心理チューン

この後に及んでVSR10「あきつ丸」verに大きめのモデファイをする。「アキュコン」まであと一ヶ月しかないというのに。w
モノは見ての通り、PDIの「ライトアウターバレル450」でございます。G-SPECの純正アウターバレルと同じサイズのもの。今までもPDIのアウターバレルにG-SPECサイズがなかったわけではないのですけど、やや複雑な構造で重たい(らしい)ので、どうしたもんかと導入を悩んでおりました。ライトアウターバレルもありましたけど、それはプロスナイパーサイズで、「あきつ丸」に使えなくはないものの、サイレンサーをつけるとやたらに長くなってしまうのが問題。そうこうしていたらG-SPECサイズが出ていたので購入という流れです。

VSR10はアウターバレルとレシーバーの接合に特徴がありまして、ストックがない状態ではアウターバレルとレシーバーはそれぞれ回転方向にゆるゆるです。わたくしが知っている範囲では、他のボルトアクションライフルはアウターバレル一式とレシーバーの接合の形式は似ているものの、ストックがない状態できっちりとセンターを出すというか、アウターバレルに固定されているチャンバーとレシーバーはストックなしの状態で垂直を出すようになってました。
VSR10はアウターバレルとレシーバーは別々にストックに固定されます。アウターバレル(とチャンバー)はチャンバー底部にある金属製のブロック(チャンバーブロックとでも言っておきますか)がストックの台座へはまって一本のネジで固定され、レシーバーもストックの台座みたいなところにはまってこれまた一本のネジで固定されます。ストックの台座の精度が出ていれば、組み立てさえすればアウターバレル(とチャンバー)とレシーバーの回転方向の位置決めはいつでも同じようにできます。微妙な調整で悩む必要はありません。簡単簡単。w
アウターバレルはレシーバーにねじ込まれているわけですけど、ねじ込まれ具合によってアウターバレル+レシーバーの全長はわずかにかわります。なので、レシーバーをストックに固定するネジのストックを貫通する部分は長穴になっていたりする。どこまでも合理的な構造なんですよね。
その代わり、アウターバレルとレシーバーの回転方向の位置決め精度はストックに頼りきっているわけで、いい加減なストックだとそれが狂ってしまいます。レシーバーの上部にはスコープマウントがあり、そこへスコープを搭載してそのレティクルを水平にして狙ったつもりでも、レシーバーとアウターバレルの角度がずれていると、チャンバーのあるアウターバレルは水平にならずにHop回転がかかったBB弾は傾いた方に曲がって飛んで行ってしまいます。だからアウターバレル(とチャンバー)とレシーバーは垂直が出ていないと困るのでした。
ノーマルのアウターバレルでもその垂直方向の位置決めに問題があるわけではないのですけど、レシーバーとの前後方向位置決めにやや不安があるように感じます。これも基本的にストックで位置決めされるわけですけど、アウターバレルとレシーバー単体では回転方向と同様にやっぱり緩めなので、もう少しがっちりと接合しておきたい。極端に言うとノーマルだとアウターバレルとレシーバーが横からみて「へ」の字みたいになったり、あるいはその逆になったりする「可能性がある」。
PDIのアウターバレルは同じPDIのレシーバーと相性が良く(当たり前)、回転方向の自由度はそのままで前後方向には遊びが少ない、っていうかほとんどない。別にアウターバレルとレシーバーが「へ」の字になったからといって、目に見えて問題が出るとも思えませんけど(考えられるのはノズルがチャンバーにまっすぐ入らなくて給弾不良を起こす可能性とか、ノズルとチャンバーに隙間ができて気密が下がるとかですかね。)、鉄砲全体の剛性を上げるのは集弾性を上げるのには有効かと。
要するにできることはやっておこうと言うことですなぁ。実際の効能よりもやるだけやったという満足感でモチベーションを高める種類のチューンでしょう。w

先日書きました通り、ボルトアクションライフルの調整は非常に簡単で、このライトアウターバレルも宅配便で届いてから30分後には組み込み完了。もちろん慎重に心置きなく、可能な限り精度に配慮して組み込みました。そして事前の予想通り、鉄砲全体の剛性は格段に上がりました。素晴らしい。
これで「あきつ丸」verでノーマルのパーツはトリガーガードとボルトのハンドル、チャンバーブロック、スコープマウント、あとストック(+マガジン)ということになりました。もうVSRじゃないよね、これ。w

# by namatee_namatee | 2017-03-22 22:12 | survival game | Comments(0)

姐さん!




「伊14」通称イヨちゃんの図。
前回のイベントでやってきて、その後はスクスクと育ち、現在はわが潜水艦隊(事実上の主力艦隊)の一翼を担う重要な艦娘になっております。なんといっても、この胸を強調したコスチュームなのに無駄にでかくない(ry

それはそれ。w
このイヨちゃん、どうも既視感があると思っていたら、ちょっと前の話ですけどTwitterに「潜水艦のバイトをするペパロニ」というネタがあって、「それだ!」と。w
実はドゥーチェの次に好きなキャラだったりする。>ペパロニ

・・・「ガルパン」のキャラと「艦これ」の艦娘でどっちがお金になるのかなどと。「艦これ」の潜水艦娘は図の通り、「オリョクル」で酷使されるので割りに合うかどうかは疑問です。ウチは損傷したらどんなに軽くても必ず入渠するし、疲労がたまらないように運用してますので(だから数多くの潜水艦娘が在籍している)、かなりのホワイト鎮守府だと思いますけど、それでも「オリョクル」はのべつまくなしに出撃してますし、場合によっては「6-1」にダメコン積んで臨むこともあります。「艦これ」運営からいくら貰っているのかわかりませんけど・・・まあペパロニはあんな感じなので割りに合うとかそういうことは気にしないのかもしれませんねぇ。少しでもP40の修理代の足しになると良いですね。w

その他「艦これ」世界の出来事としては、最近追加された任務で「二式水戦」の強化ってのがありまして、それに加えて「鈴谷」の改二が来るという話もあります。これはもしかして、次のイベントは「最上型」を始めとした航空巡洋艦が主役の戦いなんでしょうか。だとしたらウチはやばいです。航空巡洋艦は「利根」と「筑摩」に集約されており、「最上型」はLvが低い。せいぜいLv60ぐらいしかありません。水上戦闘機もより取得の容易な「Ro.44」の方を重用してしておりまして・・・っていうか水上戦闘機とか使ったことないです。ウチは脳筋艦隊なのでそういうややこしいことは苦手なんですよね。なにかあったら装甲空母で押し切るとかそういう戦い方ですからねぇ。w

まあ、そういうことなら仕方がない。とりあえず、育成中だった「Pola」にはちょっと待ってもらうことにして「鈴谷」を演習艦隊に組み込みじわじわとLvUpしてまいります。現在はLv73。Lv80ぐらいまで上げとけば大丈夫かな。
「二式水戦」はどうしたもんかな。練度は大丈夫ですけど、改修はしてないのでネジを買ってこないとなぁ。また物入りか。orz

# by namatee_namatee | 2017-03-21 20:33 | diary? | Comments(3)

ブラフ



本日はお休みです。サバゲの翌日が休みという幸せ。これはサバゲーマーにしかわからないことでしょうなぁ。w
とくにやることもないので「けものフレンズ」を観たり、いつものように「艦これ」やったり・・・「けものフレンズ」のオープニングでジャパリバスがジャンプするシーン、どこかで観たなぁと思っていたら思い出しましたよ。あれ、ジム・キャリーの「Mr.ダマー」とかいう映画で、犬みたいな車がジャンプするシーンに似ているんだ。w
あと椎名さんの「みたいラジオ」を聴いていたら、友人のころねるさんのお便りが2通も読まれてました。おめでとうございます。w

というわけで、「アキュラシーコンペティション」に出るなら弾の選別ぐらいしろ!と怒られたので、面倒くせぇと言いながら(ry
今回は東京マルイさんに忠誠を誓って、現行版のスペリオールバイオBB弾0.28gを使います。いや別に今まで通り、ギャロップの0.3gBB弾でも良いんですけど、重けりゃ良いってもんでもないじゃろ?と思いましてね。重い弾は直進性が良いのはもちろんですけど、0.25gやせいぜい0.28gで運用するようにできているHop周りで使いきれるのかという疑念もありまして。
なので今回は通常のゲームで使っているのと同じ重さの0.28gBB弾でいこうと思います。
図はそのスペリオールバイオBB弾0.28gの重さを測って選別しているところ。とりあえず50発ほどまとめて重さを測ってみたら、平均は0.282-0.283gの間ぐらいでした。なので、その平均値の0.282-0.283gのあたりを選別して使おうかと思います。ちなみに安物の秤なので精度はあやしいです。だってもっと精密に重さが測れる秤は高くて買えませんもの。BB弾の重さ測るだけに何十万も出せませんよ。(汗
まあ、相対的な重さの差がわかればよろしいのでございます。重さを揃えておけば初速も揃うはず。初速が揃えば着弾点も揃うはず。理屈どおりにいけばですけど。実際はHopパッキンとかピストンとシリンダ、スプリングの馴染み具合とか、他にも初速が変わってしまう要素はいろいろありまして、BB弾の0.280gと0.283gの重さの差とそのような変動する要素のどちらが弾道に影響が大きいか、どちらを潰すのにエネルギーと時間を費やすかは難しい判断。

さあ、手の内を明かしてしまいましたよ。いやしかしアキュコンが近くなって弾の選別の図とかを見せられると焦るんだ、これが。実際の効果はとにかく、はったりを利かすという意味はある。w>BB弾の選別

# by namatee_namatee | 2017-03-20 19:42 | survival game | Comments(10)

真面目にサバゲ



というわけで、本日はサバゲ。某チームからのお誘いでBeamさんで貸切ゲームでした。
リーダーの毒舌さま、お誘いいただいたLEOさま、参加のみなさま、マンモス氏、チームメイトのタカ氏、ありがとう&おつかれさまでした。

今回の得物は図の通り。もはや定番となったVSR10「あきつ丸」ver、東京マルイのHK417に加えて、S&TのM4Keymodなんとか。M4Keymodは初陣であります。
どれも活躍しましたよ。今回は極めて真面目にサバゲに取り組みまして、持てる技術(それがわたくしにあるとすれば、ですけど。w)と戦術を駆使して、できる限り頑張ってみました。ぬるい定例会も楽しいけど、たまにはこういう本気でなんとかするゲームも良いものですよ。w

といった感じで、真面目にサバゲと向き合った結果、わたくしに一番向いているのはボルトアクションライフルであるという(ry
強力な味方が居て攻勢に出ている時は、味方の取りこぼしをスコープで目ざとく見つけて始末していき、劣勢の時はひたすら地に伏せて待ち伏せで削る。機動力に劣るわたくしの持ち味が生かせるのはボルトだな、と。次点がHK417ですかね。使い方は「あきつ丸」とほぼ同じですけど、連射が効くので外した時のリカバリーができる。その代わり音が大きいのですぐに所在がバレてしまう。その点がマイナスです。「あきつ丸」は吹き矢みたいなものなので事実上の無音、外しても二発目三発目ぐらいまでは猶予がある。あと究極の集弾性能では「あきつ丸」が上回ります。その点でHK417より「あきつ丸」が優れていると思います。

などと偉そうに書いてますけど、実際は「獲った!」と確信してトリガーを引いたけど、セフティがかかったままでせっかくのチャンスを逃したり、うかつに顔だしてヘッドショット決められたり(スナイパーとしては屈辱。w)いつもの通り、成績はパッとしませんでした。orz

S&TのM4Keymodなんとかは見た目のチャチさと裏腹な高性能ぶりが楽しい。そしてウルトラライトと言って良いほどの軽量ぶり。まあ、わたくしに合うとは思えませんけど。本日の参加者で軽量な鉄砲を欲している人(女性)がいたので、試しに1ゲームほどレンタルしましたら、思いの外にお気に入りになったようで、そのまま売却という。w
ほかにも本日はビッグビジネスをまとめまして、その意味でもなかなか実入りのあったゲームでした。

# by namatee_namatee | 2017-03-19 21:07 | survival game | Comments(4)

only one



本日はお休み。
明日はサバゲなのでその準備でございます。あと来月の末にある「アキュラシーコンペティション」(以下、アキュコン)に向けて、今回も使用予定のVSR10「あきつ丸」verのO/H。
「アキュコン」は精密射撃のイベントなので、サバゲに使っている鉄砲で参戦するというのはちょっと異端なのかもしれません。専用とまでは言わないまでも射撃イベント用とゲーム用を別に用意している方も多いみたいです。いやゲーム用と共用している人も多いんですけどね。まあ、わたくしは後者であるということで。
わたくしもできれば目的別にしたいんですけど、2丁になると手をかけきれないんですよ。「あきつ丸」とかいって、ネタで扱っているように見えるかもしれませんけど、実はそれなりに手が入ってまして「愛銃」と言えるぐらいではあります。良いところもダメなところも把握しておりますので、セッティング変更もすばやく確実にできますよ。これが2丁になるとそれぞれにセッティングというか、コンセプトが変わってくるので「あきつ丸」1丁の時と同じ集中力で向き合えるとは思えません。
大体がわたくしのチューニングの腕前など、「アキュコン」に出場してくる方々のレベルに比べたら大人と子供。だって「ガンジニア」さんの主宰とかがいるんですぜ。w
これは端から相手にならないわけで、それでなお、それなりの成績を狙おうと思ったら鉄砲を調整する技術ではなく、射手と鉄砲との一体感を売りにするしかないと考えまして。本当は電動で行きたかったんですけど、それを諦めてボルトアクションライフルに転向したのも、結局は調整する箇所の多さとその調整による精度や性格の変化に人間の側が付いていけなくて、鉄砲そのものの性能よりも射手が鉄砲に習熟しきれないことによって失敗すると考えたからです。
おっと、電動でも良い成績が出ないわけじゃありません。現に以前の「アキュコン」で電動ガンが優勝するのを目の当たりにしましたし。ただ、わたくしの場合だと電動ガンは調整箇所が多いので気力や労力が本番までに尽きてしまって、完全な状態で臨むことができなくなる「可能性」が高い。
そういったわけで、構造がシンプルで本質的に精度が出るということだけでなく、鉄砲を完成させて、その特性に射手が慣れる容易さという点から、ボルトアクションライフルに転向したのでございます。サバゲ用の鉄砲を「アキュコン」で使うというのも同じ理由によります。これを分けるとそれぞれに手をかけるのが大変だし、習熟するのも単純に言えば二倍の労力と時間がかかるので。

というわけでO/Hしているわけですけど、ボルトアクションライフルは消耗する部分があまりない。グリスとかも一回塗っちゃえばしばらくは平気です。っていうか、むしろグリスレスなど、やりようによってはグリスupはしなくても平気なようにもできます。わたくしはやってませんけど。ここら辺がゲーム用と併用の辛いところ、ですかねぇ。集弾性へのグリスの影響を実感したことはありませんけど。
今回のO/Hのテーマは前回のゲームで実に不穏な初速を叩き出したため、パワー調整とチャンバー&Hopパッキンのチェックであります。
パワーに関しては0.28gBB弾で83m/sとか出しましたからね。(汗
特になにかいじったわけじゃないんですけど、なぜかパワーupしました。気温が高いということもないし、原因不明です。強いて言うなら前述のグリスupがらみで、前回のグリスupの後、時間差でシリンダーとピストンのすり合わせやフリクションが改善されたとか。どうも解せません。

「あきつ丸」はHopをかけるほど初速が上がっていく効率の良い鉄砲でして、以前だったら流速チューンなどと呼ばれたのでしょうなぁ。意図したわけじゃないんですけれども。w
HopOff時とHopMax時では2-3m/sほど初速が変わります。前述の通り、HopMax時の方が初速は上がる。なのでパワー調整はHopMaxの状態で行います。それもあって今回はチャンバー周りのチェックも行いました。といってもHopパッキンの突起が一番出ているかどうか、ちらっと見ただけですけどね。w
そして、シリンダーをばらしてパワーアジャスターを4枚から1枚に減らす。スプリングはPDIの「VSR 0.9J」を2巻半ほどカットしたもの。これにパワーアジャスターを組み合わせて初速調整をしております。今回の調整で初速はHopMax時で81m/sほどに下がり、これで一安心。さらにHopを少し弱めて、弾道の安定性を高めました。見ての通り、PDIのチャンバーですけど、Hopの調整幅は狭いです。このチャンバーのHopOffからHopMaxまでの調整は実はHopパッキンを押すアームの物理的な作動範囲の限界によって規制されています。Hopパッキンはチャンバーを一周して装着されるOリングのテンションで押されるアームでバレル内にHopをかける突起が出っ張っているんですけど、それを押し戻すというか、出る位置を制限しているのがアームを下から押すイモネジです。そのイモネジを回してHopアームを最大に押し上げた状態(HopOff)とチャンバーの下側ギリギリ、それ以上緩めるとシリンダーのノズルに干渉してしまうところまで緩めて(HopMax)、その間の回転数は約5回転ですかね。極めて精密にHopの効きを調整できて、一度決めてしまえば少なくともHopパッキンのバレル内への出っ張り加減は変わりません。気温の変化でパッキンの硬さが変化するのはまた別の話です。
今回はHopMaxから2回転ほど戻しました。大体いつもそのぐらいで、0.28gBB弾が平らに飛ぶ弾道になりますね。
初速Downのせいもあってやや飛距離は落ちましたけど、集弾性は明確に向上しました。もともとは新型のM40A5が遠くまでまっすぐ飛ぶ弾道だったので、それに対抗するためにHopを強めに効かせたんですけど、やっぱり過剰にHopをかけると弾のまとまりは悪くなる傾向にありますなぁ。

長々と書きましたけど、この作業、実際は1時間もかからずに終わっちゃいました。これもボルトアクションライフルの良いところ。電動だと1日仕事で、しかもパワーが落ちすぎたり、反対に落ちなかったりでもう大変。その上、パワーの変化は弾道にも影響があるので(ry
あとは弾の選定と選別ですかね。これは面倒臭いのでやらないかもしれませんけど。大体が弾の精度どうのの前に初速を安定させるのが先ですよ。w

# by namatee_namatee | 2017-03-18 22:28 | survival game | Comments(4)

フレンズ?

c0019089_20494457.jpg
小美玉名物、ヨーグルト。本当に?
ヨーグルトが名物なんてあんまり聞いたことないけどなぁ。w
いやしかし、美味しいのは確か。そこらで売っている奴とは味の濃さが違います。なんていうか、脂っぽい。
「空のえき そ・ら・ら」で売ってます。製造も隣の工場でやってるっぽい。季節限定の「さくら」とかいうのもありまして、会社の人用に6つほど買いましたけど、自分用はこの「プレーン」です。なんだかよくわからないものは「プレーン」から入るに限ります。w

小美玉というのは「小川」「美野里」「玉里」の3つの町が合併した市です。実に芸のないネーミング。元々は消防関連などで使われていた呼称だとも聞きました。そりゃ質実剛健というか芸のない呼び名になるでしょうな、と。それをそのまま市の名前にするところが納豆帝国のセンスの(ry
他に名物というと「鶏卵」ですかね。何年か前の鳥インフルエンザ騒動では大変なことになりました。わたくしも養鶏場で処分された鶏を運び出す手伝いをしました。あれ、ボランティアじゃなくてちゃんと日当がもらえたんですよね。
なんといっても急なイベントだったもんで、人を集めるのに苦労しまして、派遣業者さんなどにもお願いして人をかき集めてました。で、休憩時間に派遣会社経由でやってきた人(女子高生ぐらいの女の子とかが多かった)と話していると、話題が日当の件になりまして、わたくしたちは中抜きなしで1万円近くもらっていたんですけど、彼女たちは5〜6千円だという。本当の日当を知った彼女たちは「えー、そんなにピンハネされてるの、わたしたち。」って憤ってましたなぁ。今だったらTwitterで拡散されて炎上必至ですなぁ。w

他はなんだろ?
「おかめ納豆」のタカノフーズさんがあるので、やっぱり「納豆」ですかね。どうしても納豆から離れられないようですね。さすが納豆帝国。w
ちなみに我が家のオフィシャル納豆は「くめ納豆」です。ここは譲れません。(CV:井口裕香)
最大手の「おかめ納豆」に比べてちょっとマイナー。だがそれがいい。
一般的にいかにもな味わいの「おかめ納豆」に比べると「くめ納豆」はより粒がそろって小粒で旨味が深い、ような気がします。たぶん気のせいですけどね。w
ちなみにモノの本などによると、納豆はよくかき混ぜた方が旨いなどと言いますけど、それはどうかな。生粋の納豆帝国民が揃っている我が家では納豆はあまりかき混ぜません。かろうじて表面にツヤが出る程度、回数にして多くて20回ぐらいじゃないでしょうか。それで十分。ぐるぐる泡が立つほどかき回すなんてのは邪道ですよ邪道。w
そして、薬味もほとんど入れませんね。タレとカラシがついてきた場合はそれのみ。百歩譲ってネギまででしょう。卵の黄身とか入れる人がいるそうですけど、そんなのは邪(ry
まあ人それぞれの好みですけどね。ただ「納豆原理主義的」には余計なものはいれない、これ大事。
とか言いながら、昔ながらの本当に手作りしたような納豆は臭いがきつくてイヤだったりする。w

あ、「小美玉プリン」てのもありました。>名物
確か1個5千円ぐらいする気違い沙汰に高価なのがあったはず。あまりにコスパが悪くて地元の人間なのに一回も食べたことがありません。(汗
c0019089_20551109.jpg
こちらはその「空のえき そ・ら・ら」のふれあい広場?にいるヤギ。フレンズ?
頭突きするから柵の中に入らないでね、と書いてあったので触れ合うことはできませんでした。ヤギの頭突きはすごいですからね。しかも立っている人間の場合、奴らの頭突きは股間に来る可能性が高い。シャレになりません。w
会社にヨーグルトを持って帰ってみんなが食べている時に、この写真を見せながら「このヤギの乳から作っているんだって。」って言ったらすごくイヤな顔されました。w
もちろん、嘘です。

# by namatee_namatee | 2017-03-17 21:33 | diary? | Comments(3)

北の大地から

c0019089_20450594.jpg
さて本日は急に歯が痛くなりまして。午後から有休をいただいて、ガールズ&パンツァー劇場版のラストシーンの大洗女子学園チームよろしく、北の大地から「さんふらわあ」でお見えになるシロさまと会いに行きました。w
なにを言っているかわからねーと思うが(ry

到着が14時と微妙な時間で、特にどこかへ行く事もできませんでしたけど、磯前神社やショッピングモールあたりをうろつく。やっぱりショッピングモールの寂れ方は予断を許さないですね。平日という事もあって人はまばらだし、テナントの入っていないスペースがすごく目立つ。商店街の方は相変わらずで、こちらは平日なのに人がいます。ショッピングモールができたころは完全に反対の状況だったんですけどね。(汗
とはいえ、あのショッピングモールが閉鎖されて廃墟のようになってしまうと、海側の眺めがとてもわびしくなってしまうので、なんとか踏みとどまっていただいきたいところ。そうだ、サバゲのフィールドに(ry
いやそれよりも、解体するならコンクリート殻が(ry

図はいただいてしまったお土産でございます。ありがとうございました。シロさんはブログではお話したことがありますけど、リアルではお初です。今後ともよろしくお願いします。
考えてみればこのブログをきっかけにいろんな方とお会いするようになりました。ありがたや。

# by namatee_namatee | 2017-03-16 21:33 | diary? | Comments(6)