<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年の年越しは

c0019089_18343476.jpg

Team2chの夜戦でございます。w
by namatee_namatee | 2007-12-31 18:34 | survival game | Comments(2)

本日の行い

今日は朝からカミナリですよ。それもかなり激しい奴。思わずPCの電源を落とすぐらいの強烈なの。
というわけで、相変わらず洗車もできず家にひきこもっておりました。
今日したことといえば・・・

1.サバゲに備えてバッテリーの充電
2.本を読む。
 「最後のドイツ空軍:アルフレッド・プライス」
 「ドイツ空軍、全機発進せよ!:ジョン・キレン」
3.嫁さんが借りてきた「機動警察パトレイバー the Movie」を観る

主にこんなところですか。(汗
1.はいつものことですな。例によってマイクロバッテリーが面倒い。今回の主力はポンプアクションのSPASが努めるはずですが・・・

2.なぜかドイツ空軍。たまたま本棚にあったのを読んだだけですが。両方とも既読。既読どころか、10回じゃ足りないぐらい読んでます。w
前者はかなりハードな内容で、1944年5月以降、つまりルフトバッフェが崩壊していく過程を余計な私見をはさまず冷静・冷酷に描いています。時期を追ってドイツ空軍の戦闘飛行部隊配置・兵力一覧とか可動機数合計の表とかが載ってますが、読み物としてはかなり退屈。が、それを乗り越えて読み進むと、資料を元に淡々と事実を書き連ねる無駄のない文章が、なんていうか痛快な気分をもたらすという、わたしにとっては不思議な本です。この本ではヒトラー総統が比較的好意的というか、用兵者としてそれなりに評価されているのも印象的。特にジェット戦闘機Me262の導入時、戦闘爆撃機として用いようとした総統の用兵について理解を示してます。大抵の本や記述では、この件をもってヒトラーの軍事的才能の無さの証拠とされているのですが、機体とエンジンの開発の進捗具合、実戦に投入できた機体の数、機体の性能・特性など、具体的・客観的に見て、総統の判断は正しかったと。
それに対して後者はかなり娯楽的。WW.IからWW.IIまで、飛行船~ロケットまで、幅広く取り上げられており、第三帝国の要人やナチの権力掌握の過程についても詳しく描かれております。でもちょっと脚色が過ぎるような気も。件のMe262の件では、定説通り総統の判断ミスということになってますし、その他の作戦指導や人事面についてもことさら悪役扱いです。
どちらの本にも共通するんですが、わたしが特に興味を持つのは総統に呼び出されて陥落寸前のベルリンへ向かった、リッター・フォン・グライム空軍大将と女性テストパイロットのハンナ・ライチェのエピソード。戦火の中、フィーゼラー・シュトルヒでウンター・デン・リンデンあたりに降りるんですよ。で、総統大本営の最後の数日を過ごしアラドAr96で脱出する。包囲下のベルリンから脱出した最後の飛行機だそうです。でもって、ハンナ・ライチェという人の来歴が興味深いのですが、途方も無く長くなりそうなのでまた別の折に。

3.「機動警察パトレイバー the Movie」は今まで見たことありませんでした。あまり興味が無かった。そういえば押井守が監督だったよな、というぐらいの認識。でもって、なぜか頼みもしないのに嫁さんが借りてきました。引きこもっているわたしに嫌がらせか?
面白かったですよ、ええ。1989年にこれだけの世界観を持つとはたいしたもんです。ただ、やっぱり現実が物語を追い越してしまった感があるのは否めないところ。特に携帯電話の普及が一気に進んだのが、この類の話にとっては時代を感じさせてしまう要素ですね。
1989年当時、これを観ていたら自分がどうだっただろうとか考えると、なかなか興味深いものがあります。今ほどアニメ嫌いじゃなかったかもしれませんなぁ。それはそれでヲタク道まっしぐらのような気もしますが。

c0019089_22291041.jpg

で、飲んだ酒。どこからか貰ったらしく、テーブルの上に放置されてました。ウチでは日本酒を飲むのはわたしぐらいですので、放っておくと高い確率で料理に使われてしまいます。それはならん!ということで、早速いただきました。
by namatee_namatee | 2007-12-30 21:16 | book | Comments(0)

出る幕がねぇじゃねぇか。

c0019089_20531999.jpg

あーあ、せっかく高圧洗浄機を買ってきたのに。雨じゃ使えないですよぅ。

車は普通にホースで水かければ十分なんですけどね。いくら高圧といっても、水流だけで綺麗になるわけは無いので、まずスポンジに洗剤付けて汚れを落としますので、あとはホースで泡を洗い落とせば良いんです。

問題は二輪車、特にオフロードバイクのジェベル。これは泥があちこちにくっついちゃって、水かけながらブラシでこすってもイマイチ綺麗になりません。今までは近所のコイン洗車場まで行ってたんですが、アレは車用ですからね。一回の時間がやたらに長いんですよ。1/3ぐらいで洗い終わっちゃって、あとは洗車場の溝とかを掃除してあげてたり。w
あと水を止めたり出したりも不自由です。ハブとかリンク回りとかエンジンのプラグのあたりとか、あんまり長い時間水をかけたくないところもありまして、こまめに水をとめられないのはなにかと不便。

というワケで写真のRYOBI AJP-75を買いました。9800円也。昔に比べるとずいぶん安くなりましたね。
by namatee_namatee | 2007-12-29 21:09 | motorcycle | Comments(2)

仕事納め

c0019089_21133883.jpg

今日で今年の仕事はおしまい。来年の1月6日までお休みとなります。

会社の大掃除のついでに通勤用のスバル・ステラのタイヤを冬用のスタッドレスに交換。BSのブリザックREVO1だったかな。去年から繰り越しで2シーズン目。

最近のスタッドレスタイヤって良く出来てますね。ドライ路面でもちゃんとグリップしますし、ステアリングのレスポンスも普通です。その昔、出始めの頃のホロニックとかはひどかったですからね。ハンドル切ってもスカスカで、ブレーキかけても停まらない。おまけに雪の上でもたいしたこと無いと来たもんだ。(汗

わたしの経験ではオンロードでしっかりした操縦安定性のスタッドレスというと、ミシュランだったんですが、このブリザックを使ってみた感じではもう全く遜色ないですね。技術は進歩してるなぁ。
by namatee_namatee | 2007-12-28 21:26 | car | Comments(7)

北面

c0019089_20214339.jpg

というわけで、ネタ切れが続いておりますので、昨日に続いてスキー関連。

最後に使っていたスキーウェア。ノースフェイスだったんだ・・・すっかり忘れてましたよ。(汗
これ、薄くて防寒性能がほとんどありません。レイヤリングというんですか、登山では当たり前ですが当時のスキーではあんまり考慮されてなかった手法?テクニック?を前提に作られた、というようなことがカタログに書いてあったのをおぼろげながら思い出しました。当時全盛だったフェニックスとかエレッセとは一味違う、山屋御用達みたいなこのブランドのイメージが気に入ってました。

中間着は、まだフリースが出回る前でしたのでウールのセーターでしたね。重くて嵩張るんですが、風をシャットアウトすればまずまず快適でした。

今年はスキーに行くかもしれませんが、ウェアはフィールドラカンで押し通そうかなっと。w
by namatee_namatee | 2007-12-27 20:34 | diary? | Comments(0)

白銀は招くよ

c0019089_20434677.jpg

ネタが古いな、おい。ブログのネタも品切れだけどな。(汗

前にも登場しましたが、古い古いスキー板。ロシニョールの4Gでございます。SL用の4Sと一緒に一世を風靡したもんだ。わたしゃ嫌いだったけど。(汗
CALGARY 88 6 GOLD MEDALSと書いてありますな。その下には見づらいけど、アルベルト・トンバとかフレニ・シュナイダーなどのメダリストの名前もあります。なかなか格好よいですね。

板の長さは2mでビンディング(今はバインディングといいますか?)はサロモンの957エキップ。現役当時は定価ベースで13万ぐらいはしたんじゃないかと。金かかってんな、おい。
もっともこの板そのものは弥富のキンブルで500円で買いましたが。w
表には保護シールみたいなのがしっかり張ってあって、ソールもワックスがちゃんと塗ってあり、とても程度が良いです。エッジはサビも無し、メンテは行き届いてるようです。スキー場にもって行っても、往年のキレの良さを味わえるでしょう。わたしが乗りこなせるかどうかは別として。

クラシックカーでサーキットを走るような感じで、この4Gで今のゲレンデに繰り出したら粋かもしれませんなぁ。貧乏人と思われるかもしれませんが。

ウチにはもう一つ、同じ4GでもCDMという、よりコンペティティブな奴もあります。MSでいうとシャア専用ザクとか、車で言うとスバルのSTIバージョンみたいなもんでしょうか。いやー、とても乗りづらかったです。w

自転車の前はスキーが大好きでした。毎年毎年、年末年始は長野のスキー合宿に行ってたなぁ。わたしには大晦日に紅白を見る慣わしが無いのはなぜだろう、と考えてみて思い出しました。スキー合宿に行ってたからなんですよ!

上にも書きましたが当時、ロシニョールはあまり好みじゃなかったんですよね。ELANのRCなんとかを使っていたような・・・あとはYAMAHAとかオガサカとか・・・SL用や基礎用を中心に1シーズンに2セットぐらい買い換えてましたね。なにやってもやらかすことにあまり違いが無いなぁ。(汗

最後に使ったのはアトミックの普通の奴でした。ブーツもダハシュタインのヤワヤワの奴で。そういうのが一番楽しいと悟ったんでしょうなぁ。トオイメ

っていうか、いつの間にか4Sが復刻になっていて驚いたのなんのって。
よーし、この2mの4G持ってスキー場行っちゃう(ry
by namatee_namatee | 2007-12-26 21:42 | diary? | Comments(11)

掃除してみる

c0019089_22302229.jpg

写真のモードが変だ。

先日の幕営でSVEA 123Rを使ってチゲ鍋をやったんですが、思いっきり吹きこぼれやがりまして。(汗
ピカピカにしておくよりは、ちょっとくすんで使い込んだ様子にしておくのが好みなんですが、さすがに吹きこぼれは掃除したくなります。

というわけで、ざっと汚れを落として研磨スポンジシート(5枚で98円)で磨いてみました。程々に。
by namatee_namatee | 2007-12-25 22:30 | outdoor | Comments(2)

ひどい目に遭う

c0019089_21132531.jpg

なんか茫洋とした写真。W53CAはデジカメ機能が売りなワケですが、GRにくらべるとさすがにちょっと苦しいですね。イマイチすっきりとした感じが無いと言うか・・・

暇なせいか高いところへ行きたくなったので、近くの林道を走って、よく行くお気に入りの山へ。舗装林道を走って山頂手前の広場にでると、山頂への道は崩落のため車両通行止めとのこと。車はダメでもモーターサイクルなら行けるんじゃないかと思いましたが、素直に歩く事に。

いやそれが、思ったより距離がありまして。1kmぐらいかと思ったら倍はありました。オフブーツ履いているので歩き辛いし。ハァハァ言いながら歩く事20分あまり。やっと山頂に着きまして展望台から撮ったのがこの写真。ここはハイキングコースの交差点のようなところで、山の中とはいえ結構人通りがあります。山頂に居た15分あまりの間にも5-6人のハイカーが通過していきました。
ちなみに展望台の手前にはちいさな芝生のスペースがあり、そこで幕営できそうな感じ。ネットで検索したら実際に幕営している人も見つかりました。高いところでテントはるというのも面白そう。今度やってみようかな。

広場に戻って、ジェベルで広場の先に続く林道へ。これが廃道同然。溝だらけで大変ですよ。距離は3km程度しかないんですが、急傾斜とガレガレの岩と溝。ところどころ崩落してまして、落ちたらシャレにならない。腕がパンパンになりました。おまけに出口がゲートでがっちりと封鎖されてまして、ガレガレの道を引き返す事に。一度ならずスタックしながらやっとの事で広場に帰り着きました。ああ、疲れた。(汗
by namatee_namatee | 2007-12-24 21:13 | outdoor | Comments(2)

今更ながらも良いところですが

c0019089_19373735.jpg

トランギア・トライアングルグリッドを購入。

トランギア・TR-B25のゴトクとしてウチにあるのは、OD-BOXのチタン十字ゴトク、clikstand、トランギア純正ゴトク(TR-281)、ストームクッカーSといったところです。それぞれ良いところと悪いところがありまして、トータルバランスの一番良いのがclikstand。性能だったらストームクッカーといったところ。アルコールストーブのゴトクはやはり防風性能がポイントでしょう。

で、このトライアングルグリッドはどうかというと。
安くてコンパクト。クッカーの適用範囲が広く、クッカーを乗せた時に安定感がある。反面、この形状では防風性能は期待できないと思われます。プリムス・P-MF-EXに附属してきたウィンドシールド(単なるアルミの板を折り曲げてあるだけですけど。)と組み合わせて使ってみようかと。clikstandの面倒くさいのがこのウィンドシールドで、clikstand専用のはステンレスの板を丸めた奴でして、イマイチ収納時に収まりが良くないんですよね。まあ普通のウィンドシールドを使えばよいんですが。

今の時期、アルコールストーブは使用頻度が高いのでイロイロと活躍しそうです。>トライアングルグリッド
by namatee_namatee | 2007-12-23 19:37 | outdoor | Comments(2)

今年のクリスマスは・・・

c0019089_2043818.jpg

・・・中止も何も、なま家では虚礼廃止ということで10年以上前から何もしないことになっておりますが、何か?

ケーキは誰かが買ってくることがあったりして、3年に一度ぐらいは食べることがありますが、プレゼントの類はなし。人のモノ買っている暇と金があったらそれぞれ自分で欲しいもの買え、と実に合理的なシステムであります。

南東北の未開の地では、郊外に行くと、ものすごく派手なイルミネーションのウチがいくつかあります。大体が年々派手になっていく傾向にあって、あれでは電気代が大変だろうなぁといらぬ心配もしたくなるぐらいなんですが。(汗

写真はH製作所の工場敷地内のクリスマスツリー。すぐ先に守衛所があって、ドキドキしながら写真を撮りました。わたしゃ、H製作所の守衛とは大変に相性が悪く、殴り合い寸前の喧嘩になったことも数回・・・嫌なことを思い出しながら撮ったので、イマイチな写りです。w
by namatee_namatee | 2007-12-22 20:19 | diary? | Comments(0)