カテゴリ:survival game( 1318 )

ハイサイ

c0019089_1694534.jpg

M14 SOCOMにFETスイッチを組み込みます。FETとは半導体を使ったスイッチ・・・なんですかね。写真の下のほうに写っているコネクターのついた物体がそれ。

ノーマルのマルイ電動ガンはトリガーで機械的にスイッチングしてモーターを駆動、発射しているのですが、それをMOS-FETという半導体で代行させる、のだそうで。メリットとして、トリガーからの信号がすばやく断続されるのでレスポンスが向上する、効率の向上に伴って連射時の発射間隔が短くなる(ハイサイクル)、バッテリーの持ちがよくなるなど。実際、フルオートはかなり速くなりました。時間を計ったわけではないので感覚的な印象でしか言えないんですが、今まではシュタタタッ・・・という音だったのが、FETにしてからはシュターッって感じの連続音に変化。ちょっと感動。w
どちらかというと期待したのは、セミオートの時のレスポンス向上だったんですが、そちらはあまり変わらない印象です。

取り付けは簡単なようなそうでもないような。半田コテが必要です。2ヶ所ですが。あとはコネクターを抜いたり刺したりだけですので、全体としては簡単といって良いんですかねぇ。
by namatee_namatee | 2007-03-11 16:38 | survival game | Comments(3)

かぶりもの

c0019089_20523535.jpg

見ての通り迷彩の帽子。最近サバゲで良く使ってます。ブーニーハット風ですな。

が、元はといえば7~8年前に松島に家族で旅行に行ったとき、瑞巌寺の入り口の土産物屋で買いました。350円ぐらいでした。w
買ってから一回も洗ってないのでものすごく汚いです。ラードさんの百スキと良い勝負(ry

特にかぶりものにコダワリがあるわけではないんですが、なぜかこれは気に入ってまして今後も当分の間は(使えなくなるまで)活躍しそうです。
by namatee_namatee | 2007-02-22 20:58 | survival game | Comments(12)

電池その3

c0019089_18544315.jpg

出かけないということはネタもないということで、そこら辺を見回して目に留まったものでごまかしましょう。

ウチにある電動ガン用の電池なんですが、ニッケルカドミウム電池(以下、Ni-Cd)とニッケル水素電池(以下、Ni-MH)があるのは1/13のエントリーの通り。写真で向かって右側の黄色いのがNi-Cdのラージバッテリーと呼ばれている(電ガンの世界では)もの。左側のがNi^MHのミニバッテリーと呼ばれているもの。大きさはこれだけ違いますが、容量はラージ:8.4V 1600mAh、ミニ:8.4V 1100mAhと大きさほどの差がありません。Ni-MHは容量が大きいんですね。
ちなみに価格はラージが1780円、ミニが3360円。ほとんど倍ぐらい違います。

それぞれの特徴としてはNi-Cdはメモリー効果が顕著で、放電をちゃんとしないと本来の容量まで充電できない。Ni-MHはメモリー効果は少ないので、いちいち放電しなくても追充電で大丈夫、その反面、自己放電が大きめで放っておくとすぐに使えなくなる。またあまり長期間充電しない状態で放置すると転極という現象が起きて使えなくなる場合があるといったところ。ラジコンの世界ではNi-Cdは過去のものになったようですが、RCほどシビアな性能が要求されない電動ガンの動力源としてはNi-Cdの方が扱いやすいような気がします。ちゃんと放電さえすれば使い物になるんですから。

その放電について、どういった方法が良いのかイマイチわかりづらいです。エアガン屋の店員に聞いても、人によって言うことが違ったりする。秋葉原の某店ではNi-MHは放電の必要は無いと言われましたが、地元の模型屋ではそんなことはないとのこと。
はっきりしないのでネットでイロイロと調べた結果、わかったことは

・頻度は少なくても良いがNi-MHでも放電はしたほうが良い。
・ただ電動ガン用ならそんなに気にすることは無い。
・自己放電によるバッテリー切れを予防するためになるべく使う直前に充電することに留意。

という結論になりました。やっぱりNi-Cdの方が使いやすそう。w
写真のミニバッテリーは一日ゲームで使って(大体1500発ぐらい)、夕方になるとちょっと怪しくなってくる感じ。二個持っているので不自由することはないですけどね。黄色いNi-Cdの方は同じ使用状況で余裕があります。

RCの世界でのバッテリーというのは大変なもので、本気のレースなどではほとんど使い捨てに近い使われ方をしてます。そんなものにはまらないで良かったとしみじみ思うのでした。
by namatee_namatee | 2007-02-19 19:25 | survival game | Comments(0)

オットーとハーマン

c0019089_21193798.jpg

BB弾を購入。わざわざ通販で。近くの店ではバイオBB弾はどこも在庫切れだったのです。これだから田舎は(ry

今回の補給はEXCELバイオBB弾(白)0.20g、1700発入り×5袋と同じくEXCELバイオBB弾(黒)0.25g、1500発入り×5袋、合計16000発。
いや、このくらいまとめて買わないと通販では送料分が取り返せないんですよ。まったく、これだから田舎は(ry

最初のサバゲの時、黒いBB弾を買って使い物にならなかったんですが、また懲りずに黒いのを購入。数日前のエントリーでも書いたとおり、M14SOCOMにサプレッサーを装着して隠密性を高めようと思ってますので、ついでに弾も黒くしてみました。黒い弾はどこへ飛んで行くのか全然見えなくて、それが使えない理由なんですが、飛んで行くのが見えないということは飛んで来るのも見えないということ。この特性を生かせるかどうか・・・

ちなみにオットーは燃料、ハーマンは弾薬というWW2当時のドイツ軍の符丁です。
by namatee_namatee | 2007-02-16 21:32 | survival game | Comments(4)

しーっ、静かに!

c0019089_20393935.jpg

先日のサバゲの余韻が覚めやらぬためまたエアガンネタ。

マルイ純正のサプレッサーを購入。サイレンサーと言った方が通りが良いかも。ご存知の通り、発射音を抑えるデバイスですね。エアガンは所詮オモチャなので実銃のような大きな発射音がするわけではないのですが、それでも連射すると射手の所在が分かるぐらいの音はします。

サバゲの場合、わたしの限られた経験からいうと、いきなり撃たれて死んでしまう場合は別として、撃ち合いになったときは発射音と弾の飛んでくる方向で敵がどこにいるか大体わかります。撃たれたら音と弾の飛んできた方を観察して、敵が確認できたらこちらも撃ち込むというのの繰り返しなんで、音を抑えると見つかり辛くなってこちらに有利な展開になるはず。というわけでサプレッサーorサイレンサーの出番となるわけです。
もっとも発射音はかなり抑えられますが、電動ガンの場合はモーターやピストンの作動音がありますので、完全に無音というわけにはいきませんが。エアコキとか固定スライドのガスガンだとかなり静かになるみたいですね。

実際にM14 SOCOMに装着してみました。
短いのが売りのはずのM14 SOCOMを長くしてどうするとか、実銃は7.62mmのはずなのに5.56mmとプリントしてあるのはどういうわけだとか突っ込みどころがあるんですが、発射音はかなり静かになりました。M14の場合はモーターやピストンの作動音ももともとかなり静かなので、全体としてなかなかの静音化だと思います。これで黒いBB弾を使うと、どこから撃たれているのかわかり辛い、いやらしい武器になるんじゃないかと。
by namatee_namatee | 2007-02-14 21:01 | survival game | Comments(3)

サバゲ詳報

c0019089_2110121.jpg
さて、本日はサバイバルフィールドユニオンの定例ゲームに参加してきました。
ラードさん、T氏と一緒にフラッグ戦、大将戦、殲滅戦、スパイゲームなどイロイロと楽しんでまいりました。今回は全体でおよそ40名ぐらいのゲームでした。

おおざっぱにゲームの内容を解説すると。

フラッグ戦:いわゆる普通のサバゲ。敵の陣地のフラッグをとった方の勝ち。

大将戦(だったかな?違う呼び名だったかも。):フラッグを取れるのは各チーム一人の大将のみ。大将は両腕に風船をつけており体にいくら当っても死にませんが、弾があたって風船が割れてしまうとその大将のチームは負け。

殲滅戦:フラッグ無しでどちらかが全滅するまで続くゲーム。今回は死んでも各チーム先着11人までは一回復活の救済ルールあり。

スパイゲーム:それぞれのチームに内緒で選出されたスパイが2名混じっており、ゲーム開始10分で本性を現して、それまでの味方を襲いだす、というもの。

以下、いくつかのエピソード。

最初のゲームのスタート直後、ラードさんがいきなり前転。w

大将戦でいつのまにかウチの大将の野郎がわたしの後ろに来てやがりまして、おかげで意図せず護衛役をすることになり、十字砲火を浴びて死亡。他にも何人か護衛はいたんですが、次々と死んでしまいまして、わたしは最後まで残ってひどい目にあいました。

殲滅戦は復活しながら結構ねばりました。同じゲームの二回目って様子が分かっているのでなにかと有利なんですよね。

最後の戦闘(なんか格好よいな、おい。)は通常のフラッグ戦だったのですが、お互いのフラッグが長方形のフィールドの短い辺に向かい合って配置されてまして、フラッグ間の距離がむやみに近い。直接突撃すれば勝負は早いんですが、そう簡単にはいかず、互いに大きく回り込んでの戦闘になってました。ふと気がつくと、自分の陣地を守る奴が誰も居ない。(汗
なにしろフラッグ同士がすぐ目の前ですから、隙をつかれたらあっという間にフラッグ取られちまいます。仕方ないので自陣に戻って一人でディフェンスをしてたら、迂回していたチームメイトも次第に戻って来まして、敵に対して正面から圧力をかける展開に。ディフェンスの必要が無くなったので、わずかに横に迂回したりして何名かをゲットしながら進み敵を殲滅。このゲームは想定したように展開したので面白かったですね。勢い余ってラードさんがしとめた敵をオーバーキルして怒られましたが。w

ああ、楽しかった。が、ものすごく疲れたので帰りのキャンプは無しで直帰してしまいました。
by namatee_namatee | 2007-02-11 21:09 | survival game | Comments(3)

ダット

c0019089_2022656.jpg

サバゲに備えて安物のダットサイトを購入。

ウチにあるサバイバルゲーム用のエアガンは東京マルイのSIG SG552とM14 SOCOMの2丁です。SG552は軽くて短いので取り回しが良くて扱いやすい反面、比較的遠距離の射撃ではちょっとグルーピングに不満があります。対してM14SOCOMはM14のショートバージョンとはいえ、SIGに比べると長くて重い。そのかわり初速が速いせいか、距離のあるシチュエーションでも良い感じで弾がまとまって飛んでいきます。

M14はちょっと変わったところにサイトのマウントがあります。通常の銃の場合、銃の全長の真ん中辺の機関部の真上、イジェクションポートのあたりにサイトを取り付けるのが普通ですが、M14SOCOMはもっとずっと前のハンドガードのちょっと手前のあたりにあるんですね。スカウトマウントというらしいです。
そういった構造と前述の遠距離での射撃が得意という性格を考慮して、M14 SOCOMにはオーソドックスなチューブ状のダットサイト(マルイ純正)を装着しております。

それに対してSIG SG552はもっと振り回して使うので、覗き込まなくても狙えるサイトが欲しかったのでした。で、見つけたのがこのマルゼンのワルサーポイントサイト。なんと4000円弱で売ってました。安いな、おい。
安いけどちゃんと使えます。斜めから覗いても狙えるし、適度に高さもあるのでフルフェイスのゴーグルをしてても大丈夫でしょう。今度のゲームが楽しみだ。
by namatee_namatee | 2007-02-08 20:46 | survival game | Comments(8)

今は亡き

c0019089_1851246.jpg

物置から出てきたもの。
今は亡きMGCのガスガン、オート9。ロボコップの銃ですな。
スライドは固定でセミオートのみ。そんなんオート9じゃないや、と買った当時も思いました。
あちこち錆びてますが、今でもガスを入れれば撃てます。HOP以前の製品ですので、なんていうか弾が放物線を描いて飛ぶ感じ?こういうのを撃つとHOPのありがたみが分かります。w
by namatee_namatee | 2007-02-01 18:54 | survival game | Comments(6)

M14(今回はそのままズバリ)

c0019089_15192352.jpg

M14 SOCOMが二挺。左はわたしの純正箱出しノーマル。右側はサバゲの友人ので、長いオリジナルM14を詰めたモノだそうです。良く見るとストックの形状も違うのがわかります。

M14 SOCOMは今回初サバゲ(サバゲそのものに参加するのが3回目なわけですが。)でした。遠距離での射撃時に目標に良く当るのが印象的。グルーピングが良いって奴ですね。
初速も速いみたいで98m/sとか出ました・・・おいおい規制ギリギリじゃねぇかよ。(汗

欠点は重いこと。左腕が疲れました。まあ体中疲れているんですが。w
by namatee_namatee | 2007-01-21 15:36 | survival game | Comments(0)

電池その2

c0019089_1342314.jpg

先日(12/25)はデジカメ・ライト類の電池でしたが、今度はサバイバルゲームのための道具、電動ガン用の電池。

これはNi-Cd電池。ラージバッテリーと呼ばれているサイズ。マルイM14 socomに使っている奴ですが、マルイ純正ではありません。純正って高いんですもの。8.4V 1300mAhで4000円とか。それに対してこのサードパーティ製だと8.4V 1600mAhで1700円でした。安っ。

ウチにはSIG SG552で使っているNi-MH電池もあります。ミニバッテリーと呼ばれるサイズのもので写真の奴の2/3ぐらいしか容積がないのに1100mAhもある。さすがNi-MH。価格はほぼ倍ですが。(汗

どの電池を買うのが良いのか分からなかったので、イロイロ情報を探してみました。その結果、ラージバッテリーの場合はもともと容量に余裕がある(サバゲ一日に対して)ので、無理にNi-MHにしなくて良いんじゃないかと。Ni-MHだと8.4V 3600mAhってのがありまして、容量は大変余裕があるんですが、お値段もおよそ7000円とお財布に相応の余裕が必要です。w
実際の運用では1600mAhのを二個買った方が使い勝手がよさそう。

他にも充電・放電の仕方とか、いろいろ役に立つ情報が手に入りました。電池の世界にはまりそうな予感が・・・
by namatee_namatee | 2007-01-13 14:02 | survival game | Comments(2)