2012年 02月 21日 ( 1 )

お墨付き

c0019089_20244853.jpg

先日購入したAimpoint M4パチですが、やっと取り付けできました。

1ラウンドじゃねぇ、1分だ!
先日の射撃会で戦民思想の主宰、wildey氏にM5のキャップボルトを譲ってもらいました。ありがとうございました。代金についてなんかうやむやになったような気がしますが。w
「今、卸に居るんですがM5のキャップボルト、サイズは?」という電話をいただきましてね。40mmの奴を一本と答えたら「は?1本?」とあからさまに呆れられましたが、写真の通り一本で十分なんですよ。w

今度は反対側は六角レンチで押さえられますからね、しっかりとノブを締め付けて取り付けは完了。最初の時、微妙にガタつきがあってこれだから中(ryとなってましたが、良く観察してみるとM16A4の方のアッパーとロワレシーバーのガタつきでした。orz
M16A4にAimpoint M4という組み合わせが正しいのかどうか知りませんが、これは極めて使いやすい。スコープを使う時には邪魔で仕方ないフロントサイトもダットだとちょうどダットの輝点が重なって極めて狙いやすい。ダットサイト自体のボリュームも長いM16と釣り合いが良く感じます。比較的軽量な(今となっては)フロント周りと体に馴染み切ったプロポーションが相まった恐るべきハンドリングの良さ。これならいくらでも穫れるような錯覚に陥ります。w

レンタル担当
このM16A4は何故か貸し出すことが多いんですよね。元々の大元は射撃精度の限界に臨むというコンセプトのもと、ありったけのテクノロジーとパーツを盛り込んだ「ぼくのかんがえたさいきょうのM16」だったんですが、モノゴトはそう簡単にはいかず、本来の性能を発揮できずに放置気味だったのは前にもネタにしました。
そういった経緯ですので、あまりかまってやることもなく放置気味でゲームのときの予備銃として持っていくことが多かったので、なにかあったときに貸し出すことが多いのですね。

その実績としては以前のDS川越のゲームの時には愛用のM733が不調に陥ったV.O.Gさんに使ってもらいました。その時はM16A4も本調子ではなく、初速は78m/s(0.25gBB弾/適正Hop)程度しか出なくて、広いDS川越では苦戦するかと思ったんですが、精度がまずまずだったおかげでなんとか使い物になったようでした。
先日の射撃会では主宰のwildey氏のメイン、バレットM95が不調とのことでしたので、ダットサイトのフィッティングをするつもりで持ち込んでいたこのM16A4を使ってもらいました。そのかわり面倒なゼロインをしてもらうということで。
はたしてwildey氏のインプレは・・・究極の精度は無いが、ハンドリングしやすいしセミのレスポンスも良いのでゲームでは活躍できそう、というもの。百戦錬磨のwildey氏のお墨付きがでました。w

いやしかし、なんでいつも「滅多に使わないんですよ。」といって変な鉄砲を持って来て案の定、予想通り不調で「本日は終了。」というパターンなんでしょうねぇ。w>wildey氏
by namatee_namatee | 2012-02-21 20:57 | survival game | Comments(4)