<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一世代前

c0019089_2084040.jpg

相も変わらずネタが無い。

会社からかっぱらった借りているPanasonic LUMIX DMC-FT1と買ったはいいがあんまり使わないLEICA D-LUX4の図。撮ったのはCanon A480です。どれもこれも一世代前のデジカメばっかりだな、おい。w
D-LUX4はCapture Oneの使い方がどうもイマイチ分からなくて・・・RAWで撮らないとD-LUXの意味が無いんですが、いちいちCapture Oneで現像するのが面倒くさいんですよ。気合いを入れて撮るならばその面倒さに見合った写りなんでしょうが、所詮はコンデジ。気合いは入れ辛い。(汗
それに比べるとDMC-FT1の方は気楽に撮れるので活躍しています。ここのところのこのブログの写真はほとんどDMC-FT1で撮ってますね。適当に撮れるのはCanon A480も同じなんですが、ブログのネタは大体仕事が終わって家に帰ってきてから暗い室内で撮るんですよ。そんな状況ではA480は手ブレ補正がないので光量がないとブレやすい。どうしてもISO感度を上げることになって、ザラザラの写真になりがち。それに比べるとDMC-FT1の方は手ブレ補正のおかげで、比較的低いISO感度で撮れますのでクッキリスッキリした写真になる、というわけでございます。
DMC-FT1のウリは耐ショックと防水、加えて動画らしいんですが、そのどれもがわたくしにとってはあまり意味が無いという。もともと動画撮影に興味が無い上に、AVCHDLiteなんやらかんやらという訳の分からないシロモノで(ry
タフなFT1はD-LUX4よりは気軽に持ち出せます。耐ショック・防水性能は意味があるともいえますな。
by namatee_namatee | 2010-03-31 20:41 | camera | Comments(0)

箱がたくさん

c0019089_20321728.jpg

ネタが無いぞ、ネタが。(汗

仕方ないので手近なところにあるもので・・・スコープの箱でも積んでみるか。w
なんていうかその、箱を捨てられないタチでして。前にも書きましたがウイスキーのとかエアガンのとか。PCの箱もとってあるなぁ。ここのところ、立て続けにスコープを買ったので一気に増えました。>スコープの箱
見てのとおり、TR-X CrossFire 3-12×44IRの箱は本体に合わせて相当にでかい。他の二つは横から出し入れする構造ですが、TR-X CrossFireのは上下でわかれるようになっています。立派。
他にもエアガンの箱があるわあるわ。今向かっているiMacの右側にはHUDSONのPRECEDERのとか、マルイのM93Rとかデザートウォーリア、グロック、WAのV12ローデットターゲットとベレッタM92SF NEW INOX、イーグルのD1チャージャー・・・変わったところではトランギアのストームクッカーとか。もう部屋中箱だらけでございます。さらに隣の寝室には電動ガン系の箱がところ狭しと。

エアガン本体もそこら中に立てかけたり転がったりしているんですけどね。
by namatee_namatee | 2010-03-30 20:48 | survival game | Comments(0)

これからが本当の地獄だ・・・

c0019089_206563.jpg

件のCA870STOCK、レシーバー上へのレールの取り付けが終了。
レールは定番のマルイG36C用サイドレール。取り付け手順は・・・レールの適当なところに穴を開けて3mmのタップをたてます。その穴に合わせてレシーバーにも穴を開け、裏側からM3x8の超低頭ネジでレールを固定。レシーバー上には乱反射防止の溝があるんですが、そのままだと微妙にレールの据わりが悪いので、その溝をパテ(タミヤのエポキシパテ)で埋めて、ヤスリでならしてあります。こういった細工が大嫌いなわたくしには珍しくマメな仕事です。w
ネジドメの時にパテが割れるんじゃないかと思いましたが、そんなこともなくしっかりと固定できました。そこら辺に転がっていた適当なダットを付けてみましたが、ダットを持って銃全体を振り回したりしなければレールが取れたりすることはなさそうです。

似合うな、おい。
しかしこのダット似合いますね。CA870は精密な射撃も出来ますが、やっぱりポンプアクションですので高初速の弾をアメアラレと目標に撃ち込んで圧倒するような戦い方が気持ちよいわけで、このようなオープンダットもなかなか使い勝手が良さそうです。

これからが本当の(ry
それはそうと、まだ重大な懸案が残っている。Hop周りの調整とバレルの固定です。Hopは戦民思想さんのCA870用Hopパッキンを組み込むつもりなんですが、その性能を発揮させるためにはプランジャやらなにやらの小細工と調整が必要かと。そのノウハウは無いので一から試行錯誤しなければなりません。(汗
バレルの固定については根元でがっちり固定する必要があるのかどうか迷いが出てきました。ノーマル同様にバレル先端で押さえておけば良いんじゃないかと・・・これも試行錯誤が必要です。

安寧の日は遠い・・・
by namatee_namatee | 2010-03-29 20:26 | survival game | Comments(4)

寒い寒い寒い

c0019089_2101980.jpg

本日は寒かった。真昼の気温3度って。風も強い。
スコープのセッティングをして、ゼロインもしてしまおうと思ったんだがなぁ。風が強すぎて全然ダメ。仕方ないので、嫁さんの実家へ行って工場の中でゼロイン・・・と思ったら仕事していてそんなスペースが無いよ。車の下に潜るピットの中で調整。サバゲでは狭いところに潜ったりするので実戦的で良いかも。w

早々に引き上げる。
あまりに寒いので適当にゼロインして早々に引き上げます。それでもまあ良い感じで当たります。VSR-10は良い銃だ。TR-X CrossFire 3-12×44IRは思っていた通りに使いやすい。フォーカスがきっちり合います。サイドフォーカスって便利だなぁ。でも12xはやり過ぎかな。頭のポジションがかなりシビアになるし、プルプルとした震えが強調されてしまってかえって当たりません。3-9xで十分かも。
で、先日古本屋で買った写真のこれを読む。映画はすでに観てますが、例によって原作と映画では似て非なるものですね。もとより時代が違うし。最後にスカッとするのは原作の方かな。弾の装填された銃の怖さが印象的。映画の方はラストがあっけないというか、イマイチ納得しがたいんですよね・・・
by namatee_namatee | 2010-03-28 21:22 | book | Comments(2)

デカイなおい。(その2)

c0019089_21184023.jpg

本日は仕事でした。よってネタがない。

ので、昨日のつづき。
マウントリングをネットで探しましたが、どうもピッタリくるものがすぐには手に入りそうにない模様。ダメもとで近所のエアガン屋に行きましたらば、古い在庫でちょうど良いのがありました。高さは10mm。これならフードとレシーバーのスキマは我慢できるレベルになります。本当はもうちょっと低くても良いんですけどね。

改めてVSR-10に載せてみると、このスコープでかいな、おい。(汗
サイレンサーを除いたVSRの全長はおよそ950mm。TR-X CrossFire 3-12×44IRは460mm(エクステンションフード装備)。かろうじて全長の半分以下に収まりました。重さもかなりのものなんですが、この状態での重心位置がトリガーガードの50mmぐらい前とわたしとしてはちょうど良い位置にあるので、さほど気にならないで済みそうです。しかし軽量なVSR-10で良かった。これが重さに定評のあるL96だったら4kg超えるもんね。(汗

ちょっとヲタクっぽい?
30mチャレンジ用の銃っぽくステッカーなんか貼ったもんで微妙にヲタク臭が。orz
まあ、愛銃ですから・・・
by namatee_namatee | 2010-03-27 21:31 | survival game | Comments(4)

デカイなおい。(汗

c0019089_214772.jpg

VSR-10のスコープを更新。
写真の通り、TASCO TR-X CrossFire 3-12×44IRでございます。しかしでっかいなこのスコープ。(汗
エクステンションフードをつけると、本体のVSRのほぼ1/2の長さ。奥側に写っている今まで使ってきたSIISのGZA-02 GazerIIに比べると大人と子供。重さもTR-Xは760gもあり、GazerIIは320gですので倍以上。価格も倍以上でしたが。

暫定でした。
SIISのGazerIIは実は中古。VSR-10にスコープが無いと格好がつきませんのでとりあえず暫定で購入したもの。記憶によると近所のハードオフで8400円(マウントリング付)。まあ悪くはないです。3-9倍と使いやすいし、比較的軽量で小型です。サバゲで惜しげ無く使い倒しても気になりません。コスパはとても良いと思います。サイドフォーカスではないこと、イルミネートレティクルではないことが残念な感じかな。あとエレベーションとウィンデージのノブのスケールっていうんですかね、目盛りが固定なことが不満かな。TR-Xの方はゼロインしたあと、目盛りの部分だけ回して0にしておけるので、距離やその時のフィーリングに応じてノブを動かしてしまってもすぐに元に戻せます。分かり辛いけど、スコープを使ったことのある人なら分かってくれるはず。

本気です。
戦民思想さんの射撃会に定期的に参加するようになって、道具立てもちゃんとしてあげようということでスコープのグレードアップを図ろうかと。実銃用のZEISSとかSchmidtBenderのような超高性能・高価格なものはハナから対象外ですので、エアソフトガン向きの適当なものでそれなりにハイグレードなのを物色。で、定番中の定番としてノーベルアームズのSURE HIT 31042IR HIDE7とこのTASCO TR-X  CrossFire 3-12×44IRのどちらにするか迷いましたね。ノーベルアームズは先日、M4(SPR風)にLPD-MK4 CQT IRを買ったばかりなので、今回はTASCOで参ります。本気ですので、3-9xの方ではなくより高倍率の3-12を選択。で、冒頭に戻ってデカさに参る、と。

マウントリング失敗。(汗
SIISのGazerIIはチューブ径1インチでした。マウントリングの高さは10mmで、フードがレシーバーと5mmぐらいのクリアランス。これは限界まで低くマウントされて格好良かった。このTR-X CrossFire 3-12×44IRはチューブ径30mmなので新しいマウントリングが必要です。チューブ径が太くなったのでマウントリングの高さが10mmだと微妙に高さ不足かな、と思って適当に18mmのマウントリングを買っちゃいました。がしかし、これはちょっと高すぎでした。フードとレシーバーのクリアランスが15mmになってしまいました。失敗。あわてて13mmのマウントリングを手配するハメに。

各部の操作感とか使い勝手についてはセッティングが終わってからですかね。
by namatee_namatee | 2010-03-26 21:53 | survival game | Comments(0)

タリスカー美味いよ、タリスカー

c0019089_202545.jpg

無くなったので、次の酒を調達。

やっぱりコレ。
今回は予算の都合でタリスカーの10年でございます。このほどほどに煙臭いのが美味いんですよ。こんなに美味い酒は他に無い。地球が滅亡するから、数ある酒の中からひとつだけ持って行って良いと言われたらコレを選びますね。w
by namatee_namatee | 2010-03-25 20:29 | diary? | Comments(0)

S2S互換?

c0019089_205742100.jpg

あまり見かけないBB弾の図。
ブランドがはっきりしないんですよね。Diamond Ringと小さく書いてありますが、それがブランドなんでしょうか。どうもよくわかりません。

ゲーマーなもんで。
サバゲーマーなので通常使うBB弾はバイオ弾です。射撃会ではバイオ弾でなくてもよいんですが、セッティングを変えるのが面倒なので、基本的にゲームの時と同じBB弾を使ってます。一番手に入りやすいExcelのバイオ弾を使うことが多いんですが、射撃会で精度が欲しいときはSIISの0.25gBB弾を使うようにしています。Excelにくらべると明らかに集弾性が良いですからね。が、これがなかなか売ってないんですよ。特に最近は全然見かけなくなりましたねぇ。

SIISのバイオ弾にそっくり。
で、なんとなく買ったのがコレ。うたい文句がSIISのバイオ弾の袋に書いてあるのに似ていますが、弾の性格?も似ているような。弾の大きさや重さを計測したわけではありませんが、精度はたしかに良いようで、エクセルのバイオ弾に比べると遠距離でのまとまりが良いです。その反面、マガジンによっては詰まりやすいのもそっくり。CA870のマガジンとは相性がよくないし、たぶん電動ハンドガンのマガジンとも合わないでしょう。幸いにしてVSR-10のマガジンでは装弾数が少なくてスプリングが強いのか弾詰まりは起きません。

SIISのバイオ弾が手に入らない場合はコレを使って行こうかと。
by namatee_namatee | 2010-03-24 21:18 | survival game | Comments(0)

僭越ながら

c0019089_20362121.jpg

さっそくネタが切れた。CA870は週末まで手が付けられないしなぁ。

なので僭越ながらガラにも無くスコープのインプレなど。
前にもネタにしましたが、コレはウチの長いM4(SPR風)用に購入したノーベルアームズのスコープで、LPD-MK4 CQT IRといいます。特徴は等倍〜4倍までという低倍率でイルミネートレティクルで、マウント一体型であるということでしょうか。高さや長さはM4専用といっても良いぐらいでマッチングはgood。その代わり重いんですが。
サバゲの実戦においては等倍のダットサイトが素早いサイティングが可能で一番汎用性が高いと思われますが、比較的遠いターゲットを狙い撃つような場合は2~3倍ぐらいの低倍率のダットが欲しくなります。ところが低倍率のダットサイトってあんまりないんですよ。数少ないもののうち、SIISのヤツはこちらでネタにしてますが、とにかくチューブ径が細くておまけに暗い。あとはフロンティア(赤羽のエアガン屋さん)オリジナルのものがある程度。知っている範囲では。
スコープならば低倍率でズームのものがいくつかありまして、その中からイルミネートレティクルでダット的に使えるかなと思ってこれを選んだというわけでございます。
等倍〜4倍と適当な倍率でなかなか使いやすいんですが、欠点もあります。それは低倍率の時に像の歪みが目立つこと。振り回すとぐにゃーんと視野が歪んで酔っぱらいそう。w
イルミネートレティクルでダットの代わりになるかと思ったんですが、レティクルが思ったよりも暗くて明るいところでは目立ちません。まあ普通にレティクルで照準すれば良いんですが、ちょっと期待はずれでしたね。あとパワーダイヤルが重いわりに細くてまわし辛い。視度の調整は効果が分かり辛い・・・
良い点としては、まず電源が単4電池なこと。変な電池だとコンビニで売ってなかったりしますが、単4ならどこでも手に入るし、エネループも使えます。イルミネートレティクルのスイッチは側面にありまして、明確なクリック感があって使いやすい。あとはレールが3面についていて便利なことですか。写真のように2階建てもできます。w

全体として、ウチのM4(SPRもどき)には向いているスコープだと思います。
by namatee_namatee | 2010-03-23 21:37 | survival game | Comments(0)

始まったな

c0019089_2010458.jpg

本日の南東北は風はおさまり太陽も顔をだしてよい天気でした。が、思ったよりも気温は上がらず。微妙にスースーと肌寒い一日でした。・・・ダルくて外に出なかった言い訳ですが。

こんな辺境の地で?
なんだか、コミケやってるらしい。わたくしには関係ありませんが、ウチの嫁さんが出かけて行きましたとさ。コミケにいったらお終いだとわかってますので、どんなに近所でもわたしは行きません。w

例によってエアガンいじり。
先日購入したCA870STOCK Verをやっと試射できました。・・・何この鬼Hop。(汗
一応、可変Hopなんですが、一番Hopを弱めても鬼Hopのまま。おまけに初速が心配なぐらい速い。このじゃじゃ馬め。
そういえば、ずっと昔にはじめてCA870を手に入れた頃を思い出しましたよ。マルイの素直なHopに慣れていたわたくしには堪え難い不安定さで、さっさとあたりめ/くらげに交換してしまったのでしたっけ。今回はこのHopを手懐けるのがテーマですので、イロイロと工夫していこうかと。

写真はレールを付けるための加工をしているところ。レシーバー上部の溝をパテで埋めようとしております。基本的にボルトオンじゃない作業は不得手なのでこういうのはやりたくないんですが、CA870だと仕方ないな、と思えてしまうのはなんでだろう。w
by namatee_namatee | 2010-03-22 20:27 | survival game | Comments(5)