2017年 02月 02日 ( 1 )

流行りに乗って

P1000141
この手の巨大画像をブログに貼るのがごく一部で流行っていると聞いて(ry

やっぱりFoveonには敵わんなぁ。w
もちろんDMC-GX8で撮りました。>この写真
レンズはLEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.でございます。

西の友人の&氏がSIGMAのdp0 Quattroを買ったそうで、なんでみんなこんな良いカメラを買わないのかとおっしゃってました。そりゃ、使いこなしが難しいからですよ。w
Quattroになってからは使ったことがありませんけど、Merrillを使っていたころの経験からいうと、こういう写真は撮れない、もしくは撮りづらい。>DP
DPってさっと取り出してぱっと撮るってのが苦手なんですよね。いやまあサイズはちょっと大きめのコンデジぐらいだし、遅い遅いと言われる動作も言うほどじゃない。さっと取り出してシャッターを切ることはできます。が、そんな撮り方だと失敗する確率が高い。まず、このぐらいの明るさだとブレます。手ぶれ補正がなくて高感度に強くないセンサーのせいですね。あとWBとかもカメラに任せっきりだとどうかなぁ。w

シャッターを押した時は撮れたと思うんですけど、ウチに持って帰って現像してみると、ありゃ?ってなることが多かったですねぇ。まるで銀塩カメラみたいなんですよ。
それはそれで大変楽しいのではありますけれど、わたくしが撮りたい写真はこういう、適当に見かけた何かをパッと撮るとか、「ヨコハマ買い出し紀行」のシーンに出てきた場所を記録するとか、そういう目的なんですよね。気軽に撮るとか面白みはなくても確実に記録するとかです。

DPシリーズのFoveonセンサーは他に代わりのない写りをする。それは認めます。わたくしもファンというか虜になりました。なんていうか、ものの質感の表現がすごい。具体的に個別にどうこう表現できないんですけど、例えば岩とかアスファルトの表面とか、陽にさらされた木材とか、そのリアルな表現は素晴らしい。あと、この写真でいうと木の枝のシルエットの精密な再現とか、これはベイヤーでは敵いません。
ただ、もう言い尽くされていて聞くのもお腹いっぱいなんですけど、それ以外の部分が前近代的すぎるんですよね。そして、わたくしはそのそれ以外の部分もセンサーの表現力と同じぐらい重視したわけでございます。こういう写真を手軽に確実に撮るために。

DP1sとかDP1MerrillとかDP2Merrillとか、いくつかDPシリーズを使ってみましたけど、どうもわたくしの場合はFoveonの奴隷みたいになってしまうんですよね。写真を撮る時はFoveonが最も得意とするものを最高の状態で写す、写さなければならないんだ、みたいな。
久しぶりにデジカメを物色するときに、もちろん候補にあがりましたよ。>DPx Quattro
そして厳正な選考の結果、残念がら今回はご縁が(ry

とはいっても、そのうちに買いそうなんですけどね。買うんだったらDP1 Quattroかな。
中古で物色してみましょう。w

ちなみにこのLEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.というレンズ、DMC-GM1sで使っていた時には面白くもなんともなかったんですけど、GX8だと妙に艶かしい写りをすることがあって、その出来の良さを見直しました。カリカリに硬い写りじゃない(そこがオリンパスのレンズ群とは違う所かな。)のに、細密で繊細でもある。これはこれで良いものですなぁ。

by namatee_namatee | 2017-02-02 20:26 | camera | Comments(13)