<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

だいぶカラフルになってまいりました。

c0019089_21491843.jpg

さすがの南東北も4月下旬ともなれば、そろそろ暖かくなってまいりましたのでガスブロハンドガンを引っぱりだしてみる。

とりあえずお気に入りの4丁。
ドライヤーだのあか抜けないだのとこき下ろしておいて、FN 5-7はお気に入りなのかって?
いやそれが、しばらく眺めていたら、あの変な形は気にならなくなりました。適当にテストしたところでは実射性能については文句なしで、でかいマガジンのおかげかリコイルも強くて初速も安定しています。真っ黒だと我慢の限界を超えるかも知れませんが、このツートーンなら許容範囲のようです。w
ここにはありませんが、所有しているSIG P226も5-7と同じ香りがするデザインで、おかげで性能は良いのにお蔵入りしてます。マガジンも5本もあるのになぁ。

甲乙付けがたし。
それぞれ既出ですが、右からWA SFA V12ローデッドターゲット、マルイのデザートウォーリア、同じくマルイのグロックG17、マルイのFN 5-7という順でございます。一番好きなのはデザートウォーリアですかね。5-7ほどリコイルはないし、G17ほど速くないんですが、ビシッと切れの良いブローバック。ストロークの短いトリガーと相まってレスポンスが良い。集弾性能も5-7やG17にひけは取りません。欠点はマガジンが冷えやすくて寒いと動きがわるくなってしまうこと。
G17は全方位にバランスが良い感じ。リコイルはちょっと軽薄な感じですが、物足りないということはないです。集弾性も極めて優秀。マガジンの大きさがデザートウォーリアよりも大きいせいか冷えには強いですね。
SFA V12ローデッドターゲットはマルイ製とは一線を画した重厚長大ぶり。ドスっと重いリコイルはWAならではのもの。これも冷えに弱く、本調子になるのはもうちょっと季節が進んでからです。集弾性能は・・・それを言っちゃ酷だろ。w
いや、そんなに当たらない事は無いですよ。少なくとも左右は許容範囲の広がりです。ダメなのはHop。0.25gだと山なり、0.2gだと鬼Hopとかなり不安定。固定Hopなのでいじりようもありません。(汗

そうだ、思い出した。
ここには写ってませんが、ウチにはKSC H&K Mk23 SOCOM PISTOLってのがあります。スペアのマガジンが欠品で手に入らず、あまり使われずにいるんですが、久しぶりに引っ張りだして撃ってみると・・・でかいスライドがドカドカ動いて迫力満点。WAの方がリコイルはあると思ってましたが撤回。絶対的な重量の差はいかんともしがたく、リコイルの重さだったらMk.23の方が上です。ちゃんと可変Hopが機能するので、集弾性能も立派なものです。厨っぽいキャラクターが残念な感じですが。

他にはWA M92SF INOX2とかマルイのMEU、デトニクス、デザートイーグルなどが使える状態で保有しております。いやしかし、いつの間にか増えるもんですねぇ。>ガスブロハンドガン
by namatee_namatee | 2010-04-30 21:55 | survival game | Comments(0)

俺をこねこねして(ry

c0019089_201723.jpg

休みの日なのに引きこもってエアガンいじり・・・このパターンはもう何回目かなぁ。(汗

先日からこねくり回しているCA870 Stock Verの件。
一昨日のエントリーで報告した通り、まっさらのメカボはミリネジ加工を施し、各部を磨いてあげました。本日は前回失敗したバレルの固定に再挑戦。前回と同じように水平から30度の角度で穴を開け、そこにイモネジをねじ込んでバレルを押さえるようにします。この前はメカボの先端から10mmの位置に穴を開けました。先端に近い方がより有効にバレルのブレ止が出来るんじゃないかと思ったんですが、イモネジの締め込む力でメカボが開いてしまうという結果に。今回はオリジナルのバレル固定用ピンと同じ位置、メカボ先端から15mmの位置で固定することにしました。この位置ならピンがメカボの開くのをおさえているはずなので、イモネジの締め込む力がバレルに有効に伝わるとふんだもんで。くわえてバレルのプラスチック製のカバーに穴を開けて、イモネジがバレルを直接押さえるように加工。

結果は上々・・・か?
バレルの固定は上手く行きました。バレルを直接押さえつけるので、イモネジを締めるのは弱い力でも十分でメカボの開きも気になりません。で、組み上げてHopのスプリングを入れようとすると・・・なんか、Oリングがネジくれているんですが。あれ?と思ってもう一回分解してみると・・・メカボの左右でHop周りの形が違うじゃん。(汗
銃口に向かって左側は見慣れたもので、Hop調整用のM4のイモネジのネジが切ってあり、途中にイモネジの抜け・弛み防止?のOリングが収まる溝があります。が、右側はなんにも無い。単に穴があいているだけ。ダメだこりゃ。このメカボは使えません。せっかく磨いたり穴あけたりしたのになぁ。

というわけで、イバラの道が続きます・・・
by namatee_namatee | 2010-04-29 20:46 | survival game | Comments(9)

P90の相方

c0019089_20373748.jpg

気がついたら手元にあった東京マルイのFN 5-7。最近発売のFLAT DARK EARTHバージョンでございます。

ドライヤーみたいでなぁ。
この5-7、比較的最近のポリマーフレームオートですが、どうもこの格好が。スマートでクールなグロックに比べると、ちょっと野暮ったい。なんとなくドライヤーを連想するんですよ。スライドとフレームの前の部分を細く絞ったのが変なんですよね。ここをそのまますっと延ばしておけば、まあまあ見慣れた拳銃の形になったと思うんですが。このツートーン仕様ではまだマシですが、真っ黒のオリジナルバージョンはもっと無愛想です。あとグリップが前後に太いのも冴えない外観の原因かと。その割には握り辛くないのは、親指が当たる部分が見た目よりずっと絞りこんであるからですかね。

オマケ付きです。
色付きバージョンにはLEDフラッシュライトがついてきます。LR44を3個で駆動するという微妙なシロモノですが。Mk.23 SOCOM PISTOLに付属していたLAMよりはずっとマシとはいえ、やはり明るさは物足りない。ただ、レンズの配光を工夫してあるのか、LEDそのものは暗いものの、結構光がまとまって飛ぶので全然使い物にならないというほどでもない。なんとも評価し辛いライトですな。M3ウェポンライトのパチものあたりの方が性能は上でしょうが、見た目のまとまりの良さと確実な装着(M3ウェポンライトは銃によってはきつかったりゆるかったりするんです)はさすがにマルイ純正品。

性能は・・・
まだちゃんと撃ってないのですが、たぶん性能は良いと思います。マガジンがでかいので冷え辛くて初速も安定するでしょう。カラ撃ちした感じでは噂通り、リコイルも強い。見た目には目をつぶって、愛用して行こうかと思います。
by namatee_namatee | 2010-04-28 21:15 | survival game | Comments(2)

まっさら

c0019089_2102823.jpg

先日マルゼンに頼んでおいたCA870のメカボックスの図。
まっさらの新品でございます。この手の純正メカボックスの例に漏れず、左右のガワはタッピングビスで固定されます。が、まっさらの新品の場合、本当にメカボックスだけなのでまだタッピングビスのネジ痕がない。ネジの穴は綺麗なもんです。

お決まりのミリネジ加工。
せっかく綺麗なネジ穴ですので、定番のミリネジ加工をしてあげることに。CA870はエアコキですので電動ガンほどセッティングでメカボを開けたり閉めたりしないので、タッピングでも特に問題はなさそうですけどね。しかしこのメカボ、東京マルイのものなどに比べると材質が柔らかいような感じ。剛性が低いというのか、手で力を入れると比較的簡単にメカボが左右に開いたりします。少しでも左右のガワの密着度を高くしてやるのにもミリネジは有効かも。気休めだと思いますが。w

磨きます。
メカボの表面処理はかなり荒めなので、特に上下のシリンダーのツメ状のパーツがはまるガイドの部分はペーパーでテカテカに磨いておきます。その反面、シリンダー側面がふれる部分は適当に。前にも書きましたが、面積が大きく接触する部分をテカテカの鏡面状にしてしまうと、グリスの保持が悪くなってかえって抵抗が増える気がしますので。逆にアクションバーの通る溝はキレイに磨いてあげたいんですが、なにせ溝なので磨き辛いんですよね。ここはあとでリューター使ってバフがけもしてあげよう。

と言った感じで、電動とはひと味違うチューン内容です。>CA870
Hopやバレル関連についてはやっかいなことこの上ないので後で考える事にします。w
by namatee_namatee | 2010-04-27 21:00 | survival game | Comments(0)

南東北の誇りとは

c0019089_20201531.jpg

昨日のネタで疲れたので本日は軽めに。ネタ切れともいう。

南東北の誇り。
数少ない南東北の誇りと言えばコレ。ジョイフル本田でございます。もっとも落花生県とか蒟蒻県にもありますし、店舗数だとむしろ納豆県以外の方が多いですね。だがしかし、近所にある奴は以前に米国へ行ったときに見た巨大ホームセンターの雰囲気をかなり色濃く伝えております。落花生県の店舗にも行ったことはありますが、確かに大きいんですが店舗の雰囲気は普通の日本産ホームセンターの延長線上にありました。それに対して近所の海沿いにあるお店は建物の構造とかディスプレイのしかたとか、売っているものは日本産のものが多いのですがどことなく米国臭い。屋内に乗用の芝刈り機とかのでっかい物を置いてるところとかね。そもそも乗用の芝刈り機とか買う人いるんですかね。あれはそれっぽくするための演出なんじゃないかと・・・あと雰囲気をかもしだすのは屋根の高さとか。

ホムセンだしな。
売っているものは安物が多いんですな。ホームセンターだから当たり前ですけど。どんどん買ってどんどん捨てる大量消費が前提なのも米国風。なんでも古くなったら捨ててしまう南東北にぴったりのビジネススタイル。w
とりあえず必要な物が大量に在庫があるという安心感。これがこのお店の価値ではないかと。目がくらむような商品の在庫の山に思わず必要ないものまで買い込んでしまうという巧妙な仕組みになっているのでございます。なので、本当に節約したいなら必要なものをしっかり検討して、メモかなにかに書き出した上で赴く。コレ最強。まあお前らド素人は、ホーマックでも行って北国気分でも味わってなさいってこった。w

写真はそのジョイフル本田オリジナルのスタッフバッグ。小さいのからでかいのまで6種類ぐらいありました。でかいのはリュックだったような気もしますが。これは多分小さい方から2番目の奴。とても安い(確か198円とか)ので購入。昨日のサバゲにはこれにバッテリーとかBB弾を詰め込んで出かけました。こういうのはローコスト&役に立つので良いんですけどね・・・
by namatee_namatee | 2010-04-26 20:45 | diary? | Comments(4)

寒っ!

c0019089_1931842.jpg

昨日から本日にかけては予定通りサバゲ。
どこのなんてゲームだったのかは面倒なので昨日のエントリーかなんかを見ていただくとして。写真は参加賞のエアガン用ガスとお菓子、それと買ったは良いけど食べなかったインスタント焼きそばの図。ゲームの写真とか撮っている余裕がありませんでした。

寒いなんてもんじゃない。
天気予報では明け方に霜が降りるとか言ってましたが、それどころじゃない。車のガラスは凍りつき、浅い水たまりには氷が張る始末。4月下旬の千葉でこのザマとはな。(汗

途中参加でした。
24時間の耐久ゲームでしたが、昨日書いた通り、仕事の都合でフル参戦は出来ませんでした。まあ仮にフル参戦しても体が持ちませんけど。仕事を終わりにして、千葉に向かう途中で晩ご飯を食べて、フィールドのBBジャングルに着いたのは21:00すぎ。弾速チェックとかマガジンの弾込めとか着替えとかの準備をして、フィールドに入ったのは22:00ぐらいですかね。わたくしは黄軍に配属されてましたが、こちらはTeam2chの関係者が多く、普段のゲームと顔ぶれが違わないような。w
しかしながら、ゲームの流れは相手方にあって黄軍は押され気味。かなり押し込まれてしまって防戦一方の気配。とりあえず、夜間戦闘用のHK416で自軍の本部周辺の防御にあたりました。が、2時間もするといつの間にか立ったまま寝ていることに気づく。(汗
月曜から5時起きでしたからねぇ。寝る時間は早めにしていたんですが、それでも全体的に寝不足でして、眠くて仕方ない。大体、昼間のゲームだって走ったり伏せたりと多大なエネルギーを消費するのに今回は仕事から直行ですからね。無理に続けても、集中力が切れてしまってヒットされるばかりだし、うっかり転んだりして怪我するのも嫌なのでフィールドアウトして車で寝ることに。

4時間。
目が覚めたのは朝の4時。およそ4時間寝たことになります。ずいぶんと体力・気力とも復活した感じでしたので、勇んで戦線へ復帰。とか思ったら、だいぶ押されていて本部周辺での戦闘になってる。これはまずいです。打つ手が無いとして、オフィシャルにブロークンアロー(降伏してゲームを仕切り直し)を宣言されてしまう恐れあり。なんとか、前線を押し戻して攻勢に出ようとしますが、思うに任せず。結局、ブロークンアローになってしまいました。 orz
その後も、どちらかというと押され気味に推移し、最後の頃にはそれなりに押し返した感が出てきましたが、全体としては負け戦でしたねぇ。まあ、そういうこともありますよ。負け戦を楽しむのもそれはそれで楽しいかと。

インプレ。
ゲーム初参加のHK416と2回目の M4(SPR風)のインプレなど。
HK416はなかなか良かったです。短くて振り回しやすい。初速が速くて集弾も良い。ブッシュを易々と貫通する弾道。突撃して来た人と一騎討ちになりまして、とっさにHK416を腰だめで掃射したんですが当たった人が悶絶してました。そう、バレルが短くて初速が出ている(もちろん規制内です)銃の弾はあたると痛いのだ。これはわたくしも経験済みです。
リポバッテリーも初陣でしたが、これも好感触。なんと言ってもレスポンスが良くトリガーの切れが鋭い。サイクルも速く、初速の速さとあいまってホースで水を撒くみたいにBB弾が飛んで行きます。HK416はM4(SPR風)とほぼ半分ずつ使いましたが、電池の消耗具合をチェックしてみると・・・残容量85%ですって。ほとんど使ってないも同然じゃないですか。あんなに撃ちまくったのに。爆発や出火が無ければとても良いバッテリーだと思います。>リポ
M4(SPR風)の方は弾道は素直ですが、ゲームでは使い辛いような気がします。ゲームでは弾をターゲット周辺に全力で叩き込む事が多いのですが、真っすぐに飛ぶ方がそういう使い方には向いていると思います。M4(SPR風)は纏まりは良いんですが、やや山なりの優しい弾道なんですよね。バッテリーはNi-cdのいわゆるラージバッテリー(1600mAh)を使いました。これが一本では足りず、2本目に交換が必要でした。電力消費が多いのかな。

といったわけで、眠いので残りは明日、追記ということで。w

といったわけで、続き。

用意した銃は
・HK416
・M4(SPR風)
・VSR-10 Gspec
・CA870(あたりめ・くらげ仕様)
・スコーピオンvz61(マルイ電動)

VSR-10はほとんど使わず。電動 vs 電動の弾幕の嵐の中ではわたくしごとき素人ではとても使い物になりません。(汗
CA870も同様。スコーピオンはVSR-10のサブでしたからこれも使わず。エアコキの出番が少なかったのはメインの電動二丁がトラブルもなく普通に使えたということで、良かったということにしておきましょう。
そうはいってもVSR-10を使っている人をボチボチ見かけました。すごい勇気だなぁ、と。いつかはあんな風になりたい・・・嘘。電動で景気良くぶっ放す方が向いてます。>わたくし

その他エピソード。覚えている範囲での出来事。

まず戦果。
・フレンドリーファイヤ(味方撃ち)×2
・オーバーキル(撃ち込みすぎ)×1
戦果じゃねぇって。w
しかもフレンドリーファイヤの1人目はでかいひと氏だ。w
藪からゴーグルが覗いているなぁ、あっちは敵の方角だし撃っちまえとM4(SPR風)をセミでバシバシバシっと3連射。良い感じで命中。やぁ、やっぱM4(SPR風)は弾の纏まりが良くて気持ちよいなぁ、なんて思っていたら、でかいひと氏が腑に落ちない声でヒットコールしながら立ち上がりました。(汗
もう一件は敵兵と味方が一直線上にならんでいる後ろから、敵味方まとめて(ry

次はオーバーキル・・・またやっちまいましたよ。w
はるか以前にユニオンの定例ゲームでおねえさんをオーバーキルしまして「ヒットって言ってるじゃないのー!」と絶叫されたことがあるんですが、今回はおっさん。「ヒットって言ってんだろうがー!」って怒られました。これはよりによってVSR-10でやらかしまして、突撃してきたおっさんが四方から撃たれてやっとヒットコールしたその瞬間にわたしがVSRのトリガーを落とした、と。しかもほっぺたにペチーンとストライク。あれは痛かったろうな。怒っても無理はないな。
言い訳すると、Team2chのゲームに比べると弾が当たってからヒットコールまでの間が長い気がするんですよね。別にゾンビが多いとかではなくて、ちゃんと死ぬんですがタイミングがいつもと違う。なので撃つ手を止めるタイミングもずれてしまいがち。まあ言い訳ですが。w

SAWもしくはLMGが苦手。
SAWとはSquad Automatic Weapon、いわゆる分隊支援火器、LMGはLight machine gun、軽機関銃のことですな。サバゲにおいては実質同じもの。実はこれが苦手でして。Team2ch系の戦術はSAW×1名とライフルマン(通常の電動ガン)を数名でチームを組んで、攻勢なり防戦を組織的に行います。ゲーム中、SAWは撃ちっぱなし。ずーっとバリバリ撃ってます。傍で見ていて壊れるんじゃないかと心配するほど。で、わたくしは独立遊撃部隊出身wなので、そばで撃ちまくられると落ち着かない。敵の射撃音も聞きづらいし、迷惑に感じてしまいます。実際には敵が頭を上げられないのでSAWの射撃は有効なんですが・・・わたくしがSAWの傍に居ないでもっと前に出れば良いんですよね。(汗
次からはちょっと自分の位置取りを考えていきたいと思います。

消費弾数。
実質参加時間は11時間ほど。消費したBB弾は5,000発にちょっと足りないぐらいでした。普通よりちょっと多いかな、といったところ。弾無制限でしたのでそれなりに撃ちましたからね。驚愕したのはSAW担当の某氏(この人もTeam2chの知り合い)。実に100,000発を撃ち切ったという。(驚
いやそれよりも、某氏のSAWが壊れずにそれだけ撃ち切れたということの方が驚(ry
24時間フル参戦でSAWで最前線に出まくり、となるとすごい消費量になるんですねぇ。まあ撃ちっぱなしですからね。

閉会式。
ゲーム終了後に閉会式&じゃんけん大会がありました。協賛の各位から賞品を大量にいただいてまして、それを特に活躍した人とか目立つ人に表彰とともに手渡し。わたくし的に驚いたのは最年長の人で60数歳という方がいたこと。赤軍の方でしたがいかにもゲーム巧者といった感じで、こりゃ敵わんと思いましたよ。
残りの賞品はじゃんけん大会でもらえます。しかしなにせ数が多くて。負けた人は座るんですが次の賞品ではまた立たなければならず、これがスクワットやっているみたいで辛い。いや贅沢な話ですな。w
いやまあ、なんにも当たらず、じゃんけんにも勝てず、全員プレゼントのガスを貰ったわけですが。ガスの方が得体のしれないホルスターとかより使い道があるよね。>負け惜しみ

お疲れ様でした。
といったわけで、参加の皆さま&主催の方々、お疲れ様でした。24時間寝ずに戦った人もいたし、他のほとんどもフィールド内で数時間仮眠する程度だったそうで。あっさりとフィールドアウトして4時間も寝たのが申し訳ない。しかも中途参加だし。次の機会(あれば)には少なくともフィールドアウトはしないように頑張りたいと思います。たぶん無理だけど。(汗
by namatee_namatee | 2010-04-25 20:07 | survival game | Comments(5)

不思議だ。

c0019089_12492342.jpg

HK416のHopダイヤルの図。

本日のサバゲに備えて仕事中にセッティング。w
レギュレーションでは0.2gBB弾で初速をチェックするそうですので、念のため手持ちの0.2gBB弾(G&Gのバイオ弾)で初速をチェック。普段は0.25gBB弾しか使わないので、0.2gで初速チェックはしたことないんですよ。ゲームの最初にやる弾速計測では、初速と弾の重さをもとにエネルギー(J)でチェックしているので理論上は0.25gでも0.2gでも同じJになるはずなんですが・・・なにが起きるかわかりませんからね。w

結果に謎が。
HK416はHop Offで88m/s(0.2gBB弾)ぐらい、0.77Jといったところ。M4(SPR風)は同じくHop Offでちょっと速くて93m/s(0.2gBB弾)ぐらいで0.86J。M4(SPR風)は計算通りですね。
問題はHK416の方。0.25gBB弾・適正Hopで運用している時より妙に初速が低いんですよね。なんといっても自分で組んだ銃ですから、一晩置いておくとどこか変になっても全然おかしくない。w
ただこれについては思い当たる節がありまして。バレルの短い銃に加速シリンダーを組み合わせた場合はHopをかけた方が初速があがるという・・・試しに適正Hopで計測してみたら実に7m/sも上がって95m/s。危ねぇな、おい。
バレルの短い銃の場合、Hopパッキンの抵抗がないとバレルで加速する間もなくあっという間に弾がマズルから出てしまいます。それにたいして適当にHopがかかってパッキンの抵抗がある状態では、弾がチャンバーにとどまる時間が長くなり、ノズル~シリンダーの圧力が十分に高まってからやっと弾が動き出すのだそうで。高い圧力のエアーで弾が押し出されるため、Hopをかけた方が初速が高くなる、という。確かに理屈にはあってますね。ちなみに元ネタは某巨大掲示板のあるサバゲフィールドのスレ。叩きあいのネタばっかりなんですが、たまには役に立つ情報もあるもんです。w

一工夫。
最近は初速チェックの時にHopをOffにしろ、といわれることがありまして。これ、実はあんまり嬉しくないんですよね。Hopのかかり具合は事前にテストしておくんですが、初速チェックで狂ってしまうとまたHop調整がやり直しになってしまう。Hopのセッティングもそれなりに神経を使ってますので、できればHopは弄りたくありません。ましてや今回みたいに暗くなってから参戦となると、Hopの調整のしようがない。
といったわけで、Hopダイヤルに目印をつけてみました。これで調整後の写真をとっておけば、いつでも適正状態に復元可能というわけでして。

さて、今朝は5時起きですでに眠いわけですが、はたして明日まで体がもつのでしょうか。
by namatee_namatee | 2010-04-24 14:14 | survival game | Comments(0)

泥縄泥縄

c0019089_2044854.jpg

実は明日はサバゲでございます。仕事だけど。
俺、この仕事が終わったらサバゲ行くんだ・・・いやいや、我が社は土曜日は交代で出勤でして、今回は休めなかっただけです。ゲームはいつものTeam2ch・・・じゃなくて、千葉のフィールド、BBジャングルの24時間耐久ゲームに一般人として参加。仕事を済ませてから途中参戦するつもり。

今回は一人で参戦。
チームメイトのラード氏もタカ氏も耐久はダルいからイヤですって。貴様ら、それでも軍人(ry
まあ、最近はこういった大きなゲームではTeam2chの知り合いも増えてきまして、社交性に乏しいわたくしでも24時間一言もしゃべらずに過ごすなんてことは無くなりました。w

今回の武器。
とりあえず、HK416をメインに据えましょう。まだ実戦デビューしてませんから。電動の予備としてM4(SPR風)を。エアコキのメインとしてCA870(あたりめ/くらげ仕様で。STOCK Verはまだバラバラのまま)。これは夜も昼も使います。で、最近お気に入りのVSR-10 Gspecを加えましょう。こちらはわたしの腕前では明るい時しか使えないかな。PDWとしてスコーピオン(マルイの電動)も。こうやって書き出してみると、耐久ゲームのスペシャリストらしい、なかなかしぶとい実戦的なラインナップ。いや耐久サバゲのスペシャリストなんて居ないって。
で、マガジンやらバッテリーやらをまとめていると、VSRのマガジンが行方不明。一個しかみあたりません。おかしいな、棚卸ししたばっかりなのに。いくら弾数が少なくて済むボルトアクションライフルとはいえ、30発では心もとない。特に耐久ゲームですからね、予備マガジンは3個は欲しいなぁ。いくら探しても見当たらないので、Amazonで買っちゃった。翌日にちゃんと来るし、価格もエアガン屋で買うより安かったりする。(汗
と、ひと安心していたら嫁さんのカバンの中からマガジンが2個でてきたという。どうもテーブルから転がって落ちて、下にあったカバンに入ってしまったようです。一気に5個になってしまいました。VSRで死ぬ前に150発も撃てないって。orz

写真はそのVSRのマガジンとマルゼンからやってきたCA870のメカボのガワの図。
Amazonはクロネコ、マルゼンは福山でした。福山とは通だな。クロネコはまったく心配ありませんが、福山さんは滅多にウチなんてこないので、場所が分からんと電話がありましたとさ。

さて、明日は会社で鉄砲の最終チェックをするかな。w
by namatee_namatee | 2010-04-23 21:11 | survival game | Comments(2)

こちらも更新

c0019089_21493967.jpg

MacBookを新しいのに換えたので、無線のアクセスポイントも新しいのに。
今まで使っていたのは名古屋にいた最後のころに買ったcoregaの奴で、当時すでに最速ではない仕様だったと記憶しております。それでも普通に使う分には不便は無かったし、MacBookの方もIEEE 802.11nに対応していなかったため、まあ放置して来たわけでして。でかいデータを扱おうとするとやや不便かな、といった感じでしたね。あとちょっと離れたところには電波が届き辛いという欠点もあり、台所で分解手順を調べながら電動ハンドガンをばらす、なんてときにはちょっと不安定になったりしてました。

前々からチェック。
この無線LANアクセスポイントは見ての通り、BUFFALOのWZR-HP-G301NHという奴。これの一つ前のモデルを会社でも使ってますが、なかなか高性能で使いやすかったので、前々からチェックしておいたのでございます。USBでHDDつないでNASに出来るのも魅力的。いい感じで価格がこなれて来たのを見計らって、例によってAmazonで購入しました。これがAmazonだと近所の家電量販店の店頭よりおよそ3000円も安い。しかも店頭には在庫がなかったし。これじゃ通販にやられっぱなしですなぁ。

HT-03aが繋がらない。orz
セットアップのユーティリティがMacBookのSnowLeopardに対応してなくて使えないみたいです。例によって適当に弄っていたらちゃんと繋がりましたが。問題はドコモのHT-03aがうまく繋がらないこと。会社の奴(WZR-HP-300)はちゃんと繋がったんだがなぁ。セキュリティの関係で変になっているようで、昨日からいろいろやってみてるんですが未だに繋がらず。これは苦戦するかもしれません。やれやれ。
by namatee_namatee | 2010-04-22 21:49 | pc | Comments(0)

シャーリーン

c0019089_21125336.jpg

我がチームのリーダー、ラード氏がM14を使ってみたいとのこと。以前、T2Cの24時間耐久ゲームに於いて分隊支援火器の無い黄軍で、特別にM14ユーザーを集めて高火力な部隊を編制したことがあり、どうもそのエピソードのおかげでこの銃が気になってしかたない模様。どうしてもとのご希望なので引っ張り出してホコリを払いました。

相変わらず重い。
とりあえず、VSR-10で使っていたスコープを載せてみました。これがまた重いのなんのって。長いM4(SPR風)もたいがい重いんですが、こいつはさらにずっしりと。グリップが独立していてハンドガードのレールにフォアグリップを取り付ける事の出来るM4(SPR風)は重いながらも力を入れやすい形状をしているんですが、M14はクラシックな曲銃床で力のかけどころがない。実に重い。スコープのゼロインをするためにターゲットを狙って構えているとじきに力が入らなくなってきてプルプル震えだします。w
M14はT2Cのゲームでもよく見かけますが、みんな平気なんでしょうか、この重さ。ノーマルでこれだけずっしりとしているのに、EBRとかきた日にゃ(ry

でも良く当たる。
そのかわり、狙ったところに纏まりますね。貸し出し用にざっとゼロインしてみただけですが、セミオートでは良い感じで同じところに着弾します。VSR-10並みとはいきませんが、銃単体のグルーピングはM4(SPR風)よりも良いんじゃないでしょうか。これはなんとなく悔しい。あんなに一生懸命手をかけたM4(SPR風)よりも中身は完全ノーマルのM14の方が精度が高いとは。もっとも重さですぐにプルプル震えだしますので、射手も含めた集弾性能では同等になってしまうような感じですが。(汗
でもフルオート時の集弾性能はM4(SPR風)の勝ち。M4はガチガチ&フローティングになっているフロント周りのせいでしょうか、セミオート時と変わらないグルーピングです。M14はフルオートだとかなり弾が散り、セミの時の3倍以上の広いグルーピングになってしまいます。バレルが振動でもしているんでしょうか。>M14
他にも拡張性(笑)や前述のハンドリング、各部の操作性などはM4(SPR風)の方が良いですね。

まあ、一度使えば二度と貸せなんて言わなくなると思います。w>ラード氏
G36CとかSG552とは比べ物ならない重厚長大ぶりですから。
by namatee_namatee | 2010-04-21 21:12 | survival game | Comments(11)