カテゴリ:diary?( 1092 )

めぐる季節の中で

c0019089_20443457.jpg
昨日の続き的な?
ポニーテール禁止のみならず「ブラジャーも禁止」っていう話がありまして、理由はポニーテール禁止と同く男子が劣情をもよおすからという。w
繰り返しになりますけど、何にでも劣情をもよおす年頃だと思うんですけどねぇ。>中学生
じゃあニッセンのカタログとかどうするんだと。普通にそこら辺においてあるじゃないですか。w
そういえばとあるサバゲのおり、朝一番のゲーム前に友人数人がテーブルに大き目の紙を広げて真剣になにか話しているから、フィールドマップでも見て作戦を考えているのかと思ったら、女性下着のチラシを見ながらああでもないこうでもないと(ry

この流れで、こういう下らなくて存在に疑問のある校則はそれを作る側の嗜好が反映されているのでは無いかという説が出てまいりまして、そこからブラ禁止→「下着フェチ」キモい」とかいう意見を見かけましたけど、それは違います。下着フェチの人は下着そのもののフェティシズムなので、実は中身は関係ないんですよ。なのでこういう校則を作る人がその校則の禁止事項に則した性的嗜好を持つということならば、それは歳のはるかに離れた良い大人がブラをつけた女子中学生を好むということになり、そっちの方が「下着フェチ」よりよっぽど明確に倫理的に危ない&キモいということになりますな。w

図はこれまた昨日に引き続き完顔阿骨打先生の絵。こちらは同人誌でタイトルの通り、まさに下着の本。1989年8月13日初版発行となっております。この本自体は第3版で1990年2月4日発行だそうです。同人誌で第3版とかって初めてみたような気がする。どうもコミケなどで新刊が出せなかったりした時の穴埋め的に版を重ねた本だったようです。
それはそれ、例によって描かれているキャラクターについては全くわかりません。w
でも、あぐだ先生の絵って、もうこのころから変化し続けていたのがよくわかって眺めていて楽しいですねぇ。
で、「黄色魔術オリエンタルガール」の雰囲気をわたくしが最も気に入っているということは、変化の過程の中の一瞬(といっても連載期間は2年ありますけど。)にうまく巡り合ったんですねぇ。やっぱり奇跡的・運命的な出会いだったのかも・・・

by namatee_namatee | 2017-08-03 22:13 | diary? | Comments(9)

嗜好もろバレ。w

というわけで、本日はワンダーフェスティバルへ行ってまいりました。
なっとーちほーのひらがな5文字市から幕張メッセというのはなかなか行きづらいものでして、電車で行く場合、最短ルートは3回ぐらい乗り換えがあったりする。今回はやや遠回りになるものの、特急を使って所要時間を短縮でき乗り換えも1回で済む、常磐線(特急)で東京駅〜京葉線というルートをセレクト。
前回同様、チームメイトのタカ氏と一緒でございます。前回はうっかりカタログを買っておくのを忘れまして、入り口で買うはめになり、結構な時間をロスしたので、今回はタカ氏に買っておいてもらいました。それも含めありがとうございました&おつかれさまでした。>タカ氏

というわけで、入場して最初に遭遇したのがこれ。↓

なんていうか、イロイロ地獄ですよね、これ。w

以下は見て回ったうちで印象に残ったものをいくつか。企業ブースと一般?のディーラーさんのブースの写真が入り混じってます。そして本当にテキトーに撮ったので、資料的な価値はないと思われます。w
毎度のことながら、たくさん撮ったつもりでも、ウチに帰って観てみると大した枚数じゃ無いんですよね。

まずはこちら。「戦え!!イクサー1」から「イクサー1」。

イクサー1ですよ、イクサー1!見つけた時はおもわず声あげて駆け寄っちゃいましたよ。w
このブログの一連の「黄色魔術オリエンタルガール」のネタの発端がこの「イクサー1」でございました。こちらこちらとかこちらですね。
「黄色魔術オリエンタルガール」を引っ張り出すためのダシにしちゃったんですけど、オリエンタルガールほどではないものの、当時を知るわたくしとしては思い入れのあるキャラクターであります。
っていうか、なんで2017年の今になって「イクサー1」のフィギュアが。w
イクサー1って、このように全身タイツみたいなのの上にビキニの水着みたいなのを着ているんですよね。不思議な感じ。で、その全身タイツのお腹や太もものあたりのシワが寄っているところがとてもリアル。

次は言わずと知れたワンダーウーマン。↓

近々公開される予定の映画「ワンダーウーマン」ですなぁ。この特徴的な意匠はわたくしのようなものには見慣れたものでございます。主にヒロイン関連のAVでですけど。w
なので、こちらが本流のはずなのに違和感があるという。わたくしにとっての「ワンダーウーマン」というのはウブだった頃にドキドキしながら観たTVドラマのリンダ・カーターの「ワンダーウーマン」と前述の通り、最近のAVでのワンダーウーマン風のヒロインの入り混じったイメージなのでした。つまり、もっとエロいんですよね。
といって、もちろんこちらに文句があるわけでは無い。映画が公開されたら観に行きますよ、当然ながら。

次はこちら。↓

実はなんのキャラなのかわかりません。w
台湾か中国のフィギュア製作メーカーのものらしいです。スペースオペラのヒロインっぽい。
これも一生懸命写真を撮っていたらタカさんに「いかにもあんたが好みそうな・・・」と言われてしまいました。その通りでございます。わたくしは可愛らしい女の子のフィギュアよりも、イクサー1とかワンダーウーマンとか、こういうのとか、キリッとした戦闘的な美女が好きなんですよ。
このキャラは「黄色魔術オリエンタルガール」の敵方のアクトレスっぽくて気に入りました。

次はこちら。↓

「地獄少女 宵伽」の「閻魔あい」でございます。作品については全く知りませんけど、椎名さんつながりで。w
このソックスから靴のあたりってリアルですね。すごいなー、技術は進化しているんだなー、と思って見てました。

本日は曇りで日差しは弱く、気温はそんなに高くなかったんですけど、湿度が高かったのか、かなり暑く感じました。冷たい汗がでてきてそれがとまらない。非常に不快。そんなわけで、ほどほどで切り上げました。切り上げる前に(旧)和室工房さんのブースへ立ち寄って「B&T VP9」を見てまいりました。お金が無いので見るだけです。w
あ、取説は500円だったので買えました。これはこれで大した出来で、別なおりにネタにする価値が十分にあります。

その後、完顔阿骨打先生の昔の同人誌を探しにタカ氏と秋葉原の「まんだらけ コンプレックス」へ行く。残念ながら収穫はありませんでした。(汗
さらにフォートレスさんへ行った後、「レモン社」が秋葉原にあるということで、そちらにも。こちらも特に収穫はなし。
ほどほどの時間だったので、そこでお開きということに。大変でしたけど、楽しかったですね。次はコミケか。あれはもっと過酷だからなぁ。(汗

by namatee_namatee | 2017-07-30 22:31 | diary? | Comments(0)

チキンレース終了

c0019089_21091136.jpg
本日は仕事。毎度恒例のスイーツチキンレースの日。w
近所の7-11に行きましたら図のこれが。これは懐かしい。2014年の7月に椎名さんのFCイベントで沖縄に行った時にお土産にした「BLUE SEAL」のアイスクリームじゃないですか。その時のネタはこちらにあります。

それはそうと、ついにこちらの7-11でも売るようになりましたか!
と思ったら期間限定の「ハイサイ!沖縄フェア」の一環だそうです。7月31日で終わりですって。orz
まあ、買う気になれば通販でも買えますけど、近所の7-11で売っている方がはるかにお手軽ですからね。そしてこのキャンペーンでの対象はこの2種類だけのようです。
「BLUE SEAL」のアイスクリームはたくさん種類があります。どれも大変美味しいですし、こちらでは見慣れないブランドなのもポイント高い。おすすめです。
ちなみに、沖縄へ行った時には国際通りのお店でギフトセット(厳密には通販サイトのギフトセットではなくて、自分で好きなやつを選んで組み合わせた記憶があります。)を買って、会社とウチに送りました。その時は沖縄以外では売ってないと思ったんですけど、羽田に帰ってきたら専門のショップがありましたよ。w

今回のオヤツはこれと7-11オリジナルの「カスタードホイップとリンゴのケーキ」「メロンとミルクプリンのケーキ」でございました。さすがに量がありすぎ。食べきれんということで、スイーツチキンレースに歯止めがかかる事態に。だって食べきれなかったケーキとかヨーグルトとかアイスで冷蔵庫がいっぱいなんですぜ。w

さて、明日は幕張メッセへいってワンダーフェスティバルを見てまいります。行くことは急に決まったもんで事前情報がないんですけど、決まってたってその通りに行けたことはありませんので(綿密に情報収集して準備していたら大雪降っててんやわんやとか。)行き当たりばったりで楽しんでまいります。

by namatee_namatee | 2017-07-29 22:13 | diary? | Comments(6)

元の鞘へ

c0019089_19042258.jpg
今年(2017年)の4月28日に訪れた「大洗まいわい市場」の図。
前日の4月27日に「大洗リゾートアウトレット」からすぐ隣のスペース(道一本挟んで隣。w)へ移転したそうなので、移転したての様子ですね。翌日の「アキュラシーコンペティション」のお土産を買いに行ったんですな。

その「大洗まいわい市場」、「大洗リゾートアウトレット」の運営が「八ヶ岳モールマネージメント」から「不動産開発研究所」と「大洗まいわい市場」の共同運営に移行するということで、また元の場所へ戻るそうです。この店舗は7月30日に閉店して、8月5日に「大洗リゾートアウトレット」内でオープンとのこと。

末期の「大洗リゾートアウトレット」は本当に寂れちゃってましたからねぇ。ショッピングモールのはずなのに飲食店の方が多いぐらいでしたもの。前にも書きました通り、ショッピングモールとしては川を挟んですぐ隣のわが町「ひらがな5文字市」に「ファッションクルーズ ニューポートひたちなか」ってのがありまして、その周辺にはホームセンターの「ジョイフル本田」、家電ショップの「ケーズデンキ」、家具屋さんの「東京インテリア家具」、そして「コストコ」までありまして、大量消費を当てにした展開からは端から勝負にならんのですよ。(汗
まあ、「ファッションクルーズ」の至近には高速道路のI.C.もあるし、「ひたちなか海浜公園」もあるし、正直な所、大量のお客さんを呼び込む要素には事欠きません。地元はもちろん、お隣の干瓢の国や蒟蒻の国あたりからも北関東自動車道経由で大挙してお客さんがやってまいります。それに対して大洗は「ガールズ&パンツァー」と渋い地元の商店、あと美味しい食事が取り柄といったところで、大量のお客さんを動員するということでは敵いません。食事のネタの海産物にしたって那珂湊に大きな市場がありますしねぇ。
なのでショッピングモールとして、大量のお客さんを呼び込んで薄利多売みたいな商売には向かないと思うんですよ。そういうのはお隣の「ファッションクルーズ」に任せて、大洗は昔ながらの渋い商店街と「ガルパン」で推していくのが正解だと思いますね。

というようなことを「八ヶ岳モールマネージメント」が真剣に考えていたのかというと・・・どうも終盤には完全にやる気をなくしていたように感じます。この「大洗まいわい市場」の移転に関するゴタゴタの中での「八ヶ岳モールマネージメント」の姿勢からも、もはや閉鎖は時間の問題で、あとは落とし所をどうするかの腹の探り合いみたいな印象を受けました。

「ガルパンギャラリー」や「大洗まいわい市場」はショッピングモールのあの場所にあるというのに皆さん慣れしたしんでいたでしょうから(わたくしもそうです。)また元に戻るというのは喜ばしいことです。ショッピングモールの残りのスペースをどうするのかに興味がありますけど、そこは地元の企業、なにか案があるんじゃないでしょうか。
いずれにせよ、あのショッピングモールはわたくしにとっても思い出深い場所(完顔阿骨打先生と遭遇して「黄色魔術オリエンタルガール」についてのお話を伺ったという。)ですので、廃墟にならずに済んでよかったなぁ、と。

by namatee_namatee | 2017-07-27 19:49 | diary? | Comments(6)

メカニカル

c0019089_21393449.jpg
本日も特にネタは(ry

先日もネタにした老朽化しつつあるiPod touchの代替えの件。引退したiPhone 6をリサイクルしようと思ったけど、音質が性に合わないという。贅沢言うなと言われそうですけど、これだけイヤホンだヘッドホンだと騒いでおいて、ここで妥協するわけにはまいりません。w
それならば、まだ我慢出来る音質の仕事用iPhone SEに楽曲のデータを入れてみようということに。仕事用iPhone SEは会社のPCのiTunesと同期していんですけど、会社のPCにも椎名さんのアルバムやシングルは全部入っているので、その気になれば出来ないことはない。再生回数などは集約できませんけど、それはもう一つのDAP、Pioneer XDP-100Rでも同じことですし。
そして今まで遊びに行くときは仕事用のiPhoneは持って出ませんでしたけど、iPodの代わりということならば遊びに行くときも持ち歩くので、休日に仕事の電話がかかってきても出られます。出ませんけどね。w

プレイリストは作り直しなので「俺様best」も見直してみようということで、再度ピックアップしてみました。現在の「俺様best」はベストというには巨大になりすぎてまして、こんなんだったらいっその事、アルバムやシングルをそのまま聴いても同じじゃんというぐらいに肥大してしまっております。あと「俺様best」の楽曲は基本的にシングルから選んだので、楽曲のアレンジがより一般的と思われるアルバムverと違うのがあります。これは「俺様best」を作るときの判断ミスですね。楽曲は基本的にアルバムからセレクトし、シングルverも入れたいときにアルバムverと並べておけばよかった。
がしかし、適当に選んでいくと結局はほぼ全曲になってしまうという。w
どうしても削れないんですよね。これではベストの意味がない。意味がないので、アルバム全曲のプレイリストとシングル全部のプレイリストを作ってやりました。これでずっと流しっぱなしにできますな。

図は例によって関係ない。完顔阿骨打先生の初期の同人誌。「mecanique extra」(本当は最初のeの上に何か付いてますけど。)。奥付によると1991年8月17日発行とあります。前回ネタにした「SOFT BALLET」が1990年12月24日発行で冬コミ用みたいですので、こちらは夏のコミケ用のようですね。
内容は・・・これもわたくしには全然わかりません。ガンダムなどの義人化(女性)ですかね。ほとんど記憶がありませんけど「MS少女」というのが模型雑誌などにあったような気がするので、その類のものなのかもしれません。ここら辺が全くわからないところが、わたくしが自分のこの時代を「失われた90年代」と呼ぶ所以。
絵柄みたいなものは「SOFT BALLET」の方が好きかな。「mecanique extra」(本当は最初のeの上に何か付いてますけど。)は当然ながらメカメカしいわけですけど、どうもそれがくどく感じてしまいます。すらっと自然に美しい女の子(当然ながら露出が多いですけどね。)が描かれていて、繊細な線の「SOFT BALLET」の方が好きですね。でも「mecanique extra」(本当は最初のeの上に何か付いてますけど。)にちょっと気になるイラストがありまして、「The Five Star Stories」の「AUGE」の女の子なんですけど、これがなんとなく「オリエンタルガール」に似ているような。あの細いシルエットはMHのオマージュ・・・なんて偉そうにかいてますけど、わたくしは「The Five Star Stories」こそ、本当に全く1mgも知りません。w
「オリエンタルガール」の謎の髪飾り?額の上にあるなにか紋章のようなものが書いてあるモノ、あれと同じものが「AUGE」の女の子にもあります。考えてみれば「黄色魔術オリエンタルガール」は「COMICパピポ」の1992年3月号から連載開始なので、1991年8月発行のこの同人誌は本当に連載開始直前に描かれたもののはずなので、にているモチーフがあっても全然おかしくないですね。いやー、こういう妄想するのはやっぱり面白いなぁ。

というわけで本日は支離滅裂なまま終わります。w

by namatee_namatee | 2017-07-26 22:49 | diary? | Comments(8)

反社会的な行為

c0019089_19050642.jpg
本日は言わずと知れた「土用の丑の日」だそうで。ちょっと前までは鰻ウナギと賑やかだったものですけど、ここ数年、特にネット界隈(TwitterのわたくしのTLとか。)では絶滅の恐れがあるうなぎを大量に消費するイベントってのはいかがなものか、みたいな雰囲気になってまいりました。わたくしの知っているところではレッドリストのカテゴリーにおいて「ジャイアントパンダ」よりも「ニホンウナギ」の方がより深刻に絶滅に瀕している「ENDANGERED(絶滅危惧種)」に入っているとのこと。これだけ流通しているんだから、そう簡単に居なくなったりしないよなんて思って食べているウナギは実はパンダより絶滅の危機に瀕している生物ということですな。(汗
なので、もう数年もすると「土用の丑の日なので鰻喰いました。」とか大っぴらに言うと周り中からつるし上げられるようになるかもしれません。

でも「鰻」好きだからなー。>年寄り
なにかつっーと「鰻」か「蕎麦」ですからね。いや、うまいのはわかりますけど、そんなにムキになって食うほどのもんでもないんじゃないかと思うんですよね。わたくしとしては「鰻」も「蕎麦」も、実は本体よりもツユやタレの方が味に関しては支配的なんじゃないかと思う食物で、特に鰻は単純な味わいと思います。w
あれは昔は高嶺の花だったということで、それが大して懐を痛めずに手軽に食べられるようになったのが嬉しいんですかね。昔みたいに高くならないと食べるのやめないのかなぁ。

実はわたくし、食べ物の好き嫌いが激しいタチでして、おっさんになった今でこそ、食事の席で失礼にならないぐらいにはイロイロ食べられるようになったものの、子供の頃は食べられないものの方が多かったぐらいであります。なんてたって魚介類がほぼ全滅ですからね。銚子に住んでいたのに。w
かろうじてサンマ(できれば干物。生はギリ大丈夫ってところ。)、シャケの切り身が大丈夫ってところ。エビとかカニとか、虫や蜘蛛みたいで気持ち悪い。貝は砂っぽくて不愉快。野菜の類もほうれん草、キャベツ、ジャガイモぐらいまで。トマトとか、葉っぱでもないのに生で食うとかどんだけ野蛮なのかと。タケノコとか山菜とか、あんな食いづらいもの、無理して食うもんじゃ(ry
肉は内臓は全部ダメ。モツとかレバーとか、そんな捨てるようなもん、なんで無理して(ry
といった感じで、ろくなものが食えなかったんですよ。なので「鰻」も食べられませんでしたねぇ。蛇みたいで気持ち悪いって。w
前述の通り、今でもタレの味が主なんじゃ?と思っているぐらいなんで、特に食えなくても平気です。そしてタレの味が主だったら、他の食材でも大丈夫なわけで、ナマズとか、なんだったらコンニャクとかハンペンでも良いんじゃないですか、ぐらいに思ってます。

実は我が社では伝統的に「土用の丑の日」には鰻重がでます。もちろん会社持ちで。前述のような状況ですからもうやめましょう、と言っているんですけど、年寄りがなー。(汗
なので本日は鰻重をいただきました。おいしかったです。

あ、図はネタにはあまり関係がありません。先日の椎名さんのライブの次の日、映画「ディストピア パンドラの少女」を観に行く途中で食べた朝食。エクセルシオールカフェ渋谷宮益坂店のサーモンとブロッコリーのマリネ+フォカッチャでございます。どちらかというと、こういう風に食材を加工して、うまく美味しさを引き出しているような食品が好きですね。偉い人にはそれが(ry
by namatee_namatee | 2017-07-25 21:26 | diary? | Comments(11)

最高にgdgd

c0019089_21165149.jpg
今日はなにもしなかったです。w
本当にただダラダラしていただけ。昼寝すらしなかったですなぁ。かろうじて、昨日いじったICSのL85A2の初速チェックをしたぐらいですか。いじったことといえばHOPをかけた時の初速低下が目立つのでチャンバーパッキンにシールテープを巻いて気密を上げてみただけですけど、それでも効果がありまして、HOPオフの時の初速が83m/s(0.25gBB弾)で、適正HOPの時が76m/s-77m/sになりました。改良前はHOPオフ82m/sに対して適正HOPで72m/sでしたから、大体3-4m/sの向上ということになります。意外に大きいですね。
試射していて感じたのが、弾道が左に曲がっている感じがすること。これ、カービンverでもあったんですよね。左に傾けて撃っているような感じで弾道が曲がる。原因がわからんのですけど、HOPをかけるアームが片持ち式だからかな。直せるかなぁ。(汗

図はちょっと前の話ですけど、椎名さんのライブの当落通知。8月5日のライブですけど、昼夜ともめでたく当選でございます。まあ最近は落ち着いてきているようで、落選の話はあまり聞かなくなりました。それでいて会場のキャパ的にはほぼ一杯なので、不人気ということもなさそう。なんとも言えないライブですねぇ。>アコースティックライブ

その椎名さんのライブについて、面白い話がありましてね。毎月のように行われてきたアコースティックライブ、年内は8月で最後になりそうということで、椎名さんからも大楽氏からもアナウンスされております。理由はメンバーのスケジュールの都合ということらしいんですけど、どこでどうこんがらかったのか、某巨大掲示板の本スレで椎名さんの体調不良が原因によるライブ活動当分お休みで8月が年内最後のライブになるという話になりかけてました。w
個別の情報は間違っていない。アコースティックライブは8月で年内最後だし、7月10日ごろにはちょっと体調崩したなんて日記にありました。そういえば3月ごろにも「みたいラジオ」をお休みしたりしてましたね。
そういった要素に加えて、レスのやりとりで玉突きみたいにさまざまな思惑・思い込みが積み重なると「体調不良のため活動休止」みたいな話が出来上がるということなんでしょうかねぇ。今回はすぐに収束してしまった感がありますけど、これが売り出し中とか、もっとニュースになりそうなキャラの人の場合はどんどん広まっていくんでしょうなぁ。

まあ、芸能人の活動なんていつまでも同じというわけにはいきませんし、なにがあってもおかしくないわけですけれども・・・わたくしとて、2013年の時点では椎名さんはもう辞めちゃうかもしれないと思っていました。だからこそ、良い歳こいて時間を惜しんでのめり込んできたわけですよ。まあ杞憂だったわけですけど。w
椎名さんの場合、本人はあんなに個性的な人なのに、なにか特にニュースになるようなことをやらかすこともなくw、ラジオかライブでしか(公式HPもあるけど・・・)情報が流れてこないので、そこら辺をこちらから熱心に追いかけていかないと存在感が感じられず、ひいてはいつ居なくなってもおかしくないと感じてしまうかもしれません。でも実際のところはかなりしぶといと感じますよ。w>椎名さん

2017年の現在、下手するとわたくしが椎名さんのファンになった2013年にデビューしたアイドルの人や声優さんがすでに引退してるかもしれないんですけど、椎名さんはあまり変わることなく活動し続けてます。細々といって良いのかどうか・・・アコースティックライブに関しては会場は狭いものの、なんといっても回数が多いことと内容の濃さで、見た目の規模と異なりむしろ活動としては活発といって良いぐらいです。これは活動としてもかなり個性的で、他にこういうことのできる人ってあまりいないんじゃないかと思います。なんていうか立場として今の所は椎名さんしかできないことみたいな感じ。

といったわけで、ガセネタが発生するその瞬間を見ることができたというお話でした。w

by namatee_namatee | 2017-07-23 22:34 | diary? | Comments(6)

煙まみれ



本日もネタが(ry
やっと梅雨が明けたそうで。これで雨の季節もおさらば、と思ったらいきなり暑い。orz
ちょっと停めておいた車の中とか、もう地獄のように暑い。こんなところに身動きできずに放置されたらたまりませんよ。

とりあえずは昨日ネタにしたL85A2(SA80A2)の件。L85A2(SA80A2)は「ディストピア パンドラの少女」で主要な武器として登場するわけですけど、前半のゾンビと兵士が大挙して戦う場面はとにかく、後半の緊張度が増したシーンではサプレッサーが装備されています。ゾンビは音に反応するので、少しでも静かに撃ちたいんでしょうな。あと弾はホローポイントだかなんだか、貫通力の低い弾という表現もありました。ゾンビの体を貫通すると飛び散る血のせいで感染する可能性が高まるとかそんな理由で。細かいですなぁ。
で、そのサプレッサーがなんていう奴なのかがわからない。おそらく英軍の制式なんでしょうけど、日本語のページをざっと見渡したところではモデル名などはわかりませんでした。英語のページを探ってみると「SUREFIRE」のサプレッサーが出てきますけど、形違うように見えるし・・・今まで興味がなかったのでほとんどやったことないんですけど、装備を調べるのって難しいですねぇ。(汗

他には・・・取引先のダンプ屋さんの社長がお肉をくれました。ダンプ屋だけじゃなくて「常陸牛」の精肉もやっているそうで、毎年のお中元とお歳暮で我が社の社員1人につき1パック(500gよりは確実に多く、下手すると1kgぐらいあるかも)の「常陸牛」をくれるんですよ。さすが鹿行のダンプ屋、豪気でしょ。w
これがまたA5ランクのお肉だそうで、いただいてみると確かに美味しいんですよ。ただ、脂っ気が多くてプレートで焼くと大量の脂が出て大変なことになります。もう脂の中に肉が泳いでいる感じ。w
なので、すき焼きとか牛丼(!)にしてたんですけど、さすがにこの暑いのにすき焼きは無いな、と。ダンプ屋の社長にも「網で脂を落としながら焼いた方が美味い。」といわれておりますので、今回はカセットコンロ用の下に脂の受け皿のある網焼き用アタッチメントを調達してまいりました。
そして、これまた社長から塩と胡椒あるいは山葵で食え、と言われておりましたので、その通りに焼けたら塩をパラパラとふって、山葵をちょんと乗せて・・・ああ、これは美味い。網で焼いたことで脂っぽさは減衰されているんですけど、さらに山葵でまだ残っている脂っぽさが中和される感じ。ほとんど爽やかと言ってよいレベル。これは良いことを教わりました。
で、気がつくと家中が肉の脂の煙にまみれていると。一応、換気扇は全開でまわしていたんですけど追いつきませんな。w

図はそんなネタとは全く関係無い。
見ての通り「完顔阿骨打」先生の同人誌でございます。これまた見ての通り、かなり初期の絵柄ですなぁ。奥付(表紙の裏にあるけど)には1990年12月24日発行と書いてあります。
内容はわたくしにはわからないキャラのイラスト(多数)と短いマンガです。すごく丁寧に描いてあります。「嘆きの健康優良児」や「黄色魔術オリエンタルガール」のわずかに前の作品。当然ながらそれらと同じテイストで、なぜかさらに丁寧な描き込み。「黄色魔術オリエンタルガール」のあの絵が好きなわたくしにはたまりません。本当に良いな、これ。
あと驚くのが、この本自体の程度の良さ。だって開いた時につく背中の折り目がありませんもの。27年前の本なのに新品同様です。素晴らしい。

by namatee_namatee | 2017-07-20 21:14 | diary? | Comments(6)

SA80(とDPM)祭り


というわけで帰ってまいりました。
昨日はいつもの御徒町の安宿に泊まり。なぜかというと、本日はこれ↑「ディストピア パンドラの少女」を観ようと思っていたからです。「なっとーちほー」では上映している映画館がないんですよ。これだから田舎(ry
サバゲの友人達の間で評価の高い作品。英国贔屓という点はさておき。w
作品の内容や雰囲気についてはこちらをどうぞ。この予告編、かなりよくできてまして、余計な情報がなく本当に予告という感じ。盛り上げるだけ盛り上げておいて、実際に観ると「え?」ってなる予告編もありますので、それに比べると断然好感が持てます。

・・・すごく良かったです。いやマジで。
ゾンビの映画なので、全体に悲惨なわけですけど、それはそれ。なんていうか、細かいところまで神経が行き届いている感じで、それがたまらない快感。そもそも「パンドラの少女」というタイトル自体がすごく粋で、もうそれだけでこの作品を過不足なく十分に表現していると思います。見終わった後、あらゆる出来事が腑に落ちる、そういう感じの映画でした。

すごく細かいところでは、予告編を見てもらうとわかるように序盤では車椅子を押していくシーンが多いんですけど、そのシーンでなにか緊迫した台詞が続くときに床面の段差でゴトッと車椅子が揺れたりする。これが実に絶妙なタイミングと効果でたまりません。本当に「あー、これすごい!」と思っちゃいました。映画でこんなに感心することなかったかも。すごく細かいところなんですけどね。

登場人物も味があります。特にコードウェル博士とパークス軍曹(曹長だったような気が)が良かったですねぇ。コードウェル博士はマッドサイエンティスト感が最高と聞いておりましたけど、本当に最高。絵に描いたようなマッドぶり。w
パークス軍曹は軍人・武人としての言葉使いが良かったですね。メラニーに対してのその言葉使いや態度の変化が大変良かったです。感動する。

公開中の作品なのでネタバレは申し訳ない。まあ、最初と最後が立場を入れ替えて対照的に描かれており、わたくしはそういう表現がとても好きなので、この作品は極めて高い評価になると。同じ1,800円を投じるならば「John Wick: Chapter 2」より満足度は高かったと申し上げざるをえません。申し訳ありませんけど。(汗


で、作品の中にずっと登場し続けるSA80(L85)、実はウチにもあります。(もちろんエアガン。ICS製です。)
残念なことにウチのはL85A2のカービンなんですよ。失敗したなぁ。なんでフルサイズを選ばなかったのか。orz
たぶん、当時はフルサイズは長いとか思っていたんでしょう。実際はブルパップなのでそんなに長くないし、見た目はフルサイズの方が断然格好よいんですよね。むぅ、フルサイズを買い直すか・・・いやしかし、二丁あってもなぁ。
ちなみに、作中で軍の人たちが来ている迷彩服はDPMというパターンです。実はこれもある。普通のグリーンっぽいのとデザートってのもあるんですよ。なにげに英国の装備は持っていたりします。w

by namatee_namatee | 2017-07-17 17:12 | diary? | Comments(0)

暑い。orz

c0019089_20232085.jpg
本日は仕事。前にもネタにした通り、またしてもおやつで上司とチキンレースという。w
今回わたくしが選んだのは図の2つ。ハーゲンダッツのジャポネ<ダブル抹茶〜練乳黒みつ〜>はいかにも「みたいラジオ」で出てきそうだったので。w
「宇治抹茶のわらび餅」は季節柄で選びました。ちなみに南東北(本当は北関東)の「なっとーちほー」では「わらび餅」はお店に買いに行くものでございます。これが名古屋のあたりから西では売りに来るらしいんですよ。名古屋に住んでいた頃、たしかに「わらびーもちー、つめたーくて、おいしいよー」とか言って軽トラックが走っているのを見たことがあります。いつもタイミングが悪くて結局一回も買ったことがありませんでした。そういう経緯もあって、和菓子のコーナーで「わらび餅」を見かけると、つい買っちゃうんですよね。
そういえばワラビモチーさんという同人の絵師さんがいたような・・・おっと、わたくしの趣味嗜好などいろいろバレるのでこれ以上はいけない。w
というわけで両方とも大変美味しゅうございました。

仕事はいつもの通り暇でした。それにしても暑いこと。弊社の温度計(太陽光発電パネルの下の日陰で風通しの良いところに設置されている)で13時ごろには38度に達しました。(汗
これ、もう梅雨開けてるんじゃね?もしかして気象庁は梅雨明け宣言のタイミングを外しちゃって言い出せないんじゃ?などと話しておりました。w

ウチに帰ってきても暑いので、さっさとシャワー浴びて晩御飯たべて、食後にぼーっとTVを見ていたら「ブラタモリ」をやってまして、今回は「秩父」だそうです。秩父といえば、このネタですよ。w
番組は「秩父公園橋」の上から始まり、あーここ行ったわ、みたいな感じで観ておりました。秩父は地質学的にかなり特徴的なところらしく、その成り立ちや断層の説明が面白かったですね。いやぁ、役に立つなー、「ブラタモリ」。
秩父のその特徴的なところ、それが「ヨコハマ買い出し紀行」の作中でのおばちゃんが言う「変なとこ」に関係するんじゃないかと思って(あと石灰の産地ということも)、例の公園の候補地に挙げたわけですけど、実際に行ってみると景色が似てないんですよね。「変わった場所」という条件には合致するんですけど、それ以外の条件に合致しなさすぎる。残念ながら秩父は例の公園の場所ではないと結論付けせざるをえませんでした。まあ、芦奈野先生がいろんなところをミックスして描いた実在しない場所という説もなくはないんですけど、この程度の調査でその結論を出すのは「逃げ」ですよ。w

明日は椎名さんのライブに行きます。東京も暑そうなんですよね。orz

by namatee_namatee | 2017-07-15 21:14 | diary? | Comments(1)