2017年 04月 11日 ( 1 )

春の嵐


本日も悪天候。ほとんど土砂降りですよ。(汗
まあ仕事なので天気が悪くてもどうということはありません。マジメに普通に仕事してました。
なのでとりあえず、雑なネタでお送りします。w

というわけで「艦これ」ネタ。
ちょっと前の話になりますけど、航空巡洋艦の「鈴谷」が改二になったそうです。これは前々からリークされていた情報なので、ウチでも「鈴谷」をこっそりと演習艦隊に配備してLvUpをはかっておりました。大体Lv80ぐらいまでにしておけば大丈夫だろ、と思って、Lv83まで育てたんですけど、いざメンテが終わって改二にしようと思ったらLv84で改造可だそうで。最近は改二のハードルが高くなってきましたねぇ。「利根」とかLv70だったんだけどなぁ。
なんとか改二にして、関連する任務をこなす。ひとつは5-1と5-3のボスをA勝利以上というもの。だから5-3は嫌いだとあれほど(ry
5-3は夜戦が連続するし、空母が使えないのでボス戦では制空権を取るのに苦労する上に、ボス艦隊に2/3の確率で潜水艦がいやがりまして、ルート固定で入れる駆逐艦の打撃力がそっちに吸われちゃう。本当に嫌。w
今回は航空巡洋艦の「鈴谷」が主役ですし、前述の通り空母抜きで制空をなんとかしなければならないので、周りも航空巡洋艦で固めますけど、うっかり水上爆撃機を積むと攻撃がそっちへ行っちゃうのが難しいところ。零観と水上戦闘機でなんとかしなければなりません。ああ面倒臭い。
で、なんとか夜戦をくぐり抜け、ボスに到達したら1/3の確率の潜水艦がいない編成を引くという。w
・・・そんなこんなでやってきたのが図の「強風改」。「二式水戦改」の上位互換ですなぁ。つい最近になって増えた「二式水戦改」の改修任務もありましたし、最近の「艦これ」界では妙に水上機がフィーチャーされてるような気がします。もしかして次のイベントあたりでは航空巡洋艦と水上機が活躍するんでしょうか。
ウチでは水上機はあまり使ってません。ルート固定などに多少の不便がでるぐらいなら艦隊に空母を加えますね。上記の5-3とかは空母を入れられないので、仕方なしに水上機を使いますけど、普段は水上戦闘機を活用しなければならないような場所には近づかないようにしております。
そんな有様なので水上機の運用ノウハウも心もとない。次がもしそういうイベントだったら苦戦すること間違いなし。orz
肝心の「鈴谷改二」は大変有能な航空巡洋艦で、いままでは戦闘力で「利根」「筑摩」に一歩譲っていたのが、もはや遜色なく肩を並べるどころか上回る性能になりました。しかも、もう一段改造すると攻撃型軽空母になるという。コンバート改装なので行ったり来たりもできる・・・そんなの設計図がいくらあってもたりませんがな。w
正解は「鈴谷」を2隻用意することでしょうなぁ。残念ながら我が艦隊には「鈴谷」の予備はおりませんので不可ですけど。「熊野」も改二の噂があるようなないような感じなので、これはその様子見ですね。

次は・・・実ははるか昔に読んだエロ漫画雑誌がありまして。すごく印象的な作品が載っていた&ほとんど最初に買ったエロ漫画雑誌ということで、ちょっとこだわりがあるのでした。
それが引越しとかしているウチにいつの間にかなくしてしまいまして、特に一生懸命ではないものの、折に触れて某オークションなどで探していたんですよ。もう10年ぐらい探し続けていたかもしれません。雑誌の名前は忘れてしまいましたけど表紙の絵と掲載されていたいくつかの作品だけは覚えてました。
なんといっても雑誌の名前がわからないってのは探しづらい。オークションアラートも設定できません。
では、どうやって探すかというと、オークションの該当するカテゴリー(その他>アダルト>本>雑誌>漫画、コミックとかになりますね)を開いて、かたっぱしから表紙をチェックしていくという力技。w
いつもは大体4,000-6,000件ぐらいは出品がありまして、よっぽど時間がないと全てをチェックすることはできません。できませんけど、これは全てをチェックしないと意味がない。そのせいか今までかすったこと(同じ雑誌の他の号に出くわすとか)もありませんでした。
それが本日、ついに見つかったんですよ。正確には探していた奴の次の号なんですけど、表紙のキャラクターの雰囲気でわかりました。表紙は当時のアイドルがケモノ化(フレンズ?)しているキャラなんですけど、そのアイドルが各号で変わる。わたくしが買ったのは「森昌子」さん(時代が・・・)がケモノ化している奴で、オークションで見つけたのは「山口百恵」さんでした。別な号ではあるものの、一発でこれだ!とわかりましたよ。w
これでその雑誌の名前が判明しましたので、オークションアラートや他の通販サイトで検索することもできるようになります。

あ、その雑誌は「DUMP」と言いまして、検索しましたらば「まんだらけ」さんのサイトに探していたそのものの表紙がありました。こちらです。残念ながら売り切れですけど。おっとエロネタなので(しかも80年代特有のどぎつさがある)、嫌な人はリンクを開かないでください。w
発売は1980年ですよ。創刊号だったようですね。・・・わたくし、当時は18歳未満だった。w
印象に残ったというのは村祖俊一先生の 「ビーナスの戯れ」という作品です。覚せい剤用の注射器に水を入れたので女の子の体のあちこちを刺すという、なんとも言えない拷問が出てきまして、強烈な衝撃を受けたのを覚えております。立ち読みだったはずですけど、あまりの衝撃につい買ってしまったという。この作品は前後編になっておりまして、後編も読みたかったんですけど、当時のわたくしには次号の発売されるタイミングを調べるという知恵がなく、買い逃してしまったはず。そして今回、オークションで見つけたのは、その買い逃した創刊2号という巡り合わせ。
もっとも「ビーナスの戯れ」については、当時から心残りだったので村祖俊一先生の作品を調べて回って、収録されている単行本を見つけ出して買って読みました。それももう20年ぐらい前の話ですけど。w

「ヨコハマ買い出し紀行」の「月刊アフタヌーン」や「黄色魔術オリエンタルガール」の「COMICパピポ」の探索とか、実は似たようなことを昔からやっていたんですよ、わたくし。w

by namatee_namatee | 2017-04-11 22:28 | diary? | Comments(0)