みんな知らないのも無理は無い。ちなみにわたくしもそんなモノがあったとは全く全然知りませんでした。
しかしながら、その鉄道が存在したということはかつて住民が鉄道に反対したというのが事実ではないという強力な証拠です。先見の明がなかったわけじゃなかったんですね。でも町が寂れたのも鉄道のせいじゃないと。w
そういったワケで、ネットで検索した事柄の裏を取りに地元の歴史博物館へ行った、ということでございます。あんまり収穫はなかったですが。(汗

ちなみにその幻の鉄道、今でも駅のあとがいくらか残ってるそうで、路線と今の町並みを重ねてみるとたしかになんとなく鉄道が通ってたような雰囲気があったりします。
意外と自分たちのすんでいるところの歴史ってのは知らないものなんだなぁ、と思った次第。
by namatee_namatee | 2010-07-22 20:30 | diary? | Comments(7)