カテゴリ:camera( 182 )

デジカメ雑感

おお、ネタが無い。とりあえず、今回の旅行で使った三脚の類の図。
c0019089_2023177.jpg

これはゴリラポッドといいまして、結構昔からあります。この足の部分がグニャグニャと曲がりまして、なおかつ適度なフリクションで曲がったままの状態を維持する。これで適当なパイプとか棒に絡み付かせてカメラを固定するものであります。関節の間の出っぱった部分には滑り止めのゴムが装着されており、滑らかな金属の表面でも滑り辛くなる工夫が施されております。さらにこのゴリラポッドは新型のマグネティックとかいうモデルでして、足の先端のオレンジの部分に磁石が内蔵されており、鉄に張り付く、と。例えば車のドアやエンジンフードなどの傾いていて普通の足だと滑ってしまうようなところでも、これならば平気です。いやもちろん、カーボンとかアルミのドア・フードの車はダメですがね。w

今回持って行ったカメラは写真のLeica D-LUX4でした。これ、レンズキャップが鬱陶しいんですわ。携帯電話のストラップみたいなので本体につなげておくようになっているんですが、撮影のときにじゃまでじゃまで。
とはいえ、何もせずに放って置くとあっさり無くしそうだし。ウチのD-LUX4は一応、限定カラーのチタン色でキャップもおそろいのカラーリングでして、それを無くしてしまうのは忍びない。そういったわけで鬱陶しいのを承知の上で、デフォルトのまま運用してますが、そろそろ我慢の限界に達しそうな・・・自動で開閉するキャップは色が合わないんだよなぁ・・・
その他の使い勝手については文句はありません。もう3年以上前のカメラですが、現在でも十分な性能を持っていると思います。特に24mm相当でF2の明るいレンズと16:9のフォーマットが個性的。

ウチのコンデジの旗艦はこのD-LUX4ですが、もう一つの旗艦並みの扱いであるところのSIGMA DP1sは西の都の&氏のところにレンタル中です。氏のDP1無印がセンサーにゴミがついたとかで、修理にだすとのこと。それではということでウチのDP1sを貸し出して、無印との違いをインプレしてもらおうという企画であります。同じメーカーのマイナーチェンジ前と後のデジカメでどれほどの違いがあるのかを、信頼できる腕前のFoveonマイスターにレポしてもらおうと。
これがまた、狙い通り実に興味深いレポでして、興味のある方はこちらを是非。

ちなみにわたくしの推す最高のデジタルカメラはDP1シリーズです。わたくしごときの推薦が何ほどのものでもないのは承知の上ですが、それでもDP1を推しますね。いろいろ不便なところが(AFがアレとか高感度でアレとかレンズが暗い上に手ブレ補正がなくてアレとか)多いカメラなので、旅行に一台だけ持って行くなんてのには向きませんが、ここぞというところで撮った一枚がすごい出来だったことが何度もある。小さいサムネイルを見ただけでなんとなくDP1で撮ったのとそうでないのは区別がつく。あれは良いものです。

c0019089_20232923.jpg

といったわけで、D-LUX4とゴリラポッドで撮った箱館山からの夜景。これはまあ、自分で撮らなくてももっと良いのが沢山あるわけですが。(汗
by namatee_namatee | 2011-10-11 21:12 | camera | Comments(5)

おー

c0019089_20315284.jpg

某巨大掲示板でリンク踏んで、amazonに飛ばされて「最近チェックした商品」とか「同じテーマの商品」とか「チェックした商品の関連商品」が本当に残念な状態になることがままありましてね。orz

これは便利だ。
そういった流れの中で、ちょいと見つけたのがこれ。見ての通り、DP1/DP2用のレンズキャップ(ブリスターパックの方。右側は純正品)。いやなに、良く知られたものだったてのはわたくしも知ってますよ。DP1を買った頃にはまだこういった専用品が無くて、なにか他の奴用のを改造してたのを覚えてます。わたしゃ、そういう面倒なことはしないので単なるキャップの純正品を普通に使ってましたが、売っているのを見つけたんじゃあ買わないわけには行きません。いやしかし意外に値が張りまして2,000円以上するんですが。(汗
例によって巨大な箱にこれ一個だけ入って配送されました。空間の90%以上は空気。w

それはそれとして、さっそくウチのDP1sに装着してみると・・・これは便利。DP1sは沈胴式レンズですが、レンズにシャッターというかガードのようなモノがありません。レンズ保護のためにキャップが付いているんですが、これが電源を入れてレンズが繰り出される前に外しておかないと「レンズキャップを外し電源を入れ直してください。」というエラーになるんですよ。これが実に鬱陶しい。カメラに怒られているような気がしましてね。
このレンズキャップだと繰り出されるレンズにガードの部分も押し出されるので、そういう面倒ごとがありません。単純に電源を入れればそれで撮影準備O.K.想像以上に便利でちょっと感動しました。まあ普通のカメラならそれが普通なんでしょうけどね。
ちなみに、もう一台のメインカメラ、Leica D-LUX4も同じような沈胴式レンズでこれまたレンズキャップがあります。で、これもレンズキャップ外すのを忘れてしょっちゅう怒られてます。同じところからLUMIX LX3用が出ているんで(D-LUX4はLX3のOEM版)、それを買うってのも良い手なんですが、ウチのD-LUX4はチタンカラーのため、黒いLX3用キャップは微妙な感じ。

DPシリーズは傑作。
いやしかし、DP1sを持ってると他のデジカメ買う気になりませんな。特にデジタル一眼とか。DP1sは専用に設計されたレンズとボディですからね。28mm相当の画角と写りに関する限り、レンズ交換できるかわりにどこかで妥協しなければならない一眼レフなど元から敵いませんよ。(たぶん)
いやまあ、操作性にイロイロと癖がありますけどね。人によっては拒否反応を起こしかねません。だがしかし、それを差し引いてもなお、DP1sの写りは捨てがたい・・・DP2xも買っちゃおうかなぁ。
by namatee_namatee | 2011-08-02 21:09 | camera | Comments(6)

ネタにマジレス

c0019089_20273058.jpg

少し前の話になりますが、これを見たときは心躍りましたね。I'M BACK!ってのがたまりませんな。カメラがF3とNewF-1とM2ってのも。ちょっと涙出ましたからね。
発売されたら50万円までなら出す、と決心しました。w

・・・まあ、ネタ(エイプリルフール)だったわけですが。w

この手のものはだいぶ前にみた記憶が。35万画素ぐらいので・・・もしかするとこれかな。こちらはネタじゃなくてちゃんと開発しようとしていたらしいんですが、ポシャったみたいです。(汗
2001年ぐらいの話なので、まだ銀塩カメラが一般的だった時代。この当時なら今より需要はあったんでしょうが、技術の方がなかったんでしょうなぁ。今なら、もしかすると技術的には可能かもしれませんが、ニーズが一般的でないと。
一般的でないと言えば、似たようなものでLeica DMRというのがありました。それはこういったものでして、前述のDigital Filmにかなり近いものです。がしかし、RライカのR8とR9専用(っていうかデジタルバックだし)。いやぁ、Rライカはなぁ。レンズがものすごーく高かったんですよ。50mm F2.0の標準レンズで10万円以上はした記憶が。そのわりにはボディはさほど高く無かったと記憶してますが、それでも当時の最強SLR、ニコンF5と同等だったような。R9とかってMFですからね。スペックではF5には全く敵いません。
いわんやDMRと来た日にゃ。たしか100万円近くだか100万円超えだったか。もちろんボディとレンズは別でね。(汗

そういったわけで、Digital Filmのようなものが発売されるならば50万円までなら出しますよ、というわけです。
by namatee_namatee | 2011-04-28 21:07 | camera | Comments(2)

やばいやばい

c0019089_19593020.jpg

これがないとお話しにならない。
余震、震度5ぐらいじゃ効かないぜ、なんて言ってたらLeica D-LUX4のバッテリー充電器が行方不明になってました。3/11の一発目の後には床に落ちていたのを見つけて拾っておいたんですが、その後の余震のどれかでまたどこかへ落ち込んでしまったようです。ついでにその他のデジカメ用のバッテリーも何種類か&いくつかが行方不明。(汗
とにかく充電器がないと困るんですが、いくら探しても出てこないので、ロワジャパンからこのユニバーサル充電器を購入。2,200円ぐらい。なんかいろんな種類のバッテリーを充電できるみたいですよ?
それは良いんですが、どこに何をセットしたら良いのか良くわからない。あちこちに色んな方向を向いて端子が出っぱってます。w
適当に合う位置を探してコンセントに繋いだら充電が始まりました。いやしかし、これも電動ガン用のLi-Poと同じ系統のリチウム電池ですからね・・・変な充電して火を噴いたりしないだろうな。
その昔、MacのPowerBook 5300はPowerBook初のリチウムイオンバッテリーということで鳴り物入りで登場したものの、案の定予想通りに火を噴きましてね。あわててNi-MHに戻すという失態を演じました。他にもモニターのヒンジとか筐体とかがぱっくり口開けたりとか、かわいそうな190csとか、PowerBook 5300シリーズは悪夢のラップトップという印象しか無いな。前モデルのPowerBook 550cユーザーだったので、余計に新型に対して厳しい目で見る傾向があったとしても。w
まあ、あのころのAppleはボロボロでしたからねぇ。>トオイメ
そういえばiPhoneだかなんだかも火噴いてなかったっけ?ウチの電動ガンですら無事で運用できているのに、これだから林檎は。>言いがかり
by namatee_namatee | 2011-04-16 20:26 | camera | Comments(1)

おっと忘れてた。

c0019089_12575581.jpg

いつの間にか南東北(本当は北関東)でも桜が満開に。ちょっと散り始めていたのであわてて写真を撮りました。

しゃきーんと写る。
ううむ、DP1sは良いのう。さすがだ。ピントが不自由なカメラなのでこういう構図だととても苦労しますけど。これはMFで撮りましたが、液晶でピントがあっているかどうかを確認するのは困難。しかも近視で老眼というハンデもあってもう大変。
それでもこんな風に撮れると様々な欠点は我慢できます。最近はD-LUX4を使うことが多く、それなりに気に入っているんですが、こんな風には写りません。(汗
by namatee_namatee | 2011-04-14 13:11 | camera | Comments(2)

また下らぬものを

c0019089_18493960.jpg

リサイクルショップのジャンクコーナーで発見。>Nikon EM

勘違い。
いやー懐かしいなぁ。リトルニコンですぜ。1980年発売。わたくしが17歳のころ。永遠の17歳じゃなくて本当に17歳の時があったんだなぁ・・・トオイメ
当時はカメラ好きの高校生だったはずでして、たぶんキヤノンのF-1を使っていたはず。こんなローグレードのカメラには興味はありませんでしたよ。それでも1977年に発売されたNikon FMはちょっと気になっていた。キヤノンF-1から次の何かを考えた時、当然候補に挙がってくるNikon F2はいろんな意味であまりにも重く高価でして、その名もコンパクトニコンで登場したFMは有力候補だったんですね。
この当時のNikonの一眼レフにはキャッチフレーズがイロイロありまして、FMはコンパクトニコン、FMをベースに絞り優先AEにしたFEはシンプルニコン、さらに下のエントリーグレードのEMはリトルニコンと。こういうことも今ではWikipediaとかで調べられますが、当時はカタログや雑誌を読まないとわからなかったわけでして、〜ニコンとやたらめったら小型の一眼レフが出てきたもんで、どれがどのキャッチフレーズかごっちゃになってました。
そのキャッチフレーズの中で最も記憶に強く残っていたのが「リトルニコン」でして、わたしゃFMもFEもEMもみんなリトルニコンだと今の今まで勘違いして思い込んでましたよ。w

写真撮影なんていってた頃。
当時は写真を撮るというのはそれなりのイベントでして、今と違って現像〜プリントしてみないとちゃんと映っているかどうかわからなかったんですからね。ちゃんと写真を写すためのカメラの操作も面倒だった。確かに扱いやすいコンパクトカメラというものはありましたが、ある程度以上の写真を撮ろうとするとピント合わせとか露出制御とかの性能では一眼レフでないと無理、という状況でありました。がしかし、当時の一眼レフってのは重くてでかくて扱いが難しかった。Nikon F2なんてフォトミックファインダー付きに標準レンズだと1.5kgぐらいある上にマニュアル専用機ですからね。ペンタックスやオリンパス、ミノルタなどは比較的軽量なモデルがありましたが、露出のオートはあったものの、やっぱり操作する項目についてはそれなりの知識と経験が必要で、シャッターを押せばそれでO.K.というわけにはいかなかったのでした。電子制御技術が稚拙だったんで、人間様が機械をサポートしてやらなければならなかったんでしょうなぁ。今となってはそれはそれで機械と人間の幸せな関係だったのかもしれん。
で、微妙に電子制御技術が進んだのか、出てきたのがこのNikon EMのような絞り優先オート専用機。厳密には「連射一眼」のキヤノンAE-1がその手の軽快・軽量な一眼レフの嚆矢のような気がしますが、あれはシャッター速度優先オートなんですよね。
それはそれとして、ペンタックスのMEとかオリンパスのOM10とかこのEMとか、絞りさえ設定すればあとはカメラがやってくれるというお手軽な一眼レフがぞろぞろと登場したんですよ。今の目で見ると、絞りってなに?という人も多かったろうにそんな中途半端な自動化してもなぁ、そもそも露出よりもピント合わせの方が・・・なんて思うんですが、マニュアル機は下手すると露出計が無いのも(フォトミックファインダー無しのアイレベルF2なんか)がありましたからね。それに比べればずいぶん親切になったもんです。

所詮略式。
そこら辺のお手軽モデルに共通するのが、露出補正が出来ないこと。レンズ側で絞りを設定すると他に操作する部分はほとんどない。露出補正ボタンってのはあって、そいつを押すと+2EVの補正をするようになってますが、これはかえって使いどころが難しいぞっと。(汗
最悪の場合はフィルム感度をいじることで露出補正は可能ですが、AEロック機能はないので露出コントロールの限界はあります。基本的にネガフィルム用なんでしょう。これがNewFM2だと完全手動ですからなんでもやりたい放題という。やっぱり銀塩カメラはフルマニュアルですよ。

-100円。
このEM、リサイクルショップのジャンクコーナーでマイクロニッコール 55mm F3.5付きで数千円。レンズは酷い状態なのでいらないから安くしろっていったら100円引きでした。w
一応、電池をいれたら動きました。シャッタスピードがある限界を下回ると、ピーピー言う。さすが入門機。(汗
見た目は大変キレイですが、モルトが劣化してます。多分、光が漏れてしまうでしょう。露出計もかなり不安定で、シャッター速度を示す針がぴょんぴょん跳ねてます。そのシャッタースピードも実際にちゃんと出ているか怪しい。要するに実写は難しいということですな。まあジャンクですからねぇ。もう修理も出来ないそうで、置物にしかなりません。だがしかし、ジュジアーロがデザインしたという端正な形は手に持って弄っているだけで楽しい。なんとなくライカM5を思わせる巻き上げレバーとシャッターボタンのあたりとかがたまらん。

桜が咲いたら久しぶりにNewFM2でも引っぱりだしてみるか・・・
by namatee_namatee | 2011-04-08 20:54 | camera | Comments(4)

すっかり忘れてた。(汗

c0019089_18484447.jpg

明日はちょっと出かけるのでデジカメでも持っていこうかと思いましてね。いつものサバゲや戦民思想さんの射撃会のときは会社からかっぱらって借りて来た耐衝撃・防水のDMC-FT1を持っていくんですが、今回のお出かけはいつもとちょっと毛色が違う飲み会の類なので、社交性に乏しいわたくしが話のネタに出来るものがよかろうかと。で、SIGMAのDP1sを持っていこうかと思ったんですが、アレは飲み会の席では使い辛いことこの上ないシロモノでして、常識で考えてイマドキのデジカメでそんなことないだろ、と思うかもしれませんが、いや本当に冗談だと思うならお前使ってみろと言いたくなるほど宴会では使えませんよ。>DP1s
なんてったってDP1sはストロボがついてないんですからね。(11/8追記:嘘です。ストロボはあります。一回も使ったことが無いので忘れておりました。)おまけに高感度に滅多矢鱈に弱いと来たもんだ。メニューを写すのに便利なマクロモードなどという軟弱な物も無い。
DP1sには一生懸命写真を撮るという、最近のお手軽コンデジやケイタイのカメラではあり得ない気合いと覚悟が必要なのです。・・・だがそれがいい。

16:9
というわけで久々にLeicaのD-LUX4を引っぱりだしてみましたよ。これが去年の7月に買って、ほとんど使ってないんですわ。(汗
なんといっても持ち運び辛い形状が良くない。レンズが出っぱっていますし、キャップをとらないで電源を入れると怒られるという面倒くさい仕様。明るいレンズで良く写るのは確かですが、大げさでブログのネタ用に小物をちょいちょいと撮るのには面倒。まあ全体にお手軽な雰囲気じゃないんですよね。DP1sほどではないですが。w
がしかし、鉄砲の写真を撮るのには向いている。なんてったって横長の16:9のアスペクト比に最適化されてますからね。長い銃を写すのが楽です。って、そんな使い道しかないというのもアレですので、明日はこれを持ち出してみましょう。

写真はおなじみのSPR Mk.12 Mod1でございます。AFGとかゲーム向きの仕様になっちゃってますが、最近のハンドガードと違って無闇にゴツくなく、スラッと長いスタイルがたまりません。もうそろそろ発売されるはずの東京マルイ製・RECCE RIFLE(次世代電動ガン)よりこっちの方がずっと格好良い・・・個人的にはですが。
電動ガンとしての内部もSPR特有の長いアウターバレル(18inだったか)にあわせてちゃんとインナーバレルも長いのにして各部の調整もしてあるし、お手軽にアウターバレルだけ長くしたRECCE RIFLEなんて(ry
あとSPRにしてもRECCE RIFLEにしても20連タイプの短いマガジンが似合うんですが、次世代電動ガン用のショートマガジンがないってのも釈然としませんなぁ。30連の長いマガジンはゲームでは使いやすいんですが、観賞用にはちと無粋かと。w
by namatee_namatee | 2010-11-06 20:44 | camera | Comments(4)

しみじみと

c0019089_2012359.jpg

DP1sのテストの続き。

なんとなく&さん風にキメてみました。>この写真
田舎者なので滅多に町中に行くことがありませんで、田んぼとか竹やぶとかの写真ばっかりになってしまうんですが、今回はたまたま労働保険の申告に労働基準監督署へ行く用事があったので車を止めた駐車場からDP1sで一枚。あ、この車は最近買ったわたくしの・・・嘘です。たまたま駐車していた車です。
いやしかし、良い写りですなぁ。全体にあっさりな色合いながら、まったりとしたコクがある。特に赤色の発色。もっともこれはRAWの現像の設定次第でして、ネットの様々なところから収集した情報によるとDP1は赤色の表現が苦手だったらしく、DP1sになってそれが改善されたとのこと。レンズのコーティングが違いますし、画像処理エンジンの設定も変えられているようです。新旧DP1を比較した画像を見比べてみると、確かにDP1sの画像の方が赤みが弱く(マゼンタかぶりが押さえられているとでも言うのかしら)不自然さは和らいでいます。しかし、同時に色のコクのようなもの・・・濃さなんですかね、それも薄らいでしまったような気もしますね。
RAW現像のときの補正については、&さんに基本となる設定を教えてもらいまして、それを基にイロイロと試してみました。わたくしの好みとしては、コントラストと彩度が高い、いわゆるシロウトっぽい色合いが好きですので、X3 Fill Lightを-0.3ほどにして日陰の黒を強調してみました。彩度もイロイロいじってみたんですが、教えてもらったままの+0.2に落ち着きましたね。しばらくこの設定で撮ってみようかと思います。

銀塩時代を思い出す。
DP1sはもちろんデジカメですが、写真を撮る行為にある程度の覚悟が必要ということにおいて、銀塩カメラ的なところがありますね。前述の通り、撮った写真についてはRAW現像でどうにでもなるところもあって、その点では確かにデジタルカメラなんですが、単焦点であることとか余計な補正機能(手ブレ補正など)が無いこと、それらが昔の銀塩カメラで写真を撮っていた頃を思い出させます。ゆっくりと一枚一枚写真を撮るのは今となっては新鮮かも。現像して拡大してみたら手ブレでorzってのも銀塩的。w

長い付き合いが出来そうな気がしてみました。>DP1s
by namatee_namatee | 2010-06-29 20:27 | camera | Comments(2)

リチウムポリマーは略してリポ、じゃあこれは?

c0019089_215306.jpg

DP1s用のスペアバッテリーを購入。
例によってRowaバッテリーバンクで。純正品が2300円/個とかするのに対して、これは2個で1680円(送料込み)とか。安っ。
まあ本当のところ必要かどうかわからないんですが。例えば友人とか奥さんと旅行とか行って、スナップを撮るのにDP1sが向いているかというと・・・向いてないと思うな。書き込みに時間がかかるので、サクサクぱっぱと速いリズムで撮れませんもの。まったりと一枚ずつ撮るのならなんてことないんですけどね。
そういったわけで、スペアバッテリーが必要なほど長期間持ち出すかどうか疑問です。

素朴な疑問。
エアガンの世界(RCではとっくに)ではリチウム系?のバッテリーが次第に普及してきまして、わたくしですらリチウムポリマーバッテリーを運用しております。コンパクト&軽量で大容量、でも扱いを誤ると発火炎上(の可能性がある)、となかなかメリハリのあるバッテリーです。電動ガンは特に工夫無しにスイッチオンでモーターを回すだけですから、本質的に危険なバッテリーを使うのはちょっとリスキーですよね。
そんなことはとにかく、リチウムポリマーバッテリーはリポと呼ばれることが多いです。リチウムフェライトバッテリーはリフェ。じゃあ、リチウムイオンバッテリーはなんていうのさ?

と思って調べたら、リポもリフェもリチウムイオンバッテリーの一種なんですって。なるほどなぁ。
by namatee_namatee | 2010-06-25 22:09 | camera | Comments(5)

手ブレ量産

c0019089_21917100.jpg

すっきりと良い写りじゃないですか。DP1sはこんなに良く取れるのにたった3万円なんて。世の中間違っとる。w

手ブレ写真量産の予感。
いやしかし、普段使っているD-LUX4の明るいレンズと手ブレ補正に慣れきった身にはDP1sの開放F4.0と手ブレ補正無しは手強いかも。テストでペチペチ撮った写真の1/3ぐらいは手ブレで見るに耐えないという。しっかりと構えることから鍛え直さないとダメですね。細かな使い勝手よりも、こういう全体に硬派?なところが使う人を選ぶような気がします。

手強いRAW現像。
RAWで撮ってSIGMA Photo Proで現像(iPhotoもCaptureOneもDP1sには対応してないし。)するんですが、一枚ごとに調整に悩みます。モニタの前でうんうん唸って、結局オートで済ますと言う情けない結果になっているという。これはしばらく格闘する楽しみがある、と思っておきましょう。幸いにしてSIGMA Photo Proは扱いやすくて助かります。Capture Oneはどうも難しくてねぇ。

とネタ切れのため本日はgdgdで終わります。
by namatee_namatee | 2010-06-24 21:09 | camera | Comments(0)