2011年 02月 08日 ( 1 )

380mm

c0019089_20255042.jpg

昨日に引き続き、VSR-10"大人チューン"のバレル交換作業。

しょせんは・・・
D-BOYSのAKMSから流用したバレル、内側をよーく覗いてみると縦筋が沢山。後からついた傷ではなくて、作成時に歪んで出来たようなもの。バレルをどうやって作っているのか分かりませんが、なんか強い力が加わった感じです。これがフライヤーの原因なんでしょうか。まあD-BOYSですからね、ボルトアクションライフルに使おうってのがそもそも無理なのかも。(汗
そういったわけで、いつものMADBULLのPythonに交換します。長さは455mmですが内径が6.03mmと細めなのでそのまま使うわけにはまいりません。とはいえ、カットしてしまうと取り返しがつかないので、とりあえずスプリングを弱いPDIのVSR80に交換してみます。初速を計測してみると・・・78m/s(適正Hop)とでました。これじゃパワー不足ですなぁ。
仕方が無いのでVSR90スプリングに戻して、バレルをカットする。55mmカットして400mmでテスト。87-88m/s(適正Hop)・・・もうちょっと落とさないと危険なので、さらに20mmカットして380mmで再度計測。85-86m/s(適正Hop)と出ました。このくらいでちょうど良いですね。予想どおりでした。>バレル長
MADBULLのバレルは外径もわずかに細いようで、バレルスペーサーに差し込む時の抵抗が減りました。アウターバレルのマズルから出っぱっている部分に触ってみるとややガタつきがあります。対策が必要かも。まったく次から次へと・・・

昨日も書きましたが、このVSRはHopをかけると初速が上がっていきます。Hopオフだと81m/s程度まで落ちます。初速チェックを適正Hopでやっているのはそのためです。なんか流速チューンみたいです。さらにHopをかけてみたら、初速は低下しましたのでこのPDIのチャンバーは効率が良いんでしょう。

あとはマトモに飛ぶかどうかのテストですが・・・金曜土曜と雪だってさ。(汗
by namatee_namatee | 2011-02-08 22:11 | survival game | Comments(2)