<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

なにもかも懐かしい

これは前に住んでいたアパートの玄関わきで前に使っていた携帯電話のカメラで撮った前に乗っていたMTBです。
02のGiant AC2ですね。オークションでフレームを買いました。フォークもリアユニットもコイルでわたしにとってはプチDHバイクでした。乗った感じはちょっと小回りが効かなくて、当時の腕前ではテクニカルなセクションでかなり苦戦しました。曲がらないというわけではなく、微妙なコントロールがし辛くて細いライン一本をトレースするなんてのが苦手でした。今となっては旧式で、特にリアサスの構造のせいか荒れ気味の登りではペダルへのキックバックを強く感じました。下りで相当に飛ばせる腕前のある人向きのバイクだと思います。そのような状況だとよい仕事しました。これはこれで良いバイクだったなぁ。(遠い目
c0019089_23383229.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-31 23:39 | bicycle | Comments(0)

お買い物用

これは買い物その他用のルイガノMV2です。
純正フロントキャリアにカゴを無理矢理取り付けて、買い物に便利なようにしてあります。他にもサドルやバーエンド、変速の9S化などしたりしてますが、一番役にたった改造はカゴです。w
c0019089_18383186.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-30 18:39 | bicycle | Comments(0)

バ、バンと(その2)

乗っているだっさい服装のでぶは無視して下さい。わたしですから。恥ずかしいので目線をいれておきました。
これは去年の今頃の写真です。1月22日の投稿と同じ場所での写真。バイクはun authorized 33rpmであります。
ずいぶん余裕で下っていますよね。谷側の路面の安定しているラインです。このラインが一番楽なのは分かっているんですが手前のアプローチでとっちらかるとここにいけないんです。MTBに一番乗れていたころですねぇ。(遠い目
c0019089_1830416.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-29 18:30 | bicycle | Comments(9)

スカイハ〜イ

良く行くトレイルの頂上近くにはハンググライダーの発進場?があります。それは九十九折りのハイキングコースの最後のコーナーにありまして、その発進場が見えると長かった登りも終わりということでラストスパートにも気合いが入るというわけですな。そこから飛び立ったハンググライダーの写真がこれです。場合によってはここ(養老山地の南端あたり)からセントレアの方まで飛んでいくそうです。遠くに見える細長いモノは(写真の下の方の橋のわきに立っている)は木曽三川公園のタワーです。この近くはジェットスキーとかラジコンの飛行機とか凧上げとか、いろいろとアウトドアスポーツをしている人が沢山います。
c0019089_1922419.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-28 19:23 | bicycle | Comments(4)

バンク

ここでたびたび出てくるバンクとはこういう感じのところです。これはケイリンの様子。ジャンがなってこれからヒートアップしようか、というところ。
c0019089_228729.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-27 22:08 | bicycle | Comments(2)

シンプル

ネタが切れたのでいつものPA3の写真を。
PA3のリアハブには両側にスプロケを取り付けるネジが切ってあります。PA3は公道での使用を前提としたロードピストなので購入時にはリアはフリー(足をとめても後輪は回る)になってます。さて、バンクを走る時には前後のブレーキは外してしまいますので、リアがフリーだと減速する手段が一切ないと言うことになって、えんえんとバンクを回り続けることになります。w
なのでリアはどうしても固定(足をとめると後輪も止まる)にしないといけません。減速はバックを踏んで(足の力で慣性に対抗して減速すること)行います。ウチのPA3はフリーのスプロケの反対側には同じ16Tの固定ギアを取り付けてあります。ピストはハブでなくてスプロケにフリー機構が組み込んであるんで、スプロケの交換だけでフリーと固定の遣いわけが簡単にできるんです。わたしは公道でもその固定で乗ってます。いろいろ不便だけど足だけで速度の微調整ができるのがピストで公道を走る面白さですしね。
c0019089_19102348.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-26 19:09 | bicycle | Comments(0)

いや、あの(汗

名古屋西部県税事務所の駐車場にて。
まあなんていうか。誰だよ、悪のりして長靴を置いたのは。
c0019089_183605.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-25 18:35 | diary? | Comments(0)

メカメカ

これはウチのMTB、GT i-DRIVE 0.0のもっとも肝心な部分。
i-DRIVEというのはリアサスペンションというか、前後にサスペンションのある、いわゆるフルサスの形式のひとつです。自転車にとってサスペンションってのはけっこう厄介なモノらしく、特にリアについてはペダルからの入力がストロークすることによってロスする、路面からのキックバックがペダリングを妨げる、などについていろいろと工夫しないといけないようです。同じような形態のモーターサイクルはエンジンが強力なのであまり問題にならないのかもしれませんが、自転車の場合はなんつったってエンジンが非力な人間ですのでできるだけ効率良く推進力を路面に伝えることが大切なのです。
i-DRIVEの特徴は偏芯したパーツ(写真の波状のギザギザのついた黒くて丸い部分)がサスペンションの上と下の間にあり、そこにBBとクランクが取り付けてあることにあります。どのような動作原理なのかはどこか詳しいページを探してもらうとして、この機構のおかげでペダルへのキックバックが少なく、おそらくそのためにペダリングロスも少なく抑えられるのが利点です。
最近はサスユニット本体に工夫をしてよけいな動きを防ぎ、シンプルなリンクでロスを少なく抑えるのが主流になっているようなので、複雑なメカとそれに伴う重量増加が避けられないi-DRIVEは最先端とはいえないようです。GTの新型もこの形式ではなくなってしまいました。動作原理は継承している様ですが、よりシンプルで軽量な仕組みになりました。たぶん、メンテナンス性能などについても進化しているのでしょう。
それでも、わたしとしてはこのメカメカしい旧型i-DRIVEの方が魅力的です。
c0019089_75345.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-24 23:59 | bicycle | Comments(0)

2ショット

今日は天候が不安定なので山には行かずに自宅近辺をウロウロしてました。それでも暇なので近くの公園でウチのアンカー兄弟の2ショットを撮影。
ここのところPA3ばっかり乗っていたので、RNC7にはうっすらとほこりが。(汗
この2台、オーナーとブランドとカラーリング以外は共通する部分がほとんどありません。フレームがPA3はアルミでRNC7は鉄、メインコンポもPA3(コレにコンポという概念があてはまるかどうかはおいておくとして)はスギノ+シマノ+MAVICに対してRNC7はホイールも含めてカンパニョーロ。RNC7は妥協無くフレームから丹精込めて自分で組み上げました。のり味がどうかとかは・・・そもそもの駆動方式が違いますもん。w

高級なのはもちろんRNC7の方です。車で言うとトヨタ・ソアラとかメルセデスベンツのSLのような豪華なクーペって感じ。PA3はあれだな、ワンメイクレース用のナンバー付き小型ハッチバック?
c0019089_14391557.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-23 14:56 | bicycle | Comments(2)

バ、バンと

今日はいつものトレイルのいつものコースに。
この写真はいくつかある難所の一つ、通称「二段岩」。分かりづらいかも知れませんが、写真では下から見上げる形で撮影しています。中央ちょっと上に写っている丸い岩と手前の斜になっている長い岩が、上から見下ろすと連続したドロップオフを形作っているのでこのような名前が付いています。写真だと実際の迫力が伝わってきませんが、岩のはしっこは鋭く切り立っていて、普通のドロップオフより難易度が高いです。しかも連続しているので進入前に体勢をきめておかないとかなり恐い思いをすることになります。さらに写真の左側は崖ですのでシャレになりません。w
このトレイルは全体的にガレ気味なのは前にも書きましたが、「二段岩」にアプローチする部分(写真で言うと上の奥の方)も相当にガレていまして、体勢を整える間もなくこの難所に突入する羽目になりやすいのです。

今日はどうだったかというと、一個目の岩で前転寸前になってそのまま前一輪のみで二個目の岩に突入、かろうじて前転せずに着地。崖に転がり落ちるのだけはさけたかったので反対側の土手に倒れ込んで止まりました。しばらく動悸がおさまりませんでした。ww
c0019089_1720583.jpg

by namatee_namatee | 2005-01-22 17:22 | bicycle | Comments(2)