カテゴリ:diary?( 1076 )

gdgdな1日

c0019089_20372394.jpg
今日は暑かった。湿っぽい上に暑い。orz
こういう時に無駄に外に出るのは愚の骨頂というもの。なので部屋から出たりせずにネットで調べ物をしてましたけど、またこういう時に限ってNASが壊れるという。orz
ウチのNASにはもちろんアレな画像とか動画データがてんこ盛りなわけですけど(しかも15年分ぐらいの蓄積。w)、それ以外にもデジタイズされた椎名さん関連の資料とか音楽データとか、失うわけにはいかないものもたくさんありまして。幸いにしてそういったデータはNAS本体ではなく外付けのHDDの方に入っているので、今回のトラブル(NASがネットワークで見つからなくなった)の場合では消失ということはない。さらにいうならばiMacとそれの外付けHDDにもほぼ同じものがあります。でも他のPCから見れないのは不便ということで、新しいNASを買いに出かけることに。

ギリギリ雨はなさそうな天気だったので、Vespa LX150ie 3Vで出かけました。道端の温度計を見ると気温は29度もある。曇りなのに。(汗
湿気があるせいか風に当たっていても涼しくありません。まだ梅雨の半ばだというのにこんなでは先が思いやられます。で、お店に入ると冷房が効いていて冷えるんだな、これが。w
NASの件。おそらく一番品揃えが豊富と思われるPCデポに行ったんですけど、どうもぱっとしません。この手のものはできる限り大容量の方が長持ちすると相場が決まっているんで、4TB以上の奴にしようと思っているんですけど、3TBのモデルしかない。まあ安いことは安いんですけど・・・向かい側にあるケーズデンキにも行きましたけど、そちらの品揃えははもっと(ry
仕方がないのでウチへ帰ってきてAmazonで調べると、ブランドも容量も選び放題じゃありませんか。もうリアル店舗はダメなのかもしれませんなぁ。(汗
そして今度はいろいろ選べすぎて迷いが出てまいりました。なので、どうするか考え中であります。>NAS
・・・実は再起動したら認識できたんですよ。w

他には・・・帰ってきたら汗まみれだったので、シャワー浴びて昼寝してました。w
夕方になってから起き出して、「艦これ」の演習をしていたら「霞」がLv99になったのでケッコンカッコカリ。もうだいぶ前にLv98にはなっていたんですけど、他の艦娘の育成のために後回しにされ続けてやっとですよ。いやまあ、「霞」がなにか特別に有能かというとそういうこともありませんけど。大型電探が搭載できるということで、「FuMO25」と秋月砲を積んで防空駆逐艦として使われることが多いですね。防空ではもちろん本職の秋月型にはかないませんけど、そのかわり夜戦ではより強力です。そして放置しておく艦隊に紛れ込ませておくと、演習で秋月型がいないと思ってチャレンジしてきた提督に手痛いしっぺ返しが・・できているのかなぁ。w
ちなみに見た目や口調はとても好きです。「クズ司令官」呼ばわりとかたまりません。>霞

といった感じで、本当にgdgdな1日でありました。orz

by namatee_namatee | 2017-07-02 22:25 | diary? | Comments(6)

チームカラー

c0019089_20355760.jpg
本日は仕事。雨っぽい天気なので仕事でも良しとしましょう。

我が社は土曜日も営業しているのでその対応のために社員を2チームに分けて、それぞれのチームが隔週で出勤という仕組みになっております。わたくしはAチームとBチームなどと呼んでおります。役職というか担う業務を考慮して、どちらのチームでも不都合なく営業できるような人選にしてあります。これが業務の点では公平に2チームにわけたはずなのに、それぞれのチームで雰囲気が全然ちがう。
仮にわたくしの属している方のチームをBチームとすると、Aチームの面々はすごく真面目で仕事一本ヤリ。なにかしらやることを見つけて仕事してます。それに対してわたくしのBチームといえば・・・もうご想像の通り、どうしようもないぐらい仕事しません。w
わたくしはお客さんが来ないときはエアガンの試射したり、PCのiTunesで音楽聴いたりしてますし、他の人もお客さんが来ない限りは仕事している様子がありません。みんな勝手にスマホ弄ったり、PCでうなぎの美味しいお店を探したりしている。服装からしてAチームはちゃんと制服着てくるのに、わたくしのBチームは土曜日は私服ですからね。Tシャツに短パンとかですよ。
そしてなんといっても決定的に違うのが「おやつ」。w

我々のチームでは10時と15時に豪華な「おやつ」が出ます。出ますていったってわたくしとわたくしの上司が買ってくるんですけどね。最初はガリガリ君ぐらいだったのが次第にエスカレートしてきまして、本日の10時には近所の7-11の「わらび餅&白玉くりぃむぜんざい」とハーゲンダッツ「バナナショコラータ(ミニカップ・季節限定)」、ポテチ2種類という。w
これを人数分買おうと思ったらスイカの残高が足りなくてチャージする羽目になりましたよ。(汗
お金の負担もそうですけど、最大の問題点はお腹がいっぱいになっちゃってお昼が入らないということです。あと太る。
どこかで歯止めが必要なんですけど、どれだけ豪華あるいは嗜好を凝らしたおやつを買ってくるか、これがわたくしとわたくしの上司のチキンレースみたいになってまして、お互いに譲ろうとしないので(ry
ちなみに本日からだと思われる7-11のクジ、わたくしと上司は2人で6枚引いて4枚当たりました。始まったばかりだから当たる確率が高いんでしょうか。

いやしかしAチームの奴ら、なんでそんなに仕事があるのか不思議ですよ。我々だって全然仕事しないわけじゃないんですけど、ちょっとやればすぐにやることがなくなっちゃうんですよね。Aチームのメンバーは平日の分の仕事まで前倒しでやっているんじゃなかろうなぁ。そんなことしたら今度は平日にやることがなくなって暇な時間ができてしまって、平らにならせばAチームもBチームも効率は同じだと言っているのに、偉い人にはそれがわからんのですよ。

といった感じで、土曜日のgdgdブリをネタにしてみました。
図はプラント内で使う扇風機を組み立てているところ。「スイデン」の工場扇ですからブランド物ですよ。よくある工場扇は足が三脚みたいになっているやつですけど、置き場所にグレーチングの部分があるのでこういうタイプに。現物を見ずにMonotaROで買ったんですけど、想像以上に立派でがっちりした作りのモノがやってきました。我が社は商売柄ホコリが多いのですけど、これはモーターが密閉型で長持ちしそう。
で、「スイデン」のサイト見ていたら「創業70周年限定モデル」という工場扇を発見。全体が黒くて格好良い。Macintoshと同じで限定モデルは黒いんですね。w>スイデンの工場扇

by namatee_namatee | 2017-07-01 21:42 | diary? | Comments(2)

キッカケ

c0019089_19084571.jpg
ネタがありませんよ。なので小ネタで。

昨日のポータブルオーディオ関連のエントリーが意外なほど人気があって驚きました。単に古い機材を引っ張り出してきてみたけど、やっぱりダメものはダメというネタなんですけどね。ちなみに現在はあの図の一番上にあった第何世代かもよくわからなくなったiPod touchに適当なイヤホンを直結というのが出かけるときのスタイルです。手抜きにもほどがありますけど、電車の中で使うことが多いので、乗り換えの時に3段とか不便で仕方ないですよ。怪訝な目で見られることも多いですし。w
もう少しやる気と余裕があるときはPioneerのXDP-100Rとmojoの組み合わせです。これは音質に文句がないんですけど、iPod touch直結に比べるとやっぱり機動力は低下しちゃいますね。超高級なDAPを買えばシンプルにまとまるのかなぁ。いやでも、正直なところmojo以上の音が出るとは思えないんですよね。>高級DAP
音源がハイレゾじゃないし、すぐに新しいモデルが出てくるしで、高級DAPは手を出しづらいですなぁ。>わたくしの場合

次は「艦これ」ネタ。
イタリアの重巡娘、「Pola」とケッコンカッコカリ、でございます。射程が「長」なのが特徴、ですけどわたくしはその長射程を使いこなせてません。砲撃戦ではなんとなく普通の重巡よりは優位にあるような気がするぐらいのもんです。orz
「Pola」と「Zara」は重巡同士の撃ち合いで昼間なら優位にたてることが多いので(練度も高いですから)なんとなくポケット戦艦的(戦艦には敵わないけど並みの重巡よりは強力)に使ってます。つまり、彼女たちを使うことで戦艦を少なくとも一隻は省略できて資源が節約できるという・・・我ながら貧乏くさいなぁ。w
もっとも最近は「ガングート」がその役割をつとめるようになってきました。戦艦がいると砲撃が二巡するので打撃力があがりますけど、反面、敵の攻撃も2回あるわけで、そこら辺の加減次第ですけどね。
そんなセコイ話より「Pola」は酔っ払いなのでセリフがへろへろで楽しいのがよろしいですなぁ。わたくしは音を出して「艦これ」をやることは滅多にありませんけど、例外的に「Pola」の声はよく聴きます。ちなみにCVは赤﨑千夏さん。

あとは・・・車椅子の人が旅客機のタラップを這って登ったとかいう話が流れてきまして、最初にニュースを読んだ時点で「うさんくささ満点」と思ったら案の定。w
本当に困ったちゃんっているんですねぇ。ああいう行いは長期的に見てロクなこと無いと思うんですけど。面が割れて素性が知られたら、なんだかんだと理由をつけて搭乗拒否、つまり出禁にされちゃうかもしれませんから。航空機は安全に関してはうるさいので、あまり揉めると次からはその安全をタテに取られて搭乗拒否なんてことになっちゃうかも。さらに最近は高度情報化時代で情報は共有されますから、他の航空会社でも同じ対応になりかねません。(汗

あとは、KinKi Kidsの堂本剛さんが突発性難聴で入院というネタ。病気自体は珍しいものではないんですけど、治療に時間がかかったり、強い薬(ステロイド)が必要だったりして、特にスケジュールが詰まっている芸能人の方々にとっては大変なんですよね。>突発性難聴
我らが椎名さんも2012年の暮れに突発性難聴で2013年1月からのツアーを延期しました。椎名さんの場合は再発ということなので、普通の突発性難聴とは違う別の病気だった可能性もありますね。まあそれはそれとして、その椎名さんが突発性難聴でツアーを延期したというニュースをmixiかなにかで読んだのが、椎名さんに興味を持つきっかけでした。当時すでに「ヨコハマ買い出し紀行」のOVAでアルファさんを演じた人だということは知ってましたけど(たぶんそれでこのニュースが目に止まった)、当時も今も声優さんには興味が薄いので、それだけでは具体的に掘り下げて調べるところまではいかなかったのでした。で、この突発性難聴でツアー延期というニュースが、ボーカリスト・アーティストという側面から椎名へきるという女性(ひと)を調べるきっかけになったのでした。あれがなかったら今頃はどうなっていたか、ちょっと想像がつきませんね。椎名さんに興味を持ち始めたところから「オタク開放宣言」とかいって、それまで頑なに退けていた自分の中のオタク的なものを大っぴらにするようになったわけでして、そうならなかったら、「ヨコハマ買い出し紀行」にあんなに深くハマることはなかったでしょうし、「黄色魔術オリエンタルガール」の再発見もなかったでしょう。
今思えば2013年1月5日の「ごめんなさい」イベントに行けばよかったとも思いますけど、あの段階では生の椎名さんを見に行くなんて想像の外でしたよ。それが今では(ry

といった感じで、まとまらずに終わります。w

by namatee_namatee | 2017-06-28 21:22 | diary? | Comments(0)

崖の上

c0019089_19272409.jpg
久々に映画館に映画を観に行く。ものぐさなので映画はDVDやBDになってから観ることが多いもので、今までに映画館で観た映画って数えるほどしかありません。(汗
そういうわけなので、映画の批評でカンカンになって怒る人の心情が理解できなかったんですけど、最近になって映画館に行く機会が増えまして、その心情がなんとなくわかるようになりました。「お金出してこんな作品観るなんて!」という気持ちなんでしょうね。w

さて、本日観たのは図の通り「ハクソー・リッジ」でございます。
念のために申し上げておきますけど、これは上記の「お金出してこんな作品観るなんて!」という作品ではありません。投じた1,800円に見合った良い作品だと思います。
がしかし、わたくしの思っていた感じとは違いました。さすがにネタバレは申し訳ないので詳しくは書けませんけど、なんていうか「プライベートライアン」みたいな非情あるいは無情な戦争映画を想像していたんですけど、もっと人間ドラマの要素が強い感じ。わたくしの好みとは違ってましたねぇ。戦闘シーンもそんなにすごいとも思いませんし。
日本軍の描写について、なんとも微妙な線だったなぁと。個々の兵士は(士官も含めて)よくあるステレオタイプな描写ではあります。ただ、数の面でも個々の戦闘力でも強敵として描かれており、それはなかなかの見識かなとは思いました。もっとも、勝利した側が打ち負かした相手を実際より強敵だったと讃えることは多いので、その点は考慮しないとダメかもしれませんね。

史実における沖縄戦は、一般的な印象では「負け戦」(負けが決まっていた時期の戦いという意味で)とか「捨て石」とか、そういうネガティブなイメージ(いやまあ悲惨な戦いなので本質的にはネガティブなものでありますけれども。)があると思うんですけど、わたくしがこの「ハクソー・リッジ」を観るにあたってちょっとだけ調べてみた情報からの印象は、日本側はちゃんと沖縄の戦略的な価値を理解した上で、可能な限りの防戦を行った組織的な戦闘というもの。日本側は最終的に敗北しましたけど、いくつかの作戦上の過誤がなければ、さすがの米軍も一旦退退かざるをえなかった可能性があるんですよ。念入りに要塞化された沖縄の各地、優秀な指揮官と兵、文字どおり死ぬ気で突っ込んでくる特攻隊、これらの打撃力は米軍に相当な損害を与え続けており、特に海軍の損害は耐えられるレベルぎりぎりだったとのことです。一般的に「無駄」「無謀」と言われる特攻も、実際にはかなりの戦果をあげており、その点では無駄ではなかった。死んだ方が戻ってくるわけがありませんけど、無駄ではなかったといういうことで、ちょっとだけ救われた気になります。
この沖縄の激戦が後の展開にどういう影響があったのか、もし沖縄が持ちこたえていたら日本の講和に向けた交渉はどうなったのか、そういうことを考えると単純に「無駄な戦い」などということでは片付けられません。どうも世間一般に流布されている沖縄の戦いのイメージは冷静さを欠いて歪んでいるような気がしますねぇ。そういう話はわたくしのガラじゃないので踏み込む気はありませんけど。w

沖縄の方々には申し訳ないんですけど、あの位置に「沖縄」が存在する以上、なにをどうやっても戦略的な要衝という事実は変わりようがなく、米国相手でも他のどこかの国が相手でも同じように戦火に巻き込まれることは間違いないでしょう。基地があってもなくても変わらない。台湾も同様。そしてさらに視野を広げると、米国からみれば日本も太平洋の西の端にあるわけで、結局は同じような立場にあると思います。
前々から申し上げておりますけれど、人が死ぬということはそれが戦争でも交通事故でも悲惨で悲しいことです。そして不可避なことでもあります。せめてその死の理由を正しく理解することで、残された人の教訓となればと思うんですけど、どうもそういう風に考えない人々も多いようで(ry
この戦争の教訓は「次は負けない」あるいは「負ける戦いはしない」だと思うんですよね。それを回りくどく戦争そのものの否定から入ると余計ややこしくてわからなくなるんだと思います。「負けるとひどい目に遭う」、それで十分ですよ。w

「ハクソー・リッジ」はそういったことについては触れておりません。わたくしとしては小林源文先生の劇画みたいに凄惨な戦いを描いて欲しかったと思いますけど、一般受けはしないでしょうなぁ。

この作品、「崖」というか高い場所がポイントで、平和な時に兄弟や恋人と登る崖・高台と「前田高地」の崖が対になっているんでしょう。これはさすがと思いました。あとはMB(ジープ)は良い音出すなとか。w

by namatee_namatee | 2017-06-25 21:42 | diary? | Comments(2)

新しくて懐かしい

c0019089_19511851.jpg
今日も特にネタが(ry
嫁さんが旅行に行ってウチに居ないので、あんなことやこんなこと、一人でやりたい放題でございます。w
とかいっていると、なぜか歯が痛くなるという。左の上側の歯茎が腫れて痛い。モノを噛むと飛び上がるほど痛くてご飯が食べられません。orz

というわけなので、痛み止めを飲んでぐったりしているところ。
図は「アイドル防衛隊ハミングバード」のムック。1996年1月1日発行となっております。声優アイドルグループ?としての「ハミングバード」は1992年の10月から1995年8月16日の「FINAL CONCERT(渋谷公会堂)」までが活動期間だそうですから、このムックは「ハミングバード」を総括する資料ということですね。
当時を知らないわたくしにとっては(この時期はわたくしの人生の暗黒時代でした。w)5人の声優さんで結成された「アイドル防衛隊ハミングバード」がなにをやっていたのか、どんな評判だったのかとかがわかりづらい。OVAなどの作品は観る・読めば理解できますけど、「アイドル防衛隊ハミングバード」の場合は作品の筋だけわかりゃO.K.というものでもない。声優ユニット?としての「アイドル防衛隊ハミングバード」を知らないと片手落ちというか、わかった気になれないんですよね。
・・・とか言いながら、DVD BOXを買ったもののまだ観てなかったりしますけど。(汗

まあそれはそれ。いずれ詳しくネタにするつもりです。>アイドル防衛隊ハミングバード
とりあえずは椎名さんをはじめとしたメンバーへのインタビューや役者としての身上書があったので、そこら辺からちょっとだけ。
タイトルが「アイドル防衛隊」なので当たり前なのかもしれませんけど、メンバーの5人はかなりアイドルになった気分だったようです。w
椎名さんが「アイドル防衛隊ハミングバード」は椎名さんが音楽活動をするキッカケ、つまり声優さんがコンサートやライブをするようになった発端の一つと言ってましたけど、当時のインタビューや対談を読むと確かに新しい試み?プロジェクト?だったように見受けられます。単純に作品と出演した声優がライブやイベントでコラボしたというようなものではなく、かなり本格的に(今なら普通でしょうけど、当時としては)一体感のある(つまり声優さんをアイドル扱いする)プロジェクトだったのでした。なので、オリジナルの楽曲がいっぱいある。一覧になっているのを見るとver違いやメドレーまで含めると49曲もあります。どうりでどの楽曲がどこで誰が歌ったのかがわかりづらくて把握できないはずだ。w

出演した声優さんの身上書がありまして、それはキャラクターの身上書と対の関係になっているようです。もちろん一番最初に椎名さんのところを見るわけですけど、「嫌いな食べ物」に「おしるこ」とあってちょっと笑う。昔からきらいだったんですね。>おしるこ
尊敬する人は「マザーテレサ」、好きな歌手は「178」とあります。前者はいかにもらしい、「178」はB'zの稲葉氏のことでしょうね。

といった感じで、わたくしにとっては懐かしいというより新しい発見といった方が近いという印象です。>アイドル防衛隊ハミングバード

by namatee_namatee | 2017-06-23 21:28 | diary? | Comments(2)

久々の




相変わらずネタが(ry
なので久々の「艦これ」ネタで。

本日の我が艦隊でございます。演習用の編成。現在の我が艦隊はイベントで消費した資源を回復させようとしているところ。見ての通り、まだ再建途中です。なのであまり派手な作戦行動に出られません。現在は主に「大鷹」のLvUpに励んでおりますけれども、主戦場は演習であります。orz
今までの苦い経験で、資源は可能な限り多く集めて、できればカンストにして、さらに増える分をもったいないから実戦で消費するぐらいにしておかないと、イベントの時に辛い思いをするということを学びました。なのでしばらくは地味な遠征と演習に明け暮れる毎日です。

で、その「大鷹」、まもなくLv85に達しようとしております。Lv85になるとカタパルトと設計図で改二になり、艦偵が装備可能になって「天山九三一空」も持ってきます。「大鷹」は現状の「改」の段階でも「九七艦攻九三一空」と「三式指揮連絡機」でむやみに潜水艦に強い軽空母でして、これまた前回のイベントでやってきた海防艦と組み合わせると1-5がすごく楽。ほとんど損害なしで勲章もらえちゃう。なのに、さらに練度が増して機能もupし強力な対潜能力の艦載機が来たらもう大変ですよ。w
鈴谷の改二や軽空母への改造といい、最近の「艦これ」は個性的な(見た目じゃなくて機能が)艦娘が増えてまいりました。楽しいけどニッチな用途のような気もしますなぁ。オーソドックスな性能や機能の艦娘はたくさん居るから、尖った性能・機能の艦娘もアリだと思いますけど、人によってはif改造多すぎと思うかも。

他には・・・図の「ガングート」も遠からず改二相当の「Гангут два」になります。これまたイロイロと変わった戦艦で低速戦艦なのに連合艦隊の第二艦隊に組み込めるとか、戦艦なのに雷撃値があるので夜戦火力が高いとか変な機能を持ってます。難しく考えるとよくわからなくなるんですけど、海戦の主役じゃなくて火力支援用戦艦と思えばローコストで運用できてとても便利で使い易いと思いました。
あとは「由良」と「Pola」と「霞」がケッコン寸前であります。一気に3隻はイロイロと大変なので、できるだけ先延ばししようと思っておりますけど、時間の問題です。w

by namatee_namatee | 2017-06-21 20:59 | diary? | Comments(0)

なにこれすごい。

c0019089_21273689.jpg
ネタが(ry
ネットの情報でみつけたうどん屋さんのうどんを食べましたよ。なんでも乾麺では日本一うまいというお話でしたので、期待大でございました。
先週の水曜日あたりに通販でオーダーして中1日だかで金曜日に到着。が、他の食材の消費期限の関係で本日までおあずけでした。w
やっと本日食べることができたわけです。
・・・茹で時間25分ってなに?(汗
大体この時点で想像がつきましたけど、実際に食べてみるとコシがあるのなんのって。すごいな、これ。w

実は本物の讃岐うどんは食べたことがありません。丸亀製麺とかに行ったことがある程度。あれは本当の讃岐うどんとは違うという話を聞きますから、加ト吉の冷凍の奴が最も本当の讃岐うどんに近いかも、ってぐらいに縁が薄いんですよ。
まあ関東なので和風の麺類というとうどんよりはお蕎麦なわけでして。蕎麦屋はいっぱいあるけどうどん屋はあまりないですし。その蕎麦屋さんにはうどんもありますけど、基本は蕎麦を頼んじゃうわけですよ。それにこちらのうどんはこんなにコシはない。もっとふにゃっと柔らかいか、硬いけどコシがない、なんていうかボロボロ切れるような感じのものが多いですね。でも埼玉の方ではうどん屋さんが多いらしいし、数少ない経験では美味しかったですね。なのでお店や場所によるとは思いますけど。
あとこれはダシ付き(粉末)ですけど、ダシそのものには塩気がない。袋には醤油を加えろと書いてあります。個人的には醤油はほどほどにして、塩を足した方が美味しいかな。

というわけで、乾麺で日本一美味いというのは本当かも、というお話でした。ちなみにお蕎麦の乾麺で日本一美味いと思うのは新潟十日町の「妻有そば」です。のどごし最高。コシが命のうどんとはまったく違う麺ですなぁ。>妻有そば

by namatee_namatee | 2017-06-20 22:47 | diary? | Comments(10)

はるか昔

c0019089_19494676.jpg
本日は月に一度の平日お休みの日。特に何もしませんけど。w
なので小ネタで。

ふと思い出したことがありまして。かつて映画とかアニメとか、あるいはTVの番組などを記録しておくものといえばVHSのビデオテープでした。「ベータ」ってのもあったらしいんですけど、わたくしは知りません。大学生の頃に最初のビデオデッキを買いましたけど、その時点ではすでにVHSしか選択肢はありませんでした。あのころ普通にベータとVHSが選べたら・・・わたくしのことですから間違いなくベータの方を選んで後にひどい目にあったと思います。w
当時はまだそんなに安くもなかったビデオデッキを買ったのはなぜか。そりゃもちろんエロビデオ・・・じゃありませんよ。当時はわたくしも人並みにTV番組を見ておりましたけど、夜中に峠道を走りにいっちゃったりするもんで見たい番組を見逃したり見れなかったりしたんですよ。それをなんとかするためにビデオデッキを導入したというわけでございます。まあなんていうか、制限つきですけど時間を自由にできるとでもいうか、タイムマシンのような、そういう機械というイメージを持っていたんでしょうねぇ。>ビデオデッキ
その後、VHSは次第にCDやDVDなどのデジタルな記録媒体に取って代わられていったのはご存知の通り。再生する機器もビデオデッキからPCになりました。そこで起きた問題はVHSのテープの映像をPCで見たいという。手持ちの映像資産を一元で管理したいというわけですね。ちょっと大げさですけど。
で、ビデオキャプチャなんたらという機器(ウチにあったのはUSBで接続する奴でした。これがUSB1.0なもんで遅いのなんのって。)を使ってPCのHDDへダビングするわけです。自分で撮った動画なら(VHSじゃなくて8mmビデオでしたけど。)まったく問題ない。問題は市販のビデオプログラム。ダビング防止のコピーガード処理がしてあって取り込めないものがある。これが困るんですよ。w

それを回避するにはどうするか。某巨大掲示板で情報を収集したところ、コピーガードキャンセラーとかいうものがあるという。メーカーや型番も見つかりました。さすが某巨大掲示板。こういうしみったれた情報はきっちり見つかります。w
そのコピーガードキャンセラー、そこら辺のお店で売っているものでもないので、秋葉原あたりへ行くか通販で買うかなんですけど、なんとなく大須のコメ兵に行ったら普通に売っていて吹いた。さすがコメ兵。w
もう機種名は忘れてしまいましたけど、表向きは画像安定装置と銘打ってました。>コピーガードキャンセラー
お題目だけではなくそのままではコピーガードのキャンセルができないんです。画像安定装置としての機能はあったのかなぁ。画像が改善されたかどうかはわからなかったですね。

では、どうするのかというと中に入っているハガキに必要事項を記入してメーカーへ出すと、コピーガードキャンセラーの機能解放の方法を書いた書類が送られてくる・・・だったかな。往復ハガキを自分で用意して送るんだったかな。もうよく覚えてませんけどね。
今だったらソフトウェアのなんとかキーがメールで送られてくるとかなんでしょうけど、当時はアナログでしたなぁ。そしてコピーガードキャンセラーの活性化?機能発動?の方法はというと、基板のプリント配線の一部にカッターなどで切り込みを入れる。アナログでしょ?w
こんなんで本当に機能するのかなと半信半疑でビデオデッキとUSBのビデオキャプチャなんとかの間に入れてみると・・・ちゃんとPCでダビングできる!素晴らしい!
というわけで、当時は貴重と思っていたエロビデオ(結局それかと。w)もテープがカビたり伸びたりする前にデジタル化できたのでした。いやこれマジで貴重ですから。とあるシリーズ(恥ずかしいのでなんていうシリーズなのかは言いませんけど。w)のコレクションをしていたんですけど、初期のものはVHSのみだったりする。後に復刻でいくつかピックアップされてDVD化になってるんですけど、このセレクトが「なんでそれを選んでこれを外すの?バカなの?」って言いたくなるような(ry
そういうのはどうしてもVHSからダビングするしかないわけでございます。>真顔

念のため申し上げておくと、もう時効ですし当時は個人で楽しむためなら(ryという制限つきで違法ではなかった(グレーゾーンかも。)はず。>ダビング。
大体が近所にあった極めていかがわしい&うさんくさいレンタルビデオ屋はダビングしてくれた(これは違法です。)んですよ。店員さんは一人しかいなくて、綺麗なお姉さんでした。しかも基本なにも言わなくてもダビングしてくれるという。8割方は裏だったような気がしますけど、もうよく覚えてませんなぁ。火事でなくなっちゃったんですけどね。

というような話を思い出したのでした。w
きっかけは「VHS Camcorder」というアプリ。動画をVHS風にするという。こちらがそのサンプル的なもの。3分過ぎから始まる動画は確かにVHS風ですなぁ。

図はまったく完全に関係がない。見ての通りZEBCOのクローズドフェイスリール(スピンキャストリール)の33MICROとかいうもの。これならバックラッシュの心配なしにベイトロッドが使えるかなと思いましてね。w
by namatee_namatee | 2017-06-15 21:37 | diary? | Comments(9)

似てる!

c0019089_20483705.jpg
相変わらず特にネタが(ry

本当にくだらないネタから。w
某巨大掲示板の某スレを読んでいて、ちょっとした疑問が氷解いたしました。わたくしのお気に入りのセクシー女優の羽月希嬢、誰かに似ているけど誰だっけとずーっと思い出せずにいたんですけど、某スレに答えがありました。それはNHKのアナウンサーの寺門亜衣子さんでした。
こっちが羽月希さんでこっちが寺門亜衣子さん。似てる。w
特にこういった角度の絵面だと区別がつないぐらい似てると思います。「こういった角度の絵面」ってのがなんの絵面なのかは18禁ネタなので(ry
あとフリーアナウンサーの加藤綾子さん湊莉久さんも似てるような気がする。藍井エイルさんもちょっと似ているかな。
いやまあ、どうでも良いんですけどずっと気になっていたのが解決したので嬉しかったんですよ。w

次はTwitterとmixiで拾ったネタで「Animelo Summer Live」でオタ芸やコールが禁止になるということで物議をかもしておりました。わたくしは椎名さん専門なので事情がわからないんですけど、迷惑行為が多かったということでの措置らしいですね。そういえば迷惑の質がちょっと違いますけど、去年は爬虫類とかの餌用のゴキブリ蒔いた人が出たんじゃなかったっけ。別なイベントでは光りものって言って生魚の鯖を振り回した話とか、本当に最先端はすごいなと。(汗
いやしかしオタ芸はとにかく、コール禁止って、観客は地蔵のようにじっとしてなきゃならんのかと思っていたら、運営から「周囲の迷惑となるコール」に限定すると訂正されたそうで。よかったよかった。
が、しかし、そんなんで迷惑行為が防げるのかというと・・・無理かなぁ?と思いました。迷惑か迷惑でないかの線引きが難しいですもんねぇ。
アーティスト側から公式なフリやコールが提示されていれば別でしょうけれども、おそらくそんなものはほとんど無いはず。オフィシャルな例がなくて明確な線引きができないとなると規制するかしないかはその状況次第&判断する者次第ということになりますから、なにかあったら混乱は必至。
といってアーティスト側にオフィシャルなフリやコールをこと細かく提示せよというのも無粋といえば無粋。こういうのはファンの暗黙の了解?共通した意識?思い入れの発露?みたいなものの積み重ねだと思いますし。難しいところですねぇ。

ちなみに椎名さんのライブの場合は、暗黙の了解みたいなところが多い&強い印象です。昔ならいざ知らず、今となってはそれなりの歳の方も多いし、なにより長いことファンな人ばかりなので問題行為はない模様。フリやコールについては、よーく観察してみるとみんな同じようでいて人それぞれ少しづつ違ったりして流派みたいなものがあるようにも感じます。あとなにもしないという流派の人も少数ながら確実にいる。
そして椎名さんがファンを誘導する仕方とそれに乗るファンもそれぞれ巧みな立ち回りだと感じます。さすがに年季入ってます。っていうか、場合によってはものすごく激しいセットリストにされて死にそうになったりして、主導権は完全に椎名さんの方にあると思います。w>ライブ
ライブそのものがメリハリ良くうまく考えられていると思いますね。ある程度固定されたファンが多いということもあるんですけど、アーティストとしてもファンとしても幸せといえば幸せなことですなぁ。

図はそんなことには全く関係無い。先日失ったルアーを補充。またしてもラパラのカウントダウン。前回なくしてしまったのはCDA7でしたけど、今度はアバシウッドじゃないバルサのCD7でございます。あ、こちらでネタにしたCDA9はテストで使わなかったので無事です。w

by namatee_namatee | 2017-06-13 22:07 | diary? | Comments(6)

しょせん血塗られた道だ

c0019089_20410099.jpg
Twitterで流れてきたとある雑誌の記者?の方の「戦争への反省とエアレースで飛んだ零戦が格好良いが両立する精神状態が理解できない」というネタ。TLにすごい勢いで関連するツイートが流れてまいりまして。武器や戦争に使われるものならば、日本刀や熊本城もそうだし、零戦だってすでに武器としての有用性はないのだから、それらと同じじゃんみたいな意見があって盛大に反論されてぶっ叩かれていたわけでございます。大変賑やかでございました。w
まあ、その通りですよね。お城や橋だって戦争のために使われます。鉄道もそうですなぁ。そもそも人類の作り出したもので戦いに使われなかったものの方が少ないぐらいでして。
ここはカイデン将軍の「文明が戦争を生むのではない、戦争によって文明が作られたのだ。」という言葉を思い出すべきでございましょう。

意外かもしれませんけど、わたくしはこのとある雑誌の記者の方の意見に半分ぐらいは賛同いたします。やっぱり武器や兵器はそれが稼働しているのを観て「ほっこりした」とかいうのは、そのセンスにちょっと疑問があります。兵器は兵器、かつて現役だった頃の威力を思うと「ほっこり」はしませんなぁ。奮い起つってのはありますけどね。w
それはわたくしが兵器好きだからであって、そうでない人には抵抗や違和感だけがあってもおかしくはないなぁと。
ただ、零戦と日本刀や熊本城も同じだという意見にも賛同します。どれを見ても血塗られた過去を思って、やや身構えますね。熊本城を見に行ったとして、「ああ、140年前の西南戦争の時にはここで人がいっぱい死んだんだなぁ。」と思いますし、零戦が飛んで来れば「77年前の重慶空襲の時に九六陸攻と一緒に飛んだ時はこんな風だったのかなぁ。」と思います。どちらも同様に畏れのような感情をいだきます。

戦争と兵器の恐ろしさを実感するといえば、例えば米国にはflyableなB-29があるので、どうせならこれで3月上旬の東京上空を飛んでいただけると(ry
8月上旬の中国・九州地方でも(ry
戦争おっかねぇって言って東京上空にふさわしいのはB-29だろ。スカイツリーの上空を飛ぶB-29とか胸熱。>やめなさい

なので「戦争への反省とエアレースで飛んだ零戦が格好良いが両立する精神状態が理解できない」という意見には賛同する部分があります。一般の武器・兵器に無関心な人ならそう思うだろうなとその意見を理解できます。でも理解し賛同しますが賛同は半分だけですけどね。
零戦も熊本城もやはり現役ではありませんから(わたくしは経過した年数が140年か70年か、これはさして大きな違いではないと思います。)、それで免責というか、それを良しとする人の感覚について理解はできなくてもわざわざネタにすることはないと思うんですよ。なので、この点で余計なことを言ったなと思います。

まあ「とある雑誌」ってのが「AERA」だっていうのがなぁ。w
できるだけこのツイートについてのみ、自分の見解を述べるべきだと思ってますけど、悪名高い「AERA」じゃなぁ。記者の見識もこんなもんか、と想ってしまいますね。やっぱり狭いあるいは不足していると思います。>この方の見識

本題とはズレますけど、こういった発言に関して、もう各方面からありとあらゆる意見が殺到するのは痛快であるし、別の面では不快でもあります。いずれにせよ、雑誌屋さんもかつてのように言いっぱなしで済ますわけにはいかなくなりましたなぁと思う次第。

図は左寄りでありながら兵器への愛も隠せない、実に味わい深いスタンスである宮崎駿先生の「宮崎駿の雑想ノート」。AERAの記者の方も宮崎先生ぐらいの趣があればなぁ、などと無責任なことを想っておりました。

by namatee_namatee | 2017-06-07 21:00 | diary? | Comments(15)