2017年 09月 07日 ( 1 )

戦後処理


本日も特にネタはなし。なぜかやたらに眠いです。もしかして睡眠障害か?

というわけで「艦これ」日記。
我が艦隊は戦後処理中であります。戦後処理とはつまり資源の回復に努めること。連合艦隊用の第2艦隊はもちろん、それまで支援艦隊編成だった第3艦隊、第4艦隊も編成し直して、フル回転で遠征に向かわせます。それでジワジワと回復して、現状は図の通り。ボーキサイトの回復が遅れ気味、というよりE7終了時より減っているのは実はイベント終了の開放感から「大型艦建造」をやったからです。w
「大型艦建造」、普段はまずやりませんけど、イベント終了時に予定より資材の消費が少なかったりした時に試みにやってみることがありまして、今回もそういう感じで。毎度、連合艦隊の夜戦戦力としてあると良いなぁと思っている「ビスマルク」でも出ねぇかな、と思って、戦艦レシピで3回ほど回してみましたけど、出たのは「陸奥」「山城」「金剛」でした。残念。w
あとはプレゼント箱がいっぱいあったので、20個ほど開けて資源の足しにしました。あと菱餅も3つほど開けました。イベント中の資源不足で切羽詰まって開けたわけじゃないからセーフですよ。w>プレゼント箱&菱餅

「艦これ」のイベントの楽しみといえば、最終海域のゲージをカットインで吹き飛ばした時の爽快感とか、思いがけず珍しい艦娘がドロップした時のトキメキとか、いろいろありますけど、実はさっさと最終海域を突破して他の提督がラスダンでのたうちまわっているのを眺めるのが一番楽し(ry
「艦これwiki」を見ていると相変わらずE7の「甲」は大変なようで、沼っている方がいらっしゃいます。わたくしのようなヘタレ、ましてや「乙」で楽をしたものにはなにかアドバイスすることなど出来ませんので、陰ながら応援するしかないのであります。

わたくしがE7を終えた8/30から一週間ほど経ち、E7の攻略戦術も変化がみられます。わたくしがチャレンジしていたころの難易度「甲」攻略編成は第1艦隊に装甲空母×3、正規空母×1、高速戦艦(Iowaが多い)×1、軽巡洋艦(水上戦闘機ガン積みの由良改二一択)、第二艦隊の旗艦に「速吸」で戦力維持、先制雷撃と対潜対応で「阿武隈改二」、雷巡、夜戦に強い「ビスマルク」、以下高い運のカットイン艦娘(雪風とか時雨とか)というのが主流でしたけど、現在は第2艦隊に軽空母を配置して制空を担当させ、第1艦隊の装甲空母と正規空母4隻は艦攻ガン積みで究極の打撃力でぶん殴るというのが主流のようです。
これが「あ、なるほど!」と膝を打つほど合理的な編成で、自分でもやればよかったと。
敵が通常艦隊の場合、連合艦隊の第2艦隊に軽空母を配置しても第2艦隊の軽空母は航空戦に参加しないのであまり意味がないのですけれども(そんなだったら夜戦で強力な重巡かなにかを入れる。)、今回のE7のように敵が連合艦隊の場合は話が別で第2艦隊の軽空母も航空戦に参加するんですよ。なので艦戦を積んだ制空担当の軽空母を第2艦隊に配備するってのは実に賢い編成であります。第1艦隊の「由良改二」は制空補助のために水上戦闘機ガン積みですけど、第2艦隊に軽空母がいれば水上戦闘機ではなく対空兵装搭載で行けますし。その手があったか、と。
要するに昼戦のうちに装甲空母×3と正規空母×1の強大な打撃力でボス以外を排除して、夜戦で残ったボスを「速吸」と軽空母を除いた4隻の連撃とカットインで沈めるという作戦なんですね。実に明確な戦術。すばらしい。この戦術はノウハウとして次回以降に使わさせていただきます。

もっともわたくしはE7は「乙」だったので、そこまでしなくても楽勝でクリアできちゃいましたけどね。w
わたくしの考えた編成は少なくとも「乙」では他のポイントでもそつなく対応できて、ボス戦でも十分な打撃力を維持できたとそれなりに満足のいくものでした。ダメコン(女神)×2個つかいましたけどね。(汗

あー、やっぱり「艦これ」は楽しいなぁ。友人の間でもやめる人がちらほらといるんですけど、わたくしはまだ飽きませんねぇ。

by namatee_namatee | 2017-09-07 19:45 | diary? | Comments(6)