2008年 04月 25日 ( 1 )

再び内蔵

c0019089_2083093.jpg

またしてもCL50のエアクリーナー周りネタ。
先日のエントリーで書いたとおり、雨対策のためにカバーを作成したんですが、やっぱり雨が降ってくるたびにカバーをつけるのは面倒です。吸気音も小さくしたいので、オリジナル風にフレームの中にパワフィルを内蔵してみることに。

必要なのは程よい内径&外径でほどよい固さのホース。
内径はキャブレターの接続部(32mm)と同じぐらい、外径はフレームに空いている穴(45mmぐらい)という条件にあてはまるもの。いろいろ探してみましたが、径に関してはダクトホースというものに条件にあいそうなものがありました。が、これは柔らかすぎるような気がする。フレームの中のスペースの関係で、キャブレターからみてやや斜め上にパワフィルを保持することが望ましいため、パワフィルの重みがかかっても曲がらないほうが良いのです。で、見つけたのがサクションホースというもの。これ、ホームセンターのポンプとかのコーナーにありましたので、ポンプに接続して水などを吸い出すためのものなんですかね。内径が38mmとちょっと大きいんですが、程よい固さで外径も40mmぐらいと条件にぴったり。内径6mmの差は3mmのゴム板で調整。反対側には前にも使った手すり用のパイプをこれまたゴム板を使って取り付け、そこへパワフィルを装着して出来上がり。

で、完成の写真。
青いコイルみたいなのがオシャレ。これが絶妙の固さを生み出しているので文句を言う筋合いではありません。w
吸気音はかなり静かになりました。もちろん、雨が降っても大丈夫。パワフィルのメンテも問題なし。これはなかなかの完成度ですよ。
by namatee_namatee | 2008-04-25 20:27 | motorcycle | Comments(0)