2017年 10月 04日 ( 1 )

寄る年波

スバル・プレオの図。これは「クラシック」というシリーズかな。
シイナ号を車検に出した代車であります。以前に修理に出した時もプレオ(違う個体)だった気がします。確かに整備工場の社長にはEN07が好きとは言いましたけど、絶対にそれにしか乗らないというわけでは(ry
何か誤解されているような気がする。w

これ、走行10万キロを超えてもうヨレヨレですけど、それがゆるーい乗り味でなかなか味わい深い。シイナ号と同様にCVT(たぶんクラッチが違ってプレオはトルコンだと思われ。)ですけど、こちらはNAでパワーがない。でも、それはそれで見た目通りにのんびりとしていて悪く無いかなぁ、と。まあ、古い軽自動車ではありますけどね。
サスペンションが柔らかくて乗り心地が良いのも好印象。わたくし、これの後継の「ステラ」というのに社用車として乗ってましたけど、それに比べてもプレオの方が乗り味がマイルドでバランスが良く感じます。「ステラ」はなんか柔らかいだけみたいな感じ。「味わい」みたいなものはプレオの方が強いですねぇ。一般的には単なる古い軽四ですけどね。


で、シイナ号を整備工場に預けて振り返ると・・・エンジンフードのエンブレムが無い。orz
そういえば、どこかでなにか葉っぱのようなものが飛んで行った気が。まわりに樹木とかが全然ないところでしたので、変だなぁと思ったんですけど、飛んで行ったあれはエンブレムだったのか。w
インタークーラーのエアインテークの塗装もはげちゃったし、さすがに23年目ともなると寄る年波を感じざるをえませんなぁ。

ここについていたのは、有名な六連星ではなく、この当時はヴィヴィオ単独のエンブレムでした。楕円形の中に「V」の文字の奴。この状態はさすがにみっともないので、どこかで探してこなくちゃ。見つかるかなぁ。(汗
・・・某オークションをのぞくと1点出品がありますね。即決が無いので終了まで待たなければなりません。ライバルが現れなければ良いんですけど。さすがにヴィヴィオのエンブレムなんて欲しがる奴はそんなにいないだろうと思うんですけど、世の中には奇特な人はいますからね。w

by namatee_namatee | 2017-10-04 20:32 | car | Comments(0)