カテゴリ:diary?( 1092 )

ツーリング日和

というわけで帰ってまいりました。今回は聖地巡礼といっても実質的にはVespa LX150ie 3Vでまともなツーリングに行ってみようという企画。なので「聖地」に関してはあっさり目です。

まずは金谷から東京湾フェリーに乗ります。LX150は高速道路に乗れますので、アクアラインでも良いんですけど、わたしゃフェリー(というか船)が好きなんですよ。子供の頃から船好きで、将来は船員になろうと思っていたぐらいですから。親戚に運輸省(今の国土交通省)に勤めていた人がいまして、「そんなに船が好きなら、そういう学校に行ったらどうだ?それなりの便宜を(ry」と言われたことがありますけど、今思えばあの時、「はい」って言っていたら・・・
ちなみに潮来から東関東自動車道〜京葉道路〜館山道と高速を走って行きました。LX150ie 3Vで初の高速走行。どんな風だったのかは、また別なネタに。

「かなや丸」だったかな。金谷の港から出港であります。こちら向きの時は普通に走り出しますけど、久里浜から帰ってくる時は狭い港内で180度回りますからね。どういう推進方式なんだろ。すごいなぁ、フェリー。

キャビンにはこういうものが。「ろんぐらいだぁす!」ですか。
そういえば三浦半島ではロードバイクがたくさん居ましたなぁ。なっとーちほーではありえない数。こちらでは数が少なく、なにかと冷遇されるロードバイクですけど、三浦半島〜湘南のように大量に走っていれば、同じ道路を使用する乗り物として嫌でも認知されるでしょう。羨ましいです。
ちなみにスクーターは佃煮のようにいる。w
UP/DOWNがあって、道が細く、始終渋滞している三浦半島ではスクーターの天下なんでしょう。四輪車のみなさんは比較的大人しめの運転をされるんですけど(なっとーちほー比で)、スクーターのみなさんはアグレッシブ。左側をスイスイ行きます。わたくしは信号1回で抜けられる場合はじっとしていて、信号2回じゃないと抜けられそうにないときは左側を失礼させていただく感じなんですけど、みなさんは違いますね。走っている車の左側を抜いていきますからね。(怖
そういう場所でLX150ie 3Vは極めて有能。トルクがあってダッシュが速い上に車体が小ぶり。本気出せばほぼ無敵。本気出しませんけど。

「しらはま丸」とすれ違います。「左舷砲雷撃戦よーい!」w

というわけで「井上成美記念館」へ。
閉館しちゃってるんですけどね。訪れたということが重要なのです。立ち入り禁止なのでここから先へは行きませんでした。建物自体はオリジナルではないので、特に観る価値はありませんし、怒られる可能性があるのに不法侵入するつもりはないですね。
井上成美氏は日本海軍最後の大将。戦後はこの横須賀市長井の地で近所の子供たちに英語を教えていたそうです。そして、かつての帝国海軍の偉い人(大将ですから偉いなんてもんじゃないし、実績だって大変なもの。この人がいなかったら第二次世界大戦が終わらなかったかも。)ということで、「先生」と呼ばれていて不思議は無い。軍人としての階級で呼ぶことはなくなった人を呼ぶのに「先生」という呼び方はかなり妥当性の高いものじゃないかと思います。そういうところから、なんとなく「初瀬野先生」の元ネタ(の一つ)は井上提督なんじゃないかなぁと思っておりまして(もちろん根拠のない個人的な見解)ここは一度は訪れたいと思っていたのでした。
「カフェアルファ」の場所は未だに確定されておりませんけど、それは特定の一箇所ではなくて、いくつかの場所の特徴を組み合わせて造られたものだから、というのがわたくしの考えです。そのいくつかの場所の一つに、この長井の「井上成美記念館」もあるんじゃないかなぁと、こちらは立地の面からも訪れたい場所でありました。
おっと書くの忘れましたけど直前に「三戸の丘」も行きました。こちらも「カフェアルファ」候補地の一つ。「黒崎の鼻」(今回は行ってませんけど)とあわせて、この3つは「カフェアルファ」のイメージの元なんじゃないかなぁと思う次第。

そして、前回の訪問時には隣のゴルフクラブの方へ行ってしまって訪れることができなかった「大楠山」へ。
入り口のところにこのような看板があったので、素直にここにスクーターを置いて歩いて登りましたよ。この佇まいはかつてMTBで良く登った「多度山」のハイキングコースを思い出しますね。「多度山」のハイキングコースほどはきつくあるまいと思い、歩き始めましたけど・・・斜度は大したことありませんし、距離も3kmぐらいなのでさほどでは・・・ヒートテックの長袖Tシャツとか風除け対策のソフトシェルを着ていなければ楽勝なんでしょうけど、あいにくそういう服装だったんですよ。しかも気温は高め。

大汗をかいて、半分意識を失いながらたどり着いた「大楠山」山頂の展望塔。
これが見たかった。ちなみに「大楠山」は三浦半島の最高峰なんですって。関東百名山の100番目の山でもあるそうな。>Wikipedia
もちろん登ってみましたよ。>展望塔
だがしかし、羽蟻(のような虫)の大群が飛び交っており、とてもじゃないけど景色を眺めている状況ではありませんでした。汗まみれの体に羽蟻が張り付いて大変なことになりましたよ。なので、てっぺんの滞在時間は15秒。w
後は広場で休憩しながら眺めを楽しむ。が、残念ながらこのような天気で、見晴らし最高とはいきませんでした。

ここで体力の限界&時間の限界になったので、宿をとってある横須賀市内へ引き返します。
地元のスクーターとバトルwしながら、「衣笠」経由で横須賀へ。宿は三笠公園の近く。古典的な旅館でした。とても安いわりには必要なものは全部あって、それでいて風情もあるという、なかなか良いところでしたね。部屋(四畳半)にちゃぶ台があるのが最高。w
汗まみれでしたけど、とにかく晩御飯を食べないと死にそう(昼ごはんは金谷で食べたかきあげ蕎麦のみ。)なので、近くの食事ができそうなところを探す。すぐ近くに「サイゼリヤ」があったので(ry
これ、去年の10月に「VR戦艦大和」を観に「三笠」へ行ったときにチームメイトのタカ氏と入ったサイゼリアだ。w
この、せっかく観光地やあまり行ったことのない所で食事をする機会があるのに、どうでもよいファーストフードとかファミレスで食べちゃう癖はなんとなからないもんですかねぇ。朝ごはんも「吉野家」だったしなぁ。
そして宿に帰り、疲れからか黒塗りの(ry
風呂に入って20:00には寝てしまうという暴挙にでる。いやぁ、久々に朝まで目が覚めずに熟睡できましたよ。やっぱり体動かさないとダメですなぁ。
熟睡できたと言っても目が覚めたのは5:00ですけどね。w
それはそうと、横須賀の街中って騒々しいですなぁ。すごい勢いで飛ばす爆音の車か二輪車がいたり、クラクションならしまくりで誰かを威嚇する車がいたり。すごくうるさかったですね。まあ、そんなのも一瞬であっという間に寝ちゃいましたけど。
二度寝しようかと思いましたけど、昼間になると道が混んでくるので、朝のうちに移動しちゃえということで、もろもろ準備して6:00過ぎに出発。

京極夏彦先生の「狂骨の夢」に出てくる「脳髄屋敷」のモデルになった場所を見ておこうと思いまして、海沿いを走ります。
で、「北の大崩れ」で休憩。「北の大崩れ」は「藤色のフィルター」のおかげで夕方、日の沈む時分というイメージがあるんですけど、朝は朝で良い眺めでした。もっとも「北の大崩れ」本体は順光で光が当たっているので、ちょっと面白みに欠ける感がありますね。やっぱり日没前後の逆光気味の時に映える眺めだと思います。

「脳髄屋敷」はストリートビューで確認できた以上でも以下でもなかったです。立入り禁止だし、立入れそうにない荒れ具合。残念。

そして、もう一つ別な作品の「聖地」へ。

「君の声をとどけたい」の重要な舞台、「龍口寺」。

この鐘を「ゴーン」と突いて鳴らしながら中に入って嫌なことを(ry
わたくしは鳴らしませんでしたよ。w

ここ、ここですよ。わたくしが号泣した最後のシーンで出てくるところ。あんなの卑怯でしょう。orz

「君の声をとどけたい」は近代的な作品なので?「ヨコハマ買い出し紀行」と違って、登場する場所がはっきりと明確にわかります。なので、実際に行ってみる喜びも「ヨコハマ買い出し紀行」とは微妙に違うわけです。どちらが偉いなどというつもりはありませんけど、わたくしの場合、実際にその地を訪れて想像力を働かせてみたいと思わせるのはやっぱり「ヨコハマ買い出し紀行」の方ですねぇ。

といった感じで、速報ということで大雑把に画像多めでごまかしました。小ネタはまた別のおりに。

by namatee_namatee | 2017-10-09 18:11 | diary? | Comments(8)

久しぶり

本日は「ヨコハマ買い出し紀行」の聖地、三浦半島へツーリングであります。
乗り物はもちろん、ツアラー化プロジェクトが進行中のVespa LX150ie 3Vでございます。

今回は前回(もう4年前だ。)に行けなかったところと、あといくつか再確認をしたいところへ・・・大楠山を下から登ったら死にそうになりました。orz
一般車進入禁止って書いてあったから真面目に下から歩いて登ったのに、みんなスクーターや車で登ってくるんだもんなぁ。

図は息も絶え絶えでたどり着いた大楠山のレストハウスの自販機。これ、お金お入れて飲料が出るかどうか、きわめてスリリングでしょ。w
「ヨコハマ買い出し紀行」や「コトノバドライブ」でおなじみのシチュエーションですなぁ。ドキドキしながら140円いれて「いろはす」のボタンを押したらちゃんと出てきました。出てこなかったらつまらないんですけど、ちゃんと出てきて、これもよい感じで嬉しいところ。

その他、詳細は例によって後ほど。

by namatee_namatee | 2017-10-08 19:09 | diary? | Comments(4)

真っ暗


本日は仕事。特に変わったことはありませんでした。午前中が悪天候だったせいで、お客さんはあまり来なかった。でも、悪天候で現場が中止になっちゃって、行き場がなくなって浮いたダンプがこぞって砕石をとりに来たので、それなりに車の出入りはありました。ダンプとか重機は動かさないで置いておくのはもったいないですから、こういうことが起きるのでございます。
砕石の配達の依頼を受ける場合も天気は気にしますなぁ。工事現場ってのは大体は土がむき出しなわけで、そんなところに総重量20tぐらいのダンプが出入りすると、もうドロドロのグチャグチャになってしまいますし、舗装路の方へ泥を引っ張っちゃったりすると苦情がきます。なのでできれば雨の日の配達は避けたい。でも、実は雨で砕石が濡れると重さが増すので、売り上げの点では有利だったりする。水の分だけ儲かりますからね。w

いずれにせよ、現金のお客さんは少なかったので暇でした。昼間はな。
夕方、定時を過ぎてから電気設備の点検があったんですよ。すべての電源を落としてイロイロとチェックするのだそうで。当然、事務所にある会計や売り上げ管理ソフトのサーバーもシャットダウンしなければならない。UPSがあるので、勝手にシャットダウンして、点検が終わって電気が来れば復旧もするはずなんですけど、どうも信用できないんですよね。しかも、休み明けの10月10日はわたくしの月に一度の平日お休みの日だったりするので、サーバーが起動しない場合は会社の業務がなにもできない事態に陥ります。
というわけで、点検がおわるまでお付き合いすることに。>わたくし

電気が止まっちゃうので、当然ながら事務所内も真っ暗でございます。それがこの図。UPSがピーピーいう中、やることがないのでスマホでTwitterとか某巨大掲示板(いつのまにか5chになってて笑いました。w)を見てました。そして、営業の新人がノートPCのアップデートをしたまま帰るという暴挙にでる。停電になった時点で更新は3%ぐらいしかすすんでない。w
ノートPCなのでバッテリーはありますけど、いつまでもつかわからないし、更新もいつまでかかるかわからない。更新の途中でベッテリー切れはやばいので、ピーピー言ってるUPSにつないで少しでも長持ちするようにしてあげましたよ。>バッテリー
幸いにして点検は早めに終わったのでバッテリーは持ちました。ヒヤヒヤもんですよ。(汗

by namatee_namatee | 2017-10-07 21:33 | diary? | Comments(0)

やっと聴けた。


やっとネットラジオの録音ソフトがまともに動くようになりました。ウチで使っているソフト、細かいVerUpは頻繁にあって、それに加えてたまにメジャーなVerUpがある感じ。どうもよくわからないんですけど、そういうメジャーなVerUpがあったときに前のVerのままにしておくと録音に失敗するようです。で、メジャーなVerUpは新しく買い直しになるらしい。「らしい」ってのはよく調べてないからです。そんなに高価なものでもないので、その都度、買っちゃうんですけど、もしかしてVerUp料金みたいなのがあるのかも。

当然ながら録音ソフトは「みたいラジオ」専用でございます。本来、リアルタイムで聴くべきものであるとは思いますけど、さすがに朝4時から起きるのは無理。w
年寄りになって朝は早く目がさめるので起きれないこともないですけど、毎回必ず寝過ごさない自信は無い。というわけで、大人パワー(お金)で録音ソフトを使っている次第。
で、前述の通り、9月17日と24日の「みたいラジオ」は録音に失敗してしまいました。>上の図
聴き逃してしまった場合、以前は奇特な方がネットにupしてくれるのを待つしかなかったんですけど、最近はradikoにタイムフリーというサービスがありまして、放送後1週間はもう一回聴くことができるようになりました。9月17日と24日の「みたいラジオ」はそれで聴きました。
そして、ソフトウェアの更新をして、ドキドキしながら迎えた日曜日。無事に録音に成功してホッと一安心、と思ったら、車の中で聴く用のiPodが行方不明という。月曜日の朝に通勤の車の中で聴くってのが習慣だったんですよね。iPodが行方不明だとそれができないわけでして。そのままiMacで聴けばよいんですけど仕事でイロイロごちゃごちゃやっていて、まとまった時間が取れない。なんせ朝は5時起きなので睡眠障害気味のわたくしはさっさと寝ないと寝不足で死ぬ。(汗

やっとiPodを見つけたのが今朝ですよ。車のカーペットの下に挟まってやがる。もう少しで新しいiPodかiPhoneを買うところでしたよ。危ない危ない。つつがなくiPodとiTunesを同期して10月1日の「みたいラジオ」を聴くことができました。それはそうと新しいソフトではちょっとファイル名が変わりましたなぁ。今までは番組タイトル+月日だったのが、それに録音開始時間が加わりました。別にどうでも良いですけど。
ちなみにこの録音ソフト、Windows版もありまして、そちらも購入したことがありました。前のバージョンは録音に失敗する時が今より多かったので、保険の意味で会社のPCに(ry
でもWindows版は使いづらかった。スリープからの復帰の関係か何かでこのソフトは管理者として実行しろとか言われまして、管理者としての権限を持つユーザーとしてログオンしているのになんでだろ?と思いながら、言われた通りにするんですけどね。これがうまく復帰できないんですよ。何度も試しましたけど、一回たりとも成功したことがありませんでした。そんな不良品を売るわけがないので、わたくしの設定が悪かったんでしょうけど、Mac版はスリープからの復帰時のパスワードを入力するだけで、基本的に前述のようなVerUpの不都合以外では録音に失敗することはなかったので、なんていうか、この場合は「録音できれば良い」という目的を達成することにかけて、やっぱりWindowsって使えねぇなぁという印象になるのは仕方が無いところ。
もっともそれは録音ソフトも数世代前の話だし、OSもWindows 7でした。今のVerのソフト+Windows10ならマシなのかもしれませんけどね。

それはそれ。やっとiPodが見つかったので、車の中で心置きなく「みたいラジオ」を聴いておりましたらば、椎名さん関連の友人であるcolonel-mogy0079氏のお便りが読まれておりまして(おめでとうございます。)、内容は9月の大洗で行われた「椎名さん合宿」wのネタだったんですけど、ネタがネタだけに参加したメンバーとしてフラフープ氏の名前が。
わたくしはさすがに名指しではありませんでしたけど・・・名指しで「なま」とか「namatee」とか言われたらどうしようと聴きながら焦っていたのは内緒です。w
「椎名さん合宿」の椎名さんの感想は「大人になっても泊りがけで好きなことできるなんてうらやましい」みたいな感じでしたけど、そうですかね?
わたしゃ毎年、サバゲの友人と年に数回は泊りがけの宴会とか飲み会とかやってますけどね。すげー楽しいのは認めます。
もともとキャンプにはまっていた時期があって、そういう時は気のあった友人と夜通し飲みながら好き勝手な話題を延々と続けるってのが普通だったってのが下地にあるのかも。

ころねる氏のお便りにもありましたけど、ライブの打ち上げなんかじゃ時間が足りないんですよ。>椎名さんのネタ
ネット上に文字にして残すといろいろと面倒臭いネタもありますし、自分一人でああでもないこうでもないと捏ねくり回しているより、ディスカッションwの中で出てくる新鮮な見解みたいなものもありますし、「合宿」は極めて貴重な機会ではあります。できれば日程は2泊3日ぐらい欲しいところですよ。w

とうわけで、次は「君の声をとどけたい」の聖地、鎌倉でハイセンスな「合宿」だそうですから、コーディネートをお願いしますよ。w>言い出しっぺのフラフープ氏

by namatee_namatee | 2017-10-05 19:42 | diary? | Comments(4)

一番好きだな。>ドゥーチェ


「ガールズ&パンツァー劇場版」より、偵察任務中の知波単学園のチハ。良い絵だなー、おい。大学選抜チームのチャーフィーも同じようなことをしていて、それもまた絵になるんですけど、やっぱり九七式中戦車の方が悪天候の雰囲気もあってよい景色ですなぁ。このまま額に入れて飾りたいぐらいですよ。

「ガールズ&パンツァー劇場版」はわたくしの人生で初の映画館で何度も繰り返し観た作品でした。なんだかよくわからないんですけど癖になるんですよね。ブルーレイも買いまして、たまにこうやって観直すわけですけど、楽しいだけじゃなくてこのように味わい深いシーンがあってたまりません。制作陣が戦車とその周辺のイロイロが好きなのが伝わって参ります。

あとはこれ。アンツィオの活躍する場面が多くて楽しい。
最近のわたくしがイタリアづいているのは、実は「ガールズ&パンツァー劇場版」その他でのアンツィオ高校のメンバーの活躍が下地になってたりします。w
我ながら単純だと思うんですけどね。今までは特にイタリアンな車とか二輪車とか(といってもスクーターですけど)、あるいは艦船、航空機などなどにはあまり興味がなかったんですよね。どちらかというと英国贔屓な感じで、戦闘機ならスピットファイアが好きでしたし、軍艦も英国艦が好き、車は・・・これはフランス車好きでしたな、そういえば。
車に関しては品質がどうのとかではなく(その点でフランス車が威張れるのかという。w)デザインは小粋なものの、それに伴った中身がないんじゃないの?などと思っておりました。>イタリア車
なんていうか、イタリア車(超高級車は除きます。w)は性能や乗り心地に特徴が無い印象でしたねぇ。フランス車も一般的にはなんだかよくわからない、これといって特徴の無い車に見えるのかもしれませんけど(シトロエンは除く。w)、ちょっと乗ってみればわかる通り、フランス車に共通する独特の乗り心地やシートの掛け心地がありまして、それでいて代表的な3社(ルノー・プジョー・シトロエン)で、それぞれまた違いがあるという。全体は共通するフィールが確かにあるんですけど、個別にははっきりと乗り味が違う。性能じゃなくて乗り味。ここら辺、なんとも言えない複雑な乗り物なんですよ。>フランス車
シトロエン・BXとプジョー・309GTIとルノー・ルーテシア(2代目)を乗り継いだわたくしが言うんですから間違いない。w

で、イタリア車となると、わたくしが買えそうなのはFIATかランチアあるいはアルファロメオの小さいの、ぐらいがせいぜいだったわけですけど、まあどれも格好だけで、性能が良いわけじゃ無いし、乗り心地や操縦性なども特に乗った瞬間に「これは!」と来るものがなかった。
ところが、VespaやFIATの安物モデルにそれなりの期間乗ってみたら、これが良いんですよ。フランス車とはまた違った渋い?パッと感じられるわけじゃ無いけど、いつの間にか好きになる、これまた独特のフィーリングがある。FIAT 500sとか、前任のVW・Poloに比べると、内装とかすごく安っぽいし、乗り心地もポンポンというかフラフラというか、とにかく変。乗用車としての完成度には天と地ほどの差があるわけですけど、どちらかというと無個性なPoloに比べて、FIAT 500sは明白に個性がある。これはこれで面白いし良い乗り物だなぁと思いました。Vespaのスクーターもそう。癖があるけど楽しいんですよ。イタリアの車やスクーターとて、昨今の製造技術で作られた工業製品ですから、基本的な部分は最低限の耐久性や機能を持っている。それでも、なにかあったらメーカーの保証もあるしロードサービスもあります。なのでイロイロと楽しむということなら、イタリアものも良いんじゃ無いかと思うようになりました。

というわけで、ツインテールが邪魔と邪険にされるドゥーチェ可愛いよ、ドゥーチェというネタでした。

by namatee_namatee | 2017-10-02 21:36 | diary? | Comments(4)

平穏な1日でした。


本日も平穏無事。特にネタはないですねー。なので小ネタで。

政治の話はあまり得意じゃないので、あまり触れてまいりませんでしたけれども、さすがにここ最近のgdgdぶりは。w
良い歳したおっさん・おばさんがあまりにみっともないなぁ、と。現在の政権が理想的かというとそうでもない気もしますけど、内外にイロイロと問題が起きている現状ではよく頑張っているんじゃないですか、ぐらいの印象でございます。特に北朝鮮関連では具体的に脅威があるわけで、それに向き合わずにカケだモリだと下らない騒ぎばっかりですからねぇ。で、いざ解散ってなった途端にこのザマって、どれだけケツが座ってないのかと。w
別に挙国一致でどうのとか言うわけじゃ無いんですけど、具体的な脅威が目の前にある事態に対応しない・できないってのは無様過ぎでしょう。今から8年前に政権を取った政党がこんな人々でできていたのかと思うと、怒るの通り越した悲しくなりますな。もっとも、わたくしは8年前の選挙の時も民主党(当時)には票を投じませんでしたけど。まあ当時からダメってわかってましたよね。w

辛気臭いネタはやめて次。w
昨日に引き続きVespa PX125 Euro3の慣らし運転をしてました。本日は近所をグルグルと100kmあまり。これで総走行距離は310kmほどに。
いやしかし2ストで慣らし運転てどのぐらいやったら良いんですかね。慣らしと言って一番に思いつくのはシリンダーとピストンの間ですけど、そこら辺は数万キロは持つものなので、1000kmやそこらで明確な馴染みがでるのかどうか。4サイクルならカムとかバルブの動弁系があるので、新しいウチは静かに回すってのも分かりますけど。2ストだとオイルポンプとか変速機、あとワイヤー類の慣らしがより重要ですかね。オイルポンプはとにかく、他はエンジンの回転数で馴染み馴染まないの差が少ないと思われます。どちらかというと時間かな。ちなみにCL50のボアアップをしたときのキタコのマニュアルには慣らし運転は100kmと書いてあった記憶があります。ボアアップで変更するのはシリンダーとピストンなので、その部分ならその程度の慣らしで大丈夫ということなんでしょう。
というわけなので300kmは超えたことですし、あとは適当に慣らしていこうと思います。>PX125 Euro3

図は例によって「艦これ」ネタ。「ガングート」とケッコンカッコカリ。45人目の結婚艦でございます。「ガングート」は戦艦としては小ぶりですけど、その分、省燃費で威力もオーバーキルにならなくて効率が良い。あと小ぶりでも戦艦なので編成に組み込んでおくと砲撃が2巡する。ここら辺が寵愛をうける要因ですな。そりゃ「Iowa」とか「Italia」はすごーく強力ですけど、相当に燃費悪いですからね。
そういったわけで、ずっと演習艦隊に組み込まれ続けていたため、我が艦隊の艦娘としては比較的早くケッコンカッコカリすることになりました。
我が艦隊の資源は順調に回復しつつあります。資源回復のために前回のイベント終了後はずっと遠征と演習ぐらいしかやってなかったんですけど、いつの間にか「秋刀魚祭り」が始まっていたので、ちょっと手を出してみようかなと。

by namatee_namatee | 2017-10-01 21:35 | diary? | Comments(2)

平穏無事


休み明けはネタが(ry
今週は早出当番なので眠い。あまりに眠いので、そこら辺に車停めて仮眠したら2時間ほど(ry
おかげでスッキリしました。w

平穏無事で特にネタがありませんなぁ。「艦これ」はイベントで消費した資源の回復に努めていて、特に大きな動きは無いし。「サラトガ」に改二がきたのに関して「夜戦」をどうこうという任務があったものの、ウチには元ネタのF6Fがいないという。米国の艦上戦闘機にはあまり興味が無いもので。w

他には・・・我が社では人事異動があって新しく人が入ってくるのと、部署を代わる人がいるのでその準備など。新しく入ってくる人は規定に合わせて給与ソフトに登録。あとタイムカードの登録もする。紙のカードなら名前を書くだけですけど、磁気カードの奴なんでPC上で設定しなければなりません。新しい人が入社してくるなんてことはそう何度もあるわけじゃないので、やり方が思い出せない。w
部署を代わる人は営業になるので、営業車とか携帯電話とか名刺とかイロイロと手配しなければならず、なかなか面倒くさいですよ。総務とか売上に関係無いし無駄じゃんとか思ってる人がいるかもしれませんけど、わたくしが働かないとお給料が出ませんからね。w

昨日のVespa LX150ie 3Vのネタに関して、何気無くネットを検索しておりましたら、Vespa PX150/125の話題をみつけましてね。PX150/125は昔ながらの、これぞベスパ!というモデル。こちらですな。
ていうか、とっくに無くなったと思っていたら、まだ2016年モデルが新車で売ってるという。w
このご時世に2サイクルですからね。立派な触媒がついてるし。そこまでして延命したかったのか、と感心します。今や排ガス規制で4サイクルの原付ですら絶滅するといわれているのに。
スペックを見てみると、さすがに排気ガス規制の影響でヨレヨレ。最高速度なんて150で88km/hしか出ない。いや、本当にカタログの通りに出るかどうかはしりませんけどね。w
でもハンドチェンジは魅力的。おっとハンドチェンジとはなにか。こちらをご覧ください。Vespaをはじめとした昔のスクーターにあったMTの一種です。今でこそスクーターといえばATですけど、かつてはそうでもなかったんですよ。スクーター=ATのイメージの元ネタっぽい富士重工のラビットにもハンドチェンジのモデルはあったそうです。
しかし、せわしないですね。>ハンドチェンジ
クラッチ操作と変速に加えてウィンカーも一緒ですからね。スムーズに操作するのはかなり難しそう。でも、この動画、2サイクルらしい音や振動、Vespaらしい落ち着かない乗り味がよく伝わってきますね。ウチのはATのLXですけど、落ち着かない感じは似てます。w

図は土曜日に食べたマスカット大福。いくらなんでもこれは。食べづらいことこのうえなし。味も餡子とマスカットは全然合わなくて、見た目通りに一体感皆無。w
「いちご大福」の仲間なんでしょうけど、ちょっと無理があると思いました。

といった感じで、特にオチも無く終わります。w

by namatee_namatee | 2017-09-19 20:44 | diary? | Comments(2)

イタリアン


本日は仕事でございます。暇なうえに寝不足で眠いのなんのって。orz

図はイタリアンスクーターにはコレでしょ、ということで自分用のお土産に買ってきたステッカー。まああれですな、お隣ですし。w
「ぷんちきぱやっぱーヾ(゚∀゚)ノ♪」みたいなドゥーチェ、可愛い。w

宴会は平日だったわけですけど、大洗は相変わらず「ガルパンさん」がたくさんいました。みなさん、楽しんでいる感じがよく伝わって参ります。他の作品の「聖地」と呼ばれるところはあまり知らず、せいぜい「ヨコハマ買い出し紀行」の三浦半島と「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の千葉県東部、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の秩父ぐらいしか知らないんですよね。行ったことがあるかどうかだけなら「氷菓」の高山、「輪廻のラグランジェ」の鴨川など他にもいくつかありますけど、タイミングが違って作品をよく知らないとか、文字情報としての知識として知っているだけだったりとかで、とてもじゃないけど経験・体験として身についた知見とはいえませぬ。
その狭い見識から言うと、大洗のあれは独特な感じですね。もうさんざん言われたことではありますけど、どこか「自然発生的」で、最近なんとなく聞くことが多くなった「アニメツーリズム」の枠組みとはちょっとズレているような・・・ある種の方々がおおっぴらに声高に言う「アニメツーリズム」の中にはちょっとわたくしの感覚的には受け入れ難いものもありまして、基本的には悪いことじゃないと思うものの、諸手を挙げて賛同というわけでもないという考えでありますけど、「ガルパン」と大洗はその賛同できない面に関わりが少ない・無いと感じられるのは幸いであるなぁ、と。

まあ盛り上げようとしたのと違って、自発的に浸透した感じが強いので楽しみ方の幅と奥行きがあると感じます。>大洗
あ、隣町なので特別な感じがしないというのもあるかも。w

by namatee_namatee | 2017-09-16 19:32 | diary? | Comments(2)

ガルパンと417の2日間


というわけで、大洗から帰還。
昨日は椎名さん関連の友人のcolonel-mogy0079さんとフラフープさんと宴会。ライブの後の打ち上げだとなかなか長い時間話す機会がないので、泊りがけの宴会はどうよ?、じゃあどうせならガルパンの聖地「大洗」でやりましょう、という企画。
宴会は「ちゅう心」さん、宿は「肴屋本店」さんでした。「ちゅう心」さんではそれなりに調子よく飲んで、22時に閉店になるまでああでもないこうでもないと好き勝手なことを述べ、「肴屋本店」さんへ帰ってからも2時半ぐらいまでそのまま続きを(ry

「ちゅう心」さんでは5,500円ぐらいのコースを頼んでいたはずなんですけど、行き違いで単品の注文になっていたらしく、お通しが来てからいつまでたっても次の料理がこない。w
変だな、ということでお店の人に聞いたら、前述の通り行き違いということで、次々と料理がやってまいりました。いかんせん話すことに夢中になってましたので、料理の写真など撮っている暇がない。なので何を食べたのかも記憶にない。w
魚介のしゃぶしゃぶと天ぷらは覚えてます。あとお寿司も3かんほどありましたね。お酒は昨日の画像にある通り「月の井」さんの「ひやおろし純米吟醸」でした。どれも大変美味しかったです。
「ちゅう心」さんは表の魚屋さんのところから狭い脇道を入っていくのが、なんか通っぽくて雰囲気が良いですなぁ。などと偉そうなことを言ってますけど、実はわたくしはまだ2回目です。w

22時になって閉店ということで「肴屋本店」さんへ帰り、部屋でgdgdする。3人で8畳+6畳の2部屋という快適な間取りでございました。そこでイロイロと討議をする。w
といって、すでに何を話してどういう結論になったかは忘れております。まあ「口(くち)プロレス」ですからね。本気といえば本気ですけど、落としどころみたいなものもあるわけで。
当然ながら椎名さんの楽曲を中心に流しながら、楽曲や声や歌唱について意見を述べ合うわけですけど、それには先日何気なく買ったこのスピーカーが役に立ちました。アニソンやキャラソンの全体的(椎名さんに限らず)な問題点とか、声優や役者の演技と作品の関連性とか・・・こうやって書いてみると高尚な議論のようですけど、実際はgdgdなのは言うまでもありません。よって結論も出ません。w
ある対象をファンとして見るのと思い入れも思い出もなく一芸能人として見るのでは当然ながらその業績の評価というか、どのように受け止めるかが違うというような・・・そう簡単に割り切れれば苦労はない。案外後者の方が議論に耐える意見を持つことができるのかも、と思いますけど、椎名さんの場合は今や熱狂的なファンあっての「椎名へきる」ブランドであるので、そう簡単に割り切れれば(ry

もっと続けたかったわけですけど、寝落ちする人がいたので、2:30ごろお開きということに。で、いい気分で寝ついたと思ったら、4時間半後に「Jアラート」で叩き起こされるという。orz
まあ朝食が8:00からということだったので、起きる時分ではありましたけど、自分が設定したアラームとは違うケタタマしい音で飛び起きるというのはなんとも。
とりあえず、じっと様子をうかがいますけど大洗町が核攻撃を受けることもなく、朝食を食べます。以前泊まった時の朝食は宴会場みたいなところへ行きましたけど、今回は部屋に食事が運ばれて参りました。とても旅館らしい。
いつもの通り、大変美味しい朝食でしたけど、ご飯が多かったんですよ。残さないように頑張って3膳もおかわりしたんですけど、食べきれませんでした。w
10時ごろチェックアウトして、とりあえずショッピングモールを見に行く。テナントは大幅に少なくなってましたけど11月にプレオープン、来年の3月にリニューアルオープンだそうで、どうなるのか楽しみです。「ガルパン」に縁のある場所ですから、地元ならではのきめ細かい運営で持ち直してほしいところですね。
その後、大洗磯前神社はお参りして、ガルパン喫茶へ行ってから「月の井酒造」さんで買い物して、「ブロンズ」さんで鉄板ナポリタンを食べる。朝食を食べ過ぎたので、鉄板ナポリタンが入りません。ころねる氏と半分ずつ分けて食べました。w
さらにココスへ移動してまたしてもgdgdと(ry

15時すぎに解散。colonel-mogy0079さんとフラフープさん、大変お疲れさま&ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
by namatee_namatee | 2017-09-15 19:24 | diary? | Comments(6)

やっと


特にネタはなし。っていうか、強烈に眠い。睡眠時間はそれなりにあるはずなんですけど・・・やっぱり睡眠障害なんですかねぇ。(汗

苦労人。
というわけで「艦これ」ネタ。本日は「飛龍改二」とケッコンカッコカリであります。43隻目のケッコン艦。
彼女は主力空母として活躍というよりは、支援にまわることが多かったですね。通常の正規空母としては火力が高くて優秀なんですけど、いかんせん装甲空母に比べると・・・あと通常の空母としては「加賀」や「サラトガ」が規模が大きくてなかなか強力なので、やや小ぶりな「飛龍」はどうしてもそれらの補佐に回ることになってました。なので「加賀」や「サラトガ」がさっさとLv99に達してケッコンカッコカリしていったのに対して、「飛龍」はここまで遅くなってしまいました。実は「蒼龍」もまだケッコンしてなかったります。「蒼龍」は現在Lv97。まだしばらく時間がかかりそうですなぁ。

イベントは明日のメンテまでで終わり。わたくしは駆逐艦を掘るなんて不毛なことはさっさと諦めて、やってきた「艦娘」のLvUpに勤しんでおります。戦艦の「Richelieu」と「Roma」、空母の「Ark Royal」はとっくに改造できるレベルに達して、現在は「U-511」を「呂-500」にして魚雷を剥ぎ取ろうとしているところ。現在のLvは46なのでそう遠からず「試製FaT仕様九五式酸素魚雷改」が手に入るでしょう。
「U-511」はもう一隻いますけど、次は気分を変えて「Luigi Torelli」の育成をしようと思います。でも特になんにも貰えないんですよね。>Luigi Torelli
あとは「択捉」と「松輪」もじわじわと育成中。海域はもちろん1-5です。海防艦は早熟で(なんかいやらしい。w)あっという間に先制爆雷攻撃ができるようになるので、1-5が異常に楽になりました。おかげでイロイロはかどります。
駆逐艦は・・・遠征艦隊に放り込んでおきましょう。w

by namatee_namatee | 2017-09-11 20:25 | diary? | Comments(6)