2008年 04月 07日 ( 1 )

執念を燃やす

c0019089_20513718.jpg

クッカーとストーブの軽量で使い勝手の良い組み合わせについて、まだ弄り回しております。w

3/23のエントリーで触れたモンベルの「OUTWARD」のLight & Fast®特集で、ストーブ&クッカーはジェットボイル+ガス2個で825gとありました。
ではウチにある組み合わせではどのくらいかということで、重さを量ってみましょう。
モノはCRUX+チタントレック900+エバニューのチタンケトル+チタンの皿2枚+*のシェラカップと先割れスプーン+100gのガス缶×3個。これで2泊3日、一通りの調理は出来るはず。
注目の重さは〆て1050g。ジェットボイルとの差、225g。

ジェットボイルは効率よくお湯を沸かせるはずですので、ガスは2つで足りるのでしょう。通常型のガスストーブではちょっと心配なので余裕を持ってガスを一個多めにしてみました。ジェットボイルがクッカー?一個だけで、お湯を沸かすことしか出来そうにないのに比べると、ウチの組み合わせは多少レパートリーの余地がある。その分、軽量化という点においては甘い部分があるように思われます。
いやしかし良い勝負だと思います。その気になれば、クッカーをチタントレック900だけにして、ガスを230g缶と100g缶各一個、+シェラカップぐらいにすればほぼ同等の重さになりそうですから。

でもジェットボイル、効率の良さが軽量化に繋がるというインテリジェントな感じがちょっと魅力的かも。w
by namatee_namatee | 2008-04-07 21:17 | outdoor | Comments(8)