<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

トッテ

c0019089_20464299.jpg

ボルドバーナー+トランギア・トライアングルグリッド+エバニュー・チタンケトル。さらにトランギアのハンドルを使ってみようかと。

写真はレイアウトしてみただけです。ボルドバーナーはこういう場所では使えません。あっというまにバーナー部の下が焦げます。

いやその、お題はハンドル。
クッカーを使うとき、お湯が沸いたりパスタが茹だったり、そういうときには当然ながらクッカーを持ち上げて食べたり皿に盛ったりするわけですが、これが素手だと熱い。特にストーブの火をつけたままクッカーを持とうとすると、側面まで炎が回っている場合もあって熱いのなんのって。ガスストーブなら簡単に炎の調整も出来ますし、消火しちゃっても再点火は簡単ですのでまだマシなんですが、液燃ストーブは火力調整が苦手なのが多く(ウチにある液燃ストーブでは最新のはずのプリムスP-MF-EXですらとろ火は不可)、うっかり火を消してしまうと再点火が面倒だったりして、出来れば火のついたままクッカーを持ち上げたいんですよね。ボルドバーナーの場合は、液燃としてはきわめて広い火力調整範囲を持ちますが、その火力調節はクッカーの下になっているバーナー部を操作するんですから、クッカーをどかさないと調節も消火もできないわけでして。

クッカーの把手は各ブランドでイロイロ工夫されてまして、写真のエバニューのものは短めの把手+シリコンチューブで熱の伝わるのを押さえようとしてます。押さえてないけどな。ユニフレームの把手は細くて長いのが多く、クッカーからの距離を取って熱くならないようになってます。熱くなるけどな。*のはエバニューのからシリコンチューブを除いたような感じ。エバニューより複雑な形状で手にフィットするように考えられているようです。あんまり意味は無いけどな。

結局のところ、軍手の類などの手袋が必要になるのでございます。それはそれで鬱陶しい。細かい作業、例えばフタのツマミをつまむとか、ストーブのバルブを操作するとか、手袋をしたままではやり辛いこともあるわけです。

そこで登場するのが、このハンドル。こいつは使う時だけ手に持てば良いわけですので、クッカーからの熱で熱くなっている事も無い。長さもそれなりにありますので、炎からも距離がとれます。見た目よりしっかりとつかむ事ができ、例えばご飯を炊く時、このハンドルでクッカーをつかんで、炊けたご飯をシャモジでかき回すなんてことも楽勝でできます。

そういえば、クッカーに把手が無いタイプの場合、このハンドルは必須なわけですが、日本製のクッカーにはそういうタイプはあまり見かけませんね。知っている範囲ではトランギアとMSR、ラーケンのクッカーに把手無しで別体のハンドルを使うタイプがあります。このタイプのクッカーには上記の利点の他に、スタッキングするときに邪魔な把手と把手の取り付け部が無いので、ぴったりと重ねて収納する事が出来ると言うのもあります。カタログに書いてある外径で入るだろ、と思って買ってみたクッカーが把手のせいでスタッキングできないなんてことも無いのでございます。w

反面、欠点としてはフタを取らないとハンドルでつかめないというのがありますね。フタが熱かったりして、結局、軍手が必要になるかも。あと把手の無いクッカーの場合、ハンドルを忘れると一巻の終わり。w

個人的にはデメリットよりメリットの方がずっと大きいと思っているので、別体式のハンドルの使いこなしを追求していこうと思っております。
by namatee_namatee | 2008-04-30 20:46 | outdoor | Comments(2)

旅の支度

c0019089_21131753.jpg

その昔、スーパーシェルパに着けていたシガライターソケットをCL50に移設。シェルパの頃はヒューズもなしに直結でしたが、今回はちゃんとヒューズをいれて配線しました。単に電源の取り出しを平たいヒューズから取り出すキットを使ったからですけど。

GPSとかケイタイの電源として使います。1泊だと必要ないんですが、2泊以上になると特にケイタイの充電に重宝しますね。うまく固定する方法がなかったので、タイラップを使いました。今回のツーリングが終わったらはずしちゃうつもりなので、これで十分。

その他、CL50の各部をチェック。なんつったって自分で組んだエンジンですからね。いつ壊れてもおかしくないわけで。(汗

で、急坂を全開で登るとチリチリという音が。デトネーションというやつでしょうか。異常燃焼ですな。ピストンが融けたりしますよ?
あわててメインジェットの番手を上げる。#95でちょうど良いとおもっていたんですが、薄かったようです。#100にして見ますと、チリチリという音は消えました。が、プラグは白い。巷ではプラグの焼け色は当てにならないといわれてますが、薄いか濃いか分からないときに白いのは問題ですよ。ためしにかぶるまでメインジェットの番手を上げてみることに。セオリー通り、濃いほうからセッティングするわけですね。

で、メインジェットを#110にしてみたところ、明らかに濃い症状が出ました。バスバスッいってうまく吹け上がりません。では#105にしてみると・・・これはきれいに吹ける。#100だとスピードダウンした急坂を4速8000rpm維持して登れます。それどころか加速しますよ。すごいトルク&パワー。とても88ccとは思えません。
スロットル開度1/4-1/2で濃い症状が出てきましたので、ジェットニードルのクリップを一段あげて上から2段目に。これで快調。

いやしかし、全開で走り回ったらマフラーの音が一層大きくなったような。かなりの爆音ですよ。特に4000rpmあたりで全開にすると、吸気音が加わってすごい音。これも88ccとは思えません。(汗

さらに600kmあまり使ったオイルを交換。前回より少ないものの、まだ銀色の粒子が混ざっています。しぶといなぁ。
by namatee_namatee | 2008-04-29 21:44 | motorcycle | Comments(2)

ハリガネ

c0019089_2132099.jpg

昨日に引き続きボルドバーナーのネタ。

いい加減なケイタイのカメラのせいで変なフレアーが出てますが、これはボルドバーナーのバーナー部のアップ。
グルグルッと曲がったパイプ状の部分がジェネレーターというか気化管というか、燃料が加熱されながらバルブに向かうところです。バルブは写真では見づらいんですが、奥側のパイプが一回転したあたりにあります。上のほうの花のようなものはセパレーターとでも言うんですか、ジェットから噴出したガスを分散させる役目のもの。これはジェネレーター状のパイプにネジで取り付けてあります。写真では分かりづらいですが、そのセパレーターの下にセパレーターから繋がったニードル状のモノがあり、前述のグルグルッと曲がったパイプの途中にあるバルブに刺さってます。刺さっているバルブの部分はジェット(中空の穴)のようになっており、セパレーターから繋がったニードルはセパレーターを反時計回りに回すとネジの働きで上に引き上げられ、ジェットの隙間が広がって燃料の噴出が多くなって火力が増すという仕組み。モノをみれば一発で理解できるんですが、文章で説明すると長くなりますな。w

手前に写っているハリガネは、セパレーターを操作して火力調節や消火をするためのもの。燃焼中のセパレーターは当然、炎に包まれてますのでこのようなハリガネじゃないと操作できません。先端のカギ状の部分でセパレーターを引っ掛けて回します。その手前の短い直線の部分はバーナーのお尻にある燃料キャップを回すためのもの。燃料キャップにはマイナスの溝が切ってあって、そこへこのハリガネの直線部分を差し込んで回します。なので、このハリガネはかなり硬くて撓りづらい。よく考えてあるなぁ。

明日はボルドバーナーの使いこなしの研究をしようと思います。
by namatee_namatee | 2008-04-28 21:27 | outdoor | Comments(0)

また買ったの(ry

c0019089_174489.jpg

今年のGWは「原付で東北地方ツーリング&キャンプ」とシャレこもうかと思っているんですが、それに備えてニューアイテム投入。

見ての通りボルドバーナー(ボルドーバーナーの方がメジャーな呼び名かな)ですよ。詳細は検索してみてください。情報は豊富にあります。そういう意味ではメジャーなんですが、手に入りづらいともいわれています。本当か?コレは普通に買えたけどなぁ。製作者が世界に一人しか居なくて、その方が高齢で跡継ぎが云々・・・跡継ぎが出来たという噂も聞いたような。謎が多いストーブです。

さっそく点火してみる・・・すみません、今までゲテモノを除いたまともな液燃ストーブで最小・最軽量はSVEA 123Rだと思ってました。ゲテモノとはすなわちボルドバーナーのことだったんですが、コレはゲテモノではなくてちゃんと使えますよ。ゴトクやバルブがないせいで、普通のストーブと操作方法が違うだけで、バーナーとしての機能は普通です。トランギアのアルコールストーブ用のゴトク、トライアングルグリッドを使って600ccのお湯を沸かしてみたところ、およそ3分で沸騰しました。タンク容量の2/3ほどの白ガスで15分ぐらいは燃えますか。

欠点というか特性。
123Rもそうですが、自分の熱で加圧するタイプのストーブの常で、立ち上がりが遅いこと。特にボルドバーナーの場合は、タンクの容量が少ないのに、暖まるまでの間に燃料が消費されてしまうのが辛いところですね。バーニングペーストなどでプレヒートすると良いらしいです。
熱いうちは燃料補給ができないのも欠点。おまけに燃料タンクが小さいから頻繁に燃料補給をしなければなりません。全体が軽量・コンパクトなのでしかたないんですが。

5/3までに使いこなしておかないと。
by namatee_namatee | 2008-04-27 18:35 | outdoor | Comments(5)

シャレになりません

c0019089_18505979.jpg

今日は仕事で、特にネタがないので本棚から。

「THE BLACK BOX」(邦題:「墜落!の瞬間」ボイスレコーダーが語る真実)

見ての通り、飛行機事故の時の「ボイスレコーダー」の内容を淡々とつづった書。
大韓航空機007便(領空侵犯の疑いで旧ソ連の戦闘機に撃墜された)や日本航空123便(後部与圧隔壁の破損で墜落)など、有名な飛行機事故の記録が収録されています。変わったところではスペースシャトル・チャレンジャーの爆発事故のものもあります。

これがね、ボイスレコーダーの内容が変な脚色や解説無しで本当に淡々と書いてあるんですよ。大抵は最後に「テープ終了」「乗客乗員は全員死亡した。」とかなっていて、鬱々とした気分になること請け合い。特に日本航空123便の事故は、ニュースをリアルタイムで見ましたし日本国内の話ですから、わたしのようなガサツな者の心にも響くものがあります。機長の「これはだめかもわからんね。」とか「どーんといこう。」とかの言葉、まあネタの時に使いますけど、さすがにちょっと後ろめたい部分がありますわな。(汗

ちょっと救われる気がするのが、この本の最後に紹介されるユナイテッド航空232便の事故。この事故では日航123便と同じように油圧を失ってしまうんですが、日航123便の教訓からエンジンパワーで操縦する訓練を受けた機長(当機の機長ではなく非番の人)が乗り合わせており、彼ら乗務員の協力でなんとか不時着し、乗員乗客296名中185名が生き残ることができました。この話を最後に持ってきたところに、編者・作者の優しさを感じます。
by namatee_namatee | 2008-04-26 20:19 | book | Comments(2)

再び内蔵

c0019089_2083093.jpg

またしてもCL50のエアクリーナー周りネタ。
先日のエントリーで書いたとおり、雨対策のためにカバーを作成したんですが、やっぱり雨が降ってくるたびにカバーをつけるのは面倒です。吸気音も小さくしたいので、オリジナル風にフレームの中にパワフィルを内蔵してみることに。

必要なのは程よい内径&外径でほどよい固さのホース。
内径はキャブレターの接続部(32mm)と同じぐらい、外径はフレームに空いている穴(45mmぐらい)という条件にあてはまるもの。いろいろ探してみましたが、径に関してはダクトホースというものに条件にあいそうなものがありました。が、これは柔らかすぎるような気がする。フレームの中のスペースの関係で、キャブレターからみてやや斜め上にパワフィルを保持することが望ましいため、パワフィルの重みがかかっても曲がらないほうが良いのです。で、見つけたのがサクションホースというもの。これ、ホームセンターのポンプとかのコーナーにありましたので、ポンプに接続して水などを吸い出すためのものなんですかね。内径が38mmとちょっと大きいんですが、程よい固さで外径も40mmぐらいと条件にぴったり。内径6mmの差は3mmのゴム板で調整。反対側には前にも使った手すり用のパイプをこれまたゴム板を使って取り付け、そこへパワフィルを装着して出来上がり。

で、完成の写真。
青いコイルみたいなのがオシャレ。これが絶妙の固さを生み出しているので文句を言う筋合いではありません。w
吸気音はかなり静かになりました。もちろん、雨が降っても大丈夫。パワフィルのメンテも問題なし。これはなかなかの完成度ですよ。
by namatee_namatee | 2008-04-25 20:27 | motorcycle | Comments(0)

スナイパーとわたし

c0019089_18354958.jpg

M4A1のキャリングハンドルにスコープマウントベースとダットを装着してみる。
スコープマウントベースは先日のサバゲの折にラード氏にいただきました。ありがとうございました。

3/6のエントリーで書いたようにキャリングハンドルをはずしたM4ってなんか間抜けなんですよね。>個人的な感想
なのでキャリングハンドルの上にダットサイトやスコープを載せることの出来るマウントベースをいただけるのは大変ありがたいことなのであります。

先日のTeam2chのサバゲはボルトアクションライフル・ショットガン・ハンドガンの三派に分かれて対戦するという、ある意味画期的なゲームだったわけですが、わたしはボルトアクションライフルは持っておりませんので、使う銃は必然的にショットガンかハンドガンになります。
今までのサバゲ経験において、ボルトアクションライフル(=スナイパー)と対戦することはほとんどありませんでした。なんといっても、現代?のサバゲではフルオートで撃てる電動ガンが主流となっており、一発撃つたびに照準をしなおさなければならないボルトアクションライフルを使ってもほとんどメリットがないのが実情。規制のおかげでパワーが同じなら連射できる方が有利なのは自明の理。
といったわけで、ボルトアクションライフルを使う物好きはほとんど居ない。それはTeam2chのゲームでも同様です。いやまあ、そのかわり普通ならマイナーなショットガンナーが多いのはTeam2chらしいんですが。特にCA870の多さは異常。w

今回のゲームでは銃の種類によってチーム分けがなされておりますので、まあ大体撃ち合うのは同じ種類の銃のチームになります。普通のゲームだと相手は電動やらハンドガンやら入り混じっているんですが、今回は単一の銃なんですよ。わたしの場合はハンドガナーよりスナイパーと撃ちあう事が多かった。で、スナイパーとハンドガンやショットガンで撃ち合った感想は

「奴ら、回り込まれると弱いんじゃね?」

スナイパーってのは通常はこっそり隠れていて姿を現さずに狙撃、というのが戦い方になると思うんですが、今回はそうは行かない。まともに撃ちあいになりますので、一発撃ったら狙いなおさなければならないボルトアクションライフルの欠点がモロに出ます。侵攻する場合はスナイパーといえども姿を隠しているわけには行きません。なので奴らを見つけたら少し回りこむとスコープで狙わなければならないスナイパーは対処が遅くて、思ったより簡単に討ち取ることが出来ました。同じ状況でショットガナーやハンドガナーだとずっと早く反撃されます。
今回のゲームのシチュエーションではスナイパーは恐れるに足らず、というのがわたしの結論。>ちと思い上がり気味

普通のサバゲで長物を使うときは比較的遠距離から撃つのが好きです。バースト気味に狙撃する感じですかね。これはエアガンのパワー規制でスナイパーの利点がなくなってからは増えたスタイルなんじゃないかと思います。わたし自身は規制後にサバゲ始めたのですが・・・
なので重さの問題さえなければ、初速が速くて集弾性の良いM14SOCOMが一番好きなのですが、アレだと体力が一日もちません。その点、M4は軽量なのでバレルを長くしたりしてM14と同じような性能を狙ったんですが、思ったほどでもなかったです。orz
バレルの長さとか、ポンプの大きさとか機構の違いだけではなくて、剛性やら重さやら銃のバランスとかイロイロ影響しているんでしょうねぇ。

このレールのおかげでかなり狙いやすい位置にダットサイトを取り付けることが出来るようになったので、M4で中距離からのスナイプ@バーストを追求してみようと思う次第。
by namatee_namatee | 2008-04-24 19:15 | survival game | Comments(0)

先割れスプーンって好き。

c0019089_19431991.jpg

小物ネタで引っ張りますよ?

印西ビッグホップのWILD-1で買ったユニフレームの先割れスプーン。トレイル先割れスプーンTiっていうんですって。なんか語呂が悪いな。

前にも書きましたが、ウチには*のチタン先割れスプーンってのがあります。こいつの欠点はちょっと長くて収納に工夫が居ること。トランギアのメスティン(小さいほう)にいれようとすると納まるかどうか、ギリギリなんです。同じような不満を持っている人が他にもいるようで、柄を切って使っているという記述を読んだ事があります。その人は登山の時、チキンラーメンを砕いた奴を煮て、この先割れスプーンで食べるそうな。どんなもんかなと思って、ためしに自分でもやってみましたが、確かにスプーン一本だけですんで便利ではありました。

で、今年になって*からチタン先割れスプーン ショートが出たらしいんですよ。いや、WILD-1で*のカタログを見て気が付いたんですが。こいつは和武器(*の箸)のケースにスタッキングできるのだそうです。和武器は持ってるものの、イマイチ使いづらくて引退させちゃったので用はありませんが、この短い先割れスプーンは魅力的。
で、買おうと思ってカトラリーのコーナーへ行ったら、写真のユニフレの先割れスプーンがありまして、こちらの方がコンパクトなわりに展開時に長くて使いやすそうだったので買ってみた、というわけでございます。

折りたたみ機構はユニフレの同じシリーズのお玉(コレも持ってます。廃盤なのか。)と同じで、ステンレスのワイヤーで出来た柄をスライド式のストッパーでテンションをかけて押さえつける方式。ぐらついたりせずに、ちゃんと固定できるので折りたたみだからといってヤワな感触はありません。使用時の長さもちょうど良いかな。さっきためしにご飯を食べてみてのインプレです。w

先割れスプーンというと、わたしが小学生のころの給食を思い出しますね。もちろんチタンじゃなくてステンレスの先割れスプーンでした。後に行儀が悪くなるとか言われて、お箸になってしまったんじゃなかったかな。合理的な食器だと思うんだけどなぁ。

・・・あの大量の先割れスプーン、どこに行ったんでしょうね。
と、思って検索したらこんなページを見つけてしまいました。スプーンの裏の刻印(下の奴)、すげー懐かしいぞ。w
by namatee_namatee | 2008-04-23 20:21 | outdoor | Comments(4)

しまったぁ!

c0019089_2020012.jpg

CL50のキャブセッティングがだいたい固まったので、ひとつ高性能なイリジウムプラグでもと思ったんですが。
CR7HIXにしなければならないのにCR7EHIXを買って来てしまった。ネジ部の長さが全然違うじゃん。1500円もするのによぅ。レシートも捨てちゃったし箱もつぶしちゃった。orz

ちなみにCL50の標準プラグはCR6HSAです。サービスマニュアルによると高速主体での使用時はCR7HSAにしろ、となっております。シリンダーもピストンもヘッドも原形をとどめていない高回転型エンジンになっているので、いくらなんでもCR6HSAではまずかろうとCR7HSAを使ってますが、ほとんど全く違いが分かりませんなぁ。

キャブセッティングについては、メインジェット#95、パイロットジェット#38、ジェットニードルのクリップは下から二段目でほぼキマリという感じ。データ上はPC20のデフォルトのセッティングとあんまり変わってない。なんのためにいじくり回したんだか。(汗
油面を1mm上げてから、メインジェット#85では高回転域でバスバス言うので、濃いと思ってメインジェットの番手を#82まで下げてみたんですが、かえって調子が悪くなりました。逆に#90にしたらば症状が改善されたので、濃い方向で調整し#95で決定。もしかするとジェットニードルのクリップはもう一段上げても良いかも。

懸案の雨対策、エアフィルターは適当なホース(内径38mmのサクションホース。キャブとの接続部分に3mmのゴム板で太さを調整。)を買ってきてフレームに内蔵しました。吸気音はかなり抑えられました。

これでツーリングにいけるレベルまで完成度があがりましたかねぇ。上がってると良いなぁ。
by namatee_namatee | 2008-04-22 20:46 | motorcycle | Comments(0)

季節外れか

c0019089_20394394.jpg

*のダブルマグとフタでございます。フタは*の2008年ニューアイテム。
マグはずいぶん前から使っているもの。フタは一昨日買ったもの。このフタはこれからの時期にはあんまり必要とはいえないですね・・・このダブルマグはツーリング&キャンプ用に使うことにしました。山登りだと火にかけられるシングルマグの方がなにかと使い勝手が良いと思いますし。なんといってもシングルマグは軽いしね。

じゃあこのフタ、どうやって使うかというと、もちろん基本は飲み物が冷めないように使うんですが、それ以外に想定したのは、パッキング時に中にこういった小物をいれてこのフタをしてみようかと。そうすると中に入れたものが転げ出てこないでしょ。わたしもだんだん抜け目なくなってきましたよ。w

フタ本来の使い心地はというと、この類の飲み口?は不慣れなので気の利いたことがいえませんが、口を当てる角の部分(外周側)はもう少し滑らかな形のほうが良いかも。ちょっとゴツイ感触です。断熱性にすぐれたダブルマグとこのフタの組み合わせは確かに飲み物が冷めないですね。ただ持ったときに手に熱があまり伝わってこないので、熱い液体が入っているということが分かりづらいです。うかつに口を付けたらいきなり熱っついお茶とかで、驚くことがあるかもしれません。
by namatee_namatee | 2008-04-21 20:47 | outdoor | Comments(0)