<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

M4のマガジン大好き

c0019089_18221159.jpg

コレは何かというと、マルイ純正のM16/M4用多弾マガジン、の裏面。
いつのまにか底のプレートを固定しているネジが無くなってしまったので、近所のホームセンターでM3×8の皿ネジを買って来て修理しようとしているところ。オリジナルは黒い六角皿ネジですが、全く同じものはなかったのでユニクロの+皿ネジで代用。上のマガジンのネジも抜けかけてますが、買い物を行くときにサンプルとして外して持って行ったため。

M16/M4の純正多弾マグはウチに二個あります。一個300発ぐらいはいりますから、2個あれば良く参加するT2Cのゲームの制限弾数600発ちょうどになります。この600発ってのがなかなか絶妙な弾数でして、20分ぐらいの通常のフラッグ戦でも調子に乗ってバラまくと肝心な時に弾切れになることがあり、ちゃんと狙って撃つ必要があるんですよね。特にハイサイ気味のM4-P.M.C.だとすぐに使い切ってしまいます。

ウチにはM4とその仲間が多いので、このマガジンは重宝してます。G36Cや次世代M4A1にもアダプターをつけてこのマガジンが使えるようにしてます。実銃でも、M16/M4のマガジンが使えるものが多い(日本の89式もそう。)ですが、エアガンでもサバゲの時の荷物が減るのと忘れ物が無いか確認する手間が減るのでマガジンの共通化はメリットがありますな。

エアガンのマガジンとしての性能はとても良いと思います。鉄の板をプレスしたごくオーソドックスなモノですが、プラスチックのマガジン、例えばG36CとかSG552のもののように無駄に厚みが無いので、装弾数のわりにスリムでコンパクトだと思います。構造もオーソドックスで弾詰まりなど皆無。これがP-90のへんちくりんなマガジンとかになると(ry

あまりにありふれていて地味なアイテムですが、なかなか頼りがいのある逸品でございます。
by namatee_namatee | 2009-10-31 18:44 | survival game | Comments(0)

三個目

c0019089_20332090.jpg

結局、マルイのプロサイトを買いましたとさ。

これで三個目ですよ。AIMPOINT COMP M2だかM3だかのパチものなんで、今となってはやや旧式な感じ。最初の一機目はもう3年以上前に買ったんですが、まだ現役。相当に頑丈で信頼性も高い・・・と思って二機目を買ったんですがね。スイッチの不良でお無くなりになってしまったのは一昨日のエントリーの通り。基本的には丈夫だと思うんだけどなぁ。二機目がたまたま外れだったと思いましょう。

欠点としてはウィンデージ/エレベーションのノブがむき出しで、調整はし易いんですが移動中などに何かに触って動いてしまって、せっかく念入りにやった調整が無駄になったりする。そのくらいですかね。
なんだかんだいって無難な形なのでM4にもG36にも似合います。
by namatee_namatee | 2009-10-30 21:08 | survival game | Comments(0)

タリスカー大好き

c0019089_2026319.jpg

ジャックダニエルはまだ飲み終えてませんが、あれはキャンプの時のために取っておかなければなりませんので、別なお酒を買ってきました。
みてのとおり、タリスカーの18年でございます。これで二本目かな。かなりお気に入り。アイラモルトほど煙臭くないのが良いですね。そうはいってもブレンデッドウイスキーに比べれば相当なくせ者ですが。なんていったって「舌の上で爆発する」そうですから。8000円ぐらいとちょっと高いのがなぁ。10年だとずっとお手頃なんですが、18年ほどのインパクトは無い。

Wikipediaによると「『宝島』の著者スチーブンソンはこのウィスキーを愛飲していた。」ですって。アニメの宝島は好きでした。特にこのオープニングが。テラナツカシス。
by namatee_namatee | 2009-10-29 20:41 | diary? | Comments(3)

しぱーい

c0019089_20245575.jpg

次世代M4に搭載しているマルイ・プロサイトの調子が悪い。
どうもスイッチの不良のようで、振動が加わると断続的に電源が切れてしまいます。それでなくても次世代M4A1はリコイル(らしきもの)があるので、搭載したブツに加わる振動は多い。撃っているとダットがチラチラしちゃって使用に耐えない状態。

これは困りました。
ウチのダットサイトの現状はというと、今後の主力となるG36Cに同じプロサイト1号機、同じくバリバリの主力級のP-90とM4-P.M.C.にパチのAIMPOINT MICRO T-1、これまた主役級の次世代M4A1にプロサイト2号機、電動ハンドガンのM93Rにワルサーかなにかの安物オープンダット、現状ではネタ100%のHK416にホロサイトのパチ、といった感じ。
なんだかんだ言って、中身ノーマルで信頼性の高い次世代M4A1はほぼ100%ゲームに持って行きますので、ちゃんとしたダットサイトが無いと大変困るわけであります。各機種間で取り替えようと思いましたが、G36C、P-90、M4-P.M.C.は完全に調整が済んでいますので、今更交換して再調整はしたくない。となるとパチホロしか使えるものが無いということに。オープンダットは位置が低すぎてM4には相性が良くないですからね。

でもって、そのパチホロ。これまた振動だかなんだかで接触不良を起こすようで、撃っているとダットが消えるという持病が。もともとその持病のせいで第一線からネタ銃のHK416に回したんですから。
仕方ないので分解して原因を調べてみることに。どうも電源から基盤へのコードのハンダ付けがあやしい感じでしたので、改めてハンダで固定してみました。

結果はどうかというと・・・修理前と何ほども変りがありませんでした。orz
仕方ない、もう一個プロサイトを買うか・・・
by namatee_namatee | 2009-10-28 20:42 | survival game | Comments(0)

バレル交換

c0019089_209135.jpg

唐突に次世代M4A1のバレルを交換してみる。
先日、念入りにバレルクリーニングをして初速が90m/s程度になったのに気を良くして、さらに初速upを狙ってみた、というわけではありませんで。狙いはクリーニングのし易さ。というか、コンディションの保ち易さ、ですかね。

ノーマルバレルは真鍮製?で、比較的汚れが付き易いような気がします。社外のバレルはステンレスとかテフロンコーティングとかいかにもそれらしい加工がしてありまして、初速があがって命中精度もバッチリ、な錯覚を起させようと必死なんですが、最大の利点は汚れが付き辛く落とし易いということなんじゃないかと思ってます。それはクリーニングロッドで掃除してみるとよく分かる。ノーマルバレルはザラザラと抵抗が大きくて、汚れもタクサン取れますが、社外のバレル(ウチではPDIのステンレス製05バレルが多いですかね。)はツルツル。汚れもすぐに取れる。バレルの汚れは初速と集弾性能に影響があると言われ、わたくしもそう思いますので、汚れ辛く掃除し易いというのは大切なことであります。

というわけで、今回はKM企画のTNパーフェクトバレルを導入。長さはノーマルと同じ363mm。本体が完全ノーマルで、手を入れるつもりが無いので無難にノーマルサイズでまいります。
ノーマルバレルに比べるとHopの切り欠きとか先端部とか、エッジが立っていてただならぬ雰囲気。実はTNバレルはHK416でも使っているんですが、買ってすぐに切り飛ばしてしまったため、マズル部のテーパーの恩恵にはあずかってません。(汗

バレルを交換するには、当然分解する必要があるんですが、次世代電動ガンの分解は初めてなもんでちょっと緊張。旧世代に比べると前出しの電源ケーブルの取り回しが改良されてましたね。アッパーとロワレシーバーの分離はすんなりスムーズ。チャージングハンドルがポロっと取れたのには焦りましたが。
バレルとチャンバーの固定がものすごく強固だったのも印象的。パッキンとバレルが接着剤で張り付いているように固定されてました。ここら辺がワークスチューンのすごいところなんだろうなぁ。経験からいって、バレルを交換すると初速は上がるものの集弾性能は芳しくなくなることが多かったんですが、あれはしっかり組まれているノーマルをシロウトが弄って組みが甘くなってしまっているのが原因なんじゃないかと。

そういったわけで、今回は真剣に気密とHopパッキンの位置決めをしながら組み立て。さらにバレルの遊びを減らそうということで、写真のアルミテープを巻きました。ギリギリスムーズにバレルが入ってガタつきの無いように。

もう暗くなってしまったので、Hop調整もままならず、集弾性能のチェックも出来ませんでしたが、適当に勘でHopを調整して測ってみた初速は90-92m/sとでました。ノーマルより1-2m/sのup。妥当なところですね。あとは集弾性能がどうなっているか・・・明日の朝にでも試射してみましょう。
by namatee_namatee | 2009-10-27 20:35 | survival game | Comments(2)

Tボーン・・・といってもステーキではない

c0019089_18583732.jpg

ネタが無いのでCL50の細部ネタ。
エアクリーナーはこんな感じになってます。ここら辺の内部にはノーマルの面影はありません。

ベンリィ系はTボーンフレームと言いまして、横から見るとTの字型したモノコックフレームなんです。モーターサイクルでモノコックなんて、なんかすごく先進的ですが、実際はビジネスバイクですからね。全然大した事無い。w
その構造上、内部空間が結構ありまして、CL50やベンリィ50Sなどのスポーティ系のベンリィはそこにバッテリーなどの電装部品やエアクリーナーなどが入っております。同じベンリィでもCD50とか90のスタンダードな奴はそこいら辺のパーツが外付けですが。

でもって、ベンリィ最大の欠点がそのエアクリーナー。ノーマルのエアクリーナーはケースに収まってフレームのT字の上の棒のあたりにあり、そこからダクト?ノズル?象の鼻の様なパーツでキャブレターに空気を送ってます。これが取り外し辛いのなんのって、誰に聞いても苦労した話ばっかり。きつきつのところにぴったりと収まっており、捻ったり捻ったりしながらやっとのことで取り出せそう、と思ったらエアクリーナーから象の鼻が取れちゃいました、とか。いや、ウチのも取れちゃったんですがね。w
本当に交換することを考慮して作ってあるのかどうか、疑いたいぐらいだ。(汗

排気量upをしたりしてエンジンが必要とする空気の量が増えると、ノーマルの象の鼻状のパーツでは細すぎて吸気効率が悪くなりますので、エアクリーナーに一工夫必要になるんですよ。通常はパワーフィルターと呼ばれるモノ(写真に写っている黒いのもその一種。以下パワフィル)に換装しますが、この写真でも分かります通り、キャブレターとフレームの隙間が狭くて、そのままではパワフィルがつけられません。どうするかというと、キャブレターをインテークマニホールドごと180度反対側に向けて、前方吸気にする方法がひとつ。Tボーンフレームですから、タンクの前下はスカスカですからね。ただ、外観が大きく変わってしまうのとフレームに開いている象の鼻が通っていた穴がそのまま残ってしまうのが残念。他にはインテークマニホールドの角度を(水平方向に)変えるパーツを使って、キャブレターを進行方向に対して斜めにしてパワフィルを取り付けるスペースを作る方法。こちらの方が見た目の変化が少なくてわたくしは好きです。
どちらの方法にしても、フレームの穴が残ってしまうのとパワフィルむき出しなので雨対策が必要なこと、吸気音が極めてうるさくなること、が欠点です。

で、いろいろ考えた結果、CL50よりずっと太いCD90の象の鼻(いやしかし本当はなんていうんですかね?)を使って、フレームにパワフィルを内蔵しようと。某オークションでCD90のエアクリーナーケース一式を落札しまして、象の鼻の部分だけを切り取り、それにパイプ(たしか手すり用のステンレスパイプ)を差し込んで、それにパワフィルを取り付ける・・・モノはシンプルなんですが、文字にするとくどいですね。パワフィルの位置はもっと後方の上の方にしたかったんですが、すぐ後ろにあるバッテリーとの兼ね合いでこんなところに収まりました。あんまり上の方にすると、フレーム内で吸気音が反響してむき出しのときよりも大きな音になったりしますし。

そういったわけで、ほどほどノーマルの外観を残しつつ吸気効率のupができて、わたし的には気に入っている改造です。反対側にあるマフラーはまったくノーマルの面影が残ってませんけど。(汗
by namatee_namatee | 2009-10-26 20:12 | motorcycle | Comments(4)

おおっ!

c0019089_184234.jpg

これは!
Solo、ホンダ・ソロではありませんか。近所のGEOのPで発見。実車を見るのは初めてだったりする。南東北の田舎にもいるんだなぁ、こういう乗り物を選ぶ人が。

なんとなくソフテイル・ロッカーに似てる・・・いえ、なんでもありません。忘れてください。

いやしかし、これは荷物載らないな。一応、オプションのリアキャリアがあったはずなんですが、それもリアフェンダーの上に申し訳程度の積載スペースが出来るだけのシロモノ。しかもこの形状から、バネ上にキャリアを固定することが出来ず、リアサスとキャリアも一緒に上下に動く・・・重いもの載せたら荷物もキャリアもすぐ壊れそうですな。

とまあ、ほかにも遠心式3段変速とかイロイロ微妙だったもんで、売れなくてあっというまに終了。そこら辺の経緯はこちらが詳しい。サイトの主宰がオーナー、しかもこの貧弱な積載能力のSoloで北海道ツーリングをするという。

わたくしはCL50ヒトスジですので、Soloは同じ横型エンジンということ以外ではそれほど好きということも無いんですが、何かの弾みで機嫌が良くてフトコロが暖かだったりしたら食指が動くかも。排気量アップしてマニュアルクラッチにしたら面白そう。

Soloに比べたらCL50は頼もしい。車体構成がオーソドックスなので荷物の積載や取り回しに変な癖がないんですよね。ホイールは17インチなのでカブ系のタイヤが使えるし、モンキーのように小さな車体のせいでトリッキーな操縦性に悩むこともない。聞くところによると、モンキーは前輪とシリンダーヘッドのクリアランスがギリギリなので、エンジンのストロークを延ばすとフォークも変えてあげないといけないとか。ベンリィにはそういう心配は無いです。まあ、モンキーほど専用パーツが無いのがマイナー車種の辛いところだったりしますけど。それでもSoloよりかはマシだけどな。w
by namatee_namatee | 2009-10-25 20:33 | motorcycle | Comments(8)

ううむ

c0019089_2175186.jpg

何をしているのかというと、HK416の修理。まだ実戦に参加したことも無いのになぁ。(汗

このD-BOY製HK416はシステマの強化メカボックスに換装してあるんですが、性能は良いものの、どうもセレクター関連が不調でして。
SAFEの位置にしておいても、トリガーを強く引くと弾が出る。危ねぇ。セミオートを選んでも軽くトリガーを引くとフルオートになる。P-90の逆だな、おい。しっかり強く引ききればちゃんとセミで撃てる・・・と思いきや、いつの間にかどうやってもフルオートでしか撃てなくなってしまいました。さすがにそれでは困るので、分解して不調箇所を調べてみることに。写真はその図でございます。

どうもスイッチがトリガーに押されるときにちゃんとしかるべき位置に納まらないようです。なんか接点が斜めに動いている。納まりぐあいをいろいろ試してみましたが、よく分からず。仕方ないので出来るだけ真っすぐになるようにして修理完了ということに。

結果はどうかというと、やっぱりセミオートの時にトリガーを軽く引くとフルになってしまいます。orz
まあ、それでもしっかりトリガーを引けばセミオートになるようになったので、分解の苦労が無駄にならなかったということで。それにしても、こうしょっちゅうメカボをばらしていると、さすがに手慣れてまいりまして、フレームからメカボを取り出して中を開けるのに10分もかからなくなりました。こんなの上達しても全然嬉しくないけど。(汗

ちなみに性能はどうかというと、初速は93m/s(0.2gBB弾)、サイクルは15-18発/秒といったところ。特に初速の安定性が印象的。何発撃ってもほぼ93m/s。ほとんどブレない。弾速計が壊れているのか思うぐらいに。中身はごくオーソドックスなパーツ構成なんですが。特徴的なのはファイノズルぐらいですかね。バレルはTNバレルの227mm。そのままだと初速が限度ギリギリまで上がってしまうので15mmカットして212mmで運用中。

で、肝心の集弾性能はどうかというと、まだ真剣にテストしてないので良くわかりません。w
by namatee_namatee | 2009-10-24 21:38 | survival game | Comments(0)

お掃除

c0019089_20405187.jpg

この物体は何かと申しますと、マルイ純正のバレルクリーニングロッド。

エアガンのバレル(銃身)って、思っているより汚れます。発射されたBB弾が接触するのか、光にすかして覗いてみるとバレルの内側になにか汚れがこびりついているのが見えるんですよね。加えて、メカボックス内部のグリスもノズルを通って出てくるのか、ちょっと油っぽい汚れだったりもする。考えてみれば、シリンダーやピストンはグリスまみれな上に特にシールのようなモノも無いので、圧縮された空気と一緒にわずかながらもグリスが飛び散るのは当たり前。

そういった汚れがバレル内部につくと、弾道が乱れたり初速が下がったりします。ウチの次世代M4A1、外装はとにかく中身は完全ノーマルなんですが、買った時より初速が下がったような気がするのでちょっと念入りなバレルクリーニングをしてみました。いつもはティッシュでからぶきだけなんですが、今回は適当な布にパーツクリーナーをしみ込ませたものでクリーニング。さらにクリーニングロッドを電気ドリルでグルグル回しながら行ったり来たり。調子に乗ってあんまり奥まで突っ込むとHopパッキンのあたりをいためますので程々に。

終了後、初速をチェックしてみると・・・0.25gBB弾でおよそ80m/s。0.8Jですか。0.2gだと89-90m/s。完全ノーマルですので妥当な数値ですな。

・・・と、ここまで書いて来て思い出した。以前のエントリーを確認したところ、買ったばかりの頃の初速って78-82m/sだったと。なんだかずいぶん初速が上がったような気がしますが。一度、マルイで修理してもらってますので、その時になにか調整でもされたんですかねぇ。あるいは各部のあたりがついたんでしょうか。

なんにせよ、弾道が素直で良く当たる次世代M4A1では90m/s・0.8Jもあれば十分。掃除のしがいがあったというもんです。
by namatee_namatee | 2009-10-23 21:02 | survival game | Comments(0)

色音痴

c0019089_20375714.jpg

ネタ切れが続きます。

某巨大掲示板のコピペスレで拾ったネタ。
>>「教科書読め」
>>「はい…最近家の姉が色づいてきました」
>>「!? …その字は姉じゃない柿だ」
ちょっとツボに入って仕事中に笑いました。w

・・・本日はエアガン関連の小物ネタ。見ての通りマグプルのレイルカバー。XTM RAIL PANELっていうんだそうです。最近雑誌などでよく見かけますな。しかし、MAGPULもあこぎな商売を・・・これ、4個セットで定価2,980円ですぜ。一体全体どういうピンハネぐあいかと。いやまあ実際には半額以下で手に入りますけどね。それでも良い値段です。

チームメイトのタカ氏に使う銃の色が黒ばっかりで色気が無い、と指摘されたのが結構こたえてまして、ローコストで目先の色合いを変えるものは無いかと探して思いついたのがコレ。今までは例によって真っ黒のレイルカバーを使っていたんですがね。とりあえず、DE(デザート)とFG・・・FGって何の略だ?の二色を取り混ぜて8個ほど購入。

で、おなじみのM4-P.M.C.と次世代M4A1 SOCOMにつけてみる。M4A1 SOCOMの方はマグプルのMOEハンドガードじゃなくてKACのRAS(もちろんG&Pのレプリカ。)に交換して装着。残念ながらM4A1のレール全部には足りないので、P.M.C.に使っていた黒いレイルカバー(classic army製)と併用。が、ハンパに余るので、下側のレイルにくっつけて置く。やれやれ。

いやしかし、レイルカバーだけ色変えてもダメだ。w
グリップとかストックもサンドとかフォレストグリーン(FGってもしかしてコレの略?)じゃないと様になりませぬ。やっぱり、色音痴なのかもしれませんな。>自分

サバゲの最中にそこら辺の薮に隠れたりする時の話ですが、真っ黒い鉄砲って案外目立つもんです。迷彩服を着ている人の方は日陰に隠れているとなかなか見えませんが、持っている黒い銃は意外なほどよく見えます。特にM4などのように縦に幅がある銃(大抵のアサルトライフルはそう。)は目立つ。スコープとかダット、マガジンが出っぱっていますと、さらに横から見える面積が大きくなってしまいます。その点、VSR-10とかCA870のような、ボルトアクションライフルやショットガン、いわゆる古典的な鉄砲のシルエットの細身の銃は目立たない。
例外はP-90で、あれは持っている人間の脇に抱える格好になるので見つかり辛いと思います。同じ理由で動作音も小さいし、本当に合理的な武器なんですねぇ。>ブルパップ

で、このレイルカバー、多少なりとも迷彩効果があるんじゃないかと思いまして。写真で見る感じではほとんど効果無いみたいですが。(汗
どのみちM4系は作動音がでかいから、ちょっと偽装したぐらいでは焼け石に水とも言いますけど。
by namatee_namatee | 2009-10-22 21:12 | survival game | Comments(4)