<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

半年ぶり

c0019089_201129.jpg

本日はCL50改のオイル交換を実施。
前回交換したのは8月だったので、半年ぶりでございます。何の役にも立たないこのブログですが、オイル交換のタイミングを調べることは出来ます。w

オイルは前回と同じMOTULの300V(10W-40)。
前回の残りが350ccほどありますからね。新しいボトルを一本買ってまいりました。新しいボトルは700ccほどのこりましたので、次の交換のときはオイルを買う必要はありません。約3700円/Lもする高級オイルなんて原付ごときには勿体ないんですが、幸いにして使用量は少ないので助かります。

で、半年間使ったオイルを抜いてみると。
なんかまだ交換したてのときの粘度と色合いが残ってるんですが。(汗
全体に黒ずんではいますが、プレデターの血液みたいなこのオイル特有の蛍光の黄色も残ってます。走行距離は500kmもないので汚れる暇もないんでしょうね。勿体ないなぁ。もっとも目に見えない劣化は進んでいるはずなので、やはり定期的に交換すべきなんでしょうけれども。

さっそく近所の山の上に試乗しに出かけたのが写真の図。
このオイル、なんとなく他の廉価なオイルとは違うエンジンの回り方をするような・・・気分のせいかも知れないので断言はできませんが、滑らかなだけじゃなく粘るような、微振動が減ってまろやかになるような感じになります。他のオイルでも交換シタテは滑らかで静かになるんですが、それとはちょっと違って湿っぽいというか厚い幕に覆われるような・・・なんとも表現がし辛いんですが、明らかに他のオイルとはエンジンのフィールが変わります。で、それが結構長続きする。今回も交換前でもまだまだ滑らかで粘りのある回転フィールはありましたからね。まあこれなら他のオイルの倍しても良いかな、と納得いくだけの違いは感じられますね。

写真の場所は見てのとおりの海の近くの山の上。
結構長い坂を登らなければなりません。きつくはないんですが長い坂で、CL50改では3速だと失速、2速だと8000rpmで回しっぱなしと、なかなか過酷な条件。ノーマルだったら容赦なく回せるんですが、なんといってもへっぽこなわたくしが改造したエンジンですからね。高回転で回しっぱなしにするのは怖いのなんのって。オイルクーラーとかオイルポンプ強化と性能の割に過剰な冷却性能を与えているのは、腕前の自信の無さの現れでございます。w
写真の公園は頂上から少し下ったところですが、頂上には平坦な芝生のスペースがあり、キャンプするのにちょうど良い(ry
ドコモとNHKの巨大なアンテナがあって風情もへったくれも無いんですが。

というわけで、オイル交換のインターバルを1000kmから2000kmへ延ばそうかと・・・その前に半年経っちまうけどな。
by namatee_namatee | 2010-01-31 20:27 | motorcycle | Comments(2)

ネタが無い

c0019089_20243281.jpg

休日なのにネタが無いってどうよ?

なのでまたエアガンネタ。
2月にまた戦民思想さんの射撃会があるそうなので、なにかネタはないかとサバゲ専用機種のP-90TRとM4-P.M.C.を引っぱりだしてみる。どちらも精密射撃というイメージではありませんなぁ。じゃあ当たらないかというとそうでもない。フルオートで30m先の人なら十分に当てられます。M4-P.M.C.はサイクルも速いので多少集弾が散っても問題無し。大体のところに「N」とか「の」の字とかを描くように撃ち込めば一発ぐらいは当たりますしね。大味であまり感心できるやり方ではないですけど。(汗
P-90TRは妙にサイクルが遅いものの、集弾性能はなかなかのもの。これもサバゲの実戦では使いやすいです。まあ滅多にないことですが、本当に本気で勝ちにいく必要のあるゲームの時ならこの二丁のどちらかを選びます。あるいは両方持っていって使い分けるとか。

この二丁、どちらもグルーピングは同じぐらい。
遠距離精密射撃により向いているのはP-90の方ですかね。それはスコープの取り付けがしやすいから。M-4はフラットトップだとマウントが低すぎて覗き辛いんですよ。そういうわけで、P-90TRに適当なスコープを取り付けて25mほど離れたマトを撃って、遠距離射撃での使い勝手を確認してみる。このスコープ、だいぶ前に買ったものなんですが、アイリリーフがやけに短く、かなり目を近づけないとマトモに狙えなくて使い辛くてねぇ。ずっとお蔵入りしてました。P-90だとマウントが高くて自由度が大きいので、こんなスコープでも使い物になります。

で、撃ってみた感じはというと。
微妙・・・たしかに当たらなくはない。ちゃんと狙ったところ周辺に弾は飛ぶんですが・・・着弾はわずかながらずれる印象。これはボルトアクションのVSRだとあまり感じない現象です。電動とボルトの各部のクリアランスの差なんですかねぇ。スコープで着弾を確認しながら慎重に撃ち込めば30m先のA4用紙にまとめることは出来るかもしれませんが、ブルズアイに当てられるかどうかは運ですかね。
M4-P.M.C.の方はダットでやってみましたが、これも同じような感じ。むしろP-90よりまとまりは良い感じですが、ダットだと着弾点がわからないのでどうにもなりません。キャリングハンドル付けてそこにスコープをのせればなんとかなるかな。

で、P-90のサイクルが遅いのをなんとかしようとHK416からシステマのモーターを強奪。
朝一番で寝ぼけ気味でやったもんだから、HK416の配線のコネクターを折ってしまいました。orz
さらにP-90のFETの配線をうっかり引きちぎるという・・・起きぬけに細かい作業をするのは考えものですなぁ。ハンダ付けやらメカボ開けて配線の引き回しやら、朝一番からひと仕事になりましたが、P-90のサイクルはまともになりました。っていうか、サイクル速過ぎでピスクラや給弾不良が怖い。

というわけで、いつものようにgdgdで終わります。
by namatee_namatee | 2010-01-30 22:07 | survival game | Comments(2)

また(ry

c0019089_218478.jpg

またフィリップス。
先日のエントリーで、このブログを訪れていただいている方々にはフィリップスのヒゲソリの評価が低いことが判明したわけですが。
たしかにブラウンとかパナソニックとか、オーソドックスな左右に内刃が動くタイプは深剃りが効くんですが、いかんせん顔に当たる刃の大きさが小さい。剃り残しを防ぐにはそれなりに神経を使って顔の端から端までなで回さなければならず、それを怠ると剃り残したヒゲが伸びてきて、また悪いことにスライドするタイプの刃では長めのヒゲは思っていたほど剃れないときたもんだ。対して、フィリップスのヒゲソリは瞬発的な深剃りはききませんが、適当に顔を撫でるだけで、もれなく程々にヒゲが剃れるんですよ・・・

で、写真のブツ。
これは鼻毛きり。仕事がらホコリっぽいところにおりますので、鼻毛が伸びるのが早いのでございます。今更見栄えを気にするような奴ではありませんが、人を不快にしては申し訳ありませんからね。ハサミでチョキチョキ切っても良いんですが、もっと手軽に身だしなみを、ということで買ってみました。が、こういうモーターが高速回転するものを鼻に突っ込むというのはそれなりに勇気がいるもんでして、イマイチ使い心地が良くないです。昔からある刃が回転するタイプに比べれば怖くないですが、ちょっと慣れが必要ですね。

と、いつものようにネタが無いのでgdgdで終わります。
by namatee_namatee | 2010-01-29 21:25 | diary? | Comments(2)

このぐらいでちょうどです。

c0019089_20114026.jpg

家電屋の自販機で買ったマックスコーヒー
前にもネタにしましたが、今回のは初見の小さ目の缶だったので再度登場。Wikipediaを読めば分かりますが、これはとても甘い。どのくらい甘いか・・・文字で表すのは難しいんですが、お汁粉とかと同じレベルで甘い。なので、フルサイズの缶(250ml)だと持て余し気味。このくらい(190ml)でちょうど良いです。500mlペットボトルのもあるんですが、シロウトにはお勧めできない。w

このマックスコーヒー、長いこと関東地方の一部でしか販売されてなかったようで。
特に茨城県と千葉県が主要な販売エリアだったそうで、たしかに納豆県で缶コーヒーと言えばコレでしたなぁ。不思議なことに納豆県においては、お隣の落花生県でも売られていたのはあまり知られていないのに、干瓢県や蒟蒻県では売られていないのは広く知られてまして、ついうっかり納豆県のみでしか手に入らないレアものと思い込む傾向が強かったかと。まあ名物と言えばその名の通りの納豆とかなめぱっくんぐらいしか見当たりませんからね。数少ないオリジナリティをアピールしたくなるのもわかります。

現在は全国区になったそうですので、見かけたら是非お買い求めください。w
わたくしの限られた経験からいくと、名古屋県は南東北に比べて甘いものがより甘い傾向が感じられましたので、案外違和感無くいけるんじゃないかと思います。

似たようなアイテムで、もっとマイナーなのがアラビヤン焼そば
これ、納豆県北部在住のわたくしは知りませんでした。嫁さんの実家が鹿行(「ろっこう」と読む)の方でして、そちらにいくとスーパーで普通に売っていまして、見たことも聞いたことも無い怪しいフクロ麺に驚いた・・・とか書いてますが、実はお店で見つけるだけで食べたことありません。w
「不思議な位おいしく出来ます」だそうですので、見かけたら是非(ry
by namatee_namatee | 2010-01-28 20:16 | diary? | Comments(5)

また買っ(ry

c0019089_20593680.jpg

二丁めのVSR-10を購入。
今度はプロスナイパーVerだ!・・・いやいや、そんなに呆れないでくださいまし。これにはいろいろ理由がありまして。ある計画(仮称:プロジェクトM)のために必要なのです。>VSR-10
別にプレミアム限定仕様でなくても良かったんですが、これしか売ってなかった・・・これだから田舎(ry

ウチの初代の方のVSR-10、GSPEC。その性能はどんなもんかというと。
先日の射撃会で試してみたところ、無風の室内で30mのグルーピングはおよそ200mmといったところ。使った弾はサバゲーマーらしくSIISのバイオBB弾(0.25g)でした。これはなにかにレストしたのではなく、わたくしがスタンディングで撃ったもの。従ってわたくしのようなシロウトではなく、そのスジのクロウトが操った場合はもっと良い成績が出る可能性は十分あります。わたくしですらもう少し練習すれば150mmぐらいに収まるグルーピングまで詰められそうだという感触がありましたから。

ちなみに銃そのものは完全に箱出しノーマルでございます。
近所のハードオフで買ってきた中古のスコープ(SIISの安物)を装備しただけ。先日のエントリーにも書きましたとおり、スコープと銃のフィッティングはそれなりに気を使ってますが、ソレ以外はHop調整しかしてません。そのHop、わたくしの好みとしてちょっと弱めにしてます。スコープで弾道をみると明らかに放物線を描いてまして、30m先では9倍にした視野(どのくらいの視野角なのかわかりませんが)の下側まで落ちる感じ。マトの中心より15cmぐらい上を狙って撃ってました。Hopを強くかけるとたしかに弾道は直進するようになりますが、どうも弾が散るような印象があって好きじゃないです。ターゲットに対して弾スジの左右のズレは最小限にしますが、上下に関してはほどほどルーズにセッティングしておいてあとは狙点で調整する、という感じ。そういう加減もHop弱めの方が扱いやすいと感じます。あたりめ/くらげ仕様のウチのCA870も基本的に弱めのHopのかかり具合で距離によって弾の落差は大きめですが、くらげの特性なのか左右にはほとんどブレないです。10mぐらい離れたススキとか楽勝で当てられます。どうもそういう特性がわたくしの好みに合うようですね。

それにしてもこのVSR、買ってきて箱から出しただけのオモチャです。
ライフリングもない単なる筒のバレルとほんの0.25gしかないBB弾、加えて初速は94m/s(0.2gBB弾換算で)程度。そんなんで30m先で200mmに集弾するというのは、なかなか大したもんだと思いますね。マルイの製造技術、恐るべしということでしょうか。
by namatee_namatee | 2010-01-27 21:37 | survival game | Comments(2)

ネタが無いのでネタを借りる


というわけで、ネタがないんですよ。
比較的忙しいというのもありますけど・・・仕方ないので動画を借りてきました。

先日の戦民思想さんの射撃会における3rdステージのプレート射撃の模様。
撃っているのはわたくしでございます。今回の競技の中ではこれが一番苦労しました。動画は電動のCQB-Rのものなので、比較的スピーディに撃ってますが、VSRを使ったときはひどかった。近距離ではスコープのピントが合わないし、遠距離の的は一発外すとリカバリーに時間がかかるし。

いやしかし、次世代M4の動作音が格好良い。
ムービーだと高音が強調されてメカノイズが大きく聞こえますが、実際には比較的低い音の発射音もしてまして、リコイルも相まって(あるかなしですが)撃っている充実感が大きいです。近距離狙撃とプレート射撃は電動ガンが有利でして、このCQB-Rぐらいの集弾性能なら30mチャレンジも頑張ればなんとかなりそうな・・・だってハンドガンで10発中5発当てる人が居るんですから。いやまあ、わたくしがもう少し腕を磨く必要があるのは認めます。

ちなみに遠距離の的でわたくしが外しまくるのはこちら
石膏で出来ているので当たると粉々になって気分爽快。ウチには貰った試供品がありましたが、あっという間に全部消費してしまいました。自宅や近所でエアガンを撃てる環境の人にはなかなか有用なアイテムかと。今度は製品版を購入しようと思います。
by namatee_namatee | 2010-01-26 19:31 | survival game | Comments(0)

ムダに高い

c0019089_20573095.jpg

ネタがない。
本日は仕事で納豆県の県庁へ行ってまいりました。これがね、ムダに高い建物で。25階建てだそうな。都会ならなんてことない高さのビルですが、なんていったって南東北、見渡す限り他に高い建物がない。正確には近所には某H製作所のエレベーター試験塔だかなんだか、つい最近出来たのがあって、それはエレベーター試験塔としては世界で一番高いのだそうで、まあそっちの方が40mほど高いらしいんですが、一般人が普通に登るわけにはいきませんし。ちなみにエレベーターの試験塔はもっと古いのもあります。それはあんまり高くない。が、飛び降りれば十分死ねる高さです。で、飛び降り自殺した人が何人かいたという話を前の会社(H製作所の下請)にいたころに聞いたような聞かなかったような。

それはそれとして、納豆県の県庁。
11階から上は中央部が吹き抜けになってます。下から見上げた図は二枚目の写真。これ、勿体ない気がして仕方ない。この空間を埋めて高さを減らせば良いのにねぇ。5階分ぐらい減らせるかもしれないのに。っていうか、土地がいくらでもあるんだから横に広げろっつーの。高層用と低層用にエレベーターが分かれてまして、イチイチ自分に行く階にとまるのはどっちのエレベーターなのか確認しなければなりません。面倒です。
それなりにデザインされた空間であるのはわかりますが、一歩オフィスに入ってみると役所特有の書類が積みあがった机とデザインもへったくれもない雑然とはられたポスターや注意書き・・・所詮中に居るのは(ry

写真は25階の展望フロアの様子。前述のとおり、他に高い建物がありませんので景観はなかなかのもの。平日なので人がほとんど居ないのも暇つぶしにはよろしいですな。
by namatee_namatee | 2010-01-25 21:21 | diary? | Comments(0)

元の木阿弥

c0019089_18282394.jpg

というわけで、D-BOY製HK416のトラブル解消計画。
トラブルというのは、セレクターがセミのポジションでもフルオートになってしまう&SAFEでもトリガーを強く引くと発射できること。(汗

スイッチがイマイチスムーズな動きでないのは分かってましたので、ノーマルのスイッチを手配したのはすでに書きました。それ以外に考えられるのが、セレクタープレートとフレーム側のセレクターの相性の悪さ。
どういうことかというと、M4/M16系の電動ガンはメカボックスの左側面にあるセレクタープレートを前後に動かすことによって、セミ/フルの切り替えとセフティのON/OFFを行っているんですが、そのセレクタープレートを前後に動かすのはセレクターの裏側にある円盤状の部品でして、それはフレームの付属品となります。どうもそこら辺がメカボックス側のセレクタープレートの動作範囲とずれているんじゃないかと疑っているわけです。

とりあえず、メカボックスを分解・・・ネジを一本なめちゃいました。六角のネジなんですが、微妙に穴のサイズが甘いみたいで、前回組んだときにネジロックを塗っておいたのが災いして、トルクに耐えきれなかった模様。
仕方ないのでドリルでもんでそのネジを取ろうと思ったら、メカボのネジ穴が広がってしまうという。w
このメカボ、もう使えないじゃん。せっかくの強化メカボックス(システマ)なのになぁ。
仕方ないのでノーマルのメカボに中身を移植することに。余計な手間だ。おまけにスイッチはメカボ備え付けのノーマルなので、わざわざ手配したのがムダになったし。

フレームへの移植は手慣れたものなのでサクっと終了しました。
前回の組立時に適当に切り飛ばしていたバレルの切り口をリーマーとリューターで出来るだけキレイに仕上げたり、バレルのブレ取り用に例によってアルミテープを巻いたりと小技を効かす。

で、組み上がったのがこの図でございます。
さっそく試射してみます・・・相変わらずセミのポジションでもフルオートです。orz
しかしながら、SAFEではトリガーは引けなくなりました。わずかながら計画は前進しております。w

性能はどんな感じかといいますと。
初速はExcel0.25BB弾で84m/s、サイクルはマルイ純正8.4VのNi-MHミニバッテリー(充電してから2週間ぐらい経過)で15発/秒といったところ。サイクルは充電したてのバッテリーにすればもっと向上するでしょう。性能的には絶妙に使いやすいんですが、いかんせんフルオート専用というのがねぇ。集弾性能については、例によってやる気をなくしてからの試射で真剣に調べてませんが、スタンダード電動ガンとしてまあ納得のいくものではないかと思われ。
ちなみにアッパーレシーバー&バレル周りのスペックはどうなもんかというと、ライラクスのパーフェクトメタルチャンバーにマルイ純正Hopパッキン+TNバレルを212mmに切ったものをHK416純正のフローティングアウターバレルと組み合わせております。

オリジナルのメタフレよりも仕上げはずいぶんマシでして、見た目はなかなか格好良いんですが・・・フルオート専用は微妙。w
by namatee_namatee | 2010-01-24 20:17 | survival game | Comments(0)

17年

c0019089_20441836.jpg

酒の在庫が無くなってきたので次の酒を購入。
アブサンはまだ残っているけどね。
久しぶりに竹鶴でございます。いつもは12年なんですが、今回はちょっとグレードアップして17年で。およそ5,000円弱。いやしかし12年よりずっとおとなしいというか、マイルドな印象。下手すると飲みごたえが無いと言われそうな・・・でも、じっくり味わうと旨味が感じられるので、これはこれで良いと思います。すごく甘くて飲みやすいので、調子に乗ってガバガバ飲んで後でひどい目にあうタイプと見た。w

ウイスキーって年数がかさむほど美味しくなるのは確かなんですが、それが好みに合うかというとまた微妙なわけでして、年数と同時に金額もうなぎのぼりに嵩みますからね。シングルモルトで18年とか25年とかになると、ぜんぜん知らない奴をちょっと試しに・・・というにはリスクがありすぎですから、その点、比較的手に入れやすい価格のブレンデッドはありがたい存在です。
by namatee_namatee | 2010-01-23 21:14 | diary? | Comments(2)

これだから田舎は!

c0019089_2142825.jpg

さて件のHK416、イマイチ不調のシステマ製スイッチのかわりにマルイ純正で試してみようと思いまして。

いやそれが手近なエアガン屋数件を回ってみたんですがどこにも無い。orz
電動ガンのスイッチって消耗品とも聞くけどなぁ。修理依頼があったらそれから手配するんですかね。仕方が無いので八王子の方のショップで通販。800円也。幸いにして送料込みで助かりました。

もう少し都会の方に住んでいれば、ここまで苦労はしないんでしょうけどね。田舎でもさすがにギアやピストンは純正パーツが普通に売っているし、バレルやシリンダーヘッドなどサードパーティ製のパーツも無くはないんですが、ちょっとややこしくなると途端に手に入り辛くなります・・・南東北では使うかどうかは別にして、Hopパッキンなどの小物はまとめて手配しておいた方が良いのかもしれません。

さて、週末はこのスイッチを組み込んでちゃんとセミ/フルの切り替えが出来るかどうかを試してみます。ああ、またケーブルをハンダ付けしなきゃ。ううむ、気が重い。
by namatee_namatee | 2010-01-22 21:18 | survival game | Comments(2)