2017年 08月 13日 ( 1 )

良い勝負


やっぱり昨日のネタは特に追記することはなかったですなぁ。w
昨夜は例によって御徒町の安宿(本当に安いんですぜ。w)に泊まり、今日は3日目のコミケにでも行ってみようかと思いましたけど、あいかわらず体調(お腹)が芳しくないのと、特にコレ!というネタもないので中止。そのまま帰ってきちゃいました。(汗
強いて言うならわたくしが敬愛するセクシー女優のつぼみ嬢が列整理とかティッシュ配りとかしているという話があったので、そこへ行ってみたかったんですけど、ものすごく混んでそうなので断念。

昨日は昼頃の電車で上京。ヨドバシアキバによって遅めのお昼ご飯とちょっとした買い物をする。そこら辺をグルグル歩き回って時間調整して、予定時刻の1時間前ぐらいに新宿へ移動。その時に撮ったのがこの写真であります。
真面目に撮ったわけじゃないので、煮え切らない構図ですなぁ。w
実はこの日はウチの嫁さん(腐女子です。)もコミケに行く予定になっておりまして、彼女は朝一で行って日帰り。おかげで朝5時に起こされまして、電車の時間まで6時間ぐらいあるという。orz

時間を潰すのになにかないかと思ってU-NEXTのメニューを見ていたら「Ghost in the Shell」を見つけたのでそれを観ることに。少佐をスカーレット・ヨハンソンが演じたことで話題になった作品。
「攻殻機動隊」って元ネタが1989年の原作から始まっているはずですけど、その原作って一般の人には文字どおり一般的じゃないと感じますなぁ。その後のアニメで人気が出た感じで、「Ghost in the Shell」もそっちに属する作品に見えます。っていうか、アニメのオマージュだらけじゃねぇか、これ!って呟きながら観てましたよ。w
もう徹底的にいくつもあるアニメのあれやこれやのシーンが出てくる。実写化が難しいと言われた「攻殻機動隊」ですけど、そんなに実写化に失敗したと言われるのが嫌なのか?と言いたくなるほど。これアニメで良いんじゃね?とも。w
そのわりにストーリーは単純というか、わかりやすくよくある感じのもので「攻殻機動隊」にある後味の悪さみたいなのは薄くて、これはこれでありかなと思いました。が、「人形使い」のネタも薄めで、その分、俗な印象とも。
俗な印象といえば、制作した人々にはどうも少佐が普通の女性の延長線上にあると解釈している節があって、なんかそれは違うなぁと思って観てました。我々の少佐のイメージとはずれているような気がします。士郎正宗氏の原作ほどではないにせよ、もっとしたたかで抜け目がないんですよ。>少佐
原作やアニメとはストーリーが前後しているような気もするんで、まだそのしたたかさが身についてないという解釈かもしれませんけど、そう思わなければならない違和感があるというのはやっぱり問題かと。

そろそろ、原作のあっけらかんと明るいようで過酷な世界の「攻殻機動隊」を実写でもアニメでよいから作ってくれないかなぁ、などと。

それはそれ。「Ghost in the Shell」にはこれでもかってぐらいに東洋風の繁華街の光景が出てくるわけですけど、飲み会で新宿の歌舞伎町近辺に行ったら、現実も負けてないじゃんと。少なくとも趣味の悪さでは良い勝負ですよ。w
と思いながら撮ったのがこの図というネタでした。もっと真面目に撮ればもっと「Ghost in the Shell」に負けてない図になるんでしょうけど、いかんせん時間がありませんでした。

by namatee_namatee | 2017-08-13 22:45 | diary? | Comments(4)