不敬デアルゾ



あるおり、Twitterのタイムラインで友人たちがブルボンの「ホワイトロリータ」と「レーズンサンド」について話しているのを見かけまして。
そこへついうっかり「レズとかロリータとか、いやらしい話してる。w」とレスしちゃったもんだから、わたくしは周囲から「心の汚れた人」「かわいそうな人」認定されてしまいました。不覚。w

そんな汚れた心のわたくしですけど、この久世番子先生の「パレス・メイヂ」は読むと自動的に泣きます。全俺が泣いた、って奴ですな。わたくし史上、最高に泣ける作品。>パレス・メイヂ
正直なところ、内容は陳腐といえば陳腐。古典的といっても良いよくあるお話です。ざっくり言うと架空の世界っていうか架空の日本の大正にあたる時代の話で、大正天皇が史実の通りではなく、女帝なんですね。その女帝に仕える侍従(正確には違うけどややこしいので侍従で)の恋のお話。この作品では皇室のしきたりや皇居の中の様子などについて正確にリサーチして再現されております。つまり今上陛下と侍従がお互い惹かれ合うなんてのは許されざることであると、これまた極めて当然なことが描写されております。
これは障害なんてもんじゃない。陛下は身分を捨てることなど出来ず、侍従も意思を貫くのは全世界を敵に回すことと同じという無理ゲーぶり。帝も侍従もお互い惹かれあっているなどということを周囲に漏らすどころか察せられたりすることも不可。(汗

というのが1〜6巻にわたって描かれるんですけど、それがついに完結の第7巻でございます。
まあ帝も侍従も最終的には身分の違いを乗り越えてお互いの気持ちを表明しあって、めでたしめでたしというお話ではありまして、そこら辺は予想通りというか、前述の通り陳腐といえば陳腐ではあります。がしかし、それでもなお読むと泣くんですよ。
「陛下のぬくもりを賜りとうございます」とか、このシーンはダメだろ、これ。とか言いながらポロポロ泣く。w
心が汚れたわたくしをここまで感動させるんですから、大変優れた作品かと思います。おすすめです。>パレス・メイヂ

ちなみに陛下に直接「不敬であるぞ」などと言われたら、言われた本人はもちろん、そのような状況下に陛下をおいたということで、関係者の多くが処罰されることになるはず。人によっては自決とか。(汗

# by namatee_namatee | 2017-08-19 21:50 | book | Comments(1)

衝動買い

c0019089_18543678.jpg
さすがに4日続けて「艦これ」ネタはアレなので。w
まあ、現在はE3(甲)の輸送任務中で、これはひたすら忍耐の戦いなのでこれといってネタになることもないのでした。ちなみに「輸送護衛部隊」ではなく「空母機動部隊」で攻略中であります。敵に「軽母ヌ級改flagship」ってのがおりましてね。こいつが手強い。軽空母と言ってますけど正規空母のはずの「空母ヲ級改lagship」よりもタフ。まずこいつを黙らせないと味方の損害が増えます。そのためには「輸送護衛部隊」では力不足と判断しました。輸送の効率が悪いので何度も出撃しなければなりませんけど、それなりに安定はしますし(でも大破撤退が7回中3回。orz)ボス戦でS勝利は確実なので、それで輸送効率の悪さを補ってくれる・・・と思いましょう、ここまできたらば。あと3-4回か、面倒臭ぇな。orz

図は先日、ヨドバシアキバさんで買ってきたもの。
ULTIMATE EARSのBluetoothスピーカーでございます。特に何に使うということもなく、この類のスピーカーが並んでいるところで足を止めたら店員さんにつかまりまして。w
ウチの古いiPodでも繋がるの?と聞いたら視聴させてくれまして。ちゃんと接続できるし、思いの外に大きな音がでる。そして、なかなか聴きやすい音でもあります。良い音か?と言われると微妙ですけど、聴き取りやすい音ではありますね。しかも防水なんですって。
と説明を聞いているうちに無性に欲しくなってしまって、ついうっかり(ry

使い道ないのになぁ。(汗
前述の通り防水で作りもしっかりしているので、サバゲの時に身につけておいて、なにか戦意が高揚する楽曲を流すとかどうか。w
「エアウルフ」とか「Uボート」とか「空軍大戦略」のテーマとか。

# by namatee_namatee | 2017-08-18 21:48 | diary? | Comments(2)

おお!

c0019089_19111615.jpg
引き続き「艦これ」ネタ。ネタがないんだから仕方ない。w

あっ「択捉」だ!
そういえば「ゴールデンカムイ」がアニメ化ですって?
あれ、主要登場人物にまともな奴が一人もいないんですけど、大丈夫か。w

それはそうと、前回のイベントでなんぼ回しても出なかったのがこの娘。「堀り」のために50回以上同じ海域をグルグルと。それに費やした資源はイベント全体で消費した資源より多いぐらいでした。資源だけじゃなくて弾除け用の潜水艦で消費した「応急修理女神」5個も痛かった。orz
それがE2攻略中にポロっと。これだから「堀り」にこだわるのは無駄だとあれほど(ry
何度目かのE2ボスS勝利で落ちてまいりました。思わず「うわっ!」と大声出して嫁さんに怒られました。w

E2攻略戦は比較的順調であります。今のところボスに到達すればS勝利。「比叡」「葛城」「龍驤」「那珂」「大潮」「初月」でやっておりますけど、例によって札対策のため、比較的練度が低い艦娘が多い。特に駆逐艦は「大潮」がLv75、「初月」がLv64というありさまで、危なっかしいことこの上なし。せめてもということで、血を吐く思いでMAXまで改修した「10cm連装高角砲+高射装置」をそれぞれ2つずつ装備させて、加えて「大潮」には「Bofors 40mm四連装機関砲」を装備。これで空襲マスに対処させております。で、空襲マスは良い感じに完全勝利なんですけど、他のところでコロッと大破するんですよねぇ。(汗
あと3回ぐらいで突破できるかな。現状でちょっと気になるのが制空でして、ボス戦で優勢がとれてない。航空打撃力優先で艦攻・艦爆を多く積みたいわけですけど、そうすると制空値がギリギリ。計算では優勢に届くはずですけど、道中での損耗のせいか実際には航空優勢がとれない。前述の通り、防空能力は高いので敵の航空攻撃の被害は抑えられておりますけれども、「比叡」の弾着観測射撃が生かせないのはもったいないような気がします。戦闘機を1スロット増やせば優勢が取れるんですけど、そうなると航空打撃力が下がる。弾着観測射撃と航空打撃力、どちらをとるか難しいところです。

本日は「大潮」の修理が終わったらあと1回ぐらいぶん殴りに行ってきましょう。

# by namatee_namatee | 2017-08-17 20:47 | diary? | Comments(2)

苦戦中

c0019089_18341074.jpg
本日は仕事。こちらでは今日までお休みというところが多いようで、お客さんが全然来ません。普段の1/5とか。w
というわけで、ネタもありません。ないないづくし。

というわけで昨日に引き続いて「艦これ」日記。
我が艦隊はE1を難易度「甲」で突破いたしました。いやまあ、どうってことありません。まだまだ序盤。E7まであるんですから。
E1なんて文字どおり序盤も序盤のはずなんですけど、これが意外に苦戦しましてね。最初の海域で楽勝と思ったら、大破撤退が相次ぎました。「札」の縛りが強くて第一線級の艦娘を投入できないのが主な原因。まだE1だってのに(先があるE1だからかも)面倒くさくなってきて、やりたい放題の難易度「丙」にしたくなってまいりました。w
とりあえずE2〜E3ぐらいまでは様子を見て、苦戦が続くようなら「丙」にすることも考えましょう。

今はE2を攻略し始めたところ。ギミックというか隠れているルートを開くのに、ボスとは全然関係ない方面へ行ってます。これまたそう難しくないと聞いているんですけど、A勝利が必要なところB勝利だったり、いつもの大破撤退だったりして、4戦目にしてやっと隠れていたルートを解放。現在は傷ついた艦娘の修理中であります。明日中に突破できると良いんだけどなぁ。>E2

図はE1の報酬の「ソードフィッシュ」でございます。あの有名な「フェアリー・ソードフィッシュ」ですよ。タラントの夜襲とかビスマルク追撃戦とか、超有名な雷撃機ですなぁ。がしかし、打撃力のインフレが進む「艦これ」世界においては性能は微妙。なにか特別な性能が・・・「アークロイヤル」に搭載すると夜間攻撃が可能とな。「アークロイヤル」はE7の報酬艦、これはE7突破しないとどうにもならないわけですなぁ。
今回のイベントでは難易度次第で「スピットファイア」もMk.IやらMk.V、さらにはMk.IXまでもらえるそうですけど、「スピットファイア」は局戦なので、使い道が限られます。局戦は一式戦闘機や烈風でもなんとかなりますし。ここら辺も難易度選択の悩みどころなんですよね・・・

# by namatee_namatee | 2017-08-16 21:08 | diary? | Comments(4)

始めました。

c0019089_19490798.jpg
本日も特になにもせず。涼しいけど天気が悪く湿っぽい。

というわけで重い腰を上げて「艦これ」のイベントを始めます。今回はE1からE7まであるという大規模イベントで必然的に出撃制限の札がきつく、どうもやる気が出ないというか面倒くさかったんですねぇ。情報が出揃わないとうかつに艦娘を使えない。長丁場の肝心なとことででルート固定ができない事態はさけたいですから。
図はスタート時点での資材の様子であります。直前まで3-5を攻略していたのでカンストじゃなかったので記録のためにスクショ。これがどれだけ減るか・・・その前にE7までたどり着けるのか。w

とりあえず現在はE1を難易度「甲」で攻略中。肝心のボス戦で陣形を間違ったりして、微妙に不調。w
航戦+軽母+軽巡+練巡+海防艦×2でやってますけど、いかんせん対潜装備なので道中が不安。海防艦とか打たれ弱い上にウチではないがしろにされていたのでLvが50ぐらいしかなくて、すごく不安です。より防御力の高い駆逐艦に変えれば違うんでしょうけど、札のせいでここで優秀な駆逐艦を投入するわけにはいかず、初戦から苦戦するという。orz

そういえば今回のイベントは周りでも様子見の人が多い印象。規模がでかいってのもありますけど、みんな飽きてきたのかなぁ。w>艦これ

# by namatee_namatee | 2017-08-15 21:00 | diary? | Comments(6)

クラシック


本日はなにもせず。本読んだりゴロゴロしたりしてました。
ウチには東日本大震災で崩壊した本棚がありましてね。あまりの惨状に手をつけるのを諦めてそのままになっていて、本棚の残骸と間に挟まった本や雑誌の山になってるんですけど、たまにその隙間から本や雑誌をサルベージして読んだりします。

本日読んでいたのが図の「M型ライカのすべて」でございます。枻出版社さんのムックというんですかね。無印は1999年3月、2の方は1999年9月発行となっております。ある時期、古いカメラが見直された、いわゆるクラシックカメラのブームみたいなのがありまして、田中長徳氏の書籍「くさっても、ライカ」あたりがその中心にあったんだろうなぁ、とぼんやり認識しております。どういう理由で古いカメラが見直されたのかはよくわからないんですけど、行き着くところまで行っちゃったハイエンドのAF一眼レフに対する反動みたいなものがあったのかなぁ、などと。プロフェッショナルには必要なハイエンド一眼レフの性能と信頼性がアマチュアにはコストや物理的ななんやらで荷が重くなり、プロとアマで要求される性能が大きく乖離してきていたせいなのではないかとも思いますね。あとヒタヒタと押し寄せてくるデジタル化の波も関係していたのかも。いずれはデジタルカメラに移行することはみなさんわかっていたはずで、その大転換寸前の一瞬のモラトリアムみたいな時代だったのかなぁ。
などと偉そうに書いてますけど、わたくしはそのクラシックカメラブームには乗り遅れまして、直接には知らないんですよね。気がついた時には行くところまで行っちゃっていて「アルパ」がどうのとか、素人にはなにがなんだかわからない世界になっておりました。w

で、「M型ライカのすべて」が発行されたこの時期、すでにクラシックカメラのブームはピークを過ぎていたような気がします。当時のわたくしは一時的に金回りがよく、ここはひとつライカでも買おうかと大それたことを考えていたんですよ。そのリサーチのために買ったのがこの2冊だった・・・はず。2の方は買ってから読んだのかも。もうよく覚えてないんですよね。
当時のM型ライカの最新鋭モデルはM6TTLと言いまして、前作のM6にフラッシュのTTL機能を追加したモデル。TTLって言ったってフラッシュの制御の方です。M6の時点で露出計はすでにTTLでしたもん。w
いやしかしM型ライカでTTLフラッシュってのも余計な機能だと思うんですけどねぇ。しかもその余計な機能のためにボディの高さが2.5mmほど高くなって、あとシャッタースピードダイヤルの回転方向が反対になりました。そういう伝統的な部分をTTLフラッシュなんかのために変えるってのはどうなの?と。
クラシックカメラの代表的な機種はなんといってもM型ライカです。その理由は初代のM3からプロポーションや操作性が連綿と続いてきたのが好まれたからだと思うんですけど、それをフラッシュのTTL制御のためにあっさり変えるとは。ライカの嫌がらせかと思いましたよ。w
ただ、よく考えてみれば現行(当時)のM6は別にクラシックカメラじゃないわけで、現役のカメラなんですよね。それのマイナーチェンジしただけとも言えます。ライカ社はM6を現役のカメラだと考えていて、それに対して我々は進化を止めたクラシックカメラだと思っていた。その認識の差がこの違和感を生んだんでしょうなぁ。いや、違和感で済む話じゃなくて、M6TTLが発表されてその詳細が知れた途端に世の中のM6在庫がなくなったそうですよ。かなり嫌われたみたいですね。>M6TTL

わたくしはそのM6TTLを買いました。前述のように現役のレンジファインダーカメラとして捉えるのならば、最新モデルですから文句のつけようはないと思いまして。TTLフラッシュはいらないけど。(汗
ちなみにM6TTLの次はM7で、こちらはシャッターが電子制御になりました。適当な間隔でO/Hしていれば何十年も使えるというM型ライカの特性はM7で失われてしまった・・・んですかね。これも実はよくわかりません。電子シャッターは電子部品がダメになると修理不可と言われますけど、なんといってもM型ライカの場合は修理する側の執念が普通じゃないので、なんとかして直してしまうかもしれませんし。w
それはそれとして、M6TTLのブラックとズミクロンの50mmF2のセットを買いました。後にズミクロンM35mmF2アスフェリカルも買い足したかな。逆だったか一緒に買ったか・・・もうよく覚えてません。あとエルマリートM90mmF2.8も、これは間違い無く後に買い足しました。その時の様子は実は以前にネタにしております。こちらですね。

そのM6TTL、総額で60万円弱ぐらいしたと思うんですけど、使い心地はどうだったのかというと、実はあまりよくありませんでした。w
なんといっても各部の操作感が安っぽい。ボディだけで25万ぐらいはしたと思うんですけど、5-6万で買えたNikonのNewFM2の方がなんぼかしっかりしてました。w
あとレンジファインダーは慣れがいる。ピントを気にせずに済むような撮り方なら、いかにも視界を切り取る感じがして楽しいんですけど、人物の瞳に真剣にピントを合わせるとかになると難しいんですよ。一眼レフと違ってレンズを交換してもファイダー倍率が変わりませんから、広角でも望遠でもファインダーの眺めは同じです。装着するレンズによって対応したブライトフレームが出てくるんで、それで区切られたエリア内がそのレンズで写る範囲ということになります。当然ながら焦点距離が長いほどブライトフレームは小さくなります。ウチのM6TTLはファインダー倍率が0.72のモデルでしたけど、エルマリートM90mmF2.8のフレームなんて、真ん中のフォーカスエリアとなにほども変わらない。構図を決める余地なんてろくにありませんでした。確かブライトフレームは135mmまであったと記憶しておりますけど、そんなの使いこなすの絶対ムリ。w

ただしレンズの方はさすがに高性能で、一眼レフのレンズとは比べ物にならないほどコンパクトなのにかっちりくっきりと写りました。ズミクロンだったせいもあるんですけど、開放も絞り込んでも文句無しの写り。さすがライカと思いましたね。レンズの価格もライカですけどね。w
癖のあるレンジファインダーの操作性とそれが決まった時にはかっちりと近代的な写りをする、これが現行(当時)のM型ライカというものだというのはよく分かりました。使っていて楽しい。でも楽しいだけじゃ無くてストレスもありましたなぁ。NewFM2に持ち替えるとすごく落ち着きましたから。
その一眼レフの扱いやすさとレンジファインダーカメラの代表であるM型ライカのプロポーション(に近い)を兼ね備えているのが、今使っているPanasonicのDMC-GX8だと思ってるんですよね。

そういえば「キングコング:髑髏島の巨神」を観ていたら女性カメラマンが使っていたのがM型ライカでした。あれはなんだったんだろう。メガネ付きのレンズを使ってましたからM3かな。露出計も乗っかっていて格好良いんですよ、これが。実に心憎い演出。ストーリーも面白かったんですけど、一番印象に残ったのが彼女が視界を切り取るように手際よく扱うライカだったのでした。w

# by namatee_namatee | 2017-08-14 23:29 | camera | Comments(2)

良い勝負


やっぱり昨日のネタは特に追記することはなかったですなぁ。w
昨夜は例によって御徒町の安宿(本当に安いんですぜ。w)に泊まり、今日は3日目のコミケにでも行ってみようかと思いましたけど、あいかわらず体調(お腹)が芳しくないのと、特にコレ!というネタもないので中止。そのまま帰ってきちゃいました。(汗
強いて言うならわたくしが敬愛するセクシー女優のつぼみ嬢が列整理とかティッシュ配りとかしているという話があったので、そこへ行ってみたかったんですけど、ものすごく混んでそうなので断念。

昨日は昼頃の電車で上京。ヨドバシアキバによって遅めのお昼ご飯とちょっとした買い物をする。そこら辺をグルグル歩き回って時間調整して、予定時刻の1時間前ぐらいに新宿へ移動。その時に撮ったのがこの写真であります。
真面目に撮ったわけじゃないので、煮え切らない構図ですなぁ。w
実はこの日はウチの嫁さん(腐女子です。)もコミケに行く予定になっておりまして、彼女は朝一で行って日帰り。おかげで朝5時に起こされまして、電車の時間まで6時間ぐらいあるという。orz

時間を潰すのになにかないかと思ってU-NEXTのメニューを見ていたら「Ghost in the Shell」を見つけたのでそれを観ることに。少佐をスカーレット・ヨハンソンが演じたことで話題になった作品。
「攻殻機動隊」って元ネタが1989年の原作から始まっているはずですけど、その原作って一般の人には文字どおり一般的じゃないと感じますなぁ。その後のアニメで人気が出た感じで、「Ghost in the Shell」もそっちに属する作品に見えます。っていうか、アニメのオマージュだらけじゃねぇか、これ!って呟きながら観てましたよ。w
もう徹底的にいくつもあるアニメのあれやこれやのシーンが出てくる。実写化が難しいと言われた「攻殻機動隊」ですけど、そんなに実写化に失敗したと言われるのが嫌なのか?と言いたくなるほど。これアニメで良いんじゃね?とも。w
そのわりにストーリーは単純というか、わかりやすくよくある感じのもので「攻殻機動隊」にある後味の悪さみたいなのは薄くて、これはこれでありかなと思いました。が、「人形使い」のネタも薄めで、その分、俗な印象とも。
俗な印象といえば、制作した人々にはどうも少佐が普通の女性の延長線上にあると解釈している節があって、なんかそれは違うなぁと思って観てました。我々の少佐のイメージとはずれているような気がします。士郎正宗氏の原作ほどではないにせよ、もっとしたたかで抜け目がないんですよ。>少佐
原作やアニメとはストーリーが前後しているような気もするんで、まだそのしたたかさが身についてないという解釈かもしれませんけど、そう思わなければならない違和感があるというのはやっぱり問題かと。

そろそろ、原作のあっけらかんと明るいようで過酷な世界の「攻殻機動隊」を実写でもアニメでよいから作ってくれないかなぁ、などと。

それはそれ。「Ghost in the Shell」にはこれでもかってぐらいに東洋風の繁華街の光景が出てくるわけですけど、飲み会で新宿の歌舞伎町近辺に行ったら、現実も負けてないじゃんと。少なくとも趣味の悪さでは良い勝負ですよ。w
と思いながら撮ったのがこの図というネタでした。もっと真面目に撮ればもっと「Ghost in the Shell」に負けてない図になるんでしょうけど、いかんせん時間がありませんでした。

# by namatee_namatee | 2017-08-13 22:45 | diary? | Comments(4)