2017年 09月 26日 ( 1 )

び、微妙。w


レッドバロンで二輪車を買うと「必ず」貰えるのがこの「モデルレプリカ 世界の名車シリーズ」であります。
図はもちろん先日購入したVespa PX125 Euro3のときのもの。今回は「Kawasaki Z1-R」だそうですよ。
わたくしはレッドバロンさんには売ったり買ったりそれなりにお世話になっておりまして、今までに2-3台は買ったり売ったりしたような気がしますね。もう記憶がないんですけど、最初に買ったのはTW200だったような気がする。そのときはCBXだったかなぁ。H1とかだったかも。>モデルレプリカ
最近はVespaを立て続けに3台買ってますけど、最初のLX125ieのときはなんだったか。もう覚えてないなぁ。っていうか、次のLX150ie 3Vのときのも覚えてない。

というのは正直なところ、これを貰っても嬉しくないから。w
だって邪魔でしょ。自分が欲しいモデルを選べるわけでもなく、買ったそのタイミングでどれになるかが決まるんですよ。まあZ1Rは好きな方ではありますけれども、こういうフィギュアみたいなものまで欲しいかというと(ry
いつだったか、これを渡されるときに「邪魔だからいらない。」って言いましたら「貰ってくださいよ〜。(泣」って言われたことがありまして、やっぱりいらないという人も多いんじゃないかと思います。と思ったら、ヤフオクに出品があって、それなりに値がついている。欲しい人いるんだ、これ。w

バイク屋さんとしてのレッドバロンさんはネット上ではイロイロと言われてまして、確かにそういうことはなくもないかな、と思わないでもないんですけど、全国津々浦々にお店がありまして、それはツーリングの出先でのトラブル対応の点から有利・便利なのは明らか、あと、そのスケールメリットとでもいうのか、パーツのみならず車両の在庫がたくさんあるので、パーツの入手に時間がかかるような変な乗り物(Vespa LX125ieとか)のややこしいパーツの場合でも、保証や責任の範囲がレッドバロンさんにある場合は在庫している車両から外してでも対応してくれたりするので、悪いことばかりでもないなぁと思います。
メカの人の技術みたいなのは、高くも低くもなく、すごい匠の技などはない。でも、寄ってたかって数の力でなんとかしちゃう感じ。わたくしの評価としては良くも悪くもない、でもデメリットよりはメリットが多いというものです。>レッドバロン
正直なところ「なっとーちほー」みたいな田舎在住でVespaに乗りたいなんて奇特なことを考えると、お店はレッドバロンさんしかないんですよね。

ちなみにレッドバロンさんで有名なサービスがもうひとつ。それはオイルリザーブって奴で、購入時に1万円ちょっとぐらい払うと30L分(15Lというコースもあったような気がする)ぐらいのオイル交換(工賃は別)ができるというもの。PX125 Euro3は2ストなので、オイルリザーブはないだろ、と思ったら、2ストオイルでも有効なんだそうですよ。>オイルリザーブ
それどころかギアオイルにも適用されるということで、うっかり30Lでお願いしてしまいました。2ストオイルもギアオイルも普通は30Lも使わないよねぇ。w

by namatee_namatee | 2017-09-26 19:49 | motorcycle | Comments(0)