<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アイウェア

c0019089_20505176.jpg

結局、自転車用のサングラスはコストパフォーマンス優先で&さまご推薦のOGK・ビナート3になりました。ありがとうございました。
だって替えを含めてレンズ3枚付きで5000円しないんですもの。

前のよりフィット感が良くて風の巻き込みも少なそうなのは思わぬ収穫。
by namatee_namatee | 2006-10-31 20:53 | bicycle | Comments(11)

試行錯誤を繰り返し

c0019089_204659.jpg

これはなにかというとLEDのヘッドライトであります。
GENTOSのこれですな。家電屋で1260円也。これは単三電池一本の仕様ですが、LEDの部分は一緒で単四電池3本仕様のGTR-743Hというのもあり、店頭で小一時間迷ったあげく45gと軽量なこちらの方を選びました。

これは明るさはほどほどですが、軽くてベルトのフィッティングも良いのが美点。洞窟探検をするわけではないので、明るさは手元を不自由無く照らすぐらいで良いのです。
実はヘッドライトに関してはイロイロと悩んでおりまして、ここのところは2000円以内で買える安物をいくつか使っていたのですが、これらは明るさは良いとして装着したときのバランスがよろしくないのですね。ライト本体に電池が内蔵されるので、どうしても前が重くなり、ベルトのセッティングをちゃんとしないとずれてきたりして不快です。あまりベルトをキツくすると頭が締め付けられる感じがして、これまた不快ですし。

いろいろ悩んだあげく、ライト部分と電池室が前後に分かれて重量配分の良さそうなペツルのミオXPが良いかな、と思っていたのですが、いかんせん高い。良いかどうかわからんものに9000円近く出すのもなぁ、と迷っていたのでした。

これは電池室はライト部分にありますが、なんといっても単三電池一本ですから軽くて気にならないのです。ミオXPは175gもあるのでいくら重量配分が良くてもねぇ。

まあ1260円ですから、壊れたり無くしたりしてもすぐに買い替えられますし。
by namatee_namatee | 2006-10-30 20:22 | outdoor | Comments(2)

試運転中その2

c0019089_18291774.jpg

ネヲ子のホイールが調整から戻ってきたので乗ってやろうと思ったんですが、今日は朝のうち雨が降っていたので午後になってから出かけることに。先日買った巨大サドルバッグも取り付けてホイールと一緒に試運転。近所をグルグルと30kmばかり走っただけでした。

で、乗り心地がよいのはホイールのテンションのせいじゃなかったみたいです。(汗
調整に出してテンションをあげてもらったのですが、確かにすこし反応がよくなって進むような気はするものの、乗り心地はほとんど変わりませんでした。ネヲ子を組むにあたっては乗り心地がよくて速いグランドツアラー的な自転車を目指してますので、それはそれで願ったりかなったりなんですが。
しかし、乗り心地がホイールのせいなのかフレームのせいなのかわからない自分ってのがどうもねぇ。精進が足りないのでしょうか。

柔らかくてバネ感のある乗り心地は、このフレームとホイールが持っているもともとの乗り味だったということですね。しつこいけど、それはそれで願ったりかなったり。ああクロモリでよかった。

巨大サドルバッグはちょっとダンシングしたぐらいでは横にずれたりしないし、制限荷重の2kg以内なら段差で暴れたりもしないでしょう。容量は6Lとなってますが、実際の容量は数値より少なく感じますね。横のポケットとかも入っているのかも。>6L

そのほか、灯油につけておいたチェーンを洗って、ワイヤーが伸びて調子が変わってきていた変速の調整をしました。変速についてはカンパの正式な変速の調整方法って知らないので、シマノと同じやり方でやってますが、まあ納得のいく変速になりました。前にコーラスで組んでいたときよりサクサク動くようになりましたが、2年間でコンポの性能も向上するんでしょうかねぇ。いや、たぶんコーラスの時はわたしの調整がへたくそだったんだというのが正解だと思いますけど。
by namatee_namatee | 2006-10-29 18:29 | bicycle | Comments(14)

作例じゃないってば

c0019089_21212860.jpg

「光が弱くメリハリの出にくい状況。しかしかえってこのレンズの癖の無い発色が際立つ。」なんて書くといかにも作例っぽくなります。w

ウチの近くにあるドラム缶の集積場?日が照ってくるとベコンベコンと音がします。
AiS35mm f2で撮影。絞りはたぶん5.6。フィルムは例によってEBXであります。
by namatee_namatee | 2006-10-28 21:21 | camera | Comments(3)

小物中の小物

c0019089_21420100.jpg

いろんなモノが写ってますが、今日のお題はプリムスのガスカートリッジではなくてその手前に写っている銀色の小物。もしかして前に話題にしたかも。

これは何かというと、後ろのプリムスのガスカートリッジの類からライターなどにガスを注入することが出来るアダプターです。プリムス製。
もともとはプリムスのガス注入式ランタンにつかうものだったらしいのですが、近くの上州屋の棚でホコリをかぶっていたので救出。1000円はしなかったな、たしか。

G'zランタンに使うとすごく便利。寒冷地用ガスを直接注入できます。あと小さなバーナーをSVEA 123Rのプレヒートに使おうと思っているんですが、それのガスを注入するのにも使えます。

欠点は微妙に口金のサイズに差があるようでガス漏れすることがあること。ちゃんと真っすぐに押し込まないとガスが溢れ出して霜が付いちゃいます。
by namatee_namatee | 2006-10-27 21:17 | outdoor | Comments(4)

試運転中

c0019089_1840549.jpg

SVEA 123Rを試運転中の図。
とりあえず、ティッシュにガソリンをしみ込ませてプレヒート。無事、点火に成功いたしました。

ババババッと小気味良い音を立てて燃え始め、暖まって調子が出てからはシュバーっと快調に燃焼。なんとなく「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のロケットエンジンの試運転シーンを思い出しました。アレは爆発するけどな。

室温21度で約1Lの水が4分ぐらいで沸きました。水温がわからないのがアレですが、火力調節も効きそうだし、使えるんじゃないでしょうか。って、そんなことを言っちゃ100年も現役のストーブに失礼かも。

音は結構します。ぼうずさんのMSRのなんとかと同じ系統の音ですが、アレよりは静か。ほどほどの音量でよろしいのではないかと。
全体が熱くなるので、火力調整用のレンチは燃焼中は写真のように外しておかないと触れなくなります。w
by namatee_namatee | 2006-10-26 18:48 | outdoor | Comments(4)

慣れない事を(ry

c0019089_20332478.jpg

昨日の続き。
いや本当に作例みたいな写真だな、おい。

レンズはAiS50mm F1.8、絞りはf4だと思われます。たいてい開放かf4しか使わないので、微妙な露出の調整がなければf4です。FM2はマニュアル露出で機械式シャッターのカメラなのでシャッタースピードが一段刻みでしか設定できないんですよね。F2みたいに中間シャッタースピードが使えるわけではないし。しかたがないので想定した光量から微妙にずれるときは絞りをちょっと動かして調整してます。

このレンズ、ものすごく安っぽい使用感ですが(実際、中古で12000円ぐらいだったし。おまけにピントリングのグリスが抜けきってスカスカなのも安っぽさに拍車をかけているような。)写りは普通です。パンケーキぽい薄いレンズなので、コンパクトさ優先でフードをつけずに使ってますが、逆光でもフレアやゴーストが多いわけでなし。同じような価格で手に入れたミノルタの50mm F1.7がかなり癖のあるレンズだったのに対してこちらはずっと普通のレンズです。

35mmF2の作例も近いうちに。こりゃネタが持って助かるわぁ。w

追記:
写っているものについても解説しておかないと片手落ちかも。
これはこういうものでございます。こっちの方が詳しいか。昔はもっと薄汚い色だったのですが、久しぶりに前を通ったら化粧直しされていました。
by namatee_namatee | 2006-10-25 20:40 | camera | Comments(5)

慣れない事をするもんじゃない

c0019089_20593485.jpg

実に久々に銀塩(のポジのEBX)で撮った写真が出来てきました。
カメラ&レンズはNikon NewFM2+AiS50mm F1.8とAiS35mm F2。

いやしかし、なんかどれもこれもレンズの作例みたいなのばっかりで、自分のレンズ、しかもAiS50mm F1.8みたいなどうでもよいレンズの作例なんて面白くもなんともありませんな。(汗

多少、動きというか生き物が写っていたのがこれ。これがまた、ただ撮っただけって感じで(ry

あ、なんか上の方にへんなシミみたいなものが写ってますが、うまく消せないのでそのまま残しておきました。w
by namatee_namatee | 2006-10-24 21:04 | camera | Comments(2)

1、2、3っと

c0019089_2053894.jpg

また特に必要のないものを買ってしまいました。
見ての通り、オプティマス・123R SVEAでございます。液体燃料のストーブです、念のため。
となりにマナスルの96かなんかが並んでいて、それにしようかと迷いましたが、これ以上燃料の種類を増やしてもしょうがないのでこちらに。
箱に「The ultra classic gasoline stove.」と書いてあります。自分で書いちゃうのがすごいですな。

家に持ち帰ってみると感動的に小さい。取説を読むとものすごく簡単なことしか書いてない。w
ようするにプレヒートをすることによってジェネレーターとかポンプとか余計なメカが必要ないんですな。なるほど。

まだ点火してません。液燃のストーブは慣れないと危険なので初めて点火するときは屋外でやることにしてます。コールマン・フェザーストーブで火だるまになりましたからね。特に今日はものすごく強い風が吹いてますので、そこら辺に飛び火したらシャレになりません。(汗
by namatee_namatee | 2006-10-23 21:10 | outdoor | Comments(19)

お気に入り

c0019089_17145928.jpg

今週は土日がお休みなんですが、土曜の夕方に用事がありまして。キャンプには出かけませんでした。
まあキャンプに関してはこれからがシーズンですからいくらでもいけますんで。今回は夜に出ればどこかには行けたんですが、ちょっとマンネリになりつつあるような気もするのでお休み。

とりあえず、ネヲ子のホイールを調整に出しました。木曜日に100kmほど乗ったんですが、やっぱり走ったあとに後輪のスポークが緩むんですよね。走っている分には何か問題になるわけではなくて乗り心地が良くて快適なんですが、そのうち壊れるんじゃないかと心配になったのでもうちょっとテンションをあげてもらうことに。

そういったわけでネヲ子には乗れなくなっちゃいましたので、SHEPHERD3.0で40kmほど走りましたが、これが長い時間乗ると具合が悪いんですわ。w
ネヲ子のクランクの長さは170mmなのに対してSHEPHERDは165mmなんです。ポジションはほぼ同じに調整できますけどクランクの長さはなぁ。一般的に言われている身長の1/10が適当なクランクの長さという説によると、わたしの場合は170mmよりは165mmの方が向いている長さだと思うんですけど、これがダメなんですよ。確かに足はよく回せますけど、ただ回っているだけという感じ。すごく疲れますしスピードも出ません。登りなんて悲惨。全然登れないんです。

遥か以前に同じ問題にぶつかりまして、165mmと170mmのクランクで同じ坂道を登ってタイムを測ったことがあります。残念ながら同じバイクというわけにはいかなくて、当時ウチにあった2台のロードバイク、ネヲ子(シマノ・アルテグラの165mmクランク装備)とデローザ・プラネット(カンパ・コーラス170mmクランク装備)でやってみました。
結果は170mmクランクのプラネットの圧勝。およそ6kmの峠道(二ノ瀬越)で8分も差がつきました。実際にはホイール(ネヲ子:マビック・コスモス vs プラネット:カンパ・ユーラス)とフレームの違い(ネヲ子:クロモリ vs プラネット:アルミカーボンバック)も大きいんですが、登っている途中のペダリングも170mmクランクの方が圧倒的に楽でした。なんていうか踏むのも引くのもコントロールできるんですよね。ちゃんと回すことも出来ますし。それ以来、わたしは170mmのクランクを使うようになりました。167.5mmのクランクはどうなのよ、という疑問が残っているのですが・・・

写真はその頃のネヲ子。9Sアルテグラ装備時。購入後かなり初期の様子です。ホイールはマビック・コスモス。これが見た目は良いんですが進まないホイールなんですよ。(汗
この後、プラネットのコーラス一式およびユーラスを移植、友人のところへ嫁入りして、最近出戻ってきてカンパ・ケンタウルで再就役と忙しい話ですなぁ。このフレームはそれだけわたしのお気入りということなんでしょうね。
by namatee_namatee | 2006-10-22 18:45 | bicycle | Comments(19)