2012年 02月 09日 ( 1 )

念のため

c0019089_21231667.jpg

ネタ切れ継続中。

ノズル長計測中。
これは何をしているのかというと、ノズル長を確認しているところ。クリーニングロッドの先っちょにBB弾をくっつけてマズルから突っ込み、Hopパッキンとノズル全面の間のクリアランスがどのくらいあるのかを調べます。
なぜ今さらこんなことをやっているのかというと、すでに書きましたように、写真のAKMは内蔵のD-BOYSメカボのノズルではノズルそのものの長さが長過ぎて給弾できなかったので1mmほど短いマルイ純正ノズルに交換してありまして、それでノズル長はどんな感じになっているのか確認したくなったのであります。
で、その結果はというとHopパッキンの突起を乗り越えてノズル全面にBB弾が当たった位置では遊びはほとんどなし。0.5mmもないぐらいでした。これなら問題はなさそうですが、パッキンがファイアフライの電気くらげなのであの特徴的な突起のせいでちょうど良い位置にBB弾が収まっているのかもしれず、構造的にノズル長が適正なのかどうかは不明です。
まあ現状は問題ないので念のために買っておいたφノズルの出番は無し。二日続けてメカボを開けるハメにはなりませんでした。w

あれ?
ついでにクリンコフで調べてみると・・・意外なことに極めて遊びが大きいことが判明。10mm以上あります。こっちはΦノズルなのでノズル長の点では有利なはずなのになぁ。パッキンの違いですかね。あるいはLCT純正チャンバーのHopレバー周りになにか問題があるとか。ちなみにAKMはマルイチャンバーです。
そのクリンコフ、本日の昼間に会社で試射してみましたが、モデファイ前に比べると弾道の伸びが増したような・・・気がする。w
集弾性能も悪くないので、前述のノズル長の問題はもしかして調査方法の方がいい加減なのかもしれませんなぁ。

VSRのノズル長も調べようと思ったら、クリーニングロッドの長さが足りない。w
by namatee_namatee | 2012-02-09 21:41 | survival game | Comments(4)