2012年 02月 11日 ( 1 )

半年に一遍、恒例のアレ

c0019089_2030757.jpg

XR1200の定期点検。本当は12月に出すつもりでしたが、寒いのと忙しいので伸び伸びになってました。

走行距離も微々たるものなので不具合など出るわけが・・・インジェクションのスロットルボディとエアクリーナーケースの間からブローバイの漏れ&どのギアに入っていてもニュートラルランプが点灯と、細かいながらトラブルがありますことよ?

例によって試乗をする。
今回はスポーツスターの48(XL1200Xフォーティエイト)でございます。AKBとは全然関係ない。
これ、前から凄く気になっていたんですよ。なんてたって格好良いじゃないですか。特徴的なミラーをはじめ、小径のスポークホイールに太いタイヤ、ローダウンサス、余計なものの無いリア周り等々。なので試乗車にはダイナやソフテイルもありましたが、迷わず48をセレクト。
ソフテイルとかになると低重心で足べったりとはいえ、さすがに車体の重さを感じますが、スポーツスターは軽いですなぁ。しかもローダウンされているので足も楽に着きます。これは乗りやすい。特徴的なミラーも慣れると不都合なく後ろを確認できますし、ハンドルの上に出っぱっているミラーが無いというのはとても新鮮。これは良いです。そのハンドルもウチのXR1200よりわずかに狭くて扱いやすい。反面、ペダルはフォワードコントロールってやつで、体格に恵まれないわたくしなどにはちょっと遠くて辛い。orz

エンジンは1200のEvolutionエンジンです。回転フィールはまろやかでXR1200のに比べるとフライホイールが重い感じ。XR1200のエンジンはやたらにレスポンスが鋭くて、その割にはパワー/トルクとも大した事無いので妙に疲れるというか違和感を感じる場合がありますが、48は性能に見合った回転フィールでこれも好感触。排気音がほとんど聞こえないXR1200と違って、歯切れの良いエキゾーストサウンドなのも羨ましいところ。もっともパワーはほどほどで 鋭い吹け上がりとかはありません。トルクはそこそこあるので、滑らかに速度に乗る感じの加速感。XR1200だともっとエンジンが主張して加速します。音も甲高いメカノイズが多い。

操縦性に関してはわたくしは語るスキルも経験も何ほどもありませんが、ローダウンサスのせいか、路面からの突き上げが激しいですね。路面の不整を正直に伝えて来て進路が乱れたりします。もっともそれが嫌いかというとそうでもなくて、見た目に似合ったワイルドで軽快な乗り味とも言えますな。わたくしは好きですね。
XR1200も跳ねるときは盛大に跳ねますから。それこそ目から火花が散るような突き上げを喰らうときがあります。

これの最大の欠点は8L切るぐらいしか容量のない燃料タンクでしょう。普通に走れば18km/Lぐらいは走るではずで残り1L(追記:間違い。残り2.5Lで点灯だそうです。)で警告灯が点きますので落ち着いて乗っていられるのは120km100kmあまり。航続距離短いなー。
もっともウチのXR1200も最近は回し気味で乗っているせいもあって、140kmも走ると燃料警告灯が点いちゃいますけどね。

ビッグツインのH-Dに比べてスポーツスターは廉価版的な見方をされることが多いんですが、冷静に考えてスポーツスターって走り回る以外にあまり使い道が無いんですよね。スパルタンな乗り心地でツーリングには使い辛いし車体はコンパクトでH-Dらしい貫禄も無い。ただ走ることだけが取り柄というシロモノですから、そういう意味ではいろいろと潰しがきくビッグツインより贅沢なんですぜ。w
特にこの48は前述の航続距離の短さを始め、スタイル優先で皆無な積載能力など、スポーツスターの中でも最右翼のストイックぶり。
ウチのXR1200はH-Dラインナップ(すでに廃盤ですが)での異端ぶりで別な意味でストイックですけど。

で、例によって自分のXR1200に乗ってほっとする。冒頭に書いた不具合については車検時までに対応するとのこと。そうか、次は車検か。早いもんだなぁ。
by namatee_namatee | 2012-02-11 21:31 | motorcycle | Comments(2)