2012年 02月 20日 ( 1 )

また買(ry

c0019089_22291851.jpg

射撃会のお友達、がせさんから譲っていただいたD-BOYSのSLR-106でございます。格安。

またD-BOYSか。
いやそんなに悪いものでもないんですがね。良くもないですが。w
もともとはクリンコフ欲しい欲しいと悶々としていた時期がありまして、見かねたがせさんから手持ちのものを譲りますとありがたい申し出を賜ったのが発端。ではお願いしますということで話がまとまったところで、うっかり名古屋方面の某AK専門店に電話をかけたもんだからさあ大変。その時点では2月末ぐらいの入荷予定でしたが、次の電話ではキャンセル待ちのLCT AKS74UNがありますよ、ということになりまして、それじゃあと。今さらながらダメ人間ですなぁ。>自分
そんなわけで、LCTのクリンコフの方が先に届いてしまうという本末転倒ぶり。


SLR-106ってのを良く知らないんですが、アーセナル(米国)のサイトで調べてみると5.56x45mmのショートモデルのようです。米国の規制のせいか、妙にバレルが長いんですけどね。
だがしかし、このD-BOYSのSLR-106は7.62x39mmのマガジンです。どちらかというとSLR-107に近いというかSLR-107UR SBRだよな、これ。これからはSLR-107と呼ぶことにしましょう。

横に畳むタイプのスケルトンじゃないストックでレシーバー後半とそのストックはAK104に似ています。おかげで違和感が無い。前側とデッキカバー周りはクリンコフと似ている。これまた違和感無いんですが、組み合わさって一丁の鉄砲になるとすごく違和感があるという。不思議な銃ですなぁ。

とりあえずメカボをあけてどこから手を付けるか考えましょう。D-BOYSのAKメカボはAKMSで経験がありますが、そんなに悪いものではなかったですね。HK416のVer.2メカボは酷かったですが。VFCコピーなので分解は楽なはずなのも良いところ。LCTはメカボ取り出すのにも全分解ですからね。

とりあえずクリンコフだからっていつもいつもショートバレルチューンでは芸が無いので、ほどほどに実用的なセッティングで行きたいと思います。行ければな。w
by namatee_namatee | 2012-02-20 23:05 | survival game | Comments(9)