カテゴリ:survival game( 1312 )

エアコキショットガン大好き。w




似たような鉄砲が二丁。興味ない人には同じに見えるでしょうなぁ。
上がK.T.W.(ドンサン)のイサカM37ソードオフ、下がマルゼンのCA870チャージャー。どちらも一応原型になった実銃がある鉄砲です。イサカM37はその名の通り、ITHACA社のショットガン。CA870はレミントン社のM870がモデルです。まあエアガン化するにあたって、どちらもデフォルメというか、エアガン特有の機能のためにオリジナルとは異なる構造になっておりますけれども。特にCA870は見た目からして実銃とは全く異なるBOXマガジンになっております。
その上、わたくしなりのモデファイも施してあり、オリジナルが存在するとはいえ、このような仕様のM37やM870があるというわけではございません。w
そのモデファイとは、見ての通りM4風のストックになっていること。なんだかんだ言ってAR-15のバッファーチューブ?ストックパイプ?方式はサバゲでは使いやすいのでございます。あとグリップも握りやすい。
単発ショットガンはボルトアクションライフルと似たようでいて違う運用になります。ボルトアクションライフルはレンジングして一発で獲る(獲れませんけどね。w)のに対して、単発ショットガンはラッシュで速射して仕留めるイメージ。いやまあ、どちらも電動ガンを獲った時の喜びは計り知れません。w
さらにマルイの3発同時発射ショットガンになると、また微妙に違う運用で(ry

この二丁、見た目も似てますけど、性能やエアガンとしての性格も似通ってます。どちらもオリジナルはショットガンなのに単発(イサカは2発/単発切り替えですけど、まず2発発射は使わない。)で、エアーコッキング方式。わたくしのモデファイの話になりますけど、前述の通りM4風のストックになっていること。とてもよく似ているんですよ。
その上、二丁ともショットガンの見た目に反して、極めて高い集弾性能を持ってます。わたくしの感触ではボルトアクションライフルのVSR-10と箱出しなら同等かと。イサカM37は買ってきた状態、つまり箱出しで初速も集弾性能も全く文句なし。独特の伸びの良い弾道で気味が悪いほど当たります。CA870は以前はHOP周りが貧弱で、細かな調整と改造が必要でしたけど、現行モデル(図の奴も現行)は改良されており、箱出しで全く不満なく使えるようになりました。

で、この二丁、弾道や集弾性能は甲乙つけがたい。どちらもよく飛んでよく当たる。所詮はマイナーなエアコキショットガンなので、優劣がどうのとか表沙汰になることはありませんけど、もしそういうことになったら議論は紛糾することは必至であります。w
わたくしはCA870と接してきた時間が長いので、どちらかというとCA870の方を信頼してます。イサカM37はマガジンや操作感が安っぽいのが残念。機能的には別に問題ないんですけどね。あとHOPの調整のしやすさや安定性、マガジンをはじめとした操作性もCA870の方が上と感じます。ただし、目の覚めるような弾道はイサカM37の勝ち。この点はさすがK.T.W.と言わざるをえない。本当に甲乙つけがたいんですよ。

というわけで、次のサバゲ(いつのことやら。)はこの二丁で行こうと思います。

by namatee_namatee | 2017-05-26 21:22 | survival game | Comments(4)

季節が変わったなぁ。

c0019089_20450331.jpg
ありゃ、微妙にピントが合ってない。気持ち悪い写真になっちゃいました。
本日は予定どおりサバゲ。LEOさんの某チームに引っ付いてCIMAXさんの定例ゲームに参加であります。

いやしかし暑かったですね。>本日
30度ぐらいにはなっていたんでしょう。まだ体が暑さになれていないせいか、汗が止まらない。頭から水をかぶったようになっちゃいました。セイフティも風通しが悪くて暑いのなんのって。だっていうのに15ゲームも回しやがっ(ry
ゲームそのものはいつものCIMAXさんの定例です。基本、遠距離での撃ち合いに終始。だからといって簡単なわけではありません。そこらじゅうの空間にBB弾が充満していますから、うかつに体をさらすと狙われたわけでもない弾にヒットされちゃう。これはこれで身の処し方がなかなか難しい。しかもやられ方が不本意なわけですから、すごく悔しいときたもんだ。w

本日の得物は予定どおり、マルイHK417とVSR-10 G-SpecとマルゼンCA870チャージャーでした。一番使ったのはVSRかな。まあそこそこにヒットを獲りました。やっぱりG-Specは使いやすいですね。
CA870はダットサイトのせいでやや使いづらかった感じ。ショートスコープにした方が良いでしょう。次回はそれで試してみたいと思います。HK417はいつもの通り、重たいけどよく当たります。

印象的なゲームでは・・・なんていうんでしたっけ、攻める側と守る側に別れて攻める側は2つのフラッグを落とす。守る側はそれを妨害、阻止するというゲーム。攻める側が無限復活なので、実際は2つのフラッグが落とされるまでの時間が問題という。敵が減らないわけですから、いずれフラッグは落とされるんですよ。そのゲームで、我々が守る側になった時に一計を案じまして。2つのフラッグのうち、片方は捨ててもう一つを全力で守る。片方捨てると言ってもそちらにはごくわずかな人数を配置して、見つからないようにフラッグの背後に潜ませておく。で、そのフラッグを落として次のフラッグに向かうために背中を向けた敵を背後から(ry
わたくしはそのわずかな人員(5名)の中に入りまして、ただし誰一人としてフラッグを守るやつがいないのは不自然なので、1人で前に出てフルオートで牽制する役。w
数に任せて押し寄せる敵を遮蔽物の陰からHK417で掃射。敵は油断して姿をさらしているので、牽制の射撃でもそれなりに獲れちゃう。さらに少し後退してまたフルオートで、と繰り返して削っていきます。もっとも無限に復活できるので時間稼ぎにしかならないわけですけど。w
フラッグ背後まで後退しきって、あとは塹壕状の穴に入って押し寄せる敵と刺し違える。がんばったおかげか、伏兵4名のうち3名は発見されずに生き残りました。
わたくしはそれで退場してしまったので、残った伏兵3人が活躍したかどうかはわかりません。だがしかし、任務を全うした満足感はありましたねぇ。

それがピークで、あとは暑くてダルダルのため、適当に流してました。マジでやったら死んじゃいますからね。(汗
最後になりましたけど、LEOさま、参加のみなさま、お疲れさま&ありがとうございました。また、お願いします。

by namatee_namatee | 2017-05-21 21:26 | survival game | Comments(8)

あれは嘘だ。

c0019089_19173773.jpg
さて明日は予定通りサバゲ。某チームの方々と一緒に某フィールドの定例を荒らしに楽しみに行ってまいります。
先日は89式にするとか言ってましたけど、電動二丁は重たいのとマガジンの用意が面倒なのでやめました。w

今回はVSR-10と久々のCA870、エアコキ中心でまいります。
エアコキは良いですよぉ。なんて言ったってマガジンと弾があればなんとかなりますからね。必然的にセミオートになりますけど、サバゲは一発でも当たればそれで死亡、プレキャリ着てようが裸だろうがヒットですから別に連射する必要はない。ここぞという時に一発パカーンとゴーグルに決めれば良いのです。全ての精進はその一発のため、みたいな突き詰めたストイックな姿勢がたまらない。
まあそれができるようになるとは限らないわけですけどね。そんなに簡単にその域に達する事ができたら苦労しないって。w

CA870はマルゼンのベストセラー。ショットガンの体裁をとっていますけど、一度に発射できるのは単発なので実際はポンプアクションのスナイパーライフルみたいなもんでしょう。エアコキなりの精度を持っており、特にHOP周りが改良された現行Verは箱出しで十分使える性能ですね。ただ、精密射撃となると・・・いろいろ構造をいじって全体の剛性を上げたりしてみましたけど、やっぱりボルトアクションライフルには及ばない感じがあります。理屈の上ではボルトアクションライフルに比べても劣る部分はないはずなんですけどね。強いて言うなら、以前のverはHOP周りが頼りなく、躓きHOPだったので、その点がネックだったかな、と。現行verでも改善されてはいるものの、PDIのチャンバーでチューンしたボルトアクションライフルのVSR-10には及ばない感じなんですね。>ノズル長の補正
ここのところVSR-10が行き詰まりつつあるので、CA870の現行verでいろいろとやってみたい気になってきたというわけでございます。

というわけで久々にCA870でゲームに参加して、そのポテンシャルを実感してきたいと思います。
図は全然関係ない。先日のアキュコンの時の長短二丁のバレット。バレットだろうがHK417だろうが、撃ち出すのはどれもこれも6mmBB弾なわけですけどね。それでもバレットってのはwktkする魅力があります。

by namatee_namatee | 2017-05-20 20:59 | survival game | Comments(2)

呼称問題。w

c0019089_20433744.jpg
いよいよネタがない。w
週末はサバゲに行くので、その準備というか、鉄砲を何にするか検討しているところ。ボルトアクションライフルはデビューしたてのVSR-10 G-Gpecで決まりですけど、電動を何にするか。何にするかでバッテリーの種類が決まり、充電を始めることができるというわけでございます。
最近のLiPoバッテリーは容量が大きいわりに素早く確実に充電できるので、以前ほどバッテリーの充電の段取りを考えなくて済むようになりましたけど(バッテリーそのものの危険度は上がっているので、そちらにはより配慮が必要ですけどね。)複数あるバッテリーを全て充電するのはそれなりに時間がかかりますので、すくなくともどんな種類のバッテリーを使うのかは早めに決めておきたいところ。

図では左からマルイのHK417、同じくマルイの89式、VFCのSPR Mk.12 Mod 1で、使用するバッテリーはそれぞれ順に細めでAKタイプより短いバッテリー、AKタイプ、ミニ(実は何でもO.K.)となっております。難物なのは89式で、ハンドガード内にバッテリーを内蔵するわけですけど、かなりキツキツでケーブルの取り回しも含め装着にはコツがいります。HK417に使うAKタイプより短いバッテリーは使えそうで使えない・・・ということもなく、実はちょっと無理やり気味に押し込めばなんとか入ります。
というわけで、今回はバッテリーがなんとなく共用可能ということでHK417と89式でいきましょう。別にMk.12でも良いし、89式とのマガジンの共用という意味では、89式&Mk.12の方が便利だったりしますけどね。要するに気分ということですな。w

話変わって、先ほど調べ物していて自分のブログを読み返していたら意外な発見が。かつて椎名さんのことを「へきるさん」と呼んでいた時期があったという。(汗
もともと椎名さんを知った当初からなんて呼んだら良いかはかなり悩んだんですよ。>椎名さん
なんといっても芸能人のファンになるなんて初めてでしたからね。呼び捨ては抵抗があるし、椎名さんはすごく若いわけではないので「ちゃん付け」も変。
まあ一般的には「へきるさん」が多いように感じますけど、「みたいラジオ」では「椎名さんに聞いてみたい!」だったりするし、何度も書いてますけど、わたくしにとっては偉人に類する人だしで、結局は「椎名さん」に落ち着いて、そのままだったと思ってました。が、前述の通り、一時期、「へきるさん」と書いていたのを発見してちょっとびっくりした次第。
そんなことどうでも良いと思うかもしれませんけど、実はわたくしはこういった呼称に関してはそれなりに神経を使って統一するように努めているつもりだったので、そうじゃなかったことにある意味、軽くショックを受けているんですよ。なぜ、あの時期だけ「へきるさん」と書いていたのか、今となっては理由は思い出せませんけど・・・遡って「へきるさん」の部分を「椎名さん」に修正しちゃおうかな。w

by namatee_namatee | 2017-05-17 21:56 | survival game | Comments(2)

われわれはタチが悪いので

c0019089_22031400.jpg
というわけで本日はサバゲ。ユニオンフェスというイベントに参加でございます。
簡単に言いますけど、これは巨大なイベントでして参加者は実に約700人。w
図はセイフティの様子です。こんな感じで奥までぎっしり人がいる。さらに写真を撮っているわたくしの背後にもこの人数の2/3ぐらいはいる。

これがユニオンの「METユニオン」「ユニオンベース」「ヘッドショット」という隣り合わせの3つのフィールドでサバゲするわけです。この3つのフィールドでは絶えずゲームをやっていて、参加者は好きなところへ行ってゲームに参加する。好き勝手に参加ですから、各フィールドの参加人数はかならずしも均等にはならない、どころか敵味方の数も同じにはなりません。基本的にサバゲは人数に関してはイコールコンディションなんですけど、このイベントでは考慮されていません。前回までは6チームに分けてゲームをするフィールドも主催者の指定で、人数が均等になるようにしていたような気がしますけど、今回はそういう細かいことはしていないですね。まあ、お祭りですし、おおよそは均等になっていたみたいだし、どうってことないですけどね。

問題は700人を3等分しても1つのフィールドに200人以上がいる計算になること。休んでいる人もいるはずなので、まるまる200人ということもないでしょうけど、それでも佃煮みたいに人がいる。w
おまけに最初のゲーム(表裏)は無限復活戦にしやがりまして、フィールドにぎっしりいる人がいつまで経っても減らない。w
普通のゲームならヒットされて人は退場しますけど、無限復活戦ではヒットされても復活しちゃいますからね。

ゲームの他にもイベントがありまして、抽選会とかじゃんけん大会とか・・・何一つ当たりませんでしたけど。まあいつものことです。
そのゲームそのものは人が多いこと以外はまあ普通でした。今回の得物は昨日のネタのVSR-10 G-SpecといつものS&T TAVORとARESのハニーバジャー。
TAVORもハニーバジャーも初速が高くて射程が長く、こういう大味なゲームでは使い易い。
特筆すべきは攻防戦の攻める側だった時。本気出して思いっきり攻め込む。友人がゲーム開始前に他の参加者にアジってハッパかけるという。おかげで予定では7分間で終わりにするつもりだったのが5分で終わらせてしまうという。これはすごかったですね。久しぶりに燃えました。w

VSR-10は箱だしと書きましたが、あれは嘘です。w
箱から出して即、全バラして中身をPDIのパーツに交換しちゃいました。交換したのはレシーバーをはじめチャンバー、シリンダー、トリガー、インナーバレルなど、PDIに在庫がなかったアウターバレルとネジなどの小物以外のほぼすべてのパーツ。「あきつ丸」verほどではないものの、ほぼPDIコンプリート仕様でございます。見た目は可能な限りノーマルにして、中身はカリカリのフルチューン・・・よくあることですけど、パーツを組んだだけではパワーが出ないという罠。今回はHDピストンにしたんですけど、HOP最大で(HOP最大で最もパワーが出る)も73m/s(0.25gBB弾)とかしかでない。どうもシリンダーの抵抗が大きいようです。っていうか、いつのまにかピストンの形状が変わっていて、シリンダー内壁に接触する部分が大きくなっているし、ヘッドのエア穴(このエアでOリングが広がって気密をとる)がなくなっている。さらにはスプリングも以前と同じ0.9Jスプリングなんですけど、端の処理がなくなっていたりしてコストダウンされている。チャンバーやトリガーメカのメーカーロゴもなくなっているし、全体にコストダウンされてますねぇ。(汗
とりあえず、本日はそのまま使いまして、ほどほどにヒットも取りましたけど、やはりパワー不足で射程が短く、今回のフィールドには相性が良いとは言えませんでした。なので帰ってきて早速、ピストンを余っていたVCピストンに交換。やっぱりHDピストンは発射時の音が大きすぎますので。スプリングも前に使っていた方の0.9Jに交換。あとHOPの効きがイマイチなので駄目元でチャンバーのOリングを太いのに交換。これで少しはHOPも効くようになるかも知れません。
これでテストしてみるとHOPを最強に効かせた状態(イモネジの位置からわかる)で、84m/s(0.25gBB弾)と出ました。まずまずですかね。あとはHOPの効きがどれだけ改善されているか・・・これは明日の朝にならないとわかりません。

最後になりましたけど、bazzさま&参加のみさなま、お疲れさま&ありがとうございました。

by namatee_namatee | 2017-05-03 23:08 | survival game | Comments(2)

泥縄

c0019089_22213409.jpg
明日はサバゲ。ARESのAS01が熟成に時間が掛かる、もしくは諦める可能性があるので、とりあえず緊急でゲーム用のボルトアクションライフルを調達。モノは見ての通り東京マルイの「VSR-10 G-Spec」でございます。VSRは通算4丁目かな?w
箱だしのVSRは新しいうちはよく当たりますからね。しかもGスペならマウントもサイレンサーも標準装備で、すぐに実戦投入できます。さすがに前日ではあれこれ弄っている暇はありませんので。
それでもAS01からスコープは移植して微調整はしました。その他にもなんだかんだと弄っていたらこんな時間に。(汗

電動ガンも使うのでバッテリーの充電もしなくちゃ。というわけで忙しいので今日はこんなところで。w

by namatee_namatee | 2017-05-02 22:34 | survival game | Comments(6)

豚に真珠?



先日のアキュコンの賞品。あ、「COMICパピポ」は違います。w

「GATE TITAN」という黒いものはFCU(Fire Control Unit)の一種・・・というところまでは知っておりますが、はたしてどんなものなのかはよくわかりません。
表彰のあと、順位の上の方から並べてある賞品を好きにとっていくんですけど(2〜3巡ぐらいする)、わたくしの番でこれがまだ残っていたので「一番高そうだし」と選んでみました。が、こんな高度なデバイスをわたくしが組み込めるのか。orz
豚に真珠とならないよう、できるだけやってみます。その前に何に組むか考えなきゃ。w

右側のバッグ?カバン?ポーチ?みたいなのはなんだかよくわかりません。2巡目の時に選びました。小さいメッセンジャーバッグみたいな感じで、タブレットを入れるのに便利そうだった&フラップの横側の半月型の皮の部分が面白かったのでセレクト。フラップを留める革製のモノの付け根が星の形で縫いつけてあります。なんとなく東側のモノのように見えますね。ソ連とか中共の何かなのかなぁ。

賞品は参加者の持ち寄りです。競技の性格からいって、エアガン関連、あるいはミリタリー関連が多いんですけど、他にもお酒とか衣類とかいろんなものがあって楽しい。ちなみにわたくしが持って行った賞品はこれです。↓
c0019089_20524481.jpg
「なま417」というハンドルにスジは通ってますでしょう。w
そういえば今回の「なま417」というハンドルは自分でつけたんですけど(今までは人任せにしていて「なまへきっちゃうぞ♪」とかのひどいハンドルにされていました。w)みなさん、どうも謂れがよくわからなかったらしくて、一部の方にはH&KのHK417を使うと思われていたような。いやまあ普通の人は「417」が「椎名へきる」の「シイナ」にかけた数字であることなど知る由もないし、そもそも射撃イベントですからHK417のことだと思うのも無理もない。w

by namatee_namatee | 2017-05-01 21:08 | survival game | Comments(10)

帰還

c0019089_17264189.jpg
とうわけで帰ってまいりました。>アキュラシーコンペティション(以下、アキュコン)
主宰の若花ださま、K.T.W.のみなさま、そして参加のみなさま、おつかれさま&ありがとうございました。

アキュコンとはエアソフトガンによる精密射撃のイベント。毎年だいたい今頃(今回は4月29日)に岩手県花巻市にあるエアソフトガンメーカーのK.T.W.さんで行われます。
競技内容についてはリンク先を参照していただければ。まあ、しょせんは玩具のエアソフトガンなわけですけど、真面目に突き詰めるととんでもないことになるという。w

今回のわたくしは仕事を終わらせてから4月28日の17:30に花巻へ出発。K.T.W.さんに到着したのが22:30でした。予想では0時を回るはずだったんですけど、常磐道が開通したのと思ったよりスムーズに流れていたのでスピードに乗りましてね。平均速度は休憩時間を除くと(ry
到着したら荷物を降ろしてさっそく試射でございます。今回も使ったVSR-10「あきつ丸」verの基本的な調整と大雑把なゼロインが終わったのが4月9日、そのままガンケースに封印しておりましたので、20日ぶりに撃つわけです。
弾道も着弾点も想定の範囲内での変動で、なかなか調子良いなと思ったんですけど・・・これが翌日の本戦では大荒になるという。毎度のことなんですけどね。
気温や湿度、もしかしたら気圧とかの変動のせいらしいんですけど、試射した時とは全然違う所に飛ぶんだな、これが。w
全然違うと言っても数cmなんですけど、なんといってもターゲットが20m先の2cmとかですからね。数cmずれると絶望的に当たらないわけでございます。競技開始直前の試射で調整するんですけど、それでも最初のプレート(委託なし)は全部外しました。orz
次のテーマからは着弾点の変化に慣れてきて、多少は盛り返しましたけど多少ですので。

結果は6位でございました。なんとも言えない煮え切らない順位でございます。わたくしのはっきりしない立ち位置とかキャラクターを端的に現しているとも言えますな。w>6位
今回は重量弾が上位を席巻してまして、そのトレンド?に逆行して比較的軽い弾を使ったわたくしとしてはまあまあの成績とも言えますけれども、所詮は6位。3位以内にはいるぐらいでないと大きなことは言えません。

とりあえず次回に向けての課題も見えましたので、また1年精進します。

by namatee_namatee | 2017-04-30 18:28 | survival game | Comments(0)

デスゾーン

c0019089_08472163.jpg
うわぁ。orz
この射順はひどくない?
なんでわたくしがこんなところに。w

by namatee_namatee | 2017-04-29 08:49 | survival game | Comments(6)

移動中

c0019089_20541281.jpg
というわけで、アキュラシーコンペティションの会場(岩手県花巻市)へ向かっております。トイレ&晩御飯で休憩中であります。


by namatee_namatee | 2017-04-28 21:05 | survival game | Comments(12)