2008年 04月 27日 ( 1 )

また買ったの(ry

c0019089_174489.jpg

今年のGWは「原付で東北地方ツーリング&キャンプ」とシャレこもうかと思っているんですが、それに備えてニューアイテム投入。

見ての通りボルドバーナー(ボルドーバーナーの方がメジャーな呼び名かな)ですよ。詳細は検索してみてください。情報は豊富にあります。そういう意味ではメジャーなんですが、手に入りづらいともいわれています。本当か?コレは普通に買えたけどなぁ。製作者が世界に一人しか居なくて、その方が高齢で跡継ぎが云々・・・跡継ぎが出来たという噂も聞いたような。謎が多いストーブです。

さっそく点火してみる・・・すみません、今までゲテモノを除いたまともな液燃ストーブで最小・最軽量はSVEA 123Rだと思ってました。ゲテモノとはすなわちボルドバーナーのことだったんですが、コレはゲテモノではなくてちゃんと使えますよ。ゴトクやバルブがないせいで、普通のストーブと操作方法が違うだけで、バーナーとしての機能は普通です。トランギアのアルコールストーブ用のゴトク、トライアングルグリッドを使って600ccのお湯を沸かしてみたところ、およそ3分で沸騰しました。タンク容量の2/3ほどの白ガスで15分ぐらいは燃えますか。

欠点というか特性。
123Rもそうですが、自分の熱で加圧するタイプのストーブの常で、立ち上がりが遅いこと。特にボルドバーナーの場合は、タンクの容量が少ないのに、暖まるまでの間に燃料が消費されてしまうのが辛いところですね。バーニングペーストなどでプレヒートすると良いらしいです。
熱いうちは燃料補給ができないのも欠点。おまけに燃料タンクが小さいから頻繁に燃料補給をしなければなりません。全体が軽量・コンパクトなのでしかたないんですが。

5/3までに使いこなしておかないと。
by namatee_namatee | 2008-04-27 18:35 | outdoor | Comments(5)