<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

白熱(デッドヒート)・・・だと?

c0019089_2027463.jpg

いつものようにアームズマガジンを買いに行ったところ目についたのがこの本。(ムック)
GT Roman STRADALEだってさ。ストラダーレ・・・アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレって格好よいよね。

2007年10月に1巻が出てから11冊目のようです。車関連にはすっかり関心が無くなってたので、こんな本があったのを知りませんでした。今回はパラパラっとめくったら田中光二の「白熱(デッドヒート)」が載っていたので購入した次第。いや、はるか昔、中学生だった頃に買った文庫本はあるんですけどね。>白熱(デッドヒート)
ターボくっつけたセリカGTでケンメリスカイラインと勝負する話。ケンメリはGT-Rっぽいんですが、明記はされていない。文章の端々にある車の表現、大げさな話の持って行き方が、人々みんなが車好きだった時代の雰囲気を感じさせて懐かしい。ケンメリGT-Rはイメージほど速くないから簡単に勝てるじゃん、とか言ってはダメです。

ムックの内容はなんか支離滅裂な感じ。特定のブランドやモデルを特集するわけでもなく、ビートル、ミニ、スカイラインとさまざまな車がフィーチャーされております。二輪車ネタも少し。西風氏は改造ベンリィで有名で、そのピッコロとかいうベンリィ50sベースのカフェレーサー?みたいなのも登場します。ドリーム50かなにかのフロントフォークでフロントブレーキのディスク化、エンジンはたぶんツインカムヘッド、タンクもドリーム50っぽい。500万円かかったそうで、詳細はこのシリーズのどこかにあるんでしょうが、まあそれはどうでも良い。w

昔、まだ車に夢と希望をもっていたころ、西風氏のGT romanを読みました。ウチにも1〜5巻ぐらいまではあるはず。写真の手前側のは手近なところにあった2巻と4巻です。なんていうか、味のある絵とストーリーでしたねぇ。その後、引き続き車好きではありましたが、別な方向へ興味が向いてしまい(フランス車方面)すっかり忘れてましたが、久々にこのムックを見てみると・・・全然変わってないな、おい。

ハイブリッドとかアイドリングストップとか、こう世知辛くちゃ車に思い入れなんて持てっこありませんって。二輪なら・・・こちらも排ガスと騒音規制で二進も三進も行かないときたもんだ。(汗
by namatee_namatee | 2009-06-30 20:27 | car | Comments(2)

Jeep

c0019089_20232883.jpg

逆光で撮ったら変な写りになっちゃった。
これはなにかと言いますと、三菱ジープJ53のメーターでございます。このジープはすでに他界した義父のものでして、オーナーが亡くなってからは嫁さんの実家で雨ざらしになっておりました。通りから見えるところに放置してありましたので、売らないのかとか譲ってくれとか、結構問い合わせがあったそうです。なにせ遺品なもんで売るつもりはなかったそうで、ガレージの奥の方に移動させて、さらにしばらく放置されていました。全然乗らないと朽ち果ててしまうということで、車検をとったのでわたしに乗るようにとのこと。なんでそうなる。

はるか昔、友人が乗ってました。>三菱ジープ
「軽井沢シンドローム」の影響でね。w
J52の初期型。このような奴。ポイントはフロントフェンダーのさきっちょが下向きに折れ曲がってないのと、幅が狭い&長さが短い。要するにJ3のハリケーンエンジンをキャンター用のKE47エンジンに載せかえたもの。よってミッションは3速。これは頻繁に借りて乗ってました。

本日は通勤車のスバル・ステラのオイル交換をするついでに代車としてちょっと乗ってみた次第。あ、嫁さんの実家は整備工場でして、リース車であるステラのメンテナンス指定工場です。
久しぶりのジープはハンドルとかクラッチが重くてちょっと面食らいましたが、すぐにコツを思い出しましたね。こういうことはいつまでたっても忘れないんだなぁ。前後リーフスプリングでリジッドサスの乗り心地はぽんぽん跳ねるひどいものですが、それでもJ52 に比べればストロークしている感じがあるだけマシ。ハンドルが切れ込む感じがするんですよ。交差点などで曲がり終わったときには意識的にハンドルを戻すようにしないとそのまま回り込んでしまいます。車体が小さくてホイールベースも短いので小回りは効くんですが、前輪の切れ角は少ないので先を読んで取り回さないと不便します。そういった些細なコツみたいなものを乗り始めて10分後ぐらいに一気に思い出しまして、なんか感動。

わたし自身もジープのオーナーだったことがありまして、それはJ38というハードトップの4ドアのジープ。こういうの。
50系列のような軽快さはありませんが、柔らかい足回りと長い車体で長距離ツーリングには向いてました。荷物も沢山乗りますので、今で言うオートキャンプのようなこともしてました。見た目は鈍重ですが、2.4Lのガソリンエンジンで本気出すと意外に速い。加えて長いサスストロークと比較的軽量な車体でオフロードの走破性も相当なもの。当時人気のあったパジェロ(初代)なんかとは比べ物にならない機動性でした。当時のパジェロって格好よいのは見た目だけですぐに腹はつかえるわ、エンジンは力が無いわで、酷かったですよ。もっともハイラックス・サーフ(これも初代)よりは遥かにマシでしたが。サーフときた日にゃ・・・以下長くなるので(ry

というわけで、たまに引っ張り出して乗ってあげようとおもいます。>J53
by namatee_namatee | 2009-06-29 20:23 | car | Comments(3)

R349

c0019089_17312560.jpg

昨日はよい天気でしたが暑かった。仕事でしたので真昼はエアコンの効いた事務所(ああ、オフィスって言いたい。が、実際はプレハブの飯場みたいなところだしな。)の中におりましたので、あまり暑いとも思わなかったんですがね。帰り道が暑かった。土曜日に仕事をしている人もそれなりにいるようで道が混みまして。XR1200でドコドコと車の流れに合わせて走っていると、エンジンからの熱気がハンパ無い。渋滞で停まってしまうと悲惨。左の内股が低温火傷するんじゃないかと・・・股火鉢とは良く言ったもんです。皮パンが欲しくなりましたよ。(汗
熱くなるのは大型二輪車共通の悩みらしいんですが、空冷でタンデムVツインのスポスタは特にひどいんじゃないでしょうか。トロトロ走ってたら後ろのシリンダーなんて風当たんないもん。

さて本日、昨日ほどは暑くない模様。その代わり天気もイマイチ。雨が降り出す前に近場に繰り出そうと、R349を北上してみました。南東北の我が県内のR349はあんまり風情があるとは思えず、一旦R461(この道も拡幅されたりして風情が無くなりつつある)へ回ってR118経由で矢祭からまたR349へ。本物の東北地方であるところの福島県内のR349はそれはそれは風情のある良いツーリングコースです。遥かに北上し続けるのも面白いんですが、雨が降りそうなのでR289へ進路変更していわき勿来I.C.から高速で帰還。

R289はアップダウンの激しいタイトターンが連続するなかなかハードな道で、これがまた楽しいんですよ。XR1200はスポーツスターとは言いながら所詮はハーレーということで、コーナーリングは苦手で楽しくなかったりするのかなと思ってましたが、そんなことは全くありませんでした。鈍重そうな見た目に反して、意外に切り返しが軽い。ターンインもちょっと力を入れるだけですぐに曲がり始めます。コーナーリング中のマナーもとても素直。低速トルクのあるエンジンとあいまって、ものすごく楽しいです。>XR1200で山道
特にドロドロドロダーっという立ち上がりはいままでにない新鮮な感覚。H-D独特の世界をかいま見た気がする。ビューエルにも乗ってみたくなったなぁ。

と、柄にも無くツーリングレポのようなものを書くほど楽しかった、と思ってください。w
by namatee_namatee | 2009-06-28 17:31 | motorcycle | Comments(0)

積載能力強化

c0019089_20194215.jpg

左の上に写り込んでいるのはなんだろう。指かな。(汗
サイドバッグを購入。またデグナーというブランドで、ダブルスポーツバッグNB-37。

見ての通り普通のサイドバッグですが、ウチではこの手のバッグはあまり縁がなかった。オフロードバイクで林道を走ったりしてましたので、こういうバッグだと転んだときにバッグと荷物のダメージが大きい+車輪の跳ね上げるドロ汚れがハンパない、固定方法が確実とはいえず、大きく動くサスペンションのせいもあって車輪に巻き込のが怖いetc...
一応、モンベルのドライモトツーリングバッグというのを持ってはいるんですが、前述の通り固定に自信が持てなかったのと、防水のためか見た目ほど容量がなくてかさばる割にモノが入らないなど、あまり積極的に使いたいとは思わず、ずっと放りっぱなしでした。

XR1200の場合、カチ上がったマフラーとの兼ね合いでモンベル・ドライツーリングバッグは相性が悪そうです。何か適当なのはないかと用品売り場を物色して見つけたのがコレ。ノーマル状態で片側18L、拡張すると25Lとなり、両側合計で最大50Lだそうな。ツーリング&キャンプの荷物全部は無理ですが、ノーマル状態でも1/3ぐらいは収まりそう。防水ではありませんが、レインカバーはついてる。しっかりモノを確認して通販で購入。w
ネットで調べるとほとんどのお店が定価でしたが、某Y!のお店が割引してたので、そこで購入。ポイントも使ったので、実質半額でした。いやしかし、通販サイトの装着例がXR1200で笑った。w

というわけで、実際に装着してみたのがこの写真。
なんか専用品のようにフィットします。そういえばハーレー純正でもXR1200用に似たようなサイドバッグがありますが、そちらは60,000円以上する。(汗
取り付けには特に工夫も何もなく、その割にしっかりと固定されます。幅も拡張しない状態だとハンドルからはみ出さないぐらいでちょうど良いんじゃないでしょうか。

問題はいつになったら使うのかということですかね。(汗
7月は予定いっぱいだから、8月のお盆休みですかね・・・
by namatee_namatee | 2009-06-27 20:27 | motorcycle | Comments(4)

いやー久しぶりだ。

c0019089_18321354.jpg

いやぁ、実に久しぶりにテントを新調しましたよ。
去年の12/12にWILD-1 のツアードーム・2を買ってますので、実に半年ぶり。orz

見ての通りヒルバーグのアクト。一般的にはマイナーですがその筋には有名なシロモノ。
XR1200なんか買っちゃって舶来づいているのでテントもあわせて舶来ものでいっちゃいますよ?なんてったってスウェーデンのブランドですよ?

一人用のテントとしては結構高価な部類にはいりますかね。輸入しているのは自転車世界でもメジャーなA&Fだ。A&FYahoo!店では64,050円で売られてますが、他で買えばもっと安く買えます。

ここ最近、ツーリング&キャンプ系の大きくて重いテントにうつつを抜かしておりましたが、軽量なテントというものが、モンベル・マイティドーム2型しかないということにはたと気づきまして。今年は予定がありませんが、バックパッキングで山歩きなイベントがあったときに備えようと思います。ビッグスクーターのスカブに比べて、積載能力が劣るXR1200でツーリング&キャンプに出かけるときにも軽量・小型なテントは重宝しそうだし。

・・・書けば書くほど言い訳がましくなってくるので閑話休題。

このテント、構造的にモンベル・モノフレームシェルター(ダイヤ)に似ています。というかモノフレームシェルターがマネしているんじゃないかなぁ。一本ポールであること、そのせいでペグがないと自立しないこと・・・いやぁ、似てるなぁ。ウチの場合、モノフレームシェルター・ダイヤの使い勝手・性能の良さは去年の尾瀬で証明済みですが、あくまでシェルターですので耐候性というかその裏返しの快適性に限界があるのも確かでして。悪天候には強いようですが、そういう環境での快適性については微妙。具体的にはフライとインナーの隙間が少ないので、結露の被害に不安がある&前室が無くて不便、ってとことでしょうか。山登りのようなストイックな状況では気にならないレベルの不便さでしょうが、モーターサイクルのツーリング&キャンプでは雨や湿気っぽい状況でも快適に過ごしたいですからね。
そういった点からこのアクトには高性能を期待しておるわけです。インプレについてはこちらあたりが参考になるのではないかと。

初張りは8月かなぁ。(汗
by namatee_namatee | 2009-06-26 19:04 | outdoor | Comments(0)

大丈夫か?

c0019089_20334649.jpg

通勤車のスバル・ステラが工場入り。サービスキャンペーン、いわゆるリコールです。リコールはこれで2回目?いや3回目かな。たぶん2回目。

今回のトラブルはCVTのオイルポンプの不具合だそうで。オイルポンプを交換するだかなんだか。コンピュータを繋いで診断するとか言ってました。しばらく待たされた結果、サービスの人が走り書きで「CVT→×」と書いたメモを見ながら説明してくれたところによりますと、ウチのステラのCVTはかなり重傷でCVT全体の交換が必要だそうです。w

70,000km目前にしてミッションが新品か。それはそれでありがたいことではありますが、こういうのってものすごいコストがかかるでしょうに。日本全国で交換しまくっていてCVTの在庫が確保できてないため、2〜3週間後に改めて作業いたします、とか言ってたしなぁ。軽自動車なんてそんなに儲からないはずなのに、大変だなぁ、おい。(汗

ちなみにウチのステラはどこか奥の方で作業しているので、写真には写ってません。念のため。
by namatee_namatee | 2009-06-25 20:41 | car | Comments(7)

蚊対策

c0019089_2153075.jpg

先日のサバゲで蚊に刺された数、実に26箇所。顔〜背中、服の上からも盛大に刺されました。もうカユいのなんのって。

まあこの時期、薮の中に潜り込んでじっとしてりゃ蚊に刺されますわな。虫除けは汗で流れてすぐに効かなくなりますし。服の上からじゃ効果は限定的だし。というわけで、真面目に蚊対策をすることに。

写真は歴代のどこでもベープとかノーマットの類。ブリスターパックから出してないのが、昨日買って来た最新型のノーマットだ。いやしかし、この類、効果は疑問。サバゲフィールドの凶暴な蚊には効かないような気がするんですよね。それでも毎年、新型が出るたびにその進化に望みをかけて買うんです。

本当は右端にある蚊取り線香の携帯ケースが一番確実なんですが、庭の草むしり程度ならとにかく、アクティブに動き回るサバゲではちょっと不便。灰が飛び散ったり、線香の灯がマトになったり。w
ゲーム時間が開始から終了まで一日ずっと通しで、ヒットされてもカウンターを押すと復活できる耐久ルールの場合は、フィールド内に各陣営の本陣を置く事が多いんですが、その本陣のまわりは当然ながら蚊の嵐なわけで。そういった場所では蚊取り線香が効果的です。でもはだかで置いておくと踏みつぶしたりするので、このケースを使おうかと思って買ってまいりました。これら+虫除けで今シーズンを乗り切ろうかと。
by namatee_namatee | 2009-06-24 21:21 | survival game | Comments(0)

ワイバーンが、消えた

c0019089_18483593.jpg

XR1200に合わせてヘルメットを新調。また物入りだ。

モノはショウエイのワイバーン2でございます。
ことの始まりはXR1200を買うという話をチームメイトのラード氏にした折、ヘルメットの話が出まして、わたしはメットなんて今使っているショウエイ・ホーネットDS(後ろに写っている白いの)で良いじゃん、と主張したのですが、ラ氏のいうところでは、スポスタでヒサシのついたオフメットなどまかりならん、フルフフェイスならシンプソンのスーパーバンディット9あたりじゃないと、との事。簡単に言ってくれますけどね、高いのよ。>スーパーバンディット9
しかも、南東北の田舎に現物がおいてある店なんて無い。通販という手もありますが、ショウエイやアライならとにかく、一回も使った事の無いブランドのメットを現物を見ずに試着無しで買う勇気はありませぬ。それよりなにより、このわたくしがシンプソンのフルフェイス被ってスポスタを転がす、なんて図は想像しただけで笑いぐさだ。w

というわけで、なんとなくそれっぽい雰囲気のメットはないかと、ネットを探ってみたところ、このショウエイ・ワイバーン2がひっかかりました。これなら南東北の田舎でも現物がありそうなので、会社の帰りに最寄りのドライバーズスタンドへ行ってみましたらば・・・ありませんでした。(汗
こりゃやっぱり通販か。これだから田舎は(ry

いや待て待て。
落ち着いてお店の人に在庫を聞きましたら、目の前の棚に一個ありましたよ。いやー写真で見たより普通だったので気がつきませんでした。色もサイズも狙っていたモデルだったので即購入。およそ3万円+の出費。ああ物入りだ。

買って来てから口コミの検索とかしてみると、見た目は良いけど性能最低、とかいわれてますよ。(汗
風切り音がすごいとか曇るとか。まあ、わたしの場合、乗り物の方のXR1200も見た目優先ですからねぇ。ちょうど良いんじゃないでしょうか。
あと被り心地が好き。ショウエイのメットはゴツゴツした被り心地でアライは柔らかめにフィット、というのがわたしのイメージでして、ホーネットVもホーネットDSもそのイメージ通りだったんでんすが、このワイバーン2はショウエイとアライの中間的な被り心地と感じました。わたし的には良いところ取り。

加えて、この形、はるか昔にVT250FやAR80で大垂水峠を走っていた頃のショウエイのメット(もうなんてモデルか忘れた。)に似ているような気がして・・・当時、わたしの被っていたヘルメットはアライのフレディスペンサーレプリカでして、これまたベースモデルが何だったのかはすっかり忘れてますが、まあ保守的な丸い格好でした。それに対して当時のショウエイのヘルメットは上から見て前後に長いデザイン&シールドが横長&シールドから下のボリュームが多めで、形に関してはわたしの好みだったんですね。それに似ているなぁ、と。

ちなみにタイトルは「機動警察パトレイバー2 the Movie」より。それなりに有名なセリフなんですが、知らない人は全く意味不明でしょうな。w
by namatee_namatee | 2009-06-23 20:00 | motorcycle | Comments(10)

積載ネタ

c0019089_2065440.jpg

なんとなく積載ネタが盛り上がっていたので、それにあやかって。

これはXR1200の純正リアキャリア。正式名称はラゲッジラックでございます。リアカウルの下の方、ウインカーからリアサスにかけて伸びている棒状のものもバンジー・バーというオプション品です。

スポーツスターはその名の通り“ハーレーダビッドソンの各モデルの中では”スポーツモデルですので出来れば余計なものを付けたく無い。特にXR1200はこれでも一応はXRの名を冠しているわけでして、硬派を気取ってみたいところなんですが。しかしながら、わたくしはツーリング&キャンプが趣味でもあり、どうしても荷物の積載というものをしなければならんのです。

そういったわけで、涙をのんで(大げさ)装着したのがこの2つのアイテム。
これ結構するんですよ。ラゲッジラックが30,500円、バンジー・バーが12,700円。+取り付け工賃が9,450円ときたもんだ。さすがハーレー、パーツが高いぜ・・・まあローンの中に入っちゃってますけどね。

このラゲッジラック、芯?がスチールで表面にプラスチックがコーティングされた感じの構造で、ものすごくしっかりしてます。耐荷重は3.5kgぐらいだったはずですが、実際には10kgとか乗せても余裕だと思います。欠点はそのプラスティックコーティングのせいで表面がツルツルと滑ること。先日のようにツールボックスなどを乗せようとすると、一向に落ち着かず大変困ります。さらにデザイン優先なのか、見ての通りサイドが下向きに下がってまして、なおさら荷物の落ち着きが悪いと来たもんだ。これは滑り止めシートかなにかを間に挟んで対策するつもり。幸いにしてリアシートとはほぼ面イチですので、そこら辺をうまく工夫すればそれなりに荷物は楽に積載できると思います。

問題は本来の目的であるツーリング&キャンプに出かける見通しがまるでたっていないということですな。
by namatee_namatee | 2009-06-22 20:28 | motorcycle | Comments(4)

疲れた・・・

c0019089_1710112.jpg

昨日のサバゲの模様・・・疲れて写真撮る気力がなくて、こんなのしか無い。orz

昨日のサバゲは例によってTeam2chの「6/20激空間プロサバゲ2009(雨天再試合)@Area51」。何がなんだか。
タイトル通り、千葉の香取市にあるエリア51というフィールドで行われました。元々は4/25に予定されていたゲームですが、当日が悪天候のため6/20に延期になったものです。お昼から真夜中までの長丁場。

いろいろとルールに工夫がされていて楽しそうだったんですが、残念ながらフィールドに対して参加人員が少なめで、思ったほどイベントが発生しなかった感が強かったですね。フィールドが広いので、なかなか敵に遭遇せず、楽勝で敵陣近くまで攻め込めちゃう。で、敵のディフェンスと激戦になって戦死、の繰り返し。復活戦ルール(ゲームに時間制限が無く、ヒットされても自陣に帰って復活。)のせいもあって移動距離が長くて疲れました。いやもう、足にマメができて痛くてね・・・

エリア51はエアガンメーカー?のCAW(Carft Apple Works。ミニガンとかモスカートで有名。)のフィールドで、使用できるBB弾にちょっと癖があるというか、制限があります。EXCELのバイオBB弾、それも白いのはダメで黒か緑か茶色が指定だそうです。まあ、ウチの場合はEXCELのBB弾が制式ですし、色も白はあまり使ってないので差し支えはありませんが。
そのような制限があるせいか、CAWの人がBB弾を売りにくるんですよ。でも店番の合間にくるみたいで、販売している時間が短くて笑った。開始前(12:00ごろか)には帰っちゃって、あと夕方来ますって言ってましたが、夕方というか19:00過ぎに来て販売したのが10分間だけ。w
確にフィールド内ではBB弾が目立たず、色付き限定の意味はあるのだなぁ、とは思いましたが、人によっては弾薬補給に難がありそう。

そういえば、もしかすると現存する千葉の営業フィールドはこれでほぼ制覇したかも。しかもTeam2chで。w

今回の武器は次世代M4A1 CARBINEとM4-P.M.C.とソードオフ仕様のCA870。明るい時間帯にはM4-P.M.C.、暗くなって来てからはM4A1 CARBINEを使用しました。CA870は使いませんでした。疲労が激しくて、コッキングなどしている場合ではない。(汗

明るい時間帯、オープンサイトでハイサイ気味のM4-P.M.C.は有能。短い時間に大量の弾を送り込めるので、効率良くヒットを取れると感じました。暗くなってくるとダットがないのは厳しいので、M4A1 CARBINEにスイッチ。これはこれで特に弾速やサイクルが速いわけではないんですが、ちゃんと狙ったところに確実に弾が飛んで行く性能で全く不満はありません。例によってキックがあるのは楽しいですしね。強いて言うならちょっと重めかな。

翌日の天候が思わしくないとのことで、ゲームは深夜0時に終了。
わたくしはあんまり疲れたので22:30ぐらいにはセーフティに引き上げちゃってました。大体、20:00ごろからセーフティでの休憩が長く&多くなってましたね。24:30ごろ帰路につき、26:00ごろ帰着。このフィールドは比較的近い。風呂に入って寝たのが27:00。朝ご飯食べに8:00に起きましたが、また寝ちゃってそのまま14:00まで寝てました。(汗

今回も幹事&参加のみなさま、お疲れさまでした。またよろしくお願いします。
by namatee_namatee | 2009-06-21 18:11 | survival game | Comments(0)