2008年 04月 13日 ( 1 )

慣らしたり慣れたり

c0019089_20243075.jpg

今日の南東北地方は天気がイマイチなので、あまり出かけずに庭でCA870の試射をしたりしてました。

新しいエアガンはサバゲ本番でいきなり使うより、ある程度撃ちなれなれた方が良いのは勿論です。銃自体の機構的な慣らし(HOPとか)、使う自分の方も銃になれる必要がありますもの。

CA870のHOPはサバゲの友人のタ氏が言うように、今までなじんできたマルイのものとはかなり違う特性のようです。効いているのか効いてないのかはっきりしないです。マルイのHOPは適正に調整すると、弾がまっすぐ平らに飛んで行って飛距離の限界でスッと落ちる感じ。それに対してCA870の弾道はもっと弓なりの放物線に近い感じ。可変HOPの調整が効かないことはないんですが、弓なりの放物線が山なりになるか平たくなるかの違いで、HOPを強めてもマルイのそれのように上に飛び上がったりはしませんね。

塀の端と弾道を見比べながらHOPの調整を繰り返します。いくらCA870のコッキングが軽いとはいえ、連続して120発ほども撃つとさすがに疲れる。(汗
この銃は重めの弾の方が弾道が素直な感じ。0.2gよりは0.25gの方がフラットな弾スジになります。初速も十分なので0.25gのBB弾を使うことにします。

HOPとダットの調整をするとかなり当りますね。>CA870
写真の右側に写っている塀の切れるちょっと手前あたりにビールの缶が置いてある(わかりづらいけど写真にも写ってます。木の枝に挟まってます。ターゲットとして常備です。w)んですが、この距離だと百発百中。もっと遠くても当る当る。あとは腰ダメで撃つ練習をすれば完璧だな。w
by namatee_namatee | 2008-04-13 20:45 | survival game | Comments(2)