<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

続編は駄作が多いと言いますな

c0019089_20361931.jpg

「鷲は舞い降りた」の続編「鷲は飛び立った」。前作はとても有名ですが、こちらはどうかな。駄作という評判の方がおおいかな。

実はわたしはこちらの方が好きだったりするんですが。だって第三帝国の大物がたくさん登場するんですもの。
ハインリヒ・ヒムラー親衛隊長官、ヴィルヘルム・カナリス国防軍情報部部長、ヴァルター・シェレンベルクSD外国局局長・・・しまいにはヒトラー総統まで登場します。

シュタイナー中佐が主役じゃなくなっちゃうのはちょっと残念。でもデヴリンが総統から騎士十字章を貰ったりする。これはこれで面白いんじゃないかと。

どうもわたしはナチものが好きなようです。いまさらですが。(汗
なのでこういうのも好き。w
by namatee_namatee | 2006-11-30 21:20 | book | Comments(9)

冬支度

c0019089_2093896.jpg

迷彩ですがサバゲ関連ではありません。

モンベル・モノポールシェルターのカモワッチバージョン。去年の暮れにぼうずさんのモノポールシェルターにはお世話になりました。寒くなったら買おうと思っていたのであります。スクリーンタープも考えましたけど、あれはわたしのスタイルとちょっと違うような気がする。嘘、金がないだけ。
by namatee_namatee | 2006-11-29 20:44 | outdoor | Comments(0)

チョコチップアイスみたいだな

c0019089_20442163.jpg

これは先日のサバゲで使ったBB弾の残り。

黒いのはEXCEL 0.20g バイオBB弾で白いのはSIIS 0.2gECOBB弾。なぜ混ざっているのかというと、9月の初サバゲの直前にECHIGOYAの通販でEXEL バイオ弾を買おうと思ったら、白の在庫が無いというので仕方なく黒色にしたんです。が、使ってみると黒い弾はどこに飛んでいるんだかさっぱり。事前に「黒はやめとけ。」というアドバイスがあり、ゲーム当日に千葉のタムタムで白いのを買っておいたのでその日はなんとかなりましたけど。というわけで、ごっそり使い道の無い黒い弾が残っているのでございます。それで使わないのはもったいないから白黒混ぜて水増ししようかと。我ながら貧乏くさいな、おい。

1/3ほど水増ししております。しかし、どうも具合が良くない。黒い弾が出るときは見えないので、給弾不良を起こしているような感じがするんです。困ったもんだ。

黒い弾はコチラから見えませんが、当然アチラからも見えないというのが利点だと思うんですが、わたしにはとても使いこなせません。(汗
by namatee_namatee | 2006-11-28 21:03 | survival game | Comments(10)

ううむ。(汗

c0019089_20381577.jpg

これはマイティドーム(元々はステラリッジ用)のレインフライです。
結局買ったんでございます。(汗

マイティドームは再々登場してまして、その都度書いてありますようにシングルウォールテントです。ブリーズドライテックというモンベルオリジナルの防水透湿素材で出来ており、結露が少ないというのが売り。この手の素材としては有名なゴアテックスよりも透湿性能は上らしい。>ブリーズドライテック

が、しかし。いくら透湿性能が良くても内外の湿度に差が無ければ湿気を外に排出できないわけでして。いや平地だと結露するわするわ。w
そりゃあもう大変なもんです。が、ハーフキャノピー(前室を作り出すための小さなフライ)に覆われている部分には結露が見られません。間に空気の層があると全然違うんですね。

そういったわけで、重くなって設置も面倒でシングルウォールテントのメリットがほとんど全く無くなりますがレインフライを使うことに。晴れて乾燥している時期には使わないという手もあるということで自分を納得させました。
by namatee_namatee | 2006-11-27 20:53 | outdoor | Comments(4)

試運転する(またしても)

c0019089_2041156.jpg

貴様それでも軍人か!とお叱りを受けながらも焚火台を試運転。
3月に薪にした木はまだ乾燥しきっていなかったようで、実にゆっくりと燃えます。余裕があるときには良いけど、本番ではもっとぱっぱと燃えてくれないと焦るかも。まあ今回の試運転では全部きれいに燃えましたけど。

真ん中の引っ込んでいるところに向けて薪を突っ込むと良いようです。先の方から順に燃えていきます。「インディアンの焚火」って奴ですか。

やっぱりちょっと小さかったかなぁ。Mサイズの方が良かったかもしれん。(汗
by namatee_namatee | 2006-11-26 20:18 | outdoor | Comments(5)

ライバル

c0019089_21295384.jpg

ネタ切れです。なので手持ちの写真から。
かつてのライバル同士。コニカ・ヘキサーとCONTAX T2でございます。以前にも登場したんですけれども。

この2台+ミノルタTC-1、リコーGR1、ニコン35Tiが高級コンパクトカメラ市場でしのぎを削っていたのですね。当時のわたしはTC-1とGR1はどうも気に入らなかったんですが、今だったら反対にこの中からヘキサーとT2は選ばないでしょう。

ヘキサーの方を先に買いました。T2と比べて性能はこちらの方が上という評判でしたので。実際、写りに不満はないですね。レンズがF2と明るいのにシャッター速度が1/250しかないのが残念なところです。質実剛健で飾り気が無いので面白みもないですね。
このカメラは明確にM型ライカの影響を受けていると思います。測光方式とかAFとレンジファインダーの違いとかAEの有無とか、個別にはイロイロ違いがありますが、ファインダーの位置とかホールド感とか全体としてはレンズ交換の出来ないM6といった感じ。ヘキサノンレンズもズミクロン35mm f2を意識していると思います。

T2はずっとあとに買いました。カメラとしては枯れてしまってから。持った感触とか操作感はこちらの方が個性的で高級感もあります。写りに関しては周辺の描写が怪しかったりします。独特の発色で見た通りに写るヘキサーとは全然違う写りです。Carl Zeissの意地か、こちらにはM型ライカの影響は感じません。

T2の方が使用頻度が高いですね。今もT2にはフィルムが入っています。ヘキサーはちょっと大きいんですよ。

しかしすでにコニカも京セラもカメラから撤退済みという・・・
by namatee_namatee | 2006-11-25 21:45 | camera | Comments(5)

♪大人の階段登る〜

c0019089_20194949.jpg

焚火台を買いました。モノは定番中の定番、スノーピークの焚火台。サイズはMかSでさんざん迷ってS。

焚火台はキャンプのときは誰かしら持ってきてくれるので、特に自分で持つ必要性を感じなかったのですが、そろそろ独り立ちして一人っきりでキャンプすることもあるかと思いまして。
大嘘。焼き物系の食べ物に使おうと思ったのでした。なので上にのせるグリルも買いました。焚火っていうより炭火で使うことが多いかもしれん。

しかしこんなものを買うと直火原理主義の某氏に怒られそうです。w
by namatee_namatee | 2006-11-24 20:36 | outdoor | Comments(6)

いろいろありましたが

c0019089_18434477.jpg

初めて自分の一眼レフを手にしたのは、忘れもしない何時のことだったか・・・そう、アレは中学一年生の時でありました。私立の中学校を受験しまして、今の姿からは信じられないでしょうが、そのころはそれなりに優秀だったらしくちゃんと合格してしまい、そのお祝いに両親に買ってもらったのがキヤノンF-1(後期型)でございました。FD 50mm F1.4と200mm F4と24mm F2.8もセットで。

文句を言う筋合いのカメラではありませんな。っていうか中学生ごときにはもったいないシロモノです。が、自分としてはペンタックスのK2DMDの方が欲しかった・・・比較的手に入れやすい価格のラインナップの中でとびぬけて高価格&ハイスペックだったから。スポンサーの親父が頑にカメラはニコンかキヤノンに限ると言い張りまして、わたしの希望は打ち砕かれたのでありました。どうも親父の中にはペンタックス=安物という図式があったようです。あのときK2DMDにしていたらどうなっていたんでしょう。まあ順当にLXとか使っていたんでしょうなぁ。

時代は下り、社会人になってからふと思い立って買ったのがこのNikon NewFM2。中学時代に発売されたFMの末裔。改良を重ねてまだ売られていたんですね。中学生の当時はありがちなスペック厨(文字通り)だったのでこんな安物には目もくれなかったわけですが。周りの友達もF-1を始めNikon F2フォトミックなんとかとかCONTAX RTSとかハイエンドばっかりでしたし。

その後、カメラ趣味は進行してLeica M6TTLやらなにやら安物から高いのまで銀塩・デジ一、イロイロと買い込むのですが、様々な事情で処分されて最後まで残ったのはこのNewFM2でした。なんていうか、もうこれで満ち足りるって感じ?

そうは言ってもマニュアル露出でMFのレンズ交換式一眼レフとしての性能は最高水準に達していると思います。1/4000のメカニカルシャッターでシンクロも1/250だし、ファインダーも十分見やすい。それでいてコンパクト。原型がデビューした当時、鼻にも引っかけなかったFMの末裔がここまでお気に入りになるとはな。
by namatee_namatee | 2006-11-23 19:35 | camera | Comments(7)

ありきたりですみません。

c0019089_19353366.jpg

いつもの紙パック入り安物ワインを飲もうと思ったらこんなものが。
勝手にいただきました。うまいんだかまずいんだかさっぱりです。紙パック入り安物ワインよりはすっきりしているような気がしますが・・・飲み終わってから写真に撮るってのもなんとなくイジ汚いような気もするなぁ。w
by namatee_namatee | 2006-11-22 19:37 | diary? | Comments(0)

何してるの?

c0019089_21232100.jpg

SVEA 123Rのプレヒートにアルコールを使うようになりました。アルコールはガソリンと違って点火のときにボワっとならないし煤もでないのです。

で、そのアルコールの入れ物について。とりあえずトランギア・アルコールストーブの燃料運搬用のSIGGボトル(300cc)を使ってました。でもプレヒートだけならそんなに量は必要ないです。いろいろ考えた結果、いつものナルゲンのボトルを使うことに。ちょっと不安なので逆さにして漏れたりしないかテスト。このまま2〜3日放置して中身が減らなければ問題ないでしょう。たぶん。
by namatee_namatee | 2006-11-21 21:09 | outdoor | Comments(16)