<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

毎年恒例

c0019089_14192625.jpg

芸の無い写真で済みませんねぃ。
今年もなんだかんだいって毎年恒例になりそうな年越し夜戦に行ってまいります。紅白〜ゆく年来る年を見ながらという過ごし方もあれば、薮の中で息を殺して敵を撃ちながらという過ごし方もあるわけですな。>大晦日

T2cの夜戦というと大体徹夜に近いゲームなんですが、いつもは21:00には寝るというわたくしでも、ゲームの最中は真夜中だろうが明け方だろうがそれほど眠くないんですよね。不思議だなぁ。
もっとも帰り道は眠くて大変ですけど・・・
by namatee_namatee | 2008-12-31 14:43 | survival game | Comments(2)

忘れてました。

c0019089_1911135.jpg

先日の定例会@ナンバー9のじゃんけん大会で貰ったBB弾。0.2gが5袋。
これはT2cのゲームでお世話になっているフィールド、SPLASHが火事になっちゃいまして、再建の足しになればということで寄付しようという話だったような気がするんですが、うっかり持って帰ってきてしまいました。っていうか、さきほど明日の年越し夜戦の準備していて見つけた始末。すっかり忘れてた。(汗

年越し夜戦もそのSPLASHで行われるので、改めて持って行こうかと思ったんですが・・・ウチに使ってないBDUがあるので、そちらを寄付する事にします。
by namatee_namatee | 2008-12-30 20:49 | survival game | Comments(0)

大掃除をする

c0019089_20331432.jpg

押し詰まってまいりましたので、大掃除の真似事などをしてみました。
とりあえず、アウトドア関連のアイテムがおいてある部屋を整理してみる。そこら辺に放り出してあるテントを庭に干したのが、この写真であります。左からランドブリーズ・ソロ、ハーフムーン3、マイティドーム、モノフレームシェルターの4つ。これらは使用する機会が少ないので、干した後、適当に丸めて物置へ移動・・・したところで、疲れたので掃除はお終い。w

午後は年越し夜戦に備えてバッテリーの充電をしてましたとさ。明日は山積みになっているクッカーとシュラフに手をつけるつもりです。
by namatee_namatee | 2008-12-29 20:39 | diary? | Comments(0)

ものものしい

c0019089_17454191.jpg

東京マルイの電動ハンドガン、M93Rにダットサイトを載せてみました。
取り付けは簡単、上面にレールのついたオプションのスライドを買ってきて交換するだけ。電動ハンドガンのスライドはガスブローバックハンドガンのスライドとは違い、たんなるバレル&バッテリーのカバーでして、実に簡単に取り外せますので、ダットがいらないときはノーマルのスライドに換えればO.K.でして、これはたいへん便利です。

いやしかし、このスライド、見た目がイマイチでして。いかに電動でスライド固定とはいえ、レールがどっかりと乗っかっているのは、ちょっと抵抗があるんですよ。そうはいっても、電池で動くBB弾発射装置であるのは確かでして、能書き言わずに一発撃ってみれば、スライドなんかどうでも良いか、と諦めがつく・・・でも、しばらく眺めていると、もうちょっとなんとかならんかったのか、という気持ちがこみ上げてくるという・・・なかなか悩ましいものなのであります。

見た目はとにかく、構造はしっかりしてます。レールの部分はちゃんと金属で出来ているし、よく観察してみると、アウターバレルというんですかね、レールの下のスライド前半の丸いバレルを再現している部分も金属製となっており、かなりの重量感があります。あーダット載せる前に重さを量っておくべきでしたね。なにか機会があったら計測しておきます。
そういったわけで、ものものしくなった見た目同様、持った感じも相当に力強くなりました。

ちなみに同じ電動ハンドガンのUSPにもスライド上面に短いレールを追加するパーツ(マズルアダプター)があり、わたしも持ってますが、あれはスライド全体を交換するのではなく、その名の通り、スライドの先端部に被せて裏側から小さなネジで固定するというもの。そう気安く取り付けたり外したりは出来ませんし、パーツそのものがプラスチック製で剛性感に乏しいんですよ。もとよりUSPはサイドアームとして使いますので、ダットを載せたりするとホルスターに収まらなくなって具合が悪い。そういったわけでUSPにマズルアダプターは使用しておりません。

ストック+ダットサイトを装備したM93Rの性能は文句無し。ストックがまともに機能しないスコーピオンよりも当たるんじゃないでしょうか。これならぎりぎりメインアームになりそうな気がしてきました。
by namatee_namatee | 2008-12-28 18:30 | survival game | Comments(0)

今更も良いところですが

実に今更な感じがするんですが、WILD-1オリジナルのツアードーム・2に引き続いて、ダンロップ・R224のインプレっぽいもの。そもそもR224なんていうモーターサイクルツーリング用テントの定番中の定番に今更インプレが必要なのかという問題があるわけですが。そう思って、検索してみると意外にそのものズバリの情報が見つかり辛いです。一番最初に自分のブログがヒットしたりして、ちょっと鬱。w

というわけで、全く価値のないインプレかもしれませんが、始めちゃったものは仕方ない。

fig1収納状態。
新品だったツアードーム・2とは違って、こいつは何回か使用済み。普段は広げたままで保管してあり、この写真を撮るために大急ぎで適当に袋につめたので、通常の運用時よりちょっと膨らんだ状態になっております。
R224の袋はこのようにカバン状に上がジッパーで全開になる仕組み。大きさはかなり余裕があり、前述のように適当にゆるく畳んだフライ+インナーでもぎゅうぎゅう押し込む事も無く、なんとか収まってしまいます。ポールとフットプリント(後述)、ペグ、ガイラインも入ってます。
見た目は持ち手のところとか、ちょっと安っぽいんですが、機能的には大変良く出来ていると思うんですよ。
真ん中の黒いテープみたいなのはコンプレッションベルト。これはノンオリジナルです。
ちなみにR224のスペックはインナーが間口210x奥行き120x高さ110cmで重さ3.5kgです。
c0019089_1752566.jpg


fig2内容物。
左上から時計回りにいくと。
左上はフットプリント。これはダンロップ製ではなくて、小川キャンパルのマルチシート210×130用というもの。大きさ的にR224にちょうどよいです。価格も安いしね。四隅にフックのついたゴムリングがあるので、それを使ってR224のインナーのバックル部分に引っ掛けてます。
その右側がインナー。グランドシートは山岳用テントとはちがってかなり厚みがあります。そのおかげか、畳み安いような気がしますね。
左手前はフライシート。何度も登場しているカモフライ。これはナチュラムでノーマルフライ(モスグリーン)と2つセットで18900円と安かったので。
c0019089_1753483.jpg


fig3ポール。
ポールは3本あります。メインの長いポールが2本と、フライ上部を横に張り出すための短いポールが1本。メインのポールはインナーの短いスリーブ(後述)に差し込みますので、端部はこのように白い樹脂のキャップがついてます。
c0019089_1754267.jpg


fig4とfig5インナーにポールをセットした図。
オーソドックスなインナー吊り下げ式のドームテントであるR224ですが、このインナーとポールのセット方法は、個人的には取り立てて特徴の無いR224の最も特徴的な部分だと思います。fig3で書いたインナーの短いスリーブというのがこれ。fig5はその拡大。
設置するときに、インナーを広げてポール四隅の短いスリーブに差し込むと、こんな風に弱々しくはあるんですがポールが自立します。これがハトメに差し込むタイプだと、弓なりに曲がったポールはインナーの上にべったりと倒れてしまい、もう一本のポールをセットするのにちょっと手間がかかる。手間というよりイライラすると言った方が良いかな。R224ではそれが少ないんですよ。感心した部分。
c0019089_1755128.jpg
c0019089_1755824.jpg


fig6とfig7これはインナーとポールを接続する部分。フックとでも言うんですかね。
写真ではインナーの一番上のところを先にポールに接続してますが、実際は外れの方から順に接続した方が楽です。このフックは各辺に2カ所ずつありますので、下から引っ掛けてきて、最後に前述のフライ上部を横に張り出すための短いポールをフライにスリーブに通してから、fig6のフックをかける、というのがおすすめかと。

実はこのフックも地味に扱いやすい部分。対抗する2つのカギ状の部分の間の隙間をポールにあてがって、ちょっとひねるだけで簡単に引っかかります。力もコツもいりません。よく考えられていると思います。スリーブ式なんて比べ物にならないイージーさ。その反面、強度に不安を感じるんですが・・・どうなんでしょうね。
c0019089_176695.jpg
c0019089_1761923.jpg


fig8とfig9とfig10インナーが立ち上がった図。
全てのフックをセットするとこんな感じになります。このテントは完全に前後対称な形をしているので、出入り口も手前と奥に同じ大きさの同じ構造のものがあります。写真の通り、その気になれば側面は全て開け放つ事が出来、大変風通しの良いテントです。

ちょっと不満な点は、出入り口のドア?の構造。このドア、外側がメッシュになってまして内側にインナーと同じ材質の布のパネルという二重構造になってます。それぞれ別々のジッパーで開け閉めしなければならないので、出入りのときに内側のパネルのジッパーを開けて、さらに外のメッシュのジッパーを開ける必要があるんです。ちょっと面倒。内側のパネルにメッシュがついている構造ならば、出入りの時に開け閉めするのはメッシュかパネルかどちらか一方のジッパーだけで事足りますからね。まあ内側のパネルを閉める場合は外側のメッシュは開け放って束ねておけば良いんですが。

あとジッパーが縦と横に二つあるのは・・・開け閉めに2アクションいりますが、D型のドアの場合なんかは曲がっている部分でジッパーが引っかかってスムーズさにかけたりするので、直線で動かせば良いR224の方式も悪くないと思います。
c0019089_1764147.jpg
c0019089_1764820.jpg
c0019089_1765671.jpg


fig11とfig12中の様子。
中はこんな感じですよ、という写真。天井の部分は件の短いポールのおかげで横幅が確保されており、なかなか広くて快適。
c0019089_177468.jpg
c0019089_1771620.jpg


fig13縦からみると。
こんな感じ。件の短いポールはこのくらいの長さで横にフライを張り出します。意外に長いんですよね。
c0019089_1774787.jpg


fig14とfig15フライをかけて内側から見たところ。
R224のちょっと不満な点がもう一つ。fig14のとおり、フライをポールに固定する部分が、このようにイチイチ紐を縛らなければならないこと。シエラデザインのハーフムーンのように短いベルト+ホックだったら簡単でスピーディなのに。
fig15は件の短いポールがフライに固定される部分。ポケット状のパーツにポールが差し込まれるようになってます。ポケットの手前の黒い部分はゴムが縫い込まれた布のベルトなので、伸縮性があります。シェラデザインのハーフムーンも同じような構造ですが、アレはポールをハトメに差し込む方式。でもってR224のような伸縮性のある材質ではないので、設置しているときにちょっとした弾みでハトメからポールが抜けたりして困ります。ウチのはハーフムーン3でそれなりに幅もあるテントでして、ぐるっと反対側までそれなりの距離を歩いて行って差し込み直ししなければなりませんからね。w
この写真からもわかりますが、各部の縫製についてはなかなか丁寧で心配無さそう。
c0019089_1775577.jpg
c0019089_178350.jpg


fig16でもってフライをかけて完成した図。
とりあえず正面から。
c0019089_1781324.jpg


fig17フライの細かい部分。
前室の外側にある通気口?エッジの部分にはこういった形を保つためのパーツが縫い込まれています。ガイラインを付けるループもあります。
c0019089_1782217.jpg


fig18側面から。
今回、うっかりして前室の様子を撮るのを忘れてしまいましたので、前室の幅などはこの写真から想像してください。前後対称なテントですから、前室も二つあります。
c0019089_1783121.jpg

ツーリング用として、とても良く考えられた良いテントだと思います。つまらないといえばつまらないんですが、使っているとじわじわと良さが身にしみてくるような渋いテント、という印象。余計な事を考えずにツーリングそのものを楽しむにはこういうのが良いんじゃないでしょうか。価格も安いし、定番なのも当然と言えば当然ですね。
by namatee_namatee | 2008-12-27 17:08 | outdoor | Comments(2)

ビュッシュ・ド・ノエル

c0019089_20224637.jpg

昨日と一昨日に食ったケーキ。嫁さんが選びました。ビュッシュ・ド・ノエルというのだそうで。直訳すると「クリスマスの薪」だって。全然知らんかった。ロールケーキかと思ってました。(汗

このビュッシュ・ド・ノエル、10月にできたばかりの近所のケーキ屋さんで買いました。事前に美味いかまずいかのチェック無し。一か八かの冒険ですな。

食べてみた感想はというと、スポンジというんですか、あのフカフカした所の味がとても濃くて、生クリームの立場が無い。焼き菓子の類も買ってきたんですが、そちらもバターなどの味がものすごく濃い。ケーキの味なんて全然わからないわたしでもわかるんですから、こりゃ相当なもんです。どうもこのお店の特徴のようですね。

情報としてそのお店はどこのなんというところかというと。
Patisserie VERTU
茨城県ひたちなか市西大島1-8-7
だそうです。わたしのような味覚音痴じゃなくて他の人のインプレも張っておきましょう。
by namatee_namatee | 2008-12-26 20:39 | diary? | Comments(2)

実に32年

c0019089_20433725.jpg

写真はウチのレコードラックの奥から引っぱりだしてきたレコード。いつもながらライティングが悪いですなぁ。(汗
10枚ぐらいのLPで構成されてまして、ルージュの伝言とか埠頭を渡る風とかあなたはショッキングシャインとか君のひとみは10000ボルトとか・・・ナツカシス

たぶん尾崎亜美が東芝EMIからアルバムを出していたから買ったんでしょうねぇ。価格は覚えてないけど、通販で12000円ぐらいだったような。

それはそれとして、チームメイトのラード氏のブログにこんな記事が。後半に高木麻早という人のことが書かれていますが、これを読んで思い出した。いや、高木麻早という人はわたしは全然知りませんが、この記事がきっかけになって思い出した事があるんですよ。

「13歳のころ、中学校の1年生だったかな、通っていた学校の高等部の文化祭で流れていた曲(当然、当時流行っていた歌)はなんだったのかと、もう一度聞きたくてずっと探していたんですが見つからなかったこと」を思い出した。ややこしいですね。
当時でも歌っていたのが誰かはわかっていた。その歌の前のシングルはものすごいヒットで有名。それは当時もわかっていたんです。今だったらネットでちょいちょいと調べればすぐになんという曲だったのかわかりますし、YouTubeで聞く事すら出来てしまいます。当時だって流行っていた歌だったんですから、レコード屋へ行って一言聞けばすぐに手に入ったはず。が、それが出来なかったんですねぇ。初心だったんだなぁ。ずっとラジオとかテレビを聞いたり見たりして、偶然その歌がかかるのを待っていたのでした。で、かからなかった、と。w

そういったわけで、さっきちょいちょいと検索してみた。まずWikipediaで該当する歌手を検索してディスコグラフィーというところを見ると・・・あった、ありました。実に32年ぶりに謎が解けましたよ。3秒で。
さらにYouTubeで検索・・・ああ、これこれこれですよ。テラナツカシス。

その歌は太田裕美の「赤いハイヒール」。木綿のハンカチーフの次のシングル。
「そばかすお嬢さん♪」というところがねぇ。初心な少年の心をつかんだのでしょうなぁ。

しかし32年、もうちょっとなんとかならなかったんですかねぇ。(汗
by namatee_namatee | 2008-12-25 21:19 | diary? | Comments(2)

クリスマス・イヴだというのに殺伐とサバゲの武器の話

c0019089_1926103.jpg

先日のナンバー9二周年記念定例ゲームでの一こま。
M4-P.M.C.が二丁。下は私の。上はちーむ2ちゃん24時間耐久サバゲ「ちーむ2ちゃんねる秋の陣The3rd」の黄軍大将、某ペンギン軍曹のもの。

購入した時期はおそらく一月ぐらいしか違わないはずなんですが、この使い込みぶりの差は。(汗
軍曹のはリアサイトない&イジェクションポーとのダストカバーはダクトテープで固定されてる。リアサイトはいつの間にか無くなっていたとの事。フロントサイトがあればなんとかなるそうです。ダストカバーは動き回るときにパタパタするので、固定したとのこと。どれだけ激しくアクションするのかと。フラッシュハイダーもノーマルとは違うのがついてますが、ノーマルのハイダーだと地面に落っことしたときに土が詰まって取れなくなるので、バードケージタイプのものに交換してあるのだそうです。
マガジンはマルイ純正の190連タイプ多弾マガジン。これは短いのでプローンで撃つときに邪魔になり辛いのだそうな。たぶんフォアグリップも同じ理由でフォールディングタイプなんだろうなぁ。ここら辺は実戦的で参考になります。

このゲームにわたくしが持ち込んだのは、このM4-P.M.C.とちらっと写ってますがスコープ載せたM14-SOCOM+ストック付きのM93Rでした。M14はやっぱり重くてねー。午前中4ゲームほど使用して、午後はしまっちゃいました。スコープのおかげでかなりの遠距離から油断している敵を狙撃したり、それなりに使える事は確認しましたがどうにも重くてたまりませんでした。

主に使ったのはM4-P.M.C.でしたが、午後遅くになってダットサイトの調子が悪くなりまして。いつのまにか電源が落ちてしまうんですよ。確か2時間でオフになるはずなんですが、3分ぐらいで切れちゃう。これは不便でしたね。某オークションで1万円弱のホロサイトもどきなんですが、やっぱり安物はだめかなぁ。

M93R+ストックはなかなか良かった。あるゲームのスタート前にこれをもって集合場所に立っていたら、某ナム戦のオーソリティの方などから「超機動戦をやるつもりですね?」などと冷やかされましたが、実際には例によって重い銃を振り回す体力が尽きたので軽いハンドガンにしただけなんです。M93Rでストック付きというのが煮え切らないとも言われましたねぇ。w
それはそれとして、ストックをつけたM93Rはとても使える銃です。長モノとほとんど遜色ないな。敵をみつけて咄嗟にさっと撃つ場合にはストックを無視して普通にハンドガンを撃つように狙うと良いみたいです。遠距離の射撃時にはちゃんとストックを肩に当てて撃てば、弾速は遅いもののちょっと信じがたいグルーピングを発揮します。フルサイズ電動ガンと正面切ってフルオートで撃ち合うと、装弾数が100発なのがちょっと辛いところですが、指切りでバースト気味に撃つとか、工夫すればなんとかなるレベルですね。しばらくはM93Rの有効利用を模索してみようと思います。次は年越し夜戦ですので、ダットでも載せてみようかな・・・
by namatee_namatee | 2008-12-24 21:11 | survival game | Comments(0)

m9(^Д^)

c0019089_1702154.jpg

これはなにかというと、ウチのスイフト・スポーツの左後輪。

エアーが無い状態(規定空気圧の1/4以下)で気がつかずに走っちゃいました。(汗
サバゲに行って帰ってですから、260kmぐらいか。サバゲからの帰り道、ウチのすぐ近くのガソリンスタンドで燃料補給しているときにこうなっているのに気がついたんですが、とりあえずエアーを入れてウチまで帰りました。でもって昨日一日放っておいても空気が抜けた気配がない。パンクでもないようです。ということは、日曜日のサバゲに出発した時点からエアーがなかったことになりますな。走っているときにはあまり違和感が無かったんですよね。なんとなくふらつくなぁ、とは思っていたんですが、日曜日は風が強かったので、そのせいかと。

どっちにしろ、およそ30,000km使用したこのタイヤは3分山ぐらいになってまして、3月の車検のときには交換しようかなぁ、と思ってました。良い機会なので、適当なタイヤに交換。ミシュラン好きなので、手頃なPilot Preceda PP2というのを選択。っていうか、195/50R16なんていう変なサイズのせいで、これしか選択の余地がありませんでした。4本工賃全部込みでおよそ65000円也。

さて、そのPreceda PP2、第一印象はあんまり良くない。(汗
ロードノイズが大きいんですよ。ダメにした元のタイヤがダンロップのコンフォート系(なんだったか忘れた)だったせいか、ロードノイズはスイフトでスポーツというイメージよりは静かだったんですが、このPreceda PP2はザーっというノイズが耳につきます。反面、ステアリングのレスポンスは良くなったかも。あとステアリングを切り込んで曲がっている時の安定感もup。たぶんスポーティーなタイヤなんでしょうねぇ。

車に興味の失せたわたしには、静かで減らないタイヤの方がありがたいんですけどね・・・
by namatee_namatee | 2008-12-23 17:30 | car | Comments(0)

充電器はサバゲーマーの生命線である。

c0019089_20414154.jpg

バッテリー充電器を新調。

奇をてらう事無く、EAGLE FORCEのD1Lチャージャーでございます。2006年の9月以来、ずっと使って来たProluxの充電器がここのところ不調になりまして。電源が入らない事があるんです。叩くと直ったりするんですが。w

この時期、電動を中心に展開するサバゲーマーにとって、充電が出来ないと言うのは致命的。一も二もなく、充電器を更新することになりました。数あるバッテリーチャージャーの中にはもっと安いものもありますが、LCDの画面で充電状況が確認できる&広い範囲のバッテリーに対応、ということでこのD1Lをセレクト。

いやしかし、D1Lといえば、某ラード氏が秋葉原の某店で脅し取っ・・・おや、こんな時間に誰かきたようだ。
by namatee_namatee | 2008-12-22 20:41 | survival game | Comments(2)