2008年 03月 30日 ( 1 )

ktkr

c0019089_18423642.jpg

さて本日は予定通りKITACOのSTDヘッドを組み込みました。

このヘッドはライト88ccボアアップキットのアップグレード版なんですが、そのまま使うのはシリンダーだけ。ホンダのノーマルパーツを除くとボアアップキットの他のパーツは全部交換。パッキンの類も一通り付いてきます。親切。

今回はスタッドボルトとカムチェーンも強化品に交換の予定でした。スタッドボルトは簡単に交換できたんですがね・・・カムチェーンはステーターベースのネジが緩まず、交換を断念。っていうか、ネジ舐めてはずせなかったし。無念。

キャブレター関連については写真の通り。
インテークマニホールドはKITACOのものなんですが、これはたぶん前方吸気用(ノーマルと180度反対に装着)かと。実はCL50でキャブがPC20の場合、前方吸気の方が合理的だと思います。後方吸気の場合、PC20のエアーとかアイドルのスクリューは進行方向に対して右側にくるんですが、セッティング作業の時にいじろうとすると、すぐそばを通るマフラーの熱いエキパイが邪魔なんですよ。あと前方吸気の場合はエアクリがタンクの真下に来るので、雨の時にパワーフィルターに水がかかりづらくなりますしね。

ただ見た目がねぇ。どうも気に入らないんです。前方吸気は無理やりな感じがするんですよね。なのでマニホールドの取り付け角度を変更する円盤(名前忘れちゃった。KITACO製。)を使って、斜め後方に取り付けてみることに。これまた無理やりな感じがしますが、なんとなく斜めになったエアクリがレーシーで・・・まあ気分の問題ですよ。見た目ではなく機能的に無理が無いのは前方吸気なので、そのうち本来の前方吸気にするかもしれません。

例によってフライホイールをずらして進角させるんですが、マニュアルの指定はノーマルヘッド仕様では36度だったのがSTDでは42度。だんだん過激になって参りました。
その他モロモロ取り付けと調整を行い、とりあえずキャブはMJを#100にして試運転。当分は
慣らし運転で全開にはしないのでMJは適当で平気。

で、エンジンをかけてみる・・・音でかいよ。orz
同じマフラーとは信じがたい。吸気音もすごいし。その代わりエンジンの力強さも別物。すぐに60km/h出ちゃいます。レスポンスも鋭い。恐るべし、社外ヘッド。

かなり実用性が減退したような気がしますが、なんとか実用になるよう努力していきたいということで。まずパワフィルの雨対策から・・・
by namatee_namatee | 2008-03-30 18:43 | motorcycle | Comments(2)