カテゴリ:survival game( 1318 )

われわれはタチが悪いので

c0019089_22031400.jpg
というわけで本日はサバゲ。ユニオンフェスというイベントに参加でございます。
簡単に言いますけど、これは巨大なイベントでして参加者は実に約700人。w
図はセイフティの様子です。こんな感じで奥までぎっしり人がいる。さらに写真を撮っているわたくしの背後にもこの人数の2/3ぐらいはいる。

これがユニオンの「METユニオン」「ユニオンベース」「ヘッドショット」という隣り合わせの3つのフィールドでサバゲするわけです。この3つのフィールドでは絶えずゲームをやっていて、参加者は好きなところへ行ってゲームに参加する。好き勝手に参加ですから、各フィールドの参加人数はかならずしも均等にはならない、どころか敵味方の数も同じにはなりません。基本的にサバゲは人数に関してはイコールコンディションなんですけど、このイベントでは考慮されていません。前回までは6チームに分けてゲームをするフィールドも主催者の指定で、人数が均等になるようにしていたような気がしますけど、今回はそういう細かいことはしていないですね。まあ、お祭りですし、おおよそは均等になっていたみたいだし、どうってことないですけどね。

問題は700人を3等分しても1つのフィールドに200人以上がいる計算になること。休んでいる人もいるはずなので、まるまる200人ということもないでしょうけど、それでも佃煮みたいに人がいる。w
おまけに最初のゲーム(表裏)は無限復活戦にしやがりまして、フィールドにぎっしりいる人がいつまで経っても減らない。w
普通のゲームならヒットされて人は退場しますけど、無限復活戦ではヒットされても復活しちゃいますからね。

ゲームの他にもイベントがありまして、抽選会とかじゃんけん大会とか・・・何一つ当たりませんでしたけど。まあいつものことです。
そのゲームそのものは人が多いこと以外はまあ普通でした。今回の得物は昨日のネタのVSR-10 G-SpecといつものS&T TAVORとARESのハニーバジャー。
TAVORもハニーバジャーも初速が高くて射程が長く、こういう大味なゲームでは使い易い。
特筆すべきは攻防戦の攻める側だった時。本気出して思いっきり攻め込む。友人がゲーム開始前に他の参加者にアジってハッパかけるという。おかげで予定では7分間で終わりにするつもりだったのが5分で終わらせてしまうという。これはすごかったですね。久しぶりに燃えました。w

VSR-10は箱だしと書きましたが、あれは嘘です。w
箱から出して即、全バラして中身をPDIのパーツに交換しちゃいました。交換したのはレシーバーをはじめチャンバー、シリンダー、トリガー、インナーバレルなど、PDIに在庫がなかったアウターバレルとネジなどの小物以外のほぼすべてのパーツ。「あきつ丸」verほどではないものの、ほぼPDIコンプリート仕様でございます。見た目は可能な限りノーマルにして、中身はカリカリのフルチューン・・・よくあることですけど、パーツを組んだだけではパワーが出ないという罠。今回はHDピストンにしたんですけど、HOP最大で(HOP最大で最もパワーが出る)も73m/s(0.25gBB弾)とかしかでない。どうもシリンダーの抵抗が大きいようです。っていうか、いつのまにかピストンの形状が変わっていて、シリンダー内壁に接触する部分が大きくなっているし、ヘッドのエア穴(このエアでOリングが広がって気密をとる)がなくなっている。さらにはスプリングも以前と同じ0.9Jスプリングなんですけど、端の処理がなくなっていたりしてコストダウンされている。チャンバーやトリガーメカのメーカーロゴもなくなっているし、全体にコストダウンされてますねぇ。(汗
とりあえず、本日はそのまま使いまして、ほどほどにヒットも取りましたけど、やはりパワー不足で射程が短く、今回のフィールドには相性が良いとは言えませんでした。なので帰ってきて早速、ピストンを余っていたVCピストンに交換。やっぱりHDピストンは発射時の音が大きすぎますので。スプリングも前に使っていた方の0.9Jに交換。あとHOPの効きがイマイチなので駄目元でチャンバーのOリングを太いのに交換。これで少しはHOPも効くようになるかも知れません。
これでテストしてみるとHOPを最強に効かせた状態(イモネジの位置からわかる)で、84m/s(0.25gBB弾)と出ました。まずまずですかね。あとはHOPの効きがどれだけ改善されているか・・・これは明日の朝にならないとわかりません。

最後になりましたけど、bazzさま&参加のみさなま、お疲れさま&ありがとうございました。

by namatee_namatee | 2017-05-03 23:08 | survival game | Comments(2)

泥縄

c0019089_22213409.jpg
明日はサバゲ。ARESのAS01が熟成に時間が掛かる、もしくは諦める可能性があるので、とりあえず緊急でゲーム用のボルトアクションライフルを調達。モノは見ての通り東京マルイの「VSR-10 G-Spec」でございます。VSRは通算4丁目かな?w
箱だしのVSRは新しいうちはよく当たりますからね。しかもGスペならマウントもサイレンサーも標準装備で、すぐに実戦投入できます。さすがに前日ではあれこれ弄っている暇はありませんので。
それでもAS01からスコープは移植して微調整はしました。その他にもなんだかんだと弄っていたらこんな時間に。(汗

電動ガンも使うのでバッテリーの充電もしなくちゃ。というわけで忙しいので今日はこんなところで。w

by namatee_namatee | 2017-05-02 22:34 | survival game | Comments(6)

豚に真珠?



先日のアキュコンの賞品。あ、「COMICパピポ」は違います。w

「GATE TITAN」という黒いものはFCU(Fire Control Unit)の一種・・・というところまでは知っておりますが、はたしてどんなものなのかはよくわかりません。
表彰のあと、順位の上の方から並べてある賞品を好きにとっていくんですけど(2〜3巡ぐらいする)、わたくしの番でこれがまだ残っていたので「一番高そうだし」と選んでみました。が、こんな高度なデバイスをわたくしが組み込めるのか。orz
豚に真珠とならないよう、できるだけやってみます。その前に何に組むか考えなきゃ。w

右側のバッグ?カバン?ポーチ?みたいなのはなんだかよくわかりません。2巡目の時に選びました。小さいメッセンジャーバッグみたいな感じで、タブレットを入れるのに便利そうだった&フラップの横側の半月型の皮の部分が面白かったのでセレクト。フラップを留める革製のモノの付け根が星の形で縫いつけてあります。なんとなく東側のモノのように見えますね。ソ連とか中共の何かなのかなぁ。

賞品は参加者の持ち寄りです。競技の性格からいって、エアガン関連、あるいはミリタリー関連が多いんですけど、他にもお酒とか衣類とかいろんなものがあって楽しい。ちなみにわたくしが持って行った賞品はこれです。↓
c0019089_20524481.jpg
「なま417」というハンドルにスジは通ってますでしょう。w
そういえば今回の「なま417」というハンドルは自分でつけたんですけど(今までは人任せにしていて「なまへきっちゃうぞ♪」とかのひどいハンドルにされていました。w)みなさん、どうも謂れがよくわからなかったらしくて、一部の方にはH&KのHK417を使うと思われていたような。いやまあ普通の人は「417」が「椎名へきる」の「シイナ」にかけた数字であることなど知る由もないし、そもそも射撃イベントですからHK417のことだと思うのも無理もない。w

by namatee_namatee | 2017-05-01 21:08 | survival game | Comments(10)

帰還

c0019089_17264189.jpg
とうわけで帰ってまいりました。>アキュラシーコンペティション(以下、アキュコン)
主宰の若花ださま、K.T.W.のみなさま、そして参加のみなさま、おつかれさま&ありがとうございました。

アキュコンとはエアソフトガンによる精密射撃のイベント。毎年だいたい今頃(今回は4月29日)に岩手県花巻市にあるエアソフトガンメーカーのK.T.W.さんで行われます。
競技内容についてはリンク先を参照していただければ。まあ、しょせんは玩具のエアソフトガンなわけですけど、真面目に突き詰めるととんでもないことになるという。w

今回のわたくしは仕事を終わらせてから4月28日の17:30に花巻へ出発。K.T.W.さんに到着したのが22:30でした。予想では0時を回るはずだったんですけど、常磐道が開通したのと思ったよりスムーズに流れていたのでスピードに乗りましてね。平均速度は休憩時間を除くと(ry
到着したら荷物を降ろしてさっそく試射でございます。今回も使ったVSR-10「あきつ丸」verの基本的な調整と大雑把なゼロインが終わったのが4月9日、そのままガンケースに封印しておりましたので、20日ぶりに撃つわけです。
弾道も着弾点も想定の範囲内での変動で、なかなか調子良いなと思ったんですけど・・・これが翌日の本戦では大荒になるという。毎度のことなんですけどね。
気温や湿度、もしかしたら気圧とかの変動のせいらしいんですけど、試射した時とは全然違う所に飛ぶんだな、これが。w
全然違うと言っても数cmなんですけど、なんといってもターゲットが20m先の2cmとかですからね。数cmずれると絶望的に当たらないわけでございます。競技開始直前の試射で調整するんですけど、それでも最初のプレート(委託なし)は全部外しました。orz
次のテーマからは着弾点の変化に慣れてきて、多少は盛り返しましたけど多少ですので。

結果は6位でございました。なんとも言えない煮え切らない順位でございます。わたくしのはっきりしない立ち位置とかキャラクターを端的に現しているとも言えますな。w>6位
今回は重量弾が上位を席巻してまして、そのトレンド?に逆行して比較的軽い弾を使ったわたくしとしてはまあまあの成績とも言えますけれども、所詮は6位。3位以内にはいるぐらいでないと大きなことは言えません。

とりあえず次回に向けての課題も見えましたので、また1年精進します。

by namatee_namatee | 2017-04-30 18:28 | survival game | Comments(0)

デスゾーン

c0019089_08472163.jpg
うわぁ。orz
この射順はひどくない?
なんでわたくしがこんなところに。w

by namatee_namatee | 2017-04-29 08:49 | survival game | Comments(6)

移動中

c0019089_20541281.jpg
というわけで、アキュラシーコンペティションの会場(岩手県花巻市)へ向かっております。トイレ&晩御飯で休憩中であります。


by namatee_namatee | 2017-04-28 21:05 | survival game | Comments(12)

久しぶりに砂漠?の戦い

本日はサバゲ。うっかりネタの写真をとり忘れました。なので画像は無し。w
場所は埼玉の「デザートストーム川越」さん(以下DSK)、貸切のゲームでした。
主宰のyarakado氏、参加のみなさま、おつかれさま&ありがとうございました。

貸切なので人数は少なめ。いつものDSKはごっちゃり人がいて、前よりも背中から撃たれるのを警戒しなければならないのが常なので、これは新鮮。w
どのゲームも楽しかったんですけど、最後に表裏やった復活戦が特に面白かったですね。もうお互い手の内がわかっているので、迎撃するポイントにいるとすぐにやってくる。特定の誰かが。我が軍はどちらかというと守勢に回っていたようで、侵入してくる敵を迎え撃つパターンが多かったですね。その侵入してくる敵が毎度同じという。w
少しづつコースは違うんですけど、DSKは見晴らしが良いのでこちらへやってくるのがよく見えて、行き先を予測しながら進むとじきにエンカウント。撃ち合いが始まり、勝ったり負けたりして復活して、また(ry
この繰り返しが楽しい。いくら死んでも復活できますから、大胆に動けますし。復活戦にはフラッグ戦とは違う楽しみがあるなぁというのを思い出しましたよ。

今回の得物はいつものマルイ製HK417とS&Tのタボール、ARESのストライカーAS01でした。
HK417とタボールはDSKと相性が良く、十分に活躍。どちらも射程が長くて使いやすいですね。
懸案のAS01は弾速チェックで73m/s程度しか出ないという。一晩で3-4m/sも初速が下がるというのはなにが原因なのか。ウチへ帰ってきてウチの弾速計で計測してみると、75m/sぐらいでしたの弾速計の誤差のせいなのかも。いずれにせよ、一晩置いておいて弾速が下がったのは確かで、目一杯ではないものの、シリンダー内で圧縮された状態で時間が経つとスプリングのパワーは下がるんですかね。新品だったので考えられないこともないか。
さらにDSK名物の強風のため、ボルトアクションライフルのAS01はほとんど出る幕がありませんでした。そういったわけでゲームの参加実績のために数ゲーム使ったのみでした。もっとブッシュがあるところとかで活躍させてあげたいところですね。>AS01

by namatee_namatee | 2017-04-15 22:00 | survival game | Comments(0)

読めねぇ。orz

c0019089_19100444.jpg
最近「忖度」という文字をよく見かけるようになったんですけど、これが読めない。見かける都度、ネットで検索して「そんたく」と覚えるんですけど、10秒後には忘れる。文字からは読み方が連想しづらいことこの上ない。誰だよ、こんな読みづらい単語を使い始めた奴は。orz

それはそうと明日はサバゲです。
直前だっていうのに先日からいじくり回している「ARES AMOEBA ストライカーAS01」の初速を調整している図。
今回はスプリングをアングスの0.9Jスプリング(Sサイズ)に変えてみました。パワーの目安として、電動ガンで110-229mmのバレル長で法的な制限を超えない初速になるというもの。効率の悪いAS01ですから、このぐらいのパワーで丁度良い初速になるかと思いまして。

AS01の良いところはストックとアクションを分離しなくてもセットピンを抜くことができること。VSR-10の場合はストックの内側にセットピンがあるので、アクションからボルトを抜くためにはストックからアクションを分離しなければなりません。これがそれなりに手間なんですよ。あと、その分解時にマガジンキャッチを飛ばすことがありまして、油断ならない。この面倒さはVSRを持っている人ならわかるはず。
それに対してAS01はアクションに対して水平にセットピンがあるおかげで、ストックとアクションを分離しなくてもボルトが抜けます。実に便利。
ただし、ボルトを戻すときはシアをチャンバー側から押し下げなければならず、広からぬエジェクションポートからマイナスドライバーを突っ込んで小さなシアを押すのはなかなか難しい。あとセットピンが横からシリンダーを貫通しているということは、シリンダーのセットピンが通るスリットが左右に2本存在することになり(VSRのセットピンは下からでシリンダーを貫通していないのでスリットは1本で済む。そのかわりセットピンが片持ちになるため、セットピンそのものの強度が必要。)、シリンダーの耐久性や強度はVSRのそれよりも劣る可能性があります。さらに、そのセットピンの固定が甘く、コッキングを繰り返しているとだんだん抜け出してきます。これも要注意。フィールドでセットピンを落としたらまず見つかりませんし、マルイ純正やPDI製のようにパーツとして手に入るかどうかも不明ですから。

で、スプリングを替えてみた結果はどうだったのか。図のとおりであります。適正HOP、0.25gBB弾で77-78m/sとでました。明日の都合でHOPオフ時の初速は測れませんでした。おそらく83m/s程度と思われます。まあ良いところでしょう。レスで教えていただいたHOPパッキンとか、シリンダー内部の塗装を剥がすとか、今後も初速に変化をもたらす改良が行われる可能性があるので、あまりカツカツにパワーを上げてしまうと面倒なことになりそうです。

とりあえず、これで明日のゲームに投入してみてどんな感じかテストですね。

by namatee_namatee | 2017-04-14 19:50 | survival game | Comments(2)

殺伐

本日は天候不良。特に午前中はひどかった。桜が咲いてきたので写真でも撮ろうかと思いましたけど、この天気では無理。orz
なので、「ARES AMOEBA ストライカーAS01」のシリンダー周辺をどうしたもんかとこねくり回す。が、結論は出ず。塗装が剥がれかけた現状は現状で、それなりにバランスはとれていると判断して、そっとシリンダーヘッドを戻しました。w

午後になって雨風がやんだので、スコープのゼロインを兼ねてグルーピングチェック。場所はもちろんなま家特設シューティングレンジでございます。屋外なので記録は参考程度にしかなりませんけど、それでもどんな感じなのか傾向はわかります。


で、こんな感じ。
使用した弾はマルイのスペリオールバイオ0.28g(非選別)。30mで10発。グルーピングは約270mmでした。
大したことないですね。w
それなりに風があったのも考慮すべきですけど、弾のまとまりがやや不安定。右に飛んだり左に行ったりします。このぐらいなら十分に実戦(サバゲの)でも使えますけど、重さや長さ、あとゲーム用としてすごく重要な要素である静音性能を考えると、VSRイーターとはなりえないなぁという感想。
ゲーム用としてはボルトのストロークが短いのは良い点だと思います。スパスパとリズミカルに撃てる感じ。反面、おそらくは長すぎ&タイト(内径6.03mmらしい)なインナーバレルのせいで、着弾点をまとめきれない感があります。「あきつ丸」verも初期には500mm以上、しかも内径6.01mmというタイトバレルを使ってまして、どうにもまとまらない集弾性能だったのを思い出します。
あと発射音が大きいのは問題。一発撃ったら居場所がバレます。そして一発で決められるほどの集弾性能は(あと腕前も)ないという。w
サイレンサーをつければ良いわけですけど、そうするとものすごく長くなる。
これ、やっぱりバレルを短縮化したいですねぇ。もっとも、それなりに面倒な作業が必要なので、そんなことしているならGスペ買った方が(ry


ついでにVSR-10「あきつ丸」もチェックしておきました。
弾は同じマルイのスペリオールバイオ0.28gでした。うっかり間違って9発しか撃ってません。撃っている最中にお客さんが来まして、ちょっと動揺してました。w
グルーピングは170mmとでました。まあこんなもんでしょうという感じ。条件が良ければ150mmは切れるのはわかってます。
今回はHOPがアキュコン対応で弱めになってます。なので30mだとスコープのエレベーションの調整範囲目一杯上限でした。

なんていうか、才能?性能というのとは違う、銃としての才能のようなものを感じますねぇ。3発横に並んでいるところとか。w
すごく安心して撃てます。さまざまな要素の限界から100mmを切るようなグルーピングにはならないんですけど、それでもこのぐらいにまとまるだろうな、という予想通りに当たります。あと発射音が異常に静か。

この後、20mでゼロインしてお終い。これで4/29までは触りませんよ。直前にいじるとろくなことにならないんですから。w

by namatee_namatee | 2017-04-09 20:55 | survival game | Comments(4)

こまごまと



引き続き、先日やってきた「ARES AMOEBA ストライカーAS01」のネタ。

完全な箱だしで試射した印象ではHOPの効きがイマイチで飛距離が出ない。でも同じところへ弾を飛ばす集弾性能はまずまずかな?といったところ。HOPの効きが弱いので「飛ばし」が出づらくて集弾性が良いように感じるのかもしれませんけどね。
とりあえず、全バラしてみます。バラし方は簡単なような面倒なような。少なくともVSRよりは面倒臭いですね。それでも電動ガンとは比べ物にならない手間です。昨日が初めての分解だったんですけど、ウチに帰ってきてすぐに始めて2時間後には全て元どおりになってましたからね。

その最初の分解のテーマはHOP周りの強化。前述の通り、HOPの効きがイマイチに感じますので、HOPパッキンを交換してみます。ジャンクBOXにVSR-10プロスナイパーのバレル&チャンバーセットがありましたので、それのパッキンを流用しましょう。これ、たぶん「あきつ丸」のオリジナルですね。HOP最強のままで少なくとも3-4年は放ってあったはず。w
おかげでHOPパッキンにはしっかりHOPアームの跡がついてましたけど、まあこの程度なら使えます。
AS01の方は赤いパッキンで、想像と違ってかなり柔らかめ。バレルから外すときにちょっと力を入れたら裂けてしまいました。そんななのにHOPのかかりが弱いのは解せませんなぁ。あ、柔らかすぎてもダメという線はあるか。
とにかく、パッキンを交換します。同時にバレルのHOP窓のところもチェック。窓の大きさが小さいので広げるというtipsを見かけたもんで。幅や深さをVSRのノーマルバレルと比較してみるものの、ノギスで測ったレベルでは差はありませんでした。大きな違いはVSRのバレルはノズル側の上の部分が切り取られたように何もないのに対して、AS01のバレルは電動用と同じ形状なこと。結果的にHOPパッキンの出っぱる窓の大きさは小さいと言えます。VSRのパッキンは電動用に比べて厚みがあるので、窓の部分が小さいとHOPのかかりは悪くなる可能性はありそう。

組み上げて翌日、会社へ持って行って試射してみると。w
HOPはしっかりかかるようになりました。見違えるほどフラットに素直な弾道。AS01のHOPシステムはHOPパッキンを押し出すアームをイモネジで直押しするものなので、限度を超えてイモネジをねじ込むといきなり弾づまりします。でも、その手前ならすごく微妙な調整ができますね。六角レンチをわずかずつ動かして、納得いくまで最適なHOPを追求できる。これは安定したHOPだからでしょう。
シリンダー側は手付かずなのでパワーは大したことありませんけど、フラットに飛ぶようになったので、これで十分な気がしてまいりました。

まあ、せっかくですのでシリンダーも見てみようと先ほど二度目の分解。慣れてきたのでスムーズでした。
ただなぁ、このシリンダーはいかがなものかと。シリンダー全体が黒いんですけど、これがアルマイトとかではなくて塗装なんですよ。材質は真鍮っぽい。電動ガンでおなじみのシリンダーが黒色に塗装されたものと思っていただければよろしいかと。
しかも最悪なことにシリンダー内部まで塗装されているという。これだから中華は。w
そんなもん、ピストン(アルミ製)に接触したところから塗装が禿げるに決まってるじゃないですか。おかげでピストンに禿げた黒い塗料のカスがついて汚いこと。シリンダー内壁も黒と金色がまだらになっていて実に見苦しい。さらに塗装のせいか、ピストンの動きが渋い。これはグリスupしても効果なさそう。(汗
スプリングはそれなりにパワーのありそうな奴でしたけど、それでも初速が大したことないのはこのシリンダーのせいじゃないかと思います。原因として考えられるのは2点ありまして、ひとつは塗装のせいでピストンの動きが渋いのと、長大なバレル(550mm以上ある)に対してシリンダーの容積が足りないような気がする。

AS01の売りの一つは実銃と同じ位置にマガジンがあるのに、マルイのL96やM40のようなややこしい給弾システムを持たないことがあるんですけど、それをどうやって実現しているかというと、要するにチャンバーを実銃と同じ位置に持ってきたんですね。こちらのエントリーの一枚目の写真をよく見ていただくとわかるんですけど、これはボルトを引ききった状態で、エジェクションポートからシリンダーヘッドとノズルが見えています。エジェクションポートのマズル側はすぐにチャンバーになっているんですよ。
一般的なボルトアクションライフル(のエアガン)、例えばVSRの場合、チャンバーはずっとマズル寄りにあります。シリンダーの容積を大きく取るためにストロークが長くならざるをえず、おかげでチャンバーが前の方に行かざるをえないんだと思うんですけど、そうなると問題はマガジンの位置で、VSRの場合は実銃とはぜんぜん違う、ストックの前1/4ぐらいのところにマグウェルがあります。L96やM40A5の場合はBOXマガジンがストックから出っ張っているので、VSRと同じ手は使えず、アクション内部に斜めになった給弾用のスロープみたいなものがあったはず。当然、構造的にややこしくなり分解の手間も増えると。わたくしがL96やM40A5に手を出さないのは(M40A5は買いましたけど。)そういう面倒な構造が嫌いだからです。PDIのM40だかM24はマガジンがダミーでやっぱりチャンバーは前の方にあったはず。S&TのM1903はフロアプレートの部分からスティック状のマガジンをマズル方向に向かって押し込む方式で、これまたチャンバーは実銃より前の位置にあります。
それに対してAS01は実銃と同じ位置にチャンバーがある。他の鉄砲ではしなかった・できなかったことをどうやってARESは実現したのか。わたくしはシリンダーの容積を犠牲にしたんだと思いますね。AS01はボルトのストロークが短いことも売りにしてまして、そのショートストロークとリアルで簡潔なマガジン&チャンバー配置のためにシリンダーが小さくなってます。
わたくしの知っているところではシリンダーの容積はバレル内部の容積と同じかそれ以上が好ましいと聞いておりまして、このバランスが崩れてシリンダー容積が小さくなると、エア不足が起きて初速が下がるそうです。実際に極端にシリンダー容積の小さい電動ガンで試したところ、同じパワーのスプリングでもシリンダー容積の大きな鉄砲と比べると相当なパワーの差がありました。具体的には覚えていないんですけど、10m/sどころの騒ぎじゃない初速低下だったはず。なので、わたくしはシリンダー容積はバレル容積より必ず大きくなる様にセッティングしてました。

というわけでAS01がそれなりのパワーのスプリングなのに78.5m/s(0.25gBB弾)とかしか初速がでないのは、シリンダー内部まで塗装しちゃった問題とシリンダー容積が足りないからだと思うんですよね。つまり効率が悪い。効率が悪いと電動ガンの場合はバッテリー消費が激しくなったり発熱したりしますけど、エアコキのボルトアクションライフルでは・・・コッキングする右手が疲れる。w
しかもAS01は金属製のレシーバーの中にプラスティックのスリーブがあって(構造はVSRも同様で、レシーバー前後に樹脂製のリングが2つあります。PDIのVSR用レシーバーの場合はなにもなしにシリンダーと接してますけど、切削の精度でスムーズさを担保している。)、その中をシリンダーが貫通して前後に動く様になっており、このスリーブがかなりきつめで、コッキングの抵抗になってます。おまけに例の塗装されたシリンダーが抵抗大きいときたもんだ。
なので、できればスプリングは弱い方がスムーズな撃ち味になると思うんですけど、効率が悪い構造なのでそうはいかないという罠。
パワーを上げるために硬いスプリングにすると、コッキングが極端に重くなってしまいます。外国のインプレを読んでいたんですけど、あちらでは360f/s(110m/sぐらい?)とかの初速で、しかも弾が0.47gとかだったような。そんなんで撃たれるの嫌だなぁ。w
そのインプレでもコッキングが重いと書いてあり、さらにシリンダー容積の小ささも問題にしてましたね。
この問題を解決するためにどうすれば良いのかというと、シリンダーの容積を増やすのは構造的に無理ですから、バレルを短くすれば良いんですよ。300mmぐらいにすれば少しはバランスが取れるんじゃないでしょうか。この場合の問題点はインナーバレルをどうやって保持するのかとアウターバレルを切った場合にマズルをどうするのか。アウターバレルの中で中間に一箇所+マズルの二箇所でインナーバレルを保持しているんですけど、中間の一箇所で短くしたインナーバレルのマズルを保持する様にできればなんとかなるか、といったところ。切ったアウターバレルのマズル部の処理をどうするかとか 細かい問題がありますけどね。

本日はそんな手の込んだことをしている暇はない。w
手近にあったPDIの120%スプリング(昔の奴)を入れてみました。手で触った感覚ではオリジナルとほとんど同じパワーに感じられるので、あまり初速は上がらないかと思いましたけど、計測してみると案の定。図はオリジナルのスプリングの時の初速(適正HOP)で、見ての通り0.25gBB弾で72.14m/sとなってます。平均しても72.1-72.4m/s程度でした。それがPDIの120%スプリングでは73-73.5m/s程度になっただけ。確実にパワーは上がりましたけど、実用面では何ほども変わりませんなぁ。
もっとパワーのあるスプリングでテストしてみないとダメですね。もっともその場合は前述のコッキングの重さが問題になってくるわけでして、落とし所が難しい。適正HOPで80m/s(0.25gBB弾)程度は欲しいところなんですけど、うまく調整できるかどうか。

実はARESの純正オプションでハイグレードなシリンダー一式があるみたいなんですよ。ステンレス製で、それならピストンもスムーズに動くでしょうし、上には書きませんでしたけど各部の耐久性も高そうです。もしかして、そのハイグレードシリンダーと差別化するためにノーマルはこんなにしょぼい仕様にしたのか?と疑ってしまいます。w
そのハイグレードなシリンダー、まだ売ってないみたいですけど、これは発売されたらぜひ手に入れたいところ。

by namatee_namatee | 2017-04-07 22:45 | survival game | Comments(6)