2011年 02月 19日 ( 1 )

どーでも良い

c0019089_21394473.jpg

代車の日産パルサーの図。

235,000km。
DQNミラを嫁さんの実家の自動車整備工場へ12ヶ月点検に出したのでその代車。このパルサー、実はわたくしが勤めている会社の社用車だったもの。いい加減くたびれてきたけどまだ走るし車検あるので要らない?と実家に持ちかけましたらば、貰ってくれたんですよ。で、それが巡り巡ってわたくしが借りている、と。
ウチの会社から放出した時点で走行距離はおよそ20万キロ。それから約1年、現在の走行距離は実に235,000km。走るもんだなー。
ちなみにこの車、ディーゼルでATです。まあなんていうか、ローカル線の気動車みたいな感じ?w
一定速度で走るのは得意なようですが、急加速はてんでダメ。

ダンパーが無い。
235,000kmもダンパー交換無しで乗っているもんだから、事実上ダンピングはありません。なので常に上下に揺れてます。なんていうか、昔の米車のイメージ。ブワンブワンとロール・ノーズダイブ・スクワット・・・これはこれで面白いんですがね。w
なんとなく昔観た70年代の米国ドラマに出てくるどうでも良い扱いのセダンを思い出します。バイオニックジェミーとか600万ドルの男とか、あるいはちょっと前にちょっとだけネタにしたハワイ5-0とか、そういう感じのドラマに出てくる公用車みたいなアメリカのセダン。フォードLTDとかそんなの。ドラマの中では完全に道具というかあって当たり前のものとして扱われてまして、米国ってすごいなーと幼心に思ったもんですよ。
スケールは大幅に小さくセコい(前出のフォードLTDは7.5lのV8とかですからね。)ですが、道具として使い切られる4ドアセダンとしては共通する感じがあります。サクっと飛び乗って、ガーッと走って、キュッと停まって、用事を済ましたらキーを抜いて振り返りもせずに放置。実用車ですなぁ。

点検が終わってDQNミラに乗り換えてそのギャップに驚く。DQNミラだって実用車(っていうか、軽のバンだし)ですが、操作感のダイレクトなことと言ったら・・・このパルサーのつもりでハンドルきったらDQNミラだとUターンしちゃいますよ。w
by namatee_namatee | 2011-02-19 22:09 | car | Comments(0)