2008年 03月 10日 ( 1 )

ハイドレーション

c0019089_20115032.jpg

一昨日の山登りで気が付いたこと。それは「水を飲むのに水筒を取り出すのが面倒くさい。」
飲料用としてSIGGの0.6Lボトルをザックのサイドポケットに突っ込んでいったのですが、これが水を飲みたいときに微妙に手が届かなくて取り出し辛いんですわ。(汗

というわけで、自転車で使っているキャメルバック(写真右側)を引っ張り出してみました。ずいぶん前に名古屋のカトーサイクルで購入。ナツカシス
自転車、特にMTBではハイドレーションは常識。MTBは悪路を走るのでバランスを崩しやすい。そういう時にボトルは使いづらいので、ハイドレーションバッグの出番となるわけですね。わたくしもこのキャメルバックにはずいぶんお世話になりました。

ところが、こいつには重大な欠点がありまして。キャップというか水を出し入れする部分から、水が漏れるんですよ。ザックの中に入れて使うんですが、走っているときは縦になっているので漏れないものの、寝かせておくとジワジワとしみてきます。この個体だけの欠陥なのかこのタイプのハイドレーションバッグの欠点なのか、よくわかりませんがこれはちょっと嫌。モーターサイクルで登山となると、ザックごと横にしたり縦にしたり、それなりにぞんざいな扱いをすることになるんですが、そういうときにも水漏れは困ります。

で、前から気になっていたプラティパスのドリンキングチューブを購入。シャットオフバルブ付きの奴。写真左側です。ついでに1.0Lのプラティパスボトルと保温ケースも。今まで使っていたのは2.5Lのボトルで、それをハイドレーションに使うにはちょっと大きすぎる気がしまして。今後そちらは食事に使う水用にします。

水分補給は大切ですよ。もとより体が鈍りきってますからね。w
by namatee_namatee | 2008-03-10 20:37 | outdoor | Comments(6)