<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

始まります

c0019089_199048.jpg

さて、年越し夜戦が始まりますよ?

1/1追記:
「12/31 年越夜戦@SPLASH」でございました。毎年恒例・・・恒例にしないって最初のときに言ってたような。幹事さま、参加のみなさま、お疲れさまでございました。
いやしかし、これがまた寒かったんですよ。千葉だってのに。詳細は本日のエントリーで。
by namatee_namatee | 2009-12-31 19:09 | survival game | Comments(0)

今年もやってまいりました。

毎年恒例、T2Cの年越し夜戦がいよいよ明日。
大晦日〜元日なんて、どうせ徹夜でTVでも見るか、人ごみにまぎれて初詣にいくか、あるいはなにもせず普通に寝ちまうか、そのくらいしかやることが無いんですから、サバゲやっていた方がずっと有意義な時間の使い方です。>断言
身を潜めたブッシュで震えながら迎える新年ってのも良いものです。ええ本当に。w

c0019089_1959253.jpg

これは年越し夜戦に備えて買い込んで来た弾薬。G&G製のバイオBB弾でございます。0.2gが5,000発で3,000円ぐらい。0.6円/発ですか。いつも使っているExcelのバイオBB弾が1,700発で840円とかですので、およそ0.5円/発。5,000発まとめ買いの割には安くないなぁ。(汗

南東北の田舎ではバイオBB弾を調達するのにもひと苦労。全く手に入らないということはないんですが、あまり選択の余地はありませんでした。一番手に入りやすいのはマルイ純正の生分解0.2gでExcelの0.2gと0.25gがほぼ同等かな。マルイ純正は白しかありませんが、Excelは白・黒・オリーブ・茶とありまして、ちょっと前までは白ばっかりだったのが、最近はオリーブか茶色しか手に入らなくなりました。
Hop調整がし辛いんです。>オリーブとか茶色
実戦(サバゲの)では目立たない弾色の方が好きなんですが、Hop調整やゼロインをするときには弾道が見えた方が便利でして、そういうときには出来れば白い色の弾を使いたいところ。

その次に見かけるのがSIISのバイオBB弾。これはいつも手に入るとは限りません。精度が良いとの評判ですし、実際に使ってみてもたしかにグルーピングは良くなります。Hopのかかりも良いようで、加えて弾の直径も大きめなせいか、初速があがる傾向があります。良いこと尽くめのようですが、マガジンにつまりやすいという重大な欠点がありましてね。マガジンの弾の経路をきれいに掃除しておかないとテキメンにつまります。

サバゲーマーですので、精密射撃よりは肝心なときに確実に弾が出る方がありがたい。たしかにExcelのBB弾はSIISのものに比べるとイマイチまとまりの悪い集弾なんですが、それでも0.25g・フルオート・30mでA3の紙に収まるぐらいの精度はあります(もちろん銃による)。これをA4に当てろといわれるとちょっと苦しくなるんですが・・・まあ狙うのは人のシルエットですからね。A3用紙ぐらいにまとまればなんとかなります。

そんな南東北のバイオBB弾の入手状況において、このように新規のアイテムが手に入るというのは珍しいこと。(汗
このG&G製バイオBB弾、噂では精度もまずまずとのことですので、ちょっと期待してみようかなと。しかしながら0.2gBB弾はあまり使い道が無かったりします。ウチでは電動やエアコキの長モノは0.25gでHop調整・ゼロインをしてあるし、最近はガスブロも0.25gを使うことが多くなりました。0.2gBB弾を使うのはコンパクト電動ガンのスコーピオンとショットガンだけ。どちらも精度が第一というキャラクターじゃないしなぁ。5,000発撃ちきるのはいつのことになるやら。
by namatee_namatee | 2009-12-30 20:35 | survival game | Comments(0)

一夜明けて

c0019089_20234649.jpg

幕営の一夜が明けて、下界に下ります。

房総の山々は高さは無いけど、暖かい地方らしく植生も柔らかな様子でよろしいですなぁ。南東北は杉とか檜ばっかりなんですが、房総半島では広葉樹が目につきました。

写真は帰り際に様子を覗きにいった「鵜原理想郷」。浸食された岩が不思議な感じ。このギザギザの岩、まるで飛行機の尾翼のように薄いんです。これはなかなかの見物でした。

機会があったらまた行きたいな、っと。>南房総
by namatee_namatee | 2009-12-29 20:31 | outdoor | Comments(0)

久々だ

c0019089_1535081.jpg

本日は久々にお外で宴会

追記:
チームメイトのラード氏と南房総の某所で幕営&宴会とシャレこみました。さすが房総、気温はあんまり下がらない。その代わり風が強め。例によって焚き火を囲んで、ああでもないこうでもない、バカじゃねーの、あんたこそ、と、知らない人が聞いたら誹謗中傷の応酬としか表現のしようの無い会話をしながら、それでも厚着をして頑張ったんですが、10時頃に風の強さに耐えかねてテントに入りました。いやしかし地鳴りのような風音を聞きながら眠るというのもなかなかオツなものですなぁ。

前述の通り、風が遮られてしまうと意外と暖かでしたね。シュラフ(イスカ・ポカラ。-6度対応。)に入った直後こそ、体が冷えきっていて寒かったんですが、ある程度落ち着いてしまうと全く寒さは感じませんでした。まあ下はタイツ+ダウンのパンツ、上は長袖Tシャツ+フリース+ダウンインナーでしたけどね。

というわけで、お疲れさまでした。またよろしくお願いします。>ラードさま
by namatee_namatee | 2009-12-28 15:03 | outdoor | Comments(2)

また中華(ry

c0019089_17575854.jpg

というわけで適当なダットを購入。例によってまた中華のパチホロでございます。色は見ての通り銃に合わせてTANということで。

この類はほぼ一年ぐらい前に551のパチものを購入したんですが、これが半年ぐらいで壊れましてね。パチとはいえ、普通のダットとは違ってなんていうんですかレティクルのようなものがサイトの中に現れるんですよ。コレが単なる赤い点だけのダットとは違って意外と狙いやすい。実戦(サバゲの)の交戦では左右はとにかく、射程によってちょっと上を狙ったりしなければならない場合がありまして、その時に円形のレティクル?は適当な目安にしやすいです。フルオートで撃ち込むサバゲでは通常は厳密な照準は必要ないので、適当に狙えるパチホロは使いやすい。というわけで、またしてもパチホロに手を出すことに。

相変わらず品質的には感心しませんねぇ。新品なのにあちこち塗装が剥げているし、CQB-Rの慣しをかねて500発ほど撃ってみたら、ガードの左側ネジが抜け落ちて紛失。件の壊れた551のパチものからネジを移植しようと思ったんですが、どうもネジ穴が合わない。見た目はM3ぐらいなんですが、なんかユルユルで締め込むことが出来ません。残っている右側のネジを外して合わせてみてもユルユル。ということは、ネジ穴が本来の規格ではないということで、いやしかしこんな単純な部分でソレはひどすぎやしないかと。w

ウィンデージやエレベーションのノブ?ネジ?に節度が無いのも困りモノ。クリック感がなくて、いくらでも回せる感じ。それでも何となく狙ったところに当たるように調整できるのは例のレティクル風のダットのおかげかも。

1000発近く撃ち込んでみましたが、CQB-Rそのものの射撃性能には満足してます。Hopの調整はしやすく、弾道は真っすぐ素直。初速はごく普通ですが、コレで十分と思わせるのはさすがマルイです。
by namatee_namatee | 2009-12-27 18:51 | survival game | Comments(0)

またM4(ry

c0019089_1361341.jpg

自分で買った自分用のクリスマスプレゼント。(汗

東京マルイ製・次世代電動ガンのCQB-R。早い話が次世代電動M4のバリエーションですな。バレルがM4カービン及びSOPMOD M4の14.5inから10.5inへ短くなっております。実銃ではM4のレシーバーだけ交換してこの仕様にするらしいですから、トイガンでもそういうキットを出せば良いのにねぇ。レシーバーだけ買い替えれば良いのなら経済的ですし。それでもってSPRとか出たらすぐ買います。間違いなく即買。w

あー手前の砂色のです。念のため。
フォアグリップは付属のオリジナルですが、レイルのカバーはノンオリジナル。上側のM4A1 SOCOM CARBINE(長いな)をレプリカのRASからマグプルのハンドガードに戻したため、余ったレイルカバーを移植。なんかもう純正のように似合いますなぁ。

コレ、バッテリーが特殊でして。SOPMOD M4と共通なんですが、ストックに差し込むように内蔵される「コの字」型のNi-MHバッテリーです。当然、社外品などあるわけもなく(全くないワケではないけど、かなり特殊)純正品を使わなければなりません。このシリーズで一番最初に出たSOPMOD M4を買わずに、ほぼ半年待って普通のミニバッテリーが使える次世代M4A1 CARBINEにしたのは、この海のものとも山のものとも知れないバッテリーに信頼がおけなかったから・・・といえば聞こえは良いですが、ただ単にバッテリーまで含めて銃を一丁新調する予算が無かったとも。

さすがに発売から一年経ちまして、評価も定まってまいりましたので思い切って導入ということに。ミニバッテリーにこだわって、ほんのちょっと前に発売になった次世代G36Kにするという手もあったんですが、10月にG36Cを買ったばかりでして。

さっそく充電して使おうと思いましたらば、200mAhぐらいしか入らない。どうもいわゆるセルが寝ている状態になっているようで、何回か充電・放電を繰り返してやっと900mAhぐらいまで充電できました。使っていくうちに普通に充電できるようになると思いますが、バッテリーが一本だけしか無いのでは不安がありますね。

といったわけで、昨夜届いたものの、バッテリーの充電が終わって撃てるようになったのは先ほどというアリサマ。まあM4は使い慣れているので、撃ってみても特にどうということもないのは確かですけどね・・・いつものように弾はまっすぐ普通に飛んで、狙ったところにあたります。バレルが短い分、初速は下がっている可能性がありますが・・・初速は0.25gBB弾で76-78m/s、サイクルは12-13発/秒とM4A1 CARBINEに比べて特に変化はないようです。噂では同じバッテリーを使うSOPMOD M4は特殊なバッテリーとその給電システムのせいでサイクルが遅くてたまらん、という話でしたがそんなことないですねぇ。バッテリーが消耗してくると差が出るんでしょうか。次世代電動ガンの売り、疑似リコイルはどうかというと、M4A1 CARBINEよりわずかに力強い印象。ただ個体差かもしれず、こればっかりは数値化できないので、CQB-Rの方がリコイルがあるとは言い切れません。

重さについて。この二丁、どうみても奥側のM4A1 CARBINEのほうが長くて重そうですが、 実際は逆です。ちょうど良いハカリが無いので未計量ですが、手に持っただけでCQB-Rの方が重いのが分かります。RASが重いんでしょうかね。銃全体のバランスもM4A1 CARBINEはやや前よりに重く、フォアグリップよりも写真のようなハンドガードを手のひらでしたから支えた方が楽なのに対して、CQB-Rは後ろよりに重心が偏っている感じで、フォアグリップを握った方が安定します。コレもダットの有無とかで変わってくる可能性があるので(ry

とりあえず、適当なダットを手配しなければ・・・
by namatee_namatee | 2009-12-26 14:55 | survival game | Comments(0)

大騒ぎ

c0019089_21341683.jpg

あー、ケビンさまのブログのパクリじゃないです。(汗

本日は我が社の仕事納めでした。正確には明日も営業してますが、土曜日は半分しか出勤しないため、全員がそろって仕事をするのは今年は本日が最後。
例年、仕事納めの日には年越しそばを食べることになっておりまして、これが結構大変なイベントなんでございます。生蕎麦を買って来て、そいつを茹でて、冷水でしめて・・・と、簡単に言いますが、社員全員の分ですからね。この日のためにでっかい寸胴がありまして、それをこれまたでっかいガスコンロに乗せて蕎麦を茹でます。蕎麦屋のように設備の整ったところならなんてことないんでしょうが、社内の台所は狭いし鍋類も大きさが揃ってなかったりして使い辛い。毎年毎年大騒ぎなんですよ。大体10時頃から始めないとお昼に間に合いません。

毎年、この蕎麦屋さんなんですが、この蕎麦はなかなかいけます。麺がちょっと太めでモッチリしている。南東北にしては薄味で、その分蕎麦の味が良くわかってうまかったです。オカワリして二杯も食べてしまいました。w
by namatee_namatee | 2009-12-25 21:55 | diary? | Comments(2)

趣味じゃないんだけど・・・

c0019089_20272236.jpg

ネタ切れが続きます。クリスマス・イヴだというのにプレゼントも無い・・・自分で自分に用意したプレゼントは明日届くそうな。発送予告メールが来てました。っていうか、エアガン買っただけだし。w

ちなみに、南東北の我が家ではクリスマスのプレゼントは12/25の夜〜12/26の朝にかけて手渡されるのが古よりのシキタリでした。世間一般ではそれが12/24だというのを知ったのは、モノゴコロついてだいぶ後のこと。なぜ12/24じゃなかったのか、一体どういうわけだったのか、今でも腑に落ちません。

ちょっとコンビニのトイレを借りまして、ついでにHotコーヒーでも買っていこうと思って目についたのがコレ。ジョージアのヨーロピアンとかいう缶コーヒーのオマケでございます。フィギュアとかこういった類は趣味ではないんですが、ランボルギーニでは仕方ない。なんていったって、中学1年生のころに「サーキットの狼」をリアルタイムで読んでいたクチですからね。ウラッコとか、その単語自体を久しぶりに聞いた&見ましたよ。まあ趣味ではないので、全部集めるとかそういうことはしません。悩んだ末に選んだのは写真の通り、ミウラSVでございます。個人的にはカウンタックよりミウラが好き。今は。昔はカウンタック命でしたけどね。w

ふとミウラSVのスペックを調べてみたら、およそ4LのV12で385ps/7850rpm、車重は1245kg・・・本当か?本当に12気筒とはいえ4Lエンジンで7850回転も回せたのか?フェラーリとかポルシェならとにかく、ランボルギーニだし・・・まあ本当だとして、4LのV12エンジンが背後数十cmのところで7850rpmで回っているところを想像すると・・・たまりませんなぁ。さすがスーパーカーと言わざるを得ない。

このシリーズには他にカウンタックLP500Sとかシルエットとかがあります。残念なことにわたしの最も好きなランボ、エスパーダはありません。本当はエスパーダの元になったマルツァルが一番好きなんですが、あれは市販車ではない。エスパーダは一度だけ実物を見たことがある・・・かな。路上を走り去るのを見たことがあるような気がするんですが、もう記憶が定かではなくて、本当にエスパーダだったのかどうか。もしかしたらビッターCDだったのかも知れないし、モンテベルディだった可能性も。まあどれも同じぐらいレアでマイナーな車ではありますね。

少年の頃はいつかはスーパーカー、せめてポルシェ911ぐらいには乗れるようになろうとか思っていたんですが。何の因果か三菱ジープ(しかも直噴ディーゼル)乗りになってしまいましたとさ。
by namatee_namatee | 2009-12-24 21:09 | car | Comments(7)

使い辛いことこの上無し

c0019089_18191384.jpg

本日は天気がよくて暖かでした。南東北というだけあって、冬はそれなりに寒いのであります。昨日とか一昨日とか、毎朝通る橋の側の温度計は-7度とかでしたからね。さすがにこのくらいの気温になると、寒い感じはします。
しかし、これだけ寒くても雪はほとんどふらないって、どこまでも半端で腰抜けな地方であるな、と。w
前の会社で新潟県担当だったこともあり、雪国の大変さは理解してなくもないんですが、あの冬の辛さがあってこそ(寒さだけではなく、除雪とか本当に大変なんですよ。)、暖かい季節の喜びがより貴重に感じられるのではないかなぁ、なんて思います。気候の厳しさは食い物とか酒とか、美味いものを作り出す要素の一つなんじゃないかとも思います。それに比べて、ただちょっと寒いだけであとはメリハリも無くのんべんだらりと、どこまでヘタレかと。>南東北

それはそれとしてお休みだったわけですが、特にイベントがありません。(汗
XR1200を放って置くとバッテリーが上がりそうなので、近所を走ってみる。山の方に行くと凍結してたりして愉快とは言いがたいので、町中に繰り出してみました。すぐに後悔しましたが。師走のせいか、車が多い。でもって、壊れてんのかというぐらいに遅いわけですよ。>車ども
車が多いとはいえ特に混んでいるわけでもないのに35km/hぐらいで延々と走る奴とか。XR1200は妙にギア比が高いのでそのくらいの速度域が一番つらい。2ndでは2000rpmを割ってしまうし、ローではぎくしゃくする。ずっと呪いの言葉を唱えながら後ろを走りましたよ。そこまで遅くなくても、車の加速力の無さは異常。イライラすること火の如し。バッテリーの電気とともに、ストレスも溜まってしまいました。(汗

写真はXR1200の右側のスイッチ類。
見ての通り縦長で2つ並んでいる右側がキルスイッチ。なぜかディーラーではこのスイッチをoffにしておくことが多く、試乗のときにエンジンがかからなくて焦ったりします。そういえばマニュアルにもエンジンをとめる時はキルスイッチでと書いてあったかも。
キルスイッチの左はセルのボタン。これの下側をおすとキュッドドンといった感じでエンジンがかかります。本当にクランク半回転ぐらいで始動する。インジェクション万歳。
その下の横長で右向きの→のが右のウインカー。H-Dはウインカースイッチが左右に二個あるのです。左にも←のマークのついた同じようなボタンがあって、左に曲がる時はそれを押すといった具合。
これがすこぶる使い辛い。左は問題ないですよ。右のウインカーが出し辛いことこの上ない。親指で押すんですが、ストットルを加減しながら押すのはなかなか難しいもんです。加えて以前にも書きましたが、そのスロットルが羽のように軽い上に低速トルクが豊富ときたもんだ。ウインカー出すのに気を取られて、スロットル操作を雑にすると、飛び出しかねないんです。おっかねぇ。

ちなみにウインカーを消すにはどうするのかというと、実は勝手に切れるんです。車と同じようにオートキャンセラーがついている。これが結構よくできてまして、交差点を曲がるような場合ではまず誤作動はしません。もっともちゃんと消えたかどうか、インジケーターで確認する性分なので、それなら自分で消した方がマシともいえますけど。車線変更のようにゆるやかなハンドルの切れ方の場合はオートキャンセラーが効きませんので、出した方のスイッチをもう一回押すとウインカーは消えるようになってます。さらに両方のスイッチを同時に押すとハザードになるという芸の細かさ。w

と、ネタ切れのウメグサらしくgd(ry
by namatee_namatee | 2009-12-23 18:55 | motorcycle | Comments(2)

引き続き・・・

c0019089_21121322.jpg

・・・ジープネタ。ネタがないんですよ?
ホイールを換えてリアのスペアタイヤだけノーマルではみっともないので、タイヤカバーを装着。本当は5本、ホイールとタイヤを揃えれば良いんですが、なんといっても中古ホイールですし、予算の都合もありまして。

タイヤカバーはイロイロありますが、最も手に入れやすいJAOSのもの。一時期ハヤリましたねぇ、これ。ランクルからジムニーまで、スペアタイヤを背負ったSUVやCCVには必ずと言って良いほどの装着率でした。最近はこれ見よがしにスペアタイヤを装備するSUV自体が少なくなってきましたし、仮にそういう車でも純正の立派なカバーがついている方が多い。これをつけているのは古めのランクル(80とか)やジープぐらいしか見かけなくなってしまいました。田舎なのでそういった古いCCVが生き残っているというのもありますけど。

例によって通販で購入。もっと太いサイズのものは近所のタイヤ屋さんの店頭にあったんですが、215-15サイズのは見当たりませんでした。これだから田舎(ry
価格はおよそ4,000円。昔はもっとしたような気がするんですが・・・安いのには文句ありません。

ジープの投資は一段落といったところでしょうか。オーバードライブとかノンスリップデフとかも欲しいんですが、そんな予算はとてもとても。(汗
by namatee_namatee | 2009-12-22 21:32 | car | Comments(0)