2017年 02月 03日 ( 1 )

意外

c0019089_19205361.jpg
一週間前ぐらいから花粉の気配を感じ始めまして、2月に入った途端に本格的に花粉症の症状が出始めました。本日はなんとなく頭が重かったので、頭痛薬を飲んだら気持ち悪くなりましてね。orz
車の中で1時間ぐらい寝たら回復し始め、カンロの「ノンシュガースーパーメントールのど飴」をなめたら完全に治りました。咳が出る時にも抑えがきくし「ノンシュガースーパーメントールのど飴」オススメ。w

twitter他で「音楽教室からも著作権料を徴収」とかJASRACのネタが流れてきました。いやまあ、悪いことばかりでもないんですけどね。>JASRAC
ずっと前にもネタにしましたけど、仮にわたくしが「さいたまスーパーアリーナ」でライブとかコンサートをやろうとした時、当然ながら持ち歌がありませんから、たとえば椎名さんの楽曲を歌わさせてもらうとするじゃないですか。w
その時に仮に「風が吹く丘」を歌うとして、その楽曲の著作権使用料をJASRACに支払えば良いわけです。そうすれば遠慮なく(もちろんオリジナルを歌った椎名さんへのリスペクトは忘れてはなりませんけど。)歌えるんですよ。聴きに来る人がいるかどうかは別にして。w
この件について、椎名さんや上野氏や嘉藤氏、大坪氏、さらにはSME(SMR)とか、オリジナルに関わった人のところへ菓子折りや使用料を持って行って許しを請う必要はない。「さいたまスーパーアリーナ」でライブってのは大げさな冗談ですけど、理屈はカラオケでも同じなんですよね。

ちなみに「さいたまスーパーアリーナ」はアリーナを土日(のいずれか)で設置から本番まで借りると1千万円ぐらいかかるみたいです。w
椎名さんのあのイベント(2006年12月23日)の時の使用料はどこから出たのか。椎名さんサイドが負担したのかなぁ。違うような気がしますね。いくらなんでもイベントにそんなコストをかけるとは思えません。もっとも広告代理店とかレコード会社他がからんでの話なので、使用料が「定価」とは限りませんけど。
まあ、どこが負担したにせよ、そういう状況でイベントをやったというのは、なんていうかアレはなにか壮大なネタとか意趣返しとか、そういうことなんだろうなぁと思う次第でございます。w

冗談はさておき、JASRACが悪そのものということはないと思うんですけど、その反面、やっていることのエゲツなさとか、その姿勢には音楽とかアーティストを守るとか盛り立てていくとか、そういう姿勢は微塵も感じられないわけでして、まあ逃げ勝ちとか今だけとか、そういう印象しかないのも事実。この先、どうなっちゃうんだろうという危惧はありますね。わたくしとしては敬愛する椎名さんが歌えなくなるとか辛い思いをするとかでなければそれで良いわけではありますけれども、当然ながら椎名さん一人の問題では済まないはずなので、もっと真面目に先を見てやってくれませんかね、と。

それはそれ。図は本日「ケッコンカッコカリ」の儀式におよんだ「朝潮改二丁」でございます。我が艦隊の駆逐艦では最初のLv99に到達した艦娘。これ、すごく意外。
わたくしは駆逐艦はあまり重用しないんで、全体的に大したLvではないんですけど、それでも長いことやっていると古い艦娘はそれなりのLvになってまいります。例えば初期艦(ゲームを始める時に選ぶ5人の艦娘)の「叢雲」は個艦としては特に特徴があるわけではなく、今となってはあまり出番がありませんけど(いやまあ、それでも初期艦娘としての思い入れはあるので、たまに秘書艦にしたりしてます。)なにせ長いおつきあいなので、現在はLv82となっております。
最近だとその見た目と性能で寵愛しまくっている「秋月」、実はこちらが我が艦隊の駆逐艦では最初にLv99に到達すると思っていたんですけど、その「秋月」は現在Lv98であと19454でLv99到達。おそらく明日には達成されるでしょう。
その「秋月」を抑えてタッチの差で「朝潮」が先にゴールインとなりました。「朝潮」は朝潮型のネームシップではあるものの特に珍しい艦娘でもなくて、普通にドロップしてきました。失った記憶はないので、今回結婚したのは我が艦隊にやってきた最初の個体。その後、数限りなくドロップしたはずですね。
当初は遠征艦隊で「東京急行」かなにかをぐるぐると周回して、Lv70とかになっていたと思います。その後、改二実装にともなって遠征艦隊から引き抜かれ、改二を経て改二丁へ。高い対潜能力を生かして、今度は1-5を延々と周回しておりました。美しい見た目と優れた性能と希少性でわたくしの寵愛と期待を一身に受け、制空権がとれないような厳しい海域に投入され続ける花形駆逐艦の「秋月」とは対照的に日陰の存在とでもいうか、まあ不憫な扱いではありました。>朝潮

特徴は前述の通り、異常な対潜能力。素で89もある。四式水中聴音機1個で先制爆雷攻撃ができちゃう。あまったスロットに主砲とか魚雷が積める。1-5のように潜水艦だけを相手にする海域では強力な対潜能力で安定性を、通過するいくつかのポイントで出没する潜水艦には制圧しながら他の水上艦にも対応可能と、これは便利です。そういったわけで、いろんな局面で重宝に使われた結果、駆逐艦の先頭を切ってLv99に到達となったわけです。
前述の通り、次にLv99に到達するのは「秋月」で、その次が「皐月」という。「皐月改二」は現在Lv98で、これも対潜能力に優れ、「朝潮」と一緒に1-5を周回していた仲間。同じ1-5常連の「五十鈴」はとっくに結婚済みですので、1-5は結婚艦を輩出する海域ということですなぁ。w
まあ、装備さえまともなら安定して周回できるので半端ない出撃数ですからねぇ。>1-5

寵愛を受けている駆逐艦といえば「霞」もそうです。「霞」も見た目が好き。
「霞改二乙」は対空CIと大型電探装備可能、加えて運が高いということで、「秋月」だと不都合がある場合、例えば夜戦でカットインを決めたい時とかに出番があります。いやまあ、普段から普通に「秋月」と一緒に出撃してますけどね。駆逐艦2隻必要というときは「秋月」と「霞改二乙」を選ぶことが多い。その時は「秋月」とキャラクターがかぶらないように&運の高さを生かすために大型電探+魚雷装備か普通の主砲装備で。・・・我が艦隊は電探の開発が遅れているので大型電探といっても「FuMo25レーダー」(気違い沙汰で強力。)しかないわけですけど。w

その他、我が艦隊にはLv98に到達した艦娘は6隻ほどおりまして、これはそう遠からず結婚ラッシュがやってくる予感。w

by namatee_namatee | 2017-02-03 21:47 | diary? | Comments(8)