<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

掘り出し物・・・か?

c0019089_17531925.jpg

今日は出かけましたよ。近所のハードオフだけどな。

目的は適当な靴。以前登場したナイキの迷彩柄の奴が先日の24時間サバゲのダメージでいよいよ分解しそうなので、イロイロと使いまわしの効きそうな適当な靴を探してました。で、見つけたのがコレ。3500円也。

またナイキかよ。ワークブーツ風?サイズが27cmとちょっと大きいのですが、ナイキの靴はわたしの足には先っちょが狭い傾向があるみたいで、このぐらいのほうが余裕があって快適。程度はまずまず。とりあえず、ミンクオイル塗って磨いてあげました。

いやしかし、サバゲには向いてない気がするなぁ。(汗
ちゃんとしたタクティカルブーツって高くてなー。
by namatee_namatee | 2007-09-30 17:53 | diary? | Comments(8)

特になし

c0019089_18142955.jpg

今日はお休みですが特にすることがなかった・・・天気も悪くて出かける気にならず。その前に出かける用事も無かったんですが。><

例によっておウチでアウトドアで、ご飯を炊こうかと思いましたが、まだ蚊がいっぱいなんですよ。>ウチの庭
なので嫁が買ってきたコミックスなどを読んですごす。「よつばと!」は面白いなぁ。
その後、サバゲ関連の小物を整理したりして一日終了。
by namatee_namatee | 2007-09-29 18:14 | diary? | Comments(2)

ネタ切れ

c0019089_19252684.jpg

また社用車を選考する羽目に。前回はちょっと偉い人用にアベンシスでしたが、今度はもうちょっと偉くない人用で、1.0〜1.3Lクラスのセダンから選べ、とのこと。

って、今時1.3L級の3BOXセダンなんて全滅じゃん。ちょっと上の1.5Lクラスならカローラとかありますが。1.3Lでもヴィッツとかフィットとかデミオのような2BOXハッチバックならイロイロ選べるんですけどねぇ。

昔は3BOXスタイルのセダンって大嫌いでした。わざわざ出っ張ったトランクをつける意味が理解できなかった。ハッチバックの方がスペース効率良いですからね。だがしかし、ゴルフをやるようになって独立したトランクの必要性がわかりました。w
ゴルフバッグしまうのに便利なんですよ。>トランク

それはとにかく、選んだのはトヨタ・ベルタ。1.3LのXというグレード。実は密かに好ましいと思っていた車だったりして。基本的にトヨタ車は嫌いですが、これはその地味な立ち位置がトヨタ嫌いを相殺して、自分で買っても良いと思う数少ないトヨタ車。もっとも、自分で買うならよりベーシックな1.0Lを選びますが。

今回の社用車選考トライアルでベルタのライバルだったのは、ホンダ・フィットアリア。これまたマイナーな・・・ベルタより営業車色が強い感じがしたのと、フィットそのものがモデル末期ということで落選。

次の車選べと言われても、もうみんなが知らないようなマイナーな車がないなぁ。w
by namatee_namatee | 2007-09-28 19:25 | car | Comments(0)

消音器3種

c0019089_2017769.jpg

ウチにあるサプレッサー3種。
一番奥がP-90TR純正、その手前の小さいのはプロサイレンサー・ショートタイプ、一番手前がプロサイレンサー。すべて東京マルイ製です。

この類はでかければでかいほど消音効果があるはず。だがしかし、ショートタイプでもある程度の消音性能はあるので、見かけほど性能に差はないですね。ハンドガンのUSPやSMGのスコーピオンには短い方がバランスが良いですし、これらはパワーがないせいか、もともと静かなのでショートタイプでも事足りると。

不思議な事にP-90TR純正のサプレッサーは他の銃にはうまく装着できません。取り付け部のネジが微妙に違うようです。他のサプレッサーをP-90に付けるのは問題ないんですが。

サバイバルゲームでサプレッサーが有効かどうか・・・ちょっと難しい問題です。
弾が当たると大声でヒットコールしますので、近距離でこっそり敵を倒すのには発射音を静かにしても無駄という気もします。反面、ちょっと離れたところから狙撃的な攻撃をする場合、ターゲットをやっつけるのは当たり前として、周りにいる敵にこちらの位置をわかり辛くする効果はあると思います。ということは、サプレッサーというものは有効射程が長目の銃、ウチだとM14SOCOMとかに有効なんじゃないかと思っているんですが。
実際、黒いBB弾とサプレッサーで遠距離から撃ち込むと、確かに敵がこちらに気づくのに時間がかかり、その分多くの敵をやっつける事ができました。

先日の耐久サバゲでは、チームメイトのT氏が固定スライドのマルイ・ソーコムにサプレッサーを付けて、バスバス撃ってました。まるで暗殺者のよう。w
でもすぐ側で一緒に戦闘しているわたくしが、デザートイーグルをドカドカと大音量でブローバックさせて何もかもぶち壊しという。w
by namatee_namatee | 2007-09-27 20:14 | survival game | Comments(0)

従軍の証

c0019089_19553477.jpg

先日の「Team2ch秋の陣SC」関連の小物の図。
ワッペンは従軍の証です。マップは開始早々の時点で配布された目標指示のためのもの。

わたしの所属は黄兵隊のA(エイブル)分隊(コード:チョーク1だったかな。)で、その時の作戦目標はマップ上の黄色いシールの地点にある通称C小屋。小屋を奪取し確保するのが任務です。本陣はマップ上の座標D-1にありました。
このマップでは分かりませんが、実際の地形ではD-4あたりは谷状になってまして、C小屋から進撃ルートのD-3方面は丸見え。C小屋の背後のB-5付近にはブッシュがあり、隠れる場所が多い。どう見てもD-3方面からの攻撃は不利です、本当に(ry

案の定、なんとか奪取しても確保できずに後退、増援を待って再度占領を繰り返し、陣地交代で黄兵隊の本陣が反対側のC-7付近になるまで激戦が繰り広げられたのでした。

どうも黄兵隊の方が押し気味だったようで、陣地交代の後はD-2とかD-3あるいはE-1、E-2、E-3あたりに侵入しては敵の本陣(陣地交代後なのでD-1)に奇襲をかけるというのを繰り返してました。敵の紅蓮隊の方はそれをアンブッシュ、このエリアでは激しい戦闘が繰り返されていました。なにしろ復活戦(死んでも本陣に戻れば復活できる)で敵の本陣に近いので、ディフェンスをやっつけてもすぐに復活してくるんですよ。こちらはC-7付近から長駆、出撃しているわけで、これはなかなか辛いものがありました。それでも数回は敵の防衛線を打ち破り、敵陣への強襲が成功したこともありましたが。

ブッシュの中の狭い通路ではハンドガンがとりわけ有効で、わたしの場合はデザートイーグルが大活躍。パワーがあって集弾性が高いので、ブッシュの隙間から見える敵のゴーグルめがけて撃ち込んでヒットを取ること多数。今回のゲームを通じて倒した敵の大半はこのパターンでした。チームメイトのT氏も同じくハンドガンのマルイ固定スライド・ソーコム(サプレッサー付)でまるでプロの暗殺者のような戦いぶり。w

いやぁ、エピソードは他にもたくさんあってとても書ききれません。思い出すと今でも(・∀・)ニヤニヤがとまりませんよ。ああ、サバゲやってて良かった。
by namatee_namatee | 2007-09-26 20:43 | survival game | Comments(0)

掘り出し物

c0019089_22411643.jpg

近所のハードオフに行ったらオフブーツのガエルネED-PRO ART404が。ほぼ新品。たぶん一回ぐらいしか履いてない。サイズは26cmなのでちょうどぴったり・・・これも何かの縁だと思って買ってあげました。色が地味なブラウンなのがちょっと気に入らないんですが、22,050円ですので文句は言えません。あと一番上のストラップが一本欠品してました。これも補修部品として手に入ると思うので心配は無いでしょう。

ED-PROはオフロードブーツとしては柔らかくて履きやすいのだそうです。その分、プロテクションに不安があるということを聞いてまして、しかも定番中の定番なので使っている人が多いんですよね。魅力的なんですが、どうしたものかと迷い続けてきましたが、こんな形で買う事になるとは。
by namatee_namatee | 2007-09-25 22:41 | diary? | Comments(6)

ホコリまみれ

c0019089_2023507.jpg

サバゲに出かける前、いきなりメインのPC(5年ものの自作機)が壊れました。
スタートアップでOSのロゴがでたところで電源が落ちる。前夜まではなんともなかったのになぁ。そのまま放置しておいたら勝手に起動。でもマウスとキーボードが使えません。いろいろ点検してみましたが原因がわからず。マウスはUSBポートに刺したら動きましたが、キーボードはUSBのを持ってないので試せません。OSはWindowsXPですが、特に変な動作はなかったので(マウスで操作できる範囲では)そのまま放置して出かけてしまいました。

サバゲから帰ってきて、もしかしたら直っているかも、と淡い期待を抱きながら起動してみると・・・同じ症状だよ。どこも直してないんだから当たり前と言えば当たり前ですね。症状から推測するに、電源が怪しい感じ。

というわけで、近所の家電屋へ行ってATXの安物電源ユニットを買ってきました。
このケース(Aopen製。マザーボードはGigabyteなのにさ。)の電源ユニット、もともとわたしの使用環境には電源容量が少なめで(300WしかないのにHDDを5台も6台も・・・)、気温の変化で妙な音がするというシロモノ。いずれはもっとマシなのに交換しようと思ってましたので、ちょうど良いって思えば。

で、ホコリまみれなので掃除しながら交換。作業は特に問題なく済みました。ちゃんと起動しましたし、音も静かになって満足。そうは言っても全般的に旧式化してきているので、そう遠くない将来には買い替えなければなりますまい。次はMacと決めておりますので、新しいOSXがでたら検討することにしましょう。
by namatee_namatee | 2007-09-24 20:47 | pc | Comments(4)

祭りの始末

c0019089_1945312.jpg

というわけで「Team2ch秋の陣SC」に行ってきました。
24時間ほぼぶっ続けでサバゲをやろうというイベントでして、2ちゃんねるのサバゲ板内「Team2ch」のゲームです。

実はわたくしが初めてサバゲに参加したのは去年の同イベントでした。前回はフィールドの都合で16時間だったのですが、それでも足腰体力の消耗激しく、翌日は起き上がるだけで必死。今回はその経験を生かして・・・当日だってのに、もう足腰痛いんですが、何か。
普通だったらしない機動をサバゲだと夢中になって無意識にしちゃうんでしょうね。このイベントの舞台は結構上り下りのあるフィールドなので、なおさら足腰への負担が大きい。

軽くレポすると。
昨日は11:00ちょっと前に千葉県千葉市若葉区のサバイバルフィールド・スプラッシュに到着。10:00には着きたかったんですが、R51が込んでいてちょっと遅れてしまいました。チームメイトのラードさんとT氏も間もなく到着。

お昼過ぎからゲームのルールの説明を受け、フィールドに入ります。わたしたちは黄色チーム「黄兵隊(きへいたい)」、敵方は赤色チームの「紅蓮隊(ぐれんたい)」です。各チームにはフィールド内にそれぞれ本陣が設けられており、銃や弾、バッテリー、飲料水・間食などは自軍の本陣に持ち込みます。今回のゲームは基本的に復活戦(撃たれて死んでも本陣に帰って死んだことを記録すればすぐに復活してゲームに復帰できる)ですので、全員に同時に配給される食事の時以外はフィールドからでる事はありません。なので油断して本陣でくつろいでいると敵に急襲されるのです。いや、おっかねぇんだって、これが。w

ゲーム開始直後から日付が変わるころまでは、非常に暑くて湿度も高く、ちょっと動いただけで滝のように汗をかく始末。ましてや、重いエアガンや装備を身につけて走ったり登ったりした日にゃ、汗まみれでずるずるですよ。水分と塩分を補給しながら戦います。そういえば熱中症で救急車で運ばれた人がいました。(汗

今回の武器は
・M14SOCOM(サプレッサー装備、遠距離からのフルオートスナイプ用。w)
・P90TR(今回のメイン。M14もこれも0.25gの黒BB弾を使います。)
・SCORPION vz.61(どちらかというとネタ担当。0.2gの白BB弾。)
・電動USP(サイドアーム。腰のホルスターに常備。0.2gの白BB弾。)
・デザートイーグル(ガスブロ。セミオート戦で使おうと思ったんですが・・・)

あ、フィールドに入る前に弾速チェックがあります。M14とP90のフルサイズ電動はまあ妥当な数字。スコーピオンも70m/sとまずまず。驚いたのがデザートイーグル。なんと0.25gの白BB弾で88m/s。規制値ぎりぎりじゃん。(汗

M14は序盤に持ち出しましたが、重くてたまらないので主にP90TRを使ってました。そのうち、P90ですら重くてたまらなくなるほど体力が無くなってきたので、スコーピオンかデザートイーグルで出撃する回数が多くなり、最終的には通常戦だろうがセミオート戦だろうがデザートイーグルばっかり使ってました。これがまた、良く当たるしパワーも前述のとおりで十分。でかいと言ってもハンドガンなので取り回しが楽、と良い事ばっかり。T氏もマルイの固定ソーコムを使ってましたので、ハンドガナーのツーマンセルで次から次へとやっつけました。銃なんてこれで十分と思いましたよ。

いちおうフラッグとかもあるんですが、ゲームの流れとして敵の本陣急襲がメインになった感じで、アンブッシュしている敵のディフェンスを排除しながら敵陣を目指す戦いを繰り返す。そのうち、眠くてたまらなくなったのでフィールドアウトして車で仮眠することに。ちょっとだけ寝るつもりだったんですが、2:00から5:30まで熟睡してしまいました。

眠気もとれて元気十分。例によって敵の本陣に迫り、敵の歩哨をデザートイーグルの3点バーストで倒したあと、倒した敵に向かってダッシュ。ヒットコールでこちらが接近しているのが分かってしまいますので。本陣に撃ち込んで数人分のヒットを取った後、迎撃されて死亡。こちらは一人だけで敵3人以上はやっつけましたので元は取りましたね。
その後もそういう戦いを繰り返し、気がつけばもうお昼。最後のゲームはセンターフラッグ戦というやつで、両陣営の中間地点に設置されたフラッグを先に取ったチームの勝ちというルールです。M14SOCOMを改めて持ち出して、遠距離(50mぐらいって言ったらT氏にそんなに飛ぶ分けないといわれました。なので30mぐらいなんでしょうかね。)フルオートスナイピングで3〜4人ほどやっつける。撃たれた方は遠距離から黒BB弾を撃ち込まれると何が起こったのかわからないかも。

その後、閉会式をやって17:00まえに解散。みなさま、特に運営の人々、お疲れさまでした。もうちょっと追加したい記事があるんですが、眠いのでまた今度にしておきます。
by namatee_namatee | 2007-09-23 21:05 | outdoor | Comments(8)

祭り

c0019089_1351192.jpg

さあ年に一度の祭りですよ。

今日はチーム2ちゃんの24時間耐久サバゲ「Team2ch秋の陣SC」でございます。写真は差し入れの缶コーヒー。もう一種類、ツンデレジュースってのもありました。w
by namatee_namatee | 2007-09-22 13:05 | survival game | Comments(2)

閑話休題

c0019089_21193247.jpg

実は飛行船好き。マニアとまではいきませんが。

巨大な硬式飛行船はとうの昔に廃れてしまいました。
一般的にはLZ129ヒンデンブルク号がレークハーストで爆発事故を起こしたのが有名で、飛行船=爆発=危険な乗り物、というイメージが浸透していると思われます。爆発する危険な乗り物なので廃れてしまった、と。

ところが、実際のところ、近代的な大型飛行船の事故の大半は悪天候によるものなんです。重航空機と違って低空を飛ぶので気象の影響を強く受けてしまうんですね。強烈な嵐に巻き込まれて、吹き上げられて高度を落とそうとガスを放出、その後反対に吹き下げられて墜落、とか。墜落してから爆発、ってのはありますけどね。(汗
高度が変わるとガスの体積もかわるので、急激な上昇や下降は飛行船にとっては命取り。60〜70年も前の話ですので、そういった制御も手動かせいぜい機械式で、おおざっぱな対応しか出来なかったのでしょう。

現代の技術で硬式飛行船を作るとどうなるか。
マテリアルは70年前とは比べ物にならないほど進化しています。骨組みはカーボン、外皮は新素材の化学繊維といったぐあいに。エンジンや機体を制御する仕組みも進化してます。気象条件への対応も素早くきめ細かくできるはずです。
そうやって作られたのがツェッペリンNTって奴で、昔の巨大な硬式飛行船とは比べ物にならない大きさ(全長たったの75m、LZ129ヒンデンブルク号は245m。)ですが、ちゃんとした硬式飛行船です。せっかくの硬式飛行船なんで、もっと大きいと格好良いんですが、このくらいじゃないと経済的にペイしないんでしょう。

実際のところ、往年の硬式飛行船並の巨船を作る事は技術的には可能ですが、そんなものを作っても元が取れない、というのが実情のようです。クルーズ客船のようにお金持ちをターゲットにして、大型の飛行船を運航すれば結構良い線いくと思うんですけどね。前述の安全性に関する伝説みたいなものあって、お金持ちのお客さんには敬遠されてしまうかもしれませんけど。
自分がドバイかなんかのお金持ちだったら乗ってみたいと思います。いや、むしろ巨大な硬式飛行船を建造して、クルーズ飛行船の会社作りますね。w

ツェッペリンNTは日本にもあります。2年ぐらい前にウチの真上を通過していったときには、エアガンで撃ったら届きそうな高度だったので、全長75mでも真下から見上げるとかなり大きく感じましたね。
by namatee_namatee | 2007-09-21 21:19 | diary? | Comments(0)