懸案の


特にネタは(ry

先日のイベントでやってきた空母「雲龍」は無事にLv50に達し、勲章4個と引き換えの設計図を使って「雲龍改」になりました。さっそく5-2に出撃してS勝利。任務をひとつ完遂して、図の通り、懸案だった「熟練艦載機整備員」は入手できました。
ウチの艦隊は「ビスマルク」がおりませんで、イベントの時の連合艦隊の第二艦隊に配備して昼戦の火力upと夜戦のとどめ要員が手薄です。「ビスマルク」は大型艦建造で作れないこともありませんけど、それには大量の資源が必要で、そこまでして必要か?という。それならば昼戦火力は戦艦と比べるべくもないものの、夜戦では絶大な火力を持つ重巡や航空巡洋艦で攻めた方が良いんじゃないかと考えましてね。だから、航空巡洋艦の夜戦火力を底上げする「熟練艦載機整備員」を切望していたわけでございます。
まあ「雲龍」を手に入れる手間および消費した資源と大型艦建造で「ビスマルク」を作り設計図×2枚で使い物になるまで育てるそれ、どちらが重たいかはよくわかりませんけど。

ついでに機種転換任務で「零戦52型丙(六〇一空)」を「烈風(六〇一空)」にする。が、任務にチェック入れる前に達成条件の「烈風×2を廃棄」を実行してしまうという大ボケをかます。「烈風」、以前はたくさん在籍していたんですけど、噴式景雲を作るのに使っちゃって一気に減りました。おかげで現在の我が艦隊には烈風は3機しかいないのに、無駄に2機捨ててしまうという。orz
1機足りないので開発しましたよ。艦載機レシピを回すと零戦52型とか紫電改二とかどんどんできて、こりゃ今日は出ないかなと思った途端にポロっとでました。>烈風
おかげで無事に「烈風(六〇一空)」に機種転換終了。「熟練艦載機整備員」も「烈風(六〇一空)」もわたくしがイベントをお休みしていた時期に登場して、そのイベントでもらえたもの。あの時期にお休みしなかったら現在の資源の在庫は作れなかったわけで、致し方なかったとは思っているんですけど、その反面、「秋月」とか今回の装備類のことを考えると・・・まあそういうこともありますよ。w
# by namatee_namatee | 2017-12-14 21:12 | diary? | Comments(0)

おお!


というわけで、茶番そのものの株主総会は無事終わり、手配しておいたお寿司もちゃんと時間に間に合うように、数が不足するようなこともなく届きました。でも総会とその後の会議で決まった人事に関する手続きでてんやわんや。orz

クソ忙しい中、メール(当然、自分の)をチェックすると「チケットぴあ」からメールが・・・「抽選結果のお知らせ[「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-」…ライブ・ビューイング★2次受付〔全国〕]」の抽選結果でございました。・・・抽選に申し込んだのを忘れておりましたよ。

第一希望は最寄りの納豆帝国の首都、水戸にあるユナイテッド・シネマ水戸(先日、ガルパン最終章を観に行ったところ。)、第二希望はお隣のかんぴょうの国の首都、宇都宮の劇場だったんですけど、そちらはハズレ。第二希望が外れることがあるんですね。あ、第一希望に当選したからかな。まあ、かんぴょう国に行くにはビザが必要で面倒くさいので(嘘)、地元の方に当たったのは幸いでした。w
「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-」っていうのはこういう、ミュージカルっていうんですかね、そういうものです。いろいろ完全にわたくしの守備範囲外。ミュージカルは苦手なんですよね。(汗

もちろん、椎名さんつながり。大元の舞台を見に行きたいのはやまやまですけど、いかんせん守備範囲から外れすぎている上にチケットの競争率が高くて極めて敷居が高い。だがオーディションを受けて出演したという椎名さんの演技も見てみたい。椎名さんはかなり重要な役で、出ずっぱりと聞いておりますし。妥協点としてライブビューイングで手を打った、というわけでございます。

最初は全然乗り気じゃなかったんですけど(忘れていたぐらいですし。)、こうやって当選してみるとだんだん楽しみになってまいりました。w

# by namatee_namatee | 2017-12-13 19:41 | diary? | Comments(2)

年末進行


嫁さんがガルパンの一番くじを引いて当ててきたミカさん。だからわたくしは北欧はアレだと(ry
嫁さんの勤めている本屋でやっているんですけどね。>一番くじ
ある意味、お店の中の人でもある嫁さんの話ではガルパンの一番くじは今まではすぐに売り切れていたのに、今回は出足が悪いそうです。人気がなくなったのかなぁ、なんて言ってました。
いや、それ田舎だからじゃないのかなぁ。先日、「最終章 第1話」を観に行った映画館とか、すごい人出でしたよ。大洗も相変わらず「ガルパンさん」が多いし。映画館に隣接するビックカメラで買い物していたら、このミカ嬢の格好した人がいたし。最初、なんでこんなところに継続高校の生徒が?と思っていたんですけど、よく考えてみれば映画を観に来た人だったんでしょう。w

他に何か・・・明日は我が社の株主総会だそうです。またしてもわたくしが進行をやることになり、台本をもらいました。この茶番な感じ。w
まあ株式会社ですからやらないわけにはいかないんですけどね。伝統的に総会の日は会社負担で株主+役員+全社員の分のお昼ご飯がでる。ここのところ数年はお寿司でした。これも手配させられるのはわたくしで、何にするかはわたくし次第。今回は別ななにかにしたかったんですけど、面倒くさいからやっぱりお寿司。w
株主総会が終わるといよいよ年末という感じになってまいります。今年はついに会社の忘年会がなくなりました。椎名さんのカウントダウンライブやFCイベントもなし。イベントぎっしりだったここ数年と違って今年はのんびりできそう・・・大晦日に忘年会&打ち上げで殿下に呼ばれました。年末はコミケと洒落込みましょう。w

# by namatee_namatee | 2017-12-12 21:24 | diary? | Comments(5)

史上最強のラップトップ


「艦これ」のイベントが終わりましたなぁ。AM11時に終了なんですけど、直前の掲示板は読み応えがありました。終了10分前に突破とか、人によってはロスタイム中に最後の1戦とか。w
すでにネタにした通り、我が艦隊はロストした艦娘もなく、最初から最後まで全て「乙」で終了でございました。まあ身の丈にあった成績だと思います。甲勲章は1つだけありますけど、それをもらったイベントは正直なところ、苦労ばっかりで楽しくなかったんで、それ以来、甲勲章にこだわるのはやめました。>負け惜しみ
次は「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」らしく、このイベントをもって「艦これ」も一区切りらしいですね。Flashのサポートがどうのとかで、現行とは違う形で継続、ということらしい。第2期は全ての提督が一から全部やり直しとか・・・になりませんように。初期艦の選び直しから始まったりして。w
まあわたくしはたとえそうなっても「叢雲」がいたら彼女を選びますけどね。ツンデレでなんとも言えない味わいがあるんですよ。>叢雲

と言っている間にメンテが終わりました。今回、改二になるのは「多摩」か。演習で見かけた「多摩改二」はLv75でしたので、そこら辺の練度+設計図で改造可能なようですなぁ。うちのタマ知りませんか・・・じゃなくてウチの「多摩」はLvいくつかなと見てみれば・・・Lv47でした。w
まずは正規空母の「雲龍」を改にした上で任務を完遂して「熟練艦載機整備員」を手に入れなければならず、「涼月」や「伊400」の練度upも同時進行、軽巡はその後。これは「多摩改二」への道のりは長いですなぁ。

図は先日やってきたLenovo YOGA BOOK(Android Ver)。これが想像していた以上に使いやすいんですよ。要するにAndroidのタブレットなんですけど、見ての通りキーボードがありまして、その点ではラップトップPC(死語?)に近い。で、今まで使ってきたどのラップトップよりも素早く起動して素早くスリープできる。すごく快適。こういうラップトップが欲しかった。
使い勝手としてはスマホの画面がそのまま大きくなってキーボードがついたと考えて貰えばよろしいかと。画面がでかいおかげか、下の方にWindowsのタスクバーみたいなのがありまして、そこに起動中のアプリが出ます。なので、すぐにアプリを切り替えられてとても便利。この点ではスマホよりも便利かも。WiFiとLTEの切り替えも素早い。Windows版のYOGA BOOKもBIOSかなにかを最新版に変えたらWiFi→LTEの切り替えはかなり素早くなったんですけど、このAndroid版に比べたら全然遅い。Windows版は動作全体にもっさり感がありますけど、こちらはサクサクと軽い。ネットでのうわさ通り、これはAndroid版が正解ですね。
気になる点としてはキーボードとの相性がイマイチなところ。このぺったんこなキーボードが使いづらいとかそういうわけではなくて(慣れると見た目よりはずっと使えます。)AndroidというOSがキーボードと相性がよくない、あるいはあまり考慮していないのかなと思います。ATOKを使っているんですけど日本語入力の切り替えなんかがスムーズじゃない印象。慣れでなんとかなっちゃうレベルではありますけど。

というわけで、Android版には大変満足したわけですけれども、おかげでWindows版が余ってしまっ(ry

# by namatee_namatee | 2017-12-11 21:01 | pc | Comments(2)

義務


そういうったわけで「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」を観てまいりました。再来週にはガルパンの聖地、大洗でガルパン色の強い忘年会がありまして、その時点でまだ観てないなんてことになったら(ry
もちろんネタバレをするわけにはまいりません。ネタてんこ盛りなんですけどね。w
「下らねぇ!」っていうのと、ああ、ガルパンってこういう感じだったなぁ、と懐かしい感じもありました。やっぱり面白いですよね。>ガルパン
周りは「ガルパンさん」だらけ。たぶん何度も観ている人ばっかり。w

ついでに「オリエント急行殺人事件」も観てまいりました。たまには格調高い作品もよいかなと思いまして。
わたくしは学が無いのでミステリーの類には詳しく無いのですけれども、さすがに「オリエント急行殺人事件」は知っております。映画やTVドラマで何度も観ましたよ。が、内容をすっかり忘れておりました。こういう話だった、と思い出したのがポワロが謎を解いたタイミングとおなじ頃合いで、なんかシンクロしているみたいで面白かったです。
こちらはネタバレしても問題ないでしょうけれども、わたくしごときがなにか述べるまでも無い。個人的に1920年代の雰囲気が良いですねぇ。新世界(米国)の影響力が徐々に強まってくる時代、その影響を認めたく無いけど認めざるをえない欧州人のジレンマみたいなものが根底にあって、それが実に味わい深い。
こちらのお客さんはカップルとか夫婦とかが多い。そんな中、一人で観に来たわたくしは・・・最近のTwitterのTLで「映画をひとりで観ても哀しくならないテク」みたいなネタが流れてましたけど・・・そんなもん糞食らえだ。同志はたくさんいるようです。w

予告を見ていて思いつきました。「キングスマン」の次のやつは観にいかなくちゃ。>個人的メモ
わたしゃ「バトルシップ」の次ぐらいに好きですよ。>キングスマン

# by namatee_namatee | 2017-12-10 20:08 | diary? | Comments(3)

冬の1日


本日はお休み。特にすることも無いので、いつものようにダラダラと過ごす。朝ごはん食べた後、大変寒かったので、うっかり布団に入ったらそのまま(ry
目が覚めたのが12時でございました。orz
なので大したことしてないです。いつものようにひととおり「艦これ」やって、買い物をしに近所の巨大ショッピングモールへPX125 Euro3で行って、帰りに友人のボニー氏の家によってお茶をよばれてきたという感じ。

まもなくイベントも終わりなので、なにか珍しい艦娘でも落ちてこないかとE1のHマスに行ったら落ちてきたのが図の「大淀」。これまたイベントで手に入った艦娘ですけど、例によってわたくしはその頃のイベントはお休み(ry
のちに多大な労力をはらって手に入れました。が、それ以降、ことあるごとにドロップしてまいりまして、これで4人目です。w

大淀が重要なのは「艦隊司令部施設」と記憶があやふやですけど任務を通常の5つから+1して6つ同時に遂行できるようになるアイテムを手にいれるのに必要だからです。それを手に入れてしまえば軽巡の「大淀」そのものにはさほど必要性は・・・4スロなので対潜装備を満載すると威力が出るというのはあるかな。もっとも先制爆雷攻撃ができるようになったので、対潜の威力は重要度が下がってしまいました。
というわけで、もういらないんですよ。w>大淀
大体が「艦隊司令部施設」使って大破艦を撤退させるようじゃギリギリの戦力での戦いでは勝ち目がなくなります。ウチではそういうときはダメコン積んで突撃ですよ。
他にも「瑞穂」が落ちてまいりました。これも3隻目で(ry
捨てるに捨てられず、母港の保有枠を圧迫するからやめてほしいです。w

というわけで「艦これ」は切り上げて、先日購入した冬用のグローブの使い心地をテストするために近所の巨大ショッピングモールへ出かけます。ちょっとばかりドリルの類を買う用事がありまして。
グローブだけじゃなく、これから厳しくなる一方の寒さ対策としてダウンの上下にオーバーパンツと防水・防風のコートも着込んでどのぐらい寒いかをテスト。わたくしの記憶によれば、この服装は-5度から-10度ぐらいの南会津の山の中でキャンプツーリングしたときのものと同じです。w
これだけ着込むとさすがに寒くない。っていうか、ショッピングモールの中で買うものを探して歩き回っているときに暑いのなんのって、外は寒いのに汗だくになってましたよ。w
そのあと、なにげなく友人のボニー氏の家の前までいくと、偶然にも外出先から白いプジョーで帰ってきたところ。なにやかにやととりとめの無い話をしながらお茶をよばれて、日が陰ってきたので辞去。昼間よりかなり気温は下がってましたけど、それでも全然寒くありませんでした。グローブもややこしいハンドシフトの操作性に影響はなく、十分な性能でした。

寒かったけど平穏無事な1日であったなぁ、と。

# by namatee_namatee | 2017-12-09 21:08 | diary? | Comments(0)

卒業


特にネタはないので、とりとめなく(ry

「艦これ」のイベントも残すところあと3日。この時期の艦これwiki他の掲示板の書き込みはなかなか辛いものがあるんですよ。すでに最終海域を突破して、あらかた「掘り」も終えて余裕の提督と未だラスダンでのたうちまわっている提督、この方達の交流を見ているとなんともいえない人間模様を感じます。「現在、E4甲の1本目で沼ってます。資源の残りが自然回復域です。今から難易度を落として間に合うでしょうか?」とか、悲壮きわまりない。(汗
まあ、本当のところはさっさと終了した余裕で眺めているワケで、申し訳ないと思いながらも「ああならなくてよかった」とも思っているワケで、人間なんて弱いもんですよ。ちなみにわたくしの場合、最終海域のE4は難易度「乙」で述べ3日かかり、各資源は約15,000から20,000ほど消費しました。残り3日なので今から難易度を落として(当然「丙」)なんとか間に合う可能性はあると思います。いやでも資源がきついかなぁ。

それはそれ。図は椎名さんのライブのセットリスト集計表。さぼっていてアコースティックライブになってからのセットリストを記録してなかったんですけど、最近になってやっと追加してました。
この通り、ExcelのBookでフィルターで必要な項目を呼び出せるようになってます。便利。
図では「風が吹く丘」で抽出してあります。「風が吹く丘」は定番中の定番。ライブで演る回数も多い。特に2010年以降、アコースティックライブの前までのフルバンドのライブではほぼ毎回演ってます。

椎名さんを代表する楽曲といえば「風が吹く丘」「Graduater」「抱きしめて」だと思うんですけど、おそらくこれに誰も異論はありますまい。w
その中でもファンの間では「Graduater」がもっとも格式が高い扱いと感じます。「Graduater」が特別な楽曲なのは誰でもわかります。ライブでの盛り上がりが違いますから。あとイントロの始まった時の緊張感とか。w
ただ、わたくしが個人的に好きなのは「風が吹く丘」の方なんですよね。「Graduater」は当時なにかと理不尽な扱いだった声優出身のアーティストとしての椎名さんの心意気みたいなものがテーマになっていると感じるんで、音楽的にどうのというよりはそのメッセージ性が格別な扱いをされる理由だと思います。ファンがそこへ気持ちを乗せていくのはわかる。でも今ではその椎名さんをはじめとした黎明期の方々のおかげで、声優さんやアニメ方面の歌手の方々は音楽の世界にしっかりとした立ち位置があると思うんですよね。むしろ今やそこら辺がいないと音楽ビジネスに差し障りがあるぐらいで。
なのでその意義を認めつつも、前述のメッセージ性を「Graduater」に持たせるのは卒業しても良いんじゃないかなぁ、などと新参者のわたくしは思うわけでございます。もちろん忘れてしまえという意味ではなくて、なんていうか、もっとフラットに楽曲の一つとして楽しめれば良いような・・・いや、これはわたくしの思い込みなのかもしれませんけどね。誰もそんなメッセージなんていまさら感じてないと言われるかもしれません。大体が他人がなにを想おうと個人の勝手なことで、大きなお世話ですからね。(汗
まあ、わたくしはそう感じているということでございます。

音楽的というのか、椎名さんの楽曲の並びのなかで「風が吹く丘」の方が「Graduater」より特徴的だとも思います。それまでよりロック色が強くなっていく過渡期の楽曲で、あれをあのように歌えるのは当時の椎名さんをおいて他にはいないとさえ。歌い方、声、どこをとっても「椎名へきる」じゃないと「風が吹く丘」にならない。テンションが高く、歯切れよく、また当時の椎名さんの楽曲に共通する「ノスタルジック」な感じもある。
どこといって難しいところはない楽曲なんですけど、カラオケで歌うとサマにならないこと甚だしい。w
あのパーンと張り詰めたテンションと歯切れの良さは常人には出せません。さすが声優、とこの時ばかりは思います。
そういうわけで「Graduater」はもっとフラットに聴きたいなんて言っているくせにライブで「風が吹く丘」が始まると泣いちゃう。>自分
生まれて初めて行った椎名さんのライブ「HEKIRU SHIINA LIVE TOUR 2013 ~Early Spring~」の初日、2013年8月4日の新宿BLAZEで、2曲目が「風が吹く丘」でしてね。おかげでライブ始まってすぐに泣いてましたよ。でも隣にいた人も泣いてた。w

・・・今になってこの時のセットリストを見直すと、14曲目の「ラッキーラ☆」から22曲目の「WONDER☆RIDER」まで休むところなしで、これ大変だったろうなぁ、と。w

# by namatee_namatee | 2017-12-08 22:16 | music | Comments(5)