カテゴリ:diary?( 1115 )

カラフル


本日も特にネタは(ry
「艦これ」はE4の2本目のゲージを削りきり、ラスダン中であります。長かったE4もいよいよ最終局面。まさにラストダンスの最中。6戦しましたけど、S勝利は1回だけ。どうしてもボスを沈めきれません。ボスは対空がきわめて強力。おかげで基地航空隊の練度がだだ下がりでして、効果的な攻撃ができていない。回りくどいやりかたになりますけど、他の海域に基地航空隊を出撃させて練度を上げ直す必要がありそうです。

そういえば先日のアコースティックライブが今年最後の椎名さん関連のイベント・・・と思いきや、FCイベントが残っています。4179*LOVEの規定で年に一回はFCイベントを催さないといけないらしく、今年は残り実質1ヶ月なのに、まだなんのアナウンスもないという。一体どうなるのか・・・もしかして12月の23日あたりにクリスマスのイベントとかあるんでしょうか。その日はサバゲの友人の忘年会なので、勘弁してほしいんですけど。(汗
いやしかし、4179*LOVEの年度区切りって4月→翌年3月じゃなかったかな。だとしたら来年の417回記念ライブとそのツアーの周辺にFCイベントもあるんでしょうかね。
いずれにせよFCイベントは外野の人が思うよりずっと楽しい催しなんですよ。友人と会えますし、もちろん椎名さんに限りなく接近できますし。w
あと遠くでやるときは、その移動そのものが旅行みたいで楽しいですね。わたくしはツーリングで出かけることはありますけど、それ以外ではほぼ引きこもりですので、FCイベントで遠出するのはよい機会です。去年は福島県の温泉でのイベントでしたので、なっとーちほーのウチから福島市への移動という、普段ではほとんどしない移動をすることになりました。いくつかのルートを調べて、選んだのは常磐線で「いわき」へ行って磐越東線で「郡山」経由で「福島」へ向かうというもの。のちに調べてみると、このルートは列車の本数が極めて少なく、思っていたよりリスキーでした。なんといっても8時41分の列車の次は13時13分という。8時41分の列車に乗り遅れるとFCイベントの集合時間に絶対に間に合いません。たしか12時とか(うろ覚え)でしたから。>集合時間
もう一つのルートは「水戸」から水郡線で「郡山」を目指す。これまた列車の本数が少なく、間に合うのはやっぱり1本しかない。それを乗り過ごすと(ry
東京の電車とえらい違いですよ。東京では込み合っているときは次の電車をお待ちくださいとか言われますけど、こちらだと次がないという。で、本数が少ないので意外に混んでたりする。前述の磐越東線の列車も満席どころか立っている人がいました。そとは雪景色でしたけど、人が多いので窓が曇っちゃってよく見えず。なにより、なにかあったら集合時間に間に合わないというプレッシャーで外の眺めを楽しむ余裕はなし。
まあそれはそれ。移動すること自体はいろいろ調べて実際にその列車に乗ってみるというイベントとして楽しめましたよ。帰りは東北新幹線のグランクラスにも乗れましたし。w
沖縄の時も同様でしたけど、あれは羽田で集合してからはそのまま飛行機で移動でしたので、間に合うかどうかなんていうスリルはない。そのかわり行き先が沖縄ですから、見るもの触るものがことごとく珍しくて楽しかったですねぇ。

図は椎名さんのライブグッズのTシャツ。左側の2枚が前々回のもので右側の2枚が今回のもの。歴代の椎名さんのTシャツは圧倒的に黒地に白い文字というパターンが多いんですけど、ここ2回はこの通りカラフル。いやまあ、わたくしが着れるかどうかはまた別の問題ですけど。w

by namatee_namatee | 2017-11-27 21:50 | diary? | Comments(12)

やっと本番


本日は良い天気でしたけど引きこもって「艦これ」三昧。w
といっても外に出なかったわけでもなく、庭に柚子が大量に生っているのでそれを獲れといわれまして、高枝切り鋏で収穫。これが当然ながら高いところに生っているので、当たり前ですけど上を見続けなければなりません。おかげで首が痛い。高枝切り鋏も一番長い状態で、重たいし自由にならないしで意外に苦労しました。
目をつけた柚子の実の枝のところを高枝切り鋏で切る。と、鋏が実と枝を保持してくれるので、そのまま手元に引き寄せ・・・そうは問屋がおろさないってもんですよ。w
実の重さなのか、保持しきれずにそのまま落ちてくる。で、柚子の枝には棘はありまして、真下にいるとその棘の付いた枝が実の重さという位置エネルギーを消費しながら顔とか頭に(ry
直撃はシャレになりません。フルフェイスのヘルメットが必要ですよ。(汗

で「艦これ」日記。
現在の「なまーずフリート」は昨日に引き続きE4を難易度「乙」でチャレンジ中であります。午前中は二つあるギミックの二段階目を解除してました。
情報によると「Z6マスでS勝利」が鬼門ということ。確かに大変でしたけど、ウチの場合は「乙」なのでさほど苦労もなくクリア。一番苦労したのが「Z8マスでA勝利」って奴で、細く説明するのが面倒なんで端折りますけど、スタート地点3からの通常艦隊ではB勝利しかできない。通常艦隊の6隻編成ではPTを始末する駆逐艦の数が足りません。そこで窮余の策として「志摩艦隊の遊撃部隊編成だとスタート地点が3になる」という設定を使うことに。といって、志摩艦隊の札がついた適当な艦娘が1隻たりないので、E1に「初春」をちょっとだけ出撃させて志摩艦隊の札をつけるという姑息な手を使いました。w
これで遊撃部隊編成(7隻)、重巡×2、軽巡×1、駆逐艦×4の艦隊を組んで、熟練見張員満載(といって4人しかいませんけど)でチャレンジ。無事にPTも本体も殲滅してS勝利しました。やっとボスへの道が開けました。
今回のイベントのギミックはすごく複雑そうで、実際に全体を見ると複雑なんですけどひとつひとつはそんなに難しく無い。空襲戦は凌ぐだけですし、夜戦が多いので勝負がつくのは早い。必要な対策を講じて陣形をちゃんとすれば、そんなに苦労は無いし爽快でもあるんですけど、いかんせんギミックの数がちょっと多いような気がしますなぁ。

やっとボスの道が開けたので、本番用の艦隊を組んで突撃であります。このイベントの趣旨は「73年前に行けなかったあの海峡の向こう側へ今度は艦娘に行かせてあげよう」だと思うので、史実の「西村艦隊」所属艦を中心に編成される我が艦隊をを見るのは感無量であります。
ウチでは「扶桑」「山城」「最上」「満潮」「時雨」が西村艦隊所属艦として編成に入りました。「山雲」と「朝雲」も在籍はしてるんですけど、練度が足りない。「山雲」はLv37、「朝雲」なんてLv1ですよ。w
大体が「満潮」にしてから、今回のイベントが始まってからの演習でやっとLv77に達して改二になった始末。というわけで「山雲」と「朝雲」の代わりに「朝潮」がはいりました。もう一隻は・・・デコイ用の「伊14」という。さっきの「西村艦隊の再現で感無量」はどうしたと。w
いやぁ、ボスまでの道のりが長くて、ダメージの蓄積が大きく、ボス戦で火力不足になるんですよ。なので初戦はA勝利でした。「扶桑」「山城」は十分に強力な戦艦ですけど、PTの相手は不得意だし対潜能力も心もとない。駆逐艦に頑張ってもらうしかないわけですけど、防御力の脆弱な駆逐艦に長丁場は厳しいというわけで。
なので潜水艦をデコイにして敵の攻撃を引きつけて味方の損害を減らし、結果的に火力を上げるという作戦。3スロの「伊14」は潜水艦搭載電探×2+水上戦闘機搭載で逃げ回らせておきます。もちろんダメコンも。
おかげで二戦目はS勝利。で、やってきたのが図の「対馬」であります。やっと今回のイベントのドロップ艦にお目にかかれましたよ。
でもS勝利だからって喜んでばかりもいられない。最終編成はより強力になりますし、そもそもゲージが2本あるんですから。w>E4

図の右のほうにあるのは各マスでどうするかを書いた「覚書」。こうやって見えるようにしておかないと次にどうすれば良いのか忘れるんですよ。w
ちなみにMac OS Xって一番手前にあるウィンドウ以外の場所にマウスのカーソルを持っていくと、そのウィンドウをマウスのホイール(あるいはタッチパッド)でスクロールできるんですよ。この図だと「対馬」のいるFirefoxのウィンドウを操作しながら、右側の覚書の上の方をちょっと見たいなんてときにも、マウスカーソルを覚書の上に持って行ってホイールを動かせばスクロールできちゃう。これ、いろいろと複雑な設定がある「艦これ」やるときにあちこち確認するのに地味に便利なんですよ。

by namatee_namatee | 2017-11-26 19:19 | diary? | Comments(0)

辛いけど楽しい。>E4


TVでデンマークのネタやってて、なんかやたらに持ち上げてますけど(そういう番組だし)、北欧はなぁ。w
今はスマートで格好良いというイメージが強いですけど、WW2のころとかは大変だったみたいですよ。そりゃ原爆落とされたり首都が焼け野原になった日本の方が大変といえば大変だったわけですけど、ヨーロッパはご近所から脅されたり攻められたりするわけで、敵味方、なにかでちょっと食い違うと真反対になったりしちゃう。鬼畜米英とかいって、明確に敵を規定できた日本とはちょっと事情が異なったように見えます。
基本的に貧乏で大規模な工業化が進んでいなかった北欧の各国は、強大な武力を持つドイツや英国との駆け引きの中で苦労したらしいですなぁ。今の目でその歴史を見てみると、スマートで洗練された北欧の各国という印象よりはなんとか生き延びようと悪戦苦闘した姿が見えます。そのおかげで戦後がなんかうやむやになっちゃった感もあって、はっきりと敗戦国になった日本とは事情が異なるように感じますなぁ。どちらが幸せだったのかは・・・殴り合いの大喧嘩して負けたけどとりあえずはっきりとケリをつけてあーすっきりというのと、なんとか話し合いで収めたけどいつか殴り合いになるんじゃ無いかと、そのときに備えて延々と体を鍛えるはめになったのと、どっちが良かったのか。

それはそれ。本日は仕事。同僚の親戚が結婚式だそうで、出勤日を交代しました。土曜日は暇だし「艦これ」がはかどるぞと思ったら、窓口担当の事務員さんが子供の発熱でお休みとな。おかげでいつもの現金精算以外に窓口もやらなければならず、ろくに「艦これ」もできない・・・と思ったら、タブレットでやると自分のPCの前にいなくて良いのでむしろはかどるという。w
というわけでE3は無事に難易度「乙」で終了。やってきたのが図の四式戦闘機「疾風」でございます。局戦なので使い道は限られますけど、大東亜決戦機は男のロマンですよ。
現在は最終海域のE4のチャレンジしているところ。これがまた巨大なマップでねぇ。もっともスタート地点が多いので複雑に見えますけど、それぞれのスタート地点から行けるところはさほど多く無いので、見た目ほど複雑怪奇というほどではない。まあ、かといって簡単でもないわけですけど。
最初はボスマスが見えないので、複数あるギミックを解除して海域を広げていくわけですけど、これが面倒臭い。午後一番から始めてやっと第一段階のルートを開くことに成功しました。で、今はその広げたルートに出撃して第二段階のギミックを解除しようとしているわけですけど、前述の通り、見た目よりは戦闘回数は少ないものの、そこに居る敵が手強いのなんのって。対空特化のセッティングのときの潜水艦マスとか、もう祈るだけですからね。orz
航空優勢を取らなければならないマスの1個手前で大破撤退×2という。辛い。・・・でも実は楽しい。w
今回のイベントは「艦これ」の歴史に残るものになりそう。中規模イベントと言いながら、実際は夏イベよりも大規模なんじゃないでしょうか。イベントとしていくところまで行った感じ。せっかくですから思う存分、楽しもうと思っております。w

by namatee_namatee | 2017-11-25 22:14 | diary? | Comments(0)

不便


相変わらずネタが(ry

会社のインターネットセキュリティのレベルアップということでUTMを導入したため、仕事用PCで「艦これ」ができなくなりました。w
「艦これ」だけじゃなくて広告もブロックするのでmixiのページとか、あちこち空欄ができちゃう。気持ち悪い。Dlsiteとかも見れなくなっちゃって不便この上無い。

なので「艦これ」は自前のSIMフリータブレットでやっております。w
これはこれでPCの方で艦これwikiを見ながらタブレットでプレイできるので、次のマスはどんな編成の敵だっけ?とかいうときや編成を組むときなどに便利ではあります。ただ老眼のせいでPCのモニタとタブレットを交互に見るのは結構疲れますなぁ。

さきほどE3の輸送ゲージが終了しました。輸送ゲージだと思って油断していたら、かなり厳しかったですね。とにかく大破撤退が多くて、なかなかボスにたどり着けない。やけくそになってダメコン積んで大破進軍で強引に突破。酷い戦いでした。
で、苦労した割に珍しい艦娘は落ちてこないと。伊400も対馬も影も形もありません。orz
今まで在籍してなかった艦娘としてはかろうじて「嵐」ぐらい。あと「春日丸」も落ちてきましたけど、これは「大鷹」にするのが大変で、ありがたいような迷惑なような。図はなぜかボロボロ落ちてきた阿賀野型軽巡洋艦の「矢矧」。凛々しくて好き。w
阿賀野型軽巡洋艦は他に「阿賀野」×2と「能代」が落ちてまいりました。阿賀野型軽巡が持ってくる15.2cm連装砲は我が艦隊の軽巡洋艦の標準砲なので、ありがたいものの所詮は軽巡、そんなにたくさん居ても使い道が無い。その割にもったい無い感が強くてどうしたもんかなぁ、と。>阿賀野型

E3の第3番目の戦力ゲージ用の編成を練っているところ。それにしてもゲージ3つは多すぎですよ。せめて2つにしてほしいなぁ。今回は中規模イベントと言いながら、前回の夏の大規模イベント並みに資源が減ります。(汗
それはそれ。第3番目の戦力ゲージは「小沢艦隊」縛りなので装甲空母の「瑞鶴」を投入です。あと「日向」「初月」「千歳」「千代田」「五十鈴」で。第一艦隊は正規空母の「加賀」を追加。「加賀」もイベントのときだけ呼び出される艦娘になっちゃいましたなぁ。第二艦隊には引き続きの「鈴谷改二」と定番の「妙高」「木曽」「雪風」「綾波」・・・いよいよ本気出してまいりました。w
「鈴谷改二」は軽空母に改造できるんですけど、航空巡洋艦としてあまりに有能なのでそのままになってます。2隻用意してそれぞれ航巡と軽空母にすれば良いんだ、ということで、もう1隻育てているんですけど、まだLv59で先は長い。

といった感じでgdgdで終わります。

by namatee_namatee | 2017-11-24 21:18 | diary? | Comments(2)

引きこもりの1日


本日は午前中を中心に雨でした。午後になって晴れ間が出てきましたけど、なにかするにはもう手遅れ。
なので、引きこもって「艦これ」やってましたよ。
昨日の続きでE2のラスダン。朝一番で突撃しましたけど、その時は文月が大破で撤退。装備と基地航空隊の編成を見直して二回目でクリア。で、やってきたのが図の「佐渡」であります。なんだろ、この変な口調は。w

そして現在はE3を難易度「乙」で攻略中ですけど、E3はゲージが3本もあるという。もういい加減にしろと。w
1本目のゲージはさほど苦労もなく終わりました。問題は2本目。輸送ゲージなんですけど、道中が手強い。編成が輸送護衛部隊ということで、相対的に敵艦隊が強力です。3回チャレンジして大破撤退2回という戦績。計算ではS勝利4回でゲージ破壊できるんですけど、この調子では先が思いやられますなぁ。おまけに最後のゲージのために基地への空襲を損害なし(あるいはそれに近い状態)で凌がなければなりません。いろいろやらなければならないことが多くて、なにがなんだか。orz
次のE4とか、マップ見ただけで頭痛くなりそうな複雑さ。敷居高いなぁ。w
まあ実際にやってみればなんとかなるもんなんですけどね。やってみようという意欲を削ぐのが問題です。

午後になって雨があがったので、近所のバイク用品屋へ冬用のグローブを買いにいく。PX125 Euro3で行ったんですけど、例によってセルがうんともすんとも言いません。キックで始動して、バイク用品店からの帰りには普通にセルが回る。なんでしょうねぇ。バッテリーが弱っているのかなぁ。まだ新しいはずなんだけど。(汗

by namatee_namatee | 2017-11-23 21:39 | diary? | Comments(6)

落ち度


特にネタは(ry
なので小ネタでまいります。

まずは「艦これ」ネタ。
図の通り「なまーずフリート」はイベント海域のE2を攻略中であります。実はこの編成にはわたくしの落ち度があるんですよ。
昨日も書いた通り、今回のイベントの元ネタはレイテ沖海戦なので、イベント海域のルート制御などに史実の参加艦艇の有無が関係してまいります。E1とE2は志摩艦隊に属した艦娘を使うのが基本。だがしかし、わたくしはうっかりして「瑞鳳」を投入してしまいました。「瑞鳳」は「小沢艦隊」所属。つまり囮の機動部隊となってエンガノ岬沖海戦で壮絶な最後をとげたのでした。次のE3は小沢艦隊の艦娘が主役ということで、ここで使っちゃまずいんですよ。やっちまったなぁ。orz
レイテ沖海戦は日本側の負け戦なわけですけど、この囮の機動部隊を使うという作戦は日本機動部隊の悲惨な最後ということはおいておいて、ハルゼー提督がまんまとひっかかるのがなかなか痛快です。

それはそれ。わが艦隊にはイベントの時にしか使わない艦娘というのが存在しましてね。軽巡洋艦の「神通」とか「夕張」あたり、そして軽空母の「瑞鳳」もその仲間。かつては1-5で活躍してましたけど、今では対潜専門の「大鷹」がいるので、すっかり出番がなくなり、イベントで練度高めの高速軽空母が必要なときに引っ張り出される存在になりました。「千歳」「千代田」も同じような立場で、しかも性能は「瑞鳳」より上なんですけど、そちらは支援艦隊に回ったり、本当に厳しい場面で使われることが多い。そういったわけでまず声がかかるのが「瑞鳳」というわけで。
で、あまり意識せずに艦隊の防空に使おうと思って編成に組み込んだんですけど、E3で必要になるのを忘れてました。orz
まあ使ってしまったのは仕方が無い。小沢艦隊には「千歳」「千代田」もいたので、E3ではそちらに活躍してもらうことにしましょう。

E2は一回の輸送量が62PTぐらいで、たまに旗艦の「瑞鳳」が大破して撤退したりしておりますけど、基本はほどほどのペースで侵攻中。残り33PTなのであと1戦、明日には突破できるでしょう。そして、この海域での重巡の存在感は異常。「那智」「足柄」の打撃力は戦艦の「Roma」のそれを完全に上回っている。志摩艦隊所属ということで特効があるのかもしれませんなぁ。

他には・・・「賭ケグルイ」が実写化との情報が入ってまいりました。
「賭ケグルイ」は嫁さんがアニメを録画したのを消化しているのを横で観ておりまして、わたくしとしては珍しくも声優さんの演技が作品に強い影響を与えていると感じました。「夢子」のあの狂気あふれたキャラは早見沙織さんの演技あってのものと思うので、実写化でビジュアルと演技が一体になった時に、それがどう表現されるのかに興味があります。これは楽しみですよ。

わたくしの考えとしては、実写化・アニメ化について作品を鑑賞せずに端から無条件にネガティブな先入観で語ることについては批判的であります。仮にそういうことを言う人の経験的にそのような例が多かったとしても、それはその人の限られた範囲での例にすぎない。原作があって映像化される作品など星の数ほどあるわけで、原作を知っていて思い入れがあり、それが映像化された作品が失敗した例など、原作があって映像化された作品全体からみればほんのわずかです。成功した例だってすごく多いんですよ。例えば「世界の中心で、愛をさけぶ」とか。漫画にも映画にもなって、特に映画では大成功でしたよね。まあ、わたくしにはこの手の作品は縁がありませんけど。w
そもそも映画やアニメという表現手法がなかった時代の作品、例えば「仮名手本忠臣蔵」とか、原作よりも映画や大河ドラマの方で知っている人の方が多いわけですから、原作から映像化=失敗などという理屈は成り立ちません。

この件について先日来、ネタにしていた「氷菓」については、これは映画化は失敗でした。>キッパリ
それは脚本を書いた人、監督した人、プロデュースした人、あるいは企画した人、その他もろもろの力不足が原因であると考えております。つまり作品ごとの個別の事情によると。
わたくしの場合「氷菓」についてはどうしてもアニメとの比較になってしまうのですけれども、あれは映画界とアニメ界、才能のある人材の多寡が出たのかなぁと思います。知ったようなことを言うほどの見識はありませんけど、ダメだダメだと言われるアニメ界でもまだ邦画界よりは才能に恵まれているのかなぁと思う次第。もちろん個人的な見解ですけどね。

というわけで、余計な先入観を持たずに、出来が良くても悪くても、その作品を楽しんでいきたいと思うのでございます。

by namatee_namatee | 2017-11-22 21:53 | diary? | Comments(2)

チャレンジ開始


さあ「艦これ」のイベントがはじまりましたよ。また資源が見る間に減っていくのをただ見ているだけのイベントが。w
それしにても相変わらずややこしいですなぁ。現在はE1を難易度「乙」で攻略終了したところですけど、先日もネタにした通り、今回のイベントは「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」ということで、史実の艦隊に則した編成が求められるようです。つまりあの志摩・西村・小沢・栗田の各艦隊のことであります。
いやこれ、「艦これ」をそういうゲームとして捉えていている層(わたくしも2/3ぐらいはそうですけど。)にはたまらないかも知れませんけど、ソーシャルゲームだと思っている人にとっては面倒くさいだけじゃないでしょうか。(汗

巷の噂によると「艦これ」のイベントは敷居が高いそうで、まあ確かに自分でやっていても「これ、始めて1ヶ月とかの人じゃ無理だよな」と思いますからねぇ。わが艦隊は戦力的には全然たいしたことはないのですけど、無駄に長くやっているものでイベントも難易度を選べばそんなに苦労せずに完走できるぐらいの実力はあります。それなりの予備兵力と状況に対応できる装備がありますけど、最近始めた人はなかなか厳しいんじゃ無いかと思いますなぁ。そこら辺をなんとかすれば、また新規の人も増えるんじゃ無いかと・・・すでに一時代を築いたって感じだし、もう良いかって感も無きにしも非ずってところですけどね。

で、前述の通り、わが艦隊、通称「なまーずフリート」はE1を難易度「乙」でクリアしたところであります。「甲」と「乙」でもらえるものにあまり差が無いんですよ。目玉の「式水上偵察機11型乙(熟練)」は「甲」でも「乙」でももらえます。差は「間宮」と戦闘糧食の数ぐらい。給糧艦とか戦闘糧食とかは課金すれば(ry
というわけで、後で何かを「掘る」ことも考えてぬるい「乙」にしました。
おかげで全然苦労せずにクリア。ギミックというか、マップの解放がちょっと面倒でしたけど大破撤退など一回もなく、最短の5回で終了であります。いやまあE1の「乙」で苦労してちゃ話になりませんけどね。(汗
現在はE2の編成を練っているところです。まだ情報が少なくて誰かの編成をコピーというわけにはいかず、どうしたもんかと頭をひねっているところ。

なんだかんだ言って楽しいんですよね。>「艦これ」のイベント

by namatee_namatee | 2017-11-21 20:43 | diary? | Comments(2)

イベント直前


久々に「艦これ」ネタ。
最近は似たようなゲームも出てきて「艦これ」界隈もだいぶ静かになってまいりました。変なゲームだからなぁ。w>艦これ
他のゲームをやったことがないので良くわからないところもありますけど、なんていうかうわっと盛り上がる要素が少ないように感じます。毎日同じことがずーっと淡々と続く感じ。飽きるってこともないんですけど、なにか目標みたいなものがないと行き詰まった感が強くなってまいります。

その行き詰まった毎日を吹き飛ばしてくれるのがイベントでございます。毎日のお勤めはイベントのためと言っても過言ではありません。・・・などと偉そうに言ってますけど、先日の大規模イベント「西方再打通!欧州救援作戦/拡張作戦」とか、もう死にそうになりながらやっと難易度「乙」でクリアです。「艦これ」のイベントの難易度というか辛さみたいなのは異常。w
他のゲームの様子を見ていると、イベントの数は多いしなんか楽しそうなんですよね。隣の芝生は(ryということなのかもしれませんけど。「艦これ」のイベントは大規模から小規模までありますけど、いずれにせよコツコツと貯めた資源が一気に無くなるのが辛い。本当に身を切られる思いで辛い。w
わたくしが省資源にこだわるのは今までの経験から、資源のない状態でイベントに臨むことの辛さが身にしみているからでございます。なんだかんだ言って資源さえあれば、司令部Lvや練度が低くてもなんとかなっちゃう。>イベント

というわけで、「艦これ」世界では本日からイベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」の開始だそうです。22時までメンテで、それが終わったらイベント開始。今回は「中規模」だそうですけど、前後篇の前編。後編は冬のイベントになるそうで、いよいよ規模が大きくなって、1回でおさまらなくなってきたのかと。(汗
まあテーマがレイテ沖海戦じゃ仕方ないですけどね。なんてたって「史上最大の海戦」ですから。

さて、その事実上の巨大イベントに臨む我が艦隊はどのような状況なのか。前回のイベント終了時からあんまり進展はありませんなぁ。明確な目標
見失って、なにをしたら良いのかが見つからなかった感じ。戦力的には前回よりも拡大してますけど、最近になって投入された新機軸には取り残されつつあります。
その現実から逃避するのにイベント直前のこの時期に「大鷹」とケッコンカッコカリ。w
「大鷹」は改二にするのに設計図とカタパルトが必要なんですよね。他の軽空母にはない特殊な能力があるんですけど(輸送連合艦隊の第1艦隊に配備できるとか)、そこまでする価値があるかどうかが難しいところ。ウチでは対潜専用軽空母として活躍しております。他にはあまり使い道を思いつきませんけど、対潜戦闘では引っ張りだこでおかげで意外にあっさりとLv99になりました。

・・・ありゃ22時過ぎたのにメンテが終わらないぞ。手間取っているのかな。もっともイベント始まったからってすぐ突撃はしませんけど。イベント開始2-3日後に先達が切り開いてくれた道の真ん中をまったりと征く、これが我が艦隊のスタイルであります。w

by namatee_namatee | 2017-11-17 22:05 | diary? | Comments(0)

休み明けは


ネタが(ry
なので小ネタで。

どこぞの離島で郵便局の職員(他の土地から赴任してきた人)がいなくなっちゃって、郵便局が営業できずに不便、みたいなネタが流れてまいりました。最初の頃はその職員が突然蒸発したみたいなニュアンスで、やれやれとんだ困ったちゃんだな、みたいな話だったんですけど、騒ぎが大きくなって情報が揃ってくると・・・労働条件が悪いというか過酷だったように見受けられます。だって職員が1人しかいなくて、ATMもないのだそうで。その上、その離島から本土への船便は土日はないようです。つまり、島から出ることができない。これあかんやつや。orz
原因の一つは村役場の対応が鈍かったことがあるとのこと。増員に応じなかったらしいですね。まあ80人ぐらいしかいない離島の郵便局にそうそう人員を割くわけにもいきませんし、そもそも赴任してくれる人が簡単に見つかるとは思えません。だって給料やすいんですもの。この激務で19万円とかですって。

ウチの経営陣を見ていても思うんですけど、ある種の人たちって人件費が増えることを無条件に極端に恐れるんですよね。必要な人員を確保して必要な業務をしてもらえば、その業務の効率は高まる。その上がった分の効率で、会社トータルではコストダウンになるはずなんですよ。なぜそれがわからないのか。
実はその理由を知ってますけどね。要するに適正な人員数とか人件費の水準を把握してないんですよ。わたくしは立場上、会計のデータでなにが起きているのかを一生懸命わかりやすく説明するんですけど、どうしても先入観というか思い込んでいること(人件費増=悪)というところから離れられない。その先入観からくる抵抗を乗り越えるのは各種データの数字が表すところなんですけど、頭ではわかっても・そうは言っても(ryという不合理な判断になっちゃう。しみじみしないんだよなー。orz
もっともわたくしが言っているのは「法人税で持っていかれるぐらいなら給料と賞与を増やせ!」という多分に私情の混じった意見なんですけど。w

っていうか、80人そこそこの離島で郵便局が毎日営業する必要があるのかという疑問がありますなぁ。やっぱりATMの設置とネットを利用するべきじゃないですかねぇ。年寄りだからネットが使えないとかありそうですけど、必要ならばなんとかするんじゃないですかね。(棒

そういえば田舎の小さな郵便局は民営化でかなり雰囲気が変わりました。わたくしの知っているある郵便局では代々世襲の局長が勤めていたんですけど、民営化後しばらくして他の郵便局へ転勤になっちゃいまして、それがきっかけでその局長さんは郵便局を辞めちゃったようです。当時はちょっとした変化に耐えられないとか、どれだけ打たれ弱いのかとか思ってましたけど、他にも理由があったのかもしれませんなぁ。その後もなかなか局長が決まらず、交代で局長の代理の人がきてました。なかなか局長をやりたがる人がいないとか言ってましたねぇ。
そういう小さい郵便局は地元に密着してるから、いろいろと住民の方からもありそうだし、離島に限らず大変なのかもしれませんなぁ。>局長

他には・・・某オークションに「初瀬野アルファさんの実物大抱き枕」が出品されまして。これは驚きました。アルファさんの抱き枕は確か限定だか抽選だかの(オークションの説明ではアフタヌーンの懸賞で当選は20名だったとのこと)幻の逸品と言われてまして、ネットでも極端に情報が少ない。わたくしは実在したのかどうかを疑ってすらいたんですよ。w
それがいきなりオークションに出品されるとは。開始価格は15万円。w
PX125 Euro3を買ってなければ応札したかもしれません。残念ながら現状では資金不足であります。orz
まあ、オークションの画像を保存しておきました。その画像にすら価値があると思うので。w

図はAmazonでセールしていたので、適当にポチったアクションカメラの類。GoProのパチもんですね。これだけごちゃっとイロイロついて4,980円とか。w
とりあえず、バッテリー(2個ついてくる)の充電はしました。が、もとより必要に迫られていたものでもないので、使い道が思いつきません。サバゲでガンカメラにでもしようと思ったんですけど、32GBのマイクロSDカードが必要だそうで、残念ながらウチに在庫がなかったので、先日のサバゲには持っていけませんでした。どのみち鉄砲用のマウントがなかったんで、思ったように使えたかどうかは不明です。相方のタカ氏に20mmレール用のマウントの存在を教わったので、ちょっと探してみましょう。実用化できればわたくしの華麗な狙撃が観れるかもしれませんよ。>ないない

by namatee_namatee | 2017-11-13 21:14 | diary? | Comments(12)

休日


本日はお休みです。いつもように特に何をするわけでもなく。なので小ネタで。

まずはVespa PX125 Euro3のリアキャリアの件。
先日からこねくり回しているんですけどこれが手強い。リアフェンダー下部の固定が難しい。っていうか、対応機種なのにポン付けできないって一体(ry
さすがイタリアとしか言えませんけど、なんとか取り付けないと来年にも計画している北海道ツーリングに使えません。w
問題点は3つ。まずはキャリアのリアフェンダーへの固定。ボルト2本で固定ですけど、キャリアの空いている穴とフェンダーの穴が全く合わない。これはキャリアに合わせてフェンダーに穴を空けるか、フェンダーに合わせてキャリアの方に穴をあけるか。当然ながら後者なわけですけど、フェンダー側の穴そのものが妙に小さいときたもんだ。荷重のかかるキャリアを下から支えるボルトを通すにはちょっと心もとない。フェンダーのその穴はもとはおそらくナンバープレートのベースを固定するためのものだったように見受けられます。なので本来はフェンダーに新たに穴を空ける方が正式なやりかたのはず。でもなー、普通は車体に穴開けたく無いでしょう。w
次はキャリアのステイの角度の問題。フェンダーの取り付け位置の角度と合わない。なので隙間が出来てしまいます。これまた荷重がかかる部分でそれはまずい。間に楔の形をしたスペーサーを入れないとダメです。そのスペーサーをどうするか。フライスがあれば簡単にできるんですけど・・・
最後はナンバープレート。キャリアのステイの幅よりナンバーの方が広い。つまりステイより上にナンバーを持ってこないといけません。これまたフェンダーとナンバーの間にスペーサー(30mmぐらい)を入れなければなりません。
この3点をどうするかで悩んでいるのであります。今日は現物合わせして必要なものをチェックしていましたけど、なかなか難しそうです。

で、ついでにPX125に乗ってこようと思って、エンジンをかけようとしたらうんともすんとも(ry
セルが回りません。っていうか、まったく無反応。バッテリーが上がってしまったにしても、カチッぐらいの音はしそうなもんですけど、それもなし。これまたイタリアンなトラブルですなぁ。w
まあPX125にはキックがありますからね。キック3回で無事に始動しましたよ。そして、なんとなく予感していたんですけど、次のエンジンスタート時は何事もなかったようにセルが回るという。なんだってんだ。w

ちょっと資材を買いに近所の巨大ホームセンター&ショッピングモールへ行ったついでにお昼ご飯を食べたのがこの図です。なんの工夫もなくリンガーハットの「長崎ちゃんぽん」。麺2倍でございます。無料で麺の量を1.5倍or2倍できるということでしたので。わたしゃ麺類を大盛りにするほどは食べられないんですけど、麺がちょっと足りないと感じることは多いんですよ。なのでリンガーハットさんのこのサービスはありがたい。だがしかし、2倍はやりすぎでした。後半になってお腹がずっしりと重くなってきて食べきるのに苦労しました。1.5倍にしておくべきでした。

この写真、新しいスマホのGalaxy Note 8で撮ってみましたけど、売りにしているほどに良く写るってこともないですねぇ。前任のGalaxy A8のカメラは結構な癖があって、順光で撮るとパキッと思わずびっくりするほどコントラストの高い写真が撮れるんですけど(こういう感じ)、スマホで撮るようなシチュエーションではそうそう都合の良い光線状態ばかりと行きませんで、逆光とか薄暗いとかそういう場合にはあまり感心した写りにはなりませんでした。少なくともiPhone SEのカメラより不安定と感じました。
Note 8になって、カメラも相当に性能upしておりまして、確かにA8よりは失敗する確率は下がりましたし、全体によく撮れるようになった感はあるんですけど・・・性格としては基本的にA8の延長といった感じで、油断すると変な写りになる。変な写りというのは、なんとなく不自然な写り方で、例えばこの図ではどんぶりの手前側の陰になったところとか。このサイズだとあまり目立ちませんけど、よーく見るとけっこう荒れた表現なんですよね。会社用のiPhone SEの場合もよーく見るとやはり所詮はスマホのカメラだなぁ、というところはあるものの、全体にうまくごまかしているような感じでアラが目立たない。Appleの方が一枚上手なのは変わらずといった印象です。>スマホのカメラ

で、大洗まで海岸線を走って折り返してウチに帰ってきて、アニメ版の「氷菓」を観直す。
やっぱり千反田さんはこうでなくっちゃ。w
映画版は「千反田える」の魅力というかあのパワーを描ききっていない。千反田さんは天然のお嬢様で危うい感じもある。いかにもヒロインらしいヒロイン。アニメ準拠でいくならそこら辺も素直に受け継いでいけばよかったものを(ry
人間の役者が演じるということもあって、なかなか難しいところでなんでしょうねぇ。もっとも文化祭の様子を見ているとアニメ版は2012年だかになっているのに映画版は原作準拠の2000年だか2001年だかになっていたようですから、アニメとはまた違う作りということなのかもしれませんけど、それならばもう少しこう(ry

そして明日のサバゲの準備をしながら今回のゲームのレギュを確認してみると・・・BB弾は0.2gと0.25gのG&Gの弾じゃないとダメって書いてある。ブランドはとにかく(現地で買えば良い)ウチのVSRは0.28gBB弾仕様ですがな。しかもチャンバーの性格上、そう簡単にHOPの調整ができるシロモノじゃありません。これはまいりました。(汗
仕方が無いのでHK417を引っ張り出しました。メインはクリンコフとして、予備の一丁はスコープが載っている奴が欲しいものでして。重たいから今回は外しておいたんですけどねぇ。>HK417
鉄砲本体は引っ張り出せば済みますけど、バッテリーは充電しないといけません。しかもHK417用のバッテリーは1200mAhぐらいの小さめな奴なので本数が必要。はたして今から充電で間に合うのか。w

by namatee_namatee | 2017-11-11 20:55 | diary? | Comments(2)