<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ドリッパー

c0019089_20245450.jpg

カリタのハンディドリッパー101
某巨大掲示板のバイク板、ツーリングキャンプスレでちょっと話題が出てましたので、そういえばウチにもあったなぁ、と引っ張りだしてみました。ずいぶん前に買ったものの使わずに放ってあったのでした。

写真やリンク先ではイマイチわかり辛いので説明しますと、これは組み立て式のコーヒードリッパーなのでございます。組み立て式のドリッパーはユニフレームや*から立派なのが出ていますが、こいつは半分使い捨て。袋の裏側に書いてある説明によると、繰り返し使えるのは10回程度だそうです。平たく折り畳んだプラスチックを広げてドリッパーのカタチにするので、何回か使うと折り目から壊れてしまうようです。101という普通のドリッパーにも使っているフィルターが10枚付属してきます。350円ぐらいだったような。

簡易型のドリッパーとしては同じカリタの「かんたんドリップ」というのもありまして、こちらは去年の11/16のエントリーに登場してます。かんたんドリップはモンカフェとかのコーヒーと紙製のドリッパー&フィルターが一体になったモノのコーヒーがない奴といったらわかりやすいですかね。
わたしはこちらを愛用してます。コーヒーをいれ終わったら洗ったりせずに捨てられるので便利なんですよね。

ハンディドリッパー101とかんたんドリップを比べてみると、うまくコーヒーを入れられるのはハンディドリッパー101ですね。普通のドリッパーと同じ要領で使えます。かんたんドリップは使い勝手は良いのですが、味はイマイチ思ったようになりません。
ただ、キャンプで使うことを考えると完全使い捨てのかんたんドリップに軍配が上がりますね。
by namatee_namatee | 2007-01-31 20:50 | outdoor | Comments(6)

改めてインプレ

c0019089_19462427.jpg

ネタ切れのため、改めてシェラデザインズ・ハーフムーン3のインプレなど。

ウチにある主なテントは小さいほうから、*ランドブリーズソロ/モンベル・マイティドーム2型/*ペンタイーズ/シェラデザインズ・ハーフムーン3です。ペンタイーズはとにかく、他の3種類はドーム型で床の形が長方形の似たような構造・形状となってます。それぞれ順に幅が100cm→128cm→160cmとおよそ30cmずつ広くなります。

ソロの場合のスペースとしてもっとも妥当と思われるのはマイティドーム2型。幅は130cmもあれば十分です。ランブリソロの100cmはちょっと狭い。我慢できなくはありませんが、もうちょっと余裕が欲しいところ。ハーフムーン3の160cmはどうかというと、これはちょっと広すぎるような気がします。広いと中で片付けとか楽ですけどね。

ハーフムーンは構造はオーソドックスですが、あちこちにいろいろと工夫がされてます。例えばインナーの背面に換気用のメッシュ窓があって、前室で煮炊きをするとき(まねしてはいけません。)の換気がしやすいとか、ドアがフルオープンになっちゃうとか。ポールのクロスする部分にもう一本短いポールが横方向に伸びてまして、それにフライとインナーの頂部を取り付けるようになってます。これによって通常は上窄まりのインナー上部が横方向に広くなって頭上に余裕があります。また側面がより直角に近く立ち上がることになって、内部空間全体が広くとれるようになってます。これはかなり効果がある工夫だと思います。

欠点は布地が厚いので畳んだときにあまりコンパクトじゃないこと、縫製がちょっと雑な部分があること。前述の短いポールにインナーを吊るす部分を強く引っ張ったらちぎれました。(汗
あとグランドシートが一枚布じゃないこと。テント奥側4/5ぐらいのところで縦に二枚の布を繋ぎ合わせてあります。シールしてありますが一枚布よりは防水性に劣るでしょう。わたしはフットプリントを使うので心配は少なくて済むのかも知れませんが。

総じて良く出来たテントだと思います。ツーリング用途ならハーフムーン2の方が良いかな。いやでもハーフムーンシリーズの前室は平凡な広さなので、ハーフムーン3ぐらい内部空間の余裕があったほうが、着替えとかイロイロ楽かも。
雨風の耐性については、今後しばらくはこれをメインで使い続けるつもりですのでおいおい・・・
by namatee_namatee | 2007-01-30 20:21 | outdoor | Comments(0)

お疲れさま

c0019089_20515387.jpg

プラティパスとプラティパスの保温ケース。
テントやストーブ、ランタンは替えがありますが、こいつはウチに一個きり。一昨年に買ってからキャンプのたびに必ず出動しております。一年ぐらいで水漏れしてしまうこともあるようですが、ウチのはまだまだ元気。

豆知識:
プラティパスのキャップ、無くしてしまったときは一般的なペットボトルのキャップがそのまま使えます。これは便利というか安心感がありますね。
ちなみにわたしはプラティパス純正のプッシュプルキャップを装着しております。引っ張るだけで水が出るのが便利なんですが、水漏れ防止のためか引っ張るのがかなりキツく、下手すると勢い余って水が飛び出すことがあるのが難点。
by namatee_namatee | 2007-01-29 21:10 | outdoor | Comments(13)

怪しい?

c0019089_18351472.jpg

昨日のキャンプ、酒ばっかりのんでいたのでほとんど写真がありません。(汗

今回もシェラデザインズ・ハーフムーン3を使用。相変わらず広くて快適。設置スペースが細長いところなので、ちょっと窮屈そうですが。

たいして寒くもなく、風も強くもなく、海岸で焚き火をするのは良い気候でした。わたしはめずらしく最後まで(0:00過ぎ)起きてまして、熾と薪が良い按配になった焚き火を囲んでラ氏と話し込んでいると道路の方からライトが二つ。あれ?誰か起きて来たのかいな、とか思っているとお巡りさんでした。(汗
入り口においてあった車を見つけて入ってきたそうです。住所氏名年齢電話番号を聞かれました。いわゆる職質って奴です。そりゃ海岸線の松林の間にテントがいくつも張ってありゃ怪しまれるわな。w

そのちょっと前。座ったまま沈没したまさとさんの図。今回はお初でした。またよろしくお願いします。m(_ _)m
c0019089_12105066.jpg

by namatee_namatee | 2007-01-28 20:41 | outdoor | Comments(11)

海辺でキャンプ

c0019089_14452868.jpg

今日はちょっと南の海辺でキャンプ。
ちと早く着きすぎたので時間調整中です。
by namatee_namatee | 2007-01-27 14:45 | outdoor | Comments(3)

微妙だな、おい。

c0019089_18492555.jpg

わたくしの居住地の役所にて。テスタッチのなにか。

人の自転車だから批判めいたことは言いたくないけどさ、そういうクロモリのフレームにトリプルは感心しないなぁ、わたしとしては。人それぞれですけど。わたしなんてコンパクトクランクだって抵抗がありますけどね。重いギア踏めば良いじゃん、死ぬわけじゃないんだから。サドルが微妙に前下がりなのもアレだなぁ。本当のところ、乗りやすければソレが一番といえば一番なんですが、踏み外しちゃなんねぇセオリーみたいなものがあると思うんですよね、ロードレーサーってのには。それをやっちゃぁお仕舞いよ、ってのがあると思うんですよねぇ。粋じゃないんですよねぇ。(怒
by namatee_namatee | 2007-01-26 18:58 | bicycle | Comments(7)

思い出

c0019089_20395315.jpg

ネタが切れたので古い写真でごまかします。(汗

これは以前ウチで乗っていたルノー・ルーテシアRXEの図。まだ買ったばかりの頃。

この車、見た目もスペック(1.6Lで90psぐらいのAT車。)も地味なんですけど性能はなかなか侮りがたいモノを持ってました。ATがバカですぐにシフトアップしてしまう上にギアリングがめちゃくちゃ速いので、街中の走りはトロイんですが、高速に乗ると別物。針がメーターの盤面の3/4超えてもまだ伸びる。そのメーター、240kmまであるんですけど。(驚
そういう速度域でも、直進安定性・乗り心地・騒音など、快適さが全く損なわれないのにも驚きました。しかも燃費が良いんです。名古屋から新潟経由で南東北の実家までおよそ1000kmを一日で走って、だいたい平均速度ぬふわkm/hで13.8km/L走りました。アクセル開度を考えると驚異的。このときはヨーロッパ車の実力を思い知らされました。それまでバカにしていてゴメンナサイ。
これでMTだったら良かったのに。ATをマニュアルシフトして上まで引っ張ると山道でもかなり活発に走るんですよね。

名古屋~南東北間の往復に活躍しておりましたが、実家にあったシトロエンZXが壊れたため、入れ替わりに親に召し取られてしまいました。かわりに軽四のダイハツ・タントにしたんですが、あまりの落差に愕然。スピードはとにかく、燃費も乗り心地も悪い。これは大失敗でした。

今乗っているスイフト・スポーツはコレとは正反対で、ギアリングがちょっと低すぎる気がするぐらい低い。足回りも締め上げられているので、山道で楽しむには最高ですが、高速使って遠くへ行くのはどうも・・・このルノーはまだウチにあるので、そういう時は借り出すことにしてます。
by namatee_namatee | 2007-01-25 21:09 | car | Comments(11)

ヤカン復活

c0019089_20394870.jpg

今は亡きモリタのケトルにストーブ(P-113)とランタン(P-541)を収納してみます。

以前は必ずキャンプに持っていっていました。>このケトル
コッフェルで代用がきくので最近はウチにおいてけぼりが多かったのですが、コンパクトなストーブとランタンの収納ケースとして復活。P-113とP-154がぴったりと収まります。ハードケースとして申し分なし。
by namatee_namatee | 2007-01-24 20:47 | outdoor | Comments(4)

小物中の小物その2

c0019089_2013311.jpg

これはなにかというと、ステンレス製の小さなカップ。一応ダブルウォールになってます。
直径は5cmもないぐらいでしょうか。*の300ccサイズのチタンダブルウォールマグカップにぴったり入っちゃいます。

コレで何をするのかというと、モチロン酒を飲むんですよ。ウィスキーなんかを300ccのマグカップで飲んだら酒がいくらあっても足りないし、なによりすぐに酔っぱらっちゃいますからね。w
by namatee_namatee | 2007-01-23 20:18 | outdoor | Comments(6)

最低使用温度-20度

c0019089_2014991.jpg

イスカ・アルファライト1300のラベル?の部分。

アルファライトはイスカの化繊シュラフのシリーズであります。イスカではダウンのモデルがイロイロとラインナップされている中で、化繊のこのラインはなんとなく邪道な感じ。
わたしの主な使用目的がモーターサイクルのツーリングや車でのプチオートキャンプですから、このシリーズが一番マッチしているのですが、それでもなんとなく寂しい気もします。

1300は最も低温向きのモデル。最低使用温度-20度ということで、オートキャンプとかならまず性能に不足はしないはず。先日の雪中では下半身はパンツ一丁で全く問題無し。肩・首周りはちゃんと閉め切って顔だけ出すようにしておかないと下着だけではちょっと寒く感じました。窮屈だからといって適当にかぶるだけにしておくと夜中に寒くて目が覚める羽目になります。

おとといのキャンプでジッパーが噛んだのでちょっと強く引っ張りましたらば、そのまま壊れてジッパーが噛まなくなってしまい、シュラフの横を開け放ったまま寝ることに・・・いやこれが寒いのなんのって。w
シュラフカバーやインナーシーツも持っていたので使えば良かったのですが、ちょっとムキになってそれらを使わずに寝てやりました。幸い、キャンプ地はそんなに寒いところではなかったので(おそらく氷点下にはならなかったはず)何度か目が覚めたものの、眠れないほどでは無かったです。さすが最低使用温度-20度だけのことはある。(汗

本日、お店に持っていって壊れたジッパーの修理について相談しましたら、電話で対処方法を聞いてくれました。イスカの担当者の言ではジッパーのスライダーが歪んでいるようなので変形を元に戻せば直るということ。その場でペンチを借りて、言われた通りに広がっていたスライダーを元のようにカタチを整えたら見事ジッパーが噛むようになりました。さすがシュラフ専門メーカー。モノも見ずに電話のやりとりだけで的確な修理方法を教えてくれるとはたいしたもんだ。いやぁ、次もイスカのシュラフを買います。w
by namatee_namatee | 2007-01-22 20:33 | outdoor | Comments(5)