<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

超絶高性能

c0019089_20104662.jpg

ネタが無い・・・のでいつものようにエアガンネタを蒸し返しますよ?

先日、ヤマダのポイントで手に入れたマグロG17カスタム・フォリッジグリーン、やっと外で撃つことが出来ました。いやそれが、あまりの高性能ぶりに驚いたのなんのって。まず、箱出しでHopが適正になっている。0.25gBB弾で調整されているんでしょうか、手元に0.2gBB弾がなかったので電動フルサイズで使っているExcelの0.25gバイオBB弾で試射してみましたが、ちょうどよいHopのかかり具合でした。
でもって、すごく良く当たる。20mほど離れた350mlの空き缶を狙って撃つといきなり初弾から当たる。箱出しでHopも弄らず、適当に狙って撃っただけで。これは驚きです。同じマルイの電動ハンドガンも安っぽい構造と見た目とは裏腹にすごく良く当たるんですが、このグロックはそれと遜色がない。ガスブロのくせに。(汗
またブローバックの動作も10度そこそこしか無い気温の割にはちゃんとしていて、バースト気味に撃つと最後はちゃんとスライドストップがかかりました。これも驚き。
サムレストとマグウェルのおかげで安定してしっかりと銃を握り込めるのが高い精度の理由のひとつかと思います。これなら森の中のようなフィールドではメインとしてもいけるかも。正面切って電動と撃ち合うのは無理ですが、機動性を生かして素早く動けば(動ければ)相当良い仕事できそうです。

後ろに写っているデザートウォーリア4.3もG17に負けず劣らずの高性能。こちらはシングルスタックの1911らしく握り易い&アンビセフティがサムレストとしてちょうど良い、ということでやはり銃をグリップしやすいおかげで良く当たるんじゃないかと。集弾性能はグロックとほぼ互角。20m先の350ml缶にカンカンカーンと連続して当てることが出来ます。細いマガジンのせいか、やや冷えに弱い感があって、連射するとスライドストップはかかりません。まあこの時期に平気でうごくグロックが変なんでしょう。
でも、リコイルはこちらの方が重くて強い。バシッという感じで親指と人差し指の間あたりに鋭い反動を感じます。さすが定評あるハイキャパがベースなだけのことはある。グロックだとちょっと軽い感じで、もしかしてこの違いはグリップが太いせいかも。これがWAのV12ローデッドターゲットになるとバシッどころではなく手首全体にドカっと反動がくるんですが、いかんせんあれは当たりません。w

といった具合にどちらも超絶高性能なのであります。恐るべし。>最近のマルイ・ガスブロ

この二丁、どうしてもどちらか選べと言われたら・・・デザートウォーリアですかねぇ。グロックは見た目に無愛想で。その点、1911系は古典的な美しさがありますな。

というわけで本日はエアガンヲタの独白をお送りしました。w
by namatee_namatee | 2009-11-30 20:42 | survival game | Comments(2)

違和感ありあり

c0019089_17514440.jpg

本日も特に用事がないので、家で本でも読もうと思いまして・・・実際に読み始めたんですが、これがなかなか手強く集中力が続きませんで。(汗
仕方ないので読書は中止して、昨日交換したジープのダンパーの様子を見に往復180kmばかり走ってみました。

今までの経験から行くとダンパーというかサスペンションって慣しがいるんですよね。モーターサイクルのリアサスなんかで顕著。おろしたての時はとにかく動きがぎこちなくて、二人乗りや荷物を積んで走るとだんだんスムーズになってきます。今まで乗ったどの二輪車でもそうでした。冗談みたいに固いXR1200ですら、キャンプ&ツーリングで大荷物を積んで走ったらそれなりにストローク感が良くなりましたからね。

そういったわけで、用もないのに車に乗るのを正当化して出かけます。
で、見つけたのがこの様子。川の真ん中に橋が・・・分かり辛いかもしれませんが、漁船の向こう側には川があります。左が上流で右が河口。つまりこの橋の位置は川と平行。橋ってのは川と直角にあるのが普通のはず。どういうわけかと申しますと、橋の架け替えをしてまして、解体した古い橋を台船に乗せて移動してあるんですね。もっと離れた町中からも通りを隔てた建物の間にこの赤い構造物が見るというあり得ない光景。

この橋は銚子大橋と言いまして、1962年に出来たんだそうで、銚子市に住んでいれば長いこと慣れ親しんだモノですから、それがこんな変なところに見えるというのは住民の方々には相当な違和感ではないかと。わたくしも銚子市には5年ほど住んだことがありますので、あの橋が解体されるというのはそれなりに感慨深いものがあります。

さて、ランチョRS9000XLの具合はどうかというと。
基本的には昨日の印象とかわりません。スムーズな路面では同じ乗り物だとは思えないほどフラットな乗り心地。こまかい段差というか凸凹の連続するところ(轍があるような)では、本来のバネ下重量の大きさとか、スプリングの硬さとか、ダンパーの性能以外のところで、跳ねるような乗り心地は以前と変わりありませんが、それでも確実に動揺は押さえられてます。連続して運転しても腰にかかる負担が少ないのを実感しました。コーナーリングスピードと直進安定性もかなり向上。狭い道で左側ギリギリに寄せるときでも以前に比べたら真っすぐ走るので安全。w

というわけで、約5万円の投資はムダでなかったと・・・日記には書いておこう。古いな、おい。
by namatee_namatee | 2009-11-29 18:39 | diary? | Comments(0)

ランチョ

c0019089_207572.jpg

なんの写真かと言いますと、ウチのジープのリアサスペンションの図。
リーフスプリングとダンパーが写ってます。今回のお題はダンパーについて。

今まではノーマルのダンパーを使ってまいりました。幌以外は基本的にノーマルなので当然と言えば当然。しかしながら約57,000km/20年を経て、さすがにダンパーもヘタって来ているようでして、実に乗り心地が悪いのでございます。もとより、三菱ジープのサスペンションは前後ともリーフリジッドといわれる、路上を走る車のサスとしては最も原始的な構造のシロモノ。現代の路上を走る乗り物としては最悪の乗り心地を誇ります。路面のギャップを見つけたらすかさず身構えないと、強烈な突き上げで腰を痛めますからね。短いホイールベースと相対的に広いトレッドのおかげで直進安定性も芳しくありません。わたしは吸いませんが、タバコに火をつけようとよそ見していたらいつの間にか対向車線を走っていたなんてのは良く聞く話です。w

近代的な車は最低でも前側のサスについては左右が独立してストロークする、いわゆる独立懸架方式(ダブルウイッシュボーンとかストラットとか。)なんですが、オフロードの走破性能と耐久性を重視したCCV(クロスカントリービークル)では、究極の耐久性と動的なサスペンションストロークを得るためにあえて路面追従性に劣るリジッドサスを採用することがある・・・と、CCV誌かなにかで読みました。
米国のJEEPや英国のランドローバーなど、オフロードを走る車としての矜持を持つブランドでは、一見豪華なSUVに見えても(例えばかつてのグランドチェロキーやレンジローバーとか。今は違いますけど。)安直にダブルウイッシュボーンなどにせず、リジッドアクスルだったものです。まあそうは言ってもさすがにリーフではなくコイルで吊っていましたけどね。

コイルのリジッドアクスルの場合、前後左右の位置決めにロッドやリンクが必要になり、それらの設計がなかなか手強いらしく、リジッドのわりにストロークが無い&リジッドのダメな点(直進安定性や路面追従性の欠如w)は満載というろくでもないシロモノになりかねない(どうも70系プラドってのがそうらしい。)ため、かえって独立懸架の方が安くて高性能だったりするそうです。(汗

例外的にタトラとかピンツガウアー、トヨタ・メガクルーザーのような四輪独立サスペンションのCCV(というか、軍用車両か。)も存在します。念のため。

三菱ジープは進駐軍のMB/GPWとそんなに変わらずに生き延びて来た化石のような車ですので、特に矜持があるわけでもなくMB/GPW以来のリーフリジッド方式を踏襲してます。主にコスト面の要求からワイドボディになったときにリーフの構造的なグレードダウンが行われてますが。まあそういったマニアックな事柄はとにかく、リーフリジッドの場合、タイヤの位置決めはリーフスプリングそのものが担います。合理的と言えば合理的ですが、リーフスプリングは簡単によじれたりねじれたりするのは芳しくないにもかかわらず、路面からの入力をいなさなければならないという、なかなか難しい要求をこなすためにスプリングレートの設定の自由度が低いようでして、要するに固くて乗り心地が悪い。せっかくのストロークを普通の路上では生かせず、跳ねる&揺すられるのでした。それでもダンパーがちゃんと仕事をしていればまだしも、へたりきった状態ですと間断無い上下動に見舞われるハメになります。

というわけで、話題は冒頭に戻ってダンパーを交換してみることに。ランチョのRS9000XLというのにしてみました。9段階ぐらいの減衰力調整式。RS9000は実は以前乗っていたジムニー・ワイドでも使ってまして、それは無印のRS9000でしたが、いつの間にか進化してXLになってました。無印は全体が白色で5段階ぐらいの調整式だったような・・・もう覚えてないや。ジムニーの時は車そのものが古くなかったため、交換してもあまり違いが分からなかったと記憶してますが、さすがに20年/57,000kmを経たジープだとその差は歴然。交換を依頼したお店の方でとりあえず前4/後7(数字が大きいほど減衰力が弱い)に設定してくれたんですが、これがなかなか具合がよろしい。今までは走っている限りはずっと上下動が絶えなかったんですが、RS9000に換えてからはそれなりにフラットと呼べるぐらいの乗り心地になりました。大きなギャップがあると揺すられるのは仕方ありませんが、それでも衝撃は格段に少なくなっています。加えて直進安定性が増したのとロールがゆっくりになってコーナリング時の姿勢に粘りが出て来たのも見逃せません。今まではステアリングを切ると即座に限界までロールしてましたからね。(汗

さらに発進時のスクワット(スクオット)が劇的に少なくなったのも印象的。J53は歴代の三菱ジープよりもサスペンションが柔らかいそうで(仕様上は変化無し。なのであくまで噂ですが。)発進時にリアサスがかなり大きく沈み込む感じがして、ちょっと違和感があります。それがダンパーを換えたら、沈み込みがかなり押さえられて良い感じ。

お店でジープのダンパーが欲しいんだけどと聞いたときに「ナローですか?ワイドですか?」と返されたのにちょっと感動。今でもナロー(初期形J52以前。)とか通じるのってわたしもお店の人もすごいと思う。w
by namatee_namatee | 2009-11-28 21:26 | car | Comments(0)

ブレンデッド

c0019089_2184385.jpg

また酒か。
見ての通り、カティサークとバランタイン12年。バランタインが17年じゃなくて12年なところが、ちょっとアレかな。w
酒についても予算というものがありまして。そうそういつもタリスカー18年というわけにもまいりませぬ。クセがあるシングルモルトは気合いを入れて飲みたいし、毎日そういうことすると疲れますしね。それに比べてブレンデッドスコッチはまろやかで、でもスコッチらしい味わい&リーズナブルときたもんだ。

どちらも美味しいんですが、ダラダラと飲むにはカティサークの方が好みか。バランタイン12年はちょっとクセがあって、スムーズというわけには行きません。同じバランタインでもファイネストだとつるつる飲めるのになぁ。
あ、これらはお湯割りで飲んでます。容赦無し。w
by namatee_namatee | 2009-11-27 21:20 | diary? | Comments(0)

季節外れ

c0019089_20453754.jpg

ふとマグロ(マルイのグロック)などを買ってみました。もうガスブロの季節は過ぎ去ったというのに。
まあ嫁さんにブルーレイレコーダーとか買わされたので、ヤマダのポイントが溜まっていたんですよ。よって出費は無し。w

モノはグロックG17カスタム・フォリッジグリーン。(写真の下の奴)
前にネタにしたFGってのはもしかしてフォリッジグリーンの略?
フラットダークアースVer.と迷ったんですが、デザートウォーリア4.3が黄色かったので、今回はグリーンで。ここのところ、色付きが続いておりまして、色音痴と言われたのが相当堪えているようです。w
詳細についてはこちらをどうぞ。

率直に言ってサバゲでサイドアームが必要になったことはありませんね。激しい撃ち合いでメインが弾切れになって、サイドとして持っていた電動ハンドガンのUSPを使ったことはありましたが、そう言う時は動揺しているので当たらないし、射程や集弾性能もフルサイズの電動ガンから持ち替えると心もとない。なので、わたくしにとってのハンドガンは、ハンドガン戦やインドアの時のメインアームとしての位置づけとなります。・・・などと偉そうにいってますが、実際には全然大した事無いので念のため。

グロックは以前からマルイ・G26アドバンス(写真の上の奴)がありました。どうも素のグロックは素っ気なくて好きじゃないんですよね。G26アドバンスぐらいゴツゴツしてないと。で、G26アドバンスは良いガスブロですが、いかんせんリコイルというかキックが軽くて物足りない。MEUやデザートウォーリアに比べると、軽薄と言っても良いフィールでして、いきおいメインのガスブロは1911系となることが多かったのでした。

このG17カスタムはマグウェルやエクステンデッドサムレストなど、その名の通りカスタムっぽい雰囲気が気に入りました。見た目だけじゃなく、G26アドバンスより握り易いですよ。マグウェルも良い感じ。しっかりグリップできておそらくコレは良く当たると思います。まだ実射してませんが。たぶんシングルスタックの1911系よりもマガジンが冷えに強いでしょう。メインアームとして使うには向いているかと。

そうは言っても残念ながら、11月も末となっては快適なガスブロの動作は望めないですよね・・・
by namatee_namatee | 2009-11-26 21:23 | survival game | Comments(4)

なかなか

c0019089_20594914.jpg

先日、またしてもアマゾンで買ったHT-03A用のケース。正式名称は【Smart Holder for Biz】HT-03A用 高級牛本皮(タテ開きタイプ)だそうです。

前にも書きましたように、南東北の片田舎ではiPhone用のケースの類はとにかく、格段とマイナーなHT-03A専用のものはまったく見当たりません。でもHT-03Aを使っている人が居ないとも思えないんですがねぇ。・・・そういったわけで、出来れば手に取って確かめながら選びたいこういったモノも通販でということになるのです。

幸いにしてこのケースは思っていたよりもちゃんとしてました。w
革製の外側ケース+内側にプラスチックのホルダーという構造になってまして、内側の樹脂製ホルダーがしっかりとHT-03A本体をホールドしてくれて安定が良い。これが外側のケース部分のみでそいつがキツキツで本体が抜け落ちないような仕組みになっていると、そのキツキツさ自体が抵抗になって開け閉めにストレスを感じてしまいます。ケースのフタの固定もマグネットでとまるようになっていて、実に妥当な構造だと思います。

HT-03Aもなかなか気に入ってまいりました。googleのGmailやアドレス帳、カレンダーの連携とかとても便利。これでもうちょっとバッテリーが持てば最高なんですが。
by namatee_namatee | 2009-11-25 21:04 | diary? | Comments(0)

また買ったのか。

c0019089_20574362.jpg

ネタが無いですよ?

ふと思いつきで買ってしまったベルモントのチタンフライパン。一番小さい奴です。これ、ほとんど全く使い道がない。w

仮に山登りをするなら、焼き物なぞするわけも無し。ツーリング&キャンプではどうかといえば、小さすぎるうえに、フッ素コーティングしてあるとはいえチタンですのですぐに焦げて使い辛いであろうと。そもそもこれって何かのクッカーのフタじゃないのかな。じゃあなんで買ったのかといえば、Clikstandで使えるフライパンが欲しかったから。加えて手持ちのシェラカップ用のチタン製フタがあうのはどうかな、と思いましてね。これの直径はシェラカップと同じ。後ろに写っているロッキーカップも同じ。なのでチタンのフタも使えます。

ウチのClikstandを中心としたクッカー・ストーブ系は今のところクッカー(エバニュー・チタンノンスティッククッカー2)が一個しか無い。山登りならそれでも十分ですし、ストームクッカーよりずっとコンパクトなのでClikstandを使う意味があるわけですが、ツーリング&キャンプとなると使うかどうかは別にしてクッカーは2個欲しいのです。そういったわけでロッキーカップを小さなクッカー代わりにしてやろうと思ったんですが、ついでにフライパンも調達してしまえ、というわけでして。で、我に返る、と。(汗

どのみち、今後はガスストーブを使うことは無かろうと思いますので、好きにやらせて貰います。w
by namatee_namatee | 2009-11-24 21:25 | outdoor | Comments(2)

テスト

本日はよい天気でしたが、特に用事がなかったので出かけませんでした。w
そういえば新しいケイタイの売りであるカメラ機能のテストでもしてみようかと庭の紅葉を撮ってみました。

c0019089_21255667.jpg
c0019089_21261836.jpg
c0019089_21273666.jpg


いやしかし、写真ヘタクソだ。>自分
単なる庭の紅葉ですので、どうやって撮ってもメリハリの無い写真になりがちです。そういった点を差し引いて、純粋に画質とか写りを見ていただいた方がよろしいかと。
わたくしの感想としては携帯電話でこれだけ撮れれば文句ありません、とケイタイを変えるたびにいっていることの繰り返しです。でも各操作のレスポンスが大幅に良くなっていたのは驚き。前任のW53CAは撮った映像を記録するのにかなり時間がかかったんですが、今度のCA003はほとんどストレス無く記録が終わり次の写真を撮ることが出来ます。レンズの性能も良くなっているようで逆光のときなどでも破綻は少ないですね。レンズだけじゃなく、露出制御とか画像エンジンも進化しているのでしょう。

結論として、十分にカメラとして使い物になると思います。もっとも中堅のコンパクトデジタルカメラはCA003の半分ぐらいの出費で買える、ということも忘れてはなりません。w
by namatee_namatee | 2009-11-23 21:44 | diary? | Comments(5)

これは大丈夫

c0019089_2012695.jpg

本日はお休みでしたが、天候が不順なので家で本を読みました。
見ての通り『連合赤軍「あさま山荘」事件:佐々淳行』でございます。例によってラード氏推薦。

同じくお勧めされた「クライマーズハイ」はどうにも性に合わず、原作をつまみ読みですが読んでみたり、ラードさんにあれこれと知識を授けられてなお、納得がいってなかったりするんですが、こちらは大丈夫。興味深く楽しめました。どうもわたくしはマスコミ嫌いらしいです。この本でも作者のマスコミ対策に腐心する部分が多く描かれてますし、某新聞社の記者の非常識な振る舞いが名指し同然で書かれていたりします。(汗

クライマーズハイの方はもとより新聞嫌いのわたくしには到底理解しがたい登場人物の行動に腹がたって仕方なかったんですが、この「あさま山荘事件」は警察vs連合赤軍というわかりやすい構図があって、実質的な指揮官だった著者の佐々淳行氏も当時の警察組織の中では異端とはいわないまでも異色のキャラクター、ということ。加えて内容が慣れ親しんだ戦記に近いもの、ということでわかりやすく性にあってとても楽しめましたね。県警と警察庁の指揮系統に様々な問題があって苦労するんですが、警察機構は基本的に軍隊に近いので行動が合理的で分かり易い。

昭和の中盤から終わりにかけてのいくつかの事件については、自分が生まれた時代ということもあっていくつか興味があるものがあります。日航123便墜落事故もそうだしこの「あさま山荘事件」なんてもその筆頭。

ただ「あさま山荘事件」はその背景を知っておいた方がよいと思うんですが、これがなかなか手強いんです。戦後の左翼運動をある程度理解しないと、なんであんな事件がおこったのか分かり辛い。で、わたしはよく理解してなかったりする。(汗
安保闘争とかベトナム反戦とか・・・ずっと時代をさかのぼって調べて行かないといけませんなぁ。こりゃ、大変だ。

・・・というわけで、このテーマは続きます。続くはず。w
by namatee_namatee | 2009-11-22 21:32 | book | Comments(4)

2年ぶり

c0019089_2322927.jpg

2年ぶりに携帯電話を変えましたとさ。
写真のとおりカシオのCA003(奥側の緑の)でございます。手前のW53CAから機種変更。

だいぶ前からカシオユーザーでして、auなら特に悩むこともなくカシオの端末を選んでまいりました。これで5代目ぐらいですか。が、今回はちょっとどころかずいぶん悩みました。正直、auには魅力的な機種が見当たらないんですもの。実はそろそろiPhoneとシャレこもうかと思いました。会社用のドコモHT-03Aもあることだし、同じようなものを同時に使ってみるのも面白いかなぁ、と。が、ひとかたならぬMac好きのわたくしですが、それでもSoftBankはイヤ。どうしてもイヤ。(汗

最初に買った自前の携帯電話は東京デジタルホンでした。その次がIDO(今のau)にしたんだっけ。cdmaOneが始まったころで、携帯電話でメールがブレークし始めた頃ですな。もう10年もauのままなんですねぇ。長いこと使っているんですが何か割引とか無いんですかね。w

そういったわけで、機種選定の最後の瞬間に「やっぱりauにしておこう。」と決心しまして新型のCA003を予約しておいて、本日が発売日だったので受け取りにいってきた次第。
とりあえず、SuicaとEdyの移行をしただけ。まだこの機種の売りのカメラとかワンセグとかは試してません。後者はずっと試さない可能性が高いんですけど。(汗

ちょっと触ってみた感じでは、キーが押し易いのが印象的。柔らかくて確実に入力が出来る。W53CAは極端にキーが押し辛くて、長い文章のメールなんて書く気にならなかったんですが、CA003ならそれなりに良い感じでメールもうてると思います。

カメラ機能は明日にでも試してみましょうかね・・・
by namatee_namatee | 2009-11-21 23:27 | diary? | Comments(2)